INDEX    RSS    ADMIN

稲荷山公園

あやめまつりを中心に書かせていただきました潮来市記事、最終回は静かに締めさせていただきます
今更ながら、JR潮来駅~あやめ園周辺図など。
IMG_201405302115203d7.jpg
こうしてゆっくり眺めていると、あやめ園意外にも散策スポットがいくつもありあやめまつりでない時に訪れてもそれなりの楽しみ方ができる街です
はっきり言ってこの図に書かれている範囲は、マイカーよりも徒歩散策に限ると実感しました^◇^;
というのも、比較的狭い道が多くナビを軌道して目的地を探しても、
”え?こんなとこ入るの?まじ?”
と言いたくなる箇所が何か所もありました接触事故を起こさなかったのが幸いだったけれど、この図に掲載されてるエリアに限っては、もう2度とマイカーでの散策はしたくありません
古き良き時代のレトロな雰囲気残す町並みですし、大変でも徒歩での散策を断然、お薦めいたします。

前置きが長くなりましたが、私が次に訪れたのは"稲荷山公園”というスポット。
入り口がなかなか見つからず、随分うろうろしました(笑)
51号バイパスから入る道があることを知ったのは、このずっと後のことです^^;
DSCN0309.jpg
右へ行けば長勝寺(桜で有名なお寺)方面、そして左方向には野口雨情の碑と潮来市が一望できる展望台があるとか。
今回は左へ。
もう少し進めば駐車場がありますが、「P」と書いてあったものでそこまで行かずにここに停車。
公園敷地内に続いていそうな狭い階段を、何が出るかわからない不安のまま上っていきます。
DSCN0308.jpg

階段を上がりきったところに、「野口雨情/中山晋平の碑」がありました
DSCN0289.jpg
読み取りにくいですが、後ほど調べてみたところ「おれは河原の枯れすすき~」で有名な潮来船頭小唄が刻まれているとのこと。
DSCN0290.jpg

そして、こちらが展望台です。
DSCN0291.jpg
とりあえず上がってみましょう
はい。これが展望台から眺めた景色です。
DSCN0292.jpg

潮来大橋が見えます。橋の向こうはお隣県・千葉県香取市
DSCN0293.jpg
周囲の木々に遮られ、”絶景パノラマ”とまでは言い難いですが利根川とその向こうの田園風景がバッチリ☆
水と緑が圧倒的に占めてますね
この地域が”水郷”と呼ばれる意味が分かる気がします。

さて、この公園他には「稲荷山古墳郡」と呼ばれるように古墳があるそうな
奥へ入り、ちょっとだけお散歩してみます。
DSCN0297.jpg

辺りは木々が生い茂るひっそりとした森の中、うかつに歩けば愛車の元へ帰れなくなるかも
そんな不安を持ちつつも、おそるおそる歩いていきます。
DSCN0300.jpg

古墳はどこだぁ~?
あ、この辺りか。
DSCN0301.jpg
確かに盛り土のような箇所が。
あやめの郷・潮来で太古のロマンを感じられるなんて、私の中では異色な感じ。
そう思うのは私だけかな
あまり奥へ進むと、本当にこの森から出られなくなりそうで怖いので早々に引き返します^^;
DSCN0302.jpg
何気に建てられたコース表。
Aルートってどこ?という説明はありませんでした。こんなんで分かるのかな
気がつけば、遊歩道の両サイドにはアジアイが植えられています。
DSCN0303.jpg
勿論、花は咲いていません。丁度、あやめが終わる頃入れ違いのような形で楽しめるかもしれません。
紫陽花で彩られたこの公園を観てみたい気もする私

お稲荷さまにご挨拶し、今回はとりあえずこのくらいで引き上げます
DSCN0305.jpg

JR潮来駅から徒歩25分、昭和25年5月茨城県百景に選定された稲荷山公園。
今回は立ち寄らなかった、公園下の長勝寺と合わせハイキングがてら訪ねてみてもいいね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

珈琲倶楽部ぷちろーど

潮来市を訪問するのは初めてではありません。ですがいづれもあやめまつりの時期。
当然、記事はあやめまつりが9割を占めています。
あやめまつりと道の駅いたこ。せっかく水戸から2時間かけて潮来を訪れても、これではあまりにワンパターン過ぎる
という思いから、今回の潮来訪問は出来るだけ未訪問&ブログ未発表のところを開拓(?)しよう!というのをモットーにしました

こうして訪問したのが、今回のランチ店。
珈琲倶楽部ぷちろーどというお店です。
DSCN0232.jpg
嫁入り舟や、土浦からの観光フェリーが発着する埠頭から利根川に沿って少し歩いた場所にそのお店はありました!
西洋の住宅のような、オシャレな外観です。
DSCN0233.jpg
下調べをざっとしたところ、開業は昭和42年と結構老舗。
貴族のような、高貴な方が立ち寄られるお店みたいな雰囲気ですが、勇気を出して玄関の戸を開けました。
DSCN0234.jpg

アンティークなインテリアに囲まれた店内、すごく綺麗でした。
珈琲は全て自家焙煎、その上紅茶の種類がなんと30種類
とりあえずお食事と、珈琲ortea残念ながらランチは月~金曜日のみとのことで、フード&ドリンクはそれぞれ、単品で注文することに。
悩みましたが、メニューに記載されていた”パーマネントアイスティー”という珍しいネーミングに惹かれてつい、それをオーダー
はい!これ
DSCN0235.jpg
たっぷりな生クリームにチョコレートソースボリュームもたっぷりです。
見た目パフェです。
とっても甘くて、疲れが一気に吹き飛んでしまいそう。。
DSCN0236.jpg
teaなのに、デザートも兼ねてる”スペシャルtea”ですね

お待ちかねのお料理も到着しました!
私のチョイス、オムライス
DSCN0237.jpg
デミグラスソース、たっぷり!!(≧▽≦)
一見、肝心のオムライスが量少なめに見えますがこれでなかなかのボリューム
美味しさがぎゅぎゅっと詰まった感じ
DSCN0238.jpg
ソースたっぷり、かけちゃえ!
スプーン1杯、1杯に感じる幸せ。。。すっかり、お腹いっぱいになりました

お食事の後は、ちょっぴりお散歩タイム
お店のすぐ脇が、地方漁港の潮来港なんです^^
DSCN0239.jpg
青々とした葉をつけた桜の並木。
開花時期はさぞ、綺麗だったでしょうね。。。
遠くに見える橋が、潮来大橋です。
DSCN0243.jpg

桜のお花見もいいけれど、この季節は木陰が涼しそう!
DSCN0244.jpg

ぷちろーどさんの窓際の席からは、この桜並木や利根川が一望できるようになっています。
運が良ければ川を眺めながらのランチタイム、またはteaタイムが過ごせることでしょう

ぷちろーど
茨城県潮来市潮来107-26
10:00~23:00
定休日=毎週火曜日(祝日の場合、営業)
JR鹿島線潮来駅より徒歩10分
HP→http://www3.ocn.ne.jp/~p.road/index.html


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

縁結びの噴水広場

「嫁入り舟」記事の”付録”のようなお話です。
近くには「あやめの碑」がありますのでお気づきの際にはちょっと立ち止まってご覧になられてみてくださいね☆
DSCN0220.jpg
少々、足場が悪いのが難ですがこの碑を入れて記念撮影してもいいね♪
DSCN0219.jpg
意外な場所に登場する水戸黄門さま( ̄- ̄)茨城の歴史、まだまだ知らない事ばかり(笑)

さあ、記事の本題に入りましょう
潮来花嫁さんが乗る「嫁入り舟」が到着する埠頭の上、つまり一般観光客が嫁入り舟を見物するスペースはちょっとした展望台。常陸利根川を目の前にし、JR鹿島線が通過する様も観ることができます。
DSCN0224.jpg

嫁入り舟が来ない時この場所、噴水広場となっているんです
DSCN0225.jpg
前川(嫁入り舟が巡航する川)の治水対策目的もあり、東日本大震災の1年前にあたる平成22年3月に完成したそうです。その名は”WAIWAIファンタジア”
100円コイン1個で噴水のパフォーマンスがスタートするそうですので試しにチャリンと入れたところ・・・
!!
DSCN0226.jpg
たちまち、周囲は霧で真っ白け!!
なんだなんだ?!下で一体、何が起きてるの?
と、下へ降りていきます。(嫁入り舟の時以外は立ち入り自由ですので)
すると。。。
DSCN0227.jpg
2体のモニュメントが潮、いや水吐いてる(≧▽≦)!!
観てるとかなり滑稽です
DSCN0228.jpg
お互い、水のかけっこしている2体のモニュメントは画像向かって右が「ナマズ」、反対側のハサミ持ってるのが「モクズガニ」ですって
モクズガニの表情が笑いをそそります
DSCN0229.jpg
この2体には意味があります。モクズガニのハサミで悪い縁(ストーカー等)を絶ち切り、その切られた悪縁をナマズが吸い込んで浄化してくれる・・・そのために彼らがここにいます

