INDEX    RSS    ADMIN

携帯から業務連絡です!

本日6月30日、
自宅PCメンテナンスの為、ブログの更新をお休みさせていただきます!


(ゲームアプリ「ぼくのレストラン2」より)

画像データが💻ハードディスクドライブに貯まりすぎて、メモリー容量不足になりバックアップ機能が作動しなくなってしまったようです😞

そういえば最近、ハードに保存しっぱなしでメモリースティックやCD💿にバックアップをとってなかったっけ😓しかも、携帯がガラケーからスマホに代わり、デジカメ📷もグレードupしたものを使っているから画像容量は以前よりも遥かに大きくなったというのに。

要はダイエットをさせなければならないようで(笑)
持ち主と同じだな😁
スポンサーサイト

いばらき観光庁長官のねこルーム、観てきました!

土浦市のショッピングセンター、ピアタウン(前回の記事をご参照ください^^)2Fの1室で開催されていた小さな展覧会、
「勝手に!?いばらき観光庁長官のねこルーム」
展示最終日の去る6月28日(日)、私も観にやってきました

入り口をくぐるとその中には・・・・。
!!(*゜▽゜*)。・。・。・
DSC_0235_20150629213421ff7.jpg
猫ちゃんグッズが、いっぱぁい!!
猫好きなら嬉しさからくる興奮のあまり、床をのた打ち回りたくなる光景です(笑)
DSC_0247_20150629213423316.jpg
土鈴に箸置き、壁掛けに手ぬぐいに。。。
ファンシーなものから、海外の高級そうなものまでジャンルは幅広し!
DSC_0249_20150629213424d65.jpg

DSC_0261.jpg

DSC_0236_20150629213934cfd.jpg

DSC_0245.jpg
グッズのみならず、猫ちゃんの写真もいっぱい!!
この大量の”猫グッズ”こそ、いばらき観光庁長官でいらっしゃる久保田時治氏のコレクションなのです。
猫のグッズは旅先で集められたものだそうです。
DSC_0240.jpg
猫を抱かれている方が久保田氏です。
東日本大震災による風評被害に苦戦するいばらきの観光を応援しよう、と2011年よりネット上にて「いばらき観光庁」を設置し、魅力発信やいばらき観光の魅力価値増強に力を注いでいらっしゃる方です。まちづくりのアドバイザーとして講演会を開かれたり、いばらき旅のストーリー(旅のCAFE)に参加されたりと、茨城県の観光PRや魅力向上に向け、大活躍されてきました。

現在、彼は重い病と闘病中です

猫ちゃんの写真と一緒に飾られた、お元気に活躍されていた時やお若い頃、ご家族と一緒に撮られた写真を見ると初対面ながら胸に熱いものがこみ上げてきました
DSC_0246_20150629220742d93.jpg

茨城ブロガーを自称しながら恥ずかしいことに私は「いばらき観光庁」なるものを知らずにいたのです。FB友さんから情報をいただくまでは。地域ブログを書いてることをPRする人間ならば、このような活動をされている人がいらっしゃるということは知っておくべきでしょう。
DSC_0253.jpg
いばらき旅のストーリー(旅のCAFE)=「旅カフェ」に参加されたときのお写真です
「いばらき観光庁」にふさわしく、こんなコーナーも↓
DSC_0238.jpg
待ってました、ゆるキャラ(≧∇≦)!
皆さん、それぞれのお名前わかるかな~?

会場内を観ると、来場者からの贈り物でしょうか。入院・闘病中の久保田さんへの温かいエールが添えられているのが印象的でした。
DSC_0241.jpg

DSC_0237_201506292228347f3.jpg
この会場を来られた方の中には、大半の方が「(久保田さんの)御見舞いから直行してきたよ!」「今、お顔を見てきました」という方が何人もお見えになりました。いかにお人柄が良い方なのかがうかがえます
DSC_0252.jpg
「久保田さん、元気になろうね!!」
この会場に訪れた人誰もがきっと、そう願ったはず・・・。この願い、どうか神様に届きますように

DSC_0250.jpg
一つのショッピングセンタービルの片隅の、ほんの小さな展示スペース「ねこルーム」には、家族愛をはじめ友人愛、仲間愛、と。愛で満ち溢れていたような気がします

DSC_0256.jpg

DSC_0258.jpg
いろいろな人の、いろいろな愛。。。癒しと和みの空間を、会場造りをされたご家族の皆さん、そしてご家族のお手伝いをされた関係スタッフの皆さん、ありがとうございました!
そして入院中の長官=久保田時治さん
愛情溢れる世界と、”久保田流(?)茨城LOVE精神”を、ありがとうございました
DSC_0257.jpg

~おまけ~
阪神タイガースファンの方へ捧げます(笑)
※巨人ファンの方はスルーしてください
DSC_0242.jpg

DSC_0244.jpg

DSC_0243.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

喫茶店ニューシャルム

午前中は美容室へ行き、髪をカットしてリフレッシュしたところで午後は土浦へ
ランチは、「土浦カレーフェスティバル」ですっかりおなじみ、神立のひつじの小屋さんで、と思い友部SAに立ち寄っても食べるのを我慢してまで行ったのに。。。
駐車場が満車!!そんなぁ~
時間帯が時間帯(12:40頃、ランチタイム真っ只中)だけに出てくる人も出る車も暫くなさそう。。。
かといって、空くまで停車してるスペースもなくこのまま待っていても通行する人達に迷惑かけるだけ。
というわけで、泣く泣く断念しそのまま本日の目的地へ直行することにしました。
クソッ、今度は絶対入って食べてやる~

やってきたのはその”本日の目的地”=ショッピングセンターカスミ土浦ピアタウンでした
DSC_0263.jpg
つくば市に本拠を置く大手スーパーマーケット、カスミを中心としたショッピングセンター。
食品の他、衣類や靴、日用雑貨店や本屋さんが入っています。
そういえば、1回100円でフリーで入れるカラオケBOXのようなものまであったな

ここで行われている催し物を見るのが目的です。その会場へ向かう前にランチを済ませなくちゃ、と店内をぐるり。
”まあ、食べるところくらいはあるっしょ( ̄ー ̄)”
と、ぶらぶらしていて見つけました
自家焙煎喫茶ニューシャルムというお店を。
自家焙煎という言葉にまず惹かれた。

3種類のランチセットがある中、”カレードリア”を。
メイン料理にドリンク(コーヒー・紅茶(アイス、HOT共)いづれかを選択)+サラダ+スープが付きます。
DSC_0231.jpg
アイスコーヒーにしてみましたが、コクがあって美味しい
自家焙煎と書かれているだけあります。
尚、珈琲豆の販売も行われているそうな。

さあ、メイン料理到着~♪
DSC_0233_201506282217005e4.jpg
いただきま~す(^Q^)/

こんがり焼けたチーズと、カレーソースがアッツアツで美味しい(≧∇≦)!!
DSC_0232_20150628221659545.jpg
中央に載っているのは、じゃがいもです
じゃがいもや人参等の具がわりと大きめにカットされてるので、結構食べ応えはあります。
汗をかきつつ食べ終え、最後にセットに付いたプチデザートを。
DSC_0234_20150628221702570.jpg
ぶどうのゼリーかな?熱くて辛いものを食べた後はこのように甘くてさっぱりしたものがいいね♪

ドリア食べたの久しぶり、ご馳走様でした
このお店、ショッピングの合間に”ちょっと、お茶しようか”という感じで利用するのにもぴったりかもしれません。
コーヒー以外の飲み物の種類も多く、私の場合”ブルーベリーヨーグルトシェイク”が気になりました。
フードでは、オムライスもカップル客の彼女の方が食べていたスパゲティーも気になったし。

果たして次回訪れる日はいつだ?(笑)

ところで、何しにピアタウンに来たのかといいますと。。。
これです
IMG_20150628_0001.jpg
FB友さんから情報とご招待をいただきました!
というわけで、次回はこのお話です
いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

銅山堂のスイーツ

お茶の時間ですよ~♪(^0^)
訪れたのはギター文化館の前で、順番的には逆ですが石岡(八郷地区)巡り記事今回のラストはスイーツのお話

いしおかサンドでおなじみですが、初来店!
柿岡の銅山堂さんに立ち寄りました。
DSCN8165.jpg

DSCN8166.jpg
郵便局を正面にした、小さな店構え。
ぱっと見た外装は地味で質素ですが、玄関のドアをくぐると明るい店内で、そこにはまるでお菓子の花咲くお花畑のように和・洋両方のお菓子が陳列されていました
買い物を済ませ出てきた母娘と入れ違いにお店に入る格好になりました。この日は丁度、父の日でしたからお父さんへのプレゼントでしょうか。。

クッキーやお饅頭のような焼き菓子とか、ショートケーキ等の生菓子とか種類豊富であれこれと迷いますが、初めてですしこれから立ち寄るところもあるし・・・というわけで常温でも長い時間に耐えうるものを、とチョイスしたのがこちらです。
DSCN8182.jpg
【小判石(クッキー)】
お菓子に添えてそれぞれの賞味期限表を添付してくれるところがありがたいね
しかも、常温で何日とか保存方法まで記載されているのです。
クッキー:小判石、厚焼きなのにサクサク軽くて美味しかったです

売れてるようでしたので【どら焼き】も買ってみました。
栗とか梅がありましたが、今回は栗どらを。
DSC_0228_20150627181758c0f.jpg
DSC_0229.jpg

DSC_0230.jpg
豊富なつぶあんの中に栗がまるごと1個入ってボリューム満点(≧∇≦)!!

お店の方に、”いしおかサンド、ありますか?”と問いかけたところ、
ありますよ!”とのことでしたので、3個買っていきます。
DSC_0225_20150627181756e3d.jpg

DSC_0227.jpg
【いしおかブルーベリーサンド】
ブルーベリー、いちご、ホワイトチョコのムースを米粉のダックワーズ生地でサンドしました。(「いしおかサンド図鑑」より)
市内のまちかど情報センターにて冷凍庫から出したばかりの凍ったサンドを、アイスクリームのように食べたものでしたが今回は販売元での購入帰宅後すぐに自宅冷蔵庫の冷凍室に保存しまして、翌日の夕食のデザートとして食べました。
夕食が始まる前に室温に戻して解凍しましたので、ブルーベリー味の生チョコのような味わいが新鮮だったかな
銅山堂さんだったらやっぱ、これ食べなくちゃ!
いやいや、ちょっと待って

実は、この銅山堂さんの中でも一押しな一品があったのです。
”シェフのおすすめ!”と、堂々と紹介されていたスイーツが。
それがこちら
DSCN8179.jpg
【チーズまんじゅう】です
華やかな飾りもなく、何の変哲もないいたって普通なおまんじゅうです。
でも、2つに割ってみると
DSCN8180.jpg
白いチーズクリームがたっぷり!!(≧∇≦)
チーズ好きにはたまらない、1個108円(≧≦)!!
1個食べたらもう1個、と癖になりそうです
”シンプル・イズ・ベスト”このお菓子を表現するのにこれ以外の言葉は見当たりません。
次回訪れたら大人買いしていきましょう(^-^)

お店は1935年(昭和10年)創業、今年で丁度80年となる老舗。地元産の素材を使うことにこだわり、代々伝わる銘菓から季節のケーキetc幅広く手がけられています。
口コミをざっと見たところ、お店の商品に外れ無し!とのコメントが多数で地元でも人気店
私も今回の訪問でお気に入りのお店となりました!

