INDEX    RSS    ADMIN

水戸まちなかフェスティバル2014<2>

「テーマパーク」と化した水戸市街地では、ミニイベントも満載でした!
というわけで、「水戸まちなかフェスティバル2014」レポートの続きです
尚、記事の順番は見た順番とは違いますので何卒ご了承ください^^
DSCN3211.jpg

DSCN3212.jpg
うまく、入るかな~?

DSCN3214.jpg
DSCN3273.jpg
見て~!!乗馬選手みたいでしょ!

DSCN3254.jpg
見慣れた街の中、お店がたくさん並びゴルフや射撃のゲームで遊ぶ子供達・・・。縁日のような界隈の中、ポニーが歩きちびっ子達が踊り・・・とにかく街中はお祭り騒ぎ(だから、フェスティバルだっての^^;)!!
こちら↓、南町広場(旧ユニー跡)で同時開催された「水戸藩!味な城下町まつり」。
DSCN3236.jpg
今年も登場、そして大繁盛でした(≧∇≦)!
笠間のいなりずしをはじめとして。
DSCN3233.jpg

何しろ訪れた時刻はランチタイムを大いに過ぎた時間帯、那珂湊焼きそば等お店によっては既に完売してしまったところもありましたが、それでも香ばしい香りを漂わせて美味しいグルメの販売が各市町村毎に行われていました。
DSCN3244.jpg
鉾田のいちごアイ酢(アイス)は、トッピングのイチゴが品切れになってしまった為、バニラアイスに”いちご酢”のみのトッピングでした代わりにバニラアイスを1個追加してもらったけどね♪
本当はこう↓なるはずだった。
DSCN3243.jpg
ちょっぴり甘酸っぱい、イチゴ酢とバニラアイスの組み合わせ。ヨーグルトを食べてる感じ^^
ちなみに”いちご酢”は鉾田市内の直売所等で販売されています
DSCN3245.jpg
ワインや日本酒を割っても良し!生野菜のサラダのドレッシングもいいね♪
鉾田市、といえば来る10/11(土),12(日)の2日間、鉾田市内の鹿島灘海浜公園にて鉾田うまかっぺフェスタ’14が開催されます(両日共9:00~15:00、荒天中止)お問い合わせ→http://www.k-hokota.com/page/page000127.html
鉾田ならでは新鮮な農産物やスイーツそして楽しいイベントがいっぱいなんです
興味ある方、”スーパーの野菜が高くて困る”とお嘆きの奥様方(笑)、お誘いあわせの上お出かけになられてみては?

・・・て、水戸市カテゴリのこの記事で鉾田を宣伝してどーする^0^;
DSCN3241.jpg
デタ~っ!!城里町キングポーク
と反応しておいて実際食べたのは、かすみがうら市ブースで販売されていた”フィッシュアンドチップス”でした
DSCN3239.jpg
アッツアツ揚げたてわかさぎのフライとレンコン・さつまいものチップス。地元産ですよ!
美味しいビールに最適あ~、マイカーで来なかったら(笑)
同じ県に住んでても、なかなか他の市町村のグルメを楽しむ機会はないはず。
こういったイベント会場だからこそ実現可能な、街と街との”食の交流”
美味しいものを提供しながら街のPR、素敵ですね。。。

グルメを満喫し、会場を適当にぶらぶら歩いていたら・・・・
DSCN3256.jpg
この後姿、もう説明するまでもありませんね
DSCN3257.jpg
市のマスコット、みとちゃん登場!!
さあ、これから何が始まるの?
・・・と傍観していたら、BGMが流れみとちゃんを取り巻く人たちがいっせいに踊りだした~!(≧∇≦)
DSCN3260.jpg
なんと、和服姿の梅大使さんまで
おおお!これが噂のフラッシュモブか。
DSCN3261.jpg
踊っている曲はオリジナル「みとちゃんダンス」
開催時刻は告知されず、いきなりゲリラ的に始まることは知っていましたが初めて本物ミタ
ちっちゃい子も頑張って~!!
DSCN3262.jpg
さあ、みんなも踊りましょ♪

水戸市民が一つになった瞬間・・・・・かな?
この思いが水戸の街を元気にし、活性化へと繋がるといいね
DSCN3272.jpg
ダンス終了後のみとちゃん。
売れっ子アイドルですから

ほんの短い時間だったけれどイベントやグルメを楽しむ、会場内の人たちのたっくさんの笑顔に今年もたくさん、会うことができました!
このイベントがきっかけとなり、
「水戸って、いいよね☆」
「水戸の市街地にはこんなお店があったんだ~!」
と、水戸の街を見直したり新たな発見をしたりし、水戸の街を好きになる人が一人でも多く増えてくれたら水戸に活気が戻る日が来るのも遠い夢ではないはず・・。
このイベントを傍観して、そう感じた私でした。
DSCN3265.jpg

DSCN3293.jpg
お疲れ様~!またね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

水戸まちなかフェスティバル2014<1>

今夜8:45のNHK茨城ニュースで、水戸市の市街地の10年前から現在までの模様を放送していました。
市街地にはかつて、5つの大きなデパートがありましたが現在では駅前の丸井と水戸京成百貨店のみとなってしまいました
思えば「上市」と呼ばれていた水戸駅北口~南町、泉町といえばかつては大賑わいでした。週末土日になるとたくさんの人が行き交い、注意して歩行しなければ人とぶつかってしまうほど。特に私が小学生だった頃はマクドナルドは泉町1丁目の伊勢甚百貨店にしかなく、「上市へお買い物」という響きがなんだか大都会に繰り出す時の同じ位の興奮を感じていたほどです
あの頃の活気は今ではいづこへ・・・。

・・・と思う中、かつての大賑わいが先日9/28(日)、還ってまいりました
DSCN3195.jpg
水戸まちなかフェスティバルの開催です。
グルメにライブにワークショップ、町全体がテーマパークに大変身してしまうイベントが、今年もまた帰ってきました!
水戸駅北口から向かい、最初にたどり着いた会場では早くも香ばしい匂い
DSCN3197.jpg

いばらきカレーバトル、開催!一番美味しいカレーを投票で決定するイベント。
DSCN3200.jpg
食のイベントってやっぱり、人を魅了するのね(笑)
私が会場入りしたのは14:00ちょい過ぎくらいでしたが、それでもこの通り↓
DSCN3199.jpg
おなかはとりあえず満たされてたし、すごく並んでいるし、食べる席ないし・・・
ということで私はパス
それより見たいものがありましたので、足早にその場所へ向かうことにしました。
DSCN3201.jpg
常陸牛バーガー、空腹時だったら絶対に食べてた^◆^;
さ、先を急ごう=3(笑)
DSCN3207.jpg
午前中、土浦へ行かなかったら。。。マイカーじゃなかったら。。。(笑)

おお!!w(゜▽゜)w あった!!
DSCN3215.jpg
スバル360 ヤングSS 確かこの車種の最後のモデルじゃなかったっけ?
昭和40年代からのクラシックカー展示コーナ、「名車展示会」のコーナーにて。
DSCN3219.jpg
見えますか?「茨」ナンバーですよ
昔は水戸も土浦もつくばも一緒だったもんね^^

スバルの隣に並んだのは、ぐっと時代が進み昭和50年代。
かつての憧れ、白プレリュードじゃないですか
DSCN3217.jpg
DSCN3218.jpg
オバサンにも、乙女な時代があったのサ。。。(笑)
実際運転したのはマーチだったけどね

展示車両は全部で5台、残り3台はクラシックカーイベントではレギュラーといってもいいくらいに登場回数が比較的多い車。一挙公開しましょうね!
DSCN3222.jpg
フェアレディZ
DSCN3223.jpg
スカイランGT(ハコスカ)
DSCN3224.jpg
スカラインGTターボ(確か、ジャパンと呼ばれてたような)
これらの車がリアルタイムでこの街中を走っていた、丁度その頃かなあ。。。街が繁栄してたのは
あれから30~40年、ここに集ったクラシックカー達は現在の水戸の街をどう見てる?
DSCN3227.jpg

見たかったものは見た!さあ、帰るか!
いいえ、帰りません
後半からの途中参加とはいえ、私はまだフェスティバル会場に来たばかり。
他にどんなことしてるのかも興味あるし第一、ここに来てまだ何も飲み食いしていない!!(笑)
というわけで、続きます
DSCN3232.jpg
他の市町村もイベントに協力。
屋台巡りも楽しみだ!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

花火ですよ!土浦全国花火競技大会10/4開催

既に皆さんご存知のように昨日お昼頃、長野県・岐阜県にまたがる山・御嶽山が噴火しました。
一夜あけた今でも噴火が続き、TVはいまだに救助されてない人や救助されても意識不明の重症により一刻の猶予も許されない人達のニュース・・・被災された登山・ハイカーの方々や麓に住んでいらっしゃる地域の方々、心よりお見舞い申し上げます・・・

このような状況の中、こういう記事を書くのもどうかと思いましたが来る10/4は土浦全国花火競技大会がいつもと同じ土浦市の桜川河川敷にて開催されます
20140928201900.jpg
公式パンフレットが市内の数箇所で発売されています。(1部100円)
花火当日は定休日となるイオンモール土浦にて、私も買ってきました
IMG_20140928_123253323.jpg
来る10/4、イオンモール土浦店は花火大会の為終日休業となります。又、駐車場も立ち入り禁止となりますのでご注意ください!

去年は不運にも雨に見舞われ、せっかくの見せ場も雨雲や靄に邪魔され見えずじまいのまま終わるという史上最悪な結果となってしまいましたちなみに私は自宅での鑑賞でしたが。
IMG_1048_20131005225856a04.jpg
花火師さん達が用意する花火は、土浦花火のためそれも年に一度の特別な日=土浦花火大会の為に仕込まれたものだそうです。ですから”土浦で使えなかったから別な会場で”ということは出来ないそうです。ましてや花火は火薬、次の大会やイベント開催日まで保存することは出来ません
観客側もこの日に合わせ、1年前から土浦市内のホテルや旅館に宿を予約(毎年10月第1土曜と決まっている為)される方も多くいらっしゃると聞きます。
このような事情もありますし、関連の業者さん(お弁当屋さんなど)達の都合もありますから花火大会を延期するということは到底容易いことではありません。一番頭を痛めているのはおそらく、開催か延期かを判断する実行委員会の皆さんかもしれませんね
IMG_1061_201310052308206e8.jpg
当日は晴れて欲しい・・・そう願うのは花火を見に来る人たちだけではないことは確かなのです。
年に1度の”スペシャルDay”、今年はぜひとも晴天となり、澄み切った秋の夜空ですべての花火が見たいものですね

さて、パンフレット裏表紙には土浦駅発のJRの時刻表(帰宅時のみ)や情報サイトのURLなどが記載されていますのでパンフレットを既に購入済みの方は活用されてくださいね☆
又、会場付近の天気予報や高速道路の交通情報、そしてラジオ放送(IBS)でも大会の情報を入手することができます
パンフレットをお持ちでない方で、当ブログをご覧いただいてる皆さんの為にサイトのURLをリンクさせていただきますので何卒、ご参考にされてみてください
◆花火大会のご案内◆-当日の特別放送
<会場の様子等(大会開始前)>
IBS(茨城放送)ラジオキャラバン
→AMラジオ1458(土浦・県西中継局)・1197Khz(水戸局) 13:00~18:00
<会場の様子等(大会実行中継)>
サタデーナイトinHANABI
→AMラジオ 1458Khz 18:00~21:00
NHK(BSプレミアム)
→23:00~24:29※大会延期の場合は放送も延期

