月別アーカイブ  [ 2015年03月 ] 

≪ 前月 |  2015年03月  | 翌月 ≫

台湾料理「穂香田園(すいこうでんえん)」

歓喜寺のエドヒガンザクラを見た後は市内でランチタイムなど。
歓喜寺からすぐ近い、台湾料理店の穂香田園(すいこうでんえん)というお店に入ってみました
もちろん、初来店
DSCN6529.jpg
歓喜寺の桜を見た後は丁度、お昼ご飯の時間になるだろうし、せっかく2時間もの時間をかけて坂東市を訪れたのだから、お寺の桜だけ見て”はい、さようなら!”ではもったいないと、事前にMAP検索と、食べログで下調べして見つけたお店です

まだ11:00ちょい過ぎくらいでしたので、お店は比較的空いていて”お一人様”でも囲いのあるテーブル席を使うことができました
DSCN6530.jpg
テーブルの下は掘り下げになっていましたので、足をゆっくり伸ばすことができます。
お冷のジャスミン茶がおいしい
まるで、”姫”になった気分ね

メニューを見ると、日替わりランチに定食、チャーハン(すべてスープ付き)の種類も多く、迷いましたがうんと迷った末「エビチリ+チャーハン定食」に決定!
DSCN6532.jpg
チャーハン+エビチリ+卵スープ+香の物+杏仁豆腐

まずはチャーハン♪
DSCN6533.jpg
はっきり言って・・・美味しいっ(≧∇≦)!!
パラパラっと炒めてあるのに、もちもちしていて滑らかで。それでいて塩加減も
卵とひき肉とレタスのバランスもイイ
私がこれまで食べたチャーハンの中では一番だな

続いてエビチリ♪
DSCN6534.jpg
タレはちょっぴり辛めだけど、これもまた美味しい~っ
ピリッとした辛さは、はまりそうです。今は花粉症で咽頭を痛めているけれど、もしもそうじゃなければきっとタレをすくって全部舐めてたかもしれません
エビチリもカリカリっとしていて、これをこのタレに絡めると本当に美味しい

スープも卵だけでなく具がそこそこ入って美味しいし。
DSCN6536.jpg

箸休めの香の物も味わい深し。
DSCN6535.jpg

そして、杏仁豆腐。
DSCN6537.jpg
思ったよりも甘みはないけれど、辛いものを食べた後だから丁度良かったかも。

すべて完食。ご馳走さまでした
定食はすべて、1,080円(税込)です。今回はエビチリだったけれど麻婆茄子とチャーハンの組み合わせもあります。実はそちらと悩んでいました。で、”坂東市だからレタスを食べたい!”ということでエビチリに軍配(笑)
このお店で市産のレタスを使用しているかどうかは未確認ですが、坂東市はレタスの宝庫なんです

まあ、なにはともあれこれだけ品数がついて、量もそこそこ、いやむしろ多い位かな?
あんなに美味しくて1,080円は実に安いと思います

「腹が減っては戦はできぬ」と、平将門公も言ったはず(笑)
場所も判り易いところですし、坂東散策の折にはまた利用してみましょう

穂香田園(すいこうでんえん)
坂東市辺田544-2
食べログ紹介ページ→http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080603/8015815/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2015/03/31 23:23 ]  坂東市 | TB(0) | コメント(0)

エドヒガンザクラに惹かれて~坂東市:歓喜寺

エドヒガンザクラが見頃を迎えたというニュースをテレビで知り、先日ちらっと告知したとおり坂東市へドライブすることにしました。常磐道谷和原ICを下車し、国道294号から354号線を走ること約30分弱くらいだったでしょうか。
坂東市の歓喜寺(かんきじ)にやってまいりました

歓喜寺
茨城県坂東市辺田978

DSCN6528.jpg
樹齢400年という桜の木。自分の車の運転席越しに見ただけでも迫力があります。
DSCN6500.jpg
桜の木にカメラを向ける人、そばのベンチに座って花見を楽しむ人、桜を背景にわが子を写真に収める人etc。。。
皆さんそれぞれの方法でお花見を楽しまれています
DSCN6501.jpg

さあ、私もお花見しなくちゃ♪(^0^)
DSCN6502.jpg
バラ科サクラ属の野生種桜、文字通りお彼岸の時期に咲くところから”ヒガンザクラ”と名前がついたそうです。
(ウィキペディアより)

今まさに”見頃”といったところ。
DSCN6503.jpg

DSCN6504.jpg
どこから見ても、絵になりますなあ。。。
でも光の関係により、見づらい画像になってしまったのが実に悔しい
というわけで、花びらもアップで撮ってみました!
DSCN6505.jpg

DSCN6512.jpg
可憐だ。。。
昭和52年に市の(当時は岩井市)天然記念物に指定されてるのですね
DSCN6506.jpg

ところで、天然記念物の桜を持つこのお寺=歓喜寺の由来を調べてみたのですが残念ながら情報は得られず
DSCN6507.jpg
事前に市のHPやキーワード検索で探してみたけれど、お寺について説明されてるものは見つかりませんでした。
本堂脇にあるこの碑↓だけが唯一の手がかりなのですが、内容が難しすぎて私には理解できませんでした
DSCN6508.jpg
ただ理解できたのは、このお寺の開基・開山共に不明だということ。ご本尊は成田山の妙音寺でかつてここら一帯に存在した辺田村の鎮守であったことと、かつては鐘楼もありましたが太平洋戦争時に献納されたということetc。。。
ざっと目を通したところ、”話せば長くなりますが・・・”といったところかな
後でちゃんと勉強しておかねば。

境内には「猿島坂東第27番観音霊場」の観音堂もあります。
DSCN6518.jpg
この観音堂前にある桜はすでに満開
DSCN6519.jpg

エドヒガンザクラ(向かって右)と2ショットです(≧∇≦)!
DSCN6523.jpg

そして、帰る前にもう一度
DSCN6526.jpg
やっぱり、どの角度から見ても絵になります
昨日、今日の温かさでおそらく、つぼみだったサクラも開花したことでしょう。

茨城県内でもそろそろ、開花が始まったところがあるようです。わが水戸市でも本日、気象庁にて開花宣言が発表されました
今度の週末は、桜まつりのイベントが行われるところも多いようで。
いよいよ、本格的に花見シーズン到来ですね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/30 23:02 ]  坂東市 | TB(0) | コメント(2)

中央公園のモニュメント~未来への道

順番としては一番最後に訪れたスポットですが、昨日18:45のNHK茨城ニュースで報道されたのを機に私も(笑)

つくばエクスプレス(以下、TXと略記します)つくば駅のA-3出口に出た先に見える公園=中央公園。公園の奥にあるつくばエキスポセンター等、周辺の施設を訪れる人達を出迎えるように立ついくつかのブロンズ像が目を惹くこの界隈には「未来への道」と刻まれた碑が
DSCN6626.jpg

ブロンズ像のモデルとなっているのは、過去ノーベル賞を受賞された科学者達であります
DSCN6627.jpg
1973年(昭和48年)に物理学賞を受賞された、江崎玲於奈博士。
この界隈を「未来への道」と命名された、名付け親だそうです
今でもお元気でいらっしゃるというから素晴らしい

レリーフのこの方は記憶に新しいでしょう
DSCN6628.jpg
2008年(平成20年)益川敏英教授と共に物理学賞受賞、小林誠教授。
予断ですがTXつくば駅の売店で、この2教授のストラップが販売されていました

そして、猫を連れたこのお方は
DSCN6631.jpg
今は亡き、朝永振一郎博士とその愛猫の像です
猫を飼われていたのでしょうか、一緒にお散歩しているところです。
DSCN6632.jpg
1965年(昭和40年)、日本人2人目のノーベル賞受賞者として注目を受けました
いやあ、それにしても日本人受賞者、化学・物理学等の理科系多いな。
日本人のノーベル賞受賞者
DSCN6633.jpg
猫ちゃんもいっしょ♪
どこまでも、ついていきますニャ

おや?こちらは空っぽ?
DSCN6629.jpg
作品未完成により空座になってるわけでも、心無い人に壊されて撤去されたわけでもありません。
実はこの台座は、公園に遊びに来られた未来ある皆さんのためのもの
DSCN6630.jpg
「この台座はノーベル賞受賞者を始め、世界で活躍するあなたの未来のためのものです。この上に立ち、未来のあなたの姿を想像し、「夢」や「希望」を抱いてください。」
皆さんの「夢」「希望」は何ですか?

~このつくばゆかりのノーベル賞受賞者に触れることのできる空間を憩いの場として、そして若者達が自分の未来に夢をはせる場として訪れていただきたい・・・~と、つくば市長市原健一氏も言葉を述べられています。
ノーベル賞という、名誉ある賞の受賞者が3名も関連する街、そして”科学と研究の街”であるつくば市にふさわしいモニュメントができました
つくば市民の方をはじめ、市外もしくは県外はたまた国外といったようにたくさんの方が訪れ、訪れられた誰もが愛する公園となるよう、これからも地域の人たちに大切にしていただきたいと思います
DSCN6637.jpg
DSCN6636.jpg
TX開業記念の梟のモニュメント。
今年ははや、10周年となるんですね


おまけのおはなし
とうとう、見つけた!会いたかったよ~っ!!
DSCN6639.jpg
IMG_20150328_211343450.jpg
つくば市のマスコットキャラクター=フックン船長のストラップ
お求めはTXつくば駅の観光案内所or売店でどうぞ♪

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/29 20:06 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

谷田部東PA(上り線)にパンジーツリー

今日は天気もよく温かな1日となり、まさしく行楽日和(*^_^*)♪
先日、TVのニュースで報道された”坂東市にある歓喜寺のヒガンザクラ”を見たい!と激しく思うあまりお出かけしてまいりました
画像の整理と、記事をまとめていませんのでとりあえず今回は携帯画像のみで失礼いたします。
IMG_20150328_104103541.jpg
IMG_20150328_105921859.jpg
詳しい記事は後ほど
丁度、今日が見頃だったようです。興味を持たれた方で”私も観に行きたい!”と思われた方はお急ぎください

