月別アーカイブ  [ 2016年04月 ] 

≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

笠間つつじ公園へ<後編>

やってきました、つつじ公園の頂上に(^-^)/
DSCN4994.jpg
DSCN4993.jpg
公園のシンボル(?)、身がわり観音
クマンバチが飛び交う中、石に刻まれた由来に目を通しましたが申し訳ありません。
私の頭では理解不可能
果たしていつ頃からここにあったのでしょう。。。
まあ、それはさておきまして。

前回のつつじまつりの際もここにやってきましたがやはり、笠間市街を見渡せるこの場所は実に気持ちがいいです∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN4995.jpg

さらに高台の展望台も売店の上にあります。
DSCN4996.jpg

そこから眺めるとこんな感じ。
DSCN5006_20160429210907bee.jpg

DSCN5007.jpg
ヤッホー!!\(^o^)/

観音様、背後から失礼いたします
DSCN5008_20160429210909164.jpg

山頂広場にある東屋も
DSCN5005_20160429213712901.jpg
数段、高く上っただけで見晴らしがまた格別です(* ´ ▽ ` *)
気持ちイイ~っ
DSCN5009_20160429210911ff3.jpg

DSCN5011.jpg

展望台を降りた後は、下の売店で梨ソフトクリームを親子共々。。。
展望台から見渡した際、古びた鳥居があるのが気になり、近づいてみました。
DSCN5004_20160429213710e97.jpg

鳥居はかなり年季が入ってすっかり錆付いてしまい、裏に回ってみると中には小さな祠のようなものがありました。
DSCN5003_20160429213709b4a.jpg
このお稲荷さん(?多分)に関する説明は何もありません。
意味あってここに鎮座しているのでしょうが、気に留める人は他になくすっかりツツジに隠れてしまって忘れ去られた存在。。。
DSCN5002.jpg
どことなく、哀愁と寂寥感を漂わせているこのお稲荷さん。どうも気になって仕方がありませんでした。
そういえば筑波山女体山の山頂に山頂稲荷のようなものがありましたが、それと同じ意味を持っているのでしょうか。。。

いろいろな思いを胸に秘めつつも、山を降ります。
帰り際も、名残を惜しむかのように公園のツツジを撮影しながらの下山です。
DSCN5017_20160429214814211.jpg

DSCN5013_20160429214811d99.jpg

DSCN5012_2016042921481018c.jpg

DSCN5016_20160429214813f06.jpg

DSCN5018.jpg
一口に”ツツジ”といっても、色も花弁の形も多種多様。
私たちが今回、歩いたのはほんの3分の1程度ですので別なゲートから入場しコースによってはもっとたくさんのツツジが楽しめることでしょう足の運動にも良いから日頃の運動不足と、目の保養による日常のストレス解消を同時に実現することができますね(*´∀`人 ♪
市内の芸術の森公園では焼きもの市「笠間の陶炎祭」も始まりました。(~5/5,17:00まで)
http://www.himatsuri.net/
GWの笠間はとことん、楽しめそうですよo(^▽^)o

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2016/04/30 08:57 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

笠間つつじ公園へ<前編>

大地震被害が深刻な九州地方で、今日も大分県で震度5弱の強震が発生しました
一体いつになったら治まるのやら。。。と、遠く離れた場所であっても気がかりです日本列島は一体、どうなってしまうのでしょう。。。
災害はいつどこで発生してもおかしくありません。連休中お出かけされる方もお仕事の方も、くれぐれもお気をつけください

現在、つつじまつり開催中の笠間つつじ公園へ先日、母と一緒に行ってまいりました
天気にも恵まれ、つつじの方もちょうど見頃。まさしく”つつじ鑑賞日和”。
DSCN4966_20160429174446453.jpg
入場ゲートは1~3まであるのですが今回は山頂に一番近道の第3ゲートからの入園です
つつじを見ながら、あっという間に展望台のある山頂にたどり着くことができます。
でも、下の方もずいぶん見頃でしたので美しさに見とれてつい、足止めしてしまいます(*ノ∪`*)
DSCN4971.jpg

DSCN4972.jpg

DSCN4973.jpg
やばいぞ、頂上へ行くまでにカメラのフィルムを使いきってしまいそう・・・(笑)

DSCN4974_2016042917445287f.jpg
う~ん。。。和むなあ
綺麗な花は、尖った心や落ち込んだ心を慰めてくれます。
不思議だなあ。。。花を見ているだけでストレスを忘れてしまう。。。
DSCN4978.jpg

DSCN4981.jpg

DSCN4982.jpg

振り返ると、こんな感じ。
DSCN4983_20160429181820d72.jpg
目に鮮やかなツツジのバラエティ豊富な色、そしてそれをなだめるような周囲の緑がちょうどバランスよく配置されています。

花や景色を楽しめる箇所に、こうして休憩できる東屋が設置されてるから喉を潤したり持参したお弁当を食べるのにいいね♪
DSCN4986_20160429180907a6a.jpg
無言のおもてなし・・・ですね(#^.^#)

傾斜を歩いていくうちに、少しずつ高いところへ登ってきたようです。
周囲の山が見え始めました
DSCN4990.jpg

そして、あっという間に山頂に到着。
DSCN4991.jpg

DSCN4992_201604291815182ef.jpg
たった、5分足らずの登山終了(笑)
とにかく、頂上までやってきました。
頂上からの眺めもまた、素晴らしくここでも母娘共々写真三昧
というわけで、後篇へ。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/29 18:25 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

稲荷神社の藤棚見頃前

明日から始まる大型連休。。。皆さん、ご予定はもうお決まりですか?
熊本・大分の大地震がおさまらず、避難所や自分の車の中でただ不安な気持ちで過ごされてる方がいらっしゃるところで大型連休記事とは何事だ!と、クレームコメントが来そうですし私自身も”ブログなんて悠長に更新してていいのか!”という罪悪感も正直、感じているのですが。。。でも書きます。

4月26日時点の笠間稲荷神社です。
DSCN5019.jpg

毎年、5月上旬つまりGW中満開となる笠間稲荷神社拝殿前の藤棚。
この日はまだほんの3分咲き以下程度でした。
DSCN5020.jpg
これが紫のカーテンのようになるのは、まだもう少し先のようです。
やはり5月の連休中まで待たなければだめだったかな?
DSCN5022.jpg
全然、早まったみたいです
でもここ目的ではありませんでした。現在、開催中の「笠間つつじまつり」の帰りに立ち寄ってみたのです。
5月初めの頃、また出直す予定。今回はほんの近況報告ということで大目にみてください
DSCN5023.jpg
樹齢400年の八重の藤。
紫一色となった藤棚を、はやく観てみたい。。。。。

DSCN5024.jpg
市内で”陶炎まつり”も開催されることですし、5月の連休は笠間市が面白いゾ♪
観光協会HPで要チェック!http://www.kasama-kankou.jp/index.html

神社でお参りをしましたので、おみくじも引きました
”きつねみくじ”だって
DSCN5026.jpg
稲荷神社にふさわしく、おみくじも白狐。
見つめられてつい、一つ。
DSCN5027.jpg
ちなみに結果は「小吉」。
まあ、無難ですね(笑)

今回は母のリクエストにより、つつじ公園に行ってきました。
そのお話は次回に

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/28 16:49 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(2)

レストラン蔵人(ぐらんど)

今回のランチはちょっと贅沢に
常陸大宮市街地、市民会館ロゼホールのそばにあるカフェレストラン
レストラン蔵人というお店にやってきました。
DSCN4964_20160427174503b29.jpg
”蔵人”と書いて、”ぐらんど”と読みます
ランチタイムには少々遅い、13:00過ぎでしたが駐車場はほぼ満車。ちょうどお食事を終えて帰る女性客2人が車を出してくれましたので、かろうじて愛車を置くことができました。
一見、小さなお店のようですが奥行きがあります。
DSCN4963.jpg

一人でしたから通してもらった席はカウンター席。
アンティーク雑貨とお酒のボトルに囲まれ、お料理を待ちます。
DSC_0902_20160427174458a24.jpg
飲みたくなるだろ~、って?そんなことありませんよ

今回のオーダーはおすすめセットの和風ハンバーグ。
1,840円と結構、値段は張りますがデザートが付きます。
メニューは980円の単品パスタから2,500位のコース料理で主にステーキ・ハンバーグです。
全体的にお値段は・・・ちょっと高いかなあ
まあ、高いか安いかは食べてから判断しましょう。
店内に置かれていたアナログ盤レコードプレーヤーについ、目がいってしまいました^◆^;
DSC_0903.jpg
懐かしいなあ。。。
そんな想いにふけっているうちにサラダキタ!!
DSCN4957_20160427174500633.jpg
自家製ドレッシングとのこと。
確かに市販品のそれとは違う、まろやかで手作り感感じる美味しいドレッシングでいくらでも野菜が入っちゃう(^Q^)
サラダを食べ終える頃には、メインディッシュのハンバーグとライス(パンにすることも可)が到着♪
では、いただきます
DSCN4959.jpg
おろしポン酢だれです。
一口食べてみると、もろみの触感が。。。
もしかすると、和風の場合はワインの代わりに日本酒を使うのかな?
体がきゅんと温まりました(・v・。)ほっこりした、いい気分。。。
お肉もしっかり焼けているのに柔らかくてとても食べやすくて。。。
つい、ライスが進みます。

デザートはヨーグルトのムースでした
DSCN4960_2016042717562527e.jpg
さわやかな甘酸っぱさがいいね(*≧∪≦)
そして、ホットコーヒー
DSCN4962_20160427175627073.jpg
ひたちなか市に本店を置くコーヒー店、SAZAのコーヒー豆使用です。
洋食の締めはやはり、コーヒーで。

すべて美味しかったです。御馳走様でした
でも1人での来店はちょっともったいないな次回はどなたかご一緒していただけませんか?(笑)
クラス会や女子会等、特別な日やお友達と”いつもよりもちょっとぜいたくに”という時にふさわしいお店だと思います
ロゼホールそばなので、コンサートや演劇鑑賞の際にいかがですか?