防災対策等にも使えるから、可能であれば当日はポータブルや携帯ラジオを持参してもいいかもしれませんね

◇会場付近の気象情報、交通情報等◇-インターネット
ウェザーニュース
http://wni.jp
高速道路交通情報
(NEXCO東日本携帯サイト)
http://m.driveplaza.com/


◆大会の案内、交通規制他総合案内◆
NTT-BJハローダイヤル 050-5548-8686(9/6~10/5 8:00~22:00)

土浦花火競技大会実行委員会公式サイト
http://www.tsuchiura-hanabi.jp/


では最後に数年前に撮影しました土浦花火大会の動画をどうぞ
[広告] VPS



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

おまけ
花火のパンフレットのみを購入目的でイオン土浦へ行ったはずなのに・・・・・
!!
IMG_20140928_120217629.jpg
な、なんじゃこりゃぁ~!?
久々のショッピングだからって、ちょっと調子に乗り過ぎてもうた( ̄▽ ̄;)

かみす舞っちゃげ祭り2014<4>最終回

長く引きずりました「かみす舞っちゃげ祭り」記事、今回でようやく最終回です。
皆さん、ご閲覧誠にありがとうございました!
最終回の当記事で掲載させていただきますのは、まだ登場していない茨城県内のチームで私の中では”この人達の踊りを見るまでは帰れない(≧≦)!”と思いたくなる、お気に入りのチームです

こちら、大子町:常陸國大子連(ひたちのくにだいごれん)の皆さん。
DSCN2996.jpg
DSCN2997.jpg
茨城県最北の地・大子町から東端の神栖市に今年も参上!
小道具も巧みに使い、華麗な演舞をたっぷりと見せてくれました
DSCN3002.jpg
毎年5月に大子町で開催される”大子よさこい祭り”を観に行けばこの人達に逢えるのね

フードコーナーを巡回(?)後、屋台で購入したお土産を車の中に置きに一旦、駐車場に向かい手ぶらになったところで再び公園に戻ってくると、メインステージは牛久市の「うしく河童鳴子会」さんたちの演舞でした
DSCN3087.jpg

DSCN3088.jpg
2年前の「つくばまつり」で踊りを見て以来、お気に入りのチームとなりました
みんな、頑張れ~!!
DSCN3097.jpg
市の有名観光スポット、シャトーカミヤ(牛久シャトーと言った方が分かりますかね?)は東日本大震災で損壊し、現在修復工事中。ですが併設していたレストランが今年復旧OPENしたとか行かなくちゃ!(笑)

さて、「うしく河童鳴子会」さんが演舞を終えステージを去ると・・・

「水戸藩YOSAKOI連」の登場です
\(^O^)/ 待ってました~!!
DSCN3102.jpg
葵の紋入りの着物で颯爽登場!水戸市が支部かと思いきや実際は水戸市・大子町・常陸大宮市・取手市の4箇所を支部に持つチームでした。普段はそれぞれの支部で練習されてるとのことですが、こういったイベントの時には各支部から終結し、素晴らしい演舞でステージを盛り上げているのです
DSCN3109.jpg
このチームの踊りを見ないうちは帰れない!!そう強く心に決めていました
では一部ですが、彼らの踊りは動画でご覧ください
[広告] VPS


さて、私は水戸藩YOSAKOI連の演舞後に会場を後にしましたが演舞は16:30位まで続き、最後は参加者全チームが集まり総乱舞と、よさこいには欠かせないあの大きな旗の競演が行われたそうです。
DSCN2964.jpg
DSCN3072.jpg
旗を振るのって、踊るよりもきついかもね(・・;)
皆さんお疲れさまでした!

ステージで踊っていたチームに対し、待機していた他チームが”頑張って~!”とか、”●●(演舞中のチームの名前)、最高!!”等と声援を送っていた姿がとても印象に残ったっけ・・・。
あるチームは、
「僕達は、踊りがとても下手です。でも下手な踊りを一生懸命踊ります!」
と宣言し、会場を盛り上げてられていました。
DSCN3118.jpg
彼らの踊りが上手なの下手なのか、私には判断しかねますがステージ上で踊っている人達と、それを傍観する人の気持ちが一つになったことは確かです。

住んでる町あるいは県も活動の拠点も違う、そして踊り手と見物人、そんな壁を”ぶっちゃけ”ひとときだったのではないかと思います。
踊りを通じての”絆”・・・かみす舞っちゃげ祭り最高!!(≧∇≦)

以上で「かみす舞っちゃげ祭り2014」記事は終了です。
長らくお付き合いいただき、誠にありがとうございました
尚、掲載させていただきましたチームはすべてではありません。
かみす舞っちゃげ祭りに携わられた方でこのブログをご覧になられ、”あれ?私のチームはないの?”という方いらっしゃいましたら大変申し訳ありません

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

かみす舞っちゃげ祭り2014<3>

また今夜も舞っちゃげまつり記事ぃ~?もう、飽きちゃった!
・・・そう言わないでください^◆^;
演舞に年齢の制限はありません。平均年齢66歳だという御チームも元気に参加されていました
素晴らしいね、かみす舞っちゃげ祭り^^
DSCN2934.jpg
千葉県船橋市:よさこい明日風(あいのかぜ)
”明日の風”と書いて”あいのかぜ”と読ませるところが洒落てる
DSCN2935.jpg
案内チラシを見るまで”あい”はてっきり、”愛”と思っていました。でも”あいのかぜ”とは「大漁をもたらす海の風」という意味だそうで。彼女達の踊りで神栖に大漁の風は吹いたかな?

各チームごとの踊りもさながら、衣装を見るのも楽しみの一つ。
ファッションショーみたいに楽しめます
DSCN3036.jpg

DSCN2947.jpg

DSCN2955.jpg

さて、お祭りの楽しみといったらやっぱりコレも外せない!
DSCN2896.jpg
フード屋台銀座、大繁盛!!(≧∇≦)
お祭りを楽しんでいる間、おなかすいても大丈夫焼きそばやお好み焼き、たこ焼き、から揚げ、ポテトフライ等を販売しているお店がずらりと並び、立ち寄りたくなるお店がいっぱいですから
DSCN2905.jpg
DSCN2906.jpg
大人のかき氷”女のカシス”。シロップにカシスリキュールを使った、上品な”大人の味”

というわけでちょっと”よさこい”を離れ、ここで一旦グルメ記事に転向(笑)!
DSCN2798.jpg
地元の素材=ピーマンを使用したメニューでお店ごとに競い合う、美味しいバトルが同時開催されていました。
この中でも少なくとも、これだけは食べていこう!と決めていた一品
DSCN2799.jpg
市内にあるお寺・長照寺のお坊さんが考案された、噂(?)のピーマンうどん
その名も、”うどっぴー”!!
DSCN2885.jpg
画像でお分かりになられるでしょうか?違う色の麺が入っているのを。
青ピーマンを使った麺と赤ピーマンのそれが入っています。
赤い色した麺はピリ辛味で七味唐辛子要らず!
他の具材もとことん、県産にこだわりました!
あっという間に完食。美味しかったけれどあっけなかった^0^;いただいたしおりによると、神栖市内にはうどっぴーが食べられるお店があるようですので次回、食べに来よう!(笑)
ちなみにお土産用も販売されていました。今回は買わなかったけど
DSCN2884.jpg

ピーマン入りのご当地ハンバーガーもありました。
DSCN2862.jpg

サイドメニュー付です(^・^)
DSCN2863.jpg
”フレッシュピーマン”の略で”フレッピーなのかな?”
オレンジとバナナ、地元産スイートピーマンのミックスジュース!
美容と健康のためのジュースだって!確かに体に良さそう!!
というわけでこれも一緒に購入。
DSCN2864.jpg
まずはじめに恐る恐る、フレッピージュースを
DSCN2865.jpg
なんだか、罰ゲーム味わってるみたいな。。。
・・・ってとんでもない!!(≧≦)
すっごく、美味しいですお替りしたくなっちゃう!!
ピーマンの味が感じられなくはないけれど、バナナの味が強く甘くて飲みやすいです
ピーマン嫌いな子に騙して飲ませられそう!
ハンバーガーも美味しかった!
DSCN2866.jpg
ピクルスの変わりに細かく刻んだピーマンを入れたのねピクルスよりも私的にはこっちのほうがいいかも
フード屋台も郷土色にこだわったところがいいね!
他に出店されたお店も、その大半が市内のお店でした
お祭り楽しんで、郷土料理(?)を味わって・・・素敵じゃないですか
DSCN3174.jpg
↑会場内で無料配布された神栖のピーマン
神栖はピーマンの特産地なのです
ピーマンにはビタミンA、C等がたくさん含まれていて血行を良くしたり病気に対する抵抗力をつける等の効能があるそうですから、嫌わずにどんどん食べましょう!

さあ、長く引きずりました「かみす舞っちゃげ祭り2014」も次回でいよいよ最終回となります。
公園内を渡御していた神輿も会場そばにやってきました!
DSCN3085.jpg
まだ、”あのチーム”の踊りを見ていない・・・。
次回は、そのチームが登場いたします。というわけで今回はここまで

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

かみす舞っちゃげまつり2014<2>

福島県浜通りにて震度4の地震が21:45と22:31と続けて発生しました幸いこちらは震度2でしたが、今後こちらでも強い地震が発生しないとは限りません
今日ネットニュースで得た情報によりますと「緊急地震速報」を装った詐欺が出没しているそうです。
気象庁からのお知らせ皆さん、気をつけてくださいね!

さて本題、「かみす舞っちゃげまつり2014」記事レポート第2弾です
あらためて、会場の見取り図など。
無題
演舞のステージは一つだけでなく、中央のメイン会場の他3つ設けられていて舞踊のお披露目もそれぞれの会場で同時開催です。
DSCN2877.jpg
千葉県千葉市:翠天翔(すいてんしょう)

DSCN3059.jpg
常陸大宮市:雅美組(みやびぐみ)
DSCN3060.jpg
DSCN3063.jpg



DSCN2893.jpg
地元茨城県神栖市:遊元(ゆうげん)
子供だなんて馬鹿にしないで!
各チームはメイン会場から他の会場数箇所をロータリーしています。
メインステージで素晴らしい舞を見せてくれた三重県津市:HAPPY ARCHIVEさんたちも会場を変え大熱演でした!
DSCN3053.jpg

DSCN3054.jpg
力強く元気に楽しく踊った最後は・・・・・

どぼ~ん( ̄▽ ̄)!
DSCN3055.jpg
遊びにおいで、”あのつランド”へ!
HAPPY ARCHIVEさんのふるさと、津市では毎年10月に「津まつり」が行われます、そのお祭りを遊園地に見立て、よさこいで楽しく表現されたそうです。踊りには郷土芸能で活躍する「しゃご馬」も登場しちゃいましたもんね
DSCN3015.jpg
「かみす舞っちゃげ」だからこそ出来た”よさこいで郷土PR”、素敵ですねえ(≧∇≦)

メインステージの演舞も着々と進んでいます。
こちら↓千葉県銚子市と茨城県神栖市のコラボチーム、黒潮美遊潮っこ組
DSCN2917.jpg

DSCN2928.jpg

DSCN2930.jpg
茨城県と千葉県、隣接する県同士の”壁”を文字通り、”ぶっちゃけ”、一つに!
チームにより、いろいろな思いでこのお祭りに参加されてるわけですがこのチームのモットーは「やるからには最上を目指す!」だそうです。その言葉に恥じない、力強く伸びやかな演舞でした
来年はさらに上を!という気持ちでお祭り狩猟後もまた、日々精進されてることでしょう

さあ、まだ続きます
※記事で紹介する順は、見た順番とは限りませんのでご了承ください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

