赤塚村の碑

ネタ切れにより、お蔵入記事など。先日の”スーパーチラシ”同様に既にフェイスブックに投稿済みのお話です。
同時に、今年初めての「水戸市」カテゴリ

JR赤塚駅北口より50号バイパスに出て水戸IC方向へ進むと、水戸市役所赤塚出張所があります。
ホームセンター:ジョイフル山新の、道路を挟んだ真向かいです。
DSCN3689.jpg
なかなかお洒落な建物でしょ
使用済みの小型家電(古い充電器や電池パックetc)回収箱もあります
・・・って、記事はそのお話ではなくて

ここ・赤塚出張所の敷地内に建っている、1つの石碑。
DSCN3683.jpg
「赤塚村記念碑」と刻まれているのに興味を持った私。赤塚村とは、現在の水戸西部にあった村。すっかり水戸市となって久しいですが、昭和33年3月まで存在していた村だということは知っていました。
調べたところによると、昭和33年4月に水戸市に編入したことにより消滅した村です。
茨城県の廃止市町村一覧→ウィキペディア
DSCN3687.jpg
昭和33年3月31日建立、ということはこの碑が建てられた翌日に”水戸市”!!
ちなみにここ・赤塚出張所はかつて、赤塚村役場だった場所なのだそうです。
DSCN3686.jpg
昭和30年、3つの村(河和田・山根・上中妻)が合併し、誕生した赤塚村。赤塚村という地名が存在していたのはわずか3年だったということになります。合併後、ようやく慣れてきた赤塚村という地名が水戸市に編入することによって消えていったことを当時の住民達はどう思っていたのでしょう。。。

この碑だけが、赤塚村の歴史を知っている。。。
DSCN3682.jpg
赤塚村記念碑は、間もなく水戸市となってしまう前に”赤塚村”という村があったことの証を残しておきたい!という、地域の人たちの熱い思いがあって建てられたのでしょうか・・・?
これにつきましては、あくまで私の憶測に過ぎませんので今度本格的に調査してみたいと思います。
尚、”赤塚”という地名の由来も諸説あるようですが明確な情報が得られずこちらも勉強が必要だったりして
フェイスブック仲間の方々の力もお借りし、後ほど機会ありましたら記事に書かせていただくことにします。
但し、忘れなければ、ですが

余談ですが、赤塚出張所の真向かい~ジョイフル山新の駐車場に”ふじたや”さんというお惣菜&お弁当のお店がありまして、ここの鶏ごぼう飯おにぎりが私の大のお気に入りであります
マカロニサラダもね♪
蛇足でしたまあ、お堅い話だけでも難ですから

赤塚村役場時代の住所→茨城県東茨城郡赤塚村大字大塚
現在の住所→茨城県水戸市大塚町1851-5


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2015/01/30 22:33 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

再び、那珂市へ。。。

「七運物語」にて、私も七運汁を食べて”運試し”=福引に挑戦しました。
で、当たったのはコレ
DSCN5578_2015012822002949b.jpg
市内にあるレストランで使える500円券をいただきました。但し期限は2/10まで。

せっかくの”七運チケット”、無駄にしない為にはそれまでにまた那珂市へお出かけしなくちゃいけません(笑)
あっち方面に何かなかったっけ。。。
おお!あった
そういえば、1/31より毎年恒例の那珂のひなまつりが開催されます
那珂のひなまつり(那珂市観光協会)
2015.1.31(土)~3./8(日)
那珂市曲がり屋、歴史民俗資料館他

詳しくは那珂市観光協会さんのHPをhttp://www.naka-kanko.jp/news.php?code=235

温かい、手作りのつるし雛や雛人形が期間中、市内の数箇所の施設で展示されます。
特に、私的にオススメは”那珂の古民家=”曲がり屋のつるし雛
IMG_1398_20150128220032929.jpg

IMG_1473_20150128220034392.jpg
花や鳥、動物等の他に那珂市では”七運”にちなんだ野菜もつるし雛となって展示されています
勿論、既に当ブログで触れている「たっつあい話」の七運汁にちなんでいます。
ご当地の民話をそのまま、雛人形にも取り入れているところがオリジナリティですね
会場では温かい雛人形や、ボランティアさんたちの温かいおもてなしがきっと皆さんをお待ちしていることでしょう。。。

よし!雛めぐりをした後のランチタイムは「ステーキ・ハンバーグひまわり」さんに決定
曲がり屋が建っている場所は、一の関ため池の公園敷地内です。このため池は白鳥の飛来地としても有名なところですから、ひな人形見物と併せて白鳥ウォッチングなどいかが?
参考までに、前回訪れた時に書いた記事をリンクさせていただきます。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1580.html

そういえば今週日曜日(2/1)は、”カミスガ”の日だ。
IMG_0332_201501282200302b8.jpg
茨城県北のハブステーション「上菅谷駅」からはじまる物語
来る2/1(日)、JR水郡線上菅谷駅前にて「ガヤガヤ☆カミスガ」が開催されます。
※10:00~16:00まで。
はや11回目となるこのイベント、今回はワンコイン商店街が行われるとか?!
フェイスブック頁→https://www.facebook.com/events/743260135755844/
この日は午後から水戸で用事がある為、最後までいることは出来ませんが楽しませていただきます(^-^)v

寒さ厳しいけれど、那珂市は元気いっぱい!熱く盛り上がっています(≧∇≦)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/28 22:55 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(0)

春のしあわせを招く、みんなの節分!

丁度、1週間後の2月3日が節分ですね。
先日の日曜日に開催された”七運物語フェア”(前回の記事をご覧ください)会場では、同時に節分祭も開催されました
食べ物ネタはおいといて(笑)、今回はその模様をレポートさせていただきます
DSCN5554.jpg
はじめに「節分」についてのお話。由来や節分の際にはどんなことをすれば良いのか等の説明がありました。

司会進行のお姉さんが、それらについて語っている最中に。。。。
DSCN5555.jpg
出た~っ!!
何の前ふりもなく突然、赤鬼の登場!!
さあ、豆をまいて追い払え
DSCN5556.jpg

一旦、ステージ上から引っ込んだ赤鬼は今度は会場中を徘徊し、お客さん達を威嚇(?)
DSCN5561.jpg

DSCN5562.jpg

さらに、逃げ回る子供達を追いかけます。
慌てて子供達に福豆を配る大人たち。
DSCN5564.jpg

そして・・・・。

エイッ!!
DSCN5567.jpg

鬼は外~!!
DSCN5568.jpg
勇敢な子供たちがステージまで鬼を追いかけ、豆をぶつけて戦う・・・・。
会場にいる人たちのことを守るため。。。

そして。。。
DSCN5569.jpg
鬼、退散
みんな、よくやった
さあ、ごほうびだよ☆
DSCN5570.jpg
鬼が去り、入れ替わって福の神様がやってきて鬼を追い払った子供達にお菓子のプレゼント。
若くてイケメンの福の神様だったな・・・ということは別にどーでも良いですね(笑)
DSCN5571.jpg

その昔、災難や病気など悪いことはみな鬼の仕業と考えられていました。
旧暦では大晦日にあたる2月3日の節分に、邪気を払い福を迎え良い年を迎えよう!という願いのもとに行われてきた日本古来の伝統行事=節分。
リアル節分には少々、早いけれど会場で美味しい味を堪能し、楽しい節分を過ごした幸せなひととき。。。
他の地域よりも一足お先に春が来たような気がしたのは私だけだったでしょうか。。。
DSCN5560.jpg

DSCN5566.jpg
丁度私は今年、年女。
七運汁を食べていただいたお守りです。ご利益いただけたかな~?(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/27 23:33 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(0)

七運物語

JR水郡線上菅谷駅から徒歩だと大体、7,8分くらいでしょうか。
駅前広場を右に曲がり直進していくと、とんがり屋根が特徴の建物があります。
文字通り、”とんがりハット”という農産物直売所です
DSCN5544.jpg
とんがりハットのHP→http://tongarihato.com/
地元で獲れた新鮮野菜や手作りのお惣菜やお弁当、銘菓やパンまで売ってるお店。
那珂市のお土産を買うならここです
このとき、両手が買い物袋でふさがってしまった為、店内の様子は撮影しておりません

とんがりハットは多目的広場の敷地内に建てられた直売所なのですが、この日=1/25(日)に広場では。。。
IMG_33738070876413.jpeg
春のしあわせを招く、みんなの節分
~七運(ななうん)物語フェア。鬼はそと!福はうち!~

というイベントが開催されていました
DSCN5545.jpg
広場がこの日は神社に変身!!
「七運神社」の鳥居をくぐると、なにやらあちこちで食欲そそるいい匂いが漂っていました
DSCN5546.jpg

DSCN5547.jpg

DSCN5549.jpg

DSCN5550.jpg

「七運汁」をはじめとする、様々なグルメ。すべての商品名に”七運”と付いています。
おおお、こちらは”七運餃子汁”だって
DSCN5551.jpg

さて、ネーミングからして福が来そうなこの”七運”とはご当地に伝わっている民話「額田のたっつあい」話に基づいているそうです。たっつあいというのは、とんちとほらふきの名人として知られている人物で数ある”たっつあい話”の中で「七運汁」のお話があります。
毎年不作に苦しんでいるお百姓さんがある日、たっつあいに相談をもちかけまして。話を聞いたたっつあいはこのお百姓さんを哀れと思い、なんとかしてやりたいと考えた末に
「ん(運)のつく七つの食材を入れた汁をつくって、冬至の日に”来年は豊作になりますように”と祈願しながら食べてみろ。きっと運が向いて来年は豊作だ。」
と教えてやりました。お百姓さんは早速、言われた通りに”ん”のつく野菜=大根、にんじん、れんこんetc。。。7種類の野菜を細かく刻んでけんちん汁を作り、”どうか来年は豊作になりますように。。。!”と祈願しながら冬至の日に食べました。
すると、なんと翌年は豊作になりました。
それからというもの、お百姓さんは毎年冬至の日になるとこの”七運汁”を食べることにした、ということです。