というわけで、今回は別なお話です
坂東市へ向かう際、常磐道を利用しまして途中トイレ休憩にと谷田部東PAに立ち寄ることにしたのですが、本線から折れエリアの駐車場に入った時に”おや?”と目に付いたものがありました。
DSCN6490.jpg
建物脇の公園となってるスペースに、お花のツリーのようなものがあります。
いつから置かれていたんだろう・・・?
気になりましたので、トイレを済ませ売店で買い物を済ませた後にちょっと散策してみることにしました
DSCN6491.jpg
接近してみるとこれはパンジーのツリー
ここにも、あっちにも!!
DSCN6492.jpg

DSCN6493.jpg

DSCN6495.jpg
これは目の保養にいいわあ。。。
誰が考えたのか、素敵です(≧∇≦)!
パーキングエリアは、長距離運転される人たちが休憩し運転疲れを癒すためのスポット。
その休憩エリアにこのように目に鮮やかなパンジーの花。。。
DSCN6494.jpg
中央の桜が開花したら尚、素敵になるでしょう。。。
あいにくまだ、蕾でしたが結構、膨らんでいる様子でしたから来週末あたりは開花し始めるかな。
DSCN6496.jpg
IMG_20150328_094554747.jpg
※逆光ですみません

休憩スポットもまた、観光スポットのうちのひとつ。
美しい思い出は一つでも多いほうがいいじゃありませんか

おまけのおはなし
IMG_20150328_09344687-1.jpg
圏央道久喜白岡IC~境古河ICがついに明日15:00開通
これであとはつくば中央ICとつながってくれれば、県西方面への移動も楽になる・・・
個人的とはいえ、地域情報を売りにしている(?)ブログを運営している者としては、少なくとも悪い話ではありません
早く繋がってくれ~!!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/28 21:32 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

「いばらじめん」を知ってるかい?

茨城県内のイベント会場で最近、ちょくちょく見かけるようになった
「いばらじめん」の幟。
私が最初目撃したのは、去年秋に行方市で開催された「ふれあいまつり」でした。
その時の記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2181.html
DSCN3945_20150327220824f18.jpg

DSCN3944.jpg
「いばらじめん」・・・常陸大宮市で製造されている「ごぜんやまラーメン」とわが地元のラジオ放送局=茨城放送(通称IBS)のコラボ商品です細い縮れ麺でスープはピリ辛、そしてオリジナルのたれ=えび風味油が決め手のラーメン。
”いばらじめん”というネーミングはたぶん、”茨城ラジオ麺(いばらきらじおめん
)”の略でしょうか、と勝手に想像
先日、小美玉市の茨城空港でその「いばらじめん」に再会しました
DSCN6290.jpg

定番は”ピリ辛とんこつ”だそうで。早速試食
DSCN6291.jpg
辛いの苦手じゃなければ文字通り、やみつきだね
この機会に、と買ってみました。
5食いり1,000円です。
DSCN6315.jpg
スープの味はしょうゆ・とんこつ・塩の3食で、これらの中から5食自由に組み合わせが可能ですが今回はすべて塩味にしてみました
DSCN6316.jpg

こちらが、完成図↓
DSCN6317.jpg
あっさり薄味で、辛味はほとんど感じません。
ホタテだしがきいたスープと、えび風味の調味料(エビ風味油)で”手軽に海鮮ラーメン!”といった感じで楽しめます。
DSCN6318.jpg

DSCN6319.jpg
”味が薄いな”という方は黒胡椒など振りかけてみては?
紅しょうがをトッピングしてもいいね
茨城にこだわるならば、城里町産のレッドポアロ(赤ねぎ)をトッピングするとか、かすみがうら産のレンコンをスライス&フライしたもの(レンコンチップス)をトッピングするとか。
自宅でいろいろと、アレンジも利きそうです(≧∇≦)!

御前山を流れる那珂川の清流と厳選された小麦粉を用いて生まれた”ごぜんやまラーメン”と、地域情報を発信する機関の一員でもあるIBSのコラボ商品。イベント会場出没は今のところ、イレギュラーで神出鬼没ですが見かけられましたら”新しい茨城土産”として1度、お試しあれ

「いばらじめん」通販はコチラ↓
http://ibs-radio.shop-pro.jp/?pid=75845121


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/27 22:38 ]  茨城なんでも! | TB(0) | コメント(0)

SLのある公園~笠間市石井児童公園

笠間日動美術館より笠間公民館へ。
かさま国際音楽アカデミーの中の1企画、ロシアのピアニスト:ミハイル・ヴォスクレセンスキーのダイナミックかつテクニカル、そしてエキサイティングな演奏に酔いしれ素晴らしい2時間を過ごしました
”心が洗われる”というのはまさしく、こういう状態を表現するのでしょうか・・・
日頃のストレスも忘れ、彼の指が奏でる音の世界にすっかり入り込んでしまった私。
DSCN6405.jpg
やっぱり、一流の演奏家の生演奏は良いものです。
大変充実した2時間、笠間市ありがとう(笑)

つい、前置きが長くなりました^^;このブログは音楽ブログではありませんのであまりマニアックな内容を書くのはやめましょう(っつーか、書けねーし
その笠間公民館と、笠間体育館は同じ敷地内にあります。
そして、体育館の脇は児童公園があります
公園にはなぜか、SLが置いてありました。
DSCN6475.jpg
車を駐車する際、目に留まり無性に気になりましたので演奏終了後、帰る前に見ていくことにしました。
正面から”こんにちは”
DSCN6478.jpg
C58 275号
”C”だからつまり、客車。これに客車車両を連結して走行していたんだねきっと
DSCN6479.jpg
笠間を通行する水戸線(明治39年11月国有化、それ以前は水戸鉄道)も、かつてはSL車両でした。
DSCN6480.jpg
”これ、昔の電車だよね?”
”そう。昔はこれが普通だったんだよ。”
公園に遊びに来ていた年配の男性が孫を連れ、そんな会話を交わしているのを耳にしました。
水戸線(友部⇔小山間走行)では当初、小型タンク機関車で運転されていたそうです。その後日本鉄道→国有化され輸送力増強に伴い、車両も大型化していきました。やがて昭和42年3月15日、水戸線の電化が完成したことにより路線を引退しました。
その旨が添えられていた看板で説明されていました↓
DSCN6476.jpg
あいにくこの展示車両はリアルに水戸線を走っていたものではなく、他の地域で活躍していた同形式の車両だそうです。
水戸線を走っていた最後の車両は廃車や保存機関車となった為、笠間で保存することができなかったためとか。
DSCN6481.jpg
「C58275のしおり」で書かれているように、この車両は仙台、秋田、鹿児島と昭和16年の3月誕生以来昭和50年の3月31日に廃車となるまで大活躍した車両です
DSCN6482.jpg
長旅、おつかれさま。。。
東北から鹿児島と長旅の末引退し、ご縁あってここ・茨城県の笠間市にやってきて静かに余生を送っているC58275号であります
DSCN6483.jpg

DSCN6484.jpg
公園に遊びに来た子供達を見守りつつ、今日も静かに鎮座していることでしょう。。。

おまけの1枚
公園内にあった、きのこのオブジェ(遊具ではなさそうね)が非常に印象的だったもので(笑)
DSCN6485.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/25 23:24 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

絵画と写真で巡る大鉄道展、観てきました!

去る3月22日(↓前回の記事をご参照ください^^)市内の公民館で開催されていたピアノコンサート(→http://www.city.kasama.lg.jp/page/dir001935.html)を鑑賞するため、「クラフト&フードフェアinかさま」の会場を後にした私。

でもそれまで時間がたっぷりと余りましたので、笠間日動美術館へ行くことにしました
現在美術館では、常磐線東京駅乗り入れ記念の企画展として「絵画と写真で巡る大鉄道展」が開催されています。(~H27.5.24(日)まで)
IMG_20150310_0001.jpg
情報はコチラを↓
(笠間日動美術館HP)http://www.nichido-museum.or.jp/


国内・外の鉄道風景をモチーフにした絵画(水彩・油絵共)が展示された1F~文明開化の声が聞こえし明治時代、日本で初めて鉄道が走り始めた頃に遡り、それから100年もの時を辿って昭和へ。その間の駅風景や鉄道が走る雄姿が力強く描かれています

そして2Fは鉄道写真家が撮影した鉄道写真と、自作のジオラマ
これは必見です!
IMG_20150322_131404230.jpg
鉄道沿線に広がる、ローカルな世界がここに。。。
失われつつある、美しい光景がジオラマで再現されました!ちなみにこのジオラマコーナーのみ撮影可となっています
私もカメラを向けつつ、夢広がるジオラマの世界へ。。。
DSCN6442.jpg

DSCN6450.jpg

DSCN6453.jpg

DSCN6457.jpg
↑この画像の中に一眼レフカメラが置かれているのにお気づきでしょうか?
誰かの忘れ物ではありません。意図的に設置されてたものなんです
ジオラマを作成されたカメラマン=中井精也氏が使用されてるもので、なんとここを訪れた見学者が直に触れ撮影体験することができるようにと好意的に置かれたものだというから驚きです
しかも、持参したメモリーカードを差込みこのカメラで撮影した画像をお持ち帰りできるんですよ!
DSCN6465.jpg
あいにく自分の持参したカードを差し込んだら、メモリーをフォーマットしなければ使えずこれまで撮影したデータを消去しなければならない状況でしたので断念しました
まあ、最新のデジイチに触れられただけでもいい思い出だわ
DSCN6464.jpg

中井氏のメッセージがパネルとなってジオラマと一緒に展示されていました。
DSCN6466.jpg
ゆっくり読んでみると、なんともゆるやかで温かいメッセージ^^。お人柄でしょう。
人間的にもきっと、温厚な方なのでしょうね。。。

DSCN6463.jpg

DSCN6461.jpg
笠間だけに。。。焼き物の露天商?