かみす舞っちゃげ祭り2014<1>

晴天に恵まれた9月21日(日)に盛大に開催された「かみす舞っちゃげ祭り」のレポートになります
例の如く、数回に連載し長くなりますがお付き合いいただけたら幸いです
DSCN2802.jpg

今回の舞っちゃげまつりは、出来立てほやほやの神栖中央公園(前回の記事をご覧ください)で行われる初めてのお祭り。園内ではお祭りの開催中ロードトレインが運行される等、ミニイベントが同時開催でした
DSCN2859.jpg

お神輿も出ました。
DSCN2800.jpg
舞っちゃげ祭りに訪れたのは初めてではないけれど、お神輿を観たのは初めてでした。
時刻にして9:30、会場では既に演舞が始まっていました。
開会式後のメインステージをトップで踊ったのは三重県津市からお越しの”安濃津よさこいHAPPY ARCHIVE(あのつよさこいハッピーアーカイヴ)”の皆さん。
DSCN2813.jpg

マスコットキャラクターも一緒に楽しくステージを盛り上げてくれたおかげで会場のボルテージ上昇
DSCN2815.jpg
DSCN2817.jpg
この後彼らは会場内に設けられた数箇所のステージを巡回することになります。明るく元気で楽しいステージをありがとう

続くのは、実力派かつ人気チームが続々登場!
DSCN2818.jpg
北海道旭川市からお越しの”旭川北の大地”の皆さん。
彼らがステージに立った瞬間、そして踊りが始まると観客席からは”大地ぃ~っ!!”という声援が湧き上がりました。
DSCN2821.jpg

DSCN2824.jpg

DSCN2826.jpg
一糸乱れぬこの動き。。。素晴らしい!!
演舞終了後、彼らがステージを降りるとどこからともなく”大地最高~っ!!”の声が上がりました。

実はここで当ブログをご覧の皆さんにお詫びしなければならないことがありまして(・-・;)
確か去年、「北の大地さんの神栖での演目はこれが最終」の意味の内容を書いています。そういう意味ではなく、”その日の演目が最後”という意味であって、決して”二度と舞っちゃげ祭りには参加しない”という意味ではなかったようです私の勘違いでした。この場を借りお詫び申し上げます
それはともかく、旭川・北の大地さん!今年も神栖に戻ってきてくれてありがとう~!!(≧∇≦)

さてお次は、”北の大地”に劣らぬ実力派チーム=北海道枝幸町からお越しの”夢想蓮えさし(むそうらんえさし)”の皆さんによる演舞。大地さんと同じく、招待チームとして毎年このお祭りに参加されています
DSCN2832.jpg

DSCN2835.jpg
初めてこのお祭りを訪れた時、トップで踊ってくださったのがこのえさしさんでした。素晴らしい踊りに感動のあまり、涙を浮かべたのを覚えていますあの時の感動が蘇り、胸を熱くする私・・・。
DSCN2840.jpg

DSCN2841.jpg

”夢想蓮えさし”の演舞が終わり、お次も招待チームが続きます
福島県の南会津郡下郷町からお越しの”郷人(ごうじん)”の皆さん。
葵の門入りの旗を掲げ、会津藩士や白虎隊を思わせる衣装での登場です。
DSCN2842.jpg
朝4:00頃南会津を出発し、4時間30分もの時間をかけてこの神栖にご来場されました
ではいざ、出陣!!
DSCN2847.jpg

DSCN2849.jpg

DSCN2852.jpg
昨年のNHK大河「八重の桜」を彷彿させるような演舞・・・故郷を守るために戦わざるを得なかった”会津戦争”や敗戦後、苦渋を強いられることになった会津の人達の叫びが、踊りを通して聞こえた気がしたのは私だけだったか。。。
DSCN2901.jpg
招待チームの演舞はやはり素晴らしい
ってしょっぱなからこんなに飛ばしていいのか?
トップで踊ったHAPPY ARCHIVEさんをはじめとする4つのチームの素晴らしいステージが続き、この後立つチームがやりにくいんじゃないの?
と不安になりましたがそれは心配御無用
だって、これはお祭り。コンテストではないのですから
観に来た人達は上手・下手とか、どのチームが一番優れていたかを評価しに来たのではありません。
だから皆さん、思いっきり元気に楽しく踊りましょう!
・・・それが”舞っちゃげ祭り”なのです。
DSCN2857.jpg
水戸城東よさこい蓮(ジュニアの部)

DSCN2916.jpg
YOSAKOI苺一縁

かみす舞っちゃげ祭りの観覧レポート、次回に続きます

よろしければ特別付録もご覧ください!
特別付録


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

かみす舞っちゃげまつり2014<1>特別付録

こちらは、「かみす舞っちゃげまつり2014<1>」の特別付録です。
本編記事と共にに掲載予定でしたが画像が多く重くなってしまった為、分けることにしました
「旭川 北の大地」と「夢想蓮えさし」、「郷人」の3団体の動画をほんの一部ですがよろしかったらご覧ください
DSCN2911.jpg
いづれのチームも静止画像だけで躍動感が感じられる素晴らしい演舞でしたが、せっかくですので
[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS

新会場:神栖中央公園

今年も盛大に開催された、神栖市の恒例行事「かみす舞っちゃげ祭」
前日までの週間天気予報ではあまり良いお天気ではなく、その上台風が近づいてくるという話も耳にしており開催が懸念されましたが、そんな心配も取り越し苦労に終わってよかった
DSCN2784.jpg
雨どころか、イベント日和な晴天
よって、朝9:30の時点で会場は既にこの通り
DSCN2786.jpg
参加される踊り子の皆さんも、そして神栖市の皆さんも今日のこの日をさぞ楽しみにしていたのでしょうね♪
ステージに吊るされた巨大てるてる坊主が、何よりもそれを語っています
DSCN2804.jpg
皆さんの願いが天に通じたね♪ありがとう、てるてる坊主さん

ところで、今年から会場が変わり去年まで使用していた神栖市役所そばの神之池公園から7~800m位手前(水戸、鹿嶋方面から向かってきた場合)にある神栖中央公園という広場で開催されました。
DSCN2792.jpg
大地震や津波発生時の防災公園として今年1月より開園とのとこ。昨年の舞っちゃげ祭りの際にはなかった公園です。
とても広々としていて、子供達の喜ぶ遊具もあるし。
DSCN3066.jpg

DSCN3065.jpg

綺麗なトイレが数箇所に設置されてるのがありがたい
しかも、どのトイレにも飲料水が買える自販機があります。ゴミ箱設置も万全!
DSCN2806.jpg

ソーラーパネルも設置されてるのね
DSCN3057.jpg

そして・・・一見ごくふつうのサンルーフ付き休憩所ですが。。。
DSCN2794.jpg

災害発生時にはなんと、テント張りの設備に変わり救護室や救援物資の一時保管所になるんだって
DSCN2795.jpg

この中↓にテントが収納されていますが何でもない日はイスとして利用できます
DSCN2797.jpg
願わくば、これを開ける日が来て欲しくないですね。。。
公園内のこの山↓、歩くだけで良い運動ができそうですが、今回の”舞っちゃげ祭り”のようなステージイベントがある日は絶好の観覧席となります。
DSCN2860.jpg

この山の頂上から観たステージはこんな感じ↓
DSCN2789.jpg

DSCN2790.jpg
神栖の市街地まで見渡せちゃう(≧∇≦)!
DSCN2787.jpg

練習風景もこの通り
DSCN2791.jpg

3年前の東日本大震災の折、大きな被害を受けたここ神栖市。建物の損壊は勿論、液状化による地盤沈下や水道管破裂により2ヶ月間、水道水を使用できず市民は給水生活を強いられました
そんな苦しい体験をしたからこそ、こうした立派な施設が出来たのですね

広大な園内に遊歩道も設置され、イベントのない日でもお散歩がてら歩くのに最適
案内板もあって、親切だなあ
DSCN3056.jpg

公園開園を記念して植樹された記念樹も数本、植えられていました。
DSCN3024.jpg
晴れた日はここでお弁当を食べて過ごすのもいいね♪

DSCN3026.jpg
なんとも、素敵な公園が出来ました

では、この素晴らしい公園で展開されました”かみす舞っちゃげ祭り”レポートを次回よりあらためてUPさせていただきますので、お楽しみに
いつもの如く、数回に分けての掲載となりますので何卒ご了承ください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

復活陣屋門完成間近!

石岡まつり見物の際、現在修復工事中の「石岡の陣屋門」がどこまで出来たのか気になり、見てみることに。
以前あった石岡小学校からの移転は既に完了、あとは門の完成を待つのみです
DSCN2539.jpg

完成は11月下旬とのこと。
それに先立ち去る9月20日にこの陣屋門裏にある市民会館で一般説明会が開かれたそうです。
DSCN2540.jpg
DSCN2536.jpg

私はこの説明会に参加しませんでしたので、以下はモバイル版茨城新聞記事からの引用で失礼させていただきます。
修復工事の際、瓦の損傷が激しかったためすべて1,200度の高温で焼き締めたものに交換し、腐敗した門扉の下部の修復と、軒の鉄骨補強等で強度を高めたということです。
これで150年は修復しなくとも大丈夫だという見込みだとか
DSCN2541.jpg
もうすぐ、再会できるんだね。。。

この場所に陣屋門が戻ったのは実に45年ぶり。元々は小学校の校門だったものが市民会館建設(昭和44年3月完成)により小学校の敷地に移転したとのことですが、今回修復工事をするにあたり”陣屋門を元の位置に”という声が多くあり結果、市民会館前に戻ってきたわけなんですね
市民ではない私にはどちらが望ましいのか判断しかねますが、何はともあれ”歴史の1頁”が追加されたということは事実ですね
ちなみにこちら↓石岡小学校校門付近にあった元陣屋門跡。
DSCN2563.jpg
昔の石岡を知らない私には、この場所の方が馴染みでしたけどね
11月下旬以降の新陣屋門完成時にまた訪れます

さて、以下は石岡記事とは関係ありません
今日9月21日、管理人は神栖市で開催された「かみす舞っちゃげまつり」を観に行ってまいりました(^^)ゞ
IMG_20140921_093644483.jpg
おそらく県内では最大規模の”よさこいまつり”です。いつしかこの行事も私の中では必須となりつつあります(笑)
北は北海道、南は三重県津市と県内外問わずたくさんの団体さんが参加され素晴らしい舞を御披露目してくれます。
それを観てるだけでも、大人も子供もエキサイト
IMG_20140921_092448540.jpg

IMG_20140921_100910428.jpg
今年も大感動でした!(≧≦)この熱が冷めないうちに早く記事にして皆さんにお伝えしたいところでありますが、画像の整理を終えていません今回はとりあえず予告のみで失礼させていただきます。
続きは後ほどたっぷりと

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

石岡のおまつり2014<4>

石岡まつりから1週間が経過してしまいましたというわけでこの記事も急がねば(笑)
長く引き伸ばしていました「石岡のおまつり2014」も今回で最終回とさせていただきます。
尚、今年の当ブログでは幌獅子パレードの模様は登場しません。大変恐れ入りますが”こちらを観たかった!”と思われる方は、他のブロガーさんの石岡まつり記事をご覧いただけたら幸いです
DSCN2751.jpg
金丸町の弁財天様。ライトアップした姿は妖しくもあり神々しい。。。
夜の山車パレードを観たのは初めてでしたが、昼間とは違う姿が楽しめて良かった☆
通行の困難も苦にならず(?
DSCN2752.jpg