レストラン蔵人(食べログ紹介御ページ)
http://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080503/8001405/
茨城県常陸大宮市南町3101
Tel&Fax:0295-52-1791



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/27 18:22 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(2)

風車の弥七の墓へ

やすらぎの里公園を出てから、以前から訪れてみたいと思っていたスポットを訪れてから帰ることにしました。
県道を国道293号方向に進む途中に”風車の弥七の墓→”と書かれた箇所があり、そこを右折してくねくねと愛車を走らせるとそこに、風車の弥七の墓があります。
DSC_0910_201604262052311af.jpg
DSCN4943.jpg
言うまでもないかもしれませんが、TV「水戸黄門」に登場したあの”風車の弥七”です。
弥七は勿論、架空の人物ですが彼のモデルとなった実在の人物が存在します。松之草村小八兵衛(まつのくさむらこはちべえ)という人です。
時代劇好きだった父と一緒に、幼い頃より「水戸黄門」を観て育った私にとって”風車の弥七”はなじみ深い存在(*^_^*)
以前より墓参に訪れたいと思っていました。
果たして車を置く場所はあるのかな?なんて思っていたら全然、心配ご無用でした(´∀`*;)ゞ
DSCN4944a.jpg
思ったよりも広い駐車場です。そして、駐車場の中央にはあずま屋式の休憩所がありました。
それにしても、思いっきり派手な案内板だ・・・^▼^;
DSCN4944b.jpg
で、なになに?へぇ~、拝観料かかるんだ。
”本堂にお参りしない方はお墓に上がることはできません”だって。本堂どこだ?
矢印が示す本堂って、多分ココ。
でも、誰もいらっしゃらないんですけど?
DSCN4947.jpg
「受付」と書かれた窓をノックし、何度”ごめんくださぁい!”と声をかけても誰も出てこないし反応なし。
犬が一匹、お留守番しているだけでした。しかも、胡散臭そうに警戒心たっぷりにこっちを見つめているし。
”ねえわんちゃん、誰かここに連れてきてよ!”と本気で頼みたくなったりして。
いくらなんでも犬に300円預けるわけにもいかず、さりとてこのまま帰ったのでは意味がない
何人か、先に訪れてる方もいらっしゃるようだしやむを得ません。
このまま上がります
DSCN4945.jpg
看板のちょうど裏側にお墓があります。
石段を上がった正面には、焼香用の釜とその突き当たりにあるのが弥七のお墓。
DSCN4948_20160426210706273.jpg

DSCN4951_2016042621070707a.jpg
どなたが供えたのか、綺麗なお花と缶ビール。
御線香は持ってないけど、合掌。。。
弥七の女房で知られる(TV水戸黄門をご覧になられた方ならご存知ですね)霞のお新も実在のモデルがいらっしゃったようです。
夫婦仲良く並んでこの地に眠っています。こちらも合掌
DSCN4952.jpg
弥七のモデル、小八兵衛は事実光圀公に仕え彼の活躍で水戸領内には夜盗の心配がなかったと言われています。
元々は盗賊だった小八兵衛、捕えられ本来は打ち首になるところを光圀公に命を助けられ、そればかりか生涯二人月俸(ににんげっぽう、つまり一生涯2人分の月給をもらうこと)を給せられたそうです。その恩恵に感謝し、水戸領内を盗賊から守るばかりでなく、領内や隣国の情報を探り光圀に報告する隠密としても活躍したと言われています。

光圀の為水戸領内の為に大活躍した小八兵衛は晩年、出家し住居南側にあった寺(現在は廃寺)の住職となり静かに生涯を閉じたと言われています。”風車の弥七”は最後は僧侶になったのですね。知られざる”水戸黄門裏話”?!
DSCN4953.jpg
DSCN4954_201604262142276f9.jpg
松之草の地ににひっそりと眠る”弥七・お新”のストーリー、そして「水戸黄門」で見た彼ら夫婦のエピソード等が入り混じり胸をいっぱいにしつつ立ち寄ったのは物産センター、かざぐるま。
DSCN4956.jpg
野菜を買って帰ります。

それにしても、水戸黄門放送が終了してはや4,5年になるのかな?今なお”風車の弥七”ファンも多く、私の後にも次々に訪れる観光客の方がいらっしゃったのが印象的でした。

※今回は無許可で入った格好でしたので、もしかすると記事の削除依頼がくる可能性があり当記事を削除することになるかもしれません。予めご了承ください!

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/26 22:06 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(2)

八重桜満開~やすらぎの里公園

やすらぎの里公園の八重桜をゆっくりと散策したくなり、イベント会場を暫し離れて高台へ移動することにしてみました。
DSCN4899.jpg
この公園、とりあえず(って言っちゃあ難ですが)スライダー体験が出来るようです。
でもこの日は誰もトライしていませんでした。
DSCN4900_20160425201825af5.jpg
コースは、ちょうど斜面にある八重桜の林の中を潜り抜ける造りとなっているようです。
滑りながら視界に広がる満開の八重桜を楽しめるという・・・
つまり、楽しむならこの時期ですな。
DSCN4901_201604252018272be.jpg
でもすみません。私は今回徒歩で散策します
やっぱり、乗ってる人が一人もいないところを滑るのはちょっと・・・・^◆^;
DSCN4902_20160425201828e5e.jpg

DSCN4904_20160425201829e28.jpg

こちらは花見用のスペース。
さらに高台を上がっていくと、展望台があるそうです。
DSCN4907.jpg
でも、上へ行けばいくほど勾配が厳しく息切れしてきましたので途中でやめました
アップでも撮ってみますね♪
DSCN4911.jpg

再び、スライダーのコースの方へ。
DSCN4916.jpg
イベント会場となっている下の方では見られなかった白い八重桜が見られます。
ここでは初めてお目にかけました。
DSCN4917.jpg

DSCN4918.jpg
白いのも素敵だね

さあ、下に降りますか。
遊具で遊んでいる子らの姿が絶えず見られます。
八重桜が終わった後も、遊具があるし広々として遊歩道も完備しているこの公園は足の運動に最適。
DSCN4920.jpg
しかも、今回私が断念した展望台まで足を運べば多大なカロリー消費も望めそうですね
DSCN4931_201604252116449df.jpg
画像左上に、UFOのようにちょこっと写っているものが展望台(だと思います。)

バーベキューも楽しめるし、公園向かいにある管理事務所では木工作等の体験ができるそうです
DSCN4932.jpg
今回は足を運ばなかったけれど敷地内にはキャンプ用のバンガローもあり、夏はキャンプ場として利用できるようですね。
施設案内(公式HP)→http://ho-forest.jp/index.html

旧緒川村時代に誕生したと思われる「やすらぎの里公園」。
山に囲まれたオアシスといった存在なのでしょうね。
DSCN4886.jpg
▲周囲の主な観光スポット
車でちょっと足を延ばせば、以前当ブログで紹介させていただいた日帰り入浴施設「ささの湯」があります。
▼緒川村だった時代に完成したことを裏付けるこの看板。
DSCN4885.jpg
旧地名、ここに残れり

なんとものどかな周囲の風景。。。
耳を澄ませば田んぼで蛙の鳴き声。。。
DSCN4941.jpg
文字通り、”やすらぎの里”。。。。。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/25 21:39 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

やすらぎの里公園さくらまつりへ行ってきました!

県北地域の八重桜が今、見頃となっているようです。昨日4/23より那珂市では静峰ふるさと公園にて”八重桜まつり”がスタート(~5/3まで)、そして本日4/24には常陸大宮市の「やすらぎの里公園」にてさくらまつりが開催されました
DSCN4887_20160424204432e9e.jpg

すっかり、満開じゃないの~!!
DSCN4895_20160424210842de2.jpg

DSCN4897_20160424210844d31.jpg

DSCN4898_20160424210846089.jpg
満開の八重桜の下、公園内に設置されている遊具で遊ぶ子供たち、レジャーシートを敷いてお弁当や販売コーナーで購入した食べ物を食べながらお花見を楽しむ人、いろいろ。。。

特設ステージでは郷土芸能「緒川弥七太鼓」がお披露目されていました。
DSCN4888_201604242044334c3.jpg
”緒川”というのは、この地域の旧地名(緒川村)。そして弥七はあの「水戸黄門」でおなじみの”風車の弥七”。
彼のモデルとなった、実在の人物がこの土地に眠っているのです。詳細は後ほどあらためて。
「緒川弥七太鼓」という名前もそこからきてるのでしょう。
DSCN4889_201604242044359e8.jpg

和太鼓演奏をBGMに満開の八重桜を堪能できます((⊂(^ω^)⊃))
DSCN4890.jpg

イベントデーのこの日は、たくさんのステージイベントが用意されていました。
DSCN4891_201604242044386be.jpg
この手作り感溢れるプログラム、温かいなあ。。。(* ´ ▽ ` *)
弥七太鼓、日本舞踊と続いた後ステージの方は雰囲気をがらりと変えてベリーダンスのお披露目です。
DSCN4926.jpg

DSCN4927.jpg
セクシーに腰をくねらせ踊るダンサーの演技に、オジサマ衆の目が釘付け?(笑)
お昼近くになると、フードコーナーも大忙しの御様子。
DSCN4929_20160424211233b80.jpg
やはりイベントデーですからo(^▽^)o
焼きそばや山菜おこわ、焼き鳥等が販売されていました。私もお土産用に山菜おこわを(´∀`*;)ゞ
DSCN4939.jpg

DSCN4928.jpg

ところで八重桜が咲いてるのは、会場内だけじゃないよなあ。。。
と、周囲を見渡すと高台の方にたくさん咲いているではありませんか
DSCN4922.jpg
八重桜をゆっくりと楽しみたくて、イベント会場をちょっと離れ丘の上を登ってみることにしました。
そのお話は次回で



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/24 21:25 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(2)

「笠間のいな吉」オリジナルフレーム切手、限定発売!