そして、中央の壁面にいるのは「コイ」
DSCN0230.jpg
2匹のコイはカップルですね♪
ハートマークを描いています。
ここを訪れた家族には”憩い”を、そして恋人同士または夫婦には”縁結び”のパワーを与えるパワースポットとしてこの噴水広場が誕生したそうです。
そういえば、ナマズとモクズガニが吐いてる噴水はハートマークを描いているかのよう。。。
DSCN0231.jpg
市の観光パンフレットによりますと、夜になるとライトアップも行われるそうです。
また、「コイ」「ナマズ」「モクズガニ」の3体のモニュメントの中に7つのハートが隠されていて、それを全部見つけると恋の願いが叶うそうな。
失敗した、早く知ってれば・・・(笑)

3体のモニュメントは見た目も可愛いから、特別な願掛けはしなくても観てるだけで心が和みます
潮来あやめまつりに御来場された際、「嫁入り舟」を待つ間の時間潰しがてら噴水広場で遊んで行かれてみてはいかがでしょう?
カップルさんは愛の絆が強まり、シングルさんには素敵な出会いがあるかもしれませんよ(*^_^*)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

潮来あやめまつり2014<嫁入り舟がゆく>

潮来あやめまつり記事、第二弾であります。
何と言っても、このイベントの名物といえば・・・皆さん、お分かりですよね
DSCN0250.jpg
華やかな長持。いよいよですねえ
そして、向こう側には・・・
DSCN0252.jpg
キャ~、お嫁さんだあ~!!綺麗。。。
あやめまつりの名物行事、「嫁入り舟」がこれから挙行されます。この日の2組目。
記念すべき2014年第1号は見逃してしまいましたが、あやめまつり初日で嫁入り舟が見られるなんて素敵
これからこのあやめ園が、ヴァージンロードに変身するのですね^^
DSCN0249.jpg
あの太鼓橋から見れば、一部始終が見られるはず・・・そう思い、前回の記事に登場した太鼓橋を再び上がり、今回は高い場所からの見物をしました。
うんうん、思った通りよく見えるワ
DSCN0254.jpg
花嫁さんとそのご両親が園内に入る前にまず、「潮来花嫁さん」の碑の前で一礼。
そしてゆっくりと、あやめ園の中を進みます。
その様子をじっと見守る観光客たち。。。
DSCN0258.jpg

DSCN0257.jpg

DSCN0260.jpg

見物客から”おめでとう~!”と祝福の声を浴びつつ、舟乗り場にやってまいりました!
DSCN0266.jpg

船頭さんに手をひかれつつ、おそるおそる舟に乗る花嫁さんの様子が太鼓橋からよく見えます
やっぱりここで見物して良かった☆(笑)
DSCN0267.jpg
さあ、いよいよ船出の時がやってきました。

DSCN0271.jpg
いざ行かん!これから生涯を共に歩むパートナーの元へ
舟が進むたびに、遊歩道からは”おめでとう!!”の声が飛び交います。
DSCN0272.jpg
小さな女の子が声を振り絞って
”おめでとうございま~す!”と叫んでいる声がとても印象的でした。
DSCN0273.jpg
大勢の人達が祝福する中、舟は進み花婿さんの待つ埠頭まで少しずつ近づいていきます。
私も太鼓橋を降り、そちらへ移動
今度こそ、夫婦が揃ったところを見届けてやるんだ!(笑)
DSCN0274.jpg

DSCN0276.jpg

人混みをかき分けつつ潮来ホテル前の埠頭に到着!
婿殿はどこだあ~!!
あ、いた
DSCN0277.jpg
丁度良いタイミングでした☆嫁入り舟も到着しました。自分の妻となる人が乗る舟をじっと見守っています。
さあこれから新郎新婦が一緒になる瞬間!
DSCN0278.jpg
舟が固定されるのを確認した花婿さんが、花嫁さんが乗る舟に乗りこみまして・・・
DSCN0279.jpg

花嫁さんの手を引いて、舟から降りてきました
DSCN0280.jpg

あらためて、おめでとう~!!(≧▽≦)
DSCN0281.jpg
幸せの鐘ならぬ、”幸せをよぶ鍵”を2人で施錠します。
今日のこの時を忘れずに、末長くお幸せに。。。
DSCN0283.jpg

嫁入り舟を見届けた帰りに見かけた白いアヤメ。
妙に花嫁衣装に似ているような気がしてつい、パチリ☆
DSCN0285.jpg
1度きりの人生の中でも大きなイベントの一つともいえる”嫁入り”。
大勢の人達に祝福され、美しいアヤメの花が咲く中愛する人の元に嫁ぐことができるなんてこれ以上素敵なことがあるでしょうか・・・
そんな幸せに、憧れの想いを描いたりちょっぴりジェラシー感じてみたり(笑)
私もやっぱり、”女性”だった

今回は、潮来あやめまつりのメインイベントとも言える”嫁入り舟”の模様をクローズアップしてレポートさせていただきました(^-^)ゞ

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

潮来あやめまつり2014<初日の開花状況>

去る5月24日(土)より開催がスタートした、潮来市の恒例行事水郷潮来あやめまつりのレポートをさせていただきます
まず今回は、初日・5/24現在のあやめ園のあやめ開花状況など
DSCN0177.jpg
潮来花嫁さんの像。
”生花嫁さん”は次回の記事でね
さあ、これから園内の様子を観て行きましょう!
DSCN0182.jpg
藍の着物を来たあやめ大使のお姉さんたちが歓迎
私がここを訪れたのは3年前の6月、そう東日本大震災があった年です。
震災から3ヵ月も経たない状態でのあやめまつり開催、さすがに被災の爪痕はまだ残ったままで応急処置状態だったアヤメ園でしたが、それから3年。
DSCN0189.jpg
太鼓橋が巨大化していてびっくり!!
3年前に訪れた時はもう少し低かった気が。それにあの頃は立ち入り禁止でした。
今では堂々と上がれます。ですから上ります。
DSCN0184.jpg
立派になったね^^。

この太鼓橋よりあやめ園を一望できます。
DSCN0198.jpg
上から見ると開花状況は明らか!案の定全体のせいぜい10分の1程度で見頃はまだまだ先ですね^◇^;
でも3年訪れないうちに園内はかなり整備され、綺麗になりました
歩行しやすい道が出来、遊歩道が便利になりました!
DSCN0202.jpg
太鼓橋の途中には、展望台も設けられています。
DSCN0197.jpg

さあ、ぼちぼち降りて園内を歩いていきますか。
DSCN0191.jpg
潮来の伊太郎像。
園全体としては、お世辞にも見頃とはまだ呼べない状況
でも早咲きが楽しめます
DSCN0181.jpg

DSCN0180.jpg

DSCN0206.jpg

DSCN0209.jpg

DSCN0210.jpg
濃い紫、薄い紫、黄色に白・・・いづれも綺麗です^^
皆さんのお好みは?
DSCN0212.jpg

あやめと一緒に、こんな花も楽しめますよ
DSCN0216.jpg

DSCN0218.jpg
園内のあやめが満開となる頃には、紫陽花も見られるかもしれません
やがて園内のあやめもどんどん開花していくでしょう。
観に来られるなら、これからですよ
DSCN0204.jpg
”あやめちゃん”、おもてなし中

さあ、いよいよ次回の記事で”潮来花嫁さん”が登場いたします(^.^)/

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

竣工祭1週間前~復活!鹿島神宮大鳥居

潮来あやめまつりの記事の前ですが・・・
既に御存じの方が多いと思いますが、2011年の東日本大震災にて損壊の被害を受けた鹿島神宮の大鳥居が復活いたしました
DSCN0314.jpg
5月24日に訪れた際、大鳥居の周辺はまだ立ち入り禁止となっていました。
木製の鳥居です。
DSCN0315.jpg
大鳥居 身替りになり倒れしと 会ふ人ごとに 無事を喜ぶ
あれから3年・・・おかえりなさい!