IMG_1472_20150126233533428.jpg
このお話に基づき、那珂市商工会にて”七運”にちなんだブランド商品を現在、開発中とのこと。
会場には七運汁の他に”七運シフォン”とか”七運野菜クッキー”等様々な商品も販売されていました
DSCN5580.jpg
↑七運シフォン(右:ひまわりの丘)と七運クグロフ(左:パン工房シャンテ)

さて、肝心の七運汁をいただきましょう。
DSCN5557.jpg
七運汁餃子
七つの野菜の他に餃子が入り、ちょっぴりピリ辛味。
これがなんと、数量限定の無料配布
間に合ってよかった!これは幸先縁起がイイ(笑)
DSCN5559.jpg

「春のしあわせを招く、みんなの節分!」ということで、このイベントでは豆まきも実施。
ちょっぴり早い、節分です。
では、その模様を次回の記事で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/26 23:50 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(0)

昔なつかしの・・・

ネタ不足気味の為、おそらく今週は休み休みの更新になるかと思いますので何卒ご了承ください。
イベント記事はあるものの、こちらはちょっとおいといて本日はお蔵入り記事を書かせていただきます。
昨年、フェイスブックに先行投稿したところ大反響を呼んだお話です

もう随分前になりますが、自分の部屋を片付けていたらタンスの引き出しから古いチラシを見つけまして。
まだ私が幼い頃、母が衣服の整理をする際に引き出しの下に敷いてたものです。
何気に眺めていたらこれが結構、興味を惹くものでしたので密かに保管しておきました
それがこちら
IMG_20150125_0001.jpg
「特別大廉売」なんて、この時代には使われない言葉が書かれています
いやあ、商品の価格が安いこと(≧з≦)
「サラダ大会」という書き方も、今風に書くのなら”サラダフェア”とか”サラダまつり”とか書くのでしょうか。
ちなみに”シルバーサラダ”というのは、春雨のサラダのことです

このチラシ、推定昭和40年代初期頃のものだと思います。なぜなら一番下の店名の右側に書かれている支店名。
IMG_20150125_0002.jpg
”水戸市久保町”は、現在存在しない町名。調べてみたら昭和43年3月で廃止になっていた町名でした。
水戸の旧町名(水戸市HP内)
つまり、このチラシは少なくとも昭和43年3月以前のもの=しかもチラシをよくよくみたら梨とりんごが販売されてた時期=つまり、あくまで憶測にしか過ぎませんが前年昭和42年の10月あたりでしょうか。。。
ちなみにこの久保町だった場所は現在、大工町3丁目となっています。
IMG_1854_201501252154160de.jpg
「大工町3丁目」のバス停そばに、旧町名:久保町の碑が建てられていますがあいにく草花で隠れてしまっています。すぐそばにあるのは一般民家ですのでこれ以上の撮影は出来ませんでした


まあ、町名に関しましては地元の方でないとピンとこないかと思いますのでさらりと流してくださいね
お店の営業時間等が現在のスーパーと違う点にもご注目ください
IMG_20141029_080321685.jpg
現在と違い、定休日があるし。
閉店時間、早っ!!それでもその当時はコンビニは勿論、スーパーマーケットも珍しかったであろう時代。
生活するにおいては、なくては困る存在できっとたくさんのお客さんで賑わい、活気に満ちていたのでしょうね
そしてなんといっても、”ジンマート”という店名。
伊勢甚グループのスーパーマーケットなのですがこちらも現在は存在しないお店。

やがて時は流れ、久保町店はその後HOTスパー(コンビニ:COCOストアの前身)となりましたがそれも閉店、現在では更地になっているとの情報をいただきました。又、下市店はその後”ジャスコ”となり場所を移転して営業していましたが、開業33年目となる今年の2月15日、惜しまれつつ閉店となるそうです

たった1枚の古いチラシ。ですがいろいろな意味で貴重な記録を残しているタイムカプセルのようなもの。
私にとってはお宝ですこれからも大切にとっておこ(笑)
もしかすると皆さんのお家にも、何気ない”お宝”(?)が眠っているかもしれませんね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

足湯ノススメ

シャトーカミヤを後にし、北上
水戸へ帰宅する前に立ち寄っていきたいところがありましたので、寄り道していきました。

ココ分かりますか?
IMG_20150117_151102613.jpg
土浦市川口、土浦港埠頭ラクスマリーナ足湯=霞ヶ浦温泉にやってまいりました
このスポット、当ブログで記事に書くのは初めてではありません。
過去の記事
そして、実はこの日の1週間前にも訪れているんです
DSCN5522.jpg
おそらく湯冷め防止?湯船に浮かんでいるのはウレタンのシートです。

700m地下より湧き出る古代化石海水泉、湯船を覆ってるシートをめくり足を浸けるとぷーんと香る、温泉の香り。。。
IMG_20150110_140310181.jpg
以前、この足湯を利用させていただいた際かかとのひび割れが直ったことがあり、高濃度な泉質を持っていることを確信しました
昨年暮れ、寒くなり始めた頃左足裏にまるでとげが刺さったような痛みを感じていた私。寒さと乾燥でひびが入ってしまったところが穴開いてしまったのが原因のようでした。それから数箇所の温泉浴場を巡り、その都度マッサージするものの一向に治らず傷もふさがらず状態
そんなときに思い出したのが、この土浦港の足湯。
「これを治すには、あの温泉しかない!」と、年が明けたら必ず行こうと決めていました

IMG_20150110_142404901.jpg
足湯ですから勿論、足だけですがこれがなかなか気持ちいいんです
10分入れば体ぽかぽか、20分ならば汗だくだく
で、帰宅してから足裏を確認したところ、なんと傷穴がふさがっていましたさすが

1回の入浴料100円(税込、但し足ふきタオルを追加する場合は入浴料プラス110円)ですが、制限時間はありません。
混雑時は無理ですが、イスとテーブルがあり室内に備えられた漫画本を見ながらイスに座って休憩し、体が冷えてきたらもう1回!という過ごし方をしても良いのです
DSCN5523.jpg
自販機完備水分はしっかり摂ろうね!

ところで暫く来ないうちに、スタンプカードサービスをやってました
DSCN5428.jpg
1回のご利用でスタンプ1個。有効期限はなし。スタンプ10個ごとに足湯か温泉スタンド20ℓがもらえるそうです

観光帆引き船シーズンオフなこの時期は、埠頭も少々寂しいようで2回訪れ2回とも利用者は私1人だけ。
いづれの日も強風で訪れた時間も15:00~16:00と遅めだったせいもあったかもしれないけれど、勿体無いと思いませんか?

土浦またはその近隣を訪れる機会がありましたら是非、土浦港のラクスマリーナを訪れてください。
そして、足湯で心も体もハッピーになりましょう

霞ヶ浦温泉(足湯)
茨城県土浦市川口2-13-6
Tel:029-822-2437
定休日 12~3月の水曜日および12/28~31


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/23 23:59 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

牛久の葡萄酒

シャトーカミヤのショップで買ってきた、”自家製ワイン”のお話です。
買ってきた日の夜、既に味わってみましたが先ほど今一度飲んでみました
よって、ほろ酔い状態で記事を書いています(笑)
DSCN5516a.jpg
風の便り(?)により、シャトーカミヤの自社葡萄畑で栽培した葡萄を醸造した”牛久葡萄酒”を販売するようになったことを知りました。「メルロ」と「マスカットベーリーA」という品種をそれぞれ2004年、2005年に苗木を植え、2009年より醸造開始。
昨年2014年の暮れにワインとなって発売開始されたそうです。→常陽リビングのトピックスより
店内のポスターを見た時、
「あ!これか」と、即買い(笑)
DSCN5531.jpg
今回買ったのは、「マスカットベーリーA」の方でした
まあ、予算的なものもありまして(^◆^;)ゞ
DSCN5534.jpg
マスカットベーリーAを100%使用だって
濃度はフルボディ、だから濃いですね。
鮮やかなルビー色、いちごを思わせる香り、心地よい酸味と軽やかな渋み。。。
ますます興味深い(*^・^*)
確かにコルク栓を開けた時にぷ~んとフルーティーな甘酸っぱい香り。
グラスに移すと一層、強く感じました。
DSCN5541.jpg

ではでは
DSCN5539.jpg
味は思ったよりもビターです。甘みはあまり感じません。葡萄そのものの酸味と風味が感じられ、後味もすっきり
まあ、”爽やかな渋み(苦味)と酸味”といったところでしょうか・・・。
”出来れば甘みも感じたい(≧≦)!”という方は、アップルジュースやオレンジジュースで割ってカクテルにしても良いかもしれません。
IMG_20150122_211430668.jpg

余談ですが、牛久市では一昨年前から「ワインのまち」をPRしようということで地元産ワインの開発も行っているそうです。
モバイル版茨城新聞で見た情報によりますと2014年暮れに「LEGAME(レガーメ)」という品目のワインを販売したとか。
「うしくグリーンファーム」という団体により葡萄が栽培され、醸造は県内の姉妹都市=常陸太田市の酒造会社に委託したものの、”純・牛久産ワイン”ということで販売されました
こちらも機会あったら飲んでみたいけど、数量限定らしいので果たして・・・
DSCN5542.jpg
↑ボトルストッパー、早速使用
デザインがいけてるからスナック、バー経営の方、キープボトルにいかがですか?