私の「石岡巡り」に、また新たな1ページが。。。
ってのは、大げさかな^^;

銅山堂
茨城県石岡市柿岡2024-1
Tel:0299-43-0153 Fax:0299-43-1191
営業時間
(平日、土曜日)9:00~19:00 (日・祝日)9:00~18:30
水曜日、第2火、水連休
駐車場 お店の前に数台置けますが第2駐車場もあります。
但し、狭いので出入りの際はご注意ください!
 



いばナビ紹介ページhttp://ibanavi.net/shop/1088/

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

ギター文化館

今回は、「ふるさと風の会 9周年の歩み展」の会場となったギター文化館のお話など少し
田園地帯広がり、民家もまばらな県道を走り”あれ?道間違えたかな?”と不安になっていた時、高台にポツンとそびえる西洋風の建物の屋根が目に入り、”あれか!”と見つけたその建物こそ、ギター文化館でした
DSCN8167.jpg
※全体が入らずに恐縮です^^;
まるでスペインの宮殿のような建物デザインです。
この中には、”世界にわずか数台”しか存在しないといわれている名器・アントニオ・D・トーレス(ヴァイオリンでいうところの、”ストラディバリウス”のようなもの)をはじめとする世界のギターが館内いっぱいに展示されているのです
今回、ギター文化館を訪れたのは館内見学の目的もありました。
ショーケースは撮影しておりませんので、HPをご覧いただけるとよろしいか、と。
http://guitar-bunkakan.com/

世界で名の知れた、フラメンコギターの奏者、マヌエル・カーノ氏(1990年死去)は、ギターのコレクターでもあり生前に数多くのギターコレクションを持っていました。アントニオ・D・トーレスもその一つでした。カーノ氏が無くなる前に夢に描いていた、「自分のコレクションを、日本で生かし保存を・・・」との思いを生前、彼と関わりのあった東京労音が引き継ぎ、カーノ氏の没後記念に・・・ということで誕生したのがここ・ギター文化館だったのです
DSCN8169.jpg
どのようなご縁があって、ここ・石岡八郷の地が選ばれたのか・・・は、謎ですが。

ギター文化館の凄い所は、ショーケースに展示されているギターはただ展示品としてではなく、実際に館内で演奏に使用されているということ
DSC_0219.jpg
この高いドーム型屋根の下で、時には国内外を問わず一流の演奏家が招かれ生演奏を聞く事もできるのです。

生前、カーノ氏は「私のギターが博物館等で弾かれない状態で飾られるのは嫌だ」と、アメリカの博物館からの申し出を断ったというエピソードがあるそうです。
”ギターは音を鳴らしてこそ価値がある”ということでしょうか。そんな彼の遺志が引き継がれている施設といえましょう。
何せ、この施設は”ギター博物館”ではなく、”ギター文化館”ですからね
DSCN8171.jpg
周囲の里山風景が、西洋宮殿風造りの背景に良く似合う。。。
まるで、ギター文化館のために用意された風景のようです

そんなギター文化館も、この秋で開館23年となるそうです
それに伴い、今月1日から7月31日までの間「ギター文化館の愛称(ニックネーム)大募集!」という企画が行われています。
募集要項
ギターを資料館として展示し、さらに音まで聞ける文化施設は国内でも珍しく、海外でも有名らしいのですが残念ながらわが県内における知名度は・・・
ちなみにこの施設、市からも、ましてや県からの補助も受けてなく、個人管理の施設だそうです。
ですから、あれだけの施設管理と維持に職員さん方はさぞご苦労をされてると思います。
私達に協力できることといったら、やはり館内で定期的に開催されるコンサートを鑑賞に訪れることですね!
DSCN8168.jpg
里山の素敵なコンサートホール、せっかくの素晴らしい施設をわが県民が知らない・足を運んだことなんかない、というのは恥ずかしいしその前にもったいない
もっとも私も初訪問でしたから(いや、名前くらいは聞いてましたよ^^;と言い訳する)文句は言えないですけどね

来る8月9日には、朗読とギター演奏による「里山と風の声コンサート」と原爆70年記念特別企画映画「ひろしま」の上映会が行われます。興味を持たれた方は是非、お出かけください
IMG_20150625_0001.jpg

帰り際、自分の車に乗る前にユリの花を見つけ雨にも関わらずついカメラを向けてしまいました。
DSCN8172.jpg

DSCN8173.jpg
ギター文化館周辺はこんな感じです。
ギターが奏でる素敵な音色を求め、この山に上ってくる人が一人でも多く訪れますように。。。

ギター文化館HP(チケット予約・購入等もこちらで↓)
http://guitar-bunkakan.com/



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

「ふるさと風の会」9周年の歩み展を観てきました!

ふるさとの歴史・文化の再発見と創造を考えよう・・・という思いと志のもと、結成された「ふるさと風の会」という団体があります。
結成から満9年となるそうで、先日20日・21日の2日間にわたり「ふるさと風の会9周年の歩み展」がギター文化館にて開催されました
DSC_0219-2.jpg

開催を知ったのは、ブロ友さんとして交流させていただいているRomanさんのブログからです
今回の展示作品は、風の会分科会「風のことば絵教室」の皆さんの作品とか。。。
DSC_0220_20150625224003477.jpg
絵手紙のようだけど、”ことば絵”なのね
それにしても皆さん、お上手~

そして、これまで発行された会報のバックナンバーや書籍の展示とか。
AR_FUN_20150625213344.jpg
※画像の「歴史の里いしおかめぐり」は、以前石岡市内のまちかど情報センターで購入したものです。
ふるさと=石岡に対するそれぞれの思い・志を出来るだけ述べ、語っていく・・・というのが会の目的で”会員の胸にあるふるさとへの思い”を、熱く大声で紙面に述べられたもの・・・それが「ふるさと風の会」の会報なのですね

「ふるさと風の会」の前身は、「ふるさとルネッサンス塾」。やはりふるさとおこし事業を目的としたものですが2007年に活動休止となり、それを機に現在の「ふるさと風の会」と改名されたそうです。

そして、脚本家の白井啓治氏と女優小林幸枝氏により劇団「ことば座」が結成され、石岡に残るあらゆる民話をもとにして書かれた劇作品「常世の国の恋物語百」がギター文化館で公演されるようになりました。
この日も、
IMG_20150623_0001.jpg
今回のお話は、石岡市の八郷地区:菖蒲沢の薬師堂にまつわるお話を元に、男女の悲恋の物語にアレンジされたお話。
「緋桜怨節」
DSC_0218_20150625230611c96.jpg

薬師古道を作るため、新道整備のため切り落とされた古木の桜を見て作られたという今回の劇は3人の男を死に追いやった(正確には、自らの手にかけたのは1人だけですが)女の語り。
_20150623_145100.jpg
少々、残酷なお話に感じますが舞台を見ているとそのようなものは感じず、むしろ悲しくもあり、美しくもあり、ちょっぴり官能的な、激しくも美しい恋に焦がれる女の性を描いた物語にアレンジされた気がします。
手話舞で演じられた幸枝さんの、熱の入った演技にも目が釘付け
_20150623_145020.jpg

物語の元となった、菖蒲沢の薬師堂をまだ訪れたことのない私。これを観て”是非、自分の足と目で確かめよう!”と感じたのは言うまでもありません。
地域の伝説や民話等を元に脚本を書かれた白井さん、それを演じる幸枝さん、この場ではありますが熱演お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!
尚、”ことば座”の記事に関しましてはRomanさんのほうがきちんと詳しく書かれていますので、よろしかったらそちらをご覧いただくと良いでしょうことば座公演(Romanさんのブログ)

そう。。。Romanさんにも初対面(≧≦)!”初めて会った気がしなかった”とご自身のブログで書かれていましたが、私も同じです。
観劇チケットと、お土産までいただいてしまって・・・大変恐縮です
本当にありがとうございました
石岡はこれからも訪れる機会があると思いますので、きっとまた近いうちにお会いできることでしょう

地域おこしとか、町興し等の言葉を良く耳にするけれど今回の「ふるさと風の会」の展示作品や劇を見て、”あ~、このような町興しの方法もあるのか・・・。”としみじみ感じさせられたひとときでした。

私には果たして、何が出来るかなあ。。。
パパラッチの如く、あちこち出没してはカメラでぱちぱち写真撮り捲りのブログUP三昧。。。
こんなこと続けてるだけで良いのか(>_<)?こんなことしてるだけで、町興しましてや茨城県イメージUPに繋がると思ってんのか?
最近は現状維持という言葉にもっぱら、不安を感じる管理人であります。

◆ふるさと風の会ことば座
http://www.furusato-kaze.com/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

フラワーパーク紫陽花浪漫

小町の里を後にして、朝日トンネルへ。ここを通って石岡(旧:八郷町)に入ります。
このトンネルが開通してくれたおかげで、土浦⇔石岡間がら~くらく(^-^)♪あの怖い思いをした急勾配・急カーブを味わう必要がなくなったかと思うと、朝日トンネル様様です
とまあ、前置きはこのくらいにしまして

長~い朝日トンネルとくぐるとそこは、山と田園風景だった。。。
そしてまもなく、茨城県フラワーパークに到着です
DSC_0217.jpg
薔薇の時期はそろそろ終わりですが、今は紫陽花が見頃です。
ココまで来たら、帰る手はない(笑)ということで入場料を払い入園。
ゲートの付近に見たことのない花があったのでつい、パチリ
DSCN8163.jpg
名前がわかりません。ご存知の方、情報提供をお待ちしております

あ、何か来るみたい。。。
DSC_0211.jpg

そういえば、園内周遊の電動バスが園内を走行しているんだっけ。
DSCN8117.jpg
このフラワーパーク、何しろ広大で隅から隅を歩けば相当の距離
そんな中、疲れずに園を一周できるシステムがあったら・・・便利ですよね
IMG_20150624_0001.jpg

ほら、帰ってきた!
DSCN8119.jpg
お帰りなさ~い!\(^O^)/

初めて来園された方の中はたぶん、”どこからどう廻ればいいの?”と悩まれる方もいらっしゃると思います。
そのような方は利用されてみると良いでしょう
DSCN8121.jpg
料金は大人(中学生以上)200円、小学生100円、未就学児は無料です。
風を受けて気持ち良さそうだけど、私は自分の足で行きます

この園の中心である薔薇の花はもう、ほとんど後半。見頃も峠を越してしまったようですがそれに代わり、スカシユリが咲いていました
DSCN8125.jpg

そして、何といってもこの時期の主役はコレ♪
DSCN8132.jpg

DSCN8136.jpg
※画像上部分に見える設備はフラワーサイクルです。小雨が降ったりやんだりしていたこの日はさすがに利用している人はいなかったようです。

野趣溢れた森の中、自然のままで紫陽花が美しく咲き誇っています。
DSCN8137.jpg

DSCN8138.jpg

DSCN8160.jpg
土の成分により、いろいろな色が楽しめる花=紫陽花。
梅雨時に咲く花の中でも、こんなにもカラフルで目に鮮やかな色が楽しめる花は紫陽花をおいてほかにあるでしょうか。。。
じめじめとした季節を華やかに彩り、天候とともに鬱になりつつある人々の心を慰めてくれる花と言えましょう。
今回、久しぶりにデジブックを作成しました。
紫陽花以外の花とか掲載済みの画像も含まれていますがよろしかったらご覧ください♪
※音が出ます。ご注意ください!