平成26年6月の完成予定での修復工事、予定通りでしたね
大鳥居復活を祝う記念のイベント=鹿島神宮大鳥居竣工祭が震災から復興を遂げようとしている鹿嶋市の復興祭と合わせて来る6月1日に開催されます
DSCN0338.jpg
鹿嶋市のHP内でイベントスケジュール等が告知されていますので、よろしかったら→鹿島神宮大鳥居竣工祭・鹿嶋市復興祭
9:15より数組の団体さんによる”よさこい”やご当地アイドル”かしま未来りーな(かしまみこりーな)”のミニライブ、そして和太鼓の演奏が行われた後に11:00より竣工際(復興碑除幕・テープカット・くぐり初め)そして復興祭のセレモニー、その後郷土芸能が御披露目されるそうです。
DSCN0320.jpg
鹿嶋市をこよなく愛し、鹿島神宮をこよなく愛する方ならば行かなきゃ一生の損?!
なんてね

鳥居のすぐ脇、神宮の駐車場のそばにあった休憩所兼売店もリニューアルして綺麗になったようです
DSCN0317.jpg
ここを通りかかったのは、去年の節分祭以来。1年ちょっとの時間の間に変身しちゃいましたね~!
DSCN0316.jpg
閉店時間は早いようですけどね。神宮に到着した時間自体が少々、遅かったのですが本殿・奥宮を参拝して戻ってきた頃には営業終了していました。ちなみに16:00ちょい過ぎ位。
次回来た時にはソフトクリームでも食べるか(笑)
まずは本殿を参拝
DSCN0326.jpg
やはりここに来たからには大鳥居だけで満足せず、ちゃんとご挨拶していかなければ。
続いて奥宮。
DSCN0327.jpg
元々は本殿だったそうですが徳川秀忠公により新しい本殿が建築され、同時にこちらへ移動されたそうです。
何度見ても歴史的な趣があります
DSCN0329.jpg
ここからさらに奥へ行くと、以前当ブログでも書いていますが「要石」や「御手洗池」があるのですが今回は省略します。
「要石」の代わりに今回撮影したのは鹿公園そばにある『さざれ石』
DSCN0332.jpg
日本の国歌「君が代」の歌詞に登場する”さざれ石”です。
残念ながらウィキペディアで「さざれ石」を検索したところ、「日本各地のさざれ石」の項目でここ・鹿島神宮は挙げられていませんでしたが
DSCN0331.jpg
さざれ石の歴史はそのまま、神宮の歴史そのものと言っても良いのでしょうか。。。

それにしても参道は何度通っても癒されるな。。。
DSCN0330.jpg
鹿行地区最大、いや茨城県随一のパワースポットかもしれません。
帰り際、もう一度別な角度から本殿を撮影☆
DSCN0334.jpg

”パワースポット”鹿島神宮を守ってくれた大鳥居の御生還(?)を、来る6月1日にみんなでお祝いしようではありませんか
DSCN0354.jpg
限定販売の”鹿島神宮大鳥居キーホルダー”、1個1,200円。
神宮前の参道商店街内のお店で購入しました大奮発だけど、滅多にない記念ですから(笑)


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

水郷潮来あやめまつり、本日よりスタート!

今年も今日からスタート
IMG_201405242250527f4.jpg
第63回水郷潮来あやめまつりの季節が始まりました
IMG_20140524_112403.jpg
市内のあやめ園に咲くあやめも素敵だけど、何と言ってもメインはやはり「嫁入り舟」ですよね
白無垢の花嫁衣装を身にまとった花嫁さんが、船頭さんが手漕ぎするサッパ舟に揺られ、嫁入りをするあの光景・・・
やはり「潮来のあやめまつり」を訪れたからには1度でも観なくちゃね
DSCN0269.jpg
↑本日、撮りたてホヤホヤ(笑)
そう、私竹千代は初日早々行ってまいりました(^-^)ゞ
撮影した画像が大量で、まだブログ掲載用の編集が間に合っていませんので後日あらためてゆっくりと
今回の記事は、告知のみとさせていただきます

さすがに初日では園内のアヤメは見頃までまだまだ。見頃となるにはあと約2週間といったところでした。
DSCN0176.jpg
でも、思ってたよりもわりと開花していたような気が。ちなみに例年通りですと大体、6月中旬位ですね見頃は。
市のマスコット、あやめちゃんが遊びに来ていました。
DSCN0186.jpg
観客と記念撮影を楽しんだり、小さな子供達とゲームをして遊んでいました
彼女の来園は「あやめまつり」開催期間中の土日、10:30~と11:30~、午後は13:30~、14:30~の時間に登場し園内を巡回しています。あやめちゃんを見かけましたら温かく接してあげてくださいね

あやめまつりのチラシと一緒に手渡されたスケジュール表によると、名物「嫁入り舟」の運行はお祭り期間中(~6/29)までの毎週水曜日と土日ですね
IMG_0001_201405242310552c1.jpg
夜の嫁入り=「宵の嫁入り舟」(毎週土曜19:30~)、一度は観てみたいワ
さらに今回初の特別運航『天の川の嫁入り舟』という企画も行われるそうです
嫁入り舟が運航されるこの川=前川にLEDライトが散りばめられて文字通り、天の川のようになるんだとか。
これが行われるのは6月15日と22日、共に日曜日。いづれの日も19:30より運航されるそうです。
詳しい情報は、市のHPでご確認ください!→潮来市HP

”天の川”を渡っての嫁入りができる人、超・ラッキーですね(≧▽≦)!
DSCN0200.jpg
あやめ踊りや御囃子(潮来囃子)の演奏等、郷土芸能の御披露目もありますので、興味を持たれた方は是非期間中にお出かけくださいね
尚、アヤメ園より徒歩約10分程度離れた場所ですが「水郷まちかどギャラリー」にて「水郷作家展」が開催されていますので(5/21~6/25 10:00~15:00)、絵画に興味のある方たしなまれる方は合わせてご覧になられてみては?
IMG_0002_20140524233232f8a.jpg
緑色の建物が目印ね☆
DSCN0286.jpg
入館料は無料ですが、館内や作品の写真撮影は出来ません。
潮来や鹿嶋出身、もしくは縁ゆかりの画家の作品が展示されています。鹿行地区に生まれ育ち、または長年住んでいらっしゃる方には馴染みのある風景作品がほとんどですので親しみを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
DSCN0287.jpg
手作り感溢れる看板でしょ♪

では後ほどゆっくりと園内のアヤメや嫁入り舟、そして現地で初めて訪れたランチのお話を書かせていただきますので、今回はこれにて失礼いたします

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク<その5・最終回>

牛久観光アヤメ園に別れを告げ、ウォーキング再開
ついにラストスパートとなりました。
閑静な住宅街と小学校脇を通り、JR牛久駅前を目指します。
途中で見かけた道標の表記につい、注目。
DSCN0114.jpg
”国道”の古い表記に惹かれた私、ちなみに国道とは6号国道(別名:水戸街道)のことです。
脇に刻まれている”牛久村”の表記にさらに興味シンシン
DSCN0115.jpg
昭和29年に”牛久町”となりました。この2年前に国道6号が全線開通しています。
「牛久市」となったのは、意外にも遠い昔の話ではなく昭和61年のことです。

これまで歩いてきた森の中や田園風景の中と違い、緑が少なく太陽の光がじりじりと照りつけるアスファルト舗装された歩道を歩いていると、焼きつけるようでした汗ばみつつ歩いていると、正面にはよく見慣れた山・・・
DSCN0116.jpg
今度は富士山ではなく、筑波山です
牛久小学校脇の道路から、よく見えるのです。
DSCN0117.jpg
筑波山も歩く私達を応援してくれてるみたい・・・

途中、コンビニに立ち寄って水分補給をしたりJR牛久駅前で信号待ちをしている間、街頭に立っていたスタッフさんと立ち話をしたり・・・そうこうしているうちにとうとう、残り1km足らずとなりました!
さあ、あとひとふんばり
DSCN0118.jpg

シャトーカミヤ脇に設定された遊歩道を歩いて出発点の牛久市役所に戻ります。
遊歩道に植栽された木は”オオシマザクラ”だそうな。
桜が咲いてる時期はさぞ、綺麗だったことでしょう。。。
DSCN0119.jpg

途中、休憩できるベンチが設けられているのも優しいね☆
DSCN0121.jpg
ゴール地点300m手前でもスタッフさんがお疲れ様でした”と笑顔で迎えてくださいました。
この炎天下の中、最後の人が通過するまでじっと立って誘導されてるのも大変なんですよね
ウォーキングの場合はマイペースで歩く方が多いからマラソンの時よりも大変かもね
スタッフの皆さん本当にお疲れさまでした!
そして、歩行中の誘導ありがとうございました

はいついにゴール
DSCN0123.jpg
やった~!!\(^o^)/最後まで歩いたぞ~!!
今度は自分自身に拍手。お疲れ様私(笑)
FB_IMG_14003014641994678.jpg
何か一つのことを途中で諦めずに最後までやり抜く達成感・・・最高です
ゴールでは豚汁と地元で栽培された”うしく河童米”のおもてなしを受けました。
DSCN0124.jpg
達成感感じた後のご飯の味は格別!
そして、お土産には牛久産小麦”ゆめかおり”を使用したスイーツ、ピーチョコスコーンを。
IMG_20140520_190310.jpg
ココア味が効いてて美味いコンテスト入賞作品だとか。商品化が楽しみだな

ウォーキング大会に参加することにより、これまで見られなかった「牛久」を見ることができました
牛久、といえばJR牛久駅周辺と牛久沼、シャトーカミヤと稀勢の里しか知らなかった私が牛久を知る良い機会だったと思います。歩いたからこそ出会えた風景・・・牛久沼から見る富士山、小川芋銭の旧宅、河童の碑。。。そして何よりも水と緑豊かな田園風景。。。
DSCN0099.jpg

「名所や史跡を巡りたい」「温泉入りたい」「美味しいものを食べたい」「テーマパークで遊びたい」「ショッピングしたい」etc、観光の目的や楽しみ方に決まりはありません。
体を鍛えながら名所や自然に触れる・・・そんな楽しみ方もまた、良いものですな
また来年、参加しちゃおうかな

というわけで、「牛久健康ウォーク2014」の記事はこれにて終了です。
このブログで私と共に歩いてくださった方、最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました

 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク<その4>

健康ウォークもいよいよ後半、牛久沼の畔を歩き高台の森の中を歩いていきますと、大正~昭和初期を思わせる一軒家。
画家・小川芋銭<明治元年(1868)-昭和13年(1938)>の住い兼アトリエだったところです
なかなか来れない場所ですので、せっかくですから立ち寄っていくことにしました
DSCN0092.jpg
館内は撮影禁止となっている為、画像でのご紹介はできませんが純和風の室内の中には芋銭が生前愛用していた絵具や、自筆の書簡等が展示されています
彼は晩年の昭和12年にここに住み、創作活動を行い翌年13年に脳溢血で倒れてから亡くなるまでの間は療養のための居住となりました
DSCN0093.jpg
小川芋銭の生い立ちについて、牛久市の観光協会HPにて書かれている頁がありましたのでリンクさせていただきます。
詳しく知られたい方はご覧になられてみてください小川芋銭の生い立ち

新聞の連載漫画や挿絵等を描き、大正6年には横山大観の推挙を受け、日本美術院の同人となっています。
画家、というよりも今風の言葉で表現するとイラストレータのような感じだったかもしれません。
芋銭の代表作と言えば河童の絵で知られていますね
庭先には、”カッパ松”と呼ばれる松の木が植えられています。
DSCN0097.jpg
こちら↓が、悪さする河童を縛り付けたという松の木です
DSCN0098.jpg
牛久沼に伝わる、河童伝説はこれだったか
幼少期、そして人生で最も大切な時期を過ごした牛久。牛久という土地は芋銭にとってかけがえのない、そして決して切り離すことのできないものだったに違いありません。彼の残した河童の絵は、牛久をこよなく愛した証とも言えるのでしょうか。。。

雲魚亭からちょっと離れた場所に、”河童の碑”があります。
DSCN0102.jpg
この碑が建てられたのは芋銭の死後の昭和26年ですが、彼の生前の偉業を讃える為に友人であった池田龍一氏が中心となり、建立されたそうです。
ここで記念撮影をした後、お弁当を食べて休憩されてる方もいらっしゃいましたが私はもう歩きます

雑木林、水田のあぜ道を歩くこと約10分。
見えてきました赤い橋が
DSCN0105.jpg
三日月橋といいます。その橋のすぐそばに生涯学習センターがあり、そこでは冷たい麦茶のサービスがありました
まず喉を潤し、ついにお待ちかねのランチタ~イムっ!(笑)
さあどこで食べようか案の定、アヤメはまだまだですな。
DSCN0107.jpg
三日月橋のそば、生涯学習センターの向かいにある『観光アヤメ園』。ここでお弁当を食べることにしました。
2年前に1度、訪れています。その時の記事→牛久観光アヤメ園の記事2012.6.13
ここに河童!
DSCN0108.jpg

ここにも河童!
DSCN0110.jpg
可愛い、子供の河童像を目の前にしながらランチ&おやつの時間を過ごしました。
”スローフード”をモットーとしている牛久市というわけで、私もそれに習い今回はちゃんと手作り
どーでもよいですね、そんなことは(笑)

ランチを済ませ、ウォーキングを再開する前にちょっとだけ園内散策など。
先ほどもちらっと触れたように、見頃は程遠い状況ですがホンアヤメは既に咲き終わりのようでした
DSCN0112.jpg
アヤメ、花菖蒲の開花状況は、観光協会さんのHPで掲載されています牛久観光協会

”主役”はまだまだこれからですが、睡蓮の花が可憐に咲いていました
DSCN0109.jpg

DSCN0111.jpg

DSCN0113.jpg
歩行疲れもこれで癒されます。。。

さて栄養補給も完了し、目の保養もしたところでいよいよラストスパート
残すところあと4kmとなりましたここからゴールまでは、観光スポット的なものは特にありませんが頑張って歩きます

さあ、いよいよ次回で「牛久健康ウォーク」の記事も最終回です
皆さん、もう少しだけお付き合いくださいね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク<その3>

今から464年ほど前の1550年頃、岡見氏によって築城されその後、由良国繁が城主となりましたが関ヶ原の合戦から数年後に廃城となったお城=牛久城。
DSCN0069.jpg
廃城となったいきさつは不明ですが、由良国繁が城主となったのは豊臣秀吉の東国攻めにより開城となった時、秀吉の命によるものだというところから、天下分け目の戦=関ヶ原の戦いで豊臣方が敗者となった事と関係あるのかな、と自分なりに想像してみる私
いけないいけない^◇^;歴史のお話じゃなくて、ウォーキングのお話でした
その牛久城址を歩いていきます。前回の記事後半で触れたとおり、本丸も天守閣もありません。お城と呼べる遺構は残っていませんが、なんとなく土塁やお堀を思わせるものがありました
DSCN0075.jpg

城址、といっても正直あまり保存状態は良くないですね
DSCN0076.jpg
暫くこういった光景が続きます。やがて、これまで木々に遮られていた光が差し明るい場所に辿り着くと正面奥に見える牛久沼
DSCN0077.jpg

のどかですねえ、牛久沼
DSCN0079.jpg
で、ちょっと視界を右方向にずらしますと。。。
w(゜0゜)w!!
DSCN0080-1.jpg
皆さん、お分かりいただけましたでしょうか?
では、拡大!(※上記画像を等倍トリミングした上で縮小しました)
DSCN0080-2.jpg
そう、言うまでもないかな?まぎれもなくあの世界遺産の山富士山です。
なんと、この牛久城址は富士山のビュースポットだったんです
DSCN0078.jpg
牛久沼から富士山が見られるとは。。。ありがたや
少々、靄がかかっていますがこの日は晴天でしたからよく見えました
冬場だったらもっとはっきり見えたかな?
DSCN0083.jpg
牛久城址が見せてくれた”世界遺産の山”・・・埋蔵金にも勝る素敵な宝物です
良いものを見せてくれて、ありがとう!!

たっぷり富士山を満喫した後は、牛久沼を左手に眺めつつ水田ウォークとなりました
DSCN0084.jpg

遊歩道の向けられたこのルート、”かっぱの小径”と名付けられています。
DSCN0085.jpg
こののどかな田園風景の中、牛久沼からの風を浴びて歩いて行けるなんて車では絶対に味わえません。
いつもは常磐線の車窓から眺めている牛久沼、それがこんなに目の前に
DSCN0086.jpg

河童はいるかな~?(笑)
DSCN0087.jpg

マリンスポーツを楽しまれている人の姿もありますね
DSCN0088.jpg

晴天で風も爽やかでしたから、最高に気持ちいいでしょうね
DSCN0089.jpg
水辺のウォークは、心和みます。
でもあっという間に牛久沼とはお別れ、再び高台の山道に入っていきました。
DSCN0091.jpg
ここを上がりきった所に、牛久市出身の有名な画家が生前使用していたアトリエ「雲魚亭(うんぎょてい)」があります。
河童を描いた個性派画家・小川芋銭(おがわうせん)のアトリエです。そこを目指して歩きます。

ウォーキングもいよいよ、後半戦となりました
というわけで、また明日

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク<その2>

ここであらためまして、ウォーキングのルートなど
実際歩いたコースと微妙にズレがありますが、大体こんな感じでした。
黄緑のラインでマーキングした箇所です
IMG_1073b_20140520212727d3a.jpg
ちょっと見づらいかもしれませんが、ウォーキング記事は暫く続きますので、これを参考にしながら記事を閲覧くださっていただけたら幸いです。

正源寺→明治天皇行在所を後にし、続いて訪れたのは得月院という寺院です。
DSCN0046.jpg
開基は1596年だそうです。
ここにも”宝物”がありました
DSCN0047.jpg
河童の絵を描いた画家として知られている小川芋銭の御墓と、このお寺を開基した牛久城主・由良国繁の母である妙印尼の御墓、そして樹齢500年と言われる榧(かや)の木が。
DSCN0060.jpg
この大きな榧の木の脇を廻って行くと、小川芋銭の御墓はすぐそこにありました。
DSCN0056.jpg
正面に芋銭のお墓、そしてアングルが途切れてしまいましたが左脇に佇むのが妻・こうの御墓です。
この暫く後に芋銭の住まい兼アトリエとなっていた「雲魚亭(うんぎょてい)」を訪れることになりますので、彼に関するプロフィールはその時に書かせていただくとしましょう
芋銭とその一族の御墓の右横に並ぶように立っているのは、得月院五輪塔。
先に触れました、妙印尼の御墓です。
DSCN0057.jpg
正面、向かって中央にある立派な五輪塔ね
DSCN0059.jpg

順番が後になってしまいましたが、こちらが本堂。
DSCN0053.jpg
現在の建物は大正11年のものだそうです。台風や火災等で消失→改築を繰り返し現在に至っているそうです。
戦災や大震災の時は無事だったのかな?
牛久城の歴史は知らなくても、ゆっくりと散策すればこの寺院もなかなか観ごたえあるスポットです。
こちら↓、境内にあった”閻魔堂”という名の御堂。
DSCN0063.jpg

