月別アーカイブ  [ 2015年02月 ] 

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

みと市街地を歩いてみたけれど・・・。

先日、平日に有休をとらなければならなくなり会社からお休みをいただき、用事の合間に久しぶりに水戸市街地をぶらぶら歩いてみました。
協同病院脇の市営駐車場へわが愛車を駐車し、南町通りに出ると以前、ダイエーだった建物はすっかり解体されていました。
DSCN6130.jpg
画像右側の銅像は、徳川斉昭公(水戸徳川9代藩主)です。
更地になった箇所を隠すように設置された囲いには、言葉が書かれています。
DSCN6131.jpg

DSCN6128.jpg

DSCN6134.jpg

DSCN6135.jpg
文化デザイナー学院の生徒さん達の手作りでしょうか?寂しくなってしまったスペースを埋め合わせるように温かいメッセージがたくさん書かれていますあるものは、はじめて水戸を訪れた人の為に、またあるものは仕事を終え、この通りを通って帰宅する人に為に、そしてこの町を行き交う人たちの為に。。。

でも、繁栄し活気付いてた頃のこの界隈を知る人間としては、やっぱり切なさ感じてしまう。。。
DSCN6129.jpg

この場所から2軒隣のビルは、解体工事中でした
DSCN6139_20150228214349b6e.jpg

南町二丁目バス停のすぐ後ろにあるビル。
”何屋さんだっけ?”と暫く思い出せませんでした。
DSCN6140_20150228214350da3.jpg
フェイスブックにて情報収集したところ、私が学生時代によく学校帰りに立ち読みしていた本屋さんが入っていた雑居ビルだったようです。あんなに利用(?)してたのに思い出せなかったとは

かつては水戸市の中心街だった南町~泉町のメイン通り。ですが数年前から次々に大手のショッピングセンターが撤退、建物は解体され跡地はイベント時の会場として使用されるところもあれば、廃墟のまま曝されているのもあり、30~40年前の活気とは程遠いものとなりました
県庁所在地である水戸市、その中心街にあたる界隈がこれでは果たして他県から来られた方が”魅力ある街”と感じてくれるでしょうか・・・
なんとかしなくちゃ(>_<)!
私達市民も含め、市を上げて取り上げるべき問題でしょう。
DSCN6133_20150228214347fde.jpg
ねえ、みとちゃん♪どうしたらいいか教えてよ(笑)

さて、この後私は銚子屋果物やさんのフルーツジュースをいただき、気になったスポットへ。
DSCN6137.jpg

水戸市南町の水戸証券ビル1Fに、茨城新聞社が「みと・まち・情報館」を去る2月23日に開設しました
新聞社が作った”まちの駅”、おそらく全国初?!
DSCN6138.jpg
10:00~17:00 休館日=木曜日
今月発売のタウン誌「月刊みと」によりますと、茨城新聞創刊の地となる場所がここなんだって!
文字通り、街の情報発信や交流を目的としたスポットです。室内では茨城新聞のみならず、他地域の地方紙も読むことができるし、タブレットもあります
今の時期に来館すれば、OPEN記念の”なにかいいもの”をもらえるかもね♪
もう終わっちゃったかな?(^◇^;)

茨城新聞社発行の書籍も販売。
私が今回、買ったのはこちら↓
IMG_20150227_200850888.jpg
東日本大震災の写真集。この本が発売されたとき、買おうか買うまいか何度も迷いました。あの悪夢をリアルに思い出してしまうからです
震災からはやくも4年経過した今、ようやく落ち着いてあの時起こった出来事を冷静に受け止められるようになりました。
絶対、2度と体験したくはないことだけど同時に絶対に忘れてはいけないことだと思います。
その思いから、ちょっと奮発ですが買っておくことにしました。

2011年の3月11日14:46は、この界隈も大混乱だったはず。
情報館を出た後、地面の揺れに不安を感じるでもなく物が落下してくる心配もなくごく普通にわが愛車の待つ駐車場へと向かい、愛車のハンドルを握ることができたことに感謝した私でした。

震災復興の次は・・・まちなか復興だね
日本、じゃなかった水戸市を取り戻す!・・・なんのこっちゃ(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2015/02/28 22:41 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(8)

ご当地カップラーメン、あります!

水戸市加倉井町、水戸ICそばにある水戸ドライブイン(当ブログでは過去、何度も登場しているスポットです)の、農産物直売コーナーに「ご当地カップラーメン」と書かれた一角があり、カップラーメンが山積みに陳列されています。
DSCN6122.jpg
※みとちゃんは付いていません(笑)
ドライブインで販売されてるのは全部で3種類、「博多」(とんこつ)・「札幌」(味噌)そして「喜多方」(しょうゆ)があります。
DSCN6123.jpg
喜多方しょうゆ味は品切れだった為、買っていません。

何ゆえ、”ご当地”なのかといいますと理由は簡単!
このカップラーメンを製麺した会社は水戸市内の製麺所だからです
水戸市小泉町という場所にある麺のスナオシさんで製造されました。

まだすべてを賞味してはいません。今回は「博多」味を。
DSCN6124.jpg
確かに”縮れ麺”、そしてお店で宣伝しているようにつるつる(≧y≦)
ただ・・・欲を言えば具(かやく)がもっと欲しかったな^^。
DSCN6125.jpg
ご自宅でお好きにアレンジしてください、ということで素麺なのかなあと勝手に想像します。
まあ、カップラーメンですからねえ。。。
但し、スープは比較的よいお味でした。

もしも、”カップラーメン大好き”さんが水戸ドライブインを訪れる機会に恵まれましたら、”変り種水戸土産”ということで買われてみてはいかが?

2月24日現在の、水戸ドライブインの梅です。
全体の10分の1程度の早咲きが開花していたけれど、ほんのさすがにこの時期ではほとんど蕾でした。
DSCN6121.jpg

DSCN6120.jpg
こちらも見頃は3月中旬頃かなあ。。。
これから楽しみです

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/27 23:03 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

和スイーツ、茶の実トリュフ

早くも週末、そして2月も残り僅かですね。
当ブログをご覧いただいてる皆さん、お仕事に家事にお疲れ様です。
早速ですが、お茶どーぞ

今回のお茶請けはこちらです
DSCN6202.jpg
濃厚口どけ生茶チョコ
茶の実トリュフ

by茶太郎'Sカフェやまの

茨城県の三銘茶の一つ、猿島茶で有名な野口熊太郎茶園直営の日本茶カフェ、茶太郎'sカフェやまのさんのオリジナルスイーツ、現地=堺町に出向き、お店に来店しなければ食べられない和スイーツがなんと、通販等で購入できるようになりました

蓋をあけると、なんとも可愛らしい詰め合わせ
DSCN6203.jpg
一口サイズの小さなトリュフと、茶の種子緑茶(粉茶)のミニボトル入り
早速、食べてみました(*^。^*)
DSCN6204.jpg
アイスの”ピノ”みたいな楊枝付き。
手を汚さずに食べられます(≧∇≦)

IMG_20150225_172613294.jpg
確かに説明書きの通りでした
お口に入れると、お茶の苦味の次に間もなく感じる生チョコの風味。。。甘さが口の中に広がったかと思うとあっという間に溶けてしまう。。。1個食べたらまた1個・・・と、甘党さんでしたら絶対にはまるスイーツです(*^_^*)
しかも、”私、珈琲よりも断然、日本茶派!”と断言される方なら尚更お勧めしたい商品です

「でも茨城県堺町まで、遠いよね~
という方でも大丈夫
ネット通販が行われていますのでよろしかったらこちらから
http://www.greentea-store.jp/SHOP/S-GF003.html
※沖縄県、一部離島や一部地域により宅配不可な場所もありますのでお問い合わせください!

ところで私の場合、どこでこの商品手に入れたかって?( ̄ー ̄)
ふっふっふ、実はですね。
なんと、水戸市内で販売されていたんです偕楽園東門そばの売店兼案内所・「見晴亭」で。
IMG_0586_201502262259592b4.jpg
”水戸の梅”や”オセロチョコ”と並んで陳列されていました。
水戸に居ながらにして堺町のスイーツGET得したねえ

偕楽園の梅の開花状況はまだほんの一分咲き程度で、見頃となるにはまだまだ先になりそうですが水戸のお土産と共に、茨城が誇る茶どころの自家製スイーツを是非、お持ち帰りになられてみてください

さて、いづれ近いうちに茶の実トリュフの本場=”茶太郎'sカフェやまの”さんにも訪れなければ

野口熊太郎茶店
茨城県猿島郡堺町1144
Tel:0280-87-0128
fax:0280-86-7700
HP:http://www.greentea.co.jp/

茶太郎'sカフェやまのさんの情報もこちらで

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/26 23:13 ]  境町 | TB(0) | コメント(2)

第11回土浦の雛まつり~束帯・十二単着装実演を見ました

土浦の雛まつり、最後に訪れたのは駅の近くの美容室・すがた美容室でした。
超・超略図↓
土浦雛巡りマップ

平安時代の絵巻物やNHK大河ドラマで御馴染みの束帯と十二単の着装実演を見てまいりました。
細かい説明は省略させていただきますが、その模様をざっと画像でご覧ください
又、お顔にはぼかしを入れさせていただきました。
DSCN6086.jpg
今回、モデルを努められるのは今年めでたく金婚式を迎えられた常総市のご夫婦。
数ある応募者の中から選ばれました
それぞれの着付けを、前と後ろ2人がかりで着付師=衣紋者(えもんじゃ)が行います。
はじめ、肌襦袢に袴姿で待機していた殿方・奥方様に次々に衣が着せられていきます。
DSCN6088.jpg

DSCN6089.jpg

着ている人に息がかからないように、と無言で衣紋(着付)をしていくのが常識だそうで。
といっても、前後にいる衣紋者の動作は分かりませんから時折「御前良し」等の単語を発します。
必要最低限の言葉のみ、発声を許されるそうです。
DSCN6090.jpg

DSCN6091.jpg

DSCN6094.jpg

DSCN6095.jpg

殿方のほうは先に終了。ここで奥方の進捗状況をじっと見守ります。
DSCN6098.jpg
少しずつドレスアップしていく奥様の姿にきっと、50年前ご自身達が挙式をした当時を思いだされていたのでしょうか。。。

檜扇を手に持って、終了
皆さん、お疲れ様でした!
DSCN6105.jpg
金婚式、おめでとうございま~す(≧∇≦)!