紫陽花と一緒にこんな花も
ダリアです。
DSCN8150.jpg

DSCN8157.jpg
素晴らしい!!

茨城県フラワーパークといえば、薔薇
薔薇が咲いていなければ、何も無し!というのは大きな間違いです
それぞれ、その季節の花が訪れた人達の心を癒し慰めてくれることでしょう

茨城県フラワーパーク
HP(園内の花の開花状況やイベント情報等)→http://flowerpark.or.jp


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

里山風景と手打ちそばと~小町の里

「小町の里」といえばやはり、この水車小屋
DSCN8098.jpg
日本昔話に登場する光景のようなこの場所が好きです
秋の紅葉も綺麗だけど、青い季節もまた良いものです
そういえばここを訪れるのはいつも秋、今頃は初めてでした。
DSCN8099.jpg
水を弾き出しながら快適ににカタン、コトンと回る水車、流れる水のせせらぎがまた癒しなんだなあ。。

DSCN8097.jpg

平安時代の絶世の美女として知られる小野小町。彼女が生涯最後に訪れそのまま永遠の眠りについた土地という伝説がある、この新治の里山。それにちなんで作られた施設がこの「小町の里」なのです。徒歩5分程度の場所に小野小町のお墓とされる場所がありますが、現在は見学不可となっております。
DSCN8109.jpg
田んぼの溝に咲くこの花は”カキツバタ”
あやめや花ショウブとよく似ています
DSCN8108.jpg

小町の館周辺は、本当に里山風景。。。
DSCN8110.jpg

丘をあがったところに見える建物は、そば打ち体験用の施設。
DSCN8111.jpg
手打ち蕎麦の体験教室が年に数回、行われる「体験館」です。
でもお休み処としても利用できるみたい
DSCN8112.jpg
うっかり、声をかけそうになったよおぃっ( ̄▽ ̄;)
”あなたも蕎麦職人になれます”なんてね(笑)
そういえば来月、早速「そば打ち教室」が行われるようです。
詳細小町の館そば打ち教室の紹介ページ(土浦市公式HP内)
上記のリンクにアクセスしていただければ分かりますが、教室は4回コースとなります。「自分で打った蕎麦が食べたい!!」「そば打ちの技術を身に付けたい!」と思われる方はチャレンジされてみては?
イベント告知でした

蕎麦、といえば小町の館内にあるお食事処「小町庵」は美味しい蕎麦処としても有名。ですがまだその味を味わったことがなく、ちょうどランチタイムに差し掛かろうとしていた時でしたので、蕎麦を食べるのに良い機会
DSCN8113.jpg
和風な店内で、落ち着きます
私がお店に入った時は比較的空いていましたが、12:00位になるとぞろぞろ人が入ってきました。
この日は天童フェアでしたので、私のように買い物に来た人たちがそのまま流れてきたようです。

小町の里で初めて食べる蕎麦、冷やしたぬき蕎麦にしました
DSCN8114.jpg
うん、美味しそう
では、いただきま~す!(^Q^)/

ツルル、とのど越し!これはたまらん(☆∀☆)美味いっ!!
DSCN8115.jpg
コシがあってみずみずしくて。。。モロ私の好み
とても美味しくいただきました
機会あればまた入ってみたいお店だけど、営業時間が短いからなあ。。。(11:00~14:30、平日14:00まで)
食べログ紹介ページ
茨城県土浦市小野491

土浦市でも旧新治地区散策などする時に利用させていただきます
DSCN8102.jpg
旧:新治村は古刹や石仏等、歴史的な史跡がたくさん点在しているようですので探検し甲斐のありそうな、興味深いところのようです。いつになるかは未定ですが、その探検紀行はまた後の機会に

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

天童フェアin小町の館

将棋やサクランボの街、山形県天童市より美味しい直送便がまた今年も土浦市に届きました
そう、土浦市の恒例行事「天童フェア」です。
今年の会場は、市街地にある「土浦まちかど蔵」と「小町の館」。
今年は小町の館へ行こうと、サンフレッシュ新治より直行しました
DSCN8092.jpg
小野小町の里=小町の館へGO=3
サンフレッシュ新治店から車で大体、10分いやそれ以下かな?
到着です
DSCN8096.jpg

今回のお買い物はコレ↓
DSCN8175.jpg
去年のフェアでも購入した「山形名物いも煮会」(芋煮汁レトルトパック)と、カブの紫蘇漬、そして玉こんにゃく(特製タレ付き)
残念ながら佐藤錦(さくらんぼ)は前日20日のうちに完売となってしまったようですが

その代わり、コレ↓を食べました♪
DSCN8105.jpg
サクランボのカキ氷
ちなみに販売は小町の館のみ。だからこっちに来たのさ(笑)
実は今回の天童フェアで一番、楽しみにしていたのはこれなんです
DSCN8106.jpg
下にサクランボの実(砂糖漬けにしてあったもの)数個に氷、それにサクランボのシロップをかけた贅沢な一品。
サクランボの甘みたっぷり、美味しい~~
実もトッピングしてくださいました!

たとえ、購入は出来なくてもこれだけでもう大満足
来て良かった(笑)来年もよろしくお願いします(^0^)

姉妹友好都市の物産販売、水戸でも百貨店にて北海道や鹿児島の物産展は行うものの姉妹友好都市の彦根市や高松市の物産、そういえばいつやったっけ?(・・)
市外・県外の街同士がこうして文化の交流をし合っている・・・素敵なことじゃありませんか

さて、小町の館を取り巻く周囲の風景も里山らしいのどかな風景でなかなか素敵なんです
買い物をした後、ちょっと外に出てお散歩してみることにしました。

DSCN8107.jpg
可愛い案山子、誰が作ったのかな~?

DSCN8104.jpg
勿論、美味しい御蕎麦の味も楽しみました
そのお話はまた明日

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

初夏の収穫祭は大賑わい~JA土浦サンフレッシュ新治店

「初夏の大収穫祭」なるものが、土浦市の農産物直売所サンフレッシュ新治店で本日開催されるという情報をいただきまして。
天候は不安定でしたが、遠出の買出しへ行って参りました(^-^)ゞ
FB_IMG_1434587419117.jpg
じゃがいも詰め放題1袋100円、精米5km1,200円って安いね(^-^)
たまご1パック100円も、この時世にはありがたいけれどいくら車といっても土浦から水戸まで持ち帰るのはねえ。。。
残念ながら私には無理だな

丁度この日、市内では「天童フェア」(姉妹友好都市である山形県天童市の物産販売会)も行われており、そこへ向かう前に立ち寄っていこう、と来てみたら・・・

DSCN8083.jpg
入り口大渋滞え~?嘘でしょ?と叫びたくなる光景でした。
イベント開始は10:00予定、この時まだ9:30を少し過ぎたあたりかな?
にも関わらずこの状態。。。
誘導係の方の誘導でかろうじて駐車スペースを見つけ、直売所からは少々離れてはいたもののそこへとりあえず置くことができましたが、会場内もこんな感じです。
DSCN8087.jpg
↑お米待ち

DSCN8091.jpg
人がいっぱいで、既に通行困難(>_<)!
さて、じゃがいも詰め放題は・・と。
ありましたしっかりと
DSCN8085.jpg
せっかくきたのでトライします
ビニール袋1枚に詰められるだけ詰め、レジ袋に入れてもらったら5,6個ほどおまけしてもらっちゃった(≧∇≦)!
たまねぎもトライします。
DSCN8090.jpg
やはりじゃがいも・たまねぎを使うお料理は多いから、いくつあっても困らない
だから100円で取り放題・詰め放題はありがたい

”飯村牛”という幟にも目が留まりました!
DSCN8089.jpg
地元・新治地区にある飯村さんという農家で育てられた、幻の牛飯村牛。
他地域には供給されてなく、土浦・つくばエリアでしかその味を味わうことができない、貴重な牛肉。
そのお肉がなんと、2パック1,000円で販売
DSCN8174.jpg
他、コロッケ・メンチを買いました!

別なコーナーでは3パック400円のから揚げを(*^_^*)
DSCN8177.jpg
うち、1パックは今夜のおかずに残りは冷蔵庫に入れ、明日以降に。

国産の野菜が年々、高騰しスーパーに並ぶのは外国産のものが多い今の時代に地元産しかも、獲れたての新鮮野菜がお手頃価格で買うことが出来る直売所はとても便利ですね♪
DSCN8084.jpg

ましてや今日はイベントデー、年に何回行われているのかは知りませんがスペシャルデーということで尚更、人が集中してしまったようです。
お店の中もこの通りですから
DSC_0210_201506212324338fe.jpg
レジは全部で3箇所設置されていたけれど、全然間に合わない(>_<)!
店内での買い物は断念しました!

DSCN8094.jpg
そういえばここ、店内で”常陸秋そば”も味わえるのを今回初めて知りました
レストランは直売コーナの脇です。
お食事が出来て、新鮮野菜も買えて。。。
お近くの方が羨ましい

直売所での買い物は断念したけれど。。。これから行く先々で私は自らのお財布の中身を軽くしていくことになります。。
その理由は明日以降UPの記事を見ていてくだされば(^^;)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

海開き1ヶ月前!ひたちなかの海

明日は全国的に天気が良くないようですね天候が急変し、雷雨や突風が発生するところもあるとか?
明日外出される方は、くれぐれもお気をつけくださいねって、私もだよおぃっ!(笑)

翌日がそうなることなど信じられない位、今日は晴天に恵まれました。
数日前から母同伴で週末恒例の日帰り温泉施設へ行こうと決めており、せっかくの晴天だから海の景色が楽しめるひたちなか市の阿字ヶ浦温泉のぞみにしよう、ということで久々に。
DSC_0196_20150620215110a96.jpg
暫く来館しないうちに、ロッカーがリニューアルされ従来の”リストバンド”=”ロッカー番号”が廃止となり100円硬貨リターン式のものに変わっていました。それ以外は変わらずで、塩化物強塩泉の強い塩分で汗もたっぷり流し親子共々リフレッシュ

海を正面に。。。。
_20150620_124035.jpg
今日の阿字ヶ浦海岸は結構、高波それでも遊びに来ていた人が多くてびっくり!
海の家のようなものが早くも作られ、海岸でバーベキューをやってたのか午後は炭焼きの匂いが風に乗って飛んできて露天風呂中、漂ってたっけ。
私達も海を眺めながらランチです
_20150620_120720.jpg
食堂より。※スマホ撮影したものを部分トリミングしています。