細かく見ていると、いろいろな視点からいろいろな光景が楽しめます。
それぞれに日常のドラマがあり、出会いや発見がありで面白い!
DSCN6468.jpg

DSCN6472.jpg
同じ場所なのに、見る方向を変えてみるだけでまた違った光景が楽しめちゃうね
遊び心?作者らしき人物が紛れています(笑)
DSCN6473.jpg
さて、キリがないのでここまでにしておきましょう。これから美術館を訪れられる方もいらっしゃることでしょうし。

というわけで、続きは皆さんご自身の目でご覧になられてみてくださいね
想像の翼を広げ、ご自分だけの物語の世界を楽しんでみてください
あ、もちろんほかの展示作品も素晴らしいですから是非ご覧くださいね♪

お帰りにはぜひ、鉄道グッズを買って帰ろう
DSCN6486.jpg
ラムネとチョコレート、図録を買いました。
ここでしか購入できない、オリジナルグッズがほかにもたくさんあります。観覧記念にいかが?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/24 23:20 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

クラフト&フードフェアinかさま、開催されました!

東日本大震災の被害を受け、それから1ヵ月後の2011年4月。
鉄道も復旧せず各地で予定されていた数々のイベントが中止となっていたあの頃、震災の爪痕残す中元気に開催されていた、クラフトフェアinかさま。。。
来場されたお客さんの為に、一生懸命工芸品やフード販売を行い、元気に振舞っていたお店の人たちの姿がどれだけ、度重なる余震に泣かされ、不安とストレスでいっぱいだったあの当時の自分に元気を与えてくれたことか
その時の記事→クラフトフェアinかさま(2011.4)

あれから4年。。。
4年前と同じ笠間市、同じ会場=きらら館駐車場にてあの時と同じ「クラフト&フードフェアinかさま」が今年も開催されました
DSCN6420.jpg
4年前よりも出店数も増加、開催日は3月21日・22日・23日の3日間と規模も巨大化しました。
きらら館と広場でつながる、あの”森の石釜パン屋さん”も協力・参戦です
DSCN6421.jpg

パン屋さんの場所提供により、会場も4年前訪れたあのときよりも倍以上のスペースとなりましたが、それでも出店数が多いのか、所狭しといった状況でした
DSCN6422.jpg
↑まだ朝10:00台の模様。これからここはますます混雑し、お昼時には通行困難となります。
駐車場もこの周囲にはとても置けませんので、臨時駐車場として付近のイチゴ畑の駐車場が解放されていました。
たくさんの協力者がこのイベントを盛り立てているのです。

ランチタイムにはまだずっと早い時刻でしたが、食べ物販売の屋台からはすでにおいしそうな香りが漂ってきました
県内・外を問わず、たくさんのお店が自慢のフードを販売し宣伝しています。
DSCN6423.jpg

DSCN6424.jpg

DSCN6427.jpg

DSCN6426.jpg
北陸新幹線開業記念?!噂の”富山ブラックラーメン(富山県:麺屋いろは)”まで
興味を持ちつつも、隣のオムライスに負けた
”笠間フード”につられちゃって(笑)
だって、”常陸牛”だしぃ~、
卵は笠間産だしぃ~、
お店は市内のフレンチレストランだしぃ~。。。
DSCN6433.jpg
フランス料理トルティさんの出店でした。

ドリンクは隣の屋台で買った、ノンアルコールカクテル”ゼロカク”で。
DSCN6434.jpg
ちょっと早いけれど、いただきま~す!(≧∇≦)
見てくださいオムレツ
DSCN6435.jpg
目の前がシェフが見事な手さばきで作ってくれたオムレツ
トロトロふわふわクリーミィ

そして、デザートには猿島茶アイスなど。
DSCN6438.jpg
DSCN6439.jpg
茶葉の苦味と、バニラのクリーミーな甘さがバランス的にちょうどイイ♪
坂東市の茶店、根本園さんと小美玉市の美野里ふるさと食品公社のコラボ商品でした!
県産品、断然応援(笑)

もちろん、このイベントで販売されるのは食べ物ばかりではありません。
笠間焼きをはじめ、アクセサリーやインテリアグッズ等の手作り工芸品がたくさんの業者さんにより販売され、その職人技を競い合います
DSCN6429.jpg

DSCN6430.jpg
どれもみな、手にとってつい欲しくなってしまうものばかり(≧≦)!!
ああ、お金持ちだったらなあ。。。(笑)
DSCN6431.jpg
これらの業者さん、岐阜県や兵庫県等遠方から来られた方が多く、中でも一番遠くて大分県からという方も
今回は、”見~てるだけ~♪”(←古いな)になってしまったけれど茨城県のイベントの為に遠くから来て協力してくださってるんだ・・・そう思うとなぜか、うれしくなりました^^。

先ほども書きましたように、お昼時になると会場はこのとおり↓
DSCN6440.jpg
座って休む場所すらないね( ̄▽ ̄;)

2度目のクラフトフェアinかさま。規模が大きくなっただけでなく、来場者もそれに合わせずいぶん大勢集まり、賑わいました。次回開催時(おそらく来年の同じくらいの時期)はもっとパワーアップしていることでしょう
来年何事もなくまた元気に開催されることを願いつつ、満腹のおなかをかかえ(笑)会場を後にした私でした。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/23 21:58 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

ドライブインも梅満開!

九州や西日本で次々と桜の開花宣言が発せられました。
週明けより、再び寒さが戻るようですが関東地方の桜の開花も先の話ではなさそうですね。

さて、1ヶ月前「水戸の梅まつり」が始まった頃まだほとんど開花していなかった水戸ドライブインの梅も、先週金曜日(20日)に訪れたらずいぶんと開花が進んでいました
DSCN6417.jpg
淡いピンクの梅と白梅が、ほぼ同数くらいの割合で開花
奥に見える陸橋のようなものは、常磐自動車道です。
DSCN6416.jpg
この日も、団体ツアーのバスを何台も見かけました。
このバスはこれから高速に乗ってお帰りかな?それとも偕楽園へ?

さて、私はお昼を返上し(?)撮影タイムに
梅の美しさが、私の空腹をも忘れさせる(笑)
DSCN6410.jpg

DSCN6409.jpg

高速バス乗り場のバス停を背景に。
DSCN6413.jpg

DSCN6414.jpg
県外から水戸の観梅を楽しむためにバスツアーを利用される方も多くいらっしゃいます。
そんな方達が立ち寄るであろう、水戸ドライブイン。
梅まつり期間もとうとう、今週がラスト週となりましたが今日も偕楽園の梅を楽しまれた方達が、いろいろな思い出を持ってこのドライブインに集まり、休憩したりお買い物を楽しまれたりするのでしょうね
”楽しい思い出”という名のお土産も持って、バスに乗られていることを願う私。
DSCN6408.jpg
偕楽園にお越しいただいた皆様、水戸へのお越し、ありがとうございました(^0^)/~
来年もまた、いらしてください!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/22 22:56 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

新・水戸銘菓登場!

偕楽園の梅まつり開催初日から早くも1ヶ月が経過。あっという間に観梅シーズン後半となってしまいました
DSCN6194.jpg
梅の次は桜が控えています。気象予報によりますと、今年の桜開花は例年よりも少々、早くなるとのこと。
今年の茨城桜めぐりはできるだけ、未訪問の場所を訪れてみたいと思っています

さてこの春、「梅の都・水戸」の新しいお土産品が登場しました
DSCN6324.jpg
水戸市の代表的な銘菓の老舗店の1つ、亀印製菓より発売された「梅一途」(左)と「好文亭」です。
初お披露目は去る6~8日に偕楽園隣の常盤神社で開催された「梅酒大会」にて。
去る14日に亀印本店で見つけ、買ってみました。

その日の本当の目的は、茨城県の非公認キャラ”ねばーる君”に会うことだったんですけどね(笑)
残念ながらその目的は果たせませんでした
IMG_20150314_121625294.jpg
納豆嫌いが罰当たったのかな?(笑)

さて、今回の新商品はいづれも茨城県産の梅(←ココ大事)を使用しています。
やっぱり、そうこなくちゃね♪
まずコチラ↓「梅一途」
DSCN6325.jpg
覆っているのは羽二重餅で、雪の中にやさしく香る梅の花を表現したとか。
中は甘酸っぱい梅あんがたっぷり(≧∇≦)!
DSCN6329.jpg
梅あんを包んでいる羽二重餅には余計な味がなく、中のあんをやさしく包み甘みも酸味も抑える役目を果たしています。
歯ごたえはありますね。

そして一方、「好文亭」。
包装紙をはがし、ふたをあけたらあらまっ(・0・)
DSCN6326.jpg
梅干そのものだぁ~っ!!(≧≦)
見た目は塩漬けにされ、漬物コーナー等で販売されてる梅干そのもの。
でもこれはお菓子です。
こうして小皿にとると、ますます梅干っぽいね
DSCN6397.jpg
ちなみに、まぶしてあるのは塩ではなく砂糖。
では、2つに割ってみましょうね♪
DSCN6399.jpg
種の代わりに入っているのは梅ジャムですよ
梅ジャムを梅あんでくるんだ、まさしく”梅づくし”なお菓子です。
さあ、はたしてお味のほうは。。。

甘くてほどよいすっぱさ(≧y≦)
甘さとすっぱさが交互に感じられます。1個食べると”??”な感じだけど、やがてその味が病みつきになり”もう1個、あと1個・・・”と、次々に手が伸びてしまう。。。梅がお嫌いでない方はきっとはまるでしょう

今のところ、扱っているのは亀印本店だけのよう。亀印さんのHPでの紹介はまだないようですが見かけられましたら、新たな水戸土産として是非、ご購入されてみてくださいね
IMG_20150314_121809916.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/20 23:59 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

聴こうよクラシック♪かさま国際音楽アカデミー、開催されます!