というわけで、生き雛様の完成です!
DSCN6108.jpg
お二人の表情はまるで、この日挙式をした新婚夫婦のように初々しく希望に満ちたお顔でした。
いつまでもお元気で、末永く中睦まじいご夫婦でいらしてください
そして、末永くお幸せに。。。

長寿国・日本とは言われていますが、結婚50年それもご夫婦共に元気でいらっしゃる・・・これは誰もが必ず出来るわけではありません。60年寄り添った節目の年の束帯・十二単の着装。。素晴らしい事です
着付の用語とか衣の名前などなかなか覚えられなかったけれど、”幸せ”というお土産をいただいて私も大満足
素晴らしいものを見ることができました

十二単の御着付実演はこの日(2/22)限りですが、土浦の雛まつりは来る3月3日まで開催されています。
イベント期間もはや後半となりましたが、3月1日(日)にはおしるこ無料配布(土浦商工会議所前)や常陸秋そばのチャリティー販売(土浦まちかど蔵「野村」)が開催されるそうです。
DSCN6126.jpg
女性会の皆さんが作ったおしるこは、甘くて体ぽかぽかになれますよぉ~(*^。^*)
他、協賛されているお店でも雛人形展示の他おもてなしもあり。
スタンプラリーも行われています
DSCN6206.jpg
日曜日はわが茨城県、天気が良くないようですが”土浦の雛まつりはまだ観に行ったことないなあ”という方はお出かけになってみては?

チラシのダウンロード、詳細情報はコチラで↓
土浦の雛まつり(観光協会HP内)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/25 22:47 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

第11回土浦の雛まつり・野村

旧水戸街道の一部、中城通り。江戸情緒のあるこの界隈にある「まちかど蔵」の2つの蔵「大徳」「野村」。
前回の記事では、そのうち「大徳」さんのをレポートさせていただきましたが今度は「野村」さんのを。
DSCN6083.jpg
「大徳」さんの丁度真向かいにある「野村」さん。この奥に蔵のカフェ「喫茶蔵」がありますが今回は利用せず。
この日は豆乳レンコンすいとんと甘酒の無料配布が行われていました
すいとんの方は100食限定ということで、たちまち長蛇の行列

では、雛人形を観ていきましょう
DSCN6082.jpg
タニシの殻を利用して作られた、郷土民芸の「かすみ人形」です。
つちまる&キララちゃんがここにも!
DSCN6081.jpg

この蔵では蓮根の葉や茎を人形の着物等に利用した”霞蓮雛(かれんびな)”を毎年展示していたのですが今年は見当たらず。何か事情があったのでしょうか。。。
そのかわりに、正面に構えていたのはこの雛人形でした。
DSCN6074.jpg
いたって普通の、いまどきの壇飾りじゃない?
でもこの雛人形達、なにやらプラカードのようなものを持ってます。
それぞれ、何が書いてあるかといいますと・・・。
DSCN6077.jpg
交通標語ですねコレ
このお雛様は、土浦警察署提供。
巡査の方が数名、接待し来場者に反射材を無料配布されていました。
DSCN6078.jpg
さあ皆さん、いくつ守れてますか?なんてね(笑)

DSCN6079.jpg

DSCN6080.jpg

DSCN6075.jpg
土浦に限らず、わが茨城県では恥ずかしながら全国でワースト上位に入るくらいの交通事故・違反記録を持っていますこのお雛様を見て、”よし、たった今から自分も安全運転を心がけよう!”と誓ってくれる人が増え、事故や違反件数が大幅減少!!・・・・なんてことになるといいのにな。

さて、「土浦の雛まつり」はここ野村さんと前回書かせていただきました大徳さんが中心となりますが言うまでもなく会場はここだけではありません。
土浦駅~亀城公園間の商店街のいくつかのお店の店内にて3月3日までの期間中、雛人形展示が行われていますので土浦を訪れられましたら是非、訪問されてみてくださいね♪
但し、撮影を禁止しているお店が多いので見学される場合にはご注意を
(記事に書かせていただきました「大徳」さん「野村」さんはです。)

見学される際にはお店の方に一声かけるのをくれぐれもお忘れなく
IMG_20150224_0001.jpg
さて、こちら↑のポスターに書かれている土浦の雛まつりの協賛イベントの中で、実は大変興味を持ったものがあり、それを見るのが今回の私の土浦訪問理由でした
細かくて見づらいかもしれませんが、「束帯・十二単装束の着装実演」というイベントです。
DSCN6109.jpg
滅多に着る事の叶わない十二単、ましてや着付けの様子など。
それを自分の目でじかに見る機会が設けられたのです。これはスルーできないでしょう^^
勿論、私が着たわけではありませんが(笑)
次回はそのお話など

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/24 22:32 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

第11回土浦の雛まつり・大徳

今年も土浦の駅前商店街に雛人形が展示される時期がやってきました
ここを訪れるのは通算5回目くらいになるでしょうか。。。毎年、中城通りの”まちかど蔵”の2つの蔵=大徳・野村で展示される可愛いつるし雛や雛人形をとても楽しみにしているんです
DSCN6038.jpg
それではまず、大徳さんの雛人形展示から見ていきましょう♪
入口をくぐり室内に入ると今年の干支=羊さんの雛人形が出迎えてくれました。
DSCN6041.jpg

そして、その横には。
DSCN6042.jpg
誰もがよく知ってる、あの御伽噺「浦島太郎」が今年のテーマだそうです。
メインの展示会場である2Fに上がると、「浦島太郎」の物語のシーンが人形で再現され観に来られた人達をお話の世界へ導いているかのようです
DSCN6052.jpg

それぞれ、どのシーンかお分かりですよね
DSCN6051.jpg

DSCN6050.jpg

DSCN6049.jpg

DSCN6048.jpg
幼い頃に寝る間際に母親から聞かせてもらった、または絵本で読んで貰った。。。
そんな体験がきっと、観に来られた人たちの中にもあったはず。
これらの人形を見ながらきっと、そのような思い出が観た人たちの中に浮かんだでしょうね

ここ・大徳さんで展示される作品は、世代や性別を越え誰もが夢中になり楽しめる作品ばかりです。
浦島太郎のストーリーも良いけれど、こちら↓もお気に入り(*^。^*)
DSCN6044.jpg
うさぎの人形を使って1年の年中行事を表した作品。
1~12月まですべて揃っています。皆さんの生まれ月はどんなかなあ?
12ヶ月すべてを掲載しきれませんのでとりあえず自分が生まれた月を含め、何ヶ月かピックアップで紹介させていただきます
”全部見たい!”という方、面倒でなければ是非現地・土浦へお越しください(笑)
DSCN6045.jpg

DSCN6057.jpg

DSCN6060.jpg

DSCN6063.jpg

土浦、といえばやはりこの月は外せないね10月は
DSCN6064.jpg
10月に土浦でやることといえば・・・もう、言うまでもありませんね(笑)
「うさぎさんの一年」
見ごたえのある、楽しい作品でした土浦を訪れたら必見ですぞ
DSCN6065.jpg

最後に壇飾りなど。歴代干支雛が勢揃いしました
DSCN6061.jpg

DSCN6062.jpg

そして1Fのお座敷には市のキャラクター=つちまるくんとキララちゃんのお雛様
DSCN6085.jpg
丁度、男の子キャラと女の子キャラだもんね

可愛らしい雛人形は、向かいの「野村」さんにも展示されています。
そのお話はまた明日

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/23 23:23 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

コメダが土浦にやってきた!

久々、土浦市を訪れたところ国道125号沿いに突如現れた大きな看板
DSCN6119.jpg
komeda’s coffee=コメダ珈琲、いつの間に?!

暫くこの道を通らないうちに、コメダ珈琲店が出来ててびっくりしました。
愛知県名古屋市に本部を構える珈琲チェーン店が土浦にも出来たか、素晴らしい
で、気になりましたので帰りに立ち寄っていくことにしました。
DSCN6118.jpg
HPによりますと茨城県内には現在、5店舗ありどの順番でどこから出来たのは知りませんがここ・土浦真鍋店は4ヶ所目だとのこと。
そして私は初来店
おすすめスイーツ、冬限定品・期間限定品果たしてどちらにしようか。。。
IMG_20150222_153213628.jpg
悩んだ末に、今月28日までの発売期間だという”キャラノワール”にしてみました。
それと、初来店ですので極めてオーソドックスにブレンド珈琲を。
DSCN6113.jpg

大手珈琲チェーンだけあって、さすがに美味しい珈琲です
DSCN6114.jpg
濃すぎず薄すぎず、酸味もなくいい感じ(*^。^*)
そして、こちらがキャラノワール。
DSCN6115.jpg
美味しそうでしょう(≧∇≦)!
このお店の人気スイーツに”シロノワール”という商品がありまして、サクサクなデニッシュパンの上にソフトクリームをトッピングしたメニューらしいのですがそれの応用版。キャラメールソースをたっぷりと使用し甘みとほろ苦さを同時に味わえる優れもの
DSCN6116.jpg
焼きたてのサクサク、フワフワにとろーり冷たいソフトクリームが絶妙です
そして、キャラメルソースが。。。
これは、ハマリますねえ(≧≦)

こちら↓珈琲のお茶受けに添えられたピーナッツです。
お腹いっぱいで食べきれず、お持ち帰りしてしまいましたが香ばしくて美味しいピーナッツでした♪
DSCN6117.jpg
そういえば名古屋の喫茶店に入り、珈琲を注文すると必ずお茶請けが付くという話をケンミンショウかどこかで見たことがあります。やはり本当だったか、と納得しました

お食事はすべて、パンメニュー(サンドウィッチやハンバーガー)だけどそちらも美味しそう!!
きっとまた来店します

現在、県内ではここ・土浦の他にはつくば市・龍ヶ崎市・鹿嶋市・神栖市に店舗があるそうです。
余談ですが、今後茨城県のほかの地域にも店舗を増やす予定があるとの事。守谷や牛久をはじめこれから石岡やひたちなかにも進出してくれるそうですので、楽しみだなあ。。。