そういえば、ひたちなか市の海水浴場が来月18日から海開きとなります
市内にある3つの海水浴場、阿字ヶ浦・平磯・そしてマリンプールのある姥の懐海水浴場が7月18日~8月23日まで開放されるのです。今年もはや、そんな季節になったか・・・早いですね~
DSC_0194_20150620215109d98.jpg
大ちゃんの季節が来るね(≧∇≦)!
移動中、信号待ちの際撮った大ちゃんです( ̄▽ ̄*)ゞ
そしてこちらは、その時に撮影した正面の海↓
_20150620_101513.jpg
※トリミングしています。
海開きの丁度、1ヶ月前(正確には2日経過だけど)に海岸を走ったことになるのですね(*^_^*)
それにしてもやっぱり、海はいいなあ。。。
DSC_0205.jpg
のぞみの玄関より撮影この青空が明日は大きく崩れるなんて。。。

階段脇に、百合が咲いているのを母が発見しました
DSC_0206.jpg
海のそばだって、百合は咲くのよ!
そう言ってるようでした。

来月になれば、県内外を問わず大勢の海水浴客が集まり大賑わいになることでしょう。。
また、学生さん達が夏休みとなる7月末と8月中旬には阿字ヶ浦と那珂湊で花火大会が開催されます。
DSC_0202_2015062022182070e.jpg
阿字ヶ浦海岸花火大会
平成27年7月26日(日)※雨天の場合は翌27日(月)
19:00~20:30
阿字ヶ浦海水浴場
最寄り駅=「阿字ヶ浦駅」


那珂湊海上花火大会
平成27年8月11日(火)※雨天の場合は翌12日(水)
19:00~20:30(?)
那珂湊漁港(ドック)
最寄り駅=「那珂湊駅」

いづれも会場までの道路、混雑が予想されますので出来るだけ公共交通手段(ひたちなか海浜鉄道等)を利用されることをお薦めいたします又その際は往復乗車券を購入されたほうがよいかもしれません(帰りは駅改札口付近確実に混雑します!)

日本の夏、大ちゃんの夏そして、私の夏がやってくる。。。( ̄ー ̄)ふっふっふ。。。

海水浴場や夏のイベント情報はコチラを↓
ひたちなか市観光協会
※茨城県内の海水浴場における、ドローンによる撮影は禁止されています。ご注意ください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

バス停のカフェレストラン茶玖樂(ちゃくら)

今日は一日、雨で、ようやく梅雨らしい天候になったかな?といった感じでした。
この週末、天気は不安定で特に日曜日は荒れる可能性もあるとか?困るなあ

さて、水戸市の保和苑の紫陽花鑑賞を終えバスに乗って再び水戸駅に戻るのですが帰りは同じバス亭(末広町三丁目)からではなく、一つ先の「末広町二丁目」まで歩いて行き、そこでバスを待ちます
サンルーフ付きのバス亭で周囲には常陽銀行とファミリーマートがあり、待ち時間が少々長くても退屈せずにバスを待つことができます
DSCN8000.jpg
旧町名:馬口労町(ばくろちょう)
今でも、昔から水戸市に住んでいらっしゃる方が”馬口労町”と言われているのを耳にすることがあります

そして、私が幼き頃よりあった女性のブロンズ像が。
DSCN8009.jpg
「若い力」という名の像。FBで情報を募ったところ、偕楽園にある水戸黄門の像を作成された小森邦夫氏とのことです。
でも、何故どういう意味で作られたか、ということは未確認です。
説明が刻まれていましたが、長年の風雪に晒され解読が困難になっていました
DSCN8013.jpg

ところで、ここからが実は本題ですがバス停の後ろにあったお店(↓画像、黄色い矢印で指示している部分)が気になりまして。
DSCN8015.jpg

「はんこやさんとけーきやさんのあいだ」というのと、中央の難しい当て字(後ほど”茶玖樂(ちゃくら)”と判明)
DSCN8007.jpg
興味深いこのお店は、カフェレストランのようでした。

で、本日のランチメニュー”あじさい丼”(Aランチ)というのがますます興味を惹きまして。。。
DSCN8002.jpg
あじさいのシーズンだけに余計、気になりました(笑)
水戸駅行きのバスはまだ来ない模様。丁度正午少し前。水戸駅北口のどこかのお店でランチ、というのが当初の予定でしたがここで予定変更。バスは何時に来るかわからないし、水戸駅に何時に到着するかわからない・・・仮に駅まで行って”どこに入ろうか”と悩むことになるならば・・・と、滅多にないこの機会=バス亭のカフェレストランでランチをとることにしました。
水戸市街地からは結構離れているし駐車場がないので、尚更このような時でないと入ることはないお店。
まさしく、”今でしょ!”(笑)

ドアを開けるとすぐに、玄関先にいるコリーわんちゃんが”お客さん来たよ~!”と言わんばかりに吠え、お店の方が接客してくださいました。
着席して即、Aランチ(あじさい丼)をオーダー。

お冷で喉を潤し、スマホアプリ「ぼくのレストラン2」で遊んで待ってたら来ましたぁ\(^O^)/
DSCN8003.jpg
これが「あじさい丼」です。物凄いボリュームスープ+ドリンク+デザート(今回はカステラ)付きで800円は安い!

紫陽花の花に見立て、ご飯の上にいろいろ載ってる丼物。から揚げに肉巻き、サラダまで
から揚げにトッピングされた自家製(?)タルタルソースがこれまた美味しかったあ(≧y≦) !!
DSCN8004.jpg
なんと、和え物も載っちゃった!お弁当のおかず入れを使用するとサラダや和え物もご飯の上に載せられるのね
斬新な発想と素敵な盛り付け、美味しいけれどお腹いっぱい
ご馳走様でした(^人^)
今回はランチセットだったけれど、定食類もあるようでしたから次回はそれを選んでもいいかな
店内はわんこの写真がいっぱい!!お店のママ(らしき人)も温かく接してくださり、会計の際”量、足りましたか?”なんて気遣ってくださったりして(*^_^*)また立ち寄りたいお店でした!
あいにく日曜・祝日は定休とのこと。先に触れたように駐車場がないのも難ですが保和苑のあじさいまつりに来られた際、ランチタイムに利用されてみてはいかがでしょう?

茶玖樂(ちゃくら)
いばナビ紹介ページ
茨城県水戸市末広町2-2-1(「末広町二丁目」バス亭すぐそば 茨城交通栄町経由茨大行き)
Tel:029-233-9511
営業時間 9:00~20:00(?)
ランチタイム 11:00~14:00
定休日 日・祝日


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

常盤共有墓地

保和苑あじさい巡りのレポートはひとまず前回で終了です。今回は、”余談ですが”的なお話を(*^_^*)
あじさい苑の隣は桂岸寺の墓地となっていますが、奥の方には水戸藩附家老として初代頼房・二代目光圀公に仕えた中山備前守のお墓があります
DSCN7894.jpg

初代の信吉は小田原討伐における活躍が徳川家康公に見出されたのをきっかけに、家康の11男であり水戸藩初代藩主となった頼房公の守役に任ぜられました。
ここ・桂岸寺に眠るのは二代信正と四代信行で、他の者は先祖の館があった埼玉県飯能市中山の智観寺に葬られていますが二代信正は、「自分の墓所は主君頼房公が眠る常陸太田市の瑞竜山方向が望めるこの場所がいい」と生前光圀公にお願いしたとか。
先祖代々の墓ではなく、この場所にお墓がある理由はそういう事情あってのことだそうです
DSCN7904.jpg
風変わりな墓石の形は、中山家の家紋をモチーフにしているそうな(゜0゜)
DSCN7905.jpg

水戸藩を支えた人物のお墓、お時間が許されるなら是非参拝されてみてください
DSCN7895.jpg

さて、お墓といえばこの桂岸寺の隣には常盤共有墓地があり「水戸黄門の格さん」のモデルで知られている安積澹泊や幕末の儒学者・藤田東湖とその一族、そして「桜田門外の変」にて総指揮をとった関鉄之助のお墓があります。
「天狗党の乱」にて那珂湊戦争の際幕府軍に降伏後幽閉され、刑死や獄死等で命を落とした水戸殉難志士のお墓も。
歴史に興味のある方は、こちらも参拝されると良いでしょう
DSCN7978.jpg

水戸殉難志士のお墓、そして彼らを偲ぶ回天神社です。
DSCN7980.jpg

DSCN7992.jpg

回天神社のある先をさらに進んだところに常盤共有墓地が。
DSCN7982.jpg
では、お墓参りしてきます
勉強不足の為、詳しい説明は省略させていただきます。

”格さん”こと安積澹泊の墓。
DSCN7983.jpg

DSCN7984.jpg
光圀公没後も「大日本史」編纂事業を引き継ぎ、行っていましたが確か彼の死後、一時ストップしたんだよね

関鉄之助の墓。
幟と案内板があり、すぐわかりました
DSCN7986.jpg

DSCN7987.jpg
5年前上映された映画「桜田門外の変」(関鉄之助役=大沢たかお)のシーンが蘇ります。
日本の国を変えようと立ち上がった水戸浪士たち。。。今の日本を天界から見下ろしている彼らの気持ちはいかに。。。

そして、藤田東湖一族の墓です。
DSCN7988.jpg

DSCN7989.jpg
天狗党挙兵の際、リーダー格だった小四郎のお墓もあるのかな?未確認です^^;

その付近には、”幼稚園の先生第一号”となった豊田芙雄さんのお墓もあります
DSCN7991.jpg
彼女は藤田東湖の妹の娘。幕末志士だった豊田天功の息子・小太郎に嫁いでいます。
小太郎亡き後は教育に自分の生涯を捧げました。

水戸ゆかりの歴史的人物が眠る常盤共有墓地。
いにしえの時代に思いを馳せ、墓参しているのも良いかもしれません

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

保和苑あじさい巡り<3>

全部で約6000株あるという、保和苑の紫陽花を巡る旅も終盤
苑内には孔雀のいる鳥舎があります。
DSCN7941.jpg

DSCN7940.jpg
羽を思い切り広げ、同居している鳩を威嚇性格あんまり良くないだろ
この鳥舎脇に、カシワバアジサイがありました。
DSCN7946.jpg
ここからさらに奥の方へ。
イベントステージのある広場に、詩碑が一つ。
DSCN7947.jpg
おい そっとそっとしづかに 梅の匂ひだ
山村暮鳥

詩人・山村暮鳥(1884年(明治17年)~1924年(大正13年))の「梅」というタイトルの詩です。群馬県高崎市に生まれ、茨城県の大洗町にて40歳の若さで死去した詩人・山村暮鳥。そんな彼の生誕120年を記念して建てられたのがこの詩碑だそうです
DSCN7948.jpg
暮鳥の碑が建ってる場所からさらに下へ降りていくと、そこは”山あじさい通り”。
自然の中、自然のままの状態で咲き誇る紫陽花がそこに。。。
DSCN7953.jpg