花粉症の影響か春の不安定な天候のせいか、それとも認めたくない別な理由か??
心身ともに疲れやすく、ついぼやきが出てしまうこの春
ここは精神を落ち着かせて、ゆっくりクラシック音楽でも鑑賞しに行きますか。

来る3月21日より笠間市で毎年恒例となった、かさま国際音楽アカデミーが開催されます
IMG_20150319_0001.jpg
3月21日(土)~28日(土)
メイン会場:
■笠間公民館
□茨城県教育研修センター(北山公園の高台)


メイン会場でのピアノ・ヴァイオリンのコンサートをはじめ、市役所ロビー等で開催される「街角コンサート」や未来の演奏家を目指す”金の卵”達が一流の先生方の指導を受ける「公開レッスン」等、市内にクラシック音楽が響く8日間であります
開催スケジュールや会場案内図等の詳細は笠間市のHPに記載されておりますのでよろしかったら
かさま国際音楽アカデミー(笠間市HP内)

22日の日曜日笠間公民館で開催される「かさまクラシックコンサート1」のミハイル・ヴォスクレセンスキーのピアノリサイタル(14:00開演 大人1,500円 高校生以下1,000円 全席自由、未就学児は入場不可)は私も聴きに行く予定です
DSCN6405.jpg
一流のピアニストが奏でる大曲を1,500円で聴くことができるなんて・・・
かさま国際音楽アカデミーだからこそ可能なこの企画笠間市だけでしか味わえない!!
帰りにはまたあの”森の石釜パン屋さん”に寄っていこぉっと♪(笑)

元々はフランスで開催されていた「クールシュヴェール夏季国際音楽アカデミー」の日本版として10年前から笠間市がはじめた音楽イベントでした。2013年にクールシュヴェールから開催地がほかの地に変更になったのをきっかけにタイトルも変更、「クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさま」より現在の「かさま国際音楽アカデミー」となりました
そんな経緯を辿った音楽アカデミーのイベントも今年で11回目。いまやすっかり笠間市の恒例行事です
DSCN6406.jpg

入場料は大体1,000~1,500円ですが内容によっては無料で鑑賞できるものもあります。最終日の28日には一流の先生方の指導を受け、その中から選ばれた受講生による演奏会が開催されます
DSCN6407.jpg
↑関係ないけど友人よりホワイトデーのプレゼントにもらったお菓子(グリュイエール)の詰め合わせです

街中クラシック音楽が響きわたる笠間市の8日間。
”クラシックなんて普段、聴かないよ!”という方もこの機会に足を運ばれ、耳を澄ましてクラシックメロディーの純粋な音色に浸ってみませんか?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/19 23:31 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

大塚池の梅

気象庁の予報どおり、今年の花粉飛散量は半端ないようで
おかげで毎日、マスク無しではいられず連日くしゃみ・鼻水・鼻づまりに泣かされ、その上寝不足がたたって気力も体力も低下傾向にあります。ぶっちゃけ申しますと、”1分でも早く寝たい!”というのが本音
そんなわけで・・・と、言い訳がましくなりますが今回もほとんど画像UPのみで失礼させていただきます。

国道50号水戸市大塚町の高架下の梅が、満開となりました
DSCN6386.jpg
この高架下道路を左折し、狭くて曲がり角の多い道を進んでいったところに大塚池辺の野球場がありますが、先日ここを通りかかった時、その手前の駐車場の梅が開花していたので職場へ戻る前につい道草など

知る人ぞ知る桜の名所で、4月には花見スポットとなる大塚池ですが梅も咲くことは果たして地元でもどれだけの人が知ってることか。
DSCN6387.jpg

残念ながら駐車場でわずかに見られるだけですが。
それでも今週に入ってから気温も上昇、お天気も良かったので梅の開花が進みほぼ満開でした(≧∇≦)
DSCN6388.jpg

DSCN6390.jpg

DSCN6391.jpg

まあ、欲を言えばこれで紅梅もあればもっと良かった気が
DSCN6393.jpg

DSCN6394.jpg
シベリアから飛来してきた白鳥達も、そろそろお帰りになられる頃かな。

平日のわずかな憩いの時間、会社のストレスを一瞬でも忘れせめて気持ちだけでも春のうららかな昼下がりを堪能できました

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/18 23:36 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

弘道館の梅2015

今日は温かい日となりました。この分ではきっと、偕楽園の梅も開花が進んだことでしょう。もしかすると満開になったかもしれません。”梅満開となった偕楽園の記事を書かなくちゃ!”と焦りを感じている私であります
でも、今回は別なスポットの記事です(笑)

東日本大震災により被災した水戸藩の藩校、弘道館。
修復工事も終了し、今では以前と同様の姿となって一般公開が行われています
DSCN6355.jpg
その弘道館を訪れてみました。復旧後初めての訪問です^^;
入り口をくぐると、柳川枝垂れがお出迎え


DSCN6356.jpg


建物の前にある大きな桜の木。もう少し先になれば梅と入れ違いくらいでこちらが花咲かせることでしょう
DSCN6357.jpg

庭園の梅を観る前にせっかく入館料(200円、値上げしちゃったぁ)を払ったほどですし、修復後初めてですので室内も観ていくことにしました。
DSCN6358.jpg
館内は土禁(土足禁止)ですよ

震災の爪痕を感じさせず、見事なまでに綺麗に蘇った弘道館です。
おなじみ、斉昭公筆の「尊攘」の掛け軸。
DSCN6359.jpg

畳の間も廊下も、綺麗綺麗
DSCN6362.jpg

DSCN6363.jpg

まだ全然開花前でしたが、江南所無(こうなんしょむ)の木です。
DSCN6361.jpg
弘道館の中からこうしてまた眺めることができるようになって、良かった♪

当時の水戸藩主・斉昭公により水戸城内に設立された弘道館はいわば、現在の総合大学のようなものでした。
”藩士も知識と教養を身に付けなければ、迫りくる外国人に太刀打ちできない!”という考えの下設立されたこの藩校の敷地内にもたくさんの梅が植えられています。偕楽園には及びませんがこちらも楽しめます
DSCN6369.jpg

DSCN6371.jpg
当時、藩校で学ぶ水戸藩士たちも勉学にいそしみながら弘道館の梅に癒されていたかもしれませんね
春の訪れの喜びを味わいながら。。。
DSCN6375.jpg

DSCN6376.jpg

DSCN6377.jpg

今日の温かさでおそらく、この梅林の梅もずいぶん開花したことでしょう。。
DSCN6378.jpg
偕楽園のような賑わいはありません。ですから”静かにゆっくりと梅の花を楽しみたい。。。”
という方はこちらがお薦めです
DSCN6379.jpg
弘道館内遊歩道終点、つまり敷地内を一周し終えたところにある烈公梅。
この日は八分咲き位でした。今日あたり満開かな?
DSCN6380.jpg

DSCN6381.jpg

お時間のある方は、偕楽園や徳川ミュージアム、茨城県立歴史館等の文化施設とセットでお楽しみになられてみてはいかが?
”水戸の魁”にぜひ触れてみてください

・・・おまけの画像・・・
徳川慶喜公(15代将軍)の長持ちと、下は農人形です。
いづれも弘道館貯蔵。
DSCN6365.jpg

DSCN6367.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/17 23:33 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

水戸黄門生誕の地~水戸黄門神社

通過点ではありますがせっかく水戸駅を利用したことですし、散策でもしてみますか。
DSCN6337.jpg
思えば地元でありながら、駅前をゆっくり散策することなんて数少なかったように思います。
この機会に今回は、駅のすぐ近くでありながら意外にも未訪問だったスポットへ。
水戸駅を背にし、北口広場のからくり時計のそばを通った突き当たりにこのような道案内が書かれています。
DSCN6338.jpg
「→義公生誕の地」と書かれている指示に従い、歩いていきます。
”義公”というのは、あの水戸黄門でおなじみの水戸徳川第二代藩主・光圀公のこと。そう、これから彼の生誕の地を訪問します

DSCN6339.jpg
190mと書かれていて、すごく近いように感じますが歩道橋を降りるとやや坂道となっている大きな道路で、結構足の運動になるかな。学生時代はここを難なく歩いていた気がするのですが、さすがに30年も年を重ねると汗が噴出します
DSCN6340.jpg
案内のディスプレイがかっこいいでしょ^^
たぶん、在りし日の水戸城天守閣
そばにはJ2水戸ホーリーホックの幟。皆さん、応援してね!

なんて、脱線しているうちに到着。
DSCN6341.jpg

ここはかつて、三木仁兵衛之次という人の屋敷がありました。
寛永5年(1628年)にこの屋敷で生まれた光圀公は4歳まで、この三木家で育てられました。
DSCN6343.jpg

DSCN6344.jpg

父親は言うまでもなく、水戸徳川初代藩主の頼房公(徳川家康の11男)。三木仁兵衛之次は水戸藩の家臣でしたが、藩主の子でありながら何ゆえ、光圀はこの家臣の家で生まれ育ったのかといいますと、これには理由がありまして。
DSCN6345.jpg
光圀の生母・久子(お久の方、後の久昌院)が光圀を懐妊した際、頼房は「生まれる子は堕胎せよ」と命じ、彼女を三木夫妻のもとに預けたそうです。しかし三木夫妻は生まれた赤ん坊を殺さず、密かに育てていたそうです。
光圀公の誕生は、こうした暗雲たちこめたものでした
その過去が成長した光圀公の心を深く傷つけ、18歳になるまで粗暴な態度を振舞ったというエピソードは有名です。
18歳の時に、ある書物と出会いそれが彼の人生を大きく変えました。それまでの粗暴な振る舞いをやめ、「大日本史」の編纂や笠原水道の設置、藩主としてその名を残すことになったわけです。
DSCN6348.jpg

これ以上詳しく語ると、話が大きくなってしまいますので今回はここまでにしておきます
とにかく、神社をお参りします。
DSCN6347.jpg
水戸市の平和と発展を、これからも見守ってください。。。
確か毎年夏に開催される「水戸黄門まつり」の初日の朝には、関係者の人達がここで祈願祭をしてたと思います
祈願する内容はやはり、お祭りの成功と水戸市の発展かな?