珈琲所コメダ珈琲店(土浦真鍋店)
茨城県土浦市真鍋2-2-26
Tel:029-897-3133
HP→http://www.komeda.co.jp/


ところで私、何しに土浦へ行ったかといいますと。
現在開催中の「土浦の雛まつり」を観に行ってまいりました
DSCN6039.jpg

DSCN6040.jpg
このお話は次回にて

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

いしおか雛めぐり-まちかど情報センター

このスポット、既に何人かの方がブログやフェイスブックで記事をUPされていますので今更私がUPすることにすごく抵抗を感じでいますが。。。。何しろ、本当に駆け足でしたのででも書きます(笑)
DSCN6029.jpg
前回の最後で触れたとおり、今年のテーマは「言の葉の旅」。
百人一首の世界です。
小野小町や僧正遍照(そうじょうへんじょう)等の歌の世界が絵巻物となり、人形達で描かれています。
DSCN6003.jpg

DSCN6031.jpg

DSCN6005.jpg

宮中で披露される、「五節の舞」・・・公家や国司の家から選ばれし未婚の美しい娘が踊る舞楽・・が行われています。
DSCN6009.jpg
小野小町もかつて、この舞台に立ったといわれています。彼女はその後天皇に愛され、女官として入内したそうです。

娘たちの美貌と舞に見惚れる殿方たちの姿。
DSCN6010.jpg

和歌の世界は私には説明できませんまちかど情報センターを訪れると、この展示作品についての解説が書かれた小冊子がありますので来館された方は手にとりながらご鑑賞されてはいかがでしょう?

和歌も文学も理解できない私が反応してしまうのはやはり、こういった作品
DSCN6007.jpg
号泣議員?
今年もやってくれました時事雛実はこちらの方が楽しみだったりして。
さあ、いくつお分かりですか?
DSCN6013.jpg
中央のめがねの人は・・・?
DSCN6022.jpg

歴史物をテーマにした一見、堅い内容の展示品の中に組み込まれた”遊び心”がいっぱい!
マスクをつけている人形とか、シェーカー持ってるのとかその時代にはありえないものが登場しています。
掲載したい画像は他にもたくさんありますが、これから石岡を訪問されようと思っていらっしゃる方の楽しみを奪ってはいけませんですので当ブログではここまでとさせていただきます

いしおか雛めぐりは3月3日まで。見学時間は施設により微妙に違いますが大体が10:00~16:00までとなっています。
イベント期間も後半となりましたが、看板建築等歴史的建築物や総社宮等の散策もあわせ足を運ばれてみてはいかがでしょう?
DSCN6008.jpg
このイベントは本当です。

詳細情報はコチラを↓
http://ishioka-miyuki.sakura.ne.jp/

いしおか雛巡りマップ(石岡市HP)
酒場めぐりのチラシもこちらで


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/21 21:44 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

いしおか”駆け足”雛巡り

真壁を後にして、向かったのは石岡でした。
石岡市でも2/14よりひなまつりが開催されています。県道7号線を使えば真壁からだと少々険しいけれどストレートに石岡に行くことができます。途中、道路工事で10分くらい足止めを食らいましたが。
DSCN5985.jpg
ふるさとで過ごした、遠い日のひなまつりを思い出し「ただいま」と言える石岡の街。。。
石岡のひなまつりはそれがテーマなのでしょう。それで「おかえりなさい」なのでしょうねきっと

JR石岡駅前の御幸通りや、看板建築のある国道355沿い=通称:香丸通りを中心に各店舗内に雛人形が展示されています。それらを1軒づつゆっくりと巡るのが本来の楽しみ方なのでしょうが、この日は用事がある為午後4:30までには水戸へ戻らなければならず、歩いたのは常設展示場となっているたった4ヶ所のみでした
(そんな時に歩き回るな、というのはなしね、笑)
そんなわけで、駆け足状態でのレポートとなりますが何卒ご了承ください^^;
まずは、香丸通り沿いの「みんなの広場」。
DSCN5982.jpg
三人官女や五人囃子。。。
あれ?彼女達の周りとその向こうに見えるのは?
DSCN5980.jpg
「鉄道模型(Nゲージ)が走る雛飾り」だって!
ですからちゃんとスーパーひたちの模型もあります。”見る雛人形”だけでなく、”遊ぶ雛人形”?
DSCN5979.jpg

・・・面白そうだけど、雛人形と鉄。。。この組み合わせは果たしてありなのか・・・?
といろいろな思いを巡らせつつ次に訪れたのは「常陸国府館」でした。
こちらの展示は無数の手作りつるし雛。
DSCN5995.jpg

干支雛ね
DSCN5991.jpg
何匹いるのか数えたら眠くなりそうになったのでやめました(笑)

つるし雛に使われる動物等にはそれぞれ、意味があるんですよね。
俵のねずみは金運があると言われています。
DSCN5993.jpg

はまぐりには、”節操”の意味が。浮気防止ですかね
DSCN5996.jpg

そして、すずめは五穀豊穣。食に恵まれるように、という祈願の意味が込められています。
DSCN5998.jpg

赤い目のうさぎは呪力があると言われ、神様の遣いとも言われているそうな。
DSCN5992.jpg
可愛らしいつるし雛に込められているのは、可愛いわが子の成長を願う親の気持ち。
昔も今もそれはずっと変わらずに続いているのでしょうね

さて、次の常設展示場へ。
まち蔵 藍さんの大正雛、そして昭和30~50年の壇飾りとつるし雛が展示されています。
DSCN6000.jpg

DSCN5999.jpg
昔ながらの店の造りに、雛人形がよく似合ってるなあ・・・。
でも、これ以上じっくり観察することはせずスタンプ台紙にスタンプを押して早々に退散(笑)
そう「いしおか雛巡り」では、スタンプラリーも同時開催されているんです。
DSCN6006.jpg
常設展示場に指定されている4ヶ所のスポットを巡り、スタンプを集め名前と住所、連絡先記入の上指定の応募箱(まちかど情報センターに設置)に投函すれば、後日素敵な商品=石岡の特産品がお手元に届く・・・・・かもね
残念ながら抽選ですけどね^◇^

3ヶ所を駆け足で巡り、残る最後はおなじみ・まちかど情報センタにやってきました。
DSCN6002.jpg
最後の雛巡りスポットであるここで予想通り、私は長居をすることになります(笑)
毎年、ここで展示される雛人形が楽しみです。物語性をふまえた中にちらほら”遊び”雛が含まれていたりして。
今年のテーマは「言の葉の旅」
DSCN6004.jpg
では、次回で

いしおか雛巡りの詳細情報、雛巡りマップのダウンロードは
コチラで→http://www.city.ishioka.lg.jp/page/page002784.html


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/20 23:41 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

だいすき、いしおさん♪

今日は少々、疲れ気味(==)体がだるくとても夜遅くまで張り切って記事を書ける状態ではありません。
そんなわけで今回はゆるい記事でお許しくださいませ

桜川市には、”いしおさん”というマスコットキャラクターがいます
石匠の見世蔵組合と筑波大学の産学連携プロジェクトによって作られた「石匠の見世蔵」。
そこで誕生したキャラクター、それが”いしおさん”です。
DSCN5956.jpg
見てお分かりのように”いしおさん”は石の妖精。
2010年にBIGLOBEサーチで行われた「一番”ゆるーいキャラ”」のコンテストにて見事1位受賞した功績を持ちます
その”いしおさん”も、真壁のひなまつりで大活躍(?)です。
DSCN5960.jpg

石匠の見世蔵にて無言の呼び込み中。
DSCN5959.jpg
誰か覗いてくれないかなあ。。。たくさんの人が来てくれるとイイナ。。。

DSCN5958.jpg
今年も真壁のお雛様を観に来てくれたんだね。。。みんな、ありがとう!

シンプルすぎるくらいにシンプル。
他に類をみない地味さだけど、なぜか惹かれるものがあるんだなあ。。。
哀愁を帯びたこの後姿がまた、イイ!!(笑)

ひなまつりの会場の数箇所にて、「いしおさんのーと」が販売されています(*^。^*)
私の場合は橋本旅館で購入しました♪
IMG_20150218_202856748.jpg
いしおさんのプロフィール付き
出身地は茨城県桜川市真壁町加波山。
夜になると周りを照らすのが特技だそうです。石灯籠ですからね
おとなしいけれど、町のみんなの笑い声を聞くのが大好きなんだって!
DSCN5961.jpg

地元:桜川市をはじめ茨城県内のイベント会場に出没することもあります。
みなさん、見かけられましたら声をかけてあげましょうね
DSCN5964.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/19 22:53 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

真壁のひなまつり2015-その参

真壁のひなまつり・・・書きたいお話、UPしたい画像はまだまだたくさんありますがそれらをすべて掲載するのは書く側は勿論(笑)、閲覧される側にもかなりしんどい話真壁ひなまつりの話だけで1週間かかりそうですのでそろそろ締めさせていただくことにしましょう
DSCN5929.jpg
石雛。石匠の街・真壁ならではの名物雛です

茨城県内、雛人形を展示するところは数あれど何といってもここ・真壁のひなまつりが一番人気でしょう
江戸時代~明治・大正・昭和そして平成と幅広い年代の雛人形が楽しめるだけでなく、建物自体も文化財に指定される見ごたえあるものが多く、歴史マニアや古建築マニアにはたまりませんね(≧≦)
DSCN5924.jpg
旅館ふるさわさんのベランダ雛に、カメラマンが殺到!
離れた場所から皆さん、ベランダに並べられた雛人形を一生懸命撮影されていました。
で、私もつい真似っこ
DSCN5922.jpg

DSCN5925.jpg

そして、真壁地区に住まれる人達の”一体感”といいますか雛人形を展示されている住民の皆さんやボランティアスタッフさんたちが一つとなり、よそから来られた観光客をおもてなしする姿がまた素晴らしい
地元の高校・真壁高校の生徒さん達も大活躍でした。
DSCN5930.jpg
観光土産品を販売したり、お茶を振舞ったり、体験コーナーに挑戦する子供達の指導にあたったり。。。
街のみんなで協力し合い、”街全体で作るひなまつりイベント”だから素晴らしいものになり、たくさんの人が集まるのでしょうね