水戸市の中央郵便局に用事があり、出かけて見つけました(´∀`*;)ゞ
勿論、即買いです(笑)
DSC_0894_2016042320572783b.jpg
笠間市のマスコット、笠間のいな吉くんが切手フレームに登場!!
「笠間のいな吉」オリジナル切手フレームが先日4月22日(金)より発売開始となり、期間限定で笠間市をはじめとする近隣の市町村郵便局にて発売中とのことです
→笠間市、水戸市、ひたちなか市、那珂市、茨城町、城里町、大洗町、東海村
※一部簡易郵便局除く
市の公式HPでも発表されています。
笠間のいな吉切手フレーム発売(笠間市公式HP内)
私は、いな吉くんの大ファンですから、今回の切手フレーム発売はとても嬉しいです。

笠間の良さを世界に広めたい!という笠間のいな吉くんのアイデアで、このような切手フレームが誕生したそうです
笠間の”縁起の良いもの”を集め、それらを漢一文字で表したものが今回発売された切手。
DSC_0895_20160423205728135.jpg
こ~んなに可愛いカットが12枚!!受け取られた方はきっと、にっこり
出すのがもったいないよ~っ!!なんて事を考えるのは私だけ

切手も可愛いけれど、フレームに貼付された写真の
「バカヤローには福がある」、「嬉しい日には、笠間で乾杯!」
等のキャッチコピーもなかなかセンスが良いと思います。

この切手を買われた方、または当記事をご覧になられて”欲しい(*≧∪≦)!”と思われた方、是非購入され県外に住む親戚やお友達に手紙を書いてこの切手を利用してください。
県央全域で、笠間市をPRしちゃいましょう(^-^)/

只今、笠間市のつつじ公園では恒例の「笠間つつじまつり」が開催中!
DSC_0897_20160423204136753.jpg
そして5月上旬には稲荷神社の”八重の藤”がおそらく見頃となり、鳳台院の石楠花も楽しめる予定。
GWにはやきものの祭り=陶炎祭(ひまつり)も行われるし、楽しめる行事がいっぱいでいな吉くんも忙しくなりそうですね
DSC_0896_20160423204135279.jpg

笠間のつつじまつり関連
http://www.city.kasama.lg.jp/page/page006147.html(笠間市公式HP)

http://www.kasama-kankou.jp/upsys_pro/index.php?mode=detail&code=435(笠間市観光協会HP)


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

※管理人より
ここ数日、疲労とネタ不足の為ブログ更新が辛く感じてきました。そろそろ充電の必要が出てきたようですので近々、数日お休みをいただくことになるかもしれません。随時告知はしませんので何とぞご了承ください。
 [ 2016/04/23 20:46 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

日本茶カフェ~茶太郎’sカフェやまの

疲れを感じた時はやっぱり、スイーツだね(笑)
河岸ウォークを楽しんだ後は、ゆっくりお茶でも。。。。ということで、道の駅さかいに駐車していた愛車の元へ帰る前に寄り道です。
境町、といえば猿島茶
以前から”絶対、行きたい!!”と思っていたお店に。
DSCN4878_20160421202614379.jpg
老舗の銘茶店野口徳太郎商店が直営するカフェ、茶太郎’sカフェやまのにやってきました
開店時話題になった和のカフェ・・・やっと来れた
ランチタイムを過ぎていた時刻でしたので、予約なしでも入ることができました。
販売スペース奥が喫茶コーナーです。
通していただいたお座敷から店舗入り口方向を見たところ。
DSCN4877_20160421202612146.jpg
和室はやっぱり、落ち着くなあ。。。( ̄▽ ̄)
ここではお食事をとることもできるのですが、今回はお茶
勿論、猿島茶を使用したスイーツが楽しめます。
みんな美味しそうで、悩むなあ。。。(*ノ∪`*)
DSCN4872_20160421202608862.jpg
ストレートに本格猿島茶を味わうためには、和スイーツにするべきか・・・・
と考えましたが結局、こだわりよりも好みを重視(笑)
緑茶チーズケーキセットを選びました。というわけでお茶はさしま紅茶。
お冷で出していただいた緑茶が美味しく、お代わりを持ってきてくださって嬉しかった\(//∇//)\
DSCN4873.jpg

は~い、到着♪
DSCN4874_20160421202611333.jpg

さしま紅茶もイケます(#^.^#)
DSCN4876_2016042121144667e.jpg
コクと渋みがそこらのとは違う(〃▽〃)
トッピングされた粉茶の苦みと、ケーキの甘みが調和してます。
DSCN4875.jpg

和みのひとときはこうして、あっという間に終わりました
落ち着くし、接待も感じが良いし何といってもここでしか味わうことのできないカフェの味。
立ち寄る価値アリです
お茶と日本文化を愛する人達のための秘密基地。。。
以前いただいた名刺サイズのリーフレットでそのように紹介されていました。本当にその通りです。
日本茶と和の心を愛する、すべての人に立ち寄っていただきたいカフェ。
まだ訪れてない方は是非、お出かけください

野口徳太郎商店
http://www.greentea.co.jp/cafe/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/22 16:22 ]  境町 | TB(0) | コメント(2)

境の渡しと水辺

常夜灯が立つ傍には「茨城百景」の碑があります。
DSCN4850_20160421164054d6b.jpg
DSCN4851_201604211640564e9.jpg
「大利根河畔景勝の地」と刻まれていました。
常夜灯のそばには、見頃を終え最後の力を振り絞って咲いてるシダレ桜。
DSCN4855.jpg

DSCN4856_2016042116405824b.jpg
咲いてる頃はこの常夜灯とちょうど良い2ショットアングルだったことでしょう。
尚、このスペース「茨城百景記念公園」として整備されています。

もう少し先へ歩いて行くと、「関東富士見百選」と指定された箇所があります。
晴れた日には川向に見える関宿城の脇に富士山が見えるそう。。。
でもこの日はあいにく、お隠れだったようです
DSCN4860_20160421164100a05.jpg
やはり、桜開花時期が一番の見頃なのかな
茨城県とお隣千葉県の間を流れる利根川。その川べりの町・境町は「境界線」という意味でそのまま町名に使われたという説があるそうです。でもこの地名は江戸時代から存在していたそうな
昔の名前のままで、平成の大合併の嵐にも飲まれず200年・・・それを考えたら凄い!

川風を受けて土手の上をお散歩するのは実に気持ちがいいなあ。。。
道の駅に向かって少し進むと、「高瀬舟乗船場入口」と書かれた箇所がありました。
DSCN4857_201604211702295f6.jpg

逆側からもう一枚
DSCN4858_20160421170230d6d.jpg
高瀬舟「さかい丸」という舟がここを降りた先にあるのです。
”境の渡し”と言われています。
DSCN4862.jpg
かつては、米などの食料や特産品運搬に大活躍した木造の舟=高瀬舟。陸の交通が発達した今では観光用の遊覧船として活躍しています。
でもこの日は運休中
DSCN4863.jpg

DSCN4829.jpg
「菜の花フェスティバル」で特別運行される予定でしたが、フェスティバルが中止になりましたのでおそらくこちらも動かしてないはず
。翌日から本年度の運航がスタートとのことでしたが果たして。。。
天候や水位等に影響されるため、直接訪れても休航になる場合があります。乗船希望の方は要:ご確認!
→道の駅さかい観光案内所 Tel:0280-87-7333 Fax:0280-87-5015
参考までに
運航日:金・土・日曜日
出航 10:30、13:00、14:30(計1日3便)※出航10分前に乗船口必着
料金 大人1,000円 子供500円 ※さしま茶ペットボトル付き

DSCN4830_20160421175442f18.jpg
乗船場脇にはバーベキュースペースが設けられています。
DSCN4831_20160421175443cf7.jpg

ちゃんと座る場所も完備
DSCN4835.jpg
川べりでバーベキュー。
アウトドア好きならたまらないね♪

さあ、戻ろう道の駅へ。
来た道を辿って。。。
DSCN4868.jpg
来る時同様、桜の土手が見える菜の花畑の遊歩道を歩いて帰ります。
”境の渡し”より歩行スペースが途中からなくなりますのでやはり土手を降りて河原を歩かなければならないようで

往復で1時間は歩いたかな?いい汗かきました
DSCN4870_20160421180922370.jpg
散りゆく桜。。。最後に1枚
桜の季節も終わって・・・まもなく新緑

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/21 18:16 ]  境町 | TB(0) | コメント(0)

水辺の菜の花畑

昨日から当ブログで書かせていただいている境町にて、今回発生した熊本大地震の震災支援活動としてサイト上にて支援金・募金の受付をふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」の代行業務として行うことになったそうですね。→境町HP内熊本地震支援事業(ふるさとチョイス代行業務)境町偉い

菜の花フェスティバルの前日訪れた境町。
水運が盛んだった川べりの町。その土手に咲いてる菜の花を境町の景観とともに見てみたいと思い、やってきたわけでありますす
DSCN4802.jpg
常夜灯の向こうに見えるのは、大手スーパーのカスミとその敷地内にある御老侯の湯境町店。
今回は省略後でゆっくりと。

DSCN4801.jpg
「境の水辺・桜づつみ」が名所として案内されています。
今から20数年前の皇太子殿下御成婚の記念に平成6年より「リバーサイド修景事業」として水上交通の要として栄えた境の河岸の復元が行われました。
DSCN4798.jpg
DSCN4805.jpg

桜満開だった時はさぞ、綺麗だったに違いありません。
訪れた時期が遅かった
DSCN4813_20160420180155f89.jpg

菜の花畑の遊歩道から望む境大橋。
いつの間にか結構遠くまで歩いてしまいました。
DSCN4815_20160420192019e61.jpg
菜の花フェスティバルの会場となる場所は、橋を挟んだ反対側にあるのでとりあえずそこを目指して歩きます[emoji:v-106
というわけで、Uターン。
逆側から見ても絵になるわあ^^。
DSCN4816.jpg

橋の向こう(画像向かって左側)に進むと千葉県野田市。
DSCN4817_20160420192022676.jpg
この境大橋を超えた先が、菜の花フェスティバルの会場。
道の駅スタートの場合は結構、歩くのがハードかも(・・;)
道の駅のすぐ前の道路は歩道のない車道。しかも意外と交通量の多い道路ですから歩いて行くならばこの遊歩道を通るしかないようです
近道はないのかと見渡しましたがないようで。
歩き始めて10分くらい経過したでしょうか。。。やがて、お城が見えてきました。
DSCN4828.jpg
千葉県野田市にある、関宿城博物館です
ここも桜満開時ならばもっとかっこいいアングルだったに違いない!
翌日の菜の花まつり(結局は中止)に備え、会場内は既にテントが用意されていました。
で、肝心の菜の花の方は今まさに満開・・・・!
DSCN4833_20160420192024306.jpg
というよりも、正確に言うとそろそろ峠かな?といった感じ。
おそらくミニSLの線路だと思いますが、レールが敷かれていましたのでこれに沿って歩いてみました。
DSCN4839_20160420211126d41.jpg
乗ったつもりでGo
多分、ミニSLに乗ってたらこんな感じで景色が見られたんだろうな。
DSCN4841_20160420211127a01.jpg

徒歩で辿るミニSL軌道は思ったよりも、長かった
やっと終点に到着し、Uターンします。
DSCN4845.jpg

DSCN4846.jpg

黄色い花の中に・・・あれ?
DSCN4840.jpg
突然変異?それとも種が飛んできたかな?