室内を覗きますと。。。
DSCN0062.jpg
閻魔様がこちらを睨んでいる表情よりも、マイカメラのフラッシュが飛び上がった方がびっくりした(笑)
閻魔様の右隣にいらっしゃるのが、三途の川で死者から衣を剥ぎ取ると言われている”奪衣婆(だつえば)”。
この二体の木造は共に市の指定文化財です。
なかなか観ることができないものを・・・ありがたや

この得月院も、牛久城の城内の一郭だったそうです。
さらに歩いていきますと、その牛久城の主郭部だった跡があるのですが今ではこの通り(・-・)
DSCN0068.jpg
手作り感たっぷりな案内板です^^
1623年に廃城となり、今では勿論城はなく跡形もありません
「つわものどもが夢の跡」の言葉が本当にふさわしい。
DSCN0070.jpg

DSCN0072.jpg
この牛久城址内も、ウォーキングコースなんです。
よって、歩いていきます。
DSCN0073.jpg

城跡だったところは森になっていて、かろうじてお堀や土塁があったんだな、と感じる程度。
ひっそりとした、ただの雑木林のけもの道・・・のようですが実はここにも”宝物”が秘められていたのです
DSCN0074.jpg
想像もしていなかった、素敵な宝物がこの森の奥に・・・
勿体ぶるわけではありませんがそのお話は、次回に
意地悪してすみませ~ん

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク<その1>

牛久市役所を出発し、修復工事中のシャトーカミヤ前を通過しJR牛久駅を越え、健康ウォークコースを歩いていきます。
常磐線の線路、国道を横切り細い住宅街を入っていき暫くすると第1の見学ポイント・正源寺(しょうげんじ)に到着。
ウォーキング開始から大体、30分経過したでしょうか。本日最初の散策です
DSCN0025.jpg
ウォーキングの受付の際、いただいた地図付きのパンフレットによると1592年の創建だとか。当時の牛久城主・由良国繁公が戦で命を落とした人達の菩提を弔う為に創建された曹洞宗のお寺だそうです。
DSCN0027.jpg
門の両脇に佇む仁王像が強インパクトだったりして。
DSCN0028.jpg

正門向かって右側の仁王様の脇にある御堂は、旧観音堂で創建当時からあった境内で一番古い建物だとか。
DSCN0026.jpg
七観音八薬師の一つとして創建されたという正源寺は、作家・故池波正太郎氏の代表作「鬼平犯科帳・雲竜剣」にも登場しているとか。
では、御参りしましょう
DSCN0034.jpg
綺麗で立派な本堂です。
DSCN0036.jpg
樹齢400年だという、栃の木もまた立派!!
おそらく皆さんも、このお寺を訪問されたとしたら門をくぐると必ず、最初に目につくかと思います
DSCN0032.jpg

DSCN0030.jpg
観音様の像の脇にあったこの石、ウォーキングの方々が廻していました。
DSCN0035.jpg
興味を持って見てみると、何やら経文のようなものが刻まれています。
DSCN0039.jpg
詳しい事は知らないけれど、御利益がありそうなので私も廻してみました(笑)
怪我も道に迷う事もなく無事にウォーキング完歩できますように。。。

ゆっくり散策すれば見応えのあるお寺のようですが、今回はウォーキング。
どんなにゆっくり歩いても、午後4時までには必ず出発点の牛久市役所に戻らなければなりません。
ここ1ヶ所であまり時間をとるわけにはいかず、歩行再開することにしました。
正源寺についての詳しいデータはこちらを→観音様のお寺-瑞雲山正源寺

牛久市内はこうした歴史ある寺院が点在しており、ウォーキングコースだけでもここの他にもう1ヶ所。
次回の記事では、その”もう一つのお寺”について書かせていただきますね
体を鍛えつつ、こうした歴史散策していくのも悪くない(*^-^*)!
途中で目にした、立派な石垣と門。
「明治天皇牛久行在所(あんざいしょ)」の碑が建っています。
DSCN0042.jpg
女化原という地で行われた、近衛砲兵大隊による大砲射的訓練視察の為に牛久を訪問された明治天皇がここに宿泊されたという記録が残っているそうです。
残念ながら内部見学は出来ません
DSCN0043.jpg
明治天皇と牛久、そして女化原での大砲射的訓練・・・そのいきさつを知りたいとキーワード検索をしたところ、詳しく説明されているサイトを見つけましたので、リンクさせていただきます→歴史で観る牛久沼 近・現代編「明治天皇女化行幸」の項目で触れられていました詳しい内容はここでは掲載をカットさせていただきますが、牛久行幸は明治17年の時だそうです。
私が知らない茨城県の歴史が、また一つ増えました

さあ、どんどん歩いて行きます
DSCN0044.jpg
「小川芋銭河童碑道」・・・来ましたねえといっても、河童碑のある場所まではまだまだ先ですが。

というわけで、続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク<行ってきます編>

5月17日(土)、第9回牛久健康ウォーク開催日。
この日は晴天で風も心地よく、最高のウォーキング日和
たくさんの人達が参加受付をされていました。
今回は参加者数が過去最高だとか。私のように初参加の方がかなりいらっしゃったようです。
DSCN0018.jpg
市内よりも市外、あるいは県外から参加の方が多くいらっしゃったのにびっくりてっきり、水戸から参加の自分が一番、遠いと思いきやそれ以上に遠い(牛久市から、という意味です)ひたちなか市や常陸太田市、高萩市etcからの参加者もいらっしゃってしかも皆さん、リピーターだというから凄い!

こちら↓歓迎のジャズ演奏。健康センター玄関前で行われていました
DSCN0019.jpg
バンド名、その名も「かっぱバンド」
開会セレモニー、準備運動後の”えい、えい、OH~!
そして、かっぱバンドさんによる演奏「365歩のマーチ」で出発!
なかなか素敵な演出牛久って素敵(笑)
・・・って、感動するのはまだ早いけど^◇^;
DSCN0021.jpg
先に22kmコースの人達が出発。
その後まもなく11kmコース参加の私達も。
DSCN0022.jpg
さあ、最後まで歩くゾ~ッ!!

ここでざっと紹介させていただきますと、今回私が歩くコースは11kmの「牛久沼かっぱの小径コース」というコースで牛久城址や牛久沼の畔を歩き、小川芋銭の居住した「雲魚亭」や河童の碑、観光アヤメ園を見物して帰ってくるというコースです。(地図は後ほどUPしますね^▽^;)
コース内に牛久市の観光スポットもコース内に取り入れられているのが魅力(*^_^*)たとえ健康や体力づくりだけでなく牛久市の名所巡りが出来るから楽しみ☆
短い距離といっても徒歩での11kmは決して楽な距離ではありませんが、楽しみながらマイペースで歩けばきっと、完歩できるはず・・・。

出発して間もなく、シャトーカミヤ前を通過。
開会セレモニーの挨拶の際、市長さんがおっしゃられていた通り建物は現在、復旧工事中でした
DSCN0023.jpg
時計台のあるあの建物はシートで覆われています。東日本大震災の時に損壊し、その修復工事が行われているのです。
完全復旧にはあと2年位かかるとか。
在りし日のシャトーカミヤ本館↓
IMG_0292_20140518225903882.jpg
尚、ショップやレストランは営業しているようです
詳しい情報はHPを→(http://www.ch-kamiya.jp/index.html

このシートが外され、再びあの高貴な本館に逢える日を楽しみにしています。
DSCN0024.jpg

さあ、先は長いです。牛久ウォーク11kmの旅レポート、いつもの如く数回にわたって連載形式で書かせていただきますがよろしかったらおつきあいの程、よろしくお願いいたします

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久市役所

久しぶりに長距離ウォークで汗をかき、身も心も充実した1日でした
そう前回の記事↓で触れました「牛久健康ウォーク2014」に参加してまいりました!
のどかな田園風景と牛久沼、そして緑いっぱいの小道そして歴史あるスポット・・・写真もたくさん撮りました。
書きたいお話もたくさんあり、まだそれらの整理が終わっていませんのでウォーキングに関しての記事は今しばらくお待ちください

さて、今回はウォーキングの集合場所となりました牛久市役所のお話を
といっても、市役所の何課がどうとかこういう課があるとか、今こういう問題が発生しているとか、そのようなお話ではありません、念の為
IMG_20140517_081602.jpg
両サイドの『稀勢の里』の幟につい反応(笑)

市役所の敷地内で、ちょっとした”癒しスポット”を発見した私。
正門から入り、市役所の建物を正面に見て右手の方向、下↓の画像では左側に写っていますが。
IMG_20140517_082142.jpg
青々と生い茂っている木は、ソメイヨシノだそうです。
桜が開花している時期はさぞ、綺麗だったことでしょう。
ウォーキングの受付を済ませ、出発前の開会セレモニーまで時間がたっぷりありましたので散策してみることにしました
IMG_20140517_082229.jpg
画像右奥のピンクの建物は、言うまでもありませんが市役所の庁舎です。
休む為のベンチも用意されています。お昼休みにここでお弁当を食べ、休憩したらさぞ癒されるでしょうね
午後の仕事もはかどりそうです
牛久市役所の職員が羨ましい!!(笑)
IMG_20140517_082425.jpg
で、よく見るとどうやらこの”癒し空間”には、桜だけでなくクロマツも植栽されてるようです。
桜と松、このコラボレーションは意外と他では見かけない!