川島洋品店の蔵では、明治から昭和時代の雛人形を。
DSCN5910.jpg
壇飾りの雛人形は昭和15年のものだそうです。
その下では、あらあら?宴会で酔い潰れ?
DSCN5913.jpg
テーマは「花咲か爺さん」のようです。
御伽噺をモチーフにしたものも結構、多いですね
DSCN5911.jpg

歴史の街にふさわしい、古い雛人形も見ごたえたっぷりだけど手作り雛も温かい
市内の幼稚園・保育所の園児たちが作った雛人形が、旧真壁郵便局に展示されていました。
DSCN5932.jpg

DSCN5933.jpg

DSCN5936.jpg

DSCN5938.jpg
ぼくたち、わたしたちも雛人形になっちゃった!
尚、この旧真壁郵便局にてレンタサイクルも行われていますのでご利用になられてみてください

潮田家住宅と並び、真壁の代表的建築”旅館伊勢屋”さん。
DSCN5966.jpg
見学は初めてではありませんが、やはり真壁を訪れたら必ず見ておきたいところ。
玄関くぐった正面お座敷に、処狭しと展示されていました。
DSCN5969.jpg
ここから奥は入れません。

DSCN5970.jpg
年代入り混じり、大変賑やかな室内となっています(*^_^*)
すべてが伊勢屋さんの所有かどうかは未確認ですが、よこぞここまで

さて、ざっと真壁の雛巡りをレポートさせていただきましたが冒頭で記したとおりそろそろこの辺で記事を終了したいと思います。当ブログで掲載しなかったお店や雛人形もたくさんありますので続きは是非、実際に真壁に足を運ばれご自身の肉眼でお楽しみください

お別れは、お肉やさんのお雛様。私が真壁のひなまつりを訪れるときに必ず寄らせていただく精肉屋さんの雛人形など。
DSCN5972.jpg

ショーケースをそのまま、雛壇にして展示されています
DSCN5973.jpg
「ひなめぐり」1番の桜井精肉店さんです。ここでいつもコロッケとメンチを買っていきます。
50円のおやつコロッケは、1度食べたら忘れられなくなる味・・・
お客さんがかなり集中しますので、お求めはお早めに
桜井さんの店舗内にも雛人形が展示されていますからね

真壁のひなまつり 和の章十三章
2015年2月4日~3月3日
最終日、3月3日には流し雛が開催されます。(10:40 ご祈祷、11:30頃流し雛開始)
http://www.makabe-hina.com/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/18 22:54 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

真壁のひなまつり2015-その弐

真壁のひなまつり、続きです。
駐車場の場所や見学ポイント等が記載された会場案内図が、真壁のひなまつり実行委員会さんのHPにございますのでこれから行かれる方は是非、ダウンロードされお出かけの際にお持ちください^^
http://www.makabe-hina.com/]
最新情報や臨時バスの時刻表もこちらで
IMG_20150216_0001.jpg
今回、マイカーは真壁体育館に置かせていただきました。この体育館の建ってるところは戦国時代~江戸時代初期まで真壁城があったところなのです。でもそのお話はとりあえずおいといて

県道41号を横断し、元筑波鉄道真壁駅(このお話も後でね)を通過してひなまつりの会場へ。
橋本旅館にやってきました。
DSCN5863.jpg

DSCN5864.jpg
登録有形文化財ですが、やはり綺麗に修復されて新しいものになっていました。
修復前は江戸時代の建築だったかと思います
入口をくぐると正面に構える壇飾りの雛人形がお出迎え(*^_^*)
DSCN5866.jpg
ここでは享保雛の展示が自慢でしたが、旅館の改装工事に付き残念ながら今回は内部非公開とのこと。
私たちが入れるのはここまでです。

では壇飾りと立ち雛をアップで
DSCN5868.jpg

DSCN5867.jpg

ここ、橋本さんに併設されている喫茶店でお茶していきました。
コーヒーはストロングテイスト、そしてケーキはガトーショコラで。
DSCN5870.jpg

古い街並みやクラシカルな建物を散策してのコーヒーの味は格別
DSCN5871.jpg

そしてブラックコーヒーによく似合う、甘くて濃厚なガトーショコラ(≧∇≦)
DSCN5872.jpg
クラシカルモダンな店内で味わう、ちょっぴり早いティータイム
素敵なひとときをありがとう
ちなみに火曜日が定休日で、営業時間は11:00~18:00(日・祝日は17:00まで)だそうです。
雛祭りじゃないときでも訪れたいお店です

続いて訪れた、橋本さんの隣の安達家住宅。
DSCN5874.jpg
屋根にまだ少し、震災の痕が残っているかな
立派な門構えは隣のお医者さんのです。
ここで展示されてるのはたくさんのつるし雛と、木目込み雛人形。
では、お邪魔しまぁ~す♪
DSCN5875.jpg

DSCN5877.jpg

明治時代の御殿飾りが素晴らしい
DSCN5880.jpg

DSCN5879.jpg

DSCN5881.jpg

DSCN5878.jpg
連獅子や御伽噺の舌きり雀が可愛いね☆

年代物の古いお雛様や珍しいお雛様が楽しめるのもここ・真壁のひなまつりの魅力ではないでしょうか。。。
真壁ならではの、真壁でしかお目にかけることができない雛人形がたくさんありますからね。。。

以下は、画像のみで失礼させていただきます。あえて場所は明記しませんので真壁のひなまつり会場に足を運ばれる機会がありましたら探してみてくださいね
DSCN5887.jpg
珍しい?、お歯黒雛。
江戸時代のミセスは眉を剃り、歯を黒く染めてたんだよね
続いて明治時代の雛人形のオンパレードなど♪
DSCN5896.jpg
↑明治初期
そして、こちら↓は明治40年の雛人形だそうです。
DSCN5903.jpg

DSCN5904.jpg

DSCN5905.jpg

明治の年号生まれの方が、今現在どれだけいらっしゃるでしょうか・・・?
この人形を飾ってお祝いしてもらった女の子はもう、いなくても人形だけがこうして100年先も存在しています。
言葉に表せない、感慨深いものを感じます。

さて、この雛祭り会場でおそらくもっとも賑わう界隈=川島書店や旧真壁郵便局があり、突き当りには前回既に書かせていただいた潮田家住宅にやってまいりました
DSCN5907.jpg
賑わう中で巡った、雛人形のお話を次回にて書かせていただきます。
とりあえず、今回はこの辺で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/17 23:18 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

真壁のひなまつり2015-その壱

真壁のひなまつり和の風十三章が開催されています。
東日本大震災後初、そしてニコン初の真壁ひなまつり、見た順番どおりではありませんがこれから数日間に分けてその様子をレポートさせていただきますのでお付き合いのほどよろしくお願いいたします
DSCN5937.jpg
旧真壁郵便局に展示されている、大型木目込雛。

悪夢の2011.3.11からもうすぐ4年。さすがにあの直後から見たらすっかり綺麗にはなったものの、震災の爪痕残す建物も点在。桜川市の観光関連のTVでは旅館伊勢屋さんと並んで必ずといってよいほど登場する「潮田家住宅」も、蔵が綺麗になっていて、修復後だというのが一目でわかります
DSCN5939.jpg

DSCN5940.jpg
石岡の陣屋門もだけど、こちらもあえて古色は使わなかったんだね。

ここで展示されてるのは江戸時代~昭和時代までの年代の雛人形。
ここを訪れるのは初めてではありませんが、今回もまたお邪魔させていただきます。
DSCN5941.jpg

入り口で出迎えてくれるのは、昭和30年代の木目込人形。
DSCN5943.jpg
あどけない顔したケース入りの雛人形の向こうには、年代を超え勢ぞろいしたクラシカル雛人形が。
豪華な段飾りです。
DSCN5951.jpg

DSCN5945.jpg

一番のメインは享保雛。
DSCN5947.jpg
数百年を経た、江戸時代の雛人形は特別なオーラを感じるわあ。。。
撮影する人たちもここに集中していました。そんなわけで今回はあえて下から
御殿飾りもゴージャスです。
DSCN5948.jpg

DSCN5950.jpg
古い雛人形に歴史あり。
クラシカルな雛人形たちは、そのままここ・潮田家の歴史をあらわしているのでしょうね。

潮田家の向こうには石匠の見世蔵がありまして。。。
DSCN5955.jpg

市のマスコットキャラクター=”いしおさん”がいました
DSCN5957.jpg
いしおさん、無言で客引き(笑)
こういうキャラ、わりと大好き
室内は、石匠の職人さん達が掘った作品と”いしおさん雛”が展示されていました。
DSCN5962.jpg
この脱力感が癒されます

というわけで、続きます!
いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/16 23:56 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

森の石窯パン屋さん

強風の中、今日は2ヶ所の雛祭り見物をしてまいりました。
現在、画像はブログ用に編集作業中ですので画像のみ1枚づつUPさせていただきます
IMG_20150215_124723470.jpg
DSCN6023.jpg
1枚目と2枚目、それぞれどこのかお分かりかなあ。。。?
それぞれの記事は後日、詳しく書かせていただくとしましてその間にお蔵入りになっていた記事など
北関東道友部IC下車後、すぐに左へ進み国道355線を直進。そして「芸術の森公園入口」の信号角に見えるお洒落なパン屋さん、森の石窯パン屋さんというお店があります。
DSCN5757.jpg

見つけたのは先日記事に書いた「笠間工芸の丘」の帰りですが、興味を持ち立ち寄ってみることにしました。
DSCN5755.jpg
雰囲気の良さそうなお店お客さんも入れ替わり入ってるようで、人気店みたいです。
入口のドアをくぐると、食欲をそそる香ばしい香り。。。
なんでも、スペイン製の石窯を使って焼いてるそうです。
パンの種類も豊富で、みんな美味しそう(≧∇≦)!
焼き物の街=笠間ですが焼き物は焼き物でも、食べられる”焼き物”いいじゃない
初来店だから、一押しメニューとか分からないけれど今回私が購入したのはこれらの商品です。

DSCN5759.jpg
ビーフシチューパン
ふわふわの生地にじゃがいも、デミグラスソース入り。
帰宅後、母の手が真っ先に伸びました(笑)

DSCN5758.jpg
塩パン
塩味でかりっとした食感^^シンプルだけにはまりやすいかも?