”朽残る、老木の梅~”と書かれた石碑があるとおり、お社の裏側に老木がありました。
見ると可憐な白梅が花咲かせています
DSCN6351.jpg

DSCN6352.jpg
周囲の風景は光圀公在りし日からずいぶん、変わったと思いますが老木は今尚、つつましくも元気に梅の花を咲かせているのです
地元の方たちの手で、これからもずっと末永く大切にしてもらいたいと思います。

DSCN6353.jpg
国道51号より見た構図。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/16 22:18 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

「ひたち」「ときわ」の心配事

ちょっとした用事があり、水戸駅南口にあるビッグカメラ駐車場に愛車を置き久しぶりに水戸駅構内を通過することになった私。
暫くこないうちに、中央改札口の駅名が書かれたところが綺麗な薄桃色に変身していたのが目に焼きつきました。
DSCN6333.jpg
ダイヤ改正&常磐線の品川駅乗り入れ開始にあわせて、リニューアル?
発車時刻を知らせる電光表示板も。
DSCN6330.jpg
でたぁ、品川行き!!
「特急ときわ」というネーミングになんとなくレトロさを感じます。そう思うのは私だけでしょうか。。。

今回、鉄道利用はしませんただ、3月14日明けた水戸駅は果たして、どんな感じだろう?と興味を持ち、時間もたっぷりあるし・・・ということでちょっと探索(?)。
キヨスクのプレートが変わってる!!
DSCN6334.jpg
以前は赤・白・黄色じゃなかったっけ?お店も広くなりまるで別なお店ができたみたい・・・
入場券を買って改札口を抜けると、お弁当屋さんがどこかへ行ってしまって代わりに喫茶店ができていました。
”みとちゃんプリン”が興味を惹いたけれど、今回はパス

ちょっとホームへ降りてみようか。
DSCN6385.jpg
到着する特急列車があれば撮影したかったけれど、暫く待つため撤退。

品川駅までの直接乗り入れは、東海道本線と直結していますので新幹線を利用して東京以南へ向かうときには乗換えが楽ですし、羽田空港までの乗り換え手間も少しは短縮できるのかな。
なんといっても上野駅で乗り換えホームまで移動し、環状線の到着を待たずとも良いからいいね。

でも、特急に関して私が何気に不安に思ったことがあります。その不安の原因が曖昧なまま胸のうちに閊えていた、という状況でしたが自販機のところへ来たとき、その要因が判明しました。
DSCN6332.jpg

DSCN6331.jpg
「ひたち」「ときわ」には自由席はございません。
なにぃ~?

つまり、座席は全席指定。あらかじめ指定席券を買っておかないと乗車できないということ。
”行くときは普通で行ったけど、疲れたし早く帰りたいから帰りは特急使おっ!”
と思い、車内清算で特急券を購入していたこれまでの私。そんな私にとっては、全席指定席オンリーはかなり不便な話ですいやそれよりも今後、「みどりの窓口」が混雑しやしないか?
DSCN6384.jpg
自販機の「特急自由席券」のボタンも画面から消えました

不便さをありありと感じることが予想できるのが、毎年10月開催のあの「土浦花火大会」の日。
水戸から向かう時は断然、普通列車よりも時間帯によっては土浦までノンストップの特急列車を使用したほうが格段に便利で快適でしたので利用させていただきましたが、今度のように指定席にされてしまうと問題があるのです

行くときはともかくとして、問題は帰り。花火が終わると土浦駅は入場分断規制になります。予約していた列車の発車時刻に間に合う時間に土浦駅に着いたとしても、すぐに駅改札口を通れるわけではありません。花火の会場から土浦駅まで移動するのにかかる時間はあの混雑では軽くみても所要30~40分。その上入場分断ですから乗車予定の列車に乗ることはまず、不可能とみていいでしょう特急指定席を購入した人は途中で抜け出すしかないということになりますね。
落ち着けね~じゃん

これ以外に”以前と比較したらここが不便だ”、という指摘事項も実際、利用された方の中で挙がるかもしれません。
私の頭では真っ先に土浦花火の件が頭に浮かびました。なんでやろ~?(笑)

便利になるのは良いことに違いありませんが、人間が鉄道を利用するのではなく逆に鉄道に利用されてる?というよりも鉄道に人間が振り回されている?
そんな風に感じるのは、私だけでしょうか・・・。

DSCN6354.jpg
水戸駅構内のバスプールにて。
茨交バスの復興カラー(中央)があったのでつい

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/15 23:05 ]  プチ☆鐡子の部屋 | TB(0) | コメント(4)

今となっては伝説の。。。

本日のJRダイヤ改正にて、デビューするものあれば去り行くものもあり。。。
トワイライトや北斗星ラストランに目を潤ませ、しんみりとしたと思っていたらその翌日にはうって変わって北陸新幹線の運行デビューに胸躍らせる鉄道ファンたちの姿が。
時代の移り変わりとは、そんなものなのでしょうね

わが地元を走る特急ひたちも、「スーパー」「フレッシュ」のネーミングが消えた代わりに「ひたち」「ときわ」となりました。
上野終点から今度は品川まで乗り入れとなった常磐線特急、宇都宮線・高崎線とともに「上野東京ライン」という名で呼ばれるようになりましたが便利さについては未確認。
今となっては、全部で5色のボディカラーの「フレッシュひたち」ことE653系が懐かしいね

というわけで、ダイヤ改正記念(?)の記事ということでこんなものを出してみたりして。
IMG_20150314_213656308.jpg
E653系「フレッシュひたち」のオレンジカードです。購入してからかれこれ、20年近く前になるでしょうか。
平成の年号生まれの方はご存知かなあ、オレンジカードって。
これで自販機の切符が購入できるのです(100~最高3000円分、通常は1,000円まで)まあ、いわばJRのプリペイドカードといったところかな。
suicaやPasumo等を利用して鉄道に乗車するのが普通になってきた今、オレンジカードというのはもはや過去の遺物でもあり、死語でしょうね

「フレッシュひたち」のオレンジカードは、ちゃんと5種類の列車デザインがそろっているのです。
いづれも常磐線の沿線(1枚除く)スポットがデザイン化され、ロゴマークに使われていました
IMG_20150314_213944835.jpg
日本三公園のひとつ、偕楽園の梅と好文亭(水戸)

IMG_20150314_213828904.jpg
国営ひたち海浜公園のスイセンと観覧車(勝田)

IMG_20150314_213808140.jpg
日本第2位の大きさを誇る霞ヶ浦と白い帆を張った帆引き舟(土浦)

IMG_20150314_213858412.jpg
袋田の滝と紅葉(水郡線)※唯一の沿線外

IMG_20150314_214041377.jpg
塩屋岬海岸の灯台(いわき)

なにもかも、みな懐かしい。。。
常磐線ご利用の皆さん、またはそうでない方もこれら5種類のデザインでお気に入りはございますか?

5色のフレッシュひたちがまだ現役で走っていた頃は、
「今度はどのデザインが来るのかなあ。。。?」と、列車の到着をいつも楽しみにしていました。
せめて、ロゴマークだけでも再利用してもらえないだろうか。。。と個人的には思う、私

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

伊太利亜食堂 燈屋

前回の記事で触れました、『石岡で”ココ入りたい(≧∇≦)”というお店』のお話です。
この日のランチは、イタリアンに。
DSCN6221.jpg
石岡南台駅から、徒歩なら大体5分位でしょうか。
ウッディな外装のレストラン、『伊太利亜食堂 燈屋』さんに来てみました

DSCN6222.jpg
「はりきって営業中」だって(≧∇≦)!こんな元気な看板の書き方をする店内スタッフさん方も、ぴっちぴちの若いお兄さん、お姉さんばかりでした。
店内もまた、ウッド調のテーブル席で落ち着きます。しかも手荷物を入れる籠も設置されているので長時間過ごせそうです
では早速、注文を。中心はやはりパスタ・ピザが中心ですがハンバーグやグリル焼き等の肉料理や魚料理、サラダの単品もあり品数はかなり多いそして、ドリンクもソフトドリンクやカクテル(アルコール入・無共)、ワインなど種類豊富です。ランチセットもありますがメイン料理をパスタ、ピザ等の中から選べるセット。これは決めるのに悩むわ(・・;)

で、結局メイン料理にサラダ・ドリンクが付く「ローマ」セット1,280(税別)に。
ドリンクは気取ってノン・アルコールのバイオレット・フィズなど
DSCN6224.jpg
紫のグラデーションが素敵。。。

続いて、オードブルがきました^^
DSCN6225.jpg
サラダと前菜5種類。盛り付けがお洒落ね
メイン料理(ピザ)が到着するまで、ゆっくり楽しみます
DSCN6223.jpg
オードブルでもなかなか、手が込んでておいしい(^ー^)♪

で、本日の主役
DSCN6226.jpg
初来店ということで、極めてオーソドックスにマルゲリータ・ピザにしました。
トマトソースとピザがとろけるように美味しい!!
DSCN6227.jpg
”厳選素材”をお店の看板として掲げるだけあり、素直に”美味しいっ!”と感じることができるお食事でした。
パスタやほかのお料理もいづれ、味わってみたいと思います
さて、あっち方面に何か用事ないかな~?(笑)

ドリンクメニューも品数が多いと、先ほど書きましたが実は日本酒も扱っていて、特に地元・茨城県の地酒も置いているのです
IMG_20150301_115327459-1.jpg
焼酎版の”渡舟”もアルヨ
ああ、カシテツ(鹿島鉄道)が走ってくれてたらお酒も楽しめたのに

何はともあれ、美味しくてとても充実したランチタイムを過ごすことができて良かったです
会計の際、レジの店員さんが”またお越しくださいね!”と笑顔で言ってくださったのが嬉しかった
は~い、また来ますよ~!\(^O^)/ (笑)

伊太利亜食堂 燈屋
茨城県石岡市南台2-9-8
Tel:0299-27-0605
ランチ 11:00~15:00(ラストオーダー14:00)
ディナー 17:30~23:00(ラストオーダー22:00)
定休日=月曜日
HP→http://www.italiantouya.jp/top.html




いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/13 21:54 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

石岡南台駅の今

もうかれこれ2週間前になりますが、先日3月1日に小美玉市の生涯学習センターコスモスへ行った時のお話です。
自宅からコスモスへ行くには水戸南ICから東水戸道路(有料)を利用し、茨城空港北IC下車後県道を通っていくのが近道ですがあえてそうせず、国道6号から石岡市経由でゆっくりと向かうことにした私。石岡で”ココ入りたい(≧∇≦)”というお店があり、ランチはそこで、と思っていたからです。

石岡に入り、国道355線を通ってフローラルシティ”こと石岡南台の団地へ。ここへ入り込むとまるで迷路のようで目的のお店もカーナビがなければ到底、辿り着くのが難しかったでしょう
そんな中で見つけた、表示板
DSCN6220.jpg
”石岡南台駅→”だって。あれ?鹿島鉄道はもう、廃線になったはずなのに。。。