今日のウォーキングで感じたことですが、ここ・牛久市は東京近距離圏にも関わらず水と木々の緑が豊かで四季折々の花にも恵まれ、”スロータウン”という言葉がふさわしい、やすらぎの街。
市のキャッチフレーズにもある「笑顔があふれ、やすらぎのあるまち うしく」の通り、自然とやすらぎの街・牛久市の市役所らしい、素敵な空間です
IMG_20140517_082531.jpg

IMG_20140517_083015.jpg
この後たっぷりと牛久の自然を、空気をたくさん吸わせていただきました
というわけで、次回よりウォーキング記事をゆっくりと書かせていただきます。
今夜はこれにてでは、ごきげんよう!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

牛久健康ウォーク、行ってきまぁす!

いきなり投稿画面が見やすくなってびっくりした!^◇^;
ということはどーでもいいですね(笑)

連休明け、自分の体重を量ってみようと久しぶりに体重計に載ったらなんと、3.5kgも増量してた
これではいかんと思い、今週土曜日にコレ参加してきます!
IMG_20140514_203527.jpg
牛久健康ウォーク2014
牛久市役所健康管理課主催の毎年恒例の行事で今回で9回目。詳しくはコチラを→牛久観光協会
私は初めての参加となります

牛久市内には、シャトーカミヤ(旧牛久シャトー)を含む市内の観光スポットや史跡を含むウォーキングコースがいくつか、設定されています。
IMG_1062_201405142306189e7.jpg

IMG_1073_20140514230636777.jpg
そんな中、今回のウォーキングで設定されてるコースは2通り。
牛久大仏や自然観察の森を経由する22kmの健脚コース「牛久大仏コース」と、牛久沼やあやめ園を巡る初心者向けの11kmコース「牛久沼かっぱの小径コース」。今回私は後者の『牛久沼かっぱの小径コース』に参加します!
IMG_0572_20140514231015150.jpg
遊歩道から牛久沼を眺め、牛久城址やかっぱの碑等を見物しながら歩くコースです。一昨年前、牛久あやめ園を訪れたことがありますが、車で入っていくには細く面倒な箇所だという印象を持ち、「かっぱの碑や自然豊かな緑を散策するには徒歩がいいかも!」と思っていましたので丁度良い機会
IMG_1073b.jpg

実は当初、長距離の牛久大仏コースを申し込みしていましたが、”土地勘も明るくないのにいきなり上級コースって・・・( ̄~ ̄;)”という不安が持ちあがり、ニュータウン街で迷子にでもなったら・・・という思いもあり(数年前龍ヶ崎市で参加した”駅からハイキング”の恐怖の体験が甦った)etc。。。
協議(?)した結果、多数決で”参加コース変更案”可決(笑)
IMG_1065_20140514232304bc3.jpg

当日は朝早い受付時間(8:30~9:00牛久市役所保健センラーにて)、その上駐車場は集合場所である牛久市役所から少々離れた場所の為、自宅をうんと早く出発しなければならないのが大変ですが、自身の健康の為・ブログ記事の為(?)頑張ります
参加者には”ご褒美”がついていて、無事に完歩出来たあかつきにはゴールの牛久市役所(保健センター)にて豚汁や牛久産のお菓子の試食もできるそうなこれは楽しみだ(笑)
IMG_20140510_081953.jpg
↑特典は両コース共通です。
帰りには”滋養の薬”も買ってこ♪
IMG_1059_20140514233033ede.jpg
シャトーカミヤで葡萄酒買えるね

・・・健康な体を作りにいくはずなのに・・・(・-・;)これじゃ意味がないね(笑)

事前申し込みは先日5/9で終了しましたが、当日受付も行われるそうですのでもしかしたら参加できる可能性があるかもしれません
興味を持たれた方、お問い合わせはコチラへ↓
牛久市役所健康管理課 Tel:029-873-2111
HP・・・牛久観光協会
PDFファイル(健康ウォークチラシ)→http://www.ushikukankou.com/images/bussanten/walking2014.pdf

新緑の候、水と緑に囲まれのどかな自然を感じながら牛久タウンを歩けるのを楽しみにしている私です
というわけで、週明けの記事をお楽しみに

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

那珂川の清流と大橋

そろそろ、ネタ切れになってきましたのでブログ更新も休み休みとさせていただきますが何卒、御了承くださいませ

道の駅かつらのすぐ後ろは那珂川の河川敷となっていますので、お買い物終了後ちょっぴりお散歩してみることにしました。画像奥の赤い橋は那珂川大橋といいます。
IMG_1647_201405132151211ad.jpg
日帰り温泉施設「四季彩館」へ向かう際には必ず、通過する橋です。
思えばこうして河川敷から眺めることなんてなかったっけ。
この機会に橋の袂まで接近してみることにしました
那珂川に沿って。。。
IMG_1648_20140513215418bab.jpg
流れは結構、早いです。
夏休みが始まると、この河川敷一帯は毎年キャンプやバーベキュー等でたくさんの人が訪れ川遊びを楽しまれる人もいらっしゃいます。
ですが危険が伴うのも事実この川で流され、不幸にも命を落とす方が残念ながら毎年必ずいらっしゃいます。
この川に限った話ではありませんがどうか皆さん、川で遊ぶ際にはくれぐれも充分注意されてくださいね
・・・少々、脱線致しました^▽^;
さあ、近づいてきました
IMG_1650_201405132201072f7.jpg
結構、年季が入ってます
それもそのはず、現在の橋は昭和24年に完成したものですから。
IMG_1651_2014051322540632b.jpg
ネットで調べたところ、橋そのものが初めて架けられたのは大正13年。その後那珂川の氾濫で何度も流失し、架けかえられた後に昭和24年の12月に完成したものが現在の那珂川大橋というわけだそうです
IMG_1652_20140513230200905.jpg
完成から早65年、年季も入るはずですね
画像向かって右側が歩行者・自転車専用、そして左側のアーチ付きの方が自動車専用となっています。
昭和24年の完成当時から既にこんなスタイルだったのか、それとも車社会の時代が到来と共に新たに追加建築されたのか、その点に関しましては不勉強で申し訳ありません
もしも当時、これから車の通行量が増える時代が来ることを見据えてこのような橋になっていたのでしたら先進的じゃありませんか

さて、そろそろ道の駅まで戻りましょう。
河川敷には菜の花が咲いていました
IMG_1654_20140513231200e10.jpg
一面に咲いてたわけではありません。ほんのわずかでした。
種がとこからか飛んできて根付いたのでしょうか。。。
IMG_1656_201405132314234aa.jpg
なんだか、和むねえ。。。

IMG_1657_20140513231535ee4.jpg
那珂川の上流は栃木県の那須、ひたちなか市の漁港の方まで流れ太平洋にそそぐ広大なこの川は県央地域に住む私達にとって大切な飲料水であり資源です。
確か先月のニュースだったでしょうか。那珂川の水の水位が下がりこのままだと県央地区は夏位に節水制限の心配があるとのことでしたあれから強い雨も降ってくれたけど果たしてどうしたものか。。

限りある資源を大切にしましょう!
川を汚さないようにしましょう!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

道の駅の手作りおまんじゅう~かつら御前

先日、日立市久慈浜にある日立おさかなセンターが、道の駅に登録決定し、県内第12番目の道の駅となったニュースが報じられていましたが、今回のお話は県内第1号となった道の駅のお話です
当ブログ、「城里町」カテゴリで少なくとも4回は登場している「道の駅かつら」。
思えばここも、開業当時はご当地(当時は桂村)の特産品直売所としての営業だったんです
map_20140510225553f0d.jpg

”道の駅”となってから去年の2013年で丁度、20年。
その節目となる年に、オリジナル銘菓が誕生いたしました
IMG_1645_2014051221275093f.jpg
先日の記事で登場しました皇都川。。。あの澄み切った水を使用して作られたおまんじゅう。
その名も”かつら御前”
勿論、レジ籠の中はこうなりました
IMG_1646_201405122145016d7.jpg
どら焼きも一緒(*^_^*)♪

定番の黒糖をはじめよもぎ、ごま、そして季節限定ではありますがさくらもあります。
それぞれ地元・城里町の特産、その上こしらえているのはプロの和菓子職人さんだそうです。
そして、昔ながらの製法=手作りに徹しているそうです。
IMG_20140426_180835.jpg
パンフレットによりますと、全くの手作業ですので1日に製造される数に限りがあるそうな
欲しい方はお急ぎください(笑)
IMG_20140426_180921.jpg
見て見て(≧▽≦)こしあんがこんなにた~ぷり☆
ちなみに、”さくら”まんじゅうです。あんを包む表面の皮にはさくらの塩漬けが練り込まれているようです。
桜の風味が広がって、お口の中は春爛漫
でもおそらく季節限定の販売です。次回お目にかかれるのは来年の春かなあ。。。
”よもぎ”もいいですよ
IMG_20140426_183119.jpg
よもぎの苦味と、中のあんの甘さが丁度バランスがイイ!!(≧▽≦)
ちなみにこちらはつぶあんでした。
IMG_20140426_183211.jpg
種類によりこしあん・つぶあんを巧みに分けています。
そういう点からも、職人さんの”こだわり”が感じられます
こちら↓はごま。
IMG_20140428_194317.jpg
あんにもごまが練りこまれていて、ごまの風味たっぷり!!
素材を活かす為に、それぞれの素材に合った作り方をしているところが素晴らしい