DSCN5760.jpg
スティックショコラ
(画像は半分に割ったものです^^;)
細長い板チョコが1本丸ごと入ってます
チョコ好きならたまらない!!ビスケット生地と、チョコレートが絶妙なり

たくさん購入すると、ドリンク(コーヒーor紅茶etc)が無料サービスのようで私もいただきました。
このお店、時間帯によっては店内食も可能ですので買ったパンの中から1個取り出してコーヒーと一緒に食べていくことにしました。
2Fがイートインスペース。但しランチタイム時は利用できません。
丁度、その時間帯はイートインOKでしたので利用させていただきます
DSCN5752_20150215220435d5e.jpg
8番テーブル利用。
この席から丁度、店内が見渡せるの
DSCN5754b_201502152204370b6.jpg
お客さんが途切れたタイミングを見計らってパチリ
こんな感じでパンが陳列販売されているのです。

では、いただきましょう
DSCN5751.jpg
↑黒豆とクリームチーズのパン。メレンゲのような軽やかな生地で、ちぎって食べやすいの

店内も綺麗ですし、店員さんも感じ良いし、また来店したいと思わせるお店です。
もっと遅い時刻まで営業しているお店なら仕事帰りにでも寄れるのに(~18:00まで)
笠間の新名所と言っても良いお店だと思います

さてこのお店、来る2月18日~24日に北海道は札幌の「札幌丸井三越」にて開催されるブーランジェリーフェアというイベントに参加されるそうです
イベント内容は日本全国のパン屋が集まり、その腕を競い合うというものですが、それに茨城県代表としての参加です。
頑張れ~っ!!

森の石窯パン屋さん
茨城県 笠間市笠間2286-1
Tel:0296-74-0888
営業時間
10:00 ~ 18:00
水曜日定休
HP→http://mori-pan.com/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/15 23:22 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(4)

筑波山縁むすび

筑波山神社入口の赤い大きな鳥居。
DSCN5762.jpg
この鳥居の前にある、小さなお店。
DSCN5768.jpg
おにぎりの形をした可愛らしい看板で分かるように、おにぎり専門店です
「年越祭」の時間から少しバックしますが、ランチはここでとりました。
DSCN5763.jpg
北条米と並んで筑波山のブランド米、常陸小田米を使用したおにぎり店。最高級こしひかりを5つ星お米マイスターの監修の下に販売しているそうで。
開店したのは確か、去年だったかな

ケースの中に並んだおにぎりの中から、自分の好きなものを選ぶことができます。店内食、テイクアウトいづれも可。
勿論、登山のお供にも
初来店ですので、今回は店内で食べることにしました。
そして、初来店だから600円のセットメニューを
DSCN5764.jpg
常陸小田米 釜炊きおむすびセット 600円
おにぎり×2個は選べます。今回はツナマヨと鮭にしてみました
尚、お茶はセルフサービスでお替り自由です。
では、いただきます!
DSCN5765.jpg
筑波山の良質な水、そして最小限の使用量にとどめた農薬でこのおにぎりが誕生したのですね。。。
最初だから、しおむすびにすれば良かったと後に後悔(笑)

それはともかく味噌汁にお新香が、おにぎりのお供にぴったり!
DSCN5766.jpg
写真の撮り方が悪く、味噌汁の具が見えませんが中身は葱です。
そして、箸休めのお新香↓
DSCN5767.jpg
お茶があれば、他に何も要らな~い♪(笑)
”日本人でよかった”と心の底から本当に思う、このひととき。。。

登山、もしくは筑波山神社参拝前に”ほっと一息”にふさわしいこのお店。
おにぎりだけでなく、常陸小田米を使ったお菓子などもお土産用に販売されているんです
IMG_20150211_0001.jpg
常陸小田米を使ったシフォンケーキが人気のようです。残念ながら私がお店を訪れた時には既に品切れ
クソっ!!次回行った時にはきっと・・・・・

夫婦和合や縁結びにご利益があると、昔から言い伝えられる筑波山。
”縁結び”と”むすび(おむすび)”、うまくかけたものです

筑波山縁むすび
茨城県つくば市筑波1223-8(筑波山神社前)
Tel:029-896-8863
9:00~17:30
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
http://www.odamai.com


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/14 22:14 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(2)

藤田小四郎像と梅

筑波山神社の駐車場敷地には、藤田小四郎の像があります。
DSCN5790.jpg
藤田小四郎
天保13年(1842年)~元治2年(1865年)
父は水戸9代藩主・徳川斉昭公に仕えた学者=藤田東湖。
DSCN5792.jpg
幕末水戸藩士であり、天狗党の首領格としてこの筑波山で挙兵を行いましたが福井県敦賀市にて捕らえられ元治2年の3月20日(旧暦2月23日)、刑死しました。享年24歳。
ここ・筑波山は天狗党挙兵の地ということで、縁あるこの地に銅像が建っているのはうなづけます
DSCN5791.jpg
尊皇攘夷の思想を強く抱いていたという小四郎、幕府の無策さに血気盛んな若い心が動かされたのでしょうか・・・?
挙兵を誓った時の彼の気持ちはいかに・・・?
DSCN5795.jpg
兼て与梨 思ひ初にし真心を けふ大君に 徒希て嬉しき
(かねてより おもいそめにしまごころを きょうたいくんに つげてうれしき)
~藤田小四郎辞世の句~

彼もまた、幕末烈士の一人であるわけですが立ち止まって銅像を仰ぎ見る人は誰一人としていませんでした。
やはり、「勝てば官軍、負ければ賊」という日本古来の風習(?)が残っているのか。
争いに負けた彼らは、”賊”という目で後世まで見られてしまうのでしょうか。。。哀しい話です

ところで、藤田小四郎像のある駐車場にある梅の木に早咲きの梅の花が見られました
DSCN5793.jpg

銅像に見向きもしなかった人達も、この梅の花にはカメラや携帯を向け写真を撮ってた様子
私も思わず、カメラを向けます(笑)
DSCN5794.jpg
可愛らしい、小ぶりの白梅がまるで
「春はもう、近くまで来ているよ!」と言ってるかのよう

駐車場の別な場所には紅梅が咲いていました。そちらもついパチリ☆
DSCN5781.jpg

DSCN5777.jpg
春は、遠からじ。。。
まだまだ、寒さ厳しいけれど春は確実に近づいています。
凍て付く思いも、あともう少しの辛抱かな?
IMG_20150211_0002.jpg
第42回筑波山梅まつり
平成27年2月21日(土)~3月29日(日)
筑波山梅林にて今年も開催されます
詳しくはコチラを→http://umematsuri.jp/(つくば観光コンベンション協会さんHP内)
期間中は楽しいイベントも開催されますので是非、お出かけください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/13 23:36 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

年越祭~福物争奪戦

筑波山神社の年越祭レポート、続きです。
その前に訂正ですが、拝殿前のこの古めかしく威厳のある門は”楼門”ではなく、”随神門(ずいしんもん)”というそうです。大変失礼いたしました
DSCN5802.jpg
筑波山神社年越祭について・・・(筑波山神社HPより)
このお祭りは元来旧暦正月14日に追儺式(ついなしき=豆まき)を行っていました。14日は小正月の晦日にあたりその年 初めての満月(十五夜)を迎えます。そこで神社でお祓いを受け心身を清めた年男が福男となり福を与える為、 福豆とともに多くの福物を撒き、満々たる月の如く一年の一陽来復・家内安全・身体安全・除災招福・厄除けな どを祈願する祭礼であります。ご奉仕戴く年男は 厄年や生まれ年の方に限らず毎年つづけて奉仕いたします。 これが他の社寺で行われている節分とは異なるところです。現在は2月10日・11日の二日間にわたり、約600名の年男年女が参加し盛大に斎行されます。
http://www.tsukubasanjina.jp/


さて、拝殿にて祈祷を終えた年男・年女の皆さんが出てきました。
いよいよ、豆まきのスタート!
DSCN5819.jpg
壇上に備えられたお菓子や福豆その他諸々(←食べ物以外のものも実際、あったようで)が、年男・年女の皆さんの手に取られ、それらが彼らの手から離れたその瞬間!!

たちまち、これもん↓
DSCN5821.jpg

DSCN5822.jpg
DSCN5823.jpg
福を手にする為には手段など選ばない!大人も子供も関係ない!子供であろうが容赦しない!
境内はたちまち、戦場と化してしまいました
凄まじい、福物争奪戦の模様を画像でご覧あれ
DSCN5832.jpg

DSCN5830.jpg

DSCN5834a.jpg
DSCN5834b.jpg
誰にもキャッチされないまま、地面に落ちたお菓子のところにあっという間に人だかり。ここでさらに激しい争奪戦が勃発!そんな様子があっちでもこっちでも、といった状況でした
DSCN5835.jpg

DSCN5837.jpg
前列のほうでは子供達の”ちょーだい、チョーダイ”という黄色い声、負けじと大人たちまで。
恥じらいも我も忘れ、童心に還った大人たちの”頂戴、頂戴”の声が響きます。
筑波山神社にはきっと、こういった人間たちの欲望をすべて飲み込み消化(浄化)してくださる力を持っているのでしょうね・・・
DSCN5838_20150212220156073.jpg
豆まきが終了し、戦い終えて両手にパンパンに膨らんだ手提げ袋を提げ”凱旋”する人たちの表情は皆、晴れ晴れとしていたように見えました
あれだけ大勢の人達がもみくちゃになる中、怪我人も出さず無事に年越祭を終えることが出来たのはやはり、見えない力=筑波山神社の守護神に守られているからでしょうか。1個のお菓子も得ることができなかった私でさえ、なんとも言えない充実感を感じつつ山を降りることができたのです

筑波山麓の神社境内で楽しく、熱く(?)開催された年越祭のレポートでした
DSCN5761.jpg
↑筑波山市営第4駐車場より

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/12 22:34 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(2)

筑波山神社参拝~年越大祭

建国記念日の今日は、筑波山神社へ参拝に行ってまいりました
先日、ちらっと予告記事を書かせて頂いたとおり2月10日・11日の2日間に渡って筑波山神社の境内にて年越祭が開催され、今日11日はその最終日。
丁度、会社の公休が取れましたので今年は私も見物してまいりました
DSCN5787.jpg

開始前にまず、拝殿をお参りします
ちゃんとお清めをした上で。。。
DSCN5784.jpg
さすがは筑波山。お清めの水も清らかで美味しい(え?)
では、祈願を。
DSCN5785.jpg
私にとって丁度、今年の恵方にあたる方角に位置するこの神社。
しかも今年は干支年そのような年に天下の筑波山神社を参拝するのだからご利益が期待できそう!
というわけで、心を込めて合掌( ̄人 ̄)!