ワイン醸造所=シャトーカミヤがあるにも関わらず、市内に葡萄農家がなくこれまで”牛久の葡萄を使った牛久のワイン”というのは見当たらなかったけれど、今度は正真正銘”牛久生まれの牛久育ち”な葡萄が葡萄酒(ワイン)となり、全国および世界中のワインファンの皆様の喉を潤すことになるでしょう
DSCN5521_20150122222245922.jpg
牛久市のコミュニティバス”かっぱ号”のデザインも葡萄です

「わいんのまち=うしく」のPR活動はまだ、始まったばかりなのですね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/22 22:32 ]  牛久市 | TB(0) | コメント(0)

シャトーカミヤへ

甲子亭でランチを済ませ、次に目指すは牛久駅。
駅前駐車場に愛車を停め、食後の運動がてらシャトーカミヤまでお散歩してみることにしました。
シンボルタワーともいうべき、正門にある時計台付きの建物は現在修復工事中です。
DSCN5517.jpg
中は入ることができませんが、建物を覆っている囲いに葡萄のイラストが描かれてるところがセンスいい
DSCN5519.jpg
先日記事に書かせていただいた、JR石岡駅同様に”ちょっとした目の保養”といったところかな?
素敵です(≧≦)!

DSCN5518.jpg
修復工事はもう少し先までかかるそうで、確か完成まであと1年くらいかかるとかいう話。
築100年もの歴史を持つシャトーカミヤ。リニューアルした姿に早くお目にかかりたいものです

さて、この時計台のように修復工事等で一部閉館中の施設もありますがレストラン等は既に営業再開しており、ショップも早くから通常営業中
お店の片隅にあったポスターと、そこに並んだ商品が目に留まりまして。。。
DSCN5516_20150121233343e37.jpg
噂(?)の牛久葡萄酒、牛久で栽培された葡萄で醸造されたワインと聞いています。
当然、自宅へお持ち帰り
DSCN5529.jpg
金額的にはかなり奮発ですが、茨城ブロガーの血が騒ぐし(笑)

余談ですがワインと一緒にこんな雑貨を買ってみました
DSCN5536.jpg
ボトルストッパーです。デザインが洒落てるし(≧≦)!
既に使用していますがこれオススメ

果たして”牛久葡萄酒”のお味のほどは・・・・?というお話は、次回の記事で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/21 23:45 ]  牛久市 | TB(0) | コメント(0)

牛久でランチ~甲子亭

牛久沼水辺公園を後にし、国道6号を北上。
牛久市に入ると道路がやや渋滞。丁度お昼時でしたので信号待ちの際、”どこかでランチでも”とカーナビを起動し、レストランを検索したところ真っ先に出てきたお店は、中華レストラン甲子亭でした。
DSCN5511.jpg
創業100年を誇る、市でも老舗のお店のようです。
牛久市もまた、グルメの町(あくまで私の印象ね)。ですが意外にも”牛久でご飯”という経験はこれまでありませんでした。良い機会なり(笑)

一見、高級そうな店構え
果たして私のような孤独の風来坊おばさんが気軽に入ってよいのだろうか・・・?と思っていたけれどお店の方が優しい笑顔で歓迎してくださったのでまずは一安心。
メニューを見ると800~1.000位のセットメニューが多く、思ったよりもリーズナブル料金で”あら?意外と安いのね(*^_^*)”と嬉しくなるお値段。
迷った末に”本日のおすすめランチ”の麻婆豆腐セット864円(税込、サラダ+スープ+ドリンク付き)をオーダーしました。
ドリンクは、気取ってライチのジュースなど
DSCN5512.jpg
妖しい風味のライチのジュースを飲むと、忘れかけていた(?)女子力を思い出せそう。。。
遠い昔、楊貴妃が好んだというライチの絞り汁を堪能しているうちに、ご飯とスープ、ザーサイ到着
DSCN5513.jpg
スープは脂っこくなく、塩分も少なめなあっさりとした薄味。箸休めのザーサイがいいお味

そして、間を置かず主菜の麻婆豆腐がアツアツと到着!
DSCN5514.jpg
麻婆豆腐は一見、量が少なそうに見えたけど食べてはこれが結構お腹に溜まる(≧≦)!
後からくるピリ辛で、ついご飯が進んでしまいました。
辛いけれど、こちらも油こってりという感じはしなかったです。なかなか健康的
HPを見たところによると、「食べやすくヘルシーな、日本人の味覚にあった四川料理」をモットーに低カロリーでヘルシーにこだわられているそうですママもこれならOKさ(笑)

別料金で、デザートも追加しちゃいました
愛玉ゼリーです。
DSCN5515.jpg
”愛玉子”を使ったゼリーだそうで。はじめ”愛玉子?珍しい玉子だけど何の玉子?”と思いましたが調べたらそうじゃなかった^◇^;
愛玉子=”アイギョクシ”と読み、つる科イチジク属のつる性植物だそうです。
「アイギョクシ(愛玉子、学名:Ficus pumila var. awkeotsang)はクワ科イチジク属のつる性植物。その果実から作られるゼリーのデザートをオーギョーチ(台湾語)という。
愛玉子という名の由来は、台湾通史の「農業志」に記載があり、実を水の中で揉みだすと固まる性質を発見した人が愛娘の名「愛玉」にちなんでつけたものとされている。」~ウィキペディアより

このゼリー、324円(税込)。高い値段とは思いません

他のお客様が食べていた五目焼きそばも美味しそうだったな( ̄▽ ̄)
品数も多く、もし次回また来店することになったとしてもメニューを選ぶのに迷いそうです^^;
IMG_20150117_124814320.jpg
創業100年の味、また楽しませていただきます

中国四川料理 甲子亭
茨城県牛久市田宮49
HP→http://koshitei.co/



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/20 23:21 ]  牛久市 | TB(0) | コメント(2)

牛久沼水辺公園

とんび凧揚げ大会の会場:牛久沼水辺公園は、沼の自然に触れ水辺に親しむことをテーマとして整備された公園だとか。
春から秋にかけては菜の花やハスの花、コスモスなどの花が楽しめるそうですがあいにくこの時期は何もありません。
その代わり、無数の白鳥や水鳥の戯れる姿を見ることが出来ました
DSCN5442.jpg

DSCN5444.jpg

そして、公園からは筑波山を望むこともできるのです
DSCN5445.jpg

この公園については数年前、「駅からハイキング」というJR主催のイベントに参加したときに一度訪れており、当ブログで記事にも書いています。→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-735.html
が、あえて今回も書かせていただきます

凧揚げ大会が開催された日は、大会に参加していたと思われる子供達が水鳥と遊ぶ姿も見られました。
DSCN5497.jpg

DSCN5502.jpg
この頃、風はますます強くなってきましたが白鳥達は”何処吹く風”の如く落ち着いています。
騒いでいるのはカモメ達
DSCN5501.jpg

前回の記事でも触れていますが、水辺公園の白鳥は昭和38年に皇居から譲り受けた2羽の白鳥の子孫達です。
研究学園都市開発の影響を受け、それまでシベリアから飛来してきたオオハクチョウが来なくなってしまい、白鳥不在となった時期があったそうです。皇居からもらった白鳥がその後子孫を残し、繁殖して今では皇居お堀の白鳥の数を越えるほどになったとかいう話を以前、聞いたことがあります
DSCN5500.jpg
全員、土着民?海を渡ってここに来たものはいないのかな?
未確認です^^;

DSCN5491.jpg
河童伝説や”牛になった坊主の話”等の民話がある牛久沼。。。
水辺の自然と街へ行けば数々の史跡や文化財が点在、そして美味しいグルメ(笑)
「都会への近さと豊かな自然が自慢」は、決して大げさなキャッチフレーズではありません
東京からは最短、1時間足らずで行けちゃうこの近さ。
”都会のそばにあるオアシス”とは、ここ龍ヶ崎市のことを指すのかもしれません
IMG_20150119_204927248.jpg
イベント会場等に設置されている「るるぶ龍ヶ崎」(無料配布)。
見つけられたら是非、手に取りこれをお供に小さな旅を楽しまれてみてはいかが?
HPからダウンロードも可能のようですのでhttp://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/

最後は水辺公園の話じゃないじゃん( ̄▽ ̄;)
大変、失礼いたしました(^^:)ゞ

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久沼水辺公園

 [ 2015/01/19 23:32 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

グルメもいっぱい!龍ヶ崎市とんび凧揚げ大会

1月17日に開催された「龍ヶ崎とんび凧揚げ大会」には、グルメも勢揃い!!
凧を揚げない私には、実はこちらが楽しみだったりして
あっちのテント、そしてこっちのテントで呼び込みの掛け声が飛び交います。
DSCN5484.jpg

龍ヶ崎市名物のくず餅とか、鍵林さんの揚げ餅とか。
DSCN5463.jpg

でもやっぱり、龍ヶ崎市といったら今はコレ
DSCN5464.jpg
高橋肉店さんのコロッケ、つまり”龍ヶ崎コロッケ”です
昨年の「ご当地メシグランプリ」で見事、グランプリを獲得して以来、茨城県内どこのイベント会場でも人気独占している状況です。うかうかしてたらあっという間に長蛇の行列となり躊躇しているうちに販売終了となってしまうくらいなのです。
で、今回買ったのはオーソドックスに「龍ヶ崎コロッケ」と、”ご当地メシ~”エントリーの際ノミネート商品となった「お米のクリ-ムコロッケ」を
IMG_20150117_104455425-1.jpg
DSCN5524.jpg
翌日の夕食でこうなりました↓
DSCN5537.jpg
龍ヶ崎コロッケは大きくてボリューム満点、食べ応えバッチリ(≧∇≦)味も良し!
そして、クリームコロッケ☆
DSCN5538.jpg
ご飯の上に乗せてみました。とろとろ~っとしたホワイトソースが決め手
クリーミーでサクサクっとした衣とこれがまた絶妙なんだなあ。。。
地元・水戸市のイベント会場ですら手にいれられなかった念願の龍ヶ崎コロッケの味を堪能できて、大満足(笑)