DSCN2749.jpg

苦しい思いをしつつ歩きながら、ようやくまちかど情報センターまでたどりつきました。
年番町・富田町の山車がお囃子の手を止めずに待機しています。
DSCN2757.jpg

”富田のささら”も
DSCN2760.jpg
既に触れていますが、無形文化財そして石岡まつりの初日・最終日の供奉行列では神輿の露払いの先頭に立つ、なくてはならない大切な存在。年番町ということもあり今年は大活躍でしたね

さあ、2日目いよいよクライマックスです。
撒き餅の儀式が始まりました!
DSCN2761.jpg
年番町・富田町の祭り衆が餅を投げると。。。
当然、こうなります↓
DSCN2762.jpg

投げる側も楽しそう!!
DSCN2763.jpg

DSCN2764.jpg
年番町の餅撒きが終わると、この日のメイン行事はこれにて終了。
以後も名残を惜しむかのように山車のお囃子は続きます。
DSCN2765.jpg

”他の町に負けるか!”と言わんばかりに、年番町以外の町もお囃子の大合戦!
DSCN2771.jpg
そしてそれを追う観客達、その流れに逆らい石岡駅に向かう人や駐車場に向かう人が入り乱れ大混雑になりました
この人ごみの中をどうにか潜り抜け、愛車の待つイベント広場(駐車場)へと向かう私。
DSCN2775.jpg

DSCN2776.jpg
お祭りの楽しみ方はいろいろ。幌獅子を観たい人、町ごとのいろいろな人形山車を観たい人、あるいはお祭りの熱気そのものが楽しみだという人、会場に並ぶ屋台グルメが楽しみな人etc。。。それはそれでよいと思います。
DSCN2754.jpg
同じ山車でも”狐がイイ!”という人もいれば”おかめさんが見たい!”という人、または”ひょっとこの舞が見たい!”という人もいらっしゃるかもしれませんね

「石岡まつり」はその沿革や神事の意味合いを知れば知るほど興味深くなっていく。。。
初日に神輿を総社宮から御仮殿へ移す儀式や最終日の還御、幌獅子パレードや山車パレード、それぞれの町のそれぞれの”おっしゃい”に2日目の巫女の舞と染谷十二座神楽、その前の奉納相撲。。。
つまり、石岡まつりはすべてが”見所”だと言えましょう
今回のお祭りでつくづく、それを実感した私でした。

以上でわがブログの本年度版:石岡まつりレポは終了といたします。
来年はこれまでまだ1度も観た事のない、3日目の「還幸祭」を観に行きたいと思っています。聞いた話によればこの還幸祭がもっとも賑わうそうです
でもこれが集大成となり、わがブログでの石岡まつり記事が終わりとなってしまうような気がしますが(笑)

閲覧誠にありがとうございました!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

石岡のおまつり2014<3>

18:16土浦発のフレッシュひたちに乗車し、再び石岡駅に戻ってきた私。
ホームや改札口周辺は大混雑でした
だってこの日は石岡まつりですから。駅前はこれもん↓です。
DSCN2665.jpg
毎年このお祭りに足を運んでいますが、この時間帯に訪れたのは初めて!
覚悟を決めてたものの、いざ足を踏み入れるとしんどいなんてものじゃない
DSCN2676.jpg

駅前に集まった山車は、パレードを控えていたところ。あっちもこっちもぴーひゃらどんどん、そしてお馴染み黄色い声の”おっしゃい”合戦・・・。昼間からこの勢いだったはずなのにパワーは衰えるどころかますますUP
石岡のおまつり関係者の皆さんの元気、敬服するばかりです
DSCN2684.jpg
[広告] VPS


DSCN2685.jpg

DSCN2687.jpg

DSCN2719.jpg

DSCN2691.jpg
石岡まつり中日=奉祝祭もクライマックス!
熱気漂うお囃子を奏でつつ、ライトアップされた山車が年番町=富田町を筆頭に御幸通りを行きます。
DSCN2694.jpg

次々に後に続く町ごとの山車。それぞれ個性があり様々な出し物が楽しめて面白い!
DSCN2698.jpg

DSCN2700.jpg
それぞれの町の山車を見るのは楽しいけれど、人の数で歩行もますます困難になってきました。わが愛車は常陸国分寺近くのイベント広場に駐車、よって山車パレードを見ながらそこまで歩いていくのですが何しろ右にも左にも移動困難な状態で果たしてたどり着けるかどうか・・・
・・・なんてことを思いつつ、山車の”追っかけ”続行
DSCN2716.jpg

DSCN2742.jpg

DSCN2743.jpg
富田町、国分町、若松町、守横町・・他、石岡まつりですっかりお馴染みとなったこの町名。
何度も足を運んでいますと、「あ、◎◎町の●●だ!」などと分かるようになってきて楽しくなります

さて、そろそろ「石岡まつり」記事も締めなければ。
というわけで次回で「石岡のおまつり2014」の最終回とさせていただきます。
お別れは、大小路町の”巨面おかめ”さんで
DSCN2731.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

古民家の喫茶店:城藤茶店

亀城公園の道路を挟んだ正面にある、純和風建築の喫茶店がこの春から気になっておりまして。
DSCN2622.jpg
暖簾がかかっていなければ、一昔前の普通の民家です。
去年の今頃はありませんでしたが、今年の早春に空き家になった古民家を再利用し新しくOPENした喫茶店でした。
DSCN2623.jpg
お店の名前は「城藤茶店(しろふじのちゃみせ)」といいます。
開店は7:00と、かなり早い
桜まつりの時はちょっとためらい、キララまつりの時は既に閉店で入れずで”3度目の正直”!
今度こそ、と立ち寄っていくことにしました

土足厳禁の完全和風造り。ちゃぶ台と椅子&テーブル、そしてカウンター席がありどこでもお好みで。
今回ずうずうしくも亀城公園が見える丸ちゃぶ台席にしゃあしゃあと座った私(笑)
DSCN2625.jpg
ちゃぶ台からの眺めです初来店にして特等席だなんて、なんたる贅沢(笑)
早速、アイスコーヒーとスイーツを注文しました。
コーヒーは市内の豆専門店・ニコニコ珈琲さんのを使用して焙煎してるとのこと。
お茶請け=土浦銘菓”九万石”付です。
DSCN2624.jpg
コーヒー、濃すぎず薄すぎず酸味も控えめ。それでいて後味さっぱりで美味しいじゃん
九万石はとても甘いかりんとうですが、ブラックコーヒーにぴったり!
コーヒーを注文するとホット&アイスに関わらず付くそうですよ

そして・・・きました本日のスイーツ!
市内の老舗醤油店・柴沼醤油さんのお醤油をタレに使った、はちみつ醤油のお餅ワッフル(もっふる)バニラアイスのせ
DSCN2626.jpg
醤油の濃い香りがぷ~んと漂ってきました。
表面パリパリ、それでいてもっちもちなんといってもタレの醤油が香ばしい
これオススメです
これから再び石岡へ戻るのに、体力が必要だから十分に栄養補強(?)をしておかねば

今のところ、訪れてるのは常連さんが多いみたいですが土浦観光の際は是非、立ち寄っていただきたいお店です
ナポリタンやカレーライス、トーストなどの軽食もありますよ
DSCN2627.jpg
以前はごく普通に人が住む住宅だったそうですが、数年前より空き家になり手付けず状態のまま放置されてたそうです。
こうして素敵な喫茶店に生まれ変わり、再び人が出入りするようになって良かったね

さ~て、おなかも満たされたことだし石岡へ戻るぞ~!!
というわけで、皆さんお待たせいたしました!次回は石岡まつり記事の再開です。
DSCN2673.jpg
山車が私を待っている。。。(笑)

城藤茶店
7:00~18:00(ラストオーダー17:30)
水曜日定休
7:00~9:00はモーニングサービス!
好きなドリンクを選ぶと、トースト&ミニサラダがついてきます


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

亀城公園で”小さい秋、見~つけた!”

石岡で獅子舞や祭囃子が盛んになってきた頃、土浦では「まちなか元気市」というイベントが行われていました。
商店街をすごろくに見立てて、さいころを振るいつつお店めぐりをする「双六商店街」とか、「100円商店街」等が行われ、参加していた子供たちがスタンプ集めに大奮闘!
特設ステージでは亀城太鼓保存会の演奏が
DSCN2609.jpg
亀城太鼓を耳にしながら、会場をざっと傍観した私は特に買い物もせず亀城公園へ行ってみることにしました。
途中で適当におなかを満たしながら。
DSCN2611b.jpg

亀城公園の訪問は、1ヶ月前の「キララまつり」以来です。
東櫓のお堀脇から入ると、亀さんがお出迎え?!(笑)
DSCN2628.jpg

公園中央の櫓門にやってきました。
DSCN2632.jpg
この亀城公園はこれまで何度も訪れてるスポット、当ブログ中だけでも何度登場したか分からないほどですね(笑)
そこで今回は、違ったアングルなど
まずは、櫓門近くにあったサルスベリ。
DSCN2640.jpg

ふと、土手に咲いてた曼珠沙華が目に留まり近づいてみました。
DSCN2633.jpg
土手(土塁)を歩くのは初めてです。曼珠沙華の妖しいほどの赤い色、魔性すら感じる不思議な花びらに魅せられしばしこの場所から動けずにいた私。
DSCN2635.jpg

DSCN2634.jpg

DSCN2636.jpg

DSCN2637.jpg
見れば見るほど不思議な花です
そういえば、空に打ちあがる花火にも似てる気がします。”夜空に咲く花”が見られるのも、もうすぐですね

再び公園内を歩くと、桜の葉が色づいているのを発見しました
DSCN2646.jpg

小さい秋、見~つけた♪
DSCN2647.jpg
結構、いい色合いになってきました。
こちらのもみじ↓も、やがて色づいてくることでしょう。。。
DSCN2639.jpg
亀城公園も、少しずつ秋色に彩られていくのですね

余談ですが今週土曜日の9/20には「土浦薪能」が上演されます。
DSCN2649.jpg
チケットのお問い合わせはコチラでhttp://www.city.tsuchiura.lg.jp/page/page005951.html(市HP内)
ちなみに前売り券は完売、当日券も発売されますが先行順とのこと(予約不可)。
興味のある方たしなまれる方、土浦城址=亀城公園にて秋の夜長の芸術鑑賞等いかがでしょう?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

石岡のおまつり2014<2>

富田町の「富田のささら」に続き、山車もやってきました。
DSCN2569.jpg
山車の上に飾る人形は楠木正成、でもこのときは準備中のご様子でした^^
完全に設置された姿は、夜の部にて掲載させていただきますね
DSCN2573.jpg
この山車を見送り、年番町の御仮殿目指して歩いていきました

DSCN2581.jpg
今年の年番町・富田町の御仮殿がある場所は、総社宮からも石岡駅からも若干、離れたところ。
結構、歩きました
でも周辺には歴史的なスポットがあります
IMG_20140915_201820.jpg
当ブログでも登場したことのある酒蔵・府中誉さんもこの近くですよ♪
なんといっても富田町といえば、「富田北向観音堂」が有名です
DSCN2582.jpg
ご本尊は安産・子育て・厄除けにご利益があるといわれている十一面観世音菩薩だそうです。「富田のささら」も普段、ここで保存されてるそうです石岡の歴史を語るのに絶対外せないあの常陸大掾(ひたちだいじょう)氏にも大切にされてきた観音堂だとか。
御仮殿を拝観する前に、お参りしましょう
DSCN2584.jpg
観音様は毎月17日にご開帳されるそうな(午前9:00~午後4:00)。この日は特別ご開帳されていましたが撮影するのを忘れてしまいました
観音様のお姿は、私のブロ友であるRomanさんのところで拝見できます。リンクをいただいてまいりましたのでよろしかったらご覧になられてみてください→北向観音(Romanさんの記事)

