INDEX    RSS    ADMIN

陣屋門竣工式<前編>

平成26年11月30日午前10時。
一つのセレモニーが、石岡市で開催されました

・・・なんて、もったいぶるのはよしましょうね(^0^;)
前回の記事最後の部分で少し触れましたように、石岡陣屋門の竣工式に参列してまいりました
DSCN4745.jpg
昭和44年の移設(市民会館建設の為)以来、ずっと石岡小学校の片隅にたたずんでいた陣屋門が45年ぶりについに元の場所に帰ってきたのです。
本日11月30日はそのお祝いの式典
見てください、集まったこの人、人。。。
DSCN4746.jpg

DSCN4749.jpg
老若男女年代を問わず、これだけたくさんの人達が、陣屋門の”里帰り”を祝いに集まったんですねえ
石岡市民の、郷土の史跡を愛する心?かな
私が住む水戸も含め、これは是非見習うべきことでしょう。

さてここで、竣工式1週間前の画像など
DSCN4661.jpg
小学校移転が決まった際、地元では反対運動が起こりました。が、新築された現代風の市民会館外装に古色を残した陣屋門は不釣合いと指摘され、昭和40年代初期の当時は車の通行も増えてきた頃。ドライバー達にとって陣屋門は障害物となりました
DSCN4674.jpg
で結局、反対する市民の意思を押し切って現在の市民会館裏の位置にあたる石岡小学校校庭に移されることになった、ということですね。

DSCN4663.jpg
移転に関しての良き悪しきは私には分かりませんが、解体されず移転という形で残された点は不幸(?)中の幸いだったかもしれません。
なんといってもこの陣屋門も、石岡の歴史を語る上で重要な文化財なのですから。

ところで陣屋門って何?一体どんな風に使われたの?
という方もいらっしゃると思いますので。。。
これに関しましては後日、当ブログであらためて書かせていただきますね
DSCN4671.jpg

今回の竣工式は、ただ完成を祝うだけでなくなんと、移転以来閉門されたままになっていたこの陣屋門扉が開門されるとのこと
歴史的瞬間に立ち会える、またとない機会。。。
それでこんなにたくさんの人たちが集まったのかな?
DSCN4664.jpg

そろそろこの辺で、本日撮影してきた画像に戻しますね。
今か、今かと待ちわびていた陣屋門竣工式が間もなく開催されることとなりました。
DSCN4750.jpg

司会進行係の方による開式の挨拶の後、今泉文彦石岡市長の挨拶。
DSCN4751.jpg
その後、教育委員会の会長さんや石岡小学校の校長先生のご挨拶があり来賓紹介があり、今回の工事に携わられた業者さんによる陣屋門解体~修理に関する説明・・・とプログラムは進み、いよいよ陣屋門の開門・・・・・
DSCN4753.jpg

歴史の扉が今・・・開かれる時!!
DSCN4754.jpg

DSCN4752.jpg

というわけで、後編に続きます

毎度ありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

御幸通りのイルミネーション~石岡駅前

私が観た、クリスマスイルミネーション今年の第1号。
JR石岡駅前とその大通りはクリスマスモード突入です
駅前の空き地には、光り輝くクリスマスツリーが
DSCN4710.jpg

DSCN4711.jpg
はやくも”メリークリスマス
木彫りのふくろう(?)が可愛いね
DSCN4712.jpg

茨城県内でも先週辺りからイルミネーションの点灯式が行われ、既にあちこちで夜間ライトアップが始まっています。
石岡駅前でもこのクリスマスツリーをはじめとし、大通り(通称:御幸通り)でも小規模ながら可愛い街頭イルミネーションが装飾されていました
DSCN4716.jpg

DSCN4717.jpg

DSCN4718.jpg

見慣れた光景ですが、暗闇の中ほのかなライトで照らされた駅前通りはちょっぴり、ファンタジック
DSCN4707.jpg
振り返って、駅の方も撮ってみましょう
DSCN4706.jpg

高野菓子店(駅前店)さん前もこの通り。
DSCN4696.jpg
蝶々かな?

こちら↓は、何に見えますか?
DSCN4702.jpg

DSCN4704.jpg

DSCN4694.jpg
ライトアップはここまで(*^ω^*)
ちなみに画像左側の建物は、まちかど情報センターです。

毎年9月の「石岡まつり」の際には、歩行も困難なくらいに賑わう大通りですが何もない、特にこの時間帯(17:00~18:00頃)はこの通り、いたって静かなもの。早い時刻に閉店するお店も多く日没の早い今時期、駅前通りは真っ暗ですそんな中、こういった可愛らしいライトがあるとほっとします
都内の繁華街ビルやテーマパークには到底、及ばず県内に限ってみても規模が小さく素朴ですがなぜかほっこりと心が温かくなる石岡駅前イルミネーション。
石岡駅を利用し、帰ってこられた人達に
”お帰りなさい!”
と出迎えているかのようです
DSCN4703.jpg
年内の12/31まで点灯の予定だとか。
皆さんも遊びに来られてみませんか?

さて、話は変わりますが。
石岡陣屋門の復旧工事がついに終了しました!しかも、元の場所=石岡市民会館前に帰ってきました
DSCN4660.jpg
陣屋門完成と元の場所への帰還を祝い、来る11月30日(日)、10:00より竣工式が開催されるそうです
IMG_20141122_161420219-1.jpg
パネル展示の他、35年ぶりだという「金丸町の山車」の御目見え。
これは行かなくては
興味のある方、お誘いあわせの上是非お出かけください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

水と緑のふれあい公園

河内町の農産物直売所「ふるさとかわち」に立ち寄り後、寄り道した「水と緑のふれあい公園」。
文字通り、緑の木々に囲まれた”水辺の公園”といった感じですかね
DSCN4393.jpg
駐車場に車を停め、歩いていくと嫌でもすぐに目に入る大きな沼。
”不動免沼”という名だそうです。人工で造られたのか、はたまた自然にあったのかは不明。
DSCN4394.jpg
あいにく、散歩日和とは言いかねるこの日の天候でしたが幸い、傘を差す必要もなかったので公園内を散歩していきます。
公園の入口から入って間もない場所に、1つの歌碑が立っています。
DSCN4395.jpg
大正~昭和時代に活躍された、ここ・河内町出身の歌人=大野誠夫(おおののぶお)氏の歌碑です。
文学関係(だけか?、笑)疎い私には初めて知る名前ですが、戦後の短歌界に新風を吹き込み、宮柊二や近藤芳美そして同じ茨城県では長塚節と並ぶ歌人だったそうです。
DSCN4400.jpg
この町(当時は村)を出た後もこの風景を愛し、生まれ故郷を愛されたという大野氏、自伝「或る無頼派の独白」で”心ならずも村を出たが、私はこの村が好きでたまらない”という意味の言葉を書いてるそうです
そんな彼の歌碑がこの場所に建てられたのも、生まれ育った河内町(河内村)をこよなく愛したという大野氏の遺志が尊重されてのものなのでしょうね。。。
DSCN4401.jpg
正面の不動免沼を背景に、いい構図になってますこの歌碑。

帰宅後、町のHP等で調べたところ、今年は大野誠夫氏が生誕して丁度100年、そして没後30年になるそうですその節目の年に偶然、河内町のこの公園しかもこの歌碑の前に立つことが出来たことに、なぜか不思議な縁を感じました。
DSCN4405.jpg
季節はずれのタンポポ(?)が。

不動免沼は、橋を渡って向こう岸へ行くことができるのです。
公園内をもう少し、歩いてみました。
DSCN4407.jpg

杉の木がいっぱぁい!!
DSCN4409.jpg

見てください、この杉の実!!
DSCN4413.jpg
花粉の時期は来られないね(笑)
スギデッポウの弾はこれを使ったのかな?

DSCN4408.jpg
沼の向こうに見えるのは県道。右へ進むと龍ヶ崎・取手方面。そして反対側は「ふるさとかわち」へ戻る道。
利根川はそのまた向こう側。

この公園、ちゃんとトイレ&自販機も完備されていますからね
DSCN4416.jpg
喉が渇いても大丈夫ね♪
で、この自販機。今の時勢にちゃんと対応しています。
DSCN4417.jpg

災害等の非常時対策万全!非常時ライフラインベンダー付き。やりますなあ
DSCN4418.jpg

そういえば災害時の避難場所となっているんですよねこの公園は。
DSCN4421.jpg
町内や近隣の町で”もしも”の事態が発生したら、ここに避難すればよいのですね。

この公園、八重桜やサツキ、クチナシの花も楽しめるそうですから開花時期も楽しみですね
いつまでも、町内の人達に愛され大切にして欲しい公園です。
DSCN4419.jpg

公園のある道路(県道)沿いに植えられた桜の木、これまた開花が楽しみ(≧∇≦)
が咲いたら公園を含むこの辺りの風景も、きっと素敵になることでしょう。。。
DSCN4420.jpg
さて、最後はちょっぴりミステリーなお話を。
「水と緑のふれあい公園」の道路を挟んだ正面の畑にある大木(↑画像中央)が気になりまして。

道路を横断し、見に行ってみると
盛り土の部分にたくさんあった、古い道祖神や供養碑。
DSCN4422.jpg

DSCN4431.jpg
寛政年間・・・って、結構古いですよね

さらに反対側に廻ると、鳥居が立てられて。
DSCN4425.jpg

その奥には古いお社様のような。
DSCN4427.jpg
周囲にこれを説明するものは置いていません。帰宅後調べてみても勿論不明、ある地図には”香取神社”という名前が表記されていました。それ以外は謎です。

何ゆえ、ここにあるのか何の神様を御祀りしていたのか・・・。
興味を惹かれます。求む、情報提供(笑)

河内町には、こういった古い史跡や文化財があちこちに点在しているようですのでその意味では非常に探検し甲斐のある町と言えます
河内町公式HP
またいつの日か、足を運んでみることにしましょう!
DSCN4426.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

初訪問!ふるさとかわち

カレンダーをずっと戻した今月9日の日曜日、つくば市で「わっかま」が開催された日です

LALAガーデンつくばを出た後、「丸源」さんでラーメンを食べ向かった先は水戸への帰路ではなく、むしろ逆方向。
県南も県南、利根川に面した小さな町・・・河内町。
IMG_20141110_115540228.jpg
橋を越えた向こうは千葉県成田市です。
とうとう、”県内最後の未訪問地”に足を踏み入れました

で、初めてのスポットはまあ、お約束といったら難ですが直売所。
DSCN4388.jpg
ふるさとかわちにやってまいりました。あまりにミーハーかしら?