コロッケもさながら、実は龍ヶ崎市にはもう一つ、名物グルメあり。非公認か非公表か?まだイベント会場のみでしか販売されていないというコレ↓
DSCN5479.jpg
”うなだれしょうゆ”という、見たことのない単語に惹かれ買ってみることにしました。
まだ11:00前くらいでしたから、おやつ感覚で(笑)
お茶付きで350円というのは、かなり安い!
DSCN5481.jpg
で、このお茶(煎茶)がこれまた、美味しいんだなあ。。。
どこのお茶屋さんのものか、聞くのを忘れました

”うなだれ”=うなぎのタレを使って味付けした焼きそばなんです
龍ヶ崎市、といえば”うな丼”の発祥地として知られている町。そして、龍ヶ崎市の牛久沼といえば昔からうなぎが名物。
そんな町にふさわしいグルメといえましょう
うん、いい香り。。。
DSCN5482.jpg

普通のソース焼きそばよりも、コクがあって癖になりそう!!(≧y≦)
こりゃ、美味しい!まじ美味しい!!
DSCN5483.jpg
またお目にかかりたいのですが、先ほども記述したとおり今の段階ではイベント会場のみの販売。龍ヶ崎市でイベントが開催された時にしかお会いできません。ちなみに前回は昨年暮れに開催されたクリスマスイベントの際に振舞われたそうです。→http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/topics/2014122200017/
よし!龍ヶ崎市のイベントに参加するぞ(笑)

こういった”ご当地ならでは”の”ご当地にしかない”味を楽しむことが出来るのも、イベントの楽しみ方の一つですね♪
「龍和フレンチトースト」でお馴染みのもみの木さんも参戦でした
DSCN5461.jpg
木の切り株に似せた可愛いパンを販売。
どれが美味しいのか、迷いながらもこうなって。。。
DSCN5526.jpg
買占めか!!(≧з≦)
いやそこまでは(笑)

帰宅後、コーヒーのお供になりました。
DSCN5527.jpg
ミルクチョコレートのダイス状にしたものが練りこまれています。
パンの生地が甘さ控えめだったため、チョコレートの味を引き立てチョコ味がたっぷり楽しめました
お店に行けばこのほかにもいろいろな種類のパンが楽しめそう

美味しい”ご当地グルメ”がいっぱいで、次回の龍ヶ崎訪問は食べ歩き&食材買出しの旅となってしまいそうだな

◆高橋肉店
http://www.nikutaka.com/index.html

◇まちかどのパン屋さん もみの木
http://www.mominoki-pan.com/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/18 22:53 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(2)

とんび凧が空を舞う~龍ヶ崎市

龍ヶ崎市の牛久沼水辺公園にて本日1月17日、「とんび凧揚げ大会」というイベントが開催されました。
DSCN5490.jpg
朝10:00ちょい過ぎの時点で受付は終了、事前申込者が多数だった為”飛び入り参加”は認められず今回は傍観を決め込むこととなった私(笑)
10:30が開会式ですがそれを待たずに会場では既に凧を揚げて楽しんでいる人の姿が見られました
DSCN5447.jpg
会場で購入した”とんび凧”の他に持参した凧を揚げてる人も中にはいらしたようです。
早速、”変わり凧”など発見してしまったりして
DSCN5433.jpg

風が吹くと日本の足がサッカーボールをパタパタと蹴ります。遠目で見ると面白い(≧≦)!
DSCN5434.jpg
いや~、どうやって作られたのかなあ。。。?審査があれば「アイデア賞」間違いなしですね!

で、これがとんび凧↓
DSCN5441.jpg
風が強い上、文字通り”とんび”のように上空でくるくる廻るのでなかなかベストショットが狙えない

明治末期に誕生したと言われている「龍ヶ崎とんび凧」。4本の竹ひごを骨組みに使い、翼の部分が曲線となっているのが特徴で、空に上げるとくるくると舞いながら、まるで昇竜のように上空に上がっていくのが特徴だとか。
DSCN5451.jpg
龍ヶ崎市の伝統文化でしたが、最後の伝承者となる方が昭和62年に亡くなり、以後”とんび凧”が空に上がることはなくなってしまいました。

ですが「地域の伝統文化を復活させよう!」と愛好家達が集まり、市の歴史民族資料館に残されたわずかな資料を基に試行錯誤をしながら凧を作成、そして蘇らせました
DSCN5454.jpg
※写真を撮らせていただきました

とんび凧を知らない世代、そうでない世代が入り混じり親子3代和気藹々と凧を揚げる様子・・・いいなあ。。。
DSCN5465.jpg

DSCN5471.jpg

ただ、風が強すぎたが次々に負傷者いや負傷凧続出
DSCN5473.jpg

DSCN5506.jpg

DSCN5505.jpg
あるものは飛ばされて木の枝にひっかかってしまったり、あるものは他の人が揚げたものとぶつかったり絡まったり、あるいは落下した弾みで破けてしまったり等のアクシデントが続出。
凧の救急病院のお医者さんも大忙しです
DSCN5450.jpg
凧揚げする上では覚悟しなければならない事態なのですが・・・。

そうそう、会場にはマスコットも応援に来ていました
DSCN5440_20150117224305137.jpg
毎日新聞の・・・・なんていったっけ?^0^;
この笑顔、癒されるなあ。。。
DSCN5439.jpg

勿論、市のマスコットの”まいりゅう”君も。
DSCN5448.jpg

どちらも子供達に大人気!会場をゆる~く盛り上げてくれました!
DSCN5456.jpg

正午近くにもなると風はますます強くなり、冷たい風が身に沁みてくるようになりました
温かいものでも食べて、暖をとらねば。
・・・と考えるのは、凧揚げをされてた方も同じのようで(笑)
DSCN5477.jpg

気が付けばこの通り↓
DSCN5485.jpg
フードコーナー前に人が群がり、凧揚げの会場だった広場は無人と化してしまいました
やっぱり、走り回るからお腹もすくよね
DSCN5488.jpg
会場内に設置されたテント内では温かい甘酒や龍ヶ崎市内のグルメ、銘菓等を販売していました。
私もここで舌を堪能させたのですが、それは次回の記事で

いにしえの”伝統文化”が平成の世に復活し、平成年号いやそれどころか21世紀生まれの子供達がその”伝統”に触れ楽しんでいるなんて、とても素敵なことではありませんか
今後100年先もずっと、伝承されていったら素晴らしい
DSCN5504.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/17 23:08 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(4)

今見屋さんのパン

※予約投稿機能にて投稿させていただきます。
辛口記事で締めるのも難ですので・・・(^^;)ゞ
石岡記事、今回の最終はやはり”スイーツ”で締めさせていただきます。
JR石岡駅を出て御幸通りを直進し、国号355号を左折。看板建築立ち並ぶ町並みを少し進むと目にする可愛らしい、そしてレトロなパン屋さん
DSCN5302.jpg
街の”ご当地スイーツ”いしおかサンドを提供されているお店の1つ、ブランジェ今見屋さんというお店。
正月の3日、この界隈のほとんどのお店が正月休み中だった中、営業していた貴重なお店。
初詣に来た際(かすみがうら市の”お城市”へ行った日です)、総社宮へ向かう前に立ち寄ったお店です

いしおかサンドではお馴染みのお店でしたが、普段はどんなパンがあるのかな?と気になっていましたし丁度お餅に飽きてきた頃。
おやつにしても良し、ランチにしても良いもの・・・ということで比較的日持ちしやすいものを選びました。
DSCN5335.jpg

懐かしさに惹かれ、思わず手が伸びた”カステラパン”
DSCN5337.jpg

DSCN5338.jpg
こんがりと焼けた表面が、懐かしい味・・・(^^。)
思ったよりも甘さは控えめで、このボリュームはランチ代わりにしてもよさそう!

そして、以前”いしおかサンド”として発売されてたものと激似のジャムコッペ
DSCN5336.jpg
”いしおかサンド”のネーミングは外れましたが、オレンジマーマレードと生クリームがサンドされた爽やかな甘さとパンのふわふわっとした食感が一押し(≧≦)
オレンジ味自体もパンでは珍しいでしょう?お嫌いでなければ絶対オススメです
DSCN5343.jpg

ちなみに現在、今見屋さんのいしおかサンドとして発売されてるものはコチラ
DSCN4719.jpg
食パンバージョンです。オレンジマーマレードと生クリームを2枚の食パンで挟んでいて、生クリームには地元の福来みかんの粉が混ざっています。
私も母も大のお気に入りですが、この商品は今見屋さんのお店には陳列していません。毎週土曜日、まちかど情報センターで購入するか電話での予約注文分のみの販売だそうです。
でも本当に美味しいですよコレこれ食べたらもう私、●崎パンのラン○●ックでは満足できない(≧≦)!