DSCN7951.jpg

DSCN7952.jpg

DSCN7954.jpg

DSCN7956.jpg

山あじさい通りの道沿いを流れるため池には、”無所だめの大蛇碑”という石碑があるのが目に留まりました。
DSCN7958.jpg
”無所だめ”というのがこのため池の名前のようです。
脇に説明のようなものが刻まれていましたので、読んでみると大蛇にまつわる伝説が残されてるとかで。
「蛇とりの名人がその大蛇を捕まえにきて、笛を吹いて大蛇をおびきよせ、縄で捕まえた。ところがこの大蛇は子供をみごもっていた。名人は妻が妊娠している時だったので、哀れに思って大蛇を逃がしてやった。大蛇は草むらを通って那珂川に去っていったという。」というお話が言い伝えられてるそうです。
DSCN7961.jpg
今でこそ整備された公園となっているけれど、山あじさいが並ぶ野趣溢れる自然の中ですから昔は本当に大蛇が現れたかもしれませんね。

これで大体、一回りしたかな。
というわけで階段をあがって広場に戻ります
DSCN7962.jpg

DSCN7964.jpg
こんな感じで苑内、順路の案内がありますから”どこをどう、歩いたら・・”と悩まずに済みますね

さて、俳人・金子兜太(かねことうた)氏の句碑が、庭園の入り口付近に建てられています。
大正8年生まれで現代俳句協会名誉会長・日本芸術院会員・文化功労者等の肩書きを持つ金子氏、埼玉県ご出身の彼が水戸市と一体何の関係があって?と思いきや、旧制水戸高等学校(現:茨城大学)を卒業されていたのです
DSCN7975.jpg

DSCN7973.jpg
「白梅や 老子無心の旅に住む」
金子氏が水戸高校に在学中に詠んだ句だそうです。この句こそ、俳人・金子兜太の記念碑的作品となったわけです。
「現代俳句は水戸から始まったと言える」と、茨城大学名誉教授・佐々木靖章氏は述べています。
DSCN7974.jpg

俳句の世界は知らなくても、水戸市民としてこれは知っておくべき事実ですね
DSCN7971.jpg

どのアングルで撮影しても絵になる保和苑の紫陽花・・・あまりここで公開してしまうとこれからここを訪れようという方の楽しみが無くなってしまいそうですので、当ブログではここまでにさせていただきます
今日あたりからぼちぼち、雨が降るようですので紫陽花たちは大喜びかな?
雨の中の紫陽花散策も素敵かもしれませんよ
DSCN7965.jpg

第41回水戸のあじさいまつり
平成27年6月14日(日)~7月5日(日)
イベント情報等はこちらを→水戸観光協会HP


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

保和苑あじさい巡り<2>

保和苑あじさい巡り、続きです。
遅れながらここで、苑内見取り図など
DSC_0191_201506162255542f1.jpg
意外と苑内は奥行きが広いですこの中には歴史的人物のお墓や著名人の歌碑もありますが、こちらの案内は次回の記事にまわすとしまして。
明星ヶ池の畔をまずぐるりと1周してみました。
DSCN7915.jpg

藤棚のある芝生広場に、白いスモークツリーがあるのを見つけました
DSCN7916.jpg
”ウルシ科”なんですってね♪
あら、赤もあった(*^_^*)♪
DSCN7917.jpg
紅白そろって、これは縁起がいいねえ
足元にある紫陽花は色付きがまだのようで。それともこういう色?
DSCN7918.jpg
縁日の綿あめのようにモコモコっとしたスモークツリーの花。
芝生の広場を華やかに彩っていました。

さあ、紫陽花の花を巡ります。池周辺だけでもたくさんの種類があり、ここだけで満足しちゃいそうなくらい(コラコラ
DSCN7920.jpg

DSCN7922.jpg

DSCN7923.jpg

DSCN7925.jpg

DSCN7924.jpg

DSCN7928.jpg
色も形も微妙に違う、何種類もの紫陽花がいっぱい!
まるで紫陽花の宴のような。。。そんな様子を眺めつつ脳裏を流れるBGMは、チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」中の”花のワルツ”

紫陽花をバックにハイ、ポーズ♪
DSCN7927.jpg

潮来(潮来市)のマスコット・あやめちゃんも今回同伴です
DSCN7926.jpg
水戸の紫陽花見たのは初めてかな?(笑)

DSCN7932.jpg

この子も^^。
DSCN7929.jpg
※撮影の際、指が入ってしまいまして申し訳ありません

今回は何気に”ゆるキャラ女子会”なのです。
では、3人揃って記念撮影など
DSCN7968.jpg
この時期は、花菖蒲や紫陽花を題材に取り上げられるブロガーさんが多いので記事を作成→UPするのに精神的負担とプレッシャーを感じます
まあ、それはおきまして。

低い位置にある”山あじさい通り”の紫陽花も見ておきたいと思い、明星ヶ池を後にしました。
池周辺での撮り修め画像で今回の記事は締めさせていただきます。
DSCN7934.jpg

DSCN7937_20150616232018bdb.jpg

DSCN7938.jpg
同じ青でも、いろいろバリエーションが楽しめて面白いですね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

保和苑あじさい巡り<1>

先日14日の日曜日より始まった、水戸のあじさいまつり。今年で開催41回目になるそうです
数日前の記事で触れていますが、イベントデー前日に行って参りました!
DSCN7909.jpg

パンフレットによれば保和苑という名前の名付け親は「水戸黄門」でおなじみの徳川光圀公だそうです。
では、光圀公に愛された保和苑の紫陽花巡りの旅に出発しましょう♪
DSCN7882.jpg
水戸市のマスコット、”みとちゃん”

園内の紫陽花はその数約60種、6000株だとか
それらの紫陽花が待っていますがまずはご本尊様にご挨拶をしていかねば
DSCN7883.jpg
二十三夜尊桂岸寺(にじゅうさんやそんけいがんじ)
地元では通称”谷中(この地の旧地名)の三夜さん”と呼ばれています
天和2年(1682年)檀海和尚の開山と言われています。
ご本尊は強い力を持つ大勢至菩薩。ご利益が期待できそうです
DSCN7997.jpg

DSCN7998.jpg
拝殿前に咲いていた、ちょっと見かけない紫陽花があったので

ご利益、といえば拝殿からすぐそばにある延命地蔵尊”ぴんころ地蔵尊”を無視して通過してはいけません
DSCN7996.jpg

DSCN7886.jpg
「天命を全うし、ころりと最後を迎える功徳」つまり、”100歳まで健康に生きて、苦しまず誰にも迷惑をかけずにコロリと人生を終える”のが理想だというわけで、それを叶えてくれるのが”ぴんころ地蔵尊”なのです
ちなみに”ぴんころ”とは”ぴんぴん生きて(長生きして)、ころりと逝く”の略だとか。

最近ではそれだけでなく、自分の体の病める箇所を地蔵様の同じ箇所を直接触れて”●●がよくなりますように(治りますように)”と祈願すると、病める箇所が治るというご利益もあるとかで。
DSCN7884.jpg
参拝者が後を絶ちませんが私も紛れ、祈願してみました。
実は最近、しゃがむのも辛いほど腰の痛みを感じていまして
このお地蔵様に懸けてみることにしました。
DSCN7887.jpg
お水でお地蔵さんの体を清め、腰の辺りをさすりさすりしつつ”腰が痛いのとんでけ~!”と祈願していたら・・・。
あれ?上体を起こしても痛くないぞ!!やった!!\(^O^)/
・・・嘘のようだがほんとの話。まじめに実話です。
これは後でまた、お礼参りに参拝しに来なくちゃ!(笑)

桂岸寺境内にはこのほかにもご利益スポットがいくつかありますので、訪問された際にはお見逃しなく
DSCN7885.jpg
「縁むすびかつらの木」

DSCN7891.jpg
「宝暦の延命地蔵尊」

DSCN7893.jpg
「ぼけ除けの延命地蔵尊」

何といっても、今回の主役は紫陽花ですから紫陽花の花を巡ることにします。
純日本式庭園いっぱいに植えられた、約6000株の紫陽花の花。ゆっくり散策すると目の保養と足の運動になります

噴水のあるこの池は、”明星ヶ池”というそうです。
DSCN7911.jpg

鯉もたくさん泳いでいますよ♪
DSCN7912.jpg

DSCN7939.jpg

DSCN7914.jpg

DSCN7913.jpg

DSCN7937.jpg

DSCN7936.jpg
明星ヶ池周辺だけでも素敵ですが、まだまだこんなもんじゃない!
庭園を隅々まで歩くと、まだまだたくさんの紫陽花の花があります。
というわけで、次回に続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

桃源の花菖蒲

梅雨時のお花といえば、代表されるのは紫陽花。。。
DSCN8043.jpg

そして、アヤメや花菖蒲
DSCN8026.jpg

本日より、水戸市保和苑のあじさいまつり(前回の記事をご参照ください)が始まり本来ならば前回の続きを書かせていただくところですが、先にこの記事を書かせていただきます
常陸太田市の「西山の郷 桃源」の庭園に咲く花菖蒲を観に来たくなり、母を連れてお出かけしてまいりました
DSCN8018.jpg
今月の28日(日)まで、「花菖蒲まつり」が開催されています。
梅雨時に楽しむ花は、紫陽花もいいけれど花菖蒲もいいなあ。。。と。
DSCN8020.jpg

DSCN8024.jpg
昨年の訪問は夜でした。暗闇の中、行燈の灯りだけを頼りに足場に注意しながらの観覧。それはそれで素敵だったけれど、結構一苦労(・・;)それを思えば今回の観覧・撮影は楽勝です
DSCN8028.jpg

DSCN8031.jpg
開花状況は・・・?といいますと。。。
ほとんど満開ですねえ。。。
来週の土日=21,22日に昨年同様の行燈ライトアップのイベントが開催されるそうですが、正直それまで持ってくれるかなあ・・・といった感じ。ご覧になられたい方はお早めに
DSCN8034.jpg
水戸のあじさいまつり記事を差し置いて、この記事を書かせていただいたのは実はそういった理由からなんです

DSCN8035.jpg

珍しい色合いのものを見つけ、ついパチリ
DSCN8037.jpg

DSCN8038.jpg
白い花弁の中に紫色のものが何故?それともこういう品種があるのかな?
そのそばにはやさしい色合いの花もありました
DSCN8040.jpg

園内の花菖蒲を一通り眺めた後は、昨年11月に「平成の大改修工事」を終えた西山荘を観に行こうと向かった私達親子。
その途中にある蓮池に咲いてた、可愛らしい色のハスの花を見つけてちょっとだけ寄り道
DSCN8046.jpg

DSCN8047.jpg

DSCN8048.jpg
わずかではありますが、花菖蒲以外の水生植物も楽しめるなんて(≧∇≦)!
この時期の桃源が最高だね♪

蓮池で目の保養をしたこの後さらに奥へ進み、リニューアル(?)した西山荘とご対面!ということになるのですがそのお話は後日また^■^;
DSCN8072.jpg

花菖蒲まつりの期間中の週末は、ミニコンサートやフリーマーケット等のイベントが開催されています。
記事中で既に触れていますが、6/21、22日には園内ライトアップも!
DSCN0725_20150614213400764.jpg
イベント情報につきましてはコチラ↓を
イベント案内(常陸太田市観光物産協会「ひたちおおた観光物産ガイド」内)
参考までに、昨年の記事をリンクいたします↓
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2054.html
”大体、こんな感じだよ!”ということを概ね、掴んでいただけたら

歴史の里に花咲く菖蒲の花を、期間中お時間がありましたら是非鑑賞にお出かけしてみてください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