もう一品、おまんじゅうと一緒に購入したどら焼きは。。。
IMG_20140501_073752.jpg
”いちご”どら焼き。
いちご味のあんが入っているのです。
IMG_20140501_073934.jpg
なんと!いちごの粒のあの”ぷちぷち”感まで残されているの(≧y≦)
これはなかなか味わえない!!でもこの商品もおそらく季節限定でしょう。

季節毎にいろいろな味が楽しめるなんて面白い!次回訪れた時にはどんな味があるのか楽しみです
「道の駅かつら」が産んだ、手作りまんじゅう”かつら御前”。
城里町の銘菓としてこれからも道の駅で大いに販売して欲しい商品です

道の駅かつら
HP→http://www.m-katsura.com
茨城県東茨城郡城里町御前山37番地
営業時間
4~9月 9:00~18:00
10~3月 9:00~17:00
年中無休、但し年始休みあり


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

手作り料理とお酒「えん」

今日は母の日、というわけで母を連れて少々、贅沢なランチなど

水戸京成百貨店9Fにある和食レストランえんに立ち寄りました。
本店は東京池袋、新宿、渋谷地区を中心に点在する和食専門店ですが茨城県では水戸店だけ。
IMG_20140511_115556.jpg
純・和風な内装の落ち着いたレストラン。御座敷もあります。
私達親子が案内されたのは、千波湖周辺が一望できるテーブル席(≧▽≦)!
IMG_20140511_120508.jpg

さあ、何食べよう
IMG_20140511_195901.jpg
コースや御膳がメインの高級料亭なイメージですが、ランチもあります。
お魚かお肉、いづれかのメイン料理が選べる”本日のオススメランチ”の”お魚”メニューを母も私も選びました。

混んでたのか、少々待たされようやくお料理到着!
IMG_20140511_122639.jpg
お魚料理は、鯖の西京漬け。
それにご飯・味噌汁(赤だし味噌)と小鉢3品+漬物。

IMG_20140511_122648.jpg
西京漬けの味噌だれ、いい味!(≧y≦)
小鉢料理も美味しかったです家庭料理のように和む味
和食、最高!!(笑)

ランチ限定のデザートセットも+300円で付けちゃいました
IMG_20140511_124513.jpg
飲み物付き。
アイスコーヒーとお茶アイス三種盛り
お茶アイスはこのお店のオリジナル商品だそうです。
IMG_20140511_124519.jpg
メニューに説明は書かれていませんでしたが食べたところ、おそらく煎茶+紅茶+抹茶です。
美味しい和食の後に、純和風アイス・・・幸せだなあ。。。
市内のデパートレストランで、ちょっぴりセレブ気分♪たまにはいいもんだなあ(笑)
食べたメニューはランチメニューですけどね

通常のランチの他に、宴会や法事等のシーンに合わせたお料理も提供していただけるそうです。
広い御座敷もあり、大人数のグループでのご利用もできるそうですからご利用されてみてはいかがでしょう?

手作り料理とお酒「えん」
http://izakaya-en.com/index.php

水戸店ぐるなびページ
水戸店営業時間
11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
Tel:029-302-5096
茨城県水戸市泉町1-69-1水戸京成百貨店9F


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

皇都川を歩く

いきなりですが、こちら↓城里町の観光パンフレット。
IMG_20140510_201653.jpg
下の部分にある川べりの写真。周囲の木々と川の水がとても美しい。。。
この美しい光景は一体、城里町のどこ?
と、以前から気になっていました
今回ついに、その念願が叶うことになりました!
というわけで時間をGW前までぐっと、戻しまして
先日訪れた「静峰公園」を一旦、通過した際にそこを訪れてみたわけなのです

パンフレットの美しい川は、皇都川といいます。
map_20140510225553f0d.jpg
「道の駅かつら」の手前斜め左の細道を進んでいきます。
本来はハイキングコースですから、徒歩で歩いたほうが望ましいのでしょうが車両進入禁止の道路ではありませんのでおそるおそる車で入っていきました。
間もなく緑が生い茂る森の中に入って行きます(・-・)
IMG_1624_20140510230616397.jpg
見えてきました!これが皇都川ですね!

後続車がないのをいいことに途中、停車しつつ運転席からガードレール越しに撮影します。
雨が降らない日が続いていたせいか、川の水は少ないようです。
IMG_1626_2014051023075487c.jpg

この川の近くには奈良時代、女性天皇である考謙天皇と道鏡が住み、愛を育んだ所だと言われている御前山があります。
秋の紅葉が見事で、その風景は京都の嵐山によく似ていると言われ、”関東の嵐山”と言われています。
IMG_1629_20140510231525a21.jpg
さらに奥へ進んでいきます。
見てください川の水が澄んでますよ!
IMG_1630_201405102315434d5.jpg

IMG_1631_20140510232939f29.jpg

いいなあ。。。この風景(* ̄▽ ̄*)
IMG_1633_20140510232114078.jpg
秋の紅葉も楽しめるかもしれませんね、ここは

IMG_1634_201405102328483e4.jpg

有名観光スポットのように、大勢の人が毎日入れ替わりぞろぞろ足を踏み入れるスポットではありません。
知る人ぞ知る、山のハイキングコースですから普段訪れる人はあまりいないようです。
それゆえ、このような美しい自然が残されているのかもしれません
秘境=まさしくこの場所の為にある言葉でしょう。
IMG_1636_20140510232549159.jpg
夏の避暑には良いかもしれませんね♪但し、虫除け必需で(笑)
奥へ進んで行くと川の流れが結構、激しくなっていました。
IMG_1635_20140510232736d4d.jpg

ここら一帯の木は、御前山ケヤキだそうです。
IMG_1637_20140510233317b96.jpg

IMG_1638_2014051023342143d.jpg
有用広葉樹の生産を目的とし、明治17年に植栽されたそうです。ケヤキの人工林としては高齢で、全国的にも珍しいと説明が添えられています。
明治17年の人工林のケヤキ、貴重ですねえ。。。
やっぱりここは”秘境”です。

さあ、ぼちぼち戻りましょう。
IMG_1643_20140510233841ddc.jpg
ほんのわずかな時間、それも車を利用しての散策でしたがまるで探検隊にでもなった気分を味わうことができて楽しかった
「道の駅かつら」を起点とし、今回のルートを含むハイキングコースも設定されているようですから、機会あらばいづれチャレンジしてみましょう
IMG_20140510_203336.jpg
↑このチラシは道の駅かつらで手に入れることができますよ♪
興味のある方はチャレンジしてみませんか?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

キャノンからニコンへ

このGW中、ちょっと波乱(?)がありまして。
別冊ブログでも書いてる通り、ブログ記事収集にこれまでずっとお供をしてくれた愛用のコンデジがついに大往生を果たしました
北茨城市の御船祭観覧後、電源ボタンを押しても反応しなくなりました。御船祭の最中ではなく、動画もちゃんと撮れた後だったのがせめてもの救い、持ち主想いの機材でした
購入して約8年、今時の電化製品としては短い寿命ではなかったと思います。
今まで、ありがとうそして、お疲れ様!

さて、凹んでいる暇はありません。新たなパートナーを探さないとブログを続けることができませんので”予定外出費”とぼやきつつ、翌日は水戸駅南口のビッグカメラへ
機材無知ですので、どれがイイとか性能関係に関しては知識がゼロですのでお店の売上1位、そして店員さんのお薦めを選んでみました
それがコチラ↓
IMG_20140509_231951.jpg
ニコン COOLPIX(クールピクス)S9600
ちょっと奮発しちゃいました今度は落とさないように気をつけねば(・-・;)
購入した当日、撮影した画像です
(※いづれも画像は縮小しています。トリミングはしていません。)
DSCN0002.jpg
試し撮りがてら、自宅の庭の花でも撮ろうと思っていたら丁度、スカイマークが飛んでいましたので急いで振り向いてシャッターを切りました
遠距離でも以前よりはっきりと撮れます。
次に撮影したのは、わが愛車
DSCN0003.jpg
いつでもどこでも私を運んでくれる、大切な足
これからもよろしくね♪

新しく、性能もグレードアップしたカメラを使用するのですから写真撮影が失敗しても、もうカメラのせいにはできませんね(笑)
新パートナーと共に、これからも茨城巡りをしていきますよ
IMG_20140509_232248.jpg