最後にご紹介しますのは、明太フランスパン
DSCN5344.jpg
1日置いて食べる際には1度、オーブントースターでちょっと焼き直すのがオススメ。
こんがり焼けたフランスパンには、明太子ソースがたっぷり(≧∇≦)!
DSCN5345.jpg
明太子とマヨネーズが絶妙です。この手のパンは水戸市内のパン屋さんでも扱っていますがそれよりも明太子の量が多くて感激

素朴で懐かしく、そして古き良き時代の正統派パン屋さん、といった感を受けました。
日曜日は定休日ですが、石岡町並み散策に訪れた際、天気の良い日はここでパンを買って国府公園あたりへ行き青空の下でのんびりと食べて過ごしてみるのも良いかもね

ブランジェ今見屋
茨城県石岡市国府6-1-27
Tel:0299-22-6038
営業時間 9:00~18:00
定休日 毎週日曜日


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/16 19:48 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

プラザホテルでランチ

石岡駅で少々、時間をとったりその後また御幸通りをUターンし「まちかど情報センター」で”いしおかサンド”を購入したり・・・で、愛車の待つみゆきパーキングに戻ってきたのがかれこれ12:00ちょい過ぎの頃。
この後、土浦へ行く予定でいましたからランチはその途中のどこかで・・・・しかし、前回記述したように喉の調子が悪くてエスニック系はとても受け付けられないし、土浦到着は13:00を超えるだろうからそんな時間にランチをとったら夕食が食べれなくなるし。。。。と悩んだ末に

みゆきパーキング前にどか~んとそびえ立つ、石岡プラザホテルが目に付きまして。
DSCN5422.jpg
ここで初ランチをとってしまおう!という結論に落ち着きました
最上階のレストランからは石岡の市街地や周辺が展望できるそうです。
でも今回はこのホテルの1Fにある喫茶店、ロン・ポワンへ。
入口にメニューと金額が一覧表になっていましたが、写真を撮るのを忘れました

ホテルの外観からしてそうですが、内部はやはり年季が入って老朽気味?
やはり石岡市内のホテルとしては古いのでしょう。
お食事は、刺身御前やうどん、そば等の和食と牛ワイン煮込み等の洋食の和・洋が共存。
定食メニューは1,080円均一でしかも必ずコーヒー(または紅茶)付きというのがいいね
こちら↓、私が今回選んだランチ
DSCN5419a.jpg
きのこと鮭のバター炒め
洋食でいってみました
セットのサラダが意外にも凄く美味しかったのに感激
DSCN5419sarada.jpg
シャリシャリして超・美味か~っ!!(≧y≦)
スープも結構、具沢山です。
DSCN5419supe_20150114232308c7f.jpg

そして、メインディッシュの”きのこと鮭のバター炒め”
滑らかなバター風味で、上品なお味でした
DSCN5420.jpg
美味しくて、いくらでもお箸が進んじゃう!(笑)
ただ・・・ライス(白米)は炊き古しなのかぽろぽろで口当たりが私にはイマイチでした

丁度、消防団員とその関係者の打ち上げがあったとみえお料理の到着が結構、時間かかりましたが美味しかったです
ご馳走様
雰囲気から察するに、常連さんがここを利用されるようで2人で来られたおじさんが入ってくるなり第一声で
「天丼2つ、大至急ね!」なんて言ってたっけ。

ホテルとしての評判を調べてみたら、大抵の利用者(宿泊客)はビジネス目的で評価は平均、5つ星中3.5といった感じ。
”良い”評価の理由の大半が「駅に近い」とのことで、”悪い”と評価された人達の理由の大半は「(部屋等)造りが古臭い」「ホテルの周りに何もない」とのことでした。
まあ、確かに
DSCN5421.jpg
不満意見を書かれた人の多くが「コンビニがなくて不便」と書かれているところを見るとおそらく、ホテル内に売店も置いてないのでしょう。
宿泊したことはないので設備云々については何もコメントできませんが、せめてコンビニエンスストアくらいは欲しかったですね。
”駅がすぐそこ”という、せっかくの最高な立地条件の地に建っているホテルですから、なんとか改善して欲しいと思います。だって、勿体無いですもの。

いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/15 20:06 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

数量限定、かりんの雫飴

風邪やインフルエンザが流行っているようですね
皆さん、大丈夫ですか?

実は先週、喉をひどく痛めていた私石岡の消防出初式はマスク着用での見物でした。
そんな時に見つけました
DSCN5426.jpg
のどにやさしいかりんの雫飴
石岡地方広域シルバー人材センターの皆さんによる手作りだそうです。但し、数量限定だそうな
石岡駅隣にある「観光案内所」に陳列されていたのを見つけたのですが、何しろ体調が体調だけに”いいもの、み~つけた!”という感じ(笑)
ここでは大抵、駒村清明堂さんのお線香を買うのですがその時の私にはありがたい一品
勿論、一緒に買って来ました。

昔から、”喉に良い”と言われてきたかりんの果肉。
このままこうしてスプーンですくって舐めてもいいし
DSCN5429.jpg

お湯とか紅茶に溶かして飲んでも良いのです
飴ですからお砂糖は入れなくても良いのですが、”甘みが足りない”という方はお好みで調整してネ♪
DSCN5430.jpg
100cc程度のお湯にスプーン2杯くらいがいいかな?
甘酸っぱく、喉をやさしく潤してくれ体もほっこりと温まります
DSCN5431.jpg
”おばあちゃんの知恵”の賜物ですかな。これを2、3日続けて毎晩飲んだら喉もすっかり落ち着きました

この季節に是非、オススメな”かりんの雫飴”は今回、私が立ち寄った「観光案内所」以外ではまちかど情報センターでも購入できますよ
”石岡みやげ”で喉の痛みも吹き飛ばしちゃいましょう
※石岡駅観光案内所は営業終了時間が早いのでご注意ください!
9:00~16:00(11月~2月は15:00まで)
◆まちかど情報センター
10:00~20:00 毎週木、年末年始(12/28~1/4)休



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/14 21:30 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

石岡駅と植栽ユニット

消防車パレード終了後、トイレに行きたくなりまして愛車の待つ駐車場にはすぐには向かわず、駅のほうへ。
相変わらず工事中の石岡駅、トイレが遠くて大変
何しろ、駅舎隣の関東鉄道バスバスプールのほうまで行かなければならないのですから
これが結構、遠くて大変急ぎの人には不便ですね。

トイレを済ませ、戻って工事の進行状況を確認。新駅舎完成まではまだまだ先のようですね。
DSCN5414.jpg

駅舎のそばに建てられた仮囲いの中に埋め込まれている植物が何気に気になった私。
DSCN5417.jpg

意図的に?
DSCN5416.jpg
現場環境の景観と環境の改善を目的に、”仮囲いで緑化”ということで業者さんにより意図的に埋め込まれた”植栽ユニット”なんだそうです
工事現場の、ちょっとした目の保養、といったところでしょうか考えましたね♪
DSCN5415.jpg
”植物だから、水やらないといけないでしょ?”という心配はご無用!
自動潅水装置付きというスグレモノです
工事現場での、”ほんのアイデア”面白い!
でもそんな気遣いも知らず植栽ユニットの中に紙くずが捨ててあったのを見てがっかり
一体、どこの馬鹿タレがやった?!!

何はともあれ、今日もこの植栽ユニットは石岡駅駅舎と共に行き交う人達を優しく出迎え、またはお見送りをしてくれていることでしょう。
DSCN5418.jpg
新駅舎が完成したあかつきには・・・お別れかな?(・・。)
それまで大切にしてあげたいですね。

余談ですが、クリスマス時期にライトアップされていた駅前イルミネーション。
クリスマスも終わり、年も明けた今は。。。
DSCN5412.jpg
ちゃんと、お正月バージョンとなっていました( ̄▽ ̄;)
”メリークリスマス”と書かれていたプレートはしっかりと、”謹賀新年”に差し替えられ
DSCN5409.jpg

ツリーには、干支の羊が1匹
DSCN5410.jpg

ここにも1匹
DSCN5413.jpg
御幸通り商店街のイルミネーション点灯が2月末日までの点灯だそうですから、おそらくこれも同じくらいでしょう。
暗闇の中、これが光るとどんな風になるのか見てみたいワ(* ̄▽ ̄*)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/13 23:10 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(6)

「常田富士男の民話劇場」が開催されます。

今日は成人の日既に前日の10,11日に行った地域もあるようですが今日も各地で成人式が開催されました。
この週末3日間、寒い日ではありましたが天気にも恵まれ良き成人式となりましたね
私の時といったら・・・・そんな何十年も前の話はやめておきましょうね

さて、これから紹介させていただく施設=小美玉市生涯学習センターコスモスも成人式を迎えました。
平成6年7月26日開館の現在、20歳です
施設に関しましては過去、記事で書いておりますので省略いたします。
こちらが過去の記事↓
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-988.html
小美玉市にある文化交流施設で以前、和太鼓演奏を鑑賞させていただいた施設です。
その施設で、少々先の話になりますがこのようなイベントが開催されることになりました
IMG_20150112_0002.jpg
常田富士男の民話劇場
2015年3月1日(日) 
13:30開場 14:00開演
1/10よりチケット発売中。
小美玉市生涯学習センターコスモス
茨城県小美玉市高崎291-3
Tel:0299-26-6111
HP→http://cosmos.city.omitama.lg.jp/
※HPからオンラインでチケット購入可。
一般:1,500円 高校生以下:300円

かつての長寿アニメ「まんが日本昔ばなし」をご存知でしょうか?あの語りでお馴染みの俳優・常田富士男さんの語りと人間影絵による劇場。幻想的かつ心温まるひとときが過ごせることでしょう
私も凄く楽しみで先ほど、早くもチケットをオンライン予約させていただきました。

施設の隣には古民家(玉里村民家)もあり、昔話を楽しむにふさわしい環境でしょう。
観劇の前に見学されてみては?
玉里村民家の記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-989.html

せわしい世の中、時間を忘れのんびりと昔話の世界に浸り癒しの時を過ごして温かい気持ちになってみませんか?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/12 23:00 ]  小美玉市 | TB(0) | コメント(0)

消防パレード開催:石岡<2>

消防車の御幸通りパレードに先立ち、可愛いパレードを御披露目してくれた石岡幼稚園・幼年消防クラブの園児の皆さん。
パレード終了後、沿道の所定の位置で待機し消防車を待ちます。
DSCN5364.jpg