表示板だけが残っているのか?もっとも現在、鹿島鉄道の廃線敷きをカシテツバスが走っているんだっけ。バス停名としての案内かな?と、元・鹿島鉄道駅だった場所を見ておきたくなり、ランチの前にちょっと寄り道してみることにしました。

ちなみに鹿島鉄道在りし日の石岡南台駅です

minami1.jpg
※自分で過去撮影した写真を探しましたが見つからなかった為、フリー画像をお借りしてきました^^;

そして、今の姿がコチラ
DSCN6214.jpg
駅名表こそ撤去されたものの、鹿島鉄道が現役で走ってた頃のままです(≧∇≦)!
鉄道廃止後、沿線全駅の駅舎が解体・撤去されてしまったと思っていましたからこれは嬉しいね^^。
DSCN6215.jpg

今にも鉄道がやってきそうな雰囲気ですが、レールは外されています。
DSCN6216.jpg
現在ここを走るのはバス
石岡南台駅は今、カシテツバスの停留所として第二の人生を過ごしているのです
DSCN6218.jpg

DSCN6219.jpg

石岡方面を眺めるとこんな感じです↓
DSCN6217.jpg
鉄道から見た車窓を思い出すなあ。。。
暫し思い出にふけっていると石岡駅行きのバスがやってきました。乗車する予定はありませんでしたので、足早にその場を去りました。

カシテツ在りし日、『るるぶ茨城』の読者口コミの頁で書かれていた”美味しいチーズケーキ”を買いにこの駅で下車し、目的のお店を見つけてチーズケーキを買ったら本当に美味しくて、後日また訪れたお店がこの駅近くにありました。
そのお店の前を通りかかったところ、現在は宅配ピザ屋さんに替わっていました。

時代の流れ・・・ですかねえ。。。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/12 23:03 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

あれから4年~3.11

やっぱり今日はこの記事でしょう。

忘れられない2011.3.11 14:46
東日本大震災発生から4年…。
震災発生時刻の14:46、被災地となった各地にて様々な形で追悼式が行われました。
勿論、わが茨城県でも。

↑大洗マリンタワー最上階より(以前撮影した画像を編集しました。)
4年前の今日、この下の道路をたくさんの車が泳いでいました。
TVでその模様が流れた時は、何度も目を疑いました。
でも、そこは負けず嫌いの茨城県民。持ち前の頑張りで著しい復興を成し得ました・・・が、それが災いし、茨城県は被災地でありながら被災地として見てもらえなかったのでしたけどね。

TVで震災関連のニュースを頻繁に報じています。津波により損壊した建物や、大切な人を失った遺族。放射能の影響により家に帰りたくても帰れない福島県の人達、今尚仮設住宅暮らしの東北の人達。
TVの画面越しではあるけれど、こういう現実を見ていると果たしてこの4年間でどこまで復興が進んだの?
と、不信感と不満を感じてしまいます
日本政府よ、一体何してる?日本は一体、どうなる??

4年経過し、大震災の時の緊張感が少しづつ薄れてきつつあるように思う今日この頃。
”当たり前の日常を送れることは、とてもありがたいことなんだ!”と感じたあの震災直後に比べると、その気持ちもだんだん消えていきました。これってすごく幸せなことですよね。
でも、その一方で今尚、大震災の爪痕を残し”当たり前の日常”を送れず、「早く自分の家に帰りたい」という思いをかみ締め、仮設で夏の蒸し暑さに泣かされ、強風に煽られる恐怖を味わい冬の寒さに凍えつつ歯を食いしばって必死で生活している人達がいることも現実だということを決して忘れてはいけないと思います。

そして、災害はいつ起きるかわかりません。今の日本列島、いつどこで大きな地震が起きてもおかしくない事態であることも確かです。当然それは3月11日を選んでやってくるものではなく、東日本大震災レベルの巨大地震がやってくるのも極端に言えば明日かもしれないことを絶対に忘れてはならないと思います。

・・・というわけでどれ、うちもそろそろ災害用グッズの点検と避難袋の中身を入れ替えておかなくちゃ

JR常磐線東京駅乗り入れ記念フレーム切手、発売!

今朝の読売新聞朝刊の茨城版のページに、
『「上野東京ライン記念切手」が本日3/10より県内の郵便局(一部簡易郵便局除く)にて発売』、との記事が書かれていましたので早速、お昼休みに買ってきました
DSCN6322.jpg
わが地元を走るJR常磐線、これまで東京方面に行く場合は必ず上野で乗り換えしなければなりませんでしたが、その手間が解消。
東海道線直結の東京駅・品川駅まで乗り入れすることが決定し、来る今月14日のダイヤ改正とともに運行開始となります
上野東京ライン(JR東日本HP内)

それを記念してこの切手シートが発売となりました
DSCN6320.jpg
ポストカード付1,600円(税込)
現行型ひたち(特急)をはじめ、歴代常磐線特急・普通列車写真が切手となっております。
欲しい方は今すぐ、最寄の郵便局へ
尚、14日はJR水戸駅改札口付近や偕楽園駅でも発売予定だとか。

3月14日以降は、上野で一旦下車して山手線もしくは京浜東北線に乗り換えなくても開業100年のあの赤レンガの駅に直通なのね
DSCN6321.jpg
HPで時刻表を確認したところ、大体1時間に1本、水戸駅からなら30分に1本・・・と思ったよりも本数が多い(≧∇≦)!
でも土浦からだと1時間に約1本、時間帯によっては従来どおり上野止まりのようですね
時刻表はコチラ→ひたち・ときわの時刻表(H27.3.14より)

これまで慣れ親しんだ上野駅を通過するのって、果たしてどんな気分だなのかまだ私には想像できません。茨城県、特に水戸から行く分にはあまり変わり映えのないような気もするし
実際、利用してみなければ便利かどうかは分かりませんのでこのお話はここまでにいたします

おまけのおはなし
常磐線の東京駅乗り入れを記念して、笠間市の日動美術館では企画展が開催されています。
IMG_20150310_0001.jpg
笠間日動美術館
絵画と写真で巡る大鉄道展
2015年3月7日(土)~5月24日(日)

美術が好きで鉄道も大好きな方はぜひ、お出かけください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/10 23:26 ]  茨城なんでも! | TB(0) | コメント(0)

小美玉オールドカーミーティングを観てきました!<2>

さあさ、お立会い(笑)オールドカーミーティングの観覧レポート、続きですよ~!
といっても、ほとんど画像掲載のみの”手抜きレポート”ですけどね
DSCN6253.jpg
プリンスグロリア(左)とフェアレディZ。
右側のZを見た誰かが、”あ、西部警察!”と叫んでいました。
アップでもどーぞ
DSCN6272.jpg
ちょっと言い訳がましいことを書いてしまいますが、この日はすでに書きましたように朝から雨、イベント開催中もずっと冷たい雨と風で展示されてる車のオーナーさんも寒さからか、持参した車の中で一休みしたり待機されたり・・・という方が多く、接近しての写真をあまり撮ってしませんできるだけ車内にいるオーナーさんが写らないよう、注意するあまり遠目で撮影したものが多くなりましたのでご了承ください!
又、すべての車両をカメラに収めたわけではないので
”あれ?あの車が掲載されてない!楽しみにしていたのに”
と指摘されても対応いたしかねますのでご理解願います

さて、こちらはスカイラインとフェアレディZオンリーのコーナーです
DSCN6280.jpg

往年の日産名車の代表とも言える「フェアレディZ」と「スカイライン」。
いづれも昭和40年代初期~60年代、平成初期位のものが集合しました
DSCN6256.jpg

果たして皆さんは、Z派?それともスカイライン派?
DSCN6257.jpg

DSCN6259.jpg
”愛のスカイライン”で、愛を育んだ。。。。

DSCN6260.jpg
ケンメリーのスカイラインが登場!

Zもかっこいいと思うけど。。。。。
DSCN6262.jpg

でもやっぱり私はスカイライン派かな
DSCN6264.jpg
族車ゆーなよ(笑)
でたっ!!ジェイソンスカイライン
DSCN6265.jpg

ほかにも掲載したい画像がたくさんありますが、キリがありませんのでこのくらいにさせていただきます
とりあえず、メイン会場に戻りまして。
ひときわ目についた、このクラシックカー
DSCN6270.jpg
こちらは今回エントリーされた最年長”車のフォード・プリフェクト。
なんと、1940年式。
ってことは、75歳。つまり今年後期高齢者?!
DSCN6271.jpg
ボディの輝きがなんて素敵なんでしょう。。。とても75年前の車とは思えない!
オーナーさんの愛情深さの賜物でしょう。相当、大切にされてきたのですね

背後から、”待て、ルパ~ン!”の怒鳴り声が聞こえてきそう(笑)
DSCN6275.jpg

オールドカーに積載されているものは歴史と使用された方々の思い出、そして未来へ向かって走ろうという夢。
これらを乗せ、ここに集まったオールドカー達は今日もハンドル握るオーナーのパートナーとして道路を走っていることでしょう。。。
オールドカー画像掲載、最後は画像のみで失礼いたします
DSCN6282.jpg

DSCN6284.jpg

DSCN6288.jpg

DSCN6289.jpg

DSCN6286.jpg
昔の車にはそれぞれ、どんな車にもその車ならではのオリジナリティを感じました!
現代の車がつまらない、という意味ではないけれど昔と比べると似たり寄ったりなものが多い気がするのは私だけでしょうか。。。?