自分の足で歩く”空想:ミニSLツアー”も終了。
土手の上に常夜灯があるのが気になりましたので、道の駅へ帰る前に見てみることにします。
DSCN4846_20160420214551ae6.jpg

茨城百景の記念碑とともに立つ、常夜灯。
DSCN4848_20160420214551129.jpg
せっかくだから、来た時と少々コースを変え帰りはこの常夜灯の立つ遊歩道を通り菜の花畑を見渡す格好で歩いて行くことにしました。

というわけで、続きます

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/20 21:52 ]  境町 | TB(0) | コメント(0)

道の駅さかい

先日、行われる予定だった境町の「菜の花フェスティバル」は、悪天候により、中止となりました
楽しみにされてた方、本当に残念ですね。
DSC_0870_20160418224406e4a.jpg
で、私はその前日に菜の花畑を散策してまいりました∠( ^ o ^ ┐)┐

利根川の河川敷に咲く菜の花は、まるで黄色い絨毯を敷いたように鮮やかでした。
この日が満開の状況、そろそろ終わっちゃうかな。
DSCN4815_2016041822460171f.jpg
イベントデー前日に、菜の花を思い切り堪能してきました。
でもこのお話はちょっとおいといて。。。

境町の道の駅、「道の駅さかい」を久しぶりに訪れました。
DSCN4776_2016041822440726d.jpg
回船問屋の蔵を思わせるような外観がお気に入り♪
イケてるでしょう。。。
DSCN4777_20160418224409b72.jpg
初訪問ではありませんが、ここを目的にしたのは初めてかな。それまで古河の帰りだとか、坂東へ行ったついでだとか”ほんの立ち寄り”的な訪問でした。
高瀬舟(遊覧目的)”さかい丸”の乗船予約も受け付けています。でもこの日はまだ運休中でした。
ちなみに乗船場所はこの道の駅から徒歩約10分の場所です。
現在はセグウェイ乗車(要事前予約)も体験できます
DSCN4783_20160418224410ebe.jpg
金・土・日開催 40分 4,000円(税込) 11:00~、13:00~、14:30~
さしま茶ペットボトル付き
乗車資格=16歳以上
お申込み・お問い合わせ=道の駅さかい境町観光協会 Tel:0280-87-7333(直通)


道の駅ですから、郷土のお土産品や新鮮野菜がたくさんあります。
私もつい、お買いもの
DSCN4880.jpg
梅山豚冷凍ハンバーグ・お寿司屋さんの厚焼き卵・ラーメン
この他にさしま茶ペットボトルを2本。
でも何といっても境町の特産品といったらコレです
DSCN4784_20160418230200e43.jpg
茨城三銘茶の一つ、猿島茶。
歴史と伝統ある、味わい深い茨城県の銘茶。
町内だけでも老舗の茶店が多く、ここに陳列されたお茶の種類も数多いです。
DSCN4785_20160418230202d17.jpg
その猿島茶を利用したランチメニューもレストランで味わえるのです
DSCN4778_201604182301591b7.jpg
さしま茶クリームパスタ
到着したのはちょうど、お昼頃でしたので食べていきます^^
お茶はお代わり自由。多分(笑)猿島茶です。
サラダと季節のフルーツ盛り合わせもついて、これで780円(税込)。
DSCN4787_20160418230203bce.jpg
さあ、いただきましょう
緑色の麺に猿島茶の粉茶をトッピング。
DSCN4788_20160418230205198.jpg
お茶の苦みを確かに感じました(*≧∪≦)
でもクリームソースが滑らかにその苦みを和らげてくれます。
DSCN4791_20160418231115430.jpg
これだけ緑茶を含んでいたら体が健康になりそう!!
サラダもフルーツも美味しくて、あっという間に食べちゃいました!
DSCN4789_20160418231112a14.jpg
選べるドレッシング。
生野菜にはチョレギ(←最近、マイブーム)が良く似合う(*≧∪≦)

DSCN4790_201604182311130c0.jpg
名残のいちごと初スイカ。
嬉しいです^^。

美味しくてあっという間に完食。
ごちそうさまでした
DSCN4792_2016041823111665b.jpg
日本各地に点在する道の駅ですから、やはりその土地の郷土色が現れていなければオリジナリティはあり得ません。
オリジナリティがなければ面白くない!
その意味で、道の駅さかいは十分立ち寄る価値ある場所だと確信しました

DSCN4779.jpg
来る5月3日、8:30より道の駅さかいにて「さしま茶新茶まつり」開催!!
今度は雨天決行だそうです。お茶を使ったお料理にお茶摘み等の体験・・・と、なんだか楽しそうなイベントです
5月と言えば新茶の季節。茨城三銘茶:猿島茶を飲みに境町へ遊びに行ってみませんか?

道の駅さかい

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/19 16:41 ]  境町 | TB(0) | コメント(2)

大ちゃんの海~平磯海岸

就職活動を開始してはや9ヶ月。気になる企業を見つけ応募する前に下見、とまではいかないけれど所在地だけでも確認しておこう、とナビを頼りに車を走らせ、確認後”ちょっとドライブしちゃお!”とばかりに道なりに進んでいくと、そこは平磯海岸でした。
DSCN4714.jpg

そう。クジラの大ちゃんがいるところです。
DSCN4715.jpg
茨城百景に指定されている平磯海岸。そして海岸沿いのこの道路は”大ちゃん通り”と呼ばれています。
ここを通ることはあっても、ゆっくり散策することはなかなかありませんので正面にあるコンビニに車を停め、お店でペットボトルのお茶とガリガリ君紫イモ味を買って砂浜を歩いてみることにしました。
DSCN4713.jpg
海水浴シーズンが始まると、たくさんの観光客でにぎわうこの砂浜もこの時期はさすがに誰もいません。
今はこうしてぷかぷかのんびりと浮いているけれど、夏休みは子供たちの人気独占で大忙し(?)
砂浜には亀さんもいました。
DSCN4697.jpg

今まで気がつかなかったけれど、これも年季が入っていますから以前からあったのでしょう。
”ハナコ”という名前のようです
DSCN4701.jpg

見ると、”那珂湊市観光協会平磯支部”だって!
今では懐かしい、”那珂湊市”という地名.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN4700.jpg

この子も、海水浴シーズンが来るのを楽しみに待っているのでしょうね。。。
大ちゃんと一緒に。。。
DSCN4699.jpg

DSCN4702_20160417230130543.jpg
気持ち良さそうだなあ。。。海の上(* ´ ▽ ` *)
その昔、1頭のクジラに追われてたくさんの魚がこの平磯海岸に逃げてきたそうです。それを見た漁師さん達は大喜び。
”鯨が魚を平磯まで連れてきてくれた!”と感謝し、それ以来クジラは平磯の守り神として、そして愛すべきマスコットとして親しまれるようになったとか。平磯の大ちゃん誕生の秘密もその伝説と関係がありそうです
この大ちゃんが連れてくるのは、魚の代わりにたくさんの観光客?!
大ちゃんが観光客を呼び寄せたおかげで、ひたちなか市も発展!!なんてことになれば素敵ですね
DSCN4705.jpg

ところでこの日は結構、高波でした
DSCN4703_2016041723013284c.jpg

DSCN4706_2016041723155767e.jpg

DSCN4709.jpg
この海と繋がっている遥か南の方で、繰り返す地震の恐怖と戦う人や震災被害で大切な人や物を亡くし涙する人達がいることを思うと胸が詰まります
1日も早い復興お祈りします
熊本県・大分県を中心とする九州地方の皆さん、どうか負けないでください!!

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/18 16:51 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)

たまごの森のチューリップ~国営ひたち海浜公園

1日に何度も入ってくる地震速報、そして現地の被災状況に胸が痛むばかりです。
住居や道路の崩落、助かっても住む家を失い途方にくれる人達。。。もしもこの世に自然災害を操る神が存在するのなら、「お願いだからもうこれ以上、暴れないで!」と大声で叫びたい気持ちです。
DSCN4718_20160417164543a45.jpg

DSCN4719_20160417164544020.jpg
先週金曜日に訪れた国営ひたち海浜公園の西口駐車場の桜は、開花時期を終えてはいたもののまだずいぶん残っていました。
散りゆく少し前にまるで名残を惜しむかのように可憐な姿を見せてくれましたが、今日の強風で散ってしまったでしょう。。。

ネモフィラの丘へ向かう前に実はこちらを先に訪れていました。
DSCN4728_20160417164547a8e.jpg
チューリップがあまりに綺麗でつい、寄り道した”たまごの森”
訪れた順番が逆となりますが、今回はそのお話を。
DSCN4729.jpg
ネモフィラが見頃でチューリップは5分咲きと、入場ゲートでは告示されていましたがチューリップもほぼ見頃を迎えてます
コチラ↓チューリップの形しているのがおわかりですか?
DSCN4720.jpg
茎と葉っぱの部分はムスカリです

DSCN4723.jpg

稲敷市の和田公園とはまた違った光景です。森の中のチューリップなんてメルヘンチックですね
DSCN4730.jpg

DSCN4731.jpg

西ゲート(翼のゲート)を望んで。。。
DSCN4732_20160417164842c0d.jpg

DSCN4734_2016041716484378e.jpg

DSCN4736_201604171648449a8.jpg

DSCN4738_20160417172117f10.jpg

珍しい色したチューリップもあります
DSCN4739_20160417172118e7b.jpg
私個人的にはちょっと、毒々しいかな

オランダ型風車の前でポーズを撮り、記念写真をお互いに撮りっこしたり自分撮りしている人も見かけました。
彼らがどいたところで正面より
DSCN4741_201604171809288dd.jpg

DSCN4742_20160417172120d82.jpg
中央のムスカリで川をイメージしているのだそうな。
まるで絵本の世界にいるみたいです

DSCN4743_20160417172121063.jpg
色とりどりのチューリップ、こちらもチェックポイントです。おそらく来週末くらいまでは楽しめるでしょう。
でも今日の強風にあおられ、果たしてどうなったことやら。

DSCN4774_20160417181237bd0.jpg
熊本県・大分県を中心とする九州地方にこれ以上の被害が出ませんように。。。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/17 18:14 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

ネモフィラの丘へ~国営ひたち海浜公園

14日夜に発生した熊本大地震から2日経過した今でも地震・余震が頻繁に起きているようです
離れた地域に住んでる私ですら、震災発生から10~30分置き位にマイスマホに入ってくるdocomoインフォーメーションを見るたびに”あ、またか!もう嫌”という気持ちになりますから現地の方はなおさらでしょう
あらためて、お見舞い申し上げます。

このような時にブログを更新してよいものかどうか悩みましたが、書かせていただきます
国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)のネモフィラが暖冬の影響か例年より早く開花し、今が見頃となっております。
土日は混むことが予想されましたので、日中の用事を済ませ昨日行ってまいりました。
DSCN4751_20160416213503706.jpg