DSCN5368.jpg
みんな、石岡幼稚園の年長さん。つまりこの4月から1年生になる子達。
小学生になっても、火遊びしない良い子でいてね♪

消防パレード開始までもう間もなくとなりました。御幸通りを走行する消防車をお見送りする練習が始まったようです
DSCN5370.jpg
可愛い声が、御幸通りいっぱいに響き渡ります。
で、こちらも負けずに
DSCN5371.jpg
はい、よく出来ました本番も頑張ろうね♪
さて、主役がスタンバイしたようです。
DSCN5374.jpg

DSCN5419supe.jpg
場内アナウンスがあり、開始を告げる声。
間もなく先導車が姿を見せ・・・。
DSCN5376.jpg

サイレンを鳴らしつつ第1分団の車が姿を見せました。
さあ、幼稚園の皆さん先ほどの練習の成果を発揮するときがきましたよ!
DSCN5379.jpg
練習の時と同様に、”ガンバレ~っ!!”の声援。それににこやかに答える隊員の皆さん。
第1分団に続いて第2、3分団とパレード走行は続きます。
DSCN5380.jpg

DSCN5381.jpg
可愛い声援で送られての消防車パレード、これから”未来の石岡市”を作っていくであろう、子供達に見送られていく和やかな消防パレードもまたいいね
DSCN5384.jpg
先生も纏を振りつつ消防車のお見送り。
子供達に負けずに奮闘されてた模様(笑)
消防車はどんどん、通過していきます。
DSCN5386.jpg

DSCN5392.jpg
昭和4年、石岡の大火からのスピード復興の際、当時の茨城県では斬新だったアスファルト舗装の新・駅前通として生まれ変わったというこの駅前大通。その年、復興後のこの道路を大日本帝国陸軍の特別大演習の際に時の天皇=昭和天皇がお通りになられたことから”御幸通り”と言われるようになったと言われています。
ウィキペディアより
その当時もこのように大勢の人達が、昭和天皇が乗車になられたであろう御車(もしかすると当時は馬車?)を沿道で見送られたのでしょうか。。。( ̄- ̄)

さて、パレードも終盤。梯子消防車が登場!!
DSCN5399.jpg

DSCN5400.jpg
待ってました~!!(≧∇≦)
やっぱり、近くで見ると大きい!!
DSCN5401.jpg

消防車のパレードが一通り終わると、今度は救急車の登場!
DSCN5403.jpg

トリは消防本部の車。
DSCN5404.jpg
消防署の皆さん、大変お疲れさまでした!
小さな消防隊、石岡幼稚園幼年消防クラブのみんなもお疲れ様
DSCN5407.jpg
最後にみんなで記念撮影頑張ったご褒美は不二家のケーキかな?(笑)

これにて、消防パレード終了。
予定時刻よりも早い終了だったようで、閉会→解散後に駆けつけ、
「あれ?もうパレード終わっちゃったの?」なんて言ってた方がいたっけ。
交通規制時刻も予定12:30までのはずが、12:00前に解除されました。

この日は県内他の地域でも消防出初式が行われていましたが、同じ県内でも地域により処変わればやり方も違います。
それぞれに特徴があり、違いを見比べてみるのも面白いですね

県内で活躍されてる消防署、隊員そして消防団の皆さん!
今後も地域の安全、防火・防災の為、頑張ってください!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/11 22:57 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

消防パレード開催:石岡<1>

1週間前訪れた石岡の街に再び。
DSCN5346.jpg

本日10日、”110番の日”に石岡市では消防車による消防パレードが駅前の八間通り(通称:御幸通り)で開催されました
DSCN5405.jpg

DSCN5389.jpg

DSCN5388.jpg

石岡市の各地域に設けられた消防分団毎に、沿道で見物人たちの声援を受けつつサイレンを鳴らしながら1台ずつ走行していく姿が見られました。出初式ということでよく聞く”梯子乗り”だとか”一斉放水”等の派手な行事こそ行わないものの、たくさんの見物人が集まりました。
なんといっても、パレードを一番盛り上げていたのは石岡幼稚園の園児達”ちびっ子消防団”さん達
DSCN5357.jpg

元気な声で消防車に乗った隊員さん達を応援していましたもんね
DSCN5359.jpg
その模様はまた後ほど

ちょっと時間を戻し、パレード開始30分前の状況。
DSCN5352.jpg
市内の消防車は石岡小学校校庭で全車待機していました。

DSCN5353.jpg
いくつまで分団があるのか、数えるのを忘れた

DSCN5355.jpg
隊員達はまだ乗車していません。ある人はパレードに備え通行止めのポールを立ててたり、またある人は携帯で誰かと打ち合わせ、中には校庭に消防車を観に来た、小さいお子さん連れの家族を接待している人も。
この間に私は校庭を横切って総社宮にご挨拶。さすがに三が日の時よりもぐっと静かでした。
ご挨拶して再び小学校に戻ってくると、そろそろ時間になったのかエンジンをかけ始める音が聞こえてきました。
もう出発なのでしょう。では私も御幸通りで待機してなくちゃ!と、小学校を後にしました。

というわけで、次の記事でパレードの模様を書かせていただきます

余談ですが・・・。
陣屋門去りし後の石岡小学校校門そば。現在はこのようになっています。
DSCN5347.jpg

DSCN5332.jpg

DSCN5331.jpg
”陣屋門”は、今では謎の石碑を残すのみ。綺麗さっぱりと更地になりました。
45年間ここにあったものが無くなる、というのはたとえどんな事情があるにせよなんとなく寂しいですね(・・)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/10 23:17 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

総社宮で初詣

やってまいりました、常陸国総社宮に。
元旦より10日まで、境内では元旦祈願祭が行われています
DSCN5316.jpg

正月の装いとなっている、総社宮入口。
これまで何度もここを訪れていますが、こうなっているのを見るのは初めてですねえ
DSCN5317.jpg

新年となり三日目。ましてや午後の3時を廻った頃。さすがに通り歩きができなくなるほどの混雑はないものの、参拝に来られている人は結構いらっしゃるものです。
さて、ここで心を落ち着かせなくては。
DSCN5320.jpg

並んでいる間に、お願い事を頭の中で整理し神様が困らないようにそれを極力絞ることに集中
ところでお願い事ってやっぱり1つにしたほうがよいのでしょうか?未だに分かりません(笑)
DSCN5319.jpg
「家内安全」はやはり外せないですね。それと今回は自分の為のお願いを
ちょっと欲張りでしょうか?他にも願掛けしたいお願いはあるけれど、そちらは出直した時に

確かこの神社のご利益は「五穀豊穣」「国家安泰」「家内安全」「商売繁盛」等だった気がします。
ところでここの祭神って一体、誰?と気になりましたので帰宅後にHPで調べたところイザナギノミコトやスサノオノミコト、大国主神他、いづれも日本神話に登場する神様。全部で6人の神様が祭神とのこと。
DSCN5323.jpg
それぞれの神様につきましては、まだまだ勉強足らずですのでここでは省略させていただきます。
総社宮のHPをリンクさせていただきましたので、参考までに見ていただければ。
常陸国総社宮

千年もの歴史を持つ総社宮。六柱の祭神が祀られ古くから石岡の地に住む人たちに崇められてきたであろうこの神社。
参拝しただけで、大きな力に包まれた気がしてきました
DSCN5318.jpg

DSCN5324.jpg
招福グッズがいっぱい!
今回はお守りを購入しました!
IMG_20150109_203807821.jpg
筑波山の絵柄が刺繍されているものを選んでみました。
筑波山のように、大きな気持ちで過ごせればよいのですが。。。
IMG_20150109_203832808.jpg

続いて、”お約束”のおみくじ引き。
DSCN5328.jpg

ちょっと珍しい、”華の筒みくじ”というものを。
DSCN5330.jpg
リップスティックのようなお洒落な筒に入ってます。
中に入っているのは様々な模様をかたどった水引と、おみくじ。
おみくじをこわごわ出してみたところ・・・
IMG_20150103_181217942.jpg
結果は・・・「小吉」
IMG_20150103_18140341.jpg
病気の項目の”一時危なくなる・・・”がなにやら不穏な響きですが、まあ問題のないでしょう(と、信じたい
トータル的には、今の段階ではあまり冒険せず現状維持して様子を見たほうが良いということになるようですね。
果たして、どうなることやら

祭神として祀られている6神体のことをさらに追求して調べれば、総社宮についてもっといろいろなことがわかってきそうです
常陸国総社宮、もっと知りたくなりました!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/09 22:47 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(2)

石岡初歩き

かすみがうら郷土資料館から場所を移動し、やってきたのは石岡
すっかり慣れましたみゆきパーキングにわが愛車を駐車して、石岡の街初歩きです。
DSCN1543.jpg
※この看板が目印ですよ
尚、手前の駐車場は月極めの契約駐車場となっておりますので間違えないようご注意ください!