オールドカー達よ、またお会いしよう(^0^)/~

冷たい雨風に打たれ、寒い中でのイベントだったけど充実したひとときでした!
その満足感を胸に残しつつ、空港ターミナルに立ち寄り1Fロビーでスイーツをお土産に
DSCN6314.jpg
ながい(小美玉市内の銘菓店)さんのクレープ↑
美味しいんだなこれが


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/09 22:54 ]  小美玉市 | TB(0) | コメント(2)

小美玉オールドカーミーティングを観てきました!<1>

スカ◎◎ークの民事再生とか何たらの問題で今後が気になる茨城空港ですが3/7(土)、8(日)の2日間にわたって「スカイスリーフェスタ」が開催され、特に本日8日には”史上人気№1イベント”となってる「オールドカーミーティング」が開催されました
IMG_20150306_210956500.jpg
茨城空港恒例イベント「スカイスリーフェスタ」を開催します!
ぜひ茨城空港に遊びに来てください♪

・・・というわけで、本当に遊びに来ちゃいましたが迷惑でしたか?
なんてね
DSCN6236.jpg
あいにくの雨風にも関わらず、空港ターミナルは”オールドカーを一目みたい!”という人達がたくさん集まっていました

こんな光景、思わず身震いです(≧y≦)
DSCN6240.jpg

DSCN6238.jpg

DSCN6242.jpg

集まったのはすべて”昭和”の年号時代に大活躍した車たち。往年の車が在りし日のまま、しかもまだ現役でバリバリ走っている車たちが目の前に勢ぞろいしているのです。オールドカーをリアルタイムで知るシニア世代やオールドカーファンにはたまらないでしょう(≧≦)!
DSCN6237.jpg
このマークⅡ、私が社会人デビューした頃は普通に走ってたのに
今ではここに展示されるようになっちゃったのね(ノд・。)

冷たい雨が降りしきる中での会場周遊となりました。
いつものように、気持ち的に落ち着いてみることができなかったのはやはり悪天候のせいかな?
雨だけでなく、風も強く吹いてた為傘に注意しながらの歩行です
DSCN6241_20150308231642298.jpg
スバルサンバー360(^^) ワゴン車大好き♪
あれ?ハコスカワゴン(↓画像、手前から2番目の車)なんて珍しいね
DSCN6243.jpg
スカイラインのステーションワゴン版、ハコスカ時代にすでにあったか。私が知らなかっただけか

オールドカー、といえばやっぱり私は軽カーに注目してしまいます
セルボはやっぱり、スタイルがおしゃれなだあ。。。
DSCN6244.jpg

ホンダのN(右)とZ
DSCN6247.jpg

ホンダの”Z”ときたら、やっぱり後姿も撮っておこう(笑)
DSCN6250.jpg
右側がZです。

40~50年もの時を超え、車を愛する人達に夢を与え力を与えてくれるのでしょうか。。。
誰もが夢見、憧れたあの若かりし日の自分たちを思い出させ、元気を蘇らせてくれるようです。
展示されたオールドカーを眺める50~70代位の殿方達が車のオーナーさんを交え、その車に対してさまざまなウンチクや思い出話を一生懸命語っている時のキラキラ光る眼差しや表情は、まるで20代前半のお顔そのものでした
DSCN6251.jpg

DSCN6252.jpg

さて、以下の画像はオールドーカー達が会場入りをする様子を撮ったものです。
DSCN6232.jpg

DSCN6233.jpg

DSCN6234.jpg

掲載しきれなかった、このほかの画像は次回で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/08 23:42 ]  小美玉市 | TB(0) | コメント(2)

つくばの福来氷

現在、梅まつりが開催されてるであろう筑波山の梅林。
ですが記事は先月の年越祭の時のお話で失礼いたします
筑波山神社の赤い鳥居があるそばにある観光案内所で見つけたお菓子が気になり、買ってみました。
DSCN6033.jpg
「つくばコレクション」認定:つくば銘菓福来氷
製造販売:御菓子処いとう


”福来”というネーミングから、筑波山で獲れる”福来みかん”を使ってるな、というのは明らか。
そして、ネーミングに”氷”とあるようにまるでシャーベットのようなシャリシャリ感が味わえるのです
DSCN6035.jpg
色合いも氷のように輝いて素敵ね
オレンジ色の粒が福来みかんの粒。
さっそく一口、いただいたところ・・・。
DSCN6037.jpg
表現するならば、シャリっ!サクサク、シュワ=(≧y≦)
シャリっとした歯ざわりを感じ、サクサクっとした食感の後に感じる甘酸っぱさ!
一口食べたら癖になりそう・・・

白双糖が材料に使われているため、シャリシャリ感が現れています。
お口に溶けて常温で融けない氷・・・いいですねえ。。。
ちなみにこの御菓子、茨城県出身の女優:羽田美智子さんの一押しですって
福来氷のことを記事に書くにあたり、ネット検索をしていたらそのことが書かれたページに辿り着きました。
「週刊現代の逸品」より

口コミサイトを見たところ、どなたかが”みかんというよりもゆずに似た味”と書かれていましたが確かにその通りです。
福来みかんは通常のみかんよりも小さいのですが酸味は強く、甘みが少ないのです。
ですから、そのまま食べるよりももしかしたら、こうして加工品になった方が食べやすいかもしれません。

そういえばこの”福来みかん”を使ったあったかぁ~いイベントが現在、つくば市内で開催中のようです
つくば福来らーめん紀行(3/1~31)
IMG_20150304_204548660.jpg
材料に福来みかんを使用したオリジナルラーメンを、市内きってのラーメンの達人達が競い合う・・・。
提供者も参加者も熱くなりそうなイベント企画
エントリー店についてはコチラを↓
http://tsukuba-honmono.jp/noodle/

筑波山の梅と梅林の頂上から見渡せる筑波周辺の展望を楽しんだ後に、市内でラーメンを1杯( ̄ー ̄)♪
いいねえ

福来氷を販売されてる御菓子処いとうさんの地図です↓


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/07 21:44 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(2)

水戸の梅と梅の里

昔から伝わる水戸の銘菓、といえばまず挙がるのは”水戸の梅”と”吉原殿中”でしょう
先日偕楽園を訪問した際、久しぶりに井熊屋さんの水戸の梅を買ってきました
DSCN6210.jpg
偕楽園東門そばの”見晴亭”で購入した、こちらは”限定品”。
どこが限定かといいますと、水戸の梅と一緒に”梅の里”というお菓子が入っているのです。
ちょっとそこらの売店やドライブイン等では見かけない商品。珍しさからつい、手が伸びた商品であります。

で、帰宅後開封。
DSCN6211.jpg
『外見はよく似ておりますが、右(ふた側)銘菓 水戸の梅 左 復刻版 梅の里
でございます。二つの味をお楽しみ下さいませ。  水戸井熊屋総本家』

とのこと。確かに見た目はどちらも同じですが。。。

あ、中身違う!!
DSCN6212.jpg
もう、お分かりですね
従来の水戸の梅の餡は白餡。ですが水戸の梅のそれはこしあんです
求肥餅と蜜漬けにしたしその葉、ここまでは同じですが実は中身が違うんですね~!
DSCN6213.jpg
こしあんも結構、いけます(*^_^*)
水戸の梅と双子の兄弟のように並んだ”梅の里”、HPを見てもこの銘菓の説明が記載されていないので詳しいことは分かりませんが、”復刻版”と付くからにはかつて、水戸の梅同様に観梅土産として販売されていたのでしょう

白餡の”水戸の梅”とこしあんの”梅の里”、この詰め合わせは偕楽園の見晴亭でしか販売されていないそうです
年に一度の大イベント=水戸の梅まつり見物の記念にいかがですか?
DSCN6167.jpg
DSCN6196.jpg

3月7日(土)・8日(日)はイベント同時開催!
IMG_20150305_203446544_201503062217500b4.jpg
◇梅酒大会:常盤神社(臨時駅:偕楽園駅前)
◆いばらき県産品まつり:偕楽園下田鶴鳴梅林
いづれも10:00より開始
食いしん坊さんや飲兵衛さんは行かなくちゃ大損?!(笑)


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/06 22:23 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

偕楽園の梅(開花状況)

第119回水戸の梅まつりが水戸市・偕楽園で開催中です。(~3/31)
1週間も経過してしまいましたが、偕楽園の梅の開花状況など
2015年2月25日現在の様子です。
千波湖畔のSLがある駐車場(梅まつり期間中のみ有料、1日500円)に愛車を停め、そこから長い歩道橋を歩いて東門より入っていくルートを利用。
DSCN6145.jpg
奥に見える銅像は、徳川斉昭公(向かって右)と七郎麻呂(幼少期の徳川慶喜公)の像です
歩道橋を渡り終え、偕楽園の敷地へ。
DSCN6146.jpg

DSCN6157.jpg
園内、既に開花しているものもちらほら見られましたが何しろ梅まつり開始からまだたったの5日。
せいぜい、1分咲き程度。見頃となるのはあと2週間位先でしょうか
DSCN6162.jpg

”♪ごきげん水戸さん”など鼻歌しつつ園内を歩いてみたけれど大半が蕾のまま。
色彩的にもまだまだ寂しいものです
DSCN6160.jpg
あれから1週間経って、果たしてどこまで開花したのかなあ。。。
そんな中で見つけた、1本の老木↓
DSCN6158.jpg
まるで生き物のように体が捻じ曲がっています。見たところ、樹齢100年は経っているでしょうか。。。
そんな体になってもなお、梅の花を咲かせています
DSCN6159.jpg
まだまだ、頑張れ~!!
きっと、この梅の老木に生きる力と勇気をもらった方もいらっしゃるかもしれませんね

さて、広場では平日にも関わらず綺麗な着物を着飾った梅大使さんが接待。
彼女達と一緒に記念写真を撮る姿も見られました
DSCN6177.jpg

DSCN6188.jpg

日当たりの良い広場のほうはさすがに梅林よりも開花が進んでいたようですが、それでも見頃と呼べるまでには至らず。
開花している僅かな梅の花を必死で探し、携帯やカメラを向けていたようです。
DSCN6189.jpg

梅が一厘、また一厘と開花していくにつれ寒さも和らぎ、春に近づいていくのですね
DSCN6176.jpg

6日からは偕楽園のライトアップも開始されます
IMG_20150305_0001.jpg
3/6(金)~3/22(日)
時間:日没~21:00まで。
期間中は好文亭もライトアップされますよ!
(土曜日~20:00、平日・日曜日は18:00まで)
恒例行事となった「夜梅祭」も3/14(土)に開催されます。

昼間では味わえない幻想的で神秘的な夜の偕楽園もなかなか素敵ですよ

水戸の梅まつりに関する情報は
コチラで→http://www.mitokoumon.com/(水戸観光協会さんHP)
偕楽園内の梅の開花状況も随時、告知されていますのでお出かけ前にはご確認の上お越しください
IMG_20150305_203700394.jpg
梅酒大会もアルヨ
梅まつり期間中はイベントも盛りだくさん!水戸観光の思い出に是非参加されてみてくださいね♪