ちょうど、菜の花も満開です
DSCN4752_20160416213505db9.jpg

古民家を背景に。。。
DSCN4755_20160416213509665.jpg
まさしく、”里山の光景”
平日にも関わらず、結構人が出ていました。でも今日あたりはもっと凄かったんだろうな。
この日の青空と、青いネモフィラの花。
青と青がちょうど、マッチしています。
DSCN4753_20160416213506b5c.jpg

では暫く画像のみ掲載で失礼いたします
DSCN4754_20160416213507839.jpg

DSCN4756_20160416214207d1c.jpg

DSCN4757_20160416214208415.jpg

DSCN4758_20160416214210272.jpg

DSCN4759_20160416214211e51.jpg

DSCN4761.jpg

上も下も完璧、満開ですね
でも今頃この状態では果たしてGWまで持つのかなあ。。。
大型連休前に開花が終わってしまうかも観に来られるならば今ですね。
DSCN4768.jpg

DSCN4767.jpg

DSCN4763.jpg

DSCN4762.jpg
青い絨毯みたい。。。

DSCN4765_20160416214554049.jpg

DSCN4771_20160416215704dab.jpg

青く清々しい色合いに染まったネモフィラの丘。秋のコキアとはまた違ったステージを見せてくれます。
そこがリピーター来園者を続出する理由なのかもしれません。
ネモフィラの早い開花に合わせ、ひたちなか海浜鉄道でも阿字ヶ浦駅発の恒例のシャトルバス運行が例年よりも早く開始となったようです是非、ご利用ください!
ひたちなか海浜鉄道HP内
 [ 2016/04/16 22:06 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

三浦杉と吉田八幡神社

昨夜21:26に発生した熊本大地震は大変、ショッキングな出来事でした
まるで5年前の3.11を思い出させるような光景。。。皆さんのご身内やお友達あるいは当ブログを閲覧されてる方の中で熊本県や隣接する県にお住まいの方はいらっしゃったでしょうか。。。心よりお見舞い申し上げます。

さて、本題に入らせていただきます。
常陸大宮市の2つの道の駅を訪れ、帰りに立ち寄ったのは樹齢850年以上の天然記念物の杉が見られるところ。
前回の記事で登場した道の駅みわの近くにあります。
DSCN4345_20160415222834669.jpg
信号渡ってすぐですよ♪
ちゃんと整備された駐車場もあり、その正面は遊歩道が設置された田んぼのようです。案内板を見たところ花菖蒲が咲くみたいあずま屋も設置されて、来月あたり楽しめそうです
DSCN4347.jpg
DSCN4346_20160415223733f5f.jpg
この時は辺りに咲く菜の花と花桃が綺麗でした
DSCN4348.jpg

DSCN4349.jpg

三浦杉があるのは、ここから少し歩いたところにある吉田八幡神社の境内のようです。
1155年、相模の国(神奈川県)出身の三浦大介義明という人が下野の国(栃木県)那須野ヶ原で暴れていた九尾の狐を退治に向かう途中、戦勝祈願をしようとこの神社に立ち寄り三浦杉はその祈願の為に植えられた杉だと伝えられているそうです当時は鎌倉杉と呼ばれ、後に徳川光圀公により三浦杉と命名されたとか。

では、行ってみましょう
DSCN4350.jpg

神社の石段を上がり、境内に入っただけでマイナスイオンたっぷり!
周囲の世界とは別世界に入った気分で周囲の静寂さに溺れ吸い込まれてしまいそう!
DSCN4352.jpg

DSCN4353.jpg
鳥居をくぐった奥が本殿らしいです。
え~っと、三浦杉はどれかな。。。
DSCN4354_20160415223739ef0.jpg
本殿を囲うようにしてそびえたつ杉の老大木があります。それが三浦杉のようです。
でも
DSCN4355.jpg
残念ながら、ここから先には進めません。
DSCN4356_201604152257134a4.jpg
樹齢850年を超える大木も年齢には勝てず、倒壊の危険があるため数年前より本殿前には立ち入ることが出来なくなっています。
というわけで、本殿参拝や天然記念物の三浦杉の拝観はこの場所から傍観する格好となります。
DSCN4357.jpg

DSCN4358_20160415225510473.jpg

DSCN4360.jpg

DSCN4359.jpg
離れたところから見ても、迫力です幹といい木の根といい。。。
生気すら感じられます。
老木同士の会話が聞こえてきそう。。。。( ̄▽ ̄)
神秘的、そして和みの余韻を引きずりつつ山を降りるのでした。
DSCN4362_20160415225544991.jpg
ここを訪れるのは駐車場前の花菖蒲が咲く頃がベストかな?
その時に来られるとよいのですが。。。。きっと忘れてますね(笑)

今回のスポットを含むハイキングコースが設定されてるようです。
里山歩きを楽しまれたい方はトライしてみても良いですね
DSCN4344_20160415222833f0e.jpg

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/15 23:34 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(2)

物産センターみわ★ふるさと館北斗星(道の駅みわ)

時間をぐっと戻しまして。。。先月のお話です。
渋滞・混雑と戦い、グランドオープンしたばかりの道の駅常陸大宮かわプラザを訪れたその後にドライブしてみたくなりまして。
DSCN4320.jpg
国道118号をあえて水戸方面とは逆方向に走り、山方トンネル手前を左折。
目指すのは、今では常陸大宮市内となった地域の先輩道の駅です。
DSCN4321.jpg
道の駅みわ
物産センターみわふるさと館にやってきました
DSCN4322.jpg
”ギャラリートイレ”って気になりませんか?
この道の駅の名物なんです。
今回はここを探検したいと思います。その前におやつしてから。
DSCN4327_20160414181611a41.jpg

季節のソフトクリーム、バターキャラメル味が気になります
DSCN4328_2016041418161243f.jpg

で、こうなる
DSCN4329.jpg
キャラメルのコクが感じられて美味しかったです
何しろ、道の駅常陸大宮では”ちょっとスイーツをつまみ食い”も難しいほど混雑していましたので(笑)
さあ、トイレへGO
DSCN4330.jpg
ギャラリートイレ=満天トイレへ。。。
DSCN4331.jpg

通路を歩いていても、普通の感じですがだんだん奥へ入っていくと昔の洋画スターのポスターが飾られています
DSCN4336.jpg
ジェイムスディーンにオードリーヘップバーン、チャップリンもいるね
さらに、天井を見上げると。。。
DSCN4338.jpg
北斗七星!!

DSCN4339.jpg
”満天”の名がつく通り、トイレ天井には満天の星空。。。そして北斗七星が描かれています
そしてモノクロ時代の往年の映画スターの写真。。。
常陸大宮市のこの地区は、以前は美和村という地名だったのですがこの道の駅は美和村だった頃に作られました。
星空が県内一、綺麗だと言われている旧美和村。。。そんな地域の道の駅にふさわしい、オリジナリティ溢れる演出といったところでしょうか。綺麗に使わなくちゃ
DSCN4340.jpg

満天トイレで用足しした後、売店でお買いものしてから帰ることにしました。
DSCN4342.jpg
入り口ドアに貼られている”きっぷ”が気になりまして。
道の駅にも切符があるんだ
DSCN4343_20160414210225cd9.jpg
といっても、全国の道の駅すべてで購入できるわけではないようです。
ますます気になる。
で、買ってみました他のオリジナルグッズと一緒に。
DSC_0784_20160414214150380.jpg
オリジナルグッズと、満天トイレ。
小さいけれど、”ここでしか”なものがあります。
旅の思い出に立ち寄っていきたいスポットです
DSCN4332.jpg
トイレ入口にある、”方言パネル”も絶対、見でったらがっぺ
知ってんのあっけ?(笑)


※「道の駅常陸大宮かわプラザ」OPENにともない、常陸大宮市内国道118号が渋滞しているようです。大子方面に向かわれる方は迂回路を通られた方がよいかもしれません。
→(常陸大宮市公式HP)http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page001740.html


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/14 22:02 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

谷田部東PAの桜

稲敷からの帰りに谷田部東パーキングエリアで寄り道
DSCN4683_20160412231423229.jpg
以前立ち寄った際、桜の木があったのを思い出してつい立ち寄ってみたくなりました。
思った通りの満開でした
DSCN4682_201604122314008a2.jpg

DSCN4684.jpg
桜もずいぶん、散ってしまい今では葉桜となったところが多いようです。
もしかしたらこれが今年最後の”桜めぐり記事”になるかもです。
駐車場や本線沿いの土手も綺麗だけど、建物脇の休憩スペースの桜も見頃のようです
DSCN4690_20160412231403c20.jpg
近づいて撮影してみました。
この桜の下でお花見を楽しんでいる家族やカップルの姿も見られました。
DSCN4688.jpg
逆光ですみません

DSCN4680_20160412231420dcc.jpg

DSCN4681_2016041223142160b.jpg
今週末までにはもう、完全に散っていそうだな
前回訪れた時はまだほんの3分咲きだった気がします。今回はちょうど満開の時に見ることができて良かった
DSCN4689_201604122321344af.jpg

名残の桜を堪能したところで・・・。
お腹も満たそう∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN4685_201604122321306d8.jpg
「店長推薦」「TVで放映」「市内の醤油屋さんのスープ」
この3つのキーワードが私を魅了しました(笑)
実はチューリップまつりの会場で焼きそばを食べたきり、何も口にしていなかったので小腹が空きました。
DSCN4686_20160412232132dd7.jpg
一見、シンプルな醤油ラーメンです。
スープ、味が濃そうですが思ったほどじゃないかも。
少々、甘みを感じました(* ´ ▽ ` *)
DSCN4687_20160412232132c1d.jpg
麺は細麺。好みです( ^ω^ )
うどんは太麺が好きだけど、ラーメンは細麺が好みという変な奴(笑)

最後はやっぱり、”花より団子”(笑)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/13 16:11 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

横利根閘門ふれあい公園

稲敷市浮島の和田公園を後にして、稲敷大橋を渡り目指すは横利根閘門。
水郷大橋を渡る直前の道路を左折し、進んでいったところにあります。
すぐ目の前は千葉県香取市
略図
超・手抜き略図で申し訳ありません(´∀`*;)ゞ
千葉県と茨城県の間を流れる利根川、 その利根川と交差するように流れる横利根川と呼ばれる川があります。
利根川が氾濫し、洪水の逆流で霞ヶ浦沿岸地域の被害防止と、水位が高くなって舟運に影響がないようにと利根川と新利根川の合流部に造られた閘門(こうもん=水位の異なる河川や運河、水路の間で船を上下させるための装置。(ウィキペディアより))、それが新利根閘門であります                                                 
DSCN4664_20160412215827c6f.jpg