DSCN4390.jpg
利根川の水と広大な農地で育ったお米=「おかずのいらないかわちのお米」。
いつか食べてみたいと思っていましたのでこの通り↓
DSCN4434.jpg
お赤飯と山菜おこわは、お腹すかせていた母と弟・鶴千代のお腹に即入ることになり、揚げ餅は私のおやつに
勿論、河内産。香ばしくてサクサクで、1個食べたらもう1個・・・と手が止まらなくなる。。。(笑)
IMG_20141126_204700922.jpg
お米のほうは写真を撮らずに食べてしまいましたが美味しかったです
まあ、私的には”おかずいらない”わけではないけれど
特別栽培されたお米の中からさらにレベルの高いものが厳選され、日本で始めて食味値を表示したという・・・米粒1つにもこだわったお米のようですね

そんなに美味ぇ米ならどれ、この場で食べさしてみぃ!
という方はこちらにどうぞ
DSCN4389.jpg
”かわちのお米”の中の「とねのめぐみ」というお米を使ったおにぎりが、直売所に併設された「ふるさとおにぎり店」にて販売されています。私の場合、ラーメンで満腹だった為今回は利用出来ず残念

こんなコーナーもあります。
DSCN4392.jpg
お食事処「和たや」
カツ丼など、ボリュームのあるお食事ならばこちらで。

春には桜や利根川の堤いっぱいに咲く菜の花が楽しめるという河内町。
ぽかぽか陽気の中、ドライブしてみるのも気持ち良さそうですね
そして、この町にはたくさんの文化財があちこちにあります。「ふるさとかわち」で買ったおにぎりをお供に文化財巡りやお花見を楽しむという手もありますね

さて、せっかくの初訪問。”買い物したし、とりあえず未訪問地を足跡踏み踏みしたからもう帰ろうっと!”
なんてことはしません
もう一箇所くらい、訪問しておこうと次に向かったスポットは「水と緑のふれあい公園」という公園でした。
DSCN4421.jpg
というわけで、次回はこの公園をお散歩したお話など。



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

高浜神社

高浜駅から、これから向かおうとする高浜神社は徒歩で10分かからない距離にあります。
略図
駅前ロータリーの道を、向かって左に進むとすぐに県道に突き当たりそれを右手のほうに進んでいきます。
昔日を思わせるかのような町並みと古い土蔵風の建物がある中を歩いていくと、すぐ分かりました。
DSCN4622.jpg
市指定文化財です。
鳥居越しに拝殿が見えます。
DSCN4623.jpg
では、境内に足を踏み入れてみましょう

DSCN4624.jpg
創建は果たしていつ頃なのでしょうか。。。
相当、年季が入ってますねどこかに書かれていないかな?
DSCN4629.jpg
う~ん、はっきりとした年代は書かれていません
この案内板によりますと、ここ・石岡に常陸の国の国府が置かれていた頃、都から着任した国司がこの高浜から鹿島神宮を参拝する際に船で出航していたそうです。というのも、当時の国司の任務には国内の第一宮を参拝する慣わしがあったからだとか。ちなみに常陸の国の第一宮は鹿島神宮です。
ですが嵐等の悪天候の場合、当然出航は出来ません。そこで、高浜の渚(つまりこの場所)にススキとまこも、ヨシ等の青草を使って仮殿(青屋、と呼ばれたそうです)を造り、鹿島神宮を遥拝したのだそうです。
DSCN4625.jpg

で、現存する社殿は青屋があった辺りに後世になってから建てられたものだろうと言われています。
DSCN4627.jpg
国府が置かれていた時代=つまり一千余年の歴史を持つ神社。
境内に足を踏み入れただけで、未知のパワーを感じたのはそのせいか
DSCN4628.jpg
さらに調べたところによりますと、毎年旧暦の6月21日(現在の7月25日)には境内で祭礼(青馬の祭り)を行ったりススキを箸にしてうどんを食べる儀式が行われているそうです
DSCN4630.jpg
常陸国風土記の時代よりの風習が、平成~21世紀の今でもこうして続いている。。。
古代浪漫ですねえ

高浜神社のすぐ裏にはコンビニエンスストアがあり、その手前の道を進むと高浜駅に戻ることができます。
でもその前に

ちょっと寄り道し、恋瀬川から夕陽を眺めてみました
DSCN4636.jpg
※逆光のため、暗くなっています。
「常陸国風土記」によりますと、国府の役人達は春秋この入り江の景色を楽しみ、特に夏の夕暮れには涼を求めてここに集い遊んだといわれています。

~少し波立ち夕風が静かに吹き出すと、暑さを避けて集まった者は晴れやらぬ心の憂いさを風に払い、岡を照らしていた日影がしだいに動いていくにつれ、涼を求める者は喜びの心を動かしたという~(「常陸国風土記<茨城郡(二)>より」)
日頃のストレスや憂さを晴らさんと、美しい景色を求めて心を癒すのは昔も今も同じですね
千年以上前の人達が、それぞれに涼と心の癒しを求めてやってきた”その場所”に今、私は立っている。。。。
そう思うと不思議なことに、遠い古の時代に生きた彼らがまるで友達のように思えてきて親しみが沸きます。
古代人と現代に生きる私達・・・心が繋がった瞬間・・・?!かな(笑)
DSCN4637.jpg

余談ですが、高浜神社から県道をさらに5分くらい進んだところに”いしおかサンド”協賛店の和菓子屋さん「高砂屋」さんがありますコレ↓、最新作の「浮島のいしおかサンド(ゆず)」
DSCN4721.jpg
ゆず(ゆずマーマレード)を使ったいしおかサンド。ちょっと前までは柿だったみたいですが。
しっとりとした浮島生地で和風スイーツに仕上がり、甘くて美味しい(≧≦)!!
DSCN4722.jpg
高浜神社や恋瀬川をお散歩された時にちょっと足を伸ばして立ち寄られてみては?
→手作り和菓子 高砂屋
茨城県石岡市高浜661-1
Tel:0299-26-3855
8:30~18:30 定休日:水曜日

最後はスイーツでゆるく締めさせていただきました

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

高浜駅

こちら↓、JR常磐線高浜駅(石岡市)のホームから見られる風景。
DSCN4617.jpg
この日は1日快晴でしたから、筑波山もはっきり見ることができました。
いつもは列車の車窓から見る風景ですが、”いつか、途中下車してゆっくりとホームからの風景を撮りたい!この駅のホームから見る夕陽はどんなに素敵だろう。。。”と常々思っていました。
その思いをついに叶えることが出来ました
DSCN4618.jpg
土浦カレーフェスティバルの帰り、食べ過ぎて飛び出たお腹を少しでも引っ込めようという思いもあり(笑)食後の運動がてら高浜駅で途中下車。
駅舎を出ると、木製のトンボの置物と「アサザプロジェクト・高浜駅ビオトーブ」の案内板。
DSCN4619.jpg
DSCN4620.jpg
隣の石岡駅が”歴史の町”ならば、こちらは”水と緑の町”といったところなのかな?
駅舎のすぐそばに、「茨城百景 高浜の釣り場」の碑。
DSCN4640.jpg

そういえばホームにも看板がありました。
DSCN4644.jpg
茨城百景に指定されてるほどですから、釣り場がかなり有名なのね
釣りをやらない私には分からないけど^^;

次の列車が来るまで時間がありますので、少しお散歩してみますか
駅の近くに「高浜神社」があるらしいので、そこまで歩いていくことにしました。
DSCN4621.jpg
では、出発!
・・・って、あら?
駅舎の壁に魚の絵
DSCN4621-2.jpg
実は画像をブログサイズに縮小しているときに気づきました。
つつましくさりげないワンポイントが可愛らしい演出(笑)

高浜神社はこの駅から徒歩約5分程度。1時間あれば余裕で行って帰ってこられます。
神社のお話は次回の記事で書かせていただくとしまして。。。

神社までのお散歩から帰ってくる頃には随分と陽も傾き、夕暮れ時を撮影するには丁度いい感じになっていました。
では高浜駅改札口~ホームの画像など。
DSCN4643.jpg

DSCN4646.jpg

DSCN4647.jpg
この駅からのスポットには、「釣り場」の他に「舟塚山古墳」があります。駅を起点とすると高浜神社とは逆方向になりますが、関東第2位の規模で知られている古墳です今回は行きませんでしたが
たぶん、筑波山の右手のほうに見えるこんもりとした森がそうなのですかね?
DSCN4651.jpg
よし!後で探検してみよう
いつになるかは未定だけど

DSCN4650.jpg

DSCN4648.jpg
夕陽が似合う高浜駅は、なんとものどかな、”里の駅”でした。


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

ご当地カレー、大集合!(第11回土浦カレーフェスティバル)

はじめに。。。
11月22日20:07に長野県北部にて発生した震度6弱の強震による住宅損壊や負傷されました住民の皆さんにおきまして、心より御見舞い申し上げます。


さて、1週間前に開催されました「土浦カレーフェスティバル」のお話など
ナンバーワンのカレーを決めるC-1グランプリの結果報告は既に当ブログで記事に書いておりますが。。。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-category-16.html
今回の記事は”こんなお店出てたよ!”、”コレ食べたよ”、って感じの回顧録みたいな
DSCN4608.jpg
2014年C-1グランプリは主催部門=レストラン中台さん、麺部門ならびに創作部門=火門拉麺さんに決定

昭和4年、霞ヶ浦にドイツの飛行船ツェッペリン号が飛来し、地元に住む人達がその乗組員達にレンコンをはじめとする地元の野菜をフルに使用した”精一杯の洋食”でおもてなしをしました。国際交流の発端となった瞬間だったのでしょうか。
その橋渡しとなった”精一杯の洋食”、それが”元祖・土浦カレー”です。
そのルーツが今、町興しという形となり「土浦をカレーの町にしよう!」という意図のもとに開催されるようになった”土浦カレーフェスティバル”も、今回で11回目つまり11年。素晴らしい
DSCN4511.jpg

これまで地元・土浦市または近隣のつくば市・阿見町のお店のみの出店でしたが数年前より県外のご当地カレー達もこのフェスティバルに加わることになりました
DSCN4520.jpg
北本トマトカレー(埼玉県北本市) 今年は主菜の部準グランプリ受賞!
観光PRも欠かさない。


食べるのはいつも土浦市内のお店に限らせていただいていますが、今回は遠方から交通費をかけてきてくださった県外のご当地カレーに目を向けてみました。
ご当地カレーでもレギュラー出演されている、富山県の黒部ダムカレーを。
DSCN4522.jpg
いつか味わってみたかった、”ダムカレー”
DSCN4524.jpg
ダムの池をイメージしたような、カレールーにこんもりと盛り付けられたライス、そしてキャベツのトッピング。
キャベツの上にあるにんじんスライスは、ダムの紅葉をイメージしたのでしょうか。。。?
崩すのが惜しいくらい、見た目が美しい。。。
DSCN4525.jpg

キャベツたっぷりで、胃にも優しいの(*^_^*)
DSCN4526.jpg
マイルドな辛さでなかなか良いお味。ごちそうさまでした!