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/05 23:18 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

旧筑波鉄道真壁駅

真壁城址のお話を書きましたところで、真壁ネタをもう一つ
約30年前に廃線となった筑波鉄道がまだ現役だった頃、この真壁も鉄道が停車する町でした。
当時駅だった真壁駅は、現在では自転車&歩行者専用道路となった旧筑波鉄道廃線敷き”りんりんロード”の休憩所の一つとして、サイクリングやウォーキング、あるいは真壁の街並み歩きを楽しむ人達に利用されています
DSCN5851.jpg
トイレ完備
座って休めるベンチもあります(≧∇≦)!
DSCN5852.jpg

当時、駅だった名残といえばホームが残っているところ
DSCN5853.jpg

DSCN5855.jpg

そして、ホーム上にある桜の木かな
先まで進み、振り返るとこんな感じです↓
DSCN5860.jpg
レールが残っていれば、今にも鉄道がやってきそうな雰囲気です
↓ちなみにこちらは鉄道在りし日の画像(画像を持っていないため、フリー画像より)
t093.jpg

桜の木は、大正5年に当時の駅長(真壁駅)さんによって植栽されたものだそうです。
そこには、”思い出の樹”と刻まれた碑が添えられていました。
DSCN5856.jpg
昭和30年ごろまでは10数本あったそうですが、今ではわずか4本のみ。
でも、筑波鉄道在りし日の重要な証であることには間違いないでしょう。
太平洋戦争時、兵隊として出征された人達を、そして昭和30年代の集団就職の時にはこの駅から東京へ旅立っていく”金の卵”達を見送ってきた桜の木なのです
DSCN5857.jpg
桜の開花時期はさぞ、綺麗でしょうね。。。
その時にまた来られたらイイナ♪

筑波鉄道時代の忘れ形見?
廃墟となった、建物らしきもの
DSCN5854.jpg
よく見ると、”商店”という文字が書かれていて。どうやら元お店屋さんだったようです。
鉄道在りし日は営業されてたのでしょうが、鉄道廃止となり約30年経過後はこの通り。骨組みとなった建物に蔦が絡んで跡形もありません
これも?!
DSCN5859.jpg
鉄道廃止から時が止まってしまったかのようです。
時代の流れといえばそれまででしょうが、なんだか哀しいです。

レールが撤去され、当然ながらここを通るのは鉄道の代わりに人
DSCN5862.jpg
この日もハイキングの団体さんが歩かれていました。リュックを背負った数人の方とすれ違いざま”こんにちは!”のご挨拶旅先では見知らぬ人も仲間^^これぞ、旅の醍醐味!!

それにしても蔵の街並みをはじめ、真壁城址も旧真壁駅も素敵
桜川市真壁、魅力的な街です♪

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/04 23:03 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

真壁城跡

真壁のひなまつりも今日で最終日でしたね。
先月真壁のひなまつりを訪問した際、県道41号線をちょっとだけ高台に上がったところにある真壁体育館の駐車場を使わせていただきました

真壁体育館のある場所はかつて、真壁城の本丸があった場所とのこと。
戦国時代にはこの地にもお城があり、付近の地名=古城(ふるしろ)という名前もそこから付いたのでしょうか。。。
体育館前には、「真壁城址」と刻まれた石碑が建っていました。
DSCN5839.jpg
なにやら、鳥居のようなものが奥に見られます。
雛人形の見物に出かける前にちょっとだけ寄り道していくことにしました
DSCN5840.jpg

何重もの鳥居をくぐっていった先に再び石碑。
周囲の山々がはっきりと見え、見晴らしの良い場所に建っています。
DSCN5841.jpg

DSCN5842.jpg
常陸平氏一族の出身である真壁長幹(まかべたけもと)という人が、真壁郡司を得てここ・真壁にやってきて承安2年(1172年、鎌倉幕府開設の2年前ね)に築城したそうです。13代の朝幹(とももと)の時、鎌倉公方足利持氏との戦に敗れ一度は没落したものの、様々な困難を乗り越え再興。

それから時は流れて1602年、真壁氏は関が原の合戦の後に秋田へ国替えとなった佐竹氏に伴って秋田角館に移った為、真壁城は空城となります。1611年に浅野氏が一旦、城に入ったものの11年後の1622年に笠間城へ移動したため真壁城は廃城。これにて400数年の歴史を閉じることとなりました
DSCN5844.jpg
鳥居の奥に潜む、子育稲荷神社。

お城のなくなった真壁は笠間藩が支配することとなりました。陣屋が現在、真壁伝承館の置かれている場所に置かれ城下町は商業の町となって栄えることになったのです。現在の真壁地区の街並みはその当時の面影であり、道幅も当時とほとんど変わらないものとなっています
蔵造りの建物が多いのも、その名残なんですね(*^_^*)
DSCN5953.jpg

DSCN5965.jpg

茨城県で初めて、”重要伝統的建造物群保存地区”認定を受けている桜川市真壁地区。歴史を知るとその深さに感慨深いものを感じます。歴史あるだけでなく、それらを大切にしてきた真壁の人たちの努力と地域愛・・・それがあったからこそ保存地区になり得たのでしょう

保存地区は一日にして成らず、かな

真壁伝承館について、以前記事で書いておりますのでよろしかったら
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2048.html



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

 [ 2015/03/03 22:35 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

キララちゃんバスがバスロケーションシステム始めたよ!

土浦市内を走るコミュニティバス、”キララちゃんバス”が今年で生誕10周年を迎えたそうです
私はまだ利用したことないけれど、おめでと~っ!!
DSCN6111.jpg

バスのボディには、10周年をお祝いするキララちゃんやつちまるの可愛いイラストがラッピングされていました
DSCN6112.jpg

ところでこのバスがこのたび、「バスロケーションシステム」なるものを導入開始したそうです
DSCN6110.jpg
実験的に進められてはいたようですが、昨日3月1日より正式に運用開始だとか。
GPS機能にてバスの位置情報とか到着予想時刻を把握し、それを利用者が携帯電話やスマートフォンでそれらの情報をキャッチすることが出来るシステムだそうな。
つまり、
「●●行きのバス、今どのあたりかな?」
「○○行きは何時ごろここに停まるの?」
等を携帯やスマホで把握できちゃうということなんですね
DSCN6209.jpg
利用方法は簡単、バス停に設置されたQRコードを読み込むかこちらのサイトhttp://kirarachan.bus-go.com/にアクセスすると、5秒ごとに更新されたバスの位置情報が見られるというスグレモノ
運休とか、迂回の情報も得ることが出来るらしいですねやるじゃない、キララバス(≧≦)
IMG_20140726_134011.jpg
バス利用が楽しくなりそう!!
※画像は土浦市内ではありません。代用しました

市外の私が土浦でバスを利用することはまずないけれど、これなら私でも使えそうだな
たまにはノーマイカーで土浦市内を周遊するのもいいかもしれない

詳しい情報↓
まちづくり活性化土浦 キララちゃんバス
http://npo-kirara.org/
BusGo!バスロケーションシステム
http://kirarachan.bus-go.com/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/02 22:01 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

民話の世界へ~常田富士男の民話劇場、観てきました!

先日、告知させていただいたとおり行ってまいりました!
IMG_20150112_0003.jpg

IMG_20150301_132320735.jpg
開場時刻は13:30、ですが30分前には既に玄関には物凄い長蛇の列
コスモス(小美玉市生涯学習センターコスモス)で開催されるイベントはいつも、凄い人気だなあ。。。

昔放送されていたTVアニメ「まんが日本昔ばなし」のナレーションをされていた俳優・常田富士男さんの語りと、そしてその語りを引き立てる人間影絵の幻想的かつ見事なパントマイムで展開される物語。
幼い頃慣れ親しんでいた”あの声”を、”生”で聴ける・・・ということで数ヶ月前から既に楽しみにしていた私

やがて開幕となり、舞台が始まるとたちまち物語の世界。。。
IMG_20150112_0002.jpg
シルエットのみの役者さん達の動きと、常田氏のほっこりとした語りが昔話の世界をファンタジックに演出し、観る側の想像を掻き立てます。そこがTVアニメとはまた違う面白さ
全部で3つのお話が上演、幕の合間にパントマイムを演じられた役者さんが大道芸等をお披露目し観客を退屈させまいという気配りが見られました。意外にも今回観劇に来られたのは「まんが日本昔ばなし」を知ってそうにない年齢の小さなお子さんが多かったので、この演出は喜ばれたのではないでしょうか。。。

上演された3作品、「飯食わぬ女房」、「誰もいなくなった家」「山伏とたぬき」(皆さん、ご存知でしょうか)のストーリーまで書かせていただくと、記事がとても長くなってしまいますのでここでは省略し、YOU-TUBEや記事検索等でお調べいただくとしまして。。。(^^;)ゞざっと書かせていただきますと・・・
”米が減るから嫁は飯を食わない女がいい”と言ってたケチな男が後に受けたしっぺがえしとは?(飯食わぬ女房)
狩で生き物の命を奪い、それを粗末にあしらっていた侍を待ち受けていた罰とは・・・?(誰もいなくなった家)
心地よい昼寝を邪魔され、自分を馬鹿にした山伏に対したたぬきの復讐方法は・・・?(山伏とたぬき)
こんなところでしょうか。
IMG_3724_201503012131261b4.jpg
3つの作品が口を揃えて言いたかったこと、それは・・・
強欲や私欲を捨て、人の痛みを知る優しい人になりなさい!
ということでしょうか。
その意味でこの3つの作品が選ばれたのかもしれません。
大人も子供も楽しめる、素敵なひとときでしたが果たして幼い世代にどこまで理解できたのかな・・・?
たとえこの時はご理解が難しくても、その子達が成長し大人になった頃”あ~、そういえばあの時のあのお話はこういうことだったのか”と、懐かしい思い出と共に思い出してくれたら素敵です

常田さん、素晴らしいステージをありがとうございました!
これからもお元気で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-