目的は常陸国総社宮。勿論、初詣をするためです。総社宮での初詣は初めてです。
今年の恵方は南西方面らしいので(≧y≦)ゞ
総社宮へ向かう前にまず、金刀比羅神社にご挨拶など( ̄人 ̄)
DSCN5303.jpg
有名な香川県の琴平山にある金比羅様の御分霊が祀られている神社です(^^)b
では挨拶
DSCN5305.jpg

この神社に足を踏み入れたのは初めてではありません。が、前回訪れてなかったもの=境内に昨年2014年の10月10日に除幕式が行われた正岡子規の句碑があります。
DSCN5304.jpg
「二日路は 筑波にそふて 日ぞ長き」
明治22年の4月、正岡子規が水戸の友人を訪ねる旅に出かけ4日に藤代(取手)に宿泊し、その翌日に石岡に宿泊したそうです。
その時に詠んだ句だといわれています
市民グループ「石岡の歴史を愛する会」の会員の皆さんの、”見えない歴史の部分を、この先100年先も残るような形で残していきたい”という思いから、この碑が建てられたと聞いています。
たとえ、茨城県の石岡市は知らなくても”正岡子規”という著名人が石岡に宿泊した、という史実。
決して学校で使用されている歴史の教科書に載らない”歴史”を、何らかの形で残し地元に住む人達がそれを知ることは無駄なことじゃない、いやそれどころか町興しとか地域活性とかを考える上ではむしろ必要なことかもしれませんな

お堅い話になってしまいました、失礼(^^;)ゞ
この後は今見屋さんでパンを買い(お参りの帰りは閉店してしまうかもしれない為)、総社宮入口となる角を曲がるまでの間、例の看板建築街を撮影しながら歩いていきました。

では、説明抜き、画像のみで失礼させていただきます
DSCN5306.jpg

DSCN5308.jpg

DSCN5310.jpg

DSCN5309.jpg

DSCN5312.jpg

こちらは、看板建築とは違うけれどクラシカルで趣ある店構えでしたので撮ってみました。
ちなみにお蕎麦屋さんのようです。
DSCN5311.jpg
この建物も指定文化財みたいですね^^
正月休の為シャッターが閉まっていますが。
石岡駅前の商店街のお店はお正月三が日お休みのところが多いのです。でももう、通常営業に入ったことでしょう

そんなこんなで、いよいよ総社宮に近づいてまいりました
DSCN5313.jpg
去年秋に市民会館前に戻ってきた陣屋門。
門松が装飾され、お正月の装い(?)でした。
DSCN5314.jpg
生まれ変わってはじめてのお正月ね

では、次回は総社宮初詣編です

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/08 22:42 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(4)

お城市、開催されました!<その参:最終回>

ちびっ子チャンバラ大会(前回の記事をご覧ください↓)は傍観する側も楽しませていただきました
いやぁ~、面白かった年齢の大小、体の大小は勝敗には関係なかったようです。
そういえばここ近年は、外でチャンバラごっこして遊ぶ子供の姿を見かけなくなりましたね。

さて、うって変わりステージ上は郷土芸能、「中志筑志筑囃子保存会」の皆さんによるお囃子演奏となりました
DSCN5277.jpg
「太子囃子獅子舞保存会」に同じ、かすみがうら市内のお囃子保存会。前者が合併前の出島地区(霞ヶ浦町)ならばこちらは千代田地区(千代田町)。丁度、バトンタッチする格好で登場です。
ひょっとこ、おかめ、そして狐・・・が次々に登場し、会場を明るく盛り上げます
その模様は画像のみで失礼させていただきます
DSCN5282.jpg

DSCN5285.jpg

DSCN5288.jpg

DSCN5289.jpg

DSCN5290.jpg

DSCN5296.jpg

DSCN5297.jpg

DSCN5298.jpg

DSCN5292.jpg

DSCN5294.jpg
ますますお正月らしく盛り上がってきました
いつしか、来場されたお客さんの数も増え少々、移動しづらくなってきました。
そんな中私は、この会場で最後のスイーツを購入。
トッピングがゴージャスな、プレミアムココアです。
DSCN5274.jpg
寒さでぶるぶる震える体がホッと温まるわぁ。。。

志筑囃子保存会の皆さんが去り、ステージではかすみがうら市民劇団「レンコン役者」さん達のアクション劇がスタート♪
午前の部に続き、この日2度目のステージでした。
かすみがうら市出身で新撰組参謀の伊東甲子太郎(いとうかしたろう)を主人公にした寸劇です。
ストーリーは、弟の三木三郎(みきさぶろう)と共に里帰りをした伊東甲子太郎が謎の刺客に命を狙われるが、危機一髪で難を逃れる、というもの。
DSCN5224.jpg

DSCN5229.jpg

DSCN5234.jpg
手に汗握るアクションと、軽いコント(?)を交えての楽しいステージ、役者の皆さん大変お疲れさまでした
地元:茨城県のかすみがうら出身の志士=伊東甲子太郎という人がいたことをこのときに初めて知った、という方もきっといらしたはず。彼についての資料展示が2/15まで開催されていますので劇を楽しんだ後、勉強できますね

さて、この後は”着物コンテスト”とか”福まき(おそらく餅まき?)”や閉会式を控えていましたがあまりの寒さにとうとう耐えられなくなり、食べ物も食べ尽くしたし(笑)、寒さ凌ぎとトイレをお借りするのに何度も郷土資料館(この日は無料開放日)に出入りしたし・・・・
そろそろ、このへんで、と思い退散させていただくことにしました。
その前に会場をもう1周。
「書初め大会」の展示作品の一部↓題材は何でもアリのようでした
DSCN5299.jpg

新年会がてら、楽しませていただきました「お城市」・・・時折、強い風も吹き荒れ外は寒かったけれど、あっという間に時間は過ぎていきました。
私のような見物客は途中、郷土資料館に避難できたから良いものの、スタッフさん達は着物姿ですしお客様を誘導しなくちゃいけないし・・・で、最後の最後まであの寒い中いなくちゃいけなかったのですから大変でしたよね

「お城市」スタッフ・関係者の皆さんお疲れ様でした!
そして、楽しいひとときをありがとうございました


おまけ:
お年玉もらっちゃった
IMG_20150107_081928758.jpg
オリジナルクリアホルダー
郷土資料館にて同時開催されていた、クイズラリーに挑戦し全問正解でいただきました
かすみがうら市の観光パンフレット入れに使わせていただいています

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

動画もどーぞ♪
[広告] VPS
 [ 2015/01/07 22:22 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(2)

お城市、開催されました!<その弐>

腹が減っては戦はできぬ、寒さも凌げん(笑)
というわけで、次々に小銭が飛び次々に私のお腹は膨れていきます。
DSCN5237.jpg

大きなかき揚げ天の載った、”かき揚げうどん”
DSCN5258.jpg
かき揚げの具=白魚や川えびはすべて地元、かすみがうら市産だとのこと。
つまり、ご当地グルメこれはいただいておかなくちゃ!
こ~んなに大きなかき揚げに。。。
DSCN5259.jpg

麺がつるつるしこしこ(≧y≦)すすった時に感じる”つるりん!”感がいいね♪
DSCN5260_20150106225511165.jpg
どこの製麺所のものかは未確認ですが、本当に美味しかった

さて、私がこうして食べ歩きをしている間にもプログラムは進み、特設ステージでは「ガマの油売り口上」とか。
DSCN5241.jpg

なんと!地元が生んだスーパースターがご来場
DSCN5257.jpg
ものまねタレントのアントキの猪木さん(画像左)も、地元の観光大使として駆けつけてくださったのです。
地域に住む一般の方とも気軽に談話されてる姿も見られました

さて、ステージ上では次のアトラクションがスタートしたようです。
殺伐とした雰囲気・・・ではないですね(笑)
DSCN5262.jpg

DSCN5263.jpg
事前受付により参加した子供達による、”ちびっこチャンバラ大会”が始まりました
それぞれ、剣を持ちチャンバラ対決。3人抜きで美味しいスイーツがもらえるのです。
勿論、相手を剣で切ったり傷つけるわけではなく相手の頭上にある風船を剣で割ったほうが勝ち。
いたって平和的じゃないですかぁ
DSCN5264.jpg

DSCN5265.jpg
○○~っ!!いけ~っ!!頑張れ~っ!!
等と、応援席から子供達の親が叫ぶ声を何度も耳にしました。
小学校3年生以上の子ともなると、だんだん力の入り方も違っていきます。
たまにこういった、防御技を巧みに使う子もいたりして。
DSCN5270.jpg
子供の仕草はノーリアクションですから、見ていて面白いですね♪
小学5、6年生の男の子ともなると、本気
DSCN5269.jpg
白熱のチャンバラ大会も、あっという間に終了。
これが女子中、高校生の部とかあっても面白かったかも?と一人密かに妄想してみる私(* ̄m ̄*)

次のアトラクションが始まるまで時間がありましたので、その間再び私は会場内を周遊。
昔の遊びコーナーもありました。
こちらは販売用かな?
DSCN5253.jpg

DSCN5255.jpg
親子3世代で遊べるおもちゃがいっぱい!
うまく狙えるかな~?

午前の部でお囃子をされてた太子囃子獅子舞保存会のご一行と入れ替わり、今度は志筑囃子保存会の皆さんのお囃子演奏がステージで行われることになり、チャンバラ大会が終了するのを待って準備が始まりました。
DSCN5275.jpg
太子囃子、ガマ口上に続き3つ目の郷土芸能披露。
では、次回に続きます。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/06 23:36 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

お城市、開催されました!<その壱>

歓迎のお囃子の音色を聞きつつ、お城の門をくぐると郷土資料館の玄関前には獅子頭。
DSCN5204.jpg
地元、かすみがうら市の太子囃獅子舞保存会の皆さんがこのイベントの助っ人に来られていたのです。
活気溢れる、歓迎のお囃子演奏の後は来場者に新年のご挨拶。
DSCN5203.jpg
恒例の”獅子頭でカミカミ”
勿論、私もやっていただきました
DSCN5205.jpg
ご利益、ありますように・・・!