尚、この北向観音堂の2,3軒隣には常陸大掾氏の墓所である平福寺があります。入口は門に刻まれた「平福寺」という文字が草木で隠れている為、うっかり見落としてしまいそうになりますが。
DSCN2593.jpg

歴史散策はこのくらにしまして、肝心の御仮殿をお参りしましょうね
DSCN2585.jpg
この鳥居の前で記念撮影するグループが何組もいらっしゃいました。
鳥居をくぐった突き当たりに鎮座された御仮殿の中に常陸国総社宮の御霊が宿った大神輿が奉られています。
DSCN2589.jpg
この大神輿の重さ、1tですって前日、総社宮から氏子達の手でこちらに移されました。
お祭り最終日の15日午後2:00まで大神輿はここでお泊りです
では、御祈願を。
・・・石岡まつりが無事に終了しますように。。。
・・・良い写真が撮れますように。。。良いブログ記事が書けますように。。。
後半は祈願の内容が邪ですね(笑)
DSCN2590.jpg
お参りの後のお約束、お神酒さんをいただき、御仮屋を後にします。

そして再び、街中へ!
お昼近くになってくると、歩いている観光客の数も増えお囃子の音色も盛んになり活気付いてまいりました。
これから数時間後には歩き慣れたこの町もだんだん、歩行困難となっていくでしょう。。。
DSCN2576.jpg

DSCN2577.jpg

さて、この後私は一旦石岡を後にして別な場所へ。
今年のメインはこの日18:45頃より開始される山車パレードで、それまでたっぷりすぎるほど時間があるしその間に行われる幌獅子パレードは過去何度か拝見してるし・・・というわけで、この日別なところで開催されていたもう一つのイベント=土浦の「まちなか元気市」へ出かけることにしました。
DSCN2598.jpg
開催、2年ぶりなんだって。

というわけで、石岡まつり記事”昼の部”はここまでとなります。
少し間をおきまして、後日あらためて”夜の部”として石岡まつり記事を再開させていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

石岡のおまつり2014<1>

2014年の石岡まつりが本日、終了しました。
今年も最終日は足を運べませんでしたがきっと盛大に行われたことでしょう
DSCN2682.jpg
本日最終日(還幸祭)は、御仮殿に奉納されていた常陸国総社宮の大きな神輿が総社宮へお帰りになられ富田町から来年の年番町・仲之内町へと年番の引継ぎが行われたはずです。
DSCN2597.jpg
来年まで無事に何事もなく過ごして、元気に石岡まつり見物を楽しめたらよいな・・・そう願いたいです

前置きはここまでにしまして、お祭りレポート記事に入らせていただきます。
今年の年番町=富田町の御仮殿を目指す前にやはり、大元である常陸国総社宮にご挨拶しなくちゃいかんでしょ!
というわけで、最初に目指したのは総社宮でした。
途中で数台の山車に遭遇しました
DSCN2531.jpg

DSCN2532.jpg

DSCN2534.jpg
香丸町、金丸町の山車が続いて登場!
すっかりお祭りモードですね!
DSCN2538.jpg

あれ?こんなところにトイレあったっけ?
DSCN2537.jpg
金丸町の山車と一緒に、総社宮へ向かう狭い道を曲がり市民会館の手前に屋台と一緒にトイレの看板が立っているのが目に付きました。今年から臨時で設置されたのでしょうか・・・?
思えばゴミ箱や仮設トイレの数も例年よりも増えた気がします。もしかして、駅前御幸通りの屋台を撤退した代わりにこうして仮設トイレやゴミ箱を増やしたり、お祭り見物を楽しむ人達が少しでも不自由なく過ごせるよう、工夫されたのかな?と勝手に想像

総社宮入口や境内でも、イラスト入りの分かりやすい案内板が立てられていました。
DSCN2542.jpg

DSCN2546.jpg
前回訪れたとき、あったかな?気が付かなかった!
思えばこの石岡まつりも関東三大祭、と呼ばれるように常陸の国を代表する秋祭りであることには違いなく他県あるいは他国からこのお祭りを観に来られた方も実際、たくさんいらっしゃいますから世界的に有名なお祭りになりつつあるのです。さりげない地元PR(?)、必要ですよね
DSCN2547.jpg
日本武尊命伝説は、石岡にも!

境内ではこの日に使用される神輿の組み立て中でした。
こちらは奉祝祭(2日目)の際渡御する明神神輿、御仮殿に奉納された神輿よりも一回り小さいのです。
DSCN2548.jpg

この頃、祈願祭を終えた土俵では奉納相撲に参戦する高校生力士たちが準備運動中。
DSCN2553.jpg
高校生でありながらどの子もプロの力士並みの立派な体
みんな、頑張れ~っ!!
でも奉納相撲を観戦せず総社宮を後にしました。

総社宮外のあちこちでお囃子の音が聞こえる中・・・
あ!!(゜0゜)
DSCN2564.jpg
つい追いかけ開始=3
足早に”見えたもの”を確認しようとそこへ近づきます。
それは、「富田のささら」でした!
DSCN2565.jpg
茨城県指定無形民族文化財にも指定されている「富田のささら」。
お祭りに参加する町内多しといえど、このささらを所持しているのは富田町だけ。
まさか偶然、通りかかってお目にかかれるとは(≧∇≦)
これは先々、良いことがありそう!!・・・かな?(笑)
DSCN2567.jpg

というわけで、今回はここまで
次回に続きます。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

石岡まつり、行ってきました予告編

本日は石岡まつり中日の奉祝祭。
今年もまた行ってまいりました(^-^)ゞといっても、中日に訪れたのは2年ぶりですが。
まだ撮影してきた画像が整理しきれていません^^;
よって、今回の記事は予告編とさせていただきます。
IMG_20140914_101325-1.jpg
本格的なレポート記事は、画像整理が終了次第となりますので何卒ご了承くださいね

予告編ですので先に書かせていただきますが、今回は朝と夜に限らせていただきました。
朝は常陸国総社宮と御仮殿(総社宮の神輿が祭られているところ、年番町に設置されます。今年は富田町)を参拝し、街中をざっと歩いた後別な場所へ。辺りが暗くなる18:00頃再び石岡に戻り、夜の山車パレードを見物、というコースでした。
DSCN2671.jpg
暗闇の中、ライトアップされた山車を一度、観てみたかったんです。
15:00より開催される幌獅子パレードを期待されてた方、誠に申し訳ありませんが今年の当ブログでは登場いたしません

ところで驚いたのは、御幸通り(石岡駅前の大通り=正式名称は八間通り)に食べ物やおめん、ゲームなどの露店が一店も並んでいなかったこと
DSCN2579.jpg
以前、山車や幌獅子巡行の際支障になるとの理由からこの通りの出店が禁じられたと聞いたことがありますが。
このように↓ちょっと引っ込んだ場所で遠慮がちに運営していた模様。
DSCN2580.jpg
山車や幌獅子を動かす人達には以前よりも若干、通行しやすくなったかもしれませんが石岡駅を出るとすぐに美味しそうな香りを漂わせた、あの並びを見慣れてきた私にとっては少々寂しいかな。
通り沿いのお店が無くなったといっても、お祭りが始まるとこう↓なりますけどね
IMG_20140914_182024.jpg

IMG_20140914_195352.jpg

石岡まつりの「昼の顔」と「夜の顔」。
後ほどゆっくりと書かせていただきますのでよろしくお願いいたします!
ではまた後日
IMG_20140914_101424-1.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

日立シビックセンター屋上より

再び日立市記事に戻りまして・・・
日立シビックセンター最上階=9F天球劇場まで上るエレベーターは素敵です
ロケットに乗ってるような気分を味わえちゃうんです。
で、9Fに到着しエレベーターを降りると入場券に星座スタンプが押せるコーナーがありますので記念にご自分の星座スタンプを押されて行ってくださいね
DSCN2466.jpg

さて、天球劇場を出ると屋外に出られるようになっています。シビックセンター屋上になりますがプラネタリウム劇場「いつでも夢を」鑑賞後、エレベーターで戻る前に外に出てみることにしました。
DSCN2478.jpg
ここから日立の山々を望むことができます。
前回記事で触れました、”元”大煙突も
DSCN2468.jpg

大煙突からちょっと視点をずらすと神峰公園にあるレジャーランドの観覧車も見られます
DSCN2474.jpg
右手に見える茶色い建物は、吉田正音楽記念館ですね
日立市といえば、山と海に囲まれロケーション的に恵まれた環境にあるのが素晴らしいところだと思います。
シビックセンター屋上からは山だけでなく、海を望むこともできるんです。
テラス風に設置されたこの展望台から。
DSCN2471.jpg
※ちょっと高い場所から撮影してみました。

正面はガラス張りですから、高所恐怖症の方でも安心してロケーションが楽しめる?!(笑)
DSCN2475.jpg
JR日立駅とその周辺も一望。
この日は晴天で靄がかかっていましたが、これからの季節=爽やかな秋晴れの空ならはっきり見えるかな?
屋上には遊具らしきものもありましたが、途中”上に登らないでください!”と書かれロープが張られていました。
その手前ぎりぎりまで登り、ちょっと高いところから眺めてみました
DSCN2470.jpg
高さが変わると、見え方もまた面白い!
DSCN2477.jpg
登ったのは画像右側ね

おおお!(゜▽゜)これは素晴らしい。。。
DSCN2472.jpg
海の思いっきりそばを通るスリリングな日立バイパス(国道6号)も一望
いい眺めです
シビックセンター屋上からの眺め・・・これは日立市の観光スポットで紹介してもいいんじゃないかい?(笑)
なかなか、この施設の屋上まで上がる人は少なく、又上がる機会もないけれど無視しちゃうのは勿体無さ過ぎます
DSCN2490.jpg
日立市の”いいね”がまた一つ、増えたね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

常陸国総社例大祭(石岡まつり)~告知編

今年もまた、”熱い3日間”が石岡に帰ってきた・・・・・!!
IMG_20140912_195821.jpg
猛暑の夏はもう、終わったけれど石岡が一年で一番、熱くなる3日間=常陸国総社例大祭(石岡まつり)が明日13日から開催されます
今年の年番町は、町内で唯一”ささら”を持っている「富田町」です。
IMG_0537_20140912212204cbb.jpg

IMG_0606_20140912211346ac8.jpg
ささらが登場するのは初日と最終日の還幸祭のみ。
石岡まつりほど地元の人達に愛されてるお祭りはないんじゃないか?と思いたくなるほどこの3日間は本当に「お祭り一色」となります。街中を祭り装束で歩く人達のそのパワーには毎年のことながら圧倒されるばかり。
IMG_0666_2014091221200641f.jpg

なんといっても見所といったら、豪華絢爛な町内山車数台とリヤカーのような車体に獅子頭を付けた「幌獅子」数台。
これらがお囃子を鳴らしながら街中を繰り歩く・・・石岡まつりならではの活気ある光景が見られるところでしょう
IMG_0638_201409122123038b3.jpg
石岡まつりを今年初めて見物される方も、リピーターさんも当日お祭り会場に足を運ばれる方はくれぐれもお気をつけていらしてくださいね
又、マイカーご利用でお越しになられる方は交通規制道路や渋滞にご注意ください。
くれぐれも飲酒運転や迷惑駐車、接触事故等なさらぬよう十分お気をつけてお越しください。
IMG_0634_201409122139044e2.jpg
※チラシや交通規制のお知らせ等のダウンロードはこちらを→http://www.city.ishioka.lg.jp/page/page002527.html
(石岡市HPより)