中郷SA上り線

先日5/3に開催された常陸大津の御船祭、TVのニュースによれば13万人もの人が集まったとか
あらためて凄さを感じてしまいます。
道理で大津漁港の駐車場から出る際、物凄い渋滞だったはずだ帰りは国道に出るまでになんと、1時間もかかってしまいました
どうにかその渋滞を脱出し、来た時と同様に常磐道へ。
途中、中郷サービスエリア(以下、中郷SAと略記します)で休憩。
IMG_20140503_165755.jpg
当ブログでは、初めての「北茨城市」記事で登場しているエリアです。
その時の記事がコチラ→中郷SA(下り)2010.11.14
今回は上り線になります
下り線と同じく北茨城市出身の童謡の父・野口雨情先生にちなんだ公園があります。
IMG_20140503_165835.jpg

こんな案内まで
IMG_20140503_170054.jpg

「七つの子」の詩碑の上には・・・
IMG_20140503_165855.jpg

カラスがいるねえ(^w^)
IMG_20140503_165847.jpg
余談ですが、リアルカラスも1羽飛んできました!
そのすぐそばには、叩けば♪七つの子のメロディが鳴る鉄筋もあります。
家族でドライブに来ていた子どもたちが鳴らして遊んでいました
IMG_20140503_171721.jpg

コチラ↓は♪うさぎのダンス、のうさぎさん
IMG_20140503_171824.jpg

今頃の時期、公園内は新緑美しい庭園となっていて歩くだけでもリフレッシュ、出来そう!!
IMG_20140503_165950.jpg
ドライブ疲れも癒えそうですね。。。

お弁当を食べたり、飲み物で喉を潤すスペースも設けられていますのでお弁当持参でSAを訪れてもいいね♪
エリアの売店で買ったサンドイッチ等をここで食べることもできますね
IMG_20140503_171838.jpg
犬と子どものこの銅像は、何がテーマだろう?

野口雨情詩碑公園と反対方向では藤が満開でした
IMG_20140503_171547.jpg
藤も咲き、公園の新緑が美しくて・・・やっぱりこの時期が最高かもしれません

県南部の守谷SAが最新設備を搭載・完備した近未来型SAならば、こちらの中郷SAは自然の美しさを強調した、”癒し系・和み系”のSAということになるのでしょうね
どちらが良いのか、”こっちがイイ!!”という判断は私には出来ません。なぜならば両方ともそれなりの”良さ”を持っているからです。いづれも長距離するドライバーにとっては大事な休憩エリア。
これからもたくさんのドライバー達に愛されるエリアでいてもらいたいですね

中郷SAのショッピングスペースには、お隣の福島県をはじめとする東北の土産物が陳列されています。
買い忘れのお土産はコチラでね
IMG_20140503_170409.jpg
ここで私が買った品物は・・・
コレ↓
IMG_20140506_105929.jpg
浪江焼きそばでした!まだ食べていません。御味の方は食べた時に別冊ブログで書かせていただく予定
超・ささやかですが被災地支援させていただきました!
浪江町の復興を、心よりお祈りいたします

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

常陸大津の御船祭<3>

常陸大津の御船祭記事、今回で最終回です
さあ、いよいよ船が出ます。
御囃子の音が響き始め、船に乗り込む男達。
IMG_1816_20140506215627f6a.jpg

続いて神輿の巡回。
危ないですから後ろへ下がってください!”
会場内の警備と誘導をするお巡りさんの声が繰り返し、会場内で響きます。
IMG_1817_201405062159043ab.jpg
うぉっ!!潰されるぅ~!!(>_<)

会場内を巡回後この神輿は船に乗せられます。
男の人数人がかりでも、かなり重そう
IMG_1824_20140506220408347.jpg

無事に神輿が乗船されました
IMG_1828_20140506220827c48.jpg

そして・・・
”よいしょぉっ!!”の掛け声とともに船が
IMG_1838_20140506221049a92.jpg
船がドスン、と傾く度に観客席からのどよめきが湧きます。
何度も左右にドスン、ドスン、と揺れながらついに船が私の目の前に!!
IMG_1842_20140506221337c3d.jpg

それは、あっという間に進んで行きました!
IMG_1852_20140506221517171.jpg
船の方向へ進んで行こうとする観客達、それを制止するお巡りさん・・・と、会場内は騒然。
この繰り返しで船が商店街を渡航していきます。
船を揺らす人達も大変だけど、中で御囃子を演奏し続けている人達もきっと、疲れてるよね
何しろ、船が出航する前から演奏の手を休めていませんし。
IMG_1855_201405062217427cb.jpg

高いところから見物している人達の姿もありました。
IMG_1856_201405062221390a1.jpg
いいなあ、あの人達は混雑知らずで。
ここの商店街の人とお友達になれば、見せてもらるのかな?(笑)
あ!危ない!!
IMG_1857_20140506222625718.jpg
幟が電線に引っ掛かっちゃった!!でも大丈夫でした
電線もあるごく普通の商店街ですから、こんなハプニングもあるんですよね。

さあ、まだまだ行きます!
IMG_1858_20140506223041a5f.jpg

IMG_1859_20140506223121049.jpg
”よいしょ、よいしょ!”の掛け声とともに3回、4回・・・と船を左右に揺らし、勢いよく進んでいくと。。。

このように、↓白い砂煙が立ち上がります。
IMG_1860.jpg
船の下に井桁状態に組まれて敷いてある”ソロバン”(枕木)の上を滑っていきますので、その摩擦で立ちあがるのです。そこがまたこのお祭りの見所だそうで
IMG_1866_20140506223739ee8.jpg
↑船が去った後のソロバン。回収される前にパチリ☆

それにしてもさすがに”生”は違うなあ。。。
IMG_1862_20140506224810092.jpg
「事実は小説よりも奇なり」、「百聞は一見にしかず」といったところでしょうか。TVや動画サイトで見たり、他のブロガーさんの記事とかパンフレット等からその光景を想像するのとでは全然、違います。
混雑に泣かされ、自分の撮りたいショットを逃したりしたものの自分の目で見て確かめて、そして堪能できる機会に恵まれた事に感謝です。
IMG_1863_20140506224843783.jpg
この勢いで、きっと北茨城は見事に震災復興を果たしてくれるでしょう。。。
なぜかそう確信する私でありました

さて、御船祭の記事もこれにて千秋楽でございます。
最後に、僅かではありますが御船の渡航を動画撮影したものがありますのでこちらでお別れさせていただきます。
ご閲覧、誠にありがとうございました!
[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

常陸大津の御船祭<2>

漁港から標高約52mの位置に鎮座する、佐波波地祇神社。
石段を中程まで上がったところに鳥居が立ち、この鳥居からさらに200mほど上がったところに拝殿・本殿があります。
IMG_1754_20140505211018deb.jpg

ちなみに鳥居から後ろを振り返ってみると、こんな感じ↓
IMG_1753_201405052112205d7.jpg
漁港が見渡せ、いい眺めですねえ。。。( ̄▽ ̄)
でも目的の神社はこれ以上に高い場所。
さあ、自分の体力との戦いです(笑)
IMG_1758_2014050521162093d.jpg
港町の坂道は、やはり細くて急な坂になっているところが多くここ・大津も例外ではありませんでした。
にしても、キツいな(・-・;)
鳥居が見えた!もう少しだ頑張れ~っ!
IMG_1759_2014050521190230f.jpg
祈願祭を終えた後、この神社から神輿が出ます。その神輿が通る道もここなんですよ
重い神輿を担ぎ、こんなに狭くて急こう配の石段を・・・凄いでしょう

さあ、到着!鳥居の向こうで御囃子の音が聞こえてきました。
丁度、祈願祭は行われていたところです。
IMG_1760_201405052121526f8.jpg
御神輿を担ぐのを待つ人やお祭り関係者の人達、そして取材陣に撮影陣に観光客・・・と、既に満員御礼状態な境内は通行困難でしたがなんとか合間をぬって入り込む事が出来た私(笑)
こちら↓が、拝殿です。
IMG_1761_2014050521284581f.jpg
創建年は不明だそうですが現在の社殿は享保12年だとか。
「古来より海上守護の霊験あらたかである」との説明書きが添えられています。
IMG_1788_2014050521330230c.jpg
日本武尊が東国遠征の際、この沖で荒波に遭い彼の乗っていた船は逆波に漂っていました。
数日経ったある夜、夢枕に神様が現れ、
「吾は佐波波の神と申します。今、皇子の船を守護する為に参上いたしました。直ちに順風にしてみせましょうぞ」
と言った。夢が覚めるとその言葉通りになったので、幣(ぬさ=神に祈る為に捧げるもの)を奉り、佐波波の山を奉納したと言われています。
IMG_1779_20140505220621a20.jpg
その後も沖を通る船を守護し、逆風に遭って異国に漂っても大神の助けによって帰って来れた例があった為、この神社は”唐帰の宮”とも呼ばれました。ちなみにこの佐波波地祇神社の鎮座する場所は”大津唐帰山(おおつからかいさん)”というそうです。
古くより大津の港の海上安全を守護し続けてきた佐波波地祇神社は、大津港の大切な宝物であり、財宝と言っても大げさではないと思います

さて拝殿での祈願祭が終わったのか、氏子さん達が続々出て来られた後拝殿奥より、いよいよ神輿