あじさいまつり前日に。

今年もこの季節がやってまいりました
IMG_20150613_0001.jpg
第41回水戸のあじさいまつり
平成27年6月14日(日)~7月5日(日)
会場:保和苑および周辺史跡
(茨城県水戸市松本町13-19)

初日の14日はオープニングセレモニーが行われ、音楽演奏やダンスがお披露目されます。
笠間観光大使となった、津軽三味線奏者・川嶋志乃舞さんも来られるそうです
DSCN7908.jpg

その後も、野点茶会や俳句大会等の企画イベントも用意されます(≧∇≦)!
詳しい情報はこちらで→水戸観光協会
DSCN7972.jpg
苑内のあじさいも、6~7割咲き。ほぼ見頃になってきたようです。
そうイベントデー初日がスタートする1日前の今日、早々と足を運ばせていただきました
久しぶりに路線バスを利用して。。。
DSCN7870.jpg
最寄のバス停=「末広町三丁目」
茨城交通バス:栄町茨大行き、石塚・野口行き、他栄町経由であればなんでも・・・JR水戸駅北口バスプールから乗車される方は7番乗り場となります。運賃は片道240円(水戸駅から乗車した場合)
境内には有料駐車場もありますのでお車でも行けますが(普通車1日400円)

「末広町三丁目」でバスを下車すると、保和苑入り口はすぐ目の前に
DSCN7872.jpg
レトロな雰囲気残る参道入り口。
その脇に、いつの間にか公園出来てた
DSCN7873.jpg

座って休憩したり、帰りのバスを待ったりすることができますね♪
ここにも紫陽花が飾られています。
DSCN7876.jpg

ほら、花壇にも^^
DSCN7874.jpg
数年前に訪れた時よりも、参道付近は綺麗になったようです。なんとなく参道も少し広がった感じ?
仁王門は変わりません。
DSCN7877.jpg

DSCN7878.jpg


DSCN7880.jpg

DSCN7881.jpg
ここも東日本大震災以降、初訪問の場所です。
では、あじさい巡りに出発!
保和苑の紫陽花や隣接する常盤共同墓地(格さんのお墓あることで知られています。)等もあわせて参拝しましたのでこちらも記事に書いていきますのでよろしくお願いいたします
DSCN7967.jpg
女子会?(笑)

今のところ、あじさいの画像があまり登場しておりませんが眠気もピークですので(笑)、今回はここで終わりにいたします

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

シーフードレストラン メヒコ大洗店

お前達に逢いたくて、9年ぶりに大洗に帰ってきたぜ~!!
・・・と、某ロックバンドのMCが、このお店に来たら頭に浮かんでしまった私。
なんかそんなノリ(?)で戻ってきたみたいに感じるのは私だけかな
DSCN7852.jpg
アクアワールド大洗水族館見物の後、ランチはシーフードレストラン メヒコでとることにした私達。
ずっと以前もメヒコでしたが、つい最近までは別なメキシカンレストランが入っていてそれがいつの間にか撤退し、そこへ再びメヒコが帰ってきた格好です。
水族館見物の家族連れのお食事は大抵ココ。超・人気店ですから待つの覚悟でやってきました。
DSCN7853.jpg

チェーンのシーフードレストランですが、そのお店によって内装が違います。あるところはフラミンゴがいたりして。
ここ・大洗店は魚(観賞魚)の水槽があります
DSC_0172.jpg

DSC_0173_2015061223241789d.jpg
なんだか、水族館の延長みたい。。。

運良く、海側のテーブルに通してもらったおかげで海を眺めながらお料理を待つことができました
DSCN7855.jpg

北海道から帰ってきたさんふらわー号も見られました
DSCN7856.jpg

DSCN7861.jpg

そうこうしているうちに、セットのドリンク(チョイスはアイスコーヒー)到着。
DSCN7863.jpg
リニューアル後、初来店。なかなか普段は来る機会はないお店ですので素晴らしい席に座れたこともあり、今回はちょっぴり贅沢して”かにピラフのスペシャルセット”をオーダー
看板商品のかにピラフにサラダ・オードブル・ドリンクそして、かにクリームコロッケやエビフライ等から選べるサイドメニューが付くセットです。
DSCN7864.jpg
サラダは勿論、シーフードサラダ。海藻たっぷり!
そして、オードブル♪
DSCN7865.jpg
バジルソース和えのオードブル。
バジルソース、大好き

そしてスープ
かにの剝き身と海藻。
DSCN7866.jpg
かにのエキス、たっぷり(≧∇≦)!
”海に来たなあ。。。”という実感がわきます。

さあ、かにクリームコロッケの登場です
DSCN7867.jpg

衣サクサク、そして中身はとろとろでクリーミー(≧y≦)!!
DSCN7868.jpg
どちらかといえば、ポテトコロッケ派という私が言うんだから間違いない!!
これは美味しいっ!!おそらく、これまで私が食べたクリームコロッケの中で一番です

さあ、いよいよ主役がきました!
DSCN7869.jpg
母は剝き身、私は殻付を。
殻を剥くのが手間で、この時”母と同じ剝き身にすればよかった!”と後悔(笑)
せっかくのピラフの味が断片的にしか味わえない^^;
でも、美味しいのは確かでした(笑)次回は剝き身をオーダーします!

ゆっくり味わったため、これだけ食べたのに”食べ過ぎ~!!苦しい”となるほどお腹は苦しくなりませんでした。
充実したお食事というか、大満足
ご馳走様でした
メニューを見ると一見、割高のように感じますが料理の量と質を考えたら妥当でしょう

また来店したいと思えるお店です

シーフードレストランメヒコ大洗店
食べログ紹介ページ→http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080102/8016971/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

イルカとアシカのオーシャンライブ(アクアワールド大洗水族館)

長らく引きずりましたアクアワールド大洗水族館記事も、今回で最終回といたします。
皆さん、大変お待たせいたしました(待ってないけど?という声はお聞きしません、笑)
トリは館内人気№1のイルカです。
ほら、早くもプールで待機してます。
DSCN7805.jpg

イルカ人気を裏付けるように、会場内はこの通り
DSCN7801.jpg
客席は勿論、立ち見席も満員御礼状態です!凄過ぎる
イルカのショーに先立ち、アシカのナッツ君登場!
DSCN7811.jpg
人気投票の結果、アシカは残念ながら11位なんですって
アシカもイルカ同様にショーを盛り上げているのにね。
DSCN7812.jpg
イルカとの拍手の差をまともに感じさせられ、凹んで窓の外向いちゃった
それでもめげずに観客席にPRします。
DSCN7813.jpg
ナッツ君も応援してあげようよ!
次回の人気投票ではトップ10内にランキングできるといいね

ナッツ君がステージから引っ込んだ後は、いよいよイルカの登場です
DSCN7824.jpg
飼育スタッフが投げたビーチボールを思いっきり飛ばせば、観客席に飛沫が飛びます
一仕事終えて、プールに飛び込んだときも!
DSCN7830.jpg
特に最前列と中央席のお客さんは濡れないように要・ガード!
イルカの芸は次々に飛び出します。
DSCN7825.jpg
立ち泳ぎ披露中。

DSCN7832.jpg
フラフープを回しながら。。。

DSCN7833.jpg
おお、なんと両手で物を運んでる(≧∇≦)!

よろしければ、動画もご覧ください!
[広告] VPS


[広告] VPS


こんな可愛いイルカのショーが、やがて見られなくなるかもしれない事態になっていることを皆さんご存知でしょうか。
和歌山県太地町で行われている”追い込み漁”によるイルカの捕獲が問題視され、日本動物園水族館協会(JAZA)が、世界動物園水族館協会より会員資格停止の通告を受けたというニュースは、TVでご覧になられた方もいらっしゃるでしょう。
DSCN7827.jpg
ここ・アクアワールド大洗水族館にいるイルカたちも、和歌山県太地町から入手しているものがほとんどですので今回の会員資格停止通告は少なからず影響があります館内でのイルカの繁殖は難しく、未だに成功した実例がないとの事。
追い込み漁が解禁となってくれることを祈るか、大洗水族館でのイルカの繁殖が成功することを祈るか。。。素人の私は大洗様(大洗磯前神社)に神頼みすることしか出来ない(-人-;)

深刻になってしまい、失礼いたしました^◆^;
大歓声の中、あっという間に25分のショータイムが終了!最後はアシカのナッツ君も加わりイルカの背中に乗って観客のみんなにご挨拶、というエンディングでショーの幕を閉じました。
イルカもアシカもお疲れ様
DSCN7835.jpg
最後はお互いを労って

いろいろな生き物がいて、いろいろな魚がいて。。。わくわくしたり驚いたり、とまるで童心に返った気持ちになり楽しいひとときを過ごすことができました
亀さんに始まり、最後はイルカで締めることとなったアクアワールド大洗水族館記事。
これにてひとまず終わりとなります。
またいつか訪れた時も、記事に書かせていただくかと思いますので何卒よろしくお願いいたします
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!

アクアワールド大洗
館内案内、イベント情報等はコチラを→http://www.aquaworld-oarai.com/

※6月22(月)・23日(火)は館内メンテナンスの為臨時休館となります。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

お魚ワールド(アクアワールド大洗水族館)-その2-

アクアワールド大洗水族館記事、続きです(*^_^*)
魚の名前掲載は省略しますので(知らないのが多いので)何卒、ご了承ください
DSC_0146.jpg

DSC_0149.jpg

DSC_0151.jpg

DSC_0155.jpg

ほとんど名前は知らないけれど、みんなアクアワールドファミリーです。
大きいのも小さいのも、みんな仲間
DSCN7776.jpg
大きい水槽の中に・・・
アクアウォッチングの潜水士(ダイバー)登場!!ちなみに今回はお姉さんでした
DSCN7771.jpg
ダイバーさんが水槽に潜り、中に入れない観客達に代わって水槽内の生き物達を紹介するコーナーなのです。
”アクアワールド”となる前の昔の水族館では、水着のお姉さん(勿論、酸素ボンベとアクアラング装着)が水槽の魚達に餌付けをする「水中餌付けショー」が名物だったっけ
覚えている人、いらっしゃるかな~?

つい雑談が入りました^^;
さて、ここ・アクアワールド大洗水族館は「サメの飼育数№」だということを前回の記事でも触れましたが、現在は繁殖も行っているそうです。捕獲のみに頼らず、自分のところで
DSC_0156.jpg

DSC_0157.jpg
無事に成長するといいね大きくなれよぉ~!

おおっと!!
DSC_0162.jpg

DSC_0159.jpg
こんな感じで、至近距離でサメが見られるのもおそらく、ここ・アクアワールド大洗くらいかな?(^-^;)
実際見ると、水槽越しではありますが結構迫力がありますよ!