いつしか、9月になると年中行事の如く石岡まつりに足を運ぶようになりました。
誰から強いられるでもなく、自分の中ではこの石岡まつりを見なければ生きた心地がしない気すら感じるようになりました。
そんな風に毎年このお祭り見物を楽しませていただいている私ですが、実はこれまで1度も見たことのないシーンがあります。
一つは最終日、御仮殿に奉納された神輿が常陸国総社宮に帰り年番の引継ぎが行われる「還幸祭」。
もう一つは2日目夜の山車のパレード。ライトアップされた山車が石岡駅前でパレードするシーン。

今回は2つ目の方、14日18:45頃より開始される「山車パレード」をレポートさせていただきますね
想像を絶するほどの混雑覚悟で(笑)、行ってきます(^^)ゞ
というわけで、後日あらためてまた

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

日立大煙突物語

こちら↓2ヶ月前に発行された7月号の広報ひたちの表紙です。
IMG_20140910_221805.jpg
表紙に使われてる写真こそ、在りし日の日立大煙突の姿。
この大煙突が建設され、今年で丁度100年となるそうです

で・・・こちらが現在の姿。
DSCN2515.jpg
え?これのどこが世界一の煙突なの?
表紙の写真と全然、違うじゃん!!
等、思われる方いらっしゃると思います。
残念ながら日立の大煙突は平成5年に老朽化により倒壊し、上のカラー写真のとおり
”世界一”と呼ばれた高さのせいぜい3分の1程度しかありません。
手前に立つ太い煙突(通称:ダルマ煙突、または阿呆煙突)は変わらない姿ですね

写真は日立鉱山のあった大雄院付近で撮影したものですが、靄無しの晴天の日はシビックセンター屋上からも見ることができるんです。周囲の山々や住宅街と共に
DSCN2473.jpg
↑シビックセンター屋上より

ところで市は何故、世界一の高さの煙突なんか作ったのでしょう?
そのきっかけは、鉱山の採掘時につきものの鉱害問題でした。
鉱山での作業の際、工場から排出される煙は煙害となって周囲の山々を枯らし麓にある畑の農作物を荒らし、住民達を苦しめました。
住民達が苦情を訴える度に賠償金を払い続けなければなりませんでしたから、鉱山側も経済的に困難な状況になっていきました。
なんとかならないものかと試行錯誤を繰り返し、様々な方法が試されたものの失敗し、煙害を無くす事はできませんでした
DSCN2519.jpg
そんな中、久原房之助(くばらふさのすけ、日立鉱山を買い取った人)は「煙は上昇するものだから、高い煙突を作れば煙は高層気流に乗って拡散され、煙害も減るだろう・・・。」と考え、大胆にもかつてない高さの大煙突を作ることを思いつきました。日立大煙突誕生の瞬間です。
勿論、関係者の中で賛否両論が出ましたが観測実験等も行った上で久原氏の計画は進められ、大正3年の12月末に大煙突が完成、翌3月より使用開始。これが”世界一の日立大煙突”デビューの全貌です
DSCN2518.jpg
それから月日は経ち、日立鉱山閉山後もこの大煙突は”日立市のシンボル”として市民に愛され親しまれてきました。
平成5年に倒壊後もこうして、鉱山の歴史を秘めた”歴史の証人”として日立市を見守り続けているのですね
大煙突建設に先立って建設された”ダルマ煙突”と一緒に。
DSCN2516.jpg
手前の太い煙突が”ダルマ煙突”。大煙突よりこちらの方が先輩になります
当初はこの煙突で煙害を減らそうとしましたが結局、亜硫酸ガス等の有害物質を軽減することはできなかったそうです。役立たずとなってしまったこの煙突はいつしか、”阿呆煙突”などという不名誉な名前で呼ばれるようになってしまいました

鉱山の歴史、そして日立大煙突誕生の秘話はそのまま、日立の歴史でもあると同じ。
鉱山が発展し、日立製作所なる大企業も誕生しました!
「世界のHITACHI」のルーツ、ここにあり!かな?
DSCN2514.jpg
レトロで風情あるバス停
今も使われているのかな?


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

天球劇場プラネタリウムオリジナル番組「いつでも夢を」観てきました!

JR日立駅前新都市広場に立つ「シビックセンター」の最上階には天球劇場(プラネタリウム)があるのをご存知でしょうか?
地元の方ならご存知ですよね
DSCN2464.jpg
先週の土曜日、初めてそこを訪れた私。
コレ↓、ずっと観たいと思っていましたもので
DSCN2463.jpg
天球劇場オリジナルプラネタリウム番組「いつでも夢を」
11月16日(日)まで上映中。
一日2回上映
①11:00~ ②13:00~
入場料
大人 520円、子供・65歳以上320円※幼児(おそらく未就学児まで)無料

物語の舞台は昭和37年の日立市。
鉱山で栄えていた頃の日立市の、ヒューマニズムドラマといったところでしょうか。
現在は廃校となっている大雄院小学校や昔懐かしい大煙突(詳しくは後ほど)、鉱山で働く労働者達の憩いの施設=共楽館(きょうらくかん、現在の武道館)等が登場します。
長年、日立に住んでいらっしゃる方には懐かしさを、日立市外の方や若い世代にはどことなく新鮮さを感じるでしょう
DSCN1154.jpg
まだ上映中ですので、すべてを語るのは控えさせていただきますが・・・。
通信機器=インターネットも、まして携帯電話もなく、コンビニエンスストアもカラオケBOXもなかった時代。
現代のように、物が溢れていたわけではなく現代と比べたら決して豊かな暮らしではなかった時代だったけれど、あの時代に生きる人誰もが「夢」と「希望」を失わずにいた・・・・!!
・・・この映画で伝えたかったことは、そのことでは?と私は感じて仕方がありません・・・

日立市のシンボル・大煙突や、いまや日立の名物となっている市内の桜・・・実はこれらは今の日立を築く上で大切な役割を果たしていたのです
それに関しましては劇場で
IMG_20140906_120452-1.jpg
大煙突は、今はもうないけれどその姿はいつまでも、市民の心の中に。
その誕生秘話もあわせ、在りし日の大煙突の堂々たる姿を是非、劇場の大スクリーンでご確認ください!

余談ですが今週日曜日(9/14)まで、シビックセンターと隣接するマーブルホールにて「第50回日立市美術展覧会」略称”市展”が開催されています
DSCN2480.jpg
市内や近隣の市町村、日立市との姉妹友好都市の方の美術作品が展示されている”大展覧会”
出展されてるのは絵画(水彩、油絵)や書道、彫刻そして写真等です。
私もざっと巡回させていただきましたがいづれ劣らぬ秀作揃い
お時間が取れる方、天球劇場と合わせて是非ご観覧ください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

潮来駅の階段アート

今日は満月仕事を終え駐車場に向かう途中に見た夜空のお月様がとても綺麗でした
皆さんもご覧になられましたでしょうか。。。

さて、御船祭を中心にずっと引きずらせていただきました鹿嶋~潮来でしたが今回でとりあえず最終回です。
締めのお話は、JR潮来駅のお話
まずは、こちらの階段ご注目ください!
DSCN2328.jpg

アップにしますね
DSCN2329.jpg
市のマスコットキャラクター・あやめちゃん(向かって右側)と、もう1対は駅のマスコットかな?
あやめまつりシーズンに運行されるサッパ舟に乗っています。

別な階段にはこんな図案もありました。
DSCN2434.jpg
毎年夏行われる、潮来祇園祭の図案です。これもかっこいいのですが。。。

なんといってもやはり、潮来といえば。。。
w(*゜▽゜*)w!!
DSCN2437.jpg

DSCN2438.jpg
潮来、といえば有名なのはやはり”あやめまつり”。その中でも特に「嫁入り舟」は名物中の名物ですからね。。。
これは夜の嫁入り舟の光景です(*^_^*)
天の川に見立てた前川にたくさんのLEDライトを散りばめ、その上を嫁入り舟が進む。。。
私はこの模様を生で見たことがなかっただけに、こうして階段アートとなって見ることができてうれしいです。
でもいつか、生を見てみたいけど(笑)

みどりの窓口上も、こんなです↓
DSCN2331.jpg
市の最大観光イベント、あやめまつりをPRしています。
前川の畔一面に咲くあやめの花そして、あやめの花に負けない可憐で美しい花嫁さんが川を行く”嫁入り舟”は潮来ならではのシーン。
まだご覧になられたことのない方は是非、あやめまつりの時期にお出かけください
駅の中だけでも積極的(?)な観光PR。
見た目も楽しいですし、いいですねえ。。。

さて、潮来駅のホームは高架ホームですので見晴らしがよく、前川あやめ園の大きな太鼓橋がよく見えるのです
DSCN2442.jpg
反対側では、鹿島臨海工業の工場の煙突が。
お隣の神栖市ですね
DSCN2445.jpg
神栖、といえば。
楽しみだなあ、今月末に開催される毎年恒例の”ぶっちゃけ祭り”

あれ?どこかでお囃子が聞こえてきた(゜o゜)
再び反対側(前川あやめ園側)を見ると、あの時=御座船や供養船がまだ滞在中のときに見たあの山車が駅前でお囃子をしながら街中を練り歩いていました
DSCN2441.jpg

DSCN2444.jpg
これも御船祭の一角なのかな?その辺は勉強不足ですので説明は省かせていただきます
鹿島神宮駅行きの列車待ちをしていたときのことでした。
まるで、鹿嶋方面に帰る私達をお見送りしてくれてるみたいです

活気あるお囃子で見送られ、”潮来をもっと知りたい!”という気持ちをそそられた私でした!
さあ、次はいつ来ようかな
DSCN2428.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

美味しい”おぼろ月”~献上菓舗さわた

今宵は中秋の名月、ですが私が住む地域は空一面雲で覆われ満月を見ることはできませんでした
本当の満月は明日夜だそうですが果たして明日は見られるかなあ。。。

仕方がないから、こちらのお月さまを楽しませていただきます
DSCN2462.jpg
観月、もとい食月
潮来市の献上菓舗さわたさんで買ってきた”潮来おぼろ月”、どら焼きです。
DSCN2454.jpg
つぶあんとちいず(チーズ)。つぶあんはともかく、チーズが入っているのは珍しいと思い、つい手が伸びました。
クリームチーズがたっぷりと入っているんです
DSCN2456.jpg
これは美味しい!(≧∇≦)チーズ好きなら絶対、気に入っていただけること間違いなし!
”お替り~!”といきたいところですが、水戸からでは”ちょっと、行ってくるか”という距離ではありませんからねえ(笑)

献上菓舗、とあるようにここ・さわたさんでは明治神宮に献上されたお菓子を製造販売しています。
その献上菓子はお店でも販売されているんです今回は買いませんでしたが(汗)
DSCN2426.jpg

看板やお店の入口からして結構な老舗、かつちょっと敷居が高そうなイメージですが決してお高いお店ではありません。
DSCN2424.jpg
和菓子が中心ですが、マドレーヌ等の洋菓子も扱っています
「食べログ」によればマドレーヌが人気のようです。買えばよかった
のれんが下がっている入口の隣も、さわたさんの入口。
但し、こちらはイートイン(喫茶)コーナー用の入口のようです。
DSCN2425.jpg
今回、立ち寄りはしなかったけれどここでお茶することもできます。
次回、潮来を訪問したときには利用させてもらいましょうあやめまつりじゃない時期に(笑)

献上菓舗さわた
http://tabelog.com/ibaraki/A0804/A080401/8001896/(食べログ)
茨城県潮来市あやめ1-8-1
Tel:0299-63-3123
営業時間 8:30~19:00
年中無休
潮来駅より徒歩5分