参拝の記念に福豆を購入しました。3つ買ったのは家族の分です
DSCN5786.jpg
空クジナシでくじが付いていて、景品と交換できるそうなのですが私の場合3つ選んで3つとも・・・
この通り↓
DSCN5789.jpg
好きなドリンク(缶のジュースや烏龍茶等)と交換できるのです。3本ちゃんと交換し、お持ち帰りしました(笑)
先にネタバレしてしまうと結局撒き菓子(福豆)は1つのおこぼれもGETできずじまいでしたので、これがそのままお土産となったのですが・・・。
だって、これもん↓だもの・・・
DSCN5838.jpg
この模様については次回たっぷりと(笑)

年男・年女達が撒き菓子を行うまでまだ時間がありましたので、神社の周辺散策など。
拝殿前にある楼門を抜け階段を下りていくと、石段の中央に太鼓橋があるのが気になりました。
DSCN5800.jpg

この太鼓橋は「御神橋(ごしんきょう)」という名がついています。
DSCN5797.jpg
県の指定文化財で、徳川家康公がこの筑波山を江戸城鎮護の霊山と崇め、三代将軍家光公が寄進、そして五代将軍綱吉公の代に改修されたとあります。
御座替祭(4月1日・11日)と年越祭(2月10日・11日)に参拝者の渡橋が許される、と書かれていますが・・・・。
DSCN5798.jpg
通れませんね

一旦、階段下にあるお土産売り場街を適当にぶらぶら歩いて再び鳥居をくぐり、石段を上がって楼門をくぐって神社の境内に戻ることにしました。
参道内のお店では筑波山土産として”がままんじゅう”とか”がませんべい”等のお菓子の他登山用の杖やピッケル等のグッズ、それに”ガマの陣中油”なんかが陳列され、その光景になぜか懐かしさを感じていた私(笑)
でも特に買うものはなかったので、一通り見て廻って境内に戻っていきました。
DSCN5801.jpg

伝統的な郷土芸能、「ガマの油売り口上」も開催中!
DSCN5806.jpg

年男・年女の皆さんも勢揃い!いよいよですねえ
DSCN5811.jpg
この後、神主さんによる祝詞→御祓いの後、大勢の参拝客が見守る中拝殿に入っていくことになります。
拝殿の中で祈祷が行われ、それが済んだ後に拝殿横の壇上より豆まきが開始されるのですが、
”豆まき(実際は撒き菓子)はまだか?”と、待機する参拝客で拝殿前も凄いことに!
DSCN5812.jpg
皆さん誰もが手に大きな袋を持って、”その時”を待ちます。
私の右横で待機していた小学生の男の子が、飛んできたお菓子をうまくキャッチするために一生懸命ジャンプの練習してたっけ。
果たしてその成果はあったのかなあ・・・?(笑)
DSCN5813.jpg
では、後半は次回で

ここで情報です。”そんなの、もう知ってるよ!”という方もいらっしゃるかもしれませんが。。。
筑波山ケーブルカーが現在、設備更新工事の為平成27年3月20日まで運休となっております。
IMG_20150211_133203405.jpg
筑波山、もしくは筑波山神社参拝に来られる方はご注意ください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/11 22:45 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

笠間工芸の丘へ

2月3日~3月1日(日)まで、笠間市の笠間工芸の丘内クラフトギャラリーⅡ(ショップの中にあります)にて、陶雛の展示会=桃宴2015が開催されています
IMG_20150208_0001.jpg
DSCN5744.jpg
いづれも陶の冷たさを感じさせない、温かくて優しい作品ばかり。特に着物の裾等、まるで本物のような布の感じがよく表現されて素晴らしい
室内や展示作品は撮影しておりません(撮影可・不可は未確認。でもスタッフさんがついていましたし、誰一人としてカメラどころか携帯写メ撮影している人はいませんでしたので、おそらくNG)。
作品は是非、ご来館されて皆さんの肉眼でお楽しみください
IMG_20150208_085806160.jpg
ガラス製の壁雛1,500円。場所取らないしコンパクトで片付けも楽チン♪
来館の記念に1つ、買ってみました

笠間市内では”笠間のひなまつり”ということで、陶製の雛人形が市内で展示されていますが何しろ、展示されてる箇所が点在していて果たしてどこに焦点をおいたらよいのか分からず、とりあえず笠間工芸の丘へ行ってみよう!というわけでやってきました。
DSCN5740.jpg
登り窯(体験教室用の焼き窯)の脇にある丘の上で、可愛らしい焼き物の動物達がお出迎え(*^_^*)

前回来た時(2年は前かな)、東日本大震災被災により壊れたままになっていた登り窯も見事に復旧していました
DSCN5741.jpg

DSCN5742.jpg
今更ながら、おかえりなさ~い!\(^O^)/
登り窯も無事復活し、素晴らしい作品がたくさん生まれ”工芸の丘”にふさわしい光景が戻りましたね
あれ?いつの間に(≧≦)
DSCN5743.jpg
首を左に傾げてご覧ください^^

「桃宴」が開催されてるショップにも、前回訪れた時になかったものが
↓画像左側、注目。お分かりでしょうか・・・?
DSCN5749.jpg

では接近!
DSCN5747.jpg
昨年、笠間駅前で開催された「道の市」にて活躍しました”人車”でした。
(その時の記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2038.html
ここで再会できるなんて
DSCN5746.jpg
復元プロジェクトさん達の手によって、80数年後に蘇った笠間人車軌道。
現在はイベント会場のみの活躍、普段はここでこうして休んでいたんだなあ。。。
DSCN5745.jpg
リアルタイムに活躍していた頃(大正~昭和初期)は、笠間駅⇔笠間稲荷神社間を運行していたそうですが、この時代それを復活させるのはさすがに難しいかなあ

コーラの瓶の蓋みたいな屋外テーブル。さすがは”芸術の森”!
DSCN5748.jpg
野外に設置された、いくつかのオブジェ巡りも面白そうです
見て、体験して、触れて、遊んで、食べて・・・笠間工芸の丘を含む広~い敷地の芸術の森公園
楽しみ方も幅広し!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/10 21:00 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

ステーキ&ハンバーグひまわり

ついに、このチケットを使う日がキタ・・・!!
DSCN5578_2015012822002949b.jpg
那珂市商工会七運物語フェアのくじ引きで当たったチケットです。
当初から決めてた通り、つるし雛見学の帰りに那珂市内国道349号沿いにあるレストラン=ステーキ・ハンバーグひまわりでランチをすることにしました
DSCN5715.jpg
このひときわ目立つ看板は、バイパスから嫌でも目に付くのさ(笑)
12:00前にして駐車場はほぼ、満車でした。かろうじて空いてた箇所にわが愛車を置きお店へ。
DSCN5701.jpg
「ステーキ・ハンバーグひまわり」、「にこにこハンバーグひまわり」どちらが本当の名前なんだろ?
まあ、そんなことはおいといて
DSCN5702.jpg
おすすめメニュー、期間限定メニューetcたくさんあって迷っちゃう
ちょっとだけ悩んでオーダーした商品は「ひまわりハンバーグセット」1,500円(税別)。
セットメニューには必ずドリンク+サラダ+スープ+ライスが付き、サラダ&スープはすべてお替り自由です。
DSCN5704.jpg
サラスパかぶせちゃって見た目汚くしてすみません(>_<)
ちなみに、お肉と同じ量の野菜を食べるのが健康に良いそうですよ

セットのドリンクにはホットコーヒーを。珈琲哲学の焙煎工場から直接仕入れたコーヒーですがそのボリュームにびっくり
DSCN5705.jpg
スタバのLサイズじゃんこれ?
お冷のグラスと比較してみました。
DSCN5706.jpg
セットのドリンクでこのボリュームは凄いね(≧∇≦)!

コーヒーを飲み、スープのお替りを運んでこようとしたら”主役”が到着!
DSCN5707.jpg

ひまわりの種をトッピングした、体に良さそうなハンバーグ
DSCN5708.jpg

そろそろ、油の飛散も落ち着いたかな?
DSCN5709.jpg
美味しそう!!
では、いただきます
ナイフでカットしたら、肉汁じゅわ~
DSCN5710.jpg
素直に美味しい!!
お肉は国産牛を使用しているとのことなので、安心して食べられる

食べ終えた後、デザートがつきますがそのデザートにまた感激(≧∇≦)!!
DSCN5713.jpg
いやあ、手がこんでますなあ。。。
嬉しいです、こういった演出^^。
この日のデザートはレアチーズケーキでしたが、これがまた美味しくて
DSCN5714.jpg
お皿にデコったチョコソースの甘い香りを嗅ぎながら食べるって、また格別

最後まで美味しくいただきました!ご馳走様
七運チケットも無駄にせずにちゃんと使ったし、大満足
機会あったらまた利用したいお店でした!