DSCN4665.jpg
明治33年(1900)に工事が始まり、大正10年(1921)に完成。
既に100年近い歴史がありますが、今でも現役で利用されていて大正期に造られた閘門としては唯一ですって。
平成12年(2000)に、重要文化財に認定されています。
DSCN4671_201604122158321cf.jpg
年季を感じる赤レンガ。
かっこいいねえ(#^.^#)

この横利根閘門が設置されたすぐそばのスペースが”ふれあい公園”として開放されています。
4月10日に訪れたところ、桜が満開でした
DSCN4667.jpg
桜スポットとしては、県内でもあまり知られていない”穴場”かも?!
これは無視できない(笑)
DSCN4668.jpg
文化財を背景に。。。
あいにく今回は開門して舟が入ってくるところを見られなかったけど。
DSCN4669_20160412222211aed.jpg

DSCN4670.jpg
川べりでは釣りをする人の姿も見られました。
舟遊びを楽しむ人の姿も
DSCN4673.jpg
正面に見える橋は水郷大橋。
そして、水鳥が戯れて。。。
DSCN4672.jpg
この時期にいるのは原住民の白鳥ですね多分。
そして、2羽並んでスーイスイ
DSCN4674_201604122230400d4.jpg

舟運が盛んだった頃を知る、歴史の証人。
重要文化財の所在地はこんなにのどかなところだったんですね
DSCN4675.jpg
DSCN4676.jpg
花見スポットとしても、地元では有名なのかな?
駐車場で若い男女のグループが、お気に入りの曲をデッキで流しながら飲食している光景も見られました。

DSCN4678.jpg
利根川・横利根川に歴史あり。
桜もまた、美し

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/12 22:36 ]  稲敷市 | TB(0) | コメント(1)

稲敷チューリップまつりへ行ってきました!<2>

(*´∀`人 ♪♪咲いた~、咲いた~、チューリップ~の 花が~♪
と鼻歌を歌いつつ、ステージで行われていた”江戸崎囃子”をBGMにチューリップ畑にやってきました( ^ω^ )
DSCN4611.jpg
市のキャラクター、いなのすけ君が出迎えます
その横には、記念撮影用のパネルも。
DSCN4614.jpg
ここから顔出して写真撮るのね(*^_^*)
でも私は違う使い方します
DSCN4613.jpg
窓の向こうに見えるのは・・・?
我ながら、このまま観光パンフレットに使えそうなアングルが撮れたぜ
と、自画自賛している場合じゃない!
せっかくチューリップ畑を訪れたのに
DSCN4615.jpg
桜とチューリップが同時に楽しめるなんて
桜の向こうがイベント会場方面です。
ちょっと見る角度を変えただけでもいろいろな景観が楽しめちゃう+゚。*(*´∀`*)*。゚+
DSCN4616.jpg

DSCN4625_20160411202342a07.jpg

DSCN4630_20160411202344fca.jpg

さて、もっと眺めていきましょうo(^▽^)o
DSCN4617_20160411200320f0b.jpg
白いチューリップの中に。。。
あら、紅一点(´ω`人)
DSCN4622_20160411200325fe0.jpg

DSCN4619_20160411200322d55.jpg

DSCN4620_201604112003245f5.jpg
あか、しろ、きいろ♪
どのはな、見ても~、綺麗だな~♪
つい、歌が出ちゃいます
DSCN4618_201604112003218de.jpg

定番の赤・白・黄色だけでなくピンクやオレンジ等の中間色もいろいろ楽しめるところが素敵です(*´∀`人 ♪
DSCN4629_20160411200747911.jpg

DSCN4631.jpg

なんと、こんな色も
DSCN4632.jpg
紫色のチューリップ。
そして、こんな変わったチューリップもありました。
DSCN4634.jpg
まるで蓮みたい。。。

DSCN4635.jpg

公園隣の集落センター前の畑もチューリップが満開でした( ^ω^ )
ここでも記念写真を撮る人スマホで写メ撮る人がたくさん。
DSCN4638.jpg

DSCN4639.jpg

DSCN4640_20160411201003c22.jpg
霞ヶ浦の岬に咲き乱れるたくさんのチューリップ。。。
青い空に青い霞ヶ浦湖面を背景にしたそれらのチューリップはまた格別
でも今日の冷たい強風に折られ、もしかすると散ってしまったでしょうか。。。

満開な状態で迎え開催することが出来た、2016稲敷チューリップまつり
少々、雲は出ていたものの雨に降られることも強風で荒れることもなく天気にも恵まれ、最高のイベントデーに恵まれて良かったよかったp(*^-^*)q

和田公園


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/11 21:08 ]  稲敷市 | TB(0) | コメント(0)

稲敷チューリップまつりへ行ってきました!<1>

桜満開(場所によっては咲き終えたところも)の茨城県ですが、桜ばかりが春の花じゃないぞ、と(汗)
DSCN4596_20160410220034449.jpg
桜の花の向こうでは。。。

DSCN4600.jpg
稲敷市の浮島にある和田公園にて本日9:30より、「稲敷チューリップまつり」が開催されました。
チューリップ畑の隣に設けられた特設会場ステージにて、よさこいや郷土芸能がお披露目され・・・。
DSCN4604_20160410220812706.jpg

DSCN4606.jpg

DSCN4661_2016041022160615c.jpg
思わずお腹が空いてしまう香りも会場内に充満・拡散(笑)
地元である稲敷市をはじめ、他の街からたくさんの模擬店が出店されたのです。
あらあら?まだ11:00前なのに既に
DSCN4603_201604102208119ff.jpg

DSCN4598.jpg
イベント盛り上げに協力するのと同時に、自分の街をPR。
こう考えるとイベント会場こそ、”わが街PR”が出来る絶好のステージですね
DSCN4599.jpg
勿論、各市(今回は町村からの参加ナシ)のイメージキャラクターも登場です。
DSCN4644_20160410222253bdd.jpg
どの子がどの街のキャラクターか、みなさんお分かりですか?

DSCN4642.jpg
画像中央:稲敷市のイメージキャラクター=いなのすけくん
被っている帽子は、江戸崎かぼちゃだよ♪

ゆるキャラも集まり、美味しそうなグルメを販売する模擬店もたくさん並びステージイベントも進行して会場内はヒートアップ気温が高めな日中でしたが特に暑くなり、かき氷が恋しくなるほどに(笑)

で、肝心のチューリップは?
はいはい、分かってますよ!
DSCN4608_201604102227217fd.jpg
当記事のトップ画像でお察しかと思いますが、ちょうど桜も満開でしたからチューリップと桜が両方楽しめる環境になっていました。まるで合わせて咲いてくれたように。。。

どのアングルから見ても、どの花をクローズアップしても綺麗でつい何枚も撮ってしまいました。
次回の記事で詳しく掲載するとしまして、今回はざっとこのくらいで
DSCN4609.jpg

DSCN4610.jpg

DSCN4654.jpg
では、続きます

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/10 22:33 ]  稲敷市 | TB(0) | コメント(0)

亀城公園の桜2016

龍ヶ崎市から土浦へUターン
戻ってまいりました( ^ω^ )ゞ

桜巡りの締めくくり~土浦といったらやっぱりココ。
DSCN4548.jpg
おなじみ、亀城公園です。
過去何度も訪れてるスポットですが、やはりここを見ずには帰れません(笑)
DSCN4549.jpg
不思議なことに、今まで一面灰色の雲に覆われていた空だったのに土浦へ帰ってきたら明るくなり、雲と雲の隙間から青空さえ出てきました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN4551_20160409152851a52.jpg
DSCN4553.jpg

つちまる、ハ~イこっち向いて((⊂(^ω^)⊃))☆
DSCN4552.jpg
お堀の周りで、アニメキャラクターの衣装をまとった人達が櫓門を背景にポーズを撮って仲間同士で撮りっこしている様子をあちこちで見かけました。この日開催されたのイベントに参加された人達でしょう

さて、ぶらぶらしますか♪(/・ω・)/ ♪
DSCN4555.jpg

DSCN4557_20160409162925272.jpg

DSCN4559_20160409162927da0.jpg
この日はざっと、7~8分咲きくらいだったのかな。数日前に満開になったようですがも今日あたりは結構、葉桜になっているかもしれません
DSCN4560_20160409162928b71.jpg

DSCN4561_20160409162930d65.jpg

市立博物館前、西櫓裏。
DSCN4563.jpg

DSCN4562.jpg

東櫓。市立博物館の付属資料館となっています。
DSCN4569_201604091638433a7.jpg
この東櫓よりお堀を。
いつもは逆側から見ている箇所です。
DSCN4577.jpg

DSCN4579_20160409164433005.jpg
いつもは見上げている場所を見下ろしてみるのも、視界が変わって面白い
でも足場が狭く危険ですのですぐに降りました(´∀`*;)ゞ

今度は外堀から
DSCN4580.jpg

DSCN4582.jpg

DSCN4583_20160409164109938.jpg

DSCN4584.jpg

DSCN4586.jpg
あれから1週間。
亀城公園を彩っていた桜もピンク色から緑色に変わり、やがて新緑の季節となっていくことでしょう
こうして月日が巡ってゆく。。。
散りゆく桜を眺め、つい感傷的になってみたりします。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/09 16:57 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

般若院のシダレザクラ

にぎわい広場からさらに歩くこと約5分。毎年7月に開催される伝統行事「撞舞」の会場となる根町という場所に、天元元年(978)年の創建されたと言われる般若院があります。
DSCN4506.jpg

龍ヶ崎市記事、今回の締めはここ・天台宗般若院のお話を書いていきたいと思います
DSCN4507.jpg
このお寺も創建当時は別な場所に建てられたそうですが、大永4年(1525)に現在の位置に移されたとのことです。
前回の記事で書きました八坂神社も、この般若院のところにあったそうです。

まずは本堂にご挨拶
DSCN4508_2016040821220797f.jpg

今回の参拝目的は他でもありません。この本堂裏手にある樹齢400年のシダレザクラを見るためです。
TVで放送され、かつ観光パンフレットや「るるぶ」等で紹介されるスポット。”是非見たい!”と以前からずっと思っていました。
その念願が叶う時がついに来た・・・・!!
DSCN4511_201604082158241cb.jpg
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
凄い!!凄すぎるっ!!