<おまけ>
こちら↓あやめまつりシーズン外の時の前川あやめ園の様子。
DSCN2423.jpg
シーズンオフのあやめ園は至って静かなもの。園内を彩っていたあやめの花は勿論、開花していません。
緑一色でちょっぴり寂しい雰囲気ですが、こちらの川べりを通って帰られる方が多くいらっしゃいました。
あやめまつりから、もう3ヶ月経つんですね。。。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

鹿島神宮御船祭観て来ました<其の参>

潮来~加藤洲の水上に漂着していた船たちも、どうやら出航の時刻が迫ったようです。
どこかで待機していたお祭り関係者の人たちが戻ってまいりました。
DSCN2372.jpg
当ブログでご紹介させていただく御船祭記事も、今回で最終回となります。
供養船もぞろぞろと動き始めました。
DSCN2376.jpg

[広告] VPS

DSCN2382.jpg

元気に観客に手を振るご一同の姿も
DSCN2391.jpg
いってらっしゃぁ~い!!\(^O^)/
やがてこの後、御座船が出航されるとそれに伴うように彼らも一路、鹿嶋の大船津へ帰還するのです。
御座船が発つまでの間、北利根川上を戯れるように浮遊しています。
中にはお囃子演奏をしている船もありました
[広告] VPS


一方、こちらでは御座船が待機中↓
DSCN2408.jpg
さて、今更ですが御船祭は鹿島神宮の祭神・武甕槌大神と香取神宮の祭神・経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が12年に1度の午年に、水上で再会するというお祭り
「午」は方角では南、時刻では正午にあたり丁度”陽性”の気が盛んだということから12年に1度巡ってくる「午年」にこのお祭りが行われるようになったそうです
”陽”の気がもっとも高いこの年のこの日・この時刻にあらゆる邪気と不景気を祓い、一陽来復を祈願しようという意味が、このお祭りにはこめられているのです
DSCN2408-1.jpg
応神天皇の御世だとか神宮皇后の遠征祈願が始まりだとかの説があるようですが、常陸国風土記の中で「毎年七月に舟を造りて津宮に奉納する」と記載されている位ですから、かなり昔から存在していたのに違いありません

さあ、いよいよ御座船がここ・潮来から出航する時間がやってまいりました!
DSCN2413.jpg
大勢の観客達や祭り関係者が見守る中、御座船と桟橋を繋ぐロープが今解かれます。

そして・・・出発しました!
DSCN2414.jpg

すぐさま、御座船に続くように他の船も大船津目指して動き出します。
私も陸の上から追いかけますが船が進むのが早くて追いつけない
DSCN2417.jpg

DSCN2418-1.jpg

やがて船達が見えなくなるのを見届けてから、私も再び潮来駅に戻っていきました。
あっという間の出来事でした。
DSCN2420.jpg

この後、大船津に船が帰るとご一行は船から下りて鹿島神宮へ向かいます。そこで行宮御着與祭(あんぐうごちゃくよさい)という儀式が行われるのですがその光景を見届けずに私は鹿島神宮駅より鹿嶋臨海鉄道に乗車して水戸へ帰りました。

以上で私の「御船祭」記事は終了です。拙い内容ですが最後までご閲覧くださり誠にありがとうございました!
次回の御船祭は12年後、その頃にこのブログが存在しているとは思えませんが次回の御船祭も元気で見られるよう、頑張ります(笑)
「12年に1度だもん!次は見られね~!」なんて言ってた観客のおじいちゃんやおばあちゃん、次回もまた元気で見られる様、長生きされてください!
DSCN2427.jpg
余談ですがこの御座船、お祭り終了後には解体されるそうで次回12年後に同じ船を使用することはないそうです。
やはり神様の行事だから最後はお炊き上げするのでしょうね
私的にはちょっともったいない感じ


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

鹿島神宮御船祭観て来ました<其の弐>

鹿島神宮発潮来行きのJR鹿島線の発車は11:32.。
大船津を出航した船達が加藤洲に到着するのは約2時間。9:30頃の出航でしたから、潮来駅に到着する時刻にはもう到着している頃でしょう。
間に合うかな・・・

さて、ここであらためまして御船祭の経路図を掲載させていただきます。
(パンフットをスキャン→縮小いたしました!)
IMG_15020218528605.jpeg
鹿島神宮駅に負けじと、潮来駅でも御船祭を宣伝しています
DSCN2327.jpg
DSCN2332.jpg
船が着く場所は、常陸利根川の潮来大橋のぐっと手前。5~6月に開催されたあやめまつりの際、嫁入り舟が到着する辺りですここまでのルートはもう既に知り尽くしています。
混雑する潮来駅改札口をなんとか抜け、足早に北利根川目指します。
案の定、川岸は凄い人だかり!!
DSCN2336.jpg

対岸が加藤洲になります。
川岸に集まった皆さんが、何を見ているのかといいますと・・・
DSCN2337.jpg
拡大してみましょう↓
DSCN2337-1.jpg

※大きい画像のまま、トリミングしました!
DSCN2337-2.jpg
おお!あれが御座船(≧∇≦)!!
ついにお目にかけることができました
先に明かしていただきますと結局、この船を正面から見ることはできなかったのですが見られて満足
どうやら暫くの間、この川に滞在するようですので他の船も眺めてみます。
御船の航海には遊覧船も数隻、参加していました。
DSCN2343.jpg
3ヶ月前まで、嫁入り舟の到着場所だったところ。
代わりにあるのは数隻の御船。
どの船にも「第○号供養船」の幟が掲げられ、榊が奉げられています。
DSCN2340.jpg

DSCN2345.jpg

DSCN2346.jpg

DSCN2361.jpg

丁度この頃、香取神宮の神様をお迎えするにあたっての”御迎祭”が開始されたか、どこからかお囃子が聞こえてきましたが、前の人の頭で遮られて見えない!!
DSCN2349.jpg
しかも、桟橋は一般人立ち入り禁止だから頑張ってせいぜい、こうなりました↓
DSCN2350.jpg

仕方がないので断念し、再び供養船見物します。
これらの船に乗ってた人は、お昼休憩にでも行ったかどの船も不在でしたので今のうちにしっかり撮っておきましょう(笑)
DSCN2364.jpg

大漁旗がはためいていると、わくわくしちゃう!(笑)
DSCN2366.jpg

おや?船に乗っていた御一行が順次、戻って来られたようですね
いよいよ、出航でしょうか・・・?
DSCN2369.jpg
風も出てきたみたいです
御座船含むすべての船が大船津に帰ってくるまで時化なければよいのですが。。。

では、続きます!
お別れは、岸で待機していた2台の山車です。どちらも潮来の山車ですね。
DSCN2357.jpg

DSCN2359.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

大船津のお稲荷様

鹿嶋市大船津の一之鳥居を出航した船を見送り、シャトルバス乗降場へ向かった私でした。
で、ちょっと寄り道
途中、古めかしいお稲荷さんが目に留まりましたのでちょっとお参りしていきます
DSCN2300.jpg

鳥居の両脇に立てられた石灯籠が、結構古そう。。。
DSCN2301.jpg
”常夜燈”と刻まれていますね
大船津稲荷神社というお稲荷さんでした。祭神は”宇賀魂命(うがのみたまのみこと)”
五穀豊穣の神と言われている宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)のことでしょうか
DSCN2302.jpg
DSCN2303.jpg

この神社の沿革については不明ですが、海(川)のそばということで海上安全祈願の為に奉られているのかな?と最初、勝手に想像した私
では、お参りしましょう
DSCN2304.jpg
御船祭が災害等で途中中止になることなく、無事終わりますように・・・!
そう。今回の御船祭は前回から12年ぶりとなるわけですが、その間に東日本大震災という大きな災難がありました。
当然、ここ・鹿嶋市も例外なく震災による大きな被害に見舞われました
DSCN2307.jpg
ですから今回の御船祭には、関係者は勿論市民も観光客も特別の思い入れあってのものに違いなかったはず。

新聞のニュースによりますと、この3日間の全行程が無事終了したとありますので願いは天に届いたはずですね
DSCN2305.jpg

DSCN2306.jpg
手作り感のある2匹の白狐さんの顔がユニークで親しみ感じます
といったところで、先へ進みます。
シャトルバス乗り場へ行く手前で、懐かしい地名を発見!!
あら~、鹿島町だったころの地名じゃないっすか
DSCN2309.jpg
来年は「鹿嶋市」となって丁度、20年になるのね
懐かしいものを堪能(?)したところで、鹿島神宮駅行きのバスに乗り再び駅へ戻ってきました。


で・・・。
潮来行きのJR鹿島線の出発まであと約40分待ちということですので、この間に神宮をお参りしまして・・・。
DSCN2310.jpg

お祭りで曳き廻しに使用される山車を拝見。
DSCN2318.jpg

年番区の山車↓
DSCN2321.jpg
人形は載せられていません。通常は鹿島神宮の祭神・武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が載せられます。
パンフレットによると年番区の場合は榊だそうです。
天照大神や聖徳太子、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)、そして地元出身の剣豪・塚原卜伝を載せた山車が街中を曳き廻されるそうです。その模様を私は観ませんでしたがきっと熱気溢れた光景だったことでしょう。。。
DSCN2322.jpg
木花咲耶姫(このはなさくやひめ) めんこい(*^_^*)!

神社の鳥居の脇にあった巨大絵馬も、御船祭を宣伝しています。
DSCN2312.jpg
鹿島神宮駅をはじめ、街の中心部がすべて”御船祭”一色に染められた感じ。
船はどこまで進んだかなあ。。。

ではいよいよ、潮来へまいります

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

鹿島神宮御船祭観て来ました!<其の壱>

十二年に一度の午の年に開催される、「鹿島神宮御船祭」。
3日間におよぶこの大祭礼も去る9月3日に無事に全行程が終了しました
DSCN2268.jpg
JR鹿島線・鹿島神宮駅にて
天候も特に荒れることなく特にメインである中日の9月2日は快晴といって良いくらいのお天気
その9月2日に幸運にも私、足を運ぶ機会に恵まれ行ってまいりました!(^-^)ゞ
DSCN2269.jpg
というわけで、これから数日間当ブログで2日目に行われた”式年大祭御船祭”の模様(といっても、私が見た範囲に限りますが)をお伝えしていきたいと思います
長くなるかと思いますが、お付き合いいただけたら幸いです

鹿嶋市から神宮橋(または新神宮橋)を渡り潮来へ向かう際に見える赤い鳥居。
鹿嶋市大船津という場所にある一之鳥居、ここから御座船をはじめとするおよそ80隻もの船がここを出発して香取市の加藤洲まで進み、祭礼を終えて再びここに戻ってきます
DSCN2298.jpg
で、ここ大船津なんですが鹿島神宮駅からはかなり距離があり徒歩での移動は結構、しんどい
でも駅からシャトルバスが随時運行していますので安心
DSCN2271.jpg
ちなみにこのバス、この日臨時駐車場だったサッカースタジアムと駅→大船津を巡回しています。
で、このバスを利用する人の数といったら・・・
DSCN2270.jpg
こんな感じでバス乗り場まで繋がっているのです( ̄▽ ̄;)
これでは1回の送迎ではとても間に合わない!その点バスは少しずつ時間をずらしながら頻繁に出ていたからありがたい!!
何しろ、12年に1度の大祭礼ですからねえ。。。

そんなこんなでバスに乗り、やってきました。バス停が設置されたのは大船津の鳥居より約700m位手前のところ。
バスを降りると・・・
お!早速いらっしゃいました
DSCN2272.jpg
陸上大行列のご一行です。思わず足早に駆け寄って行きました。