「当店を利用されたすべてのお客様の笑顔が、明るく輝いたものになりますように」・・・ひまわりさんのお店のモットーだそうです。
お料理も美味しかったけれど、お店のスタッフさん達の笑顔もひまわりに負けない優しい笑顔
これからも末永く、素敵な笑顔とお料理で来店されたお客さん達に幸せを与えて欲しいと思います
DSCN5703.jpg

-ステーキ&ハンバーグひまわり-
茨城県那珂市菅谷3872
Tel:029-219-7144
11:00~22:00(月~金は15:00~17:00休)
ランチ 月~土曜11:30~15:00
食べログ紹介ページ→http://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080502/8014131/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/09 20:49 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(2)

来る2/10,11は年越祭

※予約投稿による投稿です。
節分、といえば2月3日。2月3日に節分祭を行った神社等が多いかと思いますが来る2月10日(火)・11日(水)の両日には筑波山神社にて、平成27年筑波山神社年越祭が開催されます
IMG_0898_20150208213819ff5.jpg
2月10日  1時 2時 3時 5時 6時 
2月11日  2時 3時 5時 6時

IMG_0904_2015020821382022e.jpg
毎年、筑波山神社で行われている恒例行事だということは知ってましたが私はこれまで訪れたことがありませんでした。
ですが今年は干支年ですし、是非とも祈願したいことがある為、是非訪れてみたいと思っています11日
たとえ、福豆(←動画を確認したところ、実際は撒き菓子ね^^)はゲットできなくてもイザナギ・イザナミ両御神体にしっかりと祈願してきます(笑)

神社のHPによれば10日は大相撲の友綱部屋の力士たちが13:00~15:00の間に来られるとか。
いづれの日も大混雑が予想されますご参拝に出かけられる方はくれぐれも事故等にご注意ください!
筑波山神社年越祭の様子↓(2014.2.10)

※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合があります。
私のリアルレポートは参拝後に

筑波山神社→http://www.tsukubasanjinja.jp/

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/09 13:30 ]  つくば市 | TB(0) | コメント(0)

曲がり屋のつるし雛<2>

那珂市の曲がり屋に展示されたつるし雛をゆっくりと眺めていきます。
ボランティアスタッフさんからのサービスでいただいた、1杯のお茶で体を温めながら。。
茨城県では桜川市の真壁に代表されるひなまつりイベントですが、他の地域もそれぞれ特色があり地域色がにじみ出ていて見比べてみると面白い。
ここ、那珂市でも勿論郷土色溢れた温かい手作りのつるし雛を楽しむことができるのです
DSCN5671.jpg

DSCN5672.jpg
市の花=ひまわりが使われてる点が、”那珂市らしい!”と思わせる(≧≦)
他では見かけないオリジナリティを感じさせます
DSCN5676.jpg

変り種なところでは、そのひまわりを擬人化?と思わせるようなものも。
DSCN5677.jpg

あら?今年の干支もありますね♪
DSCN5673.jpg
ガラスケース入りの羊さんが可愛いっ!!
つるし雛のほうにもいくつか見られましたけどね(*^_^*)
DSCN5674.jpg

さて、雛人形といえばやはり段飾りのお雛様
DSCN5678.jpg
これが飾られていると、ますますひなまつりらしくなりますね
この部屋には梅の木もあったりして(≧≦)
DSCN5681.jpg
早くも梅満開?!
こちらは既に満開?木の枝でさえずる鳥もいます。
DSCN5682.jpg
この部屋だけ、一足お先に春がやってきたかのようですね。。。(* ̄▽ ̄*)
おや?梅ノ木のそばに何か書いてありますね
DSCN5684.jpg

「梅の花の数当てクイズ」だって!
DSCN5686.jpg
展示されている梅の花がいくつ開花されてるか、答えを記入してBOXへ!
ご来場になられましたら是非チャレンジしてみてください
もしかすると、素敵な商品が当たるかもしれませんよ♪

お土産にはこうした”さりげない遊び企画”と、オリジナル商品「七運クッキー」(七運野菜を使ったクッキー)の販売も行われていますので、ご来場の際には忘れずに
DSCN5698.jpg
↑結構、人気商品です。下手すると午前中のうちに完売してしまう恐れもありますのでお求めはお早めに(笑)

ここ・曲がり屋で行われているつるし雛展示は、3月8日(日)までとなります。
来る3月1日(日)には、ここでイベントも開催されるそうですからお時間のある方、足を運ぶのが可能な方はお出かけになられてみてはいかがでしょう?
DSCN5688.jpg
3月1日(日)10:0~15:00
つるしびなまつり開催(※荒天中止)
会場:那珂市曲がり屋・一ノ関ため池親水公園
門部ひょっとこ踊り、会津創作太鼓(東日本大震災復興支援古流)、模擬店、他


まだまだ寒いけれど。。。那珂市の曲がり屋は既に春到来かな?
DSCN5699.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/08 20:32 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(0)

曲がり屋の吊るし雛<1>

「第7回那珂のひなまつり」が、先月31日から3月8日(日)まで開催されています。
(展示時間9:00~16:30 開催場所等詳細はコチラで→那珂のひなまつり(那珂市観光協会)

というわけで、ここのところ毎週末続けて那珂市を訪問することになりますがやってまいりました
白鳥の飛来地=一ノ関溜池、そして那珂の曲がり屋へ。
DSCN5661.jpg

ただいま~!\(^O^)/
DSCN5662.jpg

DSCN5663.jpg

DSCN5664.jpg
市の指定文化財=「那珂の曲がり屋」。ここを訪れるのは初めてではありませんが、「那珂のひなまつり」開催にあたり吊るし雛の展示会場の中でもっともお気に入りの場所ですので、また来ちゃいました
開放された居間には、無数のつるし雛がいっぱい!!
DSCN5665.jpg

すべて、”那珂つるしびなの会”の皆さんによる手作りです。
DSCN5668.jpg

前回の那珂市記事で触れました「七運汁」に登場する野菜が登場しています
DSCN5666.jpg
七運汁の材料となる野菜、これらは”七運野菜”と呼ばれています。
以前いただいたチラシによりますと、これらの野菜にもそれぞれ意味があるそうな

DSCN5667.jpg
今年のテーマ=「ふぇすてぃばる」の元に、今年もたくさんの楽しい作品が楽しめました
次回の記事で、じっくりと掲載させていただきますね
とりあえず、今回はこの辺で

※現在、県道31号線の「ひばりが丘」交差点工事中に付き、その影響で国道349号杉原交差点左折→なか健康センター前付近の道路が大変混雑しています。お車で通行の際はくれぐれもお気をつけください。
IMG_20150207_224858505.jpg
何もなければ国道左折後、せいぜい5分程度で曲がり屋に辿り着けるはずがこの渋滞のせいで25~30分かかりましたなしてこんな時期にやるかなあ。。。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/07 23:46 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(2)

山林堂本店のたまごさん

「カミスガ」出店のお店をもう1箇所
常陸太田市の山林堂さんという銘菓店です
「カミスガ」ではほぼ、レギュラー出店かな?
DSCN5607.jpg
歴史の里、常陸太田市にふさわしく素朴で懐かしさを感じさせるお菓子がいっぱい!
その中でも、”たまごさん”というほのぼのした名前に惹かれました。
1袋5個入りで350円、”カミスガ限定”で6食詰め合わせが500円。
限定版1つと350円のを2つ買ってきました
DSCN5657.jpg
卵たっぷりのたまごケーキ、「たまごさん」
名前が可愛い!!この”たまごさん”味は全部で6種類あるとの事。
DSCN5656.jpg
プレーン、チーズ、オレンジetc。。。
カステラ?ミルク甘食?いやいや、ジャンボソフトタマゴボーロ?
たまご風味たっぷりで香ばしく、どことなく懐かしい・・・心和む味です
幼稚園以下の小さなお子さん、または歯の弱い年配の方にオススメ
飲み物はコーヒーや紅茶よりも、ミルク(冷・温両方)がふさわしいかもしれません。

ところでこの山林堂さん、昔からの有名なお菓子では「西山荘落雁」があります。
IMG_0297_201502052315379a0.jpg

箱を開けると本当に、西山荘の形をしているんです
IMG_0298_20150205231538f53.jpg
IMG_0304_20150205231539eef.jpg
見事なミニチュアで、食べるのが勿体無い(≧≦)!
創業は明治30年という老舗。この西山荘落雁は創業当時から伝わる伝統の御菓子です。
伝統の味を守っている傍らで、最近では洋菓子も手がけるようになったとか。
バレンタインデー用のチョコレートもありますよ
DSCN5659.jpg
オレンジキュラソーやホワイトキュラソー、コワントロー等洋酒をたっぷりと使った大人のチョコレート
ご注文はお早めに
DSCN5658.jpg
今回は購入しなかったけれど、洋菓子ならばそば粉を使用したマドレーヌ=そばレーヌもオススメ商品です

伝統的な和菓子と、斬新な洋菓子。この2つが共存し、今年で創業118年になる銘菓店=山林堂本店は元気に営業中であります

山林堂本店
HP→http://www.kujiragaoka.com/sanrindo/



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

【お知らせ】
2/8(日)10:00~15:00
常陸太田駅前広場にて、「汁ONEカップ」が開催されます。
最新情報→http://www.kanko-hitachiota.com/wp/hitachiota/2015/01/19/%E6%B1%81one%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%972015%E6%9C%80%E6%96%B0%E6%83%85%E5%A0%B1/
味噌汁やスープ等、汁椀もののグランプリを決めるHOTなグルメイベントです
興味を持たれた方、ご家族やお友達等お誘いの上お出かけになられてみてはいかが?
ちなみに私、この日は母と水戸京成百貨店でデートする約束をしていますので足を運べませんが
参考までに過去の記事をリンクいたしますので、大まかな雰囲気だけでも察していただけたら幸いです
汁ONEカップ、開催されました!前編(2012.2.6
汁ONEカップ、開催されました!後編(2012.2.8)
 [ 2015/02/05 23:45 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

「カシテツ」が焼いてくれたピザ

カミスガで気になった、とあるキッチンカー
色合いといいボディデザインといい、廃止になったあの鉄道車両に似てるこの車体
DSCN5585.jpg
昨年暮れ、行方市の麻生公民館で開催された「ウィンターフェスティバル」の時にも見かけたあの”カシテツキッチン”(←勝手に命名)です。ここでもお目にかかれるなんて
DSCN5614.jpg
鉾田市から来られたほこた農商工企業組合さんのお店です
”いちご酢”等の特産品販売と、特製ピザ=「鉾田ピザ」を提供されています。
行方市の時は食べなかったので、今回は食べてみることにしました。
DSCN5611.jpg

車体デザインはやはり、あの鹿島鉄道(2007年3月31日廃止、以下”カシテツ”と表記します。)をモチーフにしているそうです。勿論、堂々と関東鉄道公認
カシテツ車両を使用するところから、鉾田の人達のカシテツに対する熱い思いと愛着を強く感じられます
DSCN5612-2.jpg
”蘇ったカシテツ”が線路を走るのではなく県内のイベント会場。そして、乗せてるのは乗客ではなくて”夢”。
おお、なんと!!(゜▽゜)車の中に焼き釜がある!!すご~い!!
DSCN5613-1.jpg
本格釜焼きピザなんて、素晴らしい
ピザを焼くのは注文を受けてからで、焼きあがるまでに時間がかかりますので待ってる間に隠し撮り(コラコラ)
お店の方、ごめんなさい
DSCN5613-2.jpg