さて、ここで外に出まして。
会いに来ましたペンギンさ~ん!(≧∇≦)
DSCN7785.jpg
屋外にはペンギンのプール!このスタイルは旧大洗水族館時代と変わりません。

DSCN7783.jpg
気持ちよさそう(≧≦)!!ペンギンになりたい、と本気で思ったこの日の暑さ

あ!この後姿は。。。
DSCN7786.jpg

カピバラさんです
プールに入って遊ぼうか、それともやめようか。。。。と、思案している模様。
DSCN7789.jpg

で、結局。
”やっぱり、や~めた!”
DSCN7790.jpg
プールに入るのを断念し、地べたにゴロン。そしてそのまま
お水、気持ちいいのに~

ここには2頭のカピバラさんがいまして、そのうちの1頭はこの通りお昼寝タイムに。
もう1頭はただ無心に草を食べてます。
DSCN7792.jpg

DSCN7793.jpg
「天然」という言葉は、この子達のためにある言葉なのだろうか。。。

さて、去年8月に誕生したアシカの赤ちゃんのプールも屋外にありました(*^_^*)
DSCN7795.jpg
名前は”コタロー”君。父親のナッツ君はイルカと一緒にオーシャンライブに出演していました。(この模様は次回の記事で^^)
この子もやがては芸を仕込まれるのでしょうか。
DSCN7796.jpg

さて、記事でまだ登場していない生き物がいるのに皆さん、お気づきでしょうか?
アクアワールド大洗水族館に絶対欠かせない人気者です。まさかお忘れではないですよね?
DSCN7798.jpg
アクアワールド大洗水族館人気投票、堂々の一位
さあ、お待たせしました次回の記事はその”人気者”の登場です。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

お魚ワールド(アクアワールド大洗水族館)-その1-

アクアワールド大洗水族館の記事、ようやく本番に入ります(笑)
館内に入ると早くも七夕飾りが装飾されていました
DSCN7746.jpg
七夕イベントが館内で開催中だそうですhttp://www.aquaworld-oarai.com/news/14777
七夕にちなんだ水槽とか、お願い事が書けるコーナーが設けられているそうです。(~6/28まで)
この期間にアクアワールド大洗に来館される予定のある方、館内を探してみて

では、お魚の国へGO!
DSCN7747.jpg

最初に出迎えてくれたのは、亀さんでした。
DSCN7750.jpg
「亀は万年」と言われるように昔から長寿のシンボルとされてきましたが、この亀も甲羅に苔が生えてるところからして相当の年齢な気がします。想像に過ぎませんがこの水族館では最長寿かもだってこの貫禄だもの。

亀さん水槽を後にして、先に進みます。
DSCN7752.jpg
水槽越しに見えるドーム型の建物が、イルカ&アシカショーが行われるところ。こちらは後のお楽しみ
まずは館内に棲む、”アクアワールドファミリー”にご挨拶しなければ。

というわけで、挨拶回り開始です。
・・・と、ここで見苦しい言い訳など(--;)
暗闇の館内の中、水槽内を泳ぎまわる魚をを撮影するのはやはり、難しいもので(いや、やり方が下手なだけじゃね?なんて突っ込む人、退場)よって、画像の出来栄えが。。。
出来るだけ選んで投稿させていただきますがブレが生じたりアングルが変だったり。。。と見苦しさを感じられるかと思いますが何卒ご了承ください
又、今回はデジカメとスマホの二刀流で攻めさせていただきましたので、サイズがまちまちになっています

言い訳はこのくらいにしまして、記事の方を。
さっそく、冬の風物詩(*^_^*)\(^^;)コラコラ
DSC_0132.jpg
小さいアンコウ、子供かな?
タラバガニもいた(≧∇≦)!
DSC_0135.jpg

いわしの群れと。。。
DSC_0130.jpg

DSCN7754.jpg

サメもエイも、水族館名物!特にサメの種類・飼育数に関してはココ・アクアワールドは日本一なんですって!
DSC_0136.jpg

飼育スタッフさんによる、サメ講座。
DSC_0140.jpg
サメ水槽の前で、スタッフのお姉さんの説明をじっと聞いている観客達。
その様子を離れた場所から撮ったところ↓
DSC_0144.jpg
サメの大きさが解りやすいですね

そうそう、名物といえばこれを忘れちゃ可哀相だよね^^;
DSC_0141.jpg
マンボウ
大きな体でゆったりと泳ぐ、その姿が愛嬌あるんですよね
DSCN7761_2015060923065690f.jpg
壁にくっついているように見えるものは、動こうとしてもなかなか体が動かせずにいました。
体が大きいゆえ。。。^◆^;
時間がかかり、一時はどうなるかと心配したけれどどうにか動けるようになり、無事に壁から脱出しました。
良かったよかった
DSCN7762_20150609230658585.jpg
全長3m、体重約2.3tの巨体が泳ぐ。。。

さて、館内巡りはまだ続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

アクアワールドのモニュメント

水族館の館内に入る前にまず、このお話から。
アクアワールド大洗水族館は、屋外にいくつかの石像=モニュメントが設置されていて記念撮影の良いスポットとなっています。
その中でもアクアワールドのモニュメント、といえば大体の方が思い浮かべられるのがコレかな?
DSCN7743.jpg
2頭のイルカのモニュメント、確かアクアワールド大洗水族館OPEN当初からあったと思います
来館された人達、館内を見学する前の人も見学し終えた人も大抵この前でポーズをとる人が後を絶えません。
そして、イルカの中央にある鐘=”出逢いの鐘”を鳴らしていくのです

ここの沖合いは親潮と黒潮が交流(出会う)場所だそうですから丁度、それらに棲むたくさんの魚が出会う場所ということになるのですね
「当水族館ではこの海で出会う生物との触れあいを求め、”出逢いの海の大水槽”で多くの魚たちを展示しています。
そこで、この広場を多くの人々が出会う、”出逢いの広場”と命名して出逢いの鐘を設置しました。」
と、刻まれています。
DSCN7744.jpg
たくさんの魚がこの大洗の海で出逢う場所だということにあやかり、自分自身の”素敵な出逢い”を期待し願いを込めて鐘を鳴らされていく人もたくさん訪れています
大洗の海にその願いを託さんと、鐘を鳴らした後ハート型の絵馬にそのお願い事を書いて所定の場所に吊るしていけば、更に達成率UP?!
DSCN7745.jpg
皆さんのお願い事、叶うといいね。。。

さて、もう一つ目に留まったモニュメントがありました。気が付いたのは水族館内見学後ですが。
ちなみに母が先に見つけました。
DSCN7836.jpg

「千年の舟」という名前が付けられています。
DSCN7837.jpg
”あれ?こんなの前回来た時にはなかったな”と思いきやこのモニュメントは2011年3月11日に発生した、東日本大震災の復興モニュメントとして大震災のあった翌年の2012年(平成24年)に建てられたものだそうです。
思えば震災以来、1度も足を運んでいなかった私。どうりで初めて目にしたはずだ
DSCN7838.jpg

DSCN7839.jpg
「木の舟は対岸に着く 鉄の船は外国に行く 石の方舟は千年の未来に届く
~悲しい出来事も記録に刻むことによって財になり、やがてすばらしい歓びと感動を創る遺産として伝えられる」

茨城県石材業協同組合連合会の方達によってこのモニュメントが造られました。
東日本大震災発生のあの日のあの時刻・・・ここ大洗町も大津波により相当の被害を被りました。
以前にも書きましたが町民達の復興への強い意志と著しい頑張りとで脅威の早期復旧を成し遂げた大洗町。しかし、その後に発生した”放射能による風評被害”という二次災害にいじめられ、魚を獲る事も売ることもままならず、”完全復興”までの道のりは決して楽なものではなかったっけ
DSCN7840.jpg
多くの人達の”復興への願い・希望”が込められた「千年の舟」。
この舟はただ単に、”2011.3.11を決して忘れない。。。”という意味のモニュメントに留まらず復興のシンボルとして、そして大洗町をはじめ茨城県民の”希望の舟”でもあるのでしょう
DSCN7842.jpg
「千年の舟」は文字通り、千年の未来へ届けよ、という思いを乗せて舟は今、航海中なのですね

さて、お待たせしました
次はいよいよ、館内見学に入ります!
DSCN7742.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

大洗海岸の青い海と空と

海よ、青い海よ~♪
DSCN7737.jpg

DSCN7738.jpg
わが心のふるさと、大洗町の海です。といっても、バリアフリー施設完備の海水浴場で知られているサンビーチではなくアクアワールド大洗(水族館)駐車場から見た海です。
愛車をこの場所に駐車し、運転席から外に出たときに感じる潮風と潮の香り・・・私にとっては懐かしく心和む香り。
DSCN7739.jpg
平磯も阿字ヶ浦も、同じ太平洋ですが心は和んでも懐かしさを感じることはありません。
幼少期、夏が訪れるたびにここにかつてあったプールに連れて来てもらったり、体が弱かった弟が病院に入院する際親戚の家に預けられ、1ヶ月足らずの短い期間ではありましたが”臨時町民”みたいな格好で過ごしたこともあり、成人してからはこの町のフェリーターミナルからサンフラワー号を利用して北海道に旅行したり、行き詰まりやどうしようもない不安を感じたときは必ず大洗磯前神社に祈願に訪れ、心を落ち着かせたこともありました。
私の人生において、というのは少々大げさですが、縁の深い町だということは間違いないでしょう。まるでふるさとに帰ってきたように懐かしさを感じるのはそのせいでしょうか
DSCN7845.jpg
それにしても今日は空も青いし、海の青さとベストマッチ!
絶好な行楽日和と言える日になりました水族館見学ならば、天候は良かれ悪かれ関係ありませんがやはり傘を差して入館するよりも、晴天の方がイイ

数ヶ月前、母が運転免許更新の為高齢者講習を受講し優秀な(?)成績を修めたご褒美にと県警からアクアワールド大洗水族館の入館割引券をもらってきました。期限は来年の2月までですが”いつか使おう!”なんて思っているうちに無効にしてしまうし、7月以降は海水浴シーズンがぼちぼち始まり夏休みも始まるから混雑が予想されるし、母も私も時間の取れるうちに・・・と思い、丁度今日が一番都合がイイ、ということで前から母と約束していたのです
DSCN7740.jpg
久しぶりのアクアワールド!
母以上に私がわくわく
DSCN7741.jpg
海の生き物たちも可愛かったし、イルカショーも楽しめました
でも、このお話はまた後日に

締め画像は、大洗海岸の砂浜の様子を。
DSCN7846.jpg

DSCN7847.jpg

DSCN7848.jpg
波打ち際で遊ぶ子供達がいっぱい!
海開きまで、あと少しだね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

駅のパン屋さん~ベーカリーGRACE(グラース)

焼きたての美味し~いパンが、食べたいなあ。。。平日のランチタイムに会社から行けるお店はないかなあ。。。
なんて思っていたそばで、今月発売の「月刊みと」という雑誌で見つけました。
JR赤塚駅の構内にOPENしたそのお店、「ベーカリーGRACE(グラース)」というお店です。
早速、行ってみることにしました
DSC_0079.jpg
お店の前に飾られたランの花が、OPEN間もないことを示しています。

DSC_0080_201506062328238de.jpg
8:00~19:00 土日定休
お買い物すれば赤塚駅北口駐車場が2時間無料に!


お店の入り口をくぐると、さすがにまだ新しいだけあって店内綺麗
「月刊みと」にも掲載され、お店のお薦めメニューだという”コーンパン”をまず1つ。
DSC_0114.jpg
生地の50%にとうもろこしを使っているとか。
ちぎって割ってみると、とうもろこしの粒入りです。
DSC_0115_20150606232827122.jpg
確かにとうもろこしの味。味は思ったよりも淡白だから、ポタージュやオニオンコンソメを添えて食べるのがベストかな?