一回りした御一行は、後に資料館玄関前にてお囃子をお披露目
DSCN5214.jpg
私が到着した時には既に歓迎のお囃子を演奏されていた、太子囃獅子舞保存会の皆さん、朝早くから大変お疲れさまでした

手作り感たっぷりなこの「お城市」の為に、市外の団体さんも助っ人に来られていたのですね~!
アクション時代劇コーナーでは、お隣の行方市より「新撰組茨城玉造隊」さんも出演。
DSCN5251.jpg
「アクション時代劇」の模様はまた後ほど書かせていただきますが、地元・かすみがうら市の劇団も大熱演でした!
市民劇団として結成されている劇団、その名も”大根役者”ならぬ”れんこん役者”。
DSCN5220.jpg
※記事は見た順番通りではありませんので何卒、ご了承ください

一方、こちらは「忍者学校」コーナー。
DSCN5207.jpg
こちらは来場者が体験できます。
忍者が使用する武器がこの通り、ずら~り
DSCN5208.jpg
この中から好きなものを選択。今年は手裏剣が圧倒的人気だとか。
中央の的(”忍”と書かれている部分)めがけて手裏剣を投げるのですが簡単なようでいて、これがなかなか難しいようです
DSCN5211.jpg

その為の練習場が設けられています。お堀のところに。
DSCN5206.jpg

戦国武将の甲冑試着もできます
DSCN5209.jpg
なんと、あの伊達政宗の甲冑が着れちゃうんだって
着用すると、こんな感じです。
DSCN5256.jpg
伊達政宗公と丁度、400年違いの同じ誕生日。
私も!と思いきや残念ながら申込者はお子さんだけでしたので、すごすご退散(笑)

会場をぐるぐる歩き回ってると、肌寒さを感じてきましたのでとりあえず温かいものでも食べてお腹を満たし、体を温めなければ。
これとか↓
DSCN5218.jpg
たこ焼き

こんなのも↓
DSCN5240.jpg
ミネストローネ。
マッシュルーム、でかっ!!

会場周遊、こんな具合で続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/05 22:06 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(5)

お城市、開催されました~まず序章

かすみがうら市にある”お城の郷土資料館”といえば、おそらく土浦方面にお住まいの方ならお分かりでしょう
既に年内、当ブログで告知させていただいていますがその”お城の郷土資料館”=かすみがうら市郷土資料館にて去る1月3日、「お城市」が開催されました!
DSCN5193.jpg
お城市イベントの一つ、「乗馬撮影会」に備え待機(?)
馬にまたがり、このお城をバックに記念撮影をする企画ですが残念ながらお子様限定。

お城市開始は9:00から。私が到着したのは10:30頃。
既に買い物を済ませ、出てきた人を見かけた気がしました。
DSCN5194.jpg
門の向こうでは歓迎のお囃子が既に鳴り響いていました。
毎年お正月に開催されてるイベントだそうですが、私は初訪問(*^-^*)
どんなことをやるのか、楽しみです。
DSCN5195.jpg
↑会場案内とプログラム。
手書きの手作り感、いいねえ。。。
入口の受付にあった、鯉の彫り物が気になりました。
DSCN5197.jpg
鯉=こい=恋をかけたのですね(*^_^*)
”さわって願いましょう”と書かれていましたのでその通りにさわってみましたが、実は別な場所で販売されていた絵馬にお願い事を書いてそばにある掲示板に提げた上で行うものだということを後で知ります^^;
DSCN5198.jpg

これね
DSCN5217.jpg

何はともあれ、いよいよ「お城市」に足を踏み入れましょう。
いざ!
DSCN5199.jpg
クレープやクッキーに和菓子、焼きそばにうどん、サンドイッチ等のフードや風呂敷、手ぬぐい等の和雑貨を販売するお店が所狭しと軒並びます。
さあ、その先では果たして・・・?

というわけで、続きはまた次回に。
風邪気味の為、今回はここまでにさせていただきます

今年もよろしくお願いいたします!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/04 23:07 ]  かすみがうら市 | TB(0) | コメント(0)

ひたちなか温泉~喜楽里別邸

毎年恒例の”初風呂”へ。
今回の訪問はまだ年明ける前、月刊の無料クーポン誌「ぷらざ」という雑誌で見つけ気になって仕方のなかった温泉施設です。
IMG_20150102_193928349.jpg
なんと、ひたちなか市に温泉が!!
OPENは2014年の秋ですがまだ未訪問でした。”天然温泉”という言葉が魅力的
というわけで、母同伴で足を運んでみました。
DSCN5179.jpg

DSCN5182.jpg
DSCN5180.jpg
外部・内部共に「和」を重視した、落ち着いた館内でした。
フロント~浴室までのフロアから見える数箇所の和風庭園が心和ませます
IMG_20150102_162624958.jpg

さて、お風呂は・・・?
浴室内を撮影するわけにはいきませんのでパンフレット写真で失礼いたします。
内風呂には白湯やジェットバス、炭酸泉等3箇所の浴槽と、サウナ+水風呂があります。
そして・・・オススメはなんといっても露天風呂
DSCN5191.jpg
パンフレット写真の通りです。目の前にはひたちなか市の田園、その向こうに見えるのは水戸市の市街地。特に男性用の浴室からは水戸芸術館のシンボルタワーが見えるらしいです文字通り、”一望の湯”!
ところでこの露天風呂・・・正真正銘”天然温泉”なんです
DSCN5188.jpg
※食堂から撮影した風景です。露天風呂からも大体、こんな感じで見られます。
効能はわが茨城県内でも数少なく貴重な「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉」。疲労回復やストレス解消、高血圧症や糖尿病等の病に効果的だそうです(パンフレットより)
温度は高めで結構、強い温泉成分ですので湯あたりにはくれぐれもお気をつけください!
あ、そういえば美肌効果もあるんだっけ

楽しみなお食事も、メニュー数も多く味も良いので期待できます。
↓こちら、母が注文した「喜楽里御膳」
DSCN5183.jpg

↓私が注文した、「牛タレ焼き重」
DSCN5189.jpg
お肉も食べやすく、タレが効いて結構いけるぜ!(笑)
DSCN5190.jpg
お正月三が日中だったせいもあったのでしょうか?御食事処はかなり混んでて名前を書いて席を通されるのを待たなければならない状態でした来館時はご注意を!

他にも書きたいことがありますが、あれもこれも・・・とキリがありませんので当ブログではこのくらいにしておきましょう。
喜楽里別邸さんのHPをリンクさせていただきますので、施設の詳しい情報はこちらでお願いいたします
http://www.yurakirari.com/kirari-net/hitachinaka.html
IMG_20150102_0002.jpg
お風呂上りに美肌効果&健康増進効果が期待できるジュースバー「美健茶寮(びけんさりょう)」で美味しいフルーツミックスジュースでリフレッシュするも良し、お休み処で仮眠するも良し♪
日帰り施設なのに、まるで温泉旅館にお泊りしたような気分が味わえる・・・そんな温泉施設が出来ました

そういえば思い出しました(o^-^o)
女性用露天風呂には桜の木が植えられ、開花時期には体を温めつつお花見が出来そうです(*^-^*)
春よ、早よ来い!(笑)


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/02 23:13 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(6)

福来る~来福の吟醸酒

我が家のおせち料理のお供を勤めた今年のお酒のお話。
ネーミングで正月酒に決定しました。
その名も・・・「来福」
DSCN5175.jpg
筑西市にある酒造会社来福酒造さんのお酒です。昨年11月に行われた土浦カレーフェスティバルの際、買ったものです
1716年(享保元年)創業の老舗酒造店だそうです。パンフレットによりますとこの「来福」の銘柄はなんと、創業当時からの商品だとか
DSCN5176.jpg

ネーミングは、
「福や来む 笑う上戸の 門の松」という俳句が由来だとか。
ネーミングからして、呑むだけで福が訪れそう・・・いいね(*^^*)♪
DSCN5172.jpg

では、いただいてみましょう♪
DSCN5174.jpg
お猪口に注ぐと、辛口の風味が鼻を通してキュ=っと感じます(≧y≦)
呑めば癖なくピリッと引き締まった味。でも燗にすると不思議とまろやかな味
この時期は燗がいいかな?

来福酒造さんはとにかく原料となるお米(酒造好適米)にこだわり、酵母にこだわり、水にこだわり、そして製法にこだわっています。素材の良質さと美味しいお酒をいかにして作るかという製造法にこだわって300年。
この伝統の味が今でも守られているそうです。
市の観光協会で発行されたパンフレット「筑西のいいもの うまいもの 名品名産」でも紹介されています
DSCN5177.jpg

DSCN5178.jpg
※画像中のちっくん(筑西市のマスコット)は別売りです(笑)
「お飲みになられるお客様のもとに福が来ます事を願って贈ります」
と、お店のコメントがパンフレットに印刷されています。
飲んだお客さんのことを考え、”美味しかった”と幸せな気持ちになってもらいたい・・・そんな願いを込めて製造されているのでしょうね

来福酒造さんのお酒を見つけ、購入された方に福が来られることを飲んだ私も願います

来福酒造
(HP)→http://www.raifuku.co.jp/index.html



今年もよろしくお願いいたします^^
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/01/01 23:54 ]  筑西市 | TB(0) | コメント(4)

あけましておめでとうございます!

2015年が明けました。
皆様、明けましておめでとうございます
わがブログ人生もついに、10年目の年に突入いたしました
節目の10年目を目前に達成できた、茨城県44市町村の全訪問。
県内の全市町村名がサイドバーに表記され、”晴れのスタート”となる2015年。これまでよりもさらにグレードアップを目指し、皆様に楽しんでいただけるブログを書いていきたいと思いますので何卒よろしくお願い申し上げます

これまでわがブログを見て下さった皆様へ、感謝の気持ちを込めて年賀状を送らせていただきます
今回は、わが地元=水戸市のマスコットキャラクター”みとちゃん”に特別出演していただきました(笑)
IMG_20141230_0002.jpg

風邪やインフルエンザが流行っているようです。皆さん、くれぐれも体調を崩されないようご注意ください!
 [ 2015/01/01 08:03 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-