DSCN4512.jpg
ただ”凄い!!”の一言に尽きますね(* ´ ▽ ` *)
聞きしに勝る、この巨大な老木は、県の指定文化財・そして天然記念物に認定されています。
DSCN4520_20160408220340a40.jpg

DSCN4527_2016040822034685b.jpg
桜も見事、その花を咲かせる木も見事。
しかも、ちょっと視点を変えるだけでまた違ったアングルが楽しめるしどこから観ても絵になるんだなあ。。。
DSCN4523.jpg

DSCN4529.jpg

DSCN4524_201604082203429c4.jpg

DSCN4525_201604082203443b7.jpg
記念撮影でした( ^ω^ )

桜もアップで撮影してみました。
DSCN4513.jpg

DSCN4532_20160408221000058.jpg

DSCN4538_20160408221002d78.jpg

DSCN4539.jpg
天然記念物そして県の文化財、市の宝。。。
そんな由緒ある桜を見ることが出来て本当に良かった。。。
ただ、欲を言えば青空の下で見たかったナ・・・と(笑)
DSCN4526_20160408220344807.jpg
最後に2人で☆

昨日の雨の影響で、桜もずいぶん散ってしまい既に満開となったところは見頃も峠を越した状況となってしまったようで。
この般若院のシダレザクラも既にほとんど咲き終わってしまったかもしれません。
一番良い時にこのサクラを見ることが出来て良かったです



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/08 22:28 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

八坂神社と公園の桜

竜ヶ崎駅を出発し、徒歩で般若院へ向かいます。
でもその前にちょっと、寄り道など。
駅前通りを約5分、八坂神社に立ち寄っていきます。
DSCN4492.jpg
文治年間の1185~1190年、当時の領主が龍ヶ崎の開拓をしようと農民を移住させた折に農民の心のよりどころだった八坂神社の分社を建てたそうな。。。はじめは根町(龍ヶ崎市の代表的な伝統行事・撞舞が行われるところ。竜ヶ崎駅より徒歩約15分の場所)の般若院、そうこれから向かおうとしていた般若院の敷地内にあったそうですが後に現在の地に移されたとのことです。
DSCN4493.jpg
毎年7月の終わりの3日間で行われている祇園祭(撞舞が行われるのもこの3日間の中の1日開催されます。)は、この神社が中心となります。
では、ご挨拶していきます。
DSCN4494_201604071735503aa.jpg
手水所の水道が龍だ(*^m^*)

DSCN4495_201604071735513d2.jpg
(-人-)。。。。。

八坂神社の隣にある公園のレンガ門が、境内に入ったころから気になっていましたのでお参りの後立ち寄ってみます。
DSCN4496.jpg
なんだっぺこれ?
元、何かの建物があったのでしょうか。。?公園となっているこの敷地に。
残念ながら説明のようなものはなく、帰宅後に市のHPで八坂神社周辺のことを調べても不明。
気になるねえ。。。
(→この部分、記事UP後の追記)・・・なんてこと書いてたら、コメントで情報をいただきました。
このようないきさつがあったそうです
http://akarenga-hozon.org/
情報提供ありがとうございました

それはさておき、公園の桜が綺麗!!
でも既に葉桜が見え始めていました。
DSCN4497_20160407175310fd4.jpg

DSCN4498.jpg
今日の雨風で散っちゃうなあこりゃ

公園内にも気になったもの発見。
DSCN4499.jpg
慰霊碑のようですが、ロケットのような変わった形も目を惹きましたし何よりも「恋魂碑」??
恋???「恋」って読めますよね?
何の意味あって建てられた碑なのか、すごく気になりました。勿論、説明は付いていません。

なんだか、市の突っ込みどころを探しているように解釈されそうですのでここまでにしておきましょう^■^;
この日は4月の第1日曜日。毎月恒例の「まいんバザール」が、八坂神社向かいの”にぎわい広場”で行われていました。
DSCN4500_20160407175313773.jpg
といっても、この時の時刻は既に13:30頃(開催は14:00まで)。
ほとんどのお店が販売を終え、既にお片づけモードでしたが^◆^;
DSCN4503_20160407182802849.jpg
とりあえず、お友達のパン屋さんにご挨拶を。
そして、滑り込みセーフで”まいんコロッケ”詰め合わせ&龍ヶ崎焼きそばをお土産に、コロッケパンをおやつにGETした上で般若院へ向かいます。
その前に
DSCN4501.jpg
広場の桜もまた、満開でしたのでついカメラを向けたくなりました(ノ´▽`*)b☆

DSCN4502_20160407182801f49.jpg

DSCN4505.jpg
今日の雨風で、こちらも果たして週末までもつかなあ。。。といった感じ。
一番良い状態の時に見ることが出来て良かった(#^.^#)

寄り道しながらのんびりとですが、今度こそ般若院へ

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/07 21:21 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(4)

竜ヶ崎線に乗って

明日は天気が一転して、荒れ模様になるとかせっかく咲いた桜が散らなければよいけれど。。。

さて、「霞ヶ浦ダックツアー」を初体験し土浦港の桜を楽しんだところで一旦、土浦市を離れ行く先は龍ヶ崎市。
土浦駅から小さな鉄道旅をします
DSC_0826.jpg

土浦を出発し、JR常磐線利用で4か所目の佐貫駅で下車。そこから関東鉄道竜ヶ崎線に乗り換えです。
ちょうど、来ましたねえ。。。
DSCN4477.jpg

DSCN4480_20160406203841134.jpg
明治33年(1900年)開業の関東鉄道竜ヶ崎線。デビューして、今年で116年(ロゴマークは2013年に設置されたもののようです。)
そして昨年は龍ヶ崎市も市制60年を迎えました
DSCN4478.jpg
市制施行60周年を記念した”街の足”竜ヶ崎線のボディーには、市のマスコット・まいりゅうくんがペイントされています。
DSCN4479_20160406203839b9f.jpg

リアルまいりゅうくんと2ショット☆
DSCN4483.jpg
これからこの列車に乗って、龍ヶ崎を訪問します。
鉄道による久々の龍ヶ崎訪問です。目指すのは樹齢400年のしだれ桜で有名な般若院。
DSC_0827_2016040620491130e.jpg
先行でスマホ撮影したものを投稿させていただきます。
詳しくは後ほど


発車時刻が迫ってきましたので、とにかく乗車します
車両内のあちこちにも、まいりゅうくんが1人、2人・・・
DSCN4484.jpg

DSCN4488.jpg

でも何といっても”おおっ!”と感じたのは、「サイクルトレイン」システムかな。
DSCN4485_20160406204602e2b.jpg
なになに?自転車持ち込みOK??!

そう。この列車、というよりも関東鉄道では時間帯にもよりますが自転車の持ち込みが無料になるんです。
常総線(下館⇔取手)は、下館~水海道間のみですがこの竜ヶ崎線は全線OK
http://www.kantetsu.co.jp/train/cycle.html
DSCN4486_2016040620460469c.jpg
↑サイクル優先
自転車を持ち込まれた方専用のスペースです。
ちなみに佐貫駅・竜ヶ崎駅では、レンタサイクルのサービスも行われていますからね
有名観光スポットまではいづれの駅からも結構、歩く距離がありますし駐車場探しも難しいですので、龍ヶ崎観光にはレンタサイクルは貴重かもしれません
↓ ↓ ↓
JR佐貫駅
(佐貫駅東口広場駐車場より) 100円/20分(30分無料)
施設整備課
TEL:0297-64-1111
関東鉄道竜ヶ崎駅
(関鉄竜ヶ崎駅前駐車場より) 300円/3時間 1日500円 月額5,500円(定期券購入者は半額)

4~5月はサイクリングを楽しむのにちょうどよい季節かもしれませんね♪

では、出発進行!!
竜ヶ崎駅に関しましては今回、触れていません。過去の記事で書いておりますので6年前の記事ですがよろしかったら。
竜ヶ崎駅ウォッチング2010.7.20
余談ですが、駅の待合室にあったテレビは撤去され、駅舎隣にあったお蕎麦屋さんも綺麗に撤退しておりました
時の流れを感じさせたなあ。。。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/06 21:32 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

土浦港の桜と水天宮・水神宮

「霞ヶ浦ダックツアー」終了後は再び土浦港脇を通ってJR土浦駅へ戻ります。
桜の花を眺めながらゆっくりと。。。
DSCN4462_20160405210753e8c.jpg

DSCN4460_20160405201841b0e.jpg
亀城公園の桜がちょうど、満開となったそうですが土浦港も素敵になっていました
あいにくの曇り空でしたが、桜咲く遊歩道をのんびりとお散歩。。。
DSCN4461.jpg

DSCN4465.jpg

DSCN4466.jpg
花火大会の会場となる桜川河川敷ほどの数ではないけれど、桜の季節の土浦港もなかなか、良いものです
川口運動公園の近くに、水天宮・水神宮・稲荷神社が鎮座しています。カレーフェスティバルの際、目にしていましたが今回はゆっくりと散策など。
DSCN4468.jpg
<水天宮>
天保11年(1840)、久留米藩主有馬頼徳の三女、竹姫が土浦藩に嫁いだ際の護り本尊として自分の故郷=久留米の水天宮の分霊を土屋藩邸に奉納したのがこの水天宮と言われています。昭和33年(1958)に現在の位置に遷宮されたとのこと
祭神は源平の戦いの際、最後の争い=壇ノ浦の戦にて命を失った安徳天皇と祖母の二位の尼平時子、そして安徳天皇の生母の建礼門院平徳子の他、天之御中主神という宇宙創造の神様が合祀されたそうです。
DSCN4469.jpg

明治初期に建築されたと言われる本殿と、敷地内に奉納された二個の力石が指定文化財になっています
DSCN4470.jpg

DSCN4471_20160405211708b34.jpg

水天宮の隣にあるのが、水神宮です。
天保7年(1836)に川口町の有志によって創建されたとあります
DSCN4472.jpg
祭神は弟橘姫。夫・日本武尊の乗る船が大嵐に遭った時、荒れ狂う波を鎮めようと海へ身投げし、その後嵐が治まったという話があります。それと関係があるのか、ここでは舟運業者や漁業関係者の守護神として祀られています。
そしてさらにその隣にあるのは、壽寅(じゅえん)稲荷大明神。
DSCN4473.jpg
江戸時代末期の建設だとか。明治維新の頃から水天宮・水神宮とともに土屋藩邸に奉遷され、一時小松町に遷ってから昭和33年に再び、ここ川口町に遷宮されたという記録が残されています。
土浦城内で祀られていた神様を合祀したものだという説もあるそうです。
DSCN4474.jpg
3つ並んだ守護神、水天宮・水神宮・稲荷大明神。
今日も霞ヶ浦と土浦港を中心に土浦市の水難、火難、厄難除けの為、招福・商売繁盛の為、つつましくも強い力で護ってくださっているに違いありません。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/05 22:35 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