さあ、美味しそうに焼きあがりました(*^_^*)
では、いただきま~す!
DSCN5615.jpg
ほうれん草にトマト、レンコン他鉾田産の野菜がたっぷりと入っていました。
アツアツで、美味しい~!!
DSCN5616.jpg
ただ・・・。タバスコかけ過ぎて唇ひりひりになっちゃった(^◆^;)

具沢山で結構、お腹に溜まります。ご馳走様でした

鉾田市や鹿行地域、そして茨城県の為に頑張る組織・・・ほこた農商工企業組合
鉾田の野菜で茨城県全域を元気にしようと、今日も”カシテツ”はどこかの街へ。
次に訪れるのは、もしかすると皆さんの街かもしれませんね
DSCN5617.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/04 23:51 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(2)

カミスガを(食べ)歩く

「カミスガ」商店街は、食べ歩きだけが楽しみではありません。
たとえば、ポニー乗馬体験だとか。
DSCN5624.jpg

和太鼓の体験コーナーとか。
DSCN5634.jpg
恒例の「どんどん和太鼓プロジェクト」。
初めてのお友達でも大丈夫だよ(^-^)b
お子さん向けの企画だけでなく、大人向けのサービスも
DSCN5618.jpg
イベント会場を巡っていると最近、必ず見かける整体コーナー。私ぐらいの歳になるとゲームよりもコチラのほうがありがたい(笑)でもまだお世話になったことはありませんが
ステージライブも行われていました。
DSCN5631.jpg
でも

残念ながらこの日のように寒い日は、歌を聴くよりも食べ歩きの方がいい!という方がダントツ多いようです。
皆さん、グルメコーナーに集中していました。
DSCN5625.jpg
勿論、私も例外じゃありません
いろいろなお店のいろいろなグルメが楽しめるのも「カミスガ」の良いところ
今回カミスガ初出店のお店もエントリーです。
唯一の”フロム県南”、土浦からお越しのから揚げ専門店”鳥○(とりまる)”さん
DSCN5645.jpg

DSCN5640.jpg
からあげグランプリ金賞を受賞された栄光を持つお店なのですがなんと!初出店で凄い行列できてる(≧∇≦)
人気を独占してしまいました。
つちまる君も応援に来てたからかな?
DSCN5583.jpg

鳥○さんに対抗?水戸市のお惣菜店”高久”さんではから揚げつめ放題=500円だって(≧≦)!
DSCN5630.jpg
でも私がここで買ったのは、から揚げではなくて(¬-¬)
ラーメン↓
DSCN5638.jpg
茨城県の老舗醤油店の醤油でじっくり煮込んだチャーシュー入りのラーメン^^
シンプルで昔ながらの醤油ラーメン、って感じ。
わりと好きですこういった味(*^・^*)
DSCN5639.jpg

あら!このお店も初出店だったのね
DSCN5627.jpg
茨城産の豚肉、茨城県の老舗醤油店・・・と、地場地消へのこだわり・・・いいですねえ。。。
茨城産食材へのこだわり、といえばこのようなコーナーも
DSCN5601.jpg
いばらきユースプロジェクトさん達による、「豪華しゃも鍋」
食材、調味料すべて”茨城県産”にこだわりました!
DSCN5602.jpg

DSCN5603.jpg

DSCN5605.jpg
お味の方は・・・好みが分かれるな
しゃものだしが効いていましたが、やはり白菜・レンコンが入るとちょっぴり薄味気味。
県内でも北と南では味の好みも分かれるのでしょうが、県北部の人達には確かに薄かったと思うし
”ご当地グルメ”に君臨するには研究・開発の余地がありますね。

カミスガプロジェクトの皆さん、そしてカミスガに協力出店された業者の皆さんと那珂市民の方をはじめとする来客の皆さん。。。又、無料で駐車場を提供してくださった周囲のお店や保育所等の施設の皆さん。。。
「カミスガ」は、この人たちで成り立っているんだということを実感しました。
毎度企画されている、カミスガプロジェクトの皆さん大変お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました!
DSCN5582.jpg
駐車場、無料で貸してくださってありがとうございました

ところで、こういったイベント会場を歩いていると“へ~、こんなお店(もしくは団体)があったんだ!”と発見したり、“どこにあるの?普段もこの商品買えるの?”等と興味を持つことが多々あります。その意味でイベント会場は、お店やそのお店が存在する市町村PRにはもってこいの場所といえるでしょう。
カミスガ記事としてはひとまず今回で終わりにしますが、次回はそういった感じで見つけたお店のお話を。
今度はそのお店のある市町村カテゴリで書かせていただきます。
DSCN5585.jpg
あの列車はもしや・・?
そのお話は次回でね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/03 23:30 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(0)

第11回ガヤガヤ☆カミスガ、開催されました!

去る2月1日の日曜日、JR水郡線上菅谷駅前大通りにて第11回ガヤガヤ☆カミスガが開催されました
DSCN5584.jpg
この日、那珂市では市長選挙。
そしてこの日は気温もかなり低い上、午前中から冷たい強風が吹き荒れるとても寒い天候で歩いていても寒さをまともに感じるほど。にも関わらず大勢の人たちが朝早くから訪れていたのにびっくり
DSCN5593.jpg
晴天だったのが恵まれましたね
強風でテントが崩れたり屋根が飛びそうになったりでお店の人は大変そうでしたが、怪我人が出たという情報は聞いていません。

普段、静かな上菅谷駅前を賑やかにしよう!
その思いから「カミスガプロジェクト」が青年部の人たちにより結成され、隔月で”カミスガ”イベントが開催されるようになり、今回ではや11回目
上菅谷駅前が商店街やライブステージ、アトラクション広場に大変身する、楽しいイベント
過去何度かこのイベントに足を運ばせていただいてますが、回を増すごとに来場されるお客さんが増えてる気がします。
DSCN5595.jpg
ちなみにこの写真を撮影したの、まだ11時前ですよ
時間が経つにつれ、来場者はさらにどんどん増えていきました。
出店されたお店は食べ物の他、手作り雑貨やアクセサリー、そしてゲームコーナー等。。。
まるで縁日です
DSCN5610.jpg

那珂市に近隣の市町村からも助っ人が来られていました。
DSCN5596.jpg
輪投げゲームのトップ賞景品=大子温泉だって?
随分豪勢な(笑)

DSCN5597.jpg

御馴染みの、「那珂湊焼きそば」(ひたちなか市)も。
DSCN5600.jpg

野菜も安いねえ。。。
DSCN5599.jpg

ぶらぶら歩いているうちに、気が付けば両手に手提げのポリ袋を持ち歩いていた私
このような場所に来るとやはり、お財布の口が緩んでしまう。。。(笑)
というわけで、続く記事は”お店めぐり”のお話

彼らも”カミスガ”の助っ人です。
DSCN5586.jpg

DSCN5590.jpg
この子達の活躍についても次回で。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/02 23:42 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(2)

渋滞中の車窓より、千波湖ウォッチング

午前中は那珂市上菅谷駅前通りで開催されたガヤガヤ☆カミスガを見物し、午後は友人と”一緒に聴こうね♪”と約束していたコンサートを聴きに行くため、水戸市にUターンして茨城県民文化センターへ。

でも、駐車場は満車臨時駐車場として設けられた場所は文化センターから歩いて徒歩10分(片道)の場所。でもここに置くしかありませんので仕方なく臨時駐車場に停め、冷たい強風吹く中千波湖畔をウォーキングすることになりました
IMG_20150201_132316738.jpg
文化センター臨時駐車場は、料金タダだし見晴らしも良いのですが今日のような寒くて冷たい風びゅーびゅー吹き荒れる中10分歩くのはぶっちゃけ、意地悪な話(TT)つくづく、水戸市って駐車場不便で泣きたくなる
とりあえずコンサートは無事鑑賞できたし、友人には会えたしコンサート終了後はチョコレートもいただき駐車場までの帰り道は友人とおしゃべりしながらの移動でしたから寒さもあまり苦でなかったのが幸いでしたが。
友人と別れ、駐車場を出るときと千波湖畔の道路を出るまでがまた一苦労
混まなければおそらく、5分とかからないと思える道路が渋滞により25分ほどかかってしまって
人気のコンサートやイベントの度にいつもこうです(>_<)なんとかしてもらえないものですかねえ。。。

渋滞で苛々するのもなんだか悔しいので、停車中千波湖畔を撮影しながら進むことにしました。
おや?あれは
DSCN5648.jpg
気になったのはお散歩しているカップルのことではありません。画像右側の標識の下に書かれているもの。
接近
DSCN5649.jpg
「白鳥が横断します。車の走行に注意してください」と書かれています
白鳥や水辺に住む生き物達は当然、交通ルールを知りません。ですから、我々人間の方が気をつけなくてはならないのです。そういう意味でこの札が立てられたというニュースを以前、TVで見たことがあります。
こういうことを告知しているのはおそらく、県内ではここだけのはず
それにしても千波湖の水も冷たそうです
DSCN5650.jpg

芸術館タワー、みっけ
DSCN5651.jpg

夕暮れ時の千波湖は、日中とは違い哀愁を漂わせた光景のように見えます。
早朝もいいけれど、この時間帯もまたいいね
DSCN5652.jpg
マラソンをしている人の姿もたくさん、見られました
そういえば今月15日は水戸マラソンの日。それに備えて練習に励まれていた方もその中にいらしたかもしれません。
このブログを閲覧されてる方の中にも、15日の「水戸マラソン」に参加し、走られる方もいらっしゃるかもしれません。出場される方、頑張ってください

夕暮れ時の千波湖ウォッチング。もしも渋滞していなければ通過していただろうし、こうして写真撮影も出来ませんでした。
渋滞も、悪いことばかりじゃない(笑)!

また1週間がスタートします。どうか良い週間をお過ごしください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/02/01 23:33 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(4)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-