ご当地カレー、2店舗目のお店は今回が初出場のお店。
そして、今回エントリーされていた中でおそらくもっとも遠い土地=鹿児島県からの参加してくださいました
DSCN4566.jpg
古民家のカレーテリア沙羅さんの黒カレー。
お肉は黒豚、ルーには黒酢・黒ゴマ・黒砂糖を使用しとことん”黒”にこだわった商品=黒カレー。
うん、確かに黒いねえ
DSCN4569.jpg
はじめ、”甘口”?と感じたけれど辛さは少しずつ伝わってじわじわと体が熱くなっていくのを感じました。
この商品、2014年1月の「魅力ある日本のおみやげコンテスト」食品の部で受賞された商品だそうですがあいにく土浦市民の舌には合わなかったのかなあ。。。行列ができていませんでした
~水戸のカレーバトルだったらウケる味かも・・・と密かに思う私。

沙羅さんについて、ここでどうしても書いておきたいお話があります。
カレーを受け取り、”さあ、食べよう!”と持ち運ぼうとした時不覚にも手から落としてしまいました
すぐお店の方が応対してくださり、”大丈夫ですか?”と大き目のウェットティッシュで私の手やバッグなどについたカレーを拭ってくださり、すぐ新しいカレーを作ってくれました。その分のお金(ちなみに1杯500円)を支払おうとしたところ、”いいです、いいです!(お金は要りません、という意味)”と言ってくださったのです
カレーを私の不注意で台無しにしてしまったというのに、無料で提供してくれるなんて・・・。こぼした時の親切な対応といい、鹿児島の県民性でしょうか・・・感激
お礼に宣伝しちゃお♪
→カレーテリア沙羅さんのHPhttp://www.sara-kagoshima.com/
明治12年建築の古民家を利用したカレー専門店です又、”黒カレー”をはじめとするお店のカレーは全国発送も行われているみたいですよ
Tel・FAX→099-298-3866(詳しい情報は上にリンクいたしました沙羅さんのHPを。)

一つのイベントを通しての県外の人達との交流・・・”こんなお店があるんだ。今度、行ってみよう!”と新たな発見。
素敵だと思いませんか?

さて、カレーに疲れた人達のため(?)美味しいスイーツも万全です
DSCN4545.jpg

土浦市の老舗洋菓子店「高月堂」さん。ここでは今回初めてですねえ
DSCN4559.jpg
バナナオムレットケーキ、また食べたい(^Q^)♪

DSCN4560.jpg
”神立名物”という文字に惹かれた(笑)
そしてこうなる↓
DSCN4561.jpg
カスタード+生クリームが2層に入っています。美味しかったから後でお店に入っちゃお♪
・・・・また土浦記事が増えるな(* ̄m ̄*)

ご当地ゆるキャラちゃんたちも大集合でした!
DSCN4567.jpg

なかなか見られない、ゆるキャラのデュエット・ダンスまで見られちゃった☆
DSCN4551.jpg
潮来のあやめちゃん(左)と宇都宮のミヤリーちゃんの”餃子ダンス”。
ピンクレディかウィンクか?!なかなか息もぴったりでお上手~♪

たくさんのカレーとたくさんのグルメ、そして楽しいステージイベント
参加店も来場者も年々増え、もはや”世界の土浦カレーフェスティバル”?!
ゆくゆくは海外からのエントリー、なんてこともありうるかもしれません

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

銀杏のライトアップとキャンドルナイト~茨城県立歴史館<2>

ライトアップされた歴史館の銀杏並木をもう少し歩いてみることにしました。
DSCN4487.jpg

ちょっと奥へ進むと、昔の学校のような建物があります。
歴史館に何度か足を運ばれてる方には説明不要の”旧水農本館”です。
DSCN4480.jpg

DSCN4479.jpg
元水農(水戸農業高等学校)の旧校舎であります。
明治32年(1899年)~昭和45年(1970年)まで校舎として使用されていました
現在、歴史館に展示されてる校舎は復元されたものだそうです。
DSCN4482.jpg
あいにく、建物内の見学は出来ませんがこの夜は窓に灯りが差し、覗いたら学生さん達が夜遅くまで勉強に勤しんでいる光景が見られそうな雰囲気が
正面からの校舎撮影は暗くなってしまい、どうしても写すことができませんでしたので断念しました

夜間開放は、歴史館本館でも行われ普段体験することのないナイトミュージアムを楽しまれていた小さなお子さん連れの家族を何組も見かけました。
DSCN4497.jpg
夜の”歴史館探検”に、お子さん達もわくわくしていた様子
そういえば、スタンプラリーも同時開催されてたようですね♪
DSCN4500.jpg
本館脇の人工池より銀杏並木を
分かりにくくなってしまいましたが、水面に映る銀杏並木を撮影してみました

美しい銀杏並木のライトアップを鑑賞しても、やはりお腹はすきますし体も冷えます。
冷えた体を温めるための対策(?)も万全。
DSCN4502.jpg
ラーメン等の軽食や、”ハチバス隊”(移動カフェ)も大活躍でした。
DSCN4503.jpg

思わぬ、友情出演?
DSCN4494.jpg

でも残念ながら・・・・・。
DSCN4495.jpg

歴史館のライトップはこの日15日と前日の14日のみ。たった2日間、特にイベントが開催されたのは15日の一夜のみでしたが、来られた人たちにとって一生の思い出となると良いですね
DSCN4475.jpg
初めての開催にしては、とても素敵に開催されたと思います。これもひとえに歴史館スタッフさんたちおかげ、
この場を借り、熱くお礼申し上げます。
ほんのひとときでしたが、私もほっこりと楽しませていただきました!
そして・・・願いました。

どうか、来年も開催されますように・・・!と。
今回のライトアップイベントは開館40周年記念ではなく、”第1回目”のイベント・・・そう信じたい私です。
DSCN4445.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

銀杏のライトアップとキャンドルナイト~茨城県立歴史館<1>

水戸市にある茨城県立歴史館が開館して、今年で40年となるそうです。(昭和49年9月3日開館)
40年目の節目となる今年、開館以来初の一大イベントが開催されました
DSCN4439_20141121071425c84.jpg
去る11月15日の土曜夜。。。
正門をくぐった、その先には。。。。
DSCN4444.jpg

DSCN4448.jpg
無数のキャンドルライトが歴史館の入口を照らしていました。
そして、付設の旧水海道小学校も妖しい光に包まれています。
DSCN4450.jpg

その小学校前ではミニコンサートも開催されていました
DSCN4453.jpg
旧水海道小学校も、この日は特別夜間開放が行われていました。
年代別の学校給食展示、懐かしかった。。。(館内撮影禁止の為、画像抜きで失礼いたします。)

そして・・・歴史館名物の銀杏並木は。。。
(*゜▽゜*)。・。・。・!!
DSCN4456.jpg
黄金の光輝く、ファンタジーワールドに。。。
DSCN4458.jpg

DSCN4460.jpg

DSCN4463.jpg
黄金色のトンネル。。。。素敵です

この黄金のトンネルの中、デートする老夫婦や若いカップル
学校帰りに友人と一緒に遊びに来て、写メを撮る女子高生。
光の中を喜んで駆け回ったり銀杏の落ち葉で遊ぶ子供達。。。
三脚を構え、ライトアップされた銀杏並木を撮影する人。。。
楽しみ方はいろいろ
DSCN4471.jpg
40年目にして初めて光る、満開の銀杏に私も暫く魅入っていました。
想像以上の素晴らしさにすっかり時を忘れ、すれ違う仲睦まじきカップルに羨望と妬ましさを感じることも忘れ(笑)、光の美しさに酔いしれる私。。。
DSCN4486.jpg

DSCN4462.jpg
ライトアップはこの銀杏並木を中心に行われていましたが、少し違う角度からも眺めてみたいと思いもう少し歩いてみることにしました。寒さなどすっかり忘れていました。

というわけで歴史館の銀杏並木ライトアップ記事、前半はこの辺で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

丸源ラーメン

先ほどからFC2の画像アップロードがエラーになってばかり
本来、先週土曜日に開催されました歴史館の銀杏ライトアップ記事を書かせていただく予定でしたが、とても数十枚もの画像をUPできる状態ではありませんので予定を変更し、画像の少ない記事を書かせていただきます

前回の記事「わっかま」を後にした頃、”そういえばお昼食べてなかったな”と。
つくば市でラーメンを食べるのが実は夢だった私(笑)、LALAガーデン近くのお店を見つけました。
DSCN4375.jpg
勿論、初来店のお店です。今回はそこでランチタイムを過ごすことにしました。
お店の入口では数組のグループ(主に小さい子のいる家族)が空席待ち状態。
”え~?、こんなに混んでるんだぁ。。。”と一瞬、引いたけどなかなか来れるお店じゃないし、というわけで名前を書いて待ちます。
一人でしたしカウンター席OKでしたので、わりと早く席を通してもらうことができました
さあ、何食べようか。。。
DSCN4376.jpg
肉そばがバリエーション豊富、他醤油ラーメンとか淡々麺とか。
初来店ですしデザートも食べたいから(笑)、今回は”選べるデザートセット”をチョイスしました。
餃子がセットに付き、デザートはソフトクリームや杏仁豆腐から選べます。
健康診断前でしたから、今回は杏仁豆腐で(笑)

餃子を食べてると、間もなく来ました
DSCN4379.jpg
野菜の盛り付けが凄い!
野菜だけでお腹いっぱいになりそうでした。麺はどこだあ?(≧∇≦)

あった~!
DSCN4381.jpg
お肉は豚スライスです。スープの味は薄めに仕上げられていてお好みでテーブルに備え付けのラー油をかけることができます。
野菜豊富だからヘルシー、と解釈すればいいのですがとにかく薄い
”何言ってんの!そこがいいんでしょうがしつこくなくて。”
という方もいらっしゃるかもしれませんのであまり批判的なことは書きたくありません。
ラーメン屋さんにしては少々、味が上品過ぎるかな材料や麺、スープにこだわりは見えましたが、こだわり過ぎてかえってそれが仇?!と感じられくもありませんでした。
ファミリーにはいいけど、ラーメン通の方には好みが分かれるでしょう。
まあこれは一個人の感想ですので、このお店のファンの方や常連さんは気を悪くされないようお願い申し上げます
DSCN4377.jpg

お店のスタッフさんは感じ良いし、トイレも綺麗だし”もう二度と行きたくない!”お店ではありません。
次回訪れた時は坦々麺を食べてみますか炒飯つけてもイイネ♪
DSCN4382.jpg
デザートの杏仁豆腐。欲を言えばジャム欲しい~っ!!

今回の私はちょっと、我侭過ぎ?

丸源商店
茨城県つくば市小野崎282-6
Tel:029-861-7670

HP→http://www.syodai-marugen.jp/
尚、茨城県ではつくば以外に土浦市に1店舗チェーン店があります

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

ありがとうわっかま~LALAガーデンつくば

わんこも飼ってない、この私が縁あって知り参加できたイベント・・・わっかま
わん友いない私(犬、飼ってないから当然)が、楽しく過ごすことが出来た!
ありがとう、わっかま(感*^_^謝*)

当記事で既に過去何度かこのイベントについて記事に書かせていただいていますが、4度目になる今回は11月9日にいつもの場所=LALAガーデンつくばにて開催されました
事後報告、それも既に2週間近く経過しようとしていますがざっとレポートさせていただきます。
DSCN4356.jpg
この日は残念ながら”イベント日和”と呼べるお天気ではありませんでした。幸い、私が到着した頃は傘を差さなくても大丈夫なほどになりましたが一時期強い雨が降ったようでお店を出されていた業者さんや関係スタッフさん達は大変な思いをされたことでしょう

そんな中でも、親子連れやわんこ連れのお客さんがたくさん来場し会場は大盛況でした
ワークショップとか。。。
DSCN4362.jpg

ステージイベントとか。。。
DSCN4361.jpg

DSCN4370.jpg
おなじみのアルパ演奏も行われました。美しい音色で奏でる曲はコーヒールンバ他数曲
魅惑の音色に、”あ~、コーヒー飲みてぇ~!!”(笑)

さて、コーヒーとくればお茶請けが欲しいね
こちらはスイーツ販売です。毎度お馴染みのくれよん工房DSCN4354.jpg
雰囲気は既にクリスマス、ツリーのオーナメント風クッキーが可愛い(≧∇≦)!
・・・と感動しておいて、実際買ったのはスティックケーキでしたけど
クレヨン工房さんのお菓子は、わっかまの度に購入しています。同じ水戸出身ですし尚更親近感♪

わっかまレギュラーさんの他、今回初登場のお店も。
つくば市のパティスリーコモンさん。
DSCN4367.jpg

DSCN4351.jpg
”和”をテーマにした、ちょっぴり大人のスイーツを持ってきてくださいました。その中でも特に”ゆず”味クッキーはここ・”わっかま”イベント限定商品!!KOMONさんのお店では買えません。
お土産用に買っていきました。美味しくいただきました

スイーツはスイーツでも、こちらは食べられないスイーツ
こちらもお馴染み、y’sファクトリーさんのスイーツデコ
DSCN4358.jpg
美味しそうでも、食べられない
y’sファクトリーさんのスイーツデコは、可愛いだけじゃない。実用的なものばかりです。
今回も電卓やスマホカバー等、使えるスイーツデコを持ってこられました。
で、私が今回買ったのはコレ↓
DSCN4437.jpg
ロールケーキの目覚まし時計セットするのが楽しいわ♪
こういった、ハンドメイド商品を販売する「蚤の市」もわっかま名物です。商品の売り上げ収益は東日本大震災の義援金として使われるそうですですから、買う人だって立派な協力者そしてわっかまメイトになれちゃう!!
・・・って、思うのは私だけ?

この他のお持ち帰り商品。
DSCN4655.jpg
この中のブレスレッドのみ、”てくてくじ”で当てたもの。

DSCN4363.jpg
ブロ友のさちきさんの出店コーナで行われていました。今回、さちきさんのお店では古タオルとレジ袋を募集していました。それらを持参した人が”てくてくじ”を引くことができるのですが、集めたタオルとレジ袋は動物愛護団体で保護されたワンちゃんや猫ちゃんのために使われるとのこと。
「これなら私にも協力できるぞ!」と自宅から古いタオル(”XXの湯”等と書かれたものも含め)を書き集め、溜まりに溜まったレジ袋をまとめ、持って行きました(*^_^*)ゞ

いつもはお金を置いていくことしか出来なかった私が、お役に立つことができた・・・!
その充実感で満足(笑)
今後もこういった形で、”私にも出来ること”を協力させていただきますからね
DSCN4364.jpg

被災支援や動物愛護義援の心でわっかまに参加するも良し、大切な愛犬の為にご褒美として様々なグッズを買うのも良し、ハンドメイドのワークショップに参加してみるのも良し、勿論スイーツを求める目的だって。。。
このイベントに来られた人はみんな、”仲間”!!
次回開催日は未定ですが、今度は皆さんも仲間になりませんか?

よろしかったらこちらもご覧くださいhttp://ameblo.jp/wakkama/(わっかまスタッフさんのブログです

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

灯りの赤レンガと銀杏まつり、観てきました!

茨城県立歴史館の銀杏並木ライトアップイベントが行われた1週間前、常陸太田市では。。。
DSCN4286.jpg
里美のかかしをひととおり見物し終えた頃は既に日没を過ぎ、辺りも暗くなっていました。
この日は、常陸太田市の西河内下町という場所でライトアップイベント=「行灯の赤レンガと銀杏まつり」開催の日。
丁度、帰り道でしたし観て行くことにしましたといっても、かなりの混雑で愛車を駐車するのに一苦労でしたが
歩道から見下ろした、会場内の様子です。
中央に”美”という文字が見られました。
DSCN4287.jpg
無数の灯りで作られた文字。その先に見える建物こそ、”赤レンガの建物”旧町屋変電所です。
そして、別な場所には”結”の文字が
DSCN4345.jpg
会場を照らしていたのは手作りの行灯でした。
地元の方々でしょうか・・・。
DSCN4307.jpg

子供達の作った可愛いイラスト入りのものもありました。
DSCN4308.jpg

DSCN4295.jpg

DSCN4296.jpg
東日本大震災で大きな被害を受けた被災地=岩手県大槌町の皆さんも協力されていたようです。
少なからずここ・常陸太田市も東日本大震災では住宅損壊等の被害を受けた町、被害の大小に関わらず同じ被災地同士、このイベントを通して常陸太田市と大槌町の絆が強まると良いですね”結”の文字のごとく。。。

さて、フラダンスなどのステージイベントが行われたり。。。
DSCN4306.jpg

その周りは露店が軒並び、美味しい香りを漂わせながら焼きそばやトン汁等の販売が行われていました。
ですから、お腹すいても大丈夫♪
DSCN4300.jpg

こんなに大きなお鍋でけんちん汁つくり。
DSCN4304.jpg
地元の奥様方が数人掛かりで忙しそうに調理してたりして。
いつしか、会場内はこんなことに↓
DSCN4305.jpg
やっぱり、こういう楽しみもなくっちゃね(笑)

おっと、それよりも肝心の主役はこちらでした
DSCN4309.jpg
”赤レンガ”旧町屋変電所と銀杏の木。
先ほど触れました手作り行灯の灯りが、建物までの道を照らしていました。
ライトアップされた、旧変電所。
まるで西欧の童話に登場する家のようでメルヘンチックです
DSCN4312.jpg
この建物、平成11年に登録有形文化財に指定されているのですよ
建設は明治42年(1909年)、町屋という場所に発電所が日立鉱山により造られた際、その変電施設として建設されたのがこの建物なのだそうです。
DSCN4314.jpg
明治44年、茨城電気㈱が譲り受け、同じ年の10月28日に旧太田町(現在の常陸太田市)に電気を灯しました当時の人達の喜びの大きさといったらそれはもう、計り知れないものだったに違いなかったはずです。
「電気見たけりゃ町屋へ行け」という言葉が出たそうですから。
DSCN4346.jpg
築100余年、今でもこの地域を見守り続けています。

変電所としての機能は昭和31年まででしたが、今では地域の集会所として利用されているとのことです。
そんな旧変電所に、今宵電気が戻ってまいりました
DSCN4318.jpg
この夜は特別、夜間開放。
中に入ると。。。
(*゜▽゜*)。・。・!!
DSCN4326.jpg
愛子さんのひょうたんランプ展示会が行われ、明治時代建築のレトロな建物内はファンタジーワールドと化していました
鯨がいたり、猫ちゃんがいたり。。。(*^_^*)
DSCN4327.jpg

DSCN4341.jpg

DSCN4328.jpg
う~ん(* ̄▽ ̄*) 綺麗だわあ。。。。。
あら、天井にも
DSCN4335.jpg
室内の幻想的な世界につい、時間を忘れてしまいそう。。。
ずっと、観ていたけれど。。。。。そういうわけにもいかない(笑)
DSCN4343.jpg

この日、”見頃はもうちょっと先かな?”という程度だった銀杏の葉も、もうそろそろ黄金色になっている頃でしょう。
DSCN4344.jpg

たった一晩のイベントナイト、でも思い出は一生。
素敵な一夜となりました
来場された方達もきっと、素敵な一夜を過ごされたことでしょう。。。




いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

里美かかし祭り2014

土浦カレーフェスティバルにて、私が食べたカレーとか遊びに来てくれたゆるきゃらとかカレー以外のグルメとか、書きたいことは山ほどありますがそちらは暫くおいといて

日にち遡ること約1週間、高萩の汐見滝吊橋を後にした続きになります。
この後私が向かったところ、それは常陸太田市の里美ふれあい館。
広場ではいきなり、巨大力士がお出迎え
DSCN4197.jpg
入幕2場所目にしていきなり関脇に昇格という脅威のスピード出世をした各界の怪物・逸ノ城(いちのじょう)
早くもかかしとなって登場
秋の恒例行事「里美かかし祭り」が今月29日(土)まで開催中です。今年も選りすぐりの秀作が会場を埋め尽くしていました。
DSCN4198.jpg
来年の干支や今年話題となった人や物をモチーフにした作品が多いので、毎年内容が入れ替わりますので毎年訪れても違う作品が楽しめるところがいいですね
DSCN4203.jpg
今年のグランプリ作品来年の干支である”未(ひつじ)”
年賀状の写真にいかがですか?

おなじみ、”トトロ”シリーズですが。。。
DSCN4200.jpg
この猫バス、なんと!!
乗って遊べちゃう!!
DSCN4207.jpg
こうなるともはや、かかしではありませんね
それにしても、年々パワーアップしているなあ・・・里美のかかし祭り
レパートリーも豊富で、今回は市のゆるきゃらまでかかしになって登場です。
DSCN4226.jpg
常陸太田市の、というよりも市の子育て支援団体のマスコットだとか。
子育てじょうずの、じょうづ(ず)るさん。
おや?この後姿は?
DSCN4237.jpg

あれ?じょうづるさんが
DSCN4249.jpg
DSCN4250.jpg
最近TVでよく見かける”あのお二方”に拉致されているようだけど大丈夫?(笑)

クラシカルかかしを愛される方へ~
DSCN4261.jpg
”素朴なかかし”、素朴で素直なタイトルです。
個性豊かなかかしが多い中、こういったクラシカルなかかしは新鮮味がありなんとなく安堵します(笑)
DSCN4265.jpg

こ、これは・・・・”かかし”なのか?
DSCN4252.jpg
”北斎かかし”だそうです。どう見ても掛け軸です。
笑いと突っ込み、そして素晴らしい職人技感じる作品達をたっぷりと堪能し、里山で過ごす素敵な楽しいひととき
皆さんも体験してみませんか?

本当はここでもっとたくさん作品を掲載させていただきたいのですが、そうもいきません。
まだご覧になられていない方の為に、当記事ではここまでとさせていただきます。
ですが、”里美(常陸太田市)まで、遠くてとても行けないよ(>_<)!”、”観に行きたいけど時間がとれない
という方の為、デジブックを作成させていただきましたのでよろしかったらご覧ください



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

2014年C-1グランプリ決定!(土浦カレーフェスティバル)

今日は食べ過ぎたあお腹が重い、苦しい
明日の朝、会社の制服のスカートがきつくてファスナーが締められなかったら会社休んじめぇ!
なんて考えている私であります(笑)
そう、告知どおり本日行って参りました!
第11回土浦カレーフェスティバルへ
DSCN4508.jpg

ちなみにコレ↓、朝の10:30頃の状況です。
DSCN4509.jpg
うっそぉ~というくらいに混んでました。しかも既に美味しい香りが会場内に広がって。。。
皆さん、朝ごはん食べてこなかったのかな?と思いたくなるほど。
おそらく私が知る限りで過去最多な混み方でした。駐車場も今回は有料のところですら、ランチタイムを待たずに既に満車寸前

11月15日(土)・16日(日)と2日間にわたり開催された第11回土浦カレーフェスティバル
2日目となる16日の最後に、今年の「C-1」グランプリが発表されました
主菜(お食事)・創作(アレンジ品)、そして今回新たに”麺類”部門が設けられ、グランプリは各部門毎に行われることとなりました。
DSCN4556.jpg

DSCN4557.jpg

結果・・・主菜部門では去年に引き続きまして・・・
DSCN4604.jpg
レストラン中台さんがグランプリを獲得
おめでとうございま~す
DSCN4605.jpg
まあ、仕方ないわね。
この行列じゃあ。。。
DSCN4515.jpg
赤い線でなぞった行列がすべて中台さんの商品待ちの人達の行列。ちなみに11:00前でこの状態でした
今回の出品は毎度お馴染みの飯村牛レンコンキーマカレーとスープパスタだったかと思います(というのも、すみません。今回は食べていませんので
DSCN4516.jpg
”土浦ちんぎすスープカレー”のひつじの小屋さんがお隣。おなじみのスープカレーは主菜部門で準グランプリでした。

そして・・・。初の麺部門で初のグランプリを獲得しました火門拉麺(かもんらーめん)さん。
DSCN4603.jpg
おめでとうございます
創作部門でも”カレーチーズ餃子”でグランプリを獲得されました
麺部門グランプリメニュー
DSCN4537.jpg
500円ですが、プラス100円でチーズトッピング付き
ネギとゆで卵、そしてスライスレンコンのフライが入っていました。(←C-1グランプリは土浦の特産=レンコンが何らかの形で入っているのが条件です。)とろけるチーズでスープも濃厚に!!
DSCN4538.jpg
麺はコシのあるやや太麺、つるつるシコシコと汁まで平らげました。ごちそうさま
そして、グランプリ獲得おめでとう!!
DSCN4601.jpg
中川清土浦市長より、表彰を受けると・・・。

仲間達が拍手喝采
DSCN4596.jpg

火門拉麺さんを訪れたのは2軒目でした。他のお店のメニューも勿論食べたのですがそちらは後日ゆっくりと掲載させていただきますね(^^;) というのも実は先週分の記事でまだ未発表のお蔵入りの記事が残っておりまして。
その中には”1ヵ月後にしたら意味がない”、というものもありますのでそういった記事を先に書かせていただきたいのでカレーフェスティバルの詳しい記事は今暫くお待ちください

ちょっとだけ予告させていただきますと、私が今回食べたのは土浦市内のお店のは火門拉麺さんのみで、他は他県から来られたご当地カレーでした。毎年参加し楽しませていただいてるイベントですから今回はちょっと趣向を変え、これまで食べたことのなかったお店のカレーを食べてみようと思ったもので。
DSCN4579.jpg
インド料理専門店「ギタ」さんのチキンビリヤーニ。インディカ米のターメリックライスですね。
気になり、何度も”食べようか、いややめておこうか”と気持ちが行ったり来たりしていたけれど結局、食べませんでした。
お店の方、ごめんなさい(>_<)!

それにしても今回は出店数が過去最多で、今回初エントリーのお店もありました。
自分のお腹とも相談しつつ、その中から選ぶのは結構しんどかったです
DSCN4527.jpg

市のマスコット=つちまるくんをはじめ県内・外のマスコットキャラクターとの撮影会も行われていました。
DSCN4532.jpg
カレ-フェスティバル仕様のスタイで登場
先ほど触れたように、お蔵入り記事のUPが終了次第続きを書かせていただきます。
取り急ぎ、今回は結果のみで失礼いたします

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

銀杏のライトアップとキャンドルナイト

既に当ブログ先日の記事で告知させていただいている茨城県立歴史館銀杏並木のライトアップイベント。。。
いよいよ今週土曜日です
received_704450179649216.jpeg
点灯は17:30~20:30、ナイトコンサートや歴史館の夜間開放(ナイトミュージアム)等が開催される楽しみな一夜となりそうです銀杏並木ライトアップイベント告知ページ(歴史館HP)
滅多にないであろう、夜の歴史館散策。この機会に体験してみませんか?
皆さん、お誘いの上是非お出かけください
当日夜は、私も会社から直行する予定です

-帰宅後の追記-
早速、行って参りました(^^)ゞ
詳しいレポートは後日になりますが、取り急ぎスマホ撮影したハイライトシーンのみ掲載させていただきます。
歴史館の銀杏はすっかり、見頃でした
暗闇の中で灯りに照らされ、黄金色に輝いてそれは素敵な幻想の世界。。。
IMG_20141115_19230205.jpg

IMG_20141115_191332863.jpg

ライトアップされた水海道小学校も素敵。
IMG_20141115_191359457.jpg
特別に夜間開放も行われました。又。玄関前の庭園ではミニコンサートも開催されていました。
というわけで、後日のレポートをお楽しみに~♪

 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

土浦カレーフェスティバル2014、開催されます!

会社の健康診断は終わった・・・・。
これで心置きなく・・・ふっふっふ

カレー、食べまくりじゃ~!!(≧∇≦)
IMG_20141114_190239780.jpg
明日11/15(土)と16日(日)、両日共10:00より土浦市の川口総合運動公園(霞ヶ浦湖畔、土浦港近く)にて、すっかり秋の恒例行事となりました第11回土浦カレーフェスティバルが開催されます

地元・土浦市内の人気店のみならず数年前より他県のご当地カレーも参戦するようになりました
今回も他県より多数出場されるようですので、楽しみです♪
IMG_20141114_190255841.jpg
果たしてグランプリ獲得は土浦市内のお店か、はたまた全国のご当地カレーか・・・?!

1日目にはエアーショー、2日目には県内・外のマスコットキャラいわゆる”ゆるキャラ”達が勢ぞろいしますので、カレー以外の楽しいことも満載ですね
IMG_20131116_101339.jpg
※カレーフェスティバル実行委員会よりお知らせ~
平成26年11月15日(土曜日)に土浦カレーフェスティバルにおける同時開催イベントとして企画しておりました、日本大学理工学部交通システム工学科主催による、水上飛行機のデモフライトにつきましては、機体トラブルの発生等により、飛行が困難になったことから、中止となりましたのでお知らせいたします。
なお、川口運動公園霞ケ浦側の暫定広場におきまして、水上飛行機の活動展示を行う予定です。

IMG_28609411257002.jpeg
運動公園がスパイシーな香りに包まれ、熱い2日間となりそうですね
ちなみに私は2日目(11/16)に出没予定でおります
健康診断よりも、この日の為にココイチ(COCO壱番屋)のカレーも我慢しました(笑)
当日はおなかをよ~く、すかせておかなくちゃ!(笑)

※当日は両日共会場をはじめ、付近の駐車場や道路がかなり混雑します。お車でお越しの方はくれぐれも事故等にご注意ください。又、路上駐車や禁じられた場所への駐車は大変ご迷惑となりますので絶対にしないでください!
ちなみに鉄道ご利用の場合、JR土浦駅から徒歩約10分となります。

余談ですが昨年、ものの見事に渋滞・臨時駐車場含むすべての無料駐車場の満車に泣かされた挙句、川口町の有料駐車場を利用するはめになった私
これに懲りましたので今年は鉄道利用で行くつもりです
少しも会場で飲食した分のカロリー消費も出来るし、時間があったら駅前のカラオケBOXで”ひとカラ”でもしてくるか(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

単なる告知記事ですので、コメント&トラックバック欄は閉じさせていただきました!

紅葉見頃前ですが~汐見滝吊橋と不動滝

花園渓谷を後にした私、次の目的地に向かう前にちょっと寄り道。
通り道ですから
というわけで、高萩市の花貫渓谷内にある有名な紅葉スポット、汐見滝吊橋を観て行くことにしました。

ここの紅葉見頃は大体、11月中旬~下旬頃ですのでこの日11月8日はさすがに見頃はまだ先。
ですから道路はすいてて駐車場にも難なくはいることができました。ちなみに有料で1日500円、このお金は花貫渓谷の景観整備のために使われるそうです
見頃は先でも、ツアーや個人のグループで来られた観光客で結構賑わっていました。
屋台で買ったフードをつまみつつ、気の合う仲間同士で大声で笑いながらおしゃべりを楽しむ、おばちゃんたちの姿も
DSCN4196.jpg

この駐車場から吊橋は歩いて5分くらい。吊橋の紅葉はまだまだでした。
DSCN4169.jpg

特に、山側のほうはこんな具合↓
DSCN4172.jpg
まだまだ、青いですねえ
あれから1週間、果たしてどこまで色づいたことでしょう。。。
DSCN4175.jpg
スマホで購読している情報サイトによりますと、山のほうは見頃を迎えているところが相次いでいるようです。
茨城県でも大子町の永源寺や袋田の滝などが既に見頃だとか
この汐見滝吊橋も週末15,16日あたりは見頃となるかもしれませんね
DSCN4182.jpg

そうそうそういえば吊橋に、”あわてんぼうのサンタクロース”がいたっけ。
DSCN4173.jpg
サンタ姿のはぎまろくんが、皆さんをお待ちしていますよ♪
お賽銭箱は・・・謎です。

駐車場⇔汐見滝吊橋までの途中、遊歩道から見下ろした滝。
完全に紅葉すればきっと、美しいに違いない。。。。
DSCN4190.jpg

最後に、駐車場にほど近い不動滝など
DSCN4194.jpg
川のせせらぎ、そしてごぉ~っとダイナミックな音をたてて流れる滝の音・・・。
癒されますなあ。。。
DSCN4193.jpg

紅葉が見頃になる時期、この花貫渓谷周辺の道路はかなり渋滞&混雑します。
事故や車上荒らし等に遭わぬ様、お出かけの際はくれぐれもお気を付けください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

北茨城紅葉めぐり<④花園渓谷>

いよいよお待ちかねの花園渓谷へ
超略図
花園神社を出て一旦、来た道をUターンする格好でキャンプ場のところまで戻り、左の方向をひたすら走ります。
くねくねとカーブ道が続き、運転も気が抜けません
やがて、”花園渓谷”と書かれた立て札を見つけました。
DSCN4152.jpg
駐車場はどこだあ?という感じです。
実は駐車場などありません。ここに来る前まで、私はてっきり他の紅葉スポッのようにト駐車場完備の公園として整備されているところだと思っていました。
でも違うみたいです。
自然のまま、ありのまま・・・野趣溢れた大自然のまま保存された区域・・・それが花園渓谷だったのです。
ですから車は自分で広い駐車スペースを見つけ、縦列駐車しなければなりません
このように
DSCN4167.jpg
こういった箇所が数箇所あります。”ここ、イイ!!”と思ったら最寄の駐車スペースを見つけて駐車し、歩いていくしかない。
それはともかくとして、渓流沿いの紅葉状況はなかなかいい色になってきていました
DSCN4154.jpg

DSCN4144.jpg

DSCN4155.jpg

DSCN4157.jpg

DSCN4156.jpg
あれからもう、1週間経過しますから紅葉も随分と進んでいることでしょう。。。
20日前後あたりには見頃になるでしょうか。。。楽しみですね
それにしても、川のせせらぎの音って、心癒されるなあ。。。
DSCN4162.jpg

順番は逆ですが、”花園渓谷”のたて看板の少し先に”与四郎の滝”という箇所がありまして、はじめにそこで撮影タイムを過ごしました
DSCN4137.jpg

紅葉はまだまだでしたが、滝の水が勢いよく流れています。
”与四郎”の名前の由来については調べていません
DSCN4139.jpg

DSCN4141.jpg

DSCN4145.jpg

やはり下のほうが色づきが早いみたいですね
DSCN4163.jpg

ドライブしながら車窓で楽しむのも良し(但し、急なカーブと勾配のある道ですので対向車と追突しないよう要注意)、車を停め、今回私がそうしたように渓流沿いを散歩してみるのも良し、体力に自信のある方は花園神社から徒歩で挑戦してみても良いかもしれません
DSCN4165.jpg
北茨城の山で秘境探検!果たしてクリアできるかなあ・・・・?

足の運動と目の保養の「北茨城紅葉めぐり」、これにて終了です。
記事を最後までご閲覧くださり、誠にありがとうございました!

よろしかったら何卒
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

北茨城紅葉めぐり<③七つ滝へ>

花園神社から七つ滝まで、1,300m。往復すると大体、千波湖を一周するのとほぼ同じ距離。
”これなら歩ける!”と意気込んで歩いていきました。

・・・が、その道は思った以上に険しかった。。。。。
DSCN4085.jpg

平らな道はなく、勾配のきつい上り坂。これが延々と続きます。
周囲はただ、生い茂る木々と落石の跡のみ。。。鬼の面のような岩がごつごつ並んでいました。
DSCN4087.jpg
鬼の顔が横に並んでいるように見えたのは、私だけだったのか・・・。
夜は絶対に歩きたくないよこんな道
上れど上れど、なかなか目的地に辿り着けず”本当にこの道をずっと歩いていけば七つ滝に辿り着けるの?”と疑い不安を感じ始めた頃、ようやく見えた”七つ滝まで500m”の看板。
DSCN4088.jpg
平地の500mならばたいした距離に感じませんが、少しずつ勾配も厳しくなってきた頃しかも疲れも出始めていましたから、
”え~?!まだ500mも歩くのぉ~?”って感じです。
でもここまで歩いて引き返したら意味がありませんので、歩くしかありません
DSCN4089.jpg

足の筋肉痛と酸欠と戦いつつ暫く歩き続け、”七つ滝まで300m”の地点。
DSCN4091.jpg
紅葉はもう少し先のようです。

さあ、いよいよ近づきました
DSCN4093.jpg
七つ滝・奥の院入口。
さあ、ここまで来れば七つ滝はすぐそこ・・・・のはず。
でもここでさらなる試練が
鳥居をくぐった先は、これまでの舗装された道とは違い足場のよくない登山道。
DSCN4094.jpg

うっかり足を踏み外したら大変
DSCN4095.jpg

七つ滝まで100m手前に差し掛かると道はさらに険しくなりました
DSCN4096.jpg

さあ、あと少しだ頑張れ私(笑)
と、疲れた体と棒になった足に鞭打って歩いていくと。。。

見えた!!(*゜▽゜*)
DSCN4102.jpg
ごうごうと音を立て、豪快に流れる滝。
そばには”七瀧龍神”の石碑。紛れもなく”七つ滝”です。ようやく着きました
DSCN4103.jpg

DSCN4107.jpg

DSCN4104.jpg

DSCN4106.jpg

滝のせせらぎの音が、これまで歩いた疲れを癒してくれました。。。
DSCN4105.jpg
歩行中の苦しい思いが忘れていきそう。。。なんとも言えない心地よい達成感に暫し酔いしれていました。
ここからさらに300m上っていくと”奥の院”があるらしいのですが、さらに険しい道となっている上話によると途中からチェーンのようなものを伝って上っていく格好となるそうですのでパスしました
奥の院からの眺めが抜群だと、実際に上った方のHPを見て知りましたがあの日の曇り空ではたとえ上まで上がっても、展望はいまいちだったに違いない、うん(笑)
DSCN4110.jpg

暫く滝の流れを堪能したところで”廻れ右”、来た道を通って花園神社へ戻りました。
DSCN4113.jpg

DSCN4114.jpg
これから紅葉が見頃になれば、ここを訪れるハイカーさん達もたくさん訪れることでしょう。
では、ひとまずさらば!果たして次訪れるのはいつの日か。。。

同じ道ですが、帰りは下り坂ですので行きのように疲れることはありませんでした。
疲労と酸欠から開放された分、歩きながら余裕で周囲の観察をすることができます。
雑木林の中にあった、堰き止めのようなものとか。
DSCN4116.jpg

古いお不動さま。
DSCN4121.jpg

DSCN4122.jpg

”手付けず”の自然がいっぱい!
DSCN4127.jpg

スタート地点である花園神社駐車場に戻ってきました。それにより”七つ滝の旅”もこれにて終了
我ながらよく歩いた(笑)
DSCN4084.jpg
この道を進んでいくと、そこは・・・・・。

”秘境探検”を終え、約3時間ぶりに愛車の元へ。
花園渓谷に向け、いざ出発
さあ、果たして紅葉状況はいかに・・・・?というわけで続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

北茨城紅葉めぐり<②花園神社>

花園渓谷へ向かう前にまず、神社を参拝していきますか。
というわけで、花園神社にやってきました
DSCN4054.jpg
杉の老大木が神社を守るようにそびえています。
とても花粉症シーズンには来られません(笑)
DSCN4056.jpg

ここの境内にある杉の木はみな、樹齢700年だというから凄い
その中でも特に、県指定文化財となっている杉があるそうな。
DSCN4060.jpg
地上10mのところから三本に分かれている杉の大木で、通称”三本杉”というそうです。
神社拝殿の左方向50mの場所にあるとの事。
ではでは、まずは拝殿をお参りしておきましょう。
DSCN4064.jpg
楼門をくぐったその先にまた石段があり、そこに拝殿が鎮座しています。
煌びやかな色合いの拝殿が。
DSCN4067.jpg
楼門が寛政4年(1792年)、そしてこの拝殿が嘉永4年(1851年)の建設だそうです。
神社そのものの開基は延暦14年(795年)、坂上田村麻呂の創建という説と貞観2年(860年)、慈覚大師円仁(じかくだいしえんじん)という説の2通りあるとかいづれにしろ歴史はかなり古いですね。
DSCN4068.jpg

では、旅の安全と取材の成功を祈願しておきましょう
DSCN4070.jpg

祈願を終えた後、先ほど触れました”三本杉”を一目見ていこうと拝殿横の森の中へ。
ありました!
DSCN4078.jpg
一本の木が上の方で3本に分かれているのがお分かりでしょうか?(画像中央)
写真の撮り方が悪くて見づらいかもしれませんね^^;
こちら↓上の部分をアップで撮影したものです。
DSCN4077.jpg
大変御見苦しくて申し訳ありません

楼門脇の銀杏がとても綺麗だったので、撮影してみました
DSCN4080.jpg

紅葉も結構、色づいていました。
DSCN4081.jpg

ここ、花園神社では毎年5月に”花園ささら”というお祭りが開催されます
前九年・後三年の役の際、源頼義・義家親子が戦勝祈願の為に奉納したのが始まりとされている、笛や太鼓とともに獅子が舞う踊りです。
その模様はコチラを↓(YOU-TUBEよりお借りしてまいりました。)

花園ささら(茨城新聞ニュース)
※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合がありますのでご了承ください!
また、5月には石楠花の花も楽しめるそうですからその頃訪れてもよいかもしれません

神社境内を後にした私、ここから奥へ入ったところに「七つ滝」があることを思い出し、そこまで歩いてみることにしました。
DSCN4133.jpg
神社のすぐ近くにある”石尊の滝”を撮影☆

七つ滝目指して・・・さあ、冒険の始まりです

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

北茨城紅葉めぐり<①水沼ダム>

先週に引き続き今回もまた行楽日和とは呼べない雨模様の週末となってしまいましたが皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか?昨日は筋肉痛と疲労による睡魔によりブログ更新もお休みし早々と熟睡した私でした。
8日(土)は北茨城~常陸太田へ、そして9日(日)はつくばへ。これが今回のわがスケジュール
というわけで、まずは北茨城市の記事から書かせていただきます

これまで私が訪れた北茨城市は、大津港にしろ平潟にしろ海
今回訪れたのは”山の北茨城市”です。有名な紅葉スポット花園渓谷という場所がありますが、これまで1度も見たことがなく毎年”今年こそ”と思いつつ時期を逃していましたので、今年はどうしても行かなくちゃと思い混雑する前を狙って出かけました。
DSCN4044.jpg
常磐道北茨城ICを下車し、車で大体10~15分位進んだあたりでしょうか。
花園渓谷へ向かう途中に、水沼ダムというスポットがあります。
「るるぶ北茨城」によりますと、紅葉スポットのようですので寄り道していくことにしました
DSCN4022.jpg
ダムは駐車場から徒歩で約15分のところ。
この橋を渡り、そばを流れる川=花園川に沿う形で歩いていきます。
DSCN4023.jpg

車両進入禁止というわけではないようですが、ダムのそばに駐車場なるものはなく車を置くスペースもなさそうでしたので大変でも歩いて行って正解でした。
橋の上からこんな景色もゆっくりと眺められるし
DSCN4025.jpg

ダムに向かって周囲や川べりの方をカメラを構えつつ、歩いていきます。
全体的には色づきはまだまだ、これからかな。
DSCN4028.jpg

DSCN4029.jpg
赤、青、黄色の3色そろい踏み(笑)
同じ木でも陽のあたり具合によって色の変化が違うのが面白いね♪
道路に沿って流れていた花園川が、エメラルドグリーンの湖となって広がっています。
この近くにダムがあるのです
DSCN4030.jpg

さあ、見えてきました
DSCN4033.jpg
モミジの紅葉はまだ進んでいないようです。
色づき程度はまるでメッシュを入れたような感じ。
DSCN4034.jpg

天候にもよるけれど、見頃となるのはあと1週間先くらいでしょうか・・・。
DSCN4035.jpg

なんとなく、哀愁。。。。
DSCN4037.jpg

ダム周辺の紅葉状況を見届けたところでさあ、引き返そう!!
DSCN4040.jpg

この水沼ダムは、茨城県内最北の地にあるのと同時に昭和41年6月に多目的ダムとして茨城県内で最初に造られたダムだそうです。(茨城県土木部河川課より)
そしてこのダムが位置する場所は花貫・花園県立自然公園に指定されていますので、四季折々の自然特に秋の紅葉シーズンには紅葉スポットに指定されています。さらにここではヘラブナ等の魚が釣れるので釣りを楽しまれる方も訪れてるそうです
DSCN4042.jpg
春にはかたくりの花も楽しめるのね

さあ、寄り道は済んだ(笑)目的地(花園渓谷)へいざ!
DSCN4043.jpg
愛車を停めた場所のすぐそばに咲いていた椿の花をパチリ☆
あまりに可憐だったもので

初めて訪れる北茨城の山の秋・・さあ、果たして何が待ってるでしょう・・・。
続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

空の駅も菊まつり

行方市を後にし、水戸へ帰還の途中”トイレ休憩を”と小美玉市の空の駅そ・ら・らに立ち寄っていきました。
説明不要かもしれませんが、今年7月31日に茨城空港手前にOPENしたスポットです
行方から水戸へ帰る際は丁度、通り道でしたので途中立ち寄るのに便利でした。

駐車場から施設へ入る手前の”マルシェひろば”では、「第一回そ・ら・ら菊まつり」と書かれた看板とたくさんの菊の花。
DSCN3983.jpg
小美玉市菊花連合会さん主催で、今月16日まで展示されてるそうです
この頃丁度雨も小降りになっていましたし、せっかくですのでトイレに向かう前にちょっとだけ覗いていくことにしました。
DSCN3984.jpg
丹精された菊の花。。。気高く美しい

DSCN3985.jpg

いい絵だわ~
DSCN3986.jpg

笠間と比べたら規模は10分の一以下ですが、見事な菊の花がたくさんあって見ごたえ充分でした。
目の保養が出来ました
DSCN3987.jpg

菊を楽しんだところでトイレに入り、すっきりしたところで愛車のところへ・・・・

ということはしませんでした
やはり、トイレだけでは済まなかった
小美玉市、といえば乳製品。というわけで食べるヨーグルト2種と。。。
DSCN4014.jpg
DSCN4015.jpg
いちご(上)とブルーベリー(下)
いづれも果肉たっぷり入ったジャムをトッピングした、贅沢な濃厚ヨーグルトです

そして、飲むヨーグルト1本
DSCN4012.jpg
小美玉市のマスコット:おみたんパッケージの飲むヨーグルトは、「そ・ら・ら」でしか販売していないそうです。
酸味抑え目で甘さをプラスした”小美玉ヨーグルト”は、濃厚でいて飲みやすいのが昔からの特徴
最近のは特に飲みやすさもUPしたみたいです。
DSCN4013.jpg
小美玉ヨーグルトを飲んで、元気になろう

晴れた日は大抵、芝生のイベント広場でイベントが開催され常にお祭り騒ぎ
来る9日もイベントが行われるようですhttps://www.facebook.com/soranoeki
雨の日は野外イベントも中止になりますので、混雑もなくかえって絶好の買い物日和かも♪

晴れの日も雨の日も、どちらにしてもそれなりに遊べる空の駅・・・まだ訪れていない方、遊びに来てみませんか?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

御菓子司吉田屋

行方市記事の最後は、スイーツとちょっぴり懐かしい”アレ”
「ふれあいまつり」の帰り、行方市内のショッピングモール「ベイシア」さん敷地内にある和菓子屋さん「吉田屋」さんに立ち寄りました。
「(ふれあいまつりから)帰ってきたら、コレ買っていこう!」と決めていた
”カフェオレ大福”
DSCN4001.jpg
コーヒーの香ばしくほろ苦い餡とそれをやさしく支える生クリームがベストマッチ☆
コーヒー好きなら絶対に気に入っていただけます(*^_^*)
(※手でちぎったら切り口が汚くなってしまいましたので、中身の画像は省略いたします
常温ならば3日、冷凍すれば1ヶ月はもつという日持ちの良さ!お土産にもぴったりですね

もう一つは、こちらです。
DSCN4008.jpg
今は吉田屋さんの代表銘菓といってもいいのかな?豆乳カステラ「白帆」です
赤い文字はいちご餡、青いのはブルーベリー餡です。
ちなみにこちらはいちご餡(赤文字)の方。
DSCN4009.jpg
豆乳のふわ~っとしたやさしいスポンジにはさまれ、いちごがたっぷりと練りこまれた餡が甘酸っぱくて爽やかです
軽やかな食感がおなかに優しいです。ちなみにこの商品、茨城空港でも販売されていますからね

・・・この「白帆」、実は数年前販売されていた「走れ!鹿島鉄道」の生まれ変わりだということを私は知っています・・・
1177939435.jpg
今から7年前の3月31日に廃線となったローカル鉄道、「鹿島鉄道」。
廃止が騒がれていたその前年、鹿島鉄道を応援しようという願いを込めて作られたのでしょうね。。。
吉田屋さんのお店の横には、鹿島鉄道駅の一つだった「玉造町駅」のホーム待合室に使用されていた建物が置いてあります。
DSCN3980.jpg

時刻表も廃止以来、時間が止まったようにあの頃のまんま
DSCN3981.jpg
室内には「たまづくりまちえき」と書かれた青いプレートもありました。
”カシテツ”こと”鹿島鉄道”が現役の時、この待合室で果たして何人もの人が列車を待っていたことでしょう。。。
DSCN3982.jpg
このあたりの最寄り駅だった「玉造町駅」の駅舎はもうありませんが、待合室だけがこうして残り”在りし日のカシテツ”を語る重要な歴史の証人となり、こうしてたたずんでいるのですね

ちょっぴりノスタルジック気分になったところで、YOU-TUBEからお借りしてまいりました鹿島鉄道動画をご覧いただきたいと思います。カシテツファンの方は、ハンカチのご用意を(笑)
※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合があります。何卒ご了承ください!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

タワー下のコスモス畑

「行方ふれあいまつり」記事は前回でひとまず終了、今回は”おまけの記事”になります

会場となった、「霞ヶ浦ふれあいランド」のシンボルタワー=虹の塔。
DSCN3917.jpg
このタワー横にドーム型の建物がありまして、その庭園には。。。
(*゜▽゜*)!!
DSCN3966.jpg
コスモスの花がいっぱい!!
丁度、満開でした!
DSCN3967.jpg
ピンクと白のコスモスの花が、雨に濡れながら時折吹く風に揺られ、咲いていました。
満開のコスモスの花、今年はなかなかお目にかけないなあ。。。と思っていただけにうれしかった
DSCN3969.jpg

DSCN3970.jpg

丁度この頃、メインステージでは県内出身の歌手・KATSUMIさんのミニライブが行われていました
DSCN3978.jpg
KATSUMIさんの歌声をBGMに、コスモスの花を堪能する私。。。
DSCN3975.jpg

DSCN3976.jpg

DSCN3972.jpg
遊歩道を歩いていた、数人の奥様達がこのコスモス畑に気づき、
”あら、綺麗ね~!”と言ってる声が聞こえたっけ。
ふれあいまつりの、”ちょっと素敵なおまけ”ですね♪
DSCN3974.jpg
11月5日より、自由にお持ち帰り出来るとかあら、今日からだ急げ(笑)

意外な”コスモスの名所”、ここにあり。
来年また観に訪れましょう

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

見て!食べて!行方ふれあいまつり<後編>

行方ふれあいまつりレポート記事、後編です
といっても私が参加したのは1日目のみ、それも11:00~13:00までと短時間でしたのですべてをレポートすることは出来ず、あくまで私が見た範囲のみとなります。
又、記事の順番は見物した順番とは限りませんので何卒、ご了承ください

さあ、前置きはこのくらいにしましょう
DSCN3905.jpg
なんといっても行方市といえば、霞ヶ浦に面して土も肥え水に恵まれたところ。農業にはもってこいの土地といえましょう。
そんな町だから、郷土自慢は勿論野菜です。
”大漁 行方丸”と書かれた大漁旗を掲げた船に乗っているのはみな、地元産野菜。
DSCN3904.jpg

近づいてみましょう
DSCN3910.jpg

DSCN3911.jpg

DSCN3912.jpg
みず菜にレンコン、わさび菜、サツマイモのほうれん草、そしてぶなしめじ他行方市産の野菜たち、雨に濡れながら無言のPR(?)
これらの野菜は2日目の午後2:00より、チャリティー配布されることになっており、きっと来場者の方々にそれぞれもらわれていったはずです

・・・で、見てるだけで何も食べなかったの?肝心のグルメは?
はいはい、分かってますよ
私にとっては初めての「行方ふれあいまつり」、やっぱり”地元=行方”にこだわりました。
まず、お持ち帰り商品。
DSCN4005.jpg
行方のゆりねパン
”ゆりね”を生地に含んだオリジナル菓子パンで、今年の夏開催された「山百合まつり」にて発売された商品です。
IMG_20141104_123842978.jpg
コロンとした”ゆりね”が入っているのですが画像では分かりにくいですよね^^;
食べたら甘くて香ばしいパンでした
オススメ商品ですがあいにく今のところ、イベント会場のみの販売のようです。
農業も盛んな行方市ですが、霞ヶ浦畔の町ですから漁業も盛んでして。
その日のおかずにこんなものも
DSCN4011.jpg
こちらも帰宅後撮影☆わかさぎのフライに鯰、鯉のから揚げ(中華風アレンジ)
漁師のおかあちゃんの味

ところでおなかがすいてきましたので、”会場でも何か食べていこう!”と歩いて見つけたラーメン屋さん。
DSCN3945.jpg

この広告が私の足を留めました(笑)
DSCN3946.jpg
「ごぜんやまラーメン」とのコラボ、しかも「行方市産野菜トッピング」だって
しかも、たったの400円。
これは食べなくちゃ(≧≦)!
というわけで、こうなりました。
DSCN3947.jpg
みず菜に青梗菜、確かに行方市産。
さあ、お味のほうは・・・?
DSCN3949.jpg
麺はつるつる細めん、どちらかといえば好みです。
スープはピリ辛とんこつ味。
これは旨い
DSCN3950.jpg
丁度、屋根付きの休憩所(道の駅の休憩所、魚の水槽があります。)が開いてので、雨に濡れずにそこでゆっくりと食べることができました。ありがたや

ステージイベントにグルメ、駆け足ではありましたが満足です
欲を言えば、晴天だったら・・・。
DSCN3942.jpg
釣りも面白そう!!