DSCN2273.jpg

DSCN2276.jpg

DSCN2277.jpg
沿道の観客に手を振って挨拶されてる鹿嶋市市長さん。そして後方は潮来市市長さん。
沿道の方から”おはようございます!(お祭り開催)おめでとうございま~す!”の声が飛び交います。

行列はまだまだ続きます。
DSCN2279.jpg

DSCN2281.jpg

DSCN2283.jpg

皆さんが目指すのは、あの赤い鳥居=一之鳥居。
DSCN2286.jpg
ご一行はこれから鳥居に設置された桟橋を通り、船に乗って潮来~加藤洲(千葉県香取市)へ向かいます。
DSCN2288.jpg
ちなみに一般人は、この鳥居をくぐることはおろか周辺も立ち入り禁止
残念ながら鳥居の向こうで何が起きてるのか、私は観ることができません(>_<)
乗船のシーンはせいぜい、ここまで↓
DSCN2296.jpg
あれ?土浦港のジェットホイルだ
観光ツアーですかね?
大名スタイルの人たちもこれから乗船ですね
DSCN2290.jpg

乗船完了した船は順次、出航していきます。
香取の神様に会いに行く”船旅”がスタート!
DSCN2289.jpg

DSCN2292.jpg

DSCN2295.jpg

DSCN2297.jpg
竜の頭を付けた御座船はもう、出てしまったか残念

こうして、すべての船がこの鳥居を後に加藤洲目指して出航していきました。
DSCN2299.jpg
さあ、私達も追いかけなくちゃ
潮来~加藤洲へ集結した船が、香取の神様を迎えて奉祝行事を行います。奉祝行事は見られなくても御座船や勢揃いした船を是非観たい・・・!

というわけで潮来へ移動します
では、次回へ続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

みとちゃん田んぼアート

数日前の茨城ニュースによりますと、茨城県の今年の稲作状況は、「やや良」だそうで。
この夏の異常気象により農作物の高騰が深刻な今の時勢だからどうなることかと心配してましたが。
ただ、これからの天気予報によると曇りや雨になる日が多くなり日照時間もぐっと減るそうですから、無事刈り入れが済むまでは安心できないですね

さて、”稲作”といえば
わが水戸市ではつい最近まで”田んぼアート”が行われていました
DSCN2448.jpg
場所は鹿島臨海鉄道の常澄~大洗駅間の高架下に見える田んぼ。
水戸から出発すると、常澄駅を出てまもなくの所です。
map_2014090323092880a.jpg
田んぼアートの図案になっているのは、水戸市のマスコット・”みとちゃん”
この子ね
IMG_0615_20140903231418b71.jpg

先日ようやく鹿島臨海鉄道に乗車する機会に恵まれた私。
市報などによると見頃は8月いっぱい位まで、ということでしたので果たして今見られるかなあ・・・・・?
と思っていたら。。。
DSCN2451-2.jpg
見えた!!良かった間に合った(≧∇≦。)
8月もとうに終わりましたが、十分見ることができました!
DSCN2451-1.jpg
↑こちらが実際の車窓。1つ上のアップ画像はトリミングしています。
みとちゃんの上に「おもてなし」の文字、そして左脇の「水戸市」の文字もしっかり確認できます。
でもそろそろ、刈り入れが始まるでしょう。見頃も今週末くらいまでかな?
”見たい!”という方でまだご覧になられていない方は急がれたほうがよいでしょう

この夏、鹿島臨海鉄道を利用して大洗町に海水浴などのレジャーに来られた人たちもこれを見られたのでしょうね。
”市内だし、そのうちに。。。”と思いつつ一向に足を運べず、”どこかへ行った帰りに・・・”なんて思っていると忘れたり、となかなか見に来られずにいました。近場って、かえってそうなりますよね(笑)
でも刈り入れの時期が来る前に、見ることができて良かった☆
来年もまたやるのかな?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

水戸クラフトビールまつり行ってきました!

去る8/30(土)、私が”ノーマイカーデー”にした、もう一つの理由がここに
なかひまわりフェスティバルの帰り、水戸駅で下車した私が向かったその先は・・・
ココ
DSCN2224.jpg
水戸市宮町にある水戸東照宮で開催された、「水戸クラフトビールまつり」です
8/28~31の4日間にわたって開催されたイベントです。私は30日のみ参加させていただきました

参道からしてホラ!この通り
見てくださいこの意欲的な宣伝!!
DSCN2226.jpg

「交通安全」「家内安全」等の幟に混ざって「クラフトビールまつり」の幟(笑)
DSCN2227.jpg
この石段を上がっていくとそこには・・・
(*゜▽゜*)!!
DSCN2257.jpg

(≧3≦)!!
DSCN2260.jpg
DSCN2234.jpg

(≧∇≦)!!
DSCN2230.jpg
やってます!早くも正面の”常陸野ネスト”のロゴになっているふくろうが私を招く・・・(笑)
実はこのためにひまわりフェティバル会場でもあまり飲み食いせずに帰ってきました
海外のクラフトビールが全部で50種類、その上に”エビスビール”等の国内の大手メーカー製のが数種類さらに県内産のが参戦しています。
たくさんあって、何を飲んだら良いか迷ってしまう。。。
まあ、迷ったときは無難に”飲み比べセット”かな(笑)
DSCN2233.jpg
ビアスパークしもつま(しもつまブルワリー)の飲み比べセットを気にしつつも最終的に買ったのは、
牛久ブルワリーの4点セットでした
DSCN2235.jpg
ワインで知られている”シャトーカミヤ”ですが、自家製ビール=牛久ブルワリーも人気だそうです一度飲んでみたかった”牛久ブルワリー”、いただきます(^Q^)!

以下はあくまで個人的な感想ですので、否定・批判的なコメントには一切応じかねます
まずは麦のコクが深い、”秋あがり”など。
DSCN2236.jpg
苦味よりもコクを感じます(*^_^*)
続いて、カクテルのような仕様の”クランベリーラガー”
DSCN2238.jpg
苦味と甘酸っぱさがキューっと喉に沁みました
おいしけれど思ったよりもキツかったかな?
次に、ブラウンエール。
DSCN2240.jpg
色からしてそうですが、コクがあります。バレンタインデー時期に飲んだ木内酒造さんの”アンバーエール”に似てた味。
チョコレートの味こそしないものの、チョコレートのようにビターで大人な感じ
最後にヘレス。
DSCN2239.jpg
一番、軽くて飲みやすい苦味も炭酸の強さも他のに比べたら控えめかも。
炭酸系あまり得意でない私にも、これならいけそう!

美味しいビールを飲むと、なにかつまむものが欲しくなります。そういえば落ち着いてランチをとっていなかったことを思い出し、遅い時刻の昼食も兼ねて炎神さんのマーボー丼を。
DSCN2241.jpg
結構、スパイシーなマーボー丼で美味しかった
でも帰宅と同時に母から”ニンニク臭い!”と言われました(笑)

それにしても来場された皆さん、とても幸せそうです
意外なのは、ほとんど市内の人ばかりかと思いきや、市外や県外からお越しになられた人もいらしたこと
今日のこの日を楽しみに、常磐線で来てくださったなんて市民としては喜ばしい限り(笑)
DSCN2229.jpg
遠路より、水戸市に飲みにくださってありがとう!!
DSCN2232.jpg

食を通して水戸市に親しみを持ち、交流の輪が広がり水戸市という街を好きになってくれる人が1人でも多く増えたらとっても素敵ですね
DSCN2253.jpg
つちまる、飲めるのは20歳以上の人だけだよ

まだ暑いけれど、これからは”実りの秋”シーズン!
ビールを含む、お酒を飲む機会も増えることと思います。
どうかくれぐれも、飲酒運転等は絶対になさらないでくださいね!
DSCN2264.jpg
階段、踏み外さないように注意しなくちゃ!

社会のルールを守り、楽しく飲もうじゃありませんか!!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

なかひまわりフェスティバルに行ってきました!<フェスティバル会場にて>

拙い画像ではありましたが、ひまわりの花は堪能していただけましたでしょうか・・・
打って変わって今度はイベントのお話です。
DSCN2158.jpg
10:00丁度に始まった開会セレモニーの後、フェスティバル会場では吹奏楽の演奏やキャラクターショー、歌にダンスにお囃子に・・・とステージイベント盛りだくさんでした
・・・といっても、あまりゆっくり見ることはできませんでしたけど
DSCN2136.jpg

そして、この方もお招き
DSCN2195.jpg
この方は、史上初(おそらく)のエレキ琵琶奏者のまついえつこさんです。
那珂ふるさと大使にも任命されているとか
DSCN2199.jpg
「茨城を食べよう」とか「茨城名物ロックンロール」等、茨城のイメージソングを数多く手がけられ、愛用のエレキ琵琶でその喉を披露されています。そして水郡線の応援歌として作られた新曲「ボクの恋(ハート)は水郡線」も歌ってくださいました!
エンタ性たっぷりな、まついさんのステージは楽しかった!
歌唱力も抜群だしCD買い損ねたけどファンになっちゃおう!
♪すい、すい、すいすいっすい すいすいすい~♪ぐん、ぐん、ぐんぐんっぐんぐんぐんぐん~♪

会場を歩いていると、周囲はほとんど食べ物屋台が軒並み。
そのお店も、”ウチのが安いよ!”と他と比較して商売を競い合い活気に満ちてました
決して食べるものに不自由はしません、これだけ並んでいれば(笑)
DSCN2130.jpg

DSCN2132.jpg
いづれも早い時間帯に撮影しました!お昼時は通行も厳しいくらいでしたよ
なんと!那珂湊焼きそばここでもか
DSCN2200.jpg

このフェスティバルには、他の市町村からの応援も数箇所いらしてたようです。
土浦のつちまる(生つちまる)、登場!!
DSCN2201.jpg
たちまち、腕白坊主に絡まれ大変
耐えろつちまる!(笑)
DSCN2202.jpg

那珂湊焼きそばを買い食いし、ガラポン抽選会(福引)でティッシュをもらい(笑)再びステージに戻ってくると、私が”これだけは見て帰ろう!”と思っていた”大助ばやし”が演奏中
DSCN2206.jpg
この後、訪れる予定の場所がありましたので今回のひまわりフェスティバルはあまりゆっくり見られなかったのですがやっぱり、郷土芸能を見ていかなくちゃ帰れません^^;
確か、那珂市で5年に1度(3年だっけか?)とか行われる夏祭りです。
おかめ、ひょっとこが現れ、狐が・・・!!
DSCN2207.jpg
DSCN2209.jpg
DSCN2217.jpg
動画もほんの一部、撮影しましたのでよろしかったら^^
[広告] VPS


ひまわりフェスティバルの主役は言うまでもなく、ひまわりですがその主役を惹き立てる”名脇役”達=お囃子にダンス、夜の花火等、そしてグルメ・・・いつもながら素晴らしい
でも唯一つ、残念なのは今回、フェスティバル会場にひまわりが一輪もなかったこと
来場者を歓迎するように、ステージ周囲等に飾られていたひまわりが。
聞くところによれば今年の猛暑に異常気象の影響を受けたり、鳥などに苗を食べられる被害があり那珂のひまわりも散々だったそうですひまわり畑の方はイベントデー直前に別な場所から持ってきて植え替えたとか?
そんなわけで、フェスティバル会場の方は代わりにプランター入りのマリーゴールドが設置されていました。
DSCN2163.jpg
ひまわりの世界でも大変だったんですね
来年の開催には、フェスティバル会場でもひまわりが見られますように

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-