お店のお薦めのほかに、日替わりのお薦め品もあるようです。
来店したこの日は”練乳クリームロール”でした!
DSC_0117.jpg
チョコレートでコーティングしたコッペパンの中身は練乳クリーム
甘いもの大~い好きな方にお薦めしたいです
パンというよりは、エクレアみたいな感覚(*^_^*)ハマる美味しさでした!また発売しないかなあ。。。

甘いパンならもう一つ!
デニッシュココアダマンド
DSC_0085.jpg
しっとりとしたココアたっぷり(≧≦)!下のデニッシュ生地の中にもたっぷりと浸み込んでいました!
ココア狂いさんにはたまらないね♪

”なんだ、おやつ感覚の甘いパンしか置いてないの?食事の代わりにならないじゃん
なんてこと言うのは待った
ボリューム重視の方向き、ハムかつロール
DSC_0084_201506062339394d1.jpg
結構、お腹に溜まりますカロリー気にせず、”とにかくお腹すいた!”という方、迷ったらコレです(笑)
ほかにコロッケパン等、調理パンも揃っていますよ♪

最後にご紹介させていただくのは、コレ↓
DSC_0086.jpg
四角いミルクパン。
飾りもなく、極めてシンプルな外見がかえって気になり買ってみました。
DSC_0087.jpg
クリームも何もはいっていません。超・オーソドックスなパンです。甘さもあっさり控えめですがミルクがたっぷり!
食べてる最中よりも、食べた後の後味でミルクの味わいを感じられる、味わい深い一品でした!

これらのパンは日によってメニューが入れ替わるようです。勿論、レギュラーメニューもあるようですが。
今回紹介しましたパンが、来店したときにも並んでいるとは限りません。
何が並ぶのか、それは来店してのお楽しみ
DSC_0113_2015060623282414c.jpg

このスペース、以前もパン屋さんが入っていましたが品揃えはいまいちな上、不定休で次第に足を運ばなくなりそのうちいつの間にか撤退してしまいました。
寂しさを感じていたところ、新しいお店が入ってくれて良かったです♪

ベーカリーGRACE
茨城県水戸市赤塚1-1 赤塚駅ミオス1F
Tel:029-246-6355
8:00~19:00
土・日・祝日定休


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

歴史館をお散歩<後編>

茨城県立歴史館敷地内にある旧水農校舎のわき道の林をどこまでも降りていくと、一軒の水車小屋があります。
周囲の森林に囲まれ、これまたなかなか風情がある水車小屋で
DSCN7723.jpg

DSCN7725.jpg
以前は、現在の常陸大宮市諸沢(旧:那珂郡山方町)にあったものをこちらに移築、復元したものだそうです。
幕末もしくは明治初年の頃、山方町(当時は村かな?)の建築だと推定されています。

DSCN7724.jpg
水車は懸け桶から水を落下させ、その水力で回転させるものだと説明が添えられていましたが、訪れたこの時は止まっていました
ちなみに内部は開放していません。

水車小屋のあるこの場所から、偕楽園に行くことができるんです
DSCN7721.jpg
DSCN7722.jpg
↓ちなみに地図です(^^)
DSC_0113_20150604231354d97.jpg
偕楽園の西門(樹齢700年の太郎杉や吐玉泉のある方向)に辿り着くことになっています。正式な入り口といわれている表門も、このルートを辿れば近いです
水戸に生まれ育ち、水戸に住んでいながら初めて発見しました恥ずかしながら^^;
でも偕楽園方向まで歩くのは、今回はおあずけ

この界隈に広がる蓮池のそばで、ほんのちょっと休憩。水分補給など
DSCN7727.jpg
目の前には常磐線。運がよければ特急ひたちやときわに逢えますよ(^0^)
東屋も設置されていて、”ちょっと一休み♪”という時に最適
DSCN7728.jpg

DSCN7729.jpg
緑が多いって、いいね。。。
常磐線に乗車した時に目にしたはずの景色に足を踏み入れたのは初めて。
歴史館裏がこのようになっていたことを、あらためて知りました。
落ち着いたところで再び、水車小屋の前を通り歴史館広場へ戻ります。
DSCN7726.jpg
水車小屋、再び!
秋の紅葉シーズンも楽しめそう

途中、茶室と旧茂木家住宅があるはずなのですが茂木家住宅のほうはどこから入っていけばよいのか解らず見つけられずじまい茶室はこの日、立ち入り禁止となっていて写真撮影はこれが精一杯でした
DSCN7731.jpg
別な入り口があるのか、それとも特別な日にしか開放しないのかは未確認。
ちなみに茂木家住宅はこの更に奥だとの事。
内部見学は年2回のみですが、外観は普段も見学可能だそうです。
次回訪れたときにはきっと!
DSCN7730.jpg
この後クラシックコンサート鑑賞を控えていた為、あまり汚れるわけにはいかないと今回はここで断念しました(笑)

歴史館はただ、展示資料で茨城県の歴史を伝えるだけの施設ではありません。四季折々の風景と自然に触れ、ウォーキングも楽しむことが出来る施設・・・水戸市の、いや茨城県のオアシス的存在なのかもしれません。

茨城県立歴史館
企画展示やイベント情報はコチラでhttp://www.rekishikan-ibk.jp/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

歴史館をお散歩<前編>

歴史館内見学を済ませた後、時間がたっぷりとありましたので(※この後、佐川文庫へ向かう予定でした)今度は敷地内を散策してみることにしました
歴史館の建物を囲む敷地は、芝生と銀杏をはじめとする木々に囲まれた広場となっています。昨年11月、そこで銀杏並木のライトアップイベントが開催されました。当ブログで記事に書いていますが覚えていらっしゃるでしょうか。。。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2197.html
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2198.html

あの夜、黄金に光り輝く幻想的な光景だった歴史館広場、
この時期は緑溢れる癒しの光景が広がっています
DSCN7733.jpg

DSCN7734.jpg

DSCN7736.jpg
銀杏の季節も素敵だけど、緑溢れる今の時期も素敵です
歴史館の屋外設備といったら、やはりここね
DSCN7735.jpg
旧水海道小学校
館内には、スタンウェイ&サンズ社製のグランドピアノ(1865年)が置かれています。年に何度か、コンサートも開催されますよ

で、もう一つの屋外設備は銀杏の木の奥に見える木造建築の建物。
DSCN7717.jpg
旧水農(水戸農業高等学校)校舎です
復元したものですが、明治32年の建築で昭和45年まで校舎として使用されていました。
DSCN7718.jpg
残念ながら内部見学は出来ません。
でも、いつ見ても絵になる校舎だね
DSCN7719.jpg

今回は、これまで足を踏み入れることのなかった部分を探検してみました
この水農校舎脇に細い道があり、そこを降りていくことにします。
さあ、果たしてそこには何があるのか・・・?
続きは<後編>で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

ネタ切れなんだからぁ~

 
 
 
お知らせ
 
今週いっぱい、ブログの更新を不定期更新とさせていただきますm(__)m
 
 
 
 

ここ数週間、連休が思うように取れず休みがあっても用事が入ったり、という状態が続き私自身も体力・気力不足でブログの記事になりうるネタを探しに出かけることができない日が続きました。
おかげさまでネタ切れ状態です
そのようなわけで、これまでほぼ毎日更新し続けてきましたがそれもままならないため、休み休みの更新といたします。
不定期更新宣言をしているそばからいつもどおりに戻るかもしれないし、または逆に数日間更新を休む場合もあります。
何卒ご了承ください
尚、トップページがスポンサー広告記事になるようなことにはしません。万が一、このブログがそうなってしまった場合はそのままブログを閉鎖する時だと宣言いたします。

かもす-茨城の酒-~茨城県立歴史館テーマ展Ⅱ~

水戸市にある茨城県立歴史館にて、このような企画展が先月23日よりスタートしました
poster.jpg
「かもす-茨城の酒-」
平成27年5月23日(土)~6月28日(日)


わが茨城県も酒=日本酒の産地。その日本酒にスポットを当てた展示企画、お酒好きならば必見ですきっと今宵のお酒が一段と美味しくなるでしょう(笑)
先日日曜日、つまり佐川文庫を訪れる3時間前に私も見て参りました
DSCN7715.jpg
展示はまず、お酒の歴史から始まります。神話時代にまで遡り、既にその当時にはお酒が飲まれていたということ、わが茨城県でお酒と人との関わり合いが記録されているのは「常陸国風土記」中で、大体8世紀くらいの頃です。
お酒の歴史から紐解いた後、展示はお酒の製造法へ。
酒造りに使用される道具の展示や、その手順がイラスト入りでこと細かく説明されています
お米はお米でも酒米になりうる”条件”等の説明もあり、見る人に”へぇ~!”と言わせる資料がいっぱいです。
現物は是非、皆さんご自身の目で
(※館内は撮影・録音禁止ですので画像抜きで失礼いたします。)

ご自身で順を追ってフロアを見物するのも良いけれど、館内スタッフさんによる展示解説も行われていますので参加されてみてはいかがでしょう?
DSC_0098.jpg
展示解説 5月24日(日)、30日(土)、6月13日(土)、21日(日) いづれの日も11:00~、14:00~
歴史館入館券のみで参加できますお酒に詳しいスタッフさんの解説も聴けばさらに物知りに(≧≦)
覚えた知識は今夜、または近々控えている飲み会の席での話の種にいかが?(笑)

日本酒や醤油などを造ることを”かもす(醸す)”といいます。その語源にはいくつかの説があるそうで。
大昔は米などの原材料を口の中で噛み、壷などにそれを吐き出して貯め、発酵させて造ったといいます(口噛酒)
その由来からきていると言われているのが一説。「噛む(かむ)」が”噛ます(かます)”となり、それが変形して”かもす”となったと言われているそうです。

昔は本当におめでたい席でしか飲むことのなかったお酒、それが時代が経つにつれ日常にもお酒が飲まれるようになり今では特別の日でなくても普通にお酒を飲むようになりました。量り売りが当たり前だったその昔から、今では誰もが一升瓶を難なく買える時代です。時代と共にお酒は身近な存在となりました

”お酒”という魅力的な水は、今後も人々に愛されていくことでしょう。。。でも、お酒も度を越すと麻薬と化し人の体を壊します。くれぐれも”お酒に飲まれる”ことのないように気をつけ、お酒と上手に付き合っていきたいものです

さて、わが茨城県には造り酒屋が46軒ありますこの数は関東で最多ですって、素敵だ
DSC_0107a.jpg
お気に入りの味が、きっと見つかるよ。。。(*^_^*)
茨城県酒造組合:www.ibaraki-sake.or.jp

海と山、そして自然の恵みがあり名水も自慢のわが茨城県だからこそこうしてよい造り酒屋がたくさんあります。
お酒を飲まれる方、茨城にお越しの際は是非茨城の地酒を楽しまれていってください!
また、県内のお酒好きさんも”地元のお酒”の味を楽しまれてみませんか?
DSCN7716.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-