「見て!食べて!遊んで!ふれあって!」をテーマに開催された「行方ふれあいまつり」。
記念すべき第1回目、特に初日はあいにくの雨となってしまったにも関わらず会場のあの熱気。。。
2日目の様子は分かりませんがきっと1日目に劣らず、もしかしたらそれ以上に大盛況だったことでしょう。。。
IMG_20141101_120547955.jpg
来年開催の時はきっと、イベント日和の晴天となることを祈りましょう
行方市の”いいもの”を集結したようなこのふれあいまつり、今度は市外や県外からもたくさんの人が訪れるといいね♪

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

見て!食べて!行方ふれあいまつり<前編>

”晴れ女パワー”も、この日は力及ばず
雨は一向にやむ気配なし、11月1日は雨降りの1日となりました。
DSCN3900.jpg

そんな中でも元気に開催された、「第1回行方ふれあいまつり」。
見てくださいこの人、人。。。
DSCN3925.jpg

イベントスタッフさんをはじめ、お店を出されていた業者さんも買い物に来られた観客の皆さんも元気にふれあいまつりを楽しまれていた模様であります
DSCN3916.jpg

DSCN3918.jpg

ステージイベントも満載!
妖艶なベリーダンスとか・・・。
DSCN3920.jpg

それが終わったと思えば今度はパワー溢れる”よさこい”が。
DSCN3933.jpg

DSCN3936.jpg
雨ニモ負ケズ・・・ちびっ子ダンサー大活躍!!頑張れ~っ!!

「見て!食べて!遊んで!ふれあって!」をモットーに開催された「第1回行方ふれあいまつり」、去年までは「あきんど祭り」とか「漁師市」なとどいった細かいイベントが開催されていたそうですが、それらが一つになり、巨大化(?)したものが今回のイベントなのだとか。
晴れて「行方ふれあいまつり」としての開催、今年は記念すべき第1回目となるのですね
市内・外を問わずこの日出ていたお店の数は全部で128店舗(イベントチラシによれば)
霞ヶ浦ふれあいランドから道路を挟んで隣接する道の駅たまづくりの広範囲な敷地を使用しているにも関わらず、来場したお客さんの数であっという間に満場の満員御礼状態
DSCN3951.jpg
中華まんの無料試食の列↑”タダほど高い~”いや、”タダほど魅力的なものはなし!”ってか?(笑)

さあ、私もこれから行方の美味しいものを食べ歩きます
DSCN3926.jpg
うめえもん、早速み~っけ!
”行方産”に惹かれたね(笑)
バターミルク風味のワッフル、地元・行方産さつまいもトッピング付きで。
DSCN3922.jpg
使用しているさつまいもは、あの有名な”紅ゆうか”なんですよ♪
ワッフルは底の方でかくれんぼ。先にメレンゲの雪だるまを食べてからスプーンで掻き分け、引っ張り出しました(笑)
DSCN3924.jpg
バターがきいて香ばしい(≧y≦)甘いホイップクリームと角切りさつまいもとの異色な組み合わせ、悪くない!
メレンゲ(雪だるま)の代わりにアイスクリームを使ってもいいかもね

始めは特に難なく歩いていた会場も、いつしか来場される人の数が増えだんだん通行が困難になってきました特にこの日は傘を差して歩かれている人が多いし(雨だから当然)。
DSCN3940.jpg

にも関わらず、イベント会場は大盛況(≧∇≦)!奥様方、炊き出しで忙しそうね
DSCN3941.jpg

一般募集により集められたサツマイモで重さを競う、”おもいもグランプリ”がミニイベントとして同時開催!
DSCN3928.jpg
入賞者には総額10万円相当の豪華商品だって?
そりゃ、負けられないね!
短時間の滞在だった為、私はこの結果を見届けていません^^;
果たしてグランプリは・・・?

市外から、”友情出演”か?”龍コロ”こと、龍ヶ崎コロッケも参上!
DSCN3907.jpg
「ご当地メシグランプリ」で見事、今年のグランプリ入賞に輝いた「龍ヶ崎コロッケ」。
やはり、”日本一”の影響は凄い。。。
DSCN3908.jpg
朝11:00前にしてこのありさま。。。
”いいや、私は龍ヶ崎行って食べるもん”と、負け惜しみ潔く振り切り、
代わりに買ったのは。。。
DSCN3929.jpg
青しそ香味餃子!
市内のラーメン店「秀華(しゅうか)」さん監修のオリジナル餃子でした!
お世辞抜きで本当に美味しいですよ青しそがいいスパイスになっていて、ちょっと他では味わえないかな?
地元・行方産の食材です。次回はこれがご当地メシグランプリに登場してもいいな
尚、この餃子は秀華さんでも食べられるそうです。

手荷物を増やしつつ、うまいものと楽しいこと探し、まだ続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

霧の霞ヶ浦大橋とふれあいまつり

霧の摩周湖(古っ!)、ならぬ
霧の霞ヶ浦。。。
DSCN3955.jpg

っつーか、これじゃあ何も見えめーよ(>_<)!!

はいはい、ではもう少しはっきりと見えるやつを
DSCN3954.jpg
11月1日は1日中、雨降りの天候となりました。
雨と湿気で靄が発生し、道の駅たまづくり(行方市)からの眺めもこの通り
晴天の時は道の駅のデッキから対岸・かすみがうら市を望めるのですがさすがに真っ白で何も見えません
でも、これはこれで幻想的で素敵、と反面思う私でした
分かりきった景色なのに、霧の向こうは・・・?などと想像をかきたてらる気持ちになり、楽しくなってくるから不思議

そんな中開催された、行方ふれあいまつり
DSCN3956.jpg
先日も告知させていただきましたが、雨の中第1日目が開催されました
雨にも関わらず、郷土料理や地域の特産品の販売が行われ、その美味しい味を求め大勢の人たちが傘を差しての入場。
勿論、私もその中の一人でしたが
DSCN3959.jpg

到着したのは11:00前くらいだったでしょうか?既に会場のあちこちで美味しい匂いが漂っていました
DSCN3894.jpg

ステージでは、県内のゆるキャラも大集合!
DSCN3896.jpg
あ!丁度つちまる君(土浦市)が挨拶してる(≧∇≦)
この「ふれあいまつり」を盛り上げる為、他の市町村からも応援に駆けつけてくれたのです
DSCN3897.jpg
どの子がどの市(町)のキャラクターか、皆さんはお分かりですか?

イベントのお手伝いと、そして自分の市(町)のPRも忘れません
DSCN3899.jpg

↓画像中央にいるのが行方市のマスコット、”ナメリーミコット”君。向かって右隣は潮来市の”あやめ”ちゃん。
DSCN3901.jpg
ナメリーミコットのマスコットが欲しかったけど、残念ながら会場内探しても販売されてるところがなくて残念
どこかで売ってないかな~?

メインステージ上のゆるキャラショーで、心がゆる~く和んだところで会場巡り♪
さあ、どこから廻ろうかな~?
DSCN3902.jpg
DSCN3903.jpg
何しろ、会場がいくつもありそれぞれ同時開催で何かしら行っていましたので、とても一度には見られない!
気長にマイペースで廻りますか

というわけで、続きます(^-^)ゞ

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

歴史館の銀杏並木

雨降りの一日でしたが、外出の帰りに久しぶりに水戸市の茨城県立歴史館に立ち寄ってみました
DSCN3988.jpg
現在の特別展は、「近世水戸の画人」がテーマです。江戸時代後期に活躍した水戸市出身の画家・林十江(はやしじっこう)と萩谷遷喬(はぎのやせんきょう)、タイプの異なる2人の奇才画家の作品が展示されています。
興味のある方は是非!(~24日まで)

11月1日現在の状況です。
すっかり、秋色となっています
DSCN3989.jpg

DSCN3990.jpg
落ち葉がたくさん!

DSCN3992.jpg
画像左手に見えるのが、旧水海道小学校です。
歴史館といえば、この時期の名物は庭園の銀杏並木。
さすがに11月1日現在では色づきはまだのようです
DSCN3993.jpg

DSCN3994.jpg
やっぱりあと1週間後ぐらいかな?見頃は。
やがてこの銀杏並木は黄金色一色となりますが、それまで待ち遠しい!
DSCN3998.jpg

さて、銀杏並木といえば・・・

来る、11月14日(金)と15日(土)の2日間限りで

今回、初開催の

いちょう並木ライトアップが行われます

received_704450179649216.jpeg
銀杏のライトアップとキャンドルナイト
11月14日、15日(但し、14日はライトアップのみ)
いづれも点灯時刻は17:30~20:30

詳しい情報はコチラを→http://www.rekishikan-ibk.jp/
又、「いちょうまつり」も同時開催!11月13日(木)・15日(土)・16日(日)は歴史館の入館も無料となります

市内にいながら、歴史館の銀杏並木が黄金一色となっている光景をまだ見たことのなかった私。
今年こそは見ていたい!と思っています
勿論、ライトアップイベントもね

来館時刻が少々、遅かったので歴史館を出る際すっかりあたりが暗くなっていました。
帰る前に街灯で照らされた遊歩道を撮影
DSCN4000.jpg
なかなか幻想的だったもので。
歴史館始まって以来の銀杏のライトアップ、そして15日のイベント。
来場された誰もが”良かった!また来年もやってね♪”と帰りの際に思える2日間となると良いですね

今日のおまけ☆
↓どうしても掲載したかった画像(笑)
DSCN3996.jpg
歴史館の屋外数箇所に、こういった埴輪の置物が飾られています。いつから置かれるようになったのか、なんだか可愛くて心和みます
来館時はチェックですね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-