水陸両用バス:霞ヶ浦ダックツアー初体験

4月3日は土浦桜まつりイベントデー
土浦駅前うらら広場が賑わっていました。
DSCN4413_20160404192027434.jpg
屋根付きのイベント会場だから、雨降っても平気( ^ω^ )
昨年までは確か、亀城公園広場を会場にしていました。公園内に咲く桜の花を眺めながら甘酒を飲み、飯村牛串焼きをかじりながらステージイベントを見物したりして。
今年はうらら広場なのね((´・ω・`))
DSCN4415.jpg
「萌え♡おこし実行委員会」??
アニメキャラクターのコスプレをした人達が集まるイベントが今回、行われたようです。
そういうファッションした人達を何人も亀城公園で見かけました。といっても、私が目撃するのはこの数時間後なのですが。
それより気になった、このマスコット
DSCN4414.jpg
河童?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

「霞ヶ浦ダックツアー」のマスコットキャラクター、ダッパくんです
DSCN4416_201604041920313b0.jpg
県内初導入の水陸両用バス=バスが船に変身するというスペシャルカーであります。

DSCN4421_201604042043245db.jpg
桜まつり特別運行(通常4月8日からスタート)ということで、この日は運賃も特別価格(1,800円→1,000円)で行われていました。
存在は知っていたものの、実は未経験。
ちょうど、いい機会だうん( ^ω^ )
ということで。
DSC_0823.jpg
予約したバスは11:00土浦港ラクスマリーナ発、そして乗船の15分前までにお越しください、との事。
うらら広場から乗船場まではたっぷり10分かかりますので10:30より始まるオープニングセレモニーも開式の挨拶途中でダッシュすることに(中川市長ごめんなさい

土浦港周辺も桜が開花していました。でも帰りにゆっくり見まぁす
DSCN4418_2016040420432271f.jpg
つい早足となり、汗がにじんできました。
日頃の運動不足がたたった証拠(笑)
よっしゃあ!間に合ったぁ~!!ヽ(≧≦)ノ
DSCN4419_201604042043234b9.jpg
ちゃんと待っててくれました(笑)一息つく時間があってよかった(* ´ ▽ ` *)

さあ、いよいよ出港です。
DSCN4425_2016040420432680c.jpg
今回のお伴はつちまるくんと龍ヶ崎市のマスコット・まいりゅうくん。
DSCN4426_201604042043274dd.jpg
私たちを乗せたバスはぐるりと一周した後、埠頭で停車。
これから霞ヶ浦へダイブします。
DSCN4429.jpg

観光案内兼添乗員のお姉さんの掛け声でカウントダウン。
3、2、1~!!
で、サブ~ン
DSCN4432.jpg
物凄い水飛沫を上げて、霞ヶ浦へ着水!
ほんの1秒だけ、ジェットコースターに乗った気分を味わいました^◆^;
短い時間ですが、霞ヶ浦水上ツアーへ出発
DSCN4435.jpg

岸辺の桜も見頃間近のようです。。(*^_^*)
晴天ならばよかった
DSCN4437_201604042121267a9.jpg

湖上のヨットに乗った人が、ボートを漕ぐ人が、みんなみんな手を振ってくれる。。。
DSCN4442.jpg

DSCN4447.jpg
この日も霞ヶ浦湖上でマリンスポーツを楽しむ人がたくさんいらっしゃいました。
地域の人達の癒しスポット、霞ヶ浦。。。
”泳げる霞ケ浦”、絶対実現して欲しいと願っています
DSCN4443.jpg

なんといっても窓がないから、温かい日は風が気持ちいいね+゚。*(*´∀`*)*。゚+
DSCN4448_2016040421315452c.jpg

走るコースはラクスマリーナやジェットホイル(常陽観光)と大体同じのようです。
見慣れた光景ではありますが、それでも遊覧船とはまた違った趣で新鮮だなあ。。。
DSCN4451.jpg

DSCN4454.jpg

DSCN4453_2016040421375682a.jpg

湖上からの心地よい風を浴びながらの”霞ヶ浦ダックツアー”も、スタート地点の埠頭が近づきあっという間に終盤を迎えました。
DSCN4458_20160404213159e84.jpg
楽しい時間をありがとう
今回はほとんど水上のみでしたが、これが街中を走っている姿も見かけたことがあります。
でもチラシを見ると水上ルートのみの表記のようで
今年は街中走行は廃止?こちらは未確認です。
DSCN4457.jpg
水陸両用バス 霞ヶ浦ダックツアー
2016年の運行期間
■4/8(金)~11/27(日)の金・土・日・祝日のみ運行
■7/25(月)~8/31(水) 夏休み期間中毎日運行
■12/3(土)~2017.3/26(日)土・日・祝日のみ運行
大人(中学生以上)11,800円(但し12~2017.3=1,200円)
小人(3歳~小学生)900円(12~2017.3~500円)
幼児(2歳以下)300円(12~2017.3~無料)
詳細は公式HPをご覧ください→http://www.japan-ducktour.com/kasumigaura/

金額は高値かと思いますが、スタッフさん方のサービス料金が含まれております
・・・だよな、きっと(笑)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/04 22:05 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

石岡駅新駅舎、完成!!

今日は土浦の桜まつり。
花見日和とは呼べない、雲が多い1日でしたが霞ヶ浦ダックツアーを楽しんだり亀城公園の桜を堪能したり、鉄道でちょっと足延ばして龍ヶ崎市にある般若院のしだれ桜を観賞したり・・・と、充実した時を過ごすことができました(* ´ ▽ ` *)
でもこのお話はちょっとおいといて。

新装工事中だった石岡駅の駅舎もついに完成しました
去る3月30日に完成式が行われたそうです。
完全に新駅舎となった石岡駅を利用したかったので、今回はこの駅から鉄道の旅を楽しむことにしましたo(^▽^)o
DSCN4409_2016040321384134b.jpg

観光案内所もリニューアルされ、新駅舎での業務も既にスタート♪
DSCN4594.jpg

大型画面にてDVDによる石岡市の観光案内が行われたり、パンフレットも完備。
石岡まつり関連やオリジナルグッズも陳列販売されています。
DSCN4402_20160403214108aa1.jpg

トイレもずいぶん綺麗になりました(* ´ ▽ ` *)
DSCN4401_2016040321383648d.jpg

でも、何といっても”石岡らしさ”を感じるのがコレでしょう。
当記事2枚目の画像で既にお気づきかと思いますが。。。
DSCN4403.jpg
観光案内所の向かいに、獅子頭(土橋町)と山車(香丸町)が展示されました
石岡まつりで見かける、あの弁天様が。。。
DSCN4405_201604032138390dd.jpg

階段を上がると、こんな感じです。
DSCN4589.jpg

石岡まつりに関する説明もちゃんと、添えられています。
DSCN4404.jpg

DSCN4588.jpg
石岡市、といえば誰もが真っ先に頭に浮かぶであろう9月の例大祭=石岡まつり。そして、石岡に生まれ育った方たちが大好きな石岡まつり・・・市外または県外に転出されても石岡まつりの時は必ず帰省されるという方も多くいらっしゃるほどだと聞いたことがあります。
この展示は、久しぶりに石岡に戻ってこられた方々を”おかえりなさい!”と迎え初めて訪れた方々を”ようこそ!”と歓迎する・・・そんな意味が込められているのかもしれないな、と自分の中で解釈
駅舎はリニューアル、というよりも大変身しましたが旧駅舎時代のものも残されました。
DSCN4410.jpg
徳富蘇峰筆の駅名標。
そして、おなじみ1番ホームの壁画。
DSCN4412.jpg
そしてそして、今回は撮影しなかったあのからくり時計(*^_^*)
旧駅舎の”良いもの”、そして石岡市の”良いもの”がこの新駅舎に結集され、良いものばかりで構成されたのかな?
駅舎の外壁に描かれた筑波山の向こうにはリアル筑波山。。。いいねえ( ^ω^ )
DSCN4591.jpg

DSCN4592.jpg
立派になった駅舎に恥じない、素晴らしい街となって欲しいと思います
いや、素晴らしい街なんだけどどうにかそれを全国的にPRしなくちゃね

どうしたもんじゃろ(笑)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/03 22:19 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

三の丸旧庁舎の桜

私としては珍しい時刻の記事投稿ですが、実は予約投稿です(´∀`*;)ゞ

偕楽園の梅まつりも終了し、これからは桜の季節。。。
元・茨城県庁だった三の丸の庁舎の桜もずいぶんと開花が進んでいました
DSCN4380.jpg
庁舎北側より
鮮やかなピンク色に惹かれたから。
DSCN4382_201603312025590b0.jpg

お堀の桜も満開まで目前に
DSCN4383.jpg

DSCN4385.jpg
温かくて晴れた日が続いていたからか、開花が進んでいました。
先日の記事でも書きましたが、水戸市では去る3月28日に開花が発表されました。
訪れたこの日=3月31日もぽかぽか陽気だったせいか、携帯やカメラを向けながら歩く人の姿も。
言うまでもなく、私もその中の一人だけど
DSCN4387.jpg

DSCN4389_201603312117007c2.jpg

DSCN4390_20160331211702644.jpg

DSCN4394_20160331211705217.jpg
早くもライトアップの準備がヽ(≧∀≦)ノ
本日1日から15日まで、このお堀の桜のライトアップが行われ(18:00~22:00)夜桜も楽しめるのです
暗闇の中、ライトで照らされた桜といったらそれはもう幻想的で。。。
IMG_0828_20100410204613.jpg
※2010.4.10当ブログ掲載済のものを再UPしました。
この場所で4月8日(金)・9日(土)には夜桜コンサートも開催される予定ですので夜桜観賞と合わせ、是非お楽しみください(* ´ ▽ ` *)
三の丸旧庁舎駐車場を会場に、茨城県内のグルメや大洗高校ブルーホークスのマーチングバンド演奏等のステージイベントが楽しめる「第15回大好きいばらきふれあいまつり」も開催されますよ♪
詳細(「大好きいばらき」HP内)→http://www.daisuki-ibaraki.jp/notice/post-12371.html
DSCN4398.jpg

DSCN4399.jpg

DSCN4400_20160331213143cd3.jpg
この分で行くと、週末には見頃になるかもしれません。
日曜日あたりから雲が出て、天気も下り坂になる為お花見日和は土曜日頃までとの天気予報です。
せっかく咲いてくれた桜が散らないでくれれば・・・と祈願(笑)
お知らせ
梅から桜へバトンタッチ。「水戸の桜まつり」のスタートです
市内、他の桜スポットの桜もこれから見頃になっていくことでしょう

水戸の桜まつり
詳細(水戸観光協会HP内)→http://www.mitokoumon.com/



エイプリルフールでも、誤情報は流しません(笑)
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/01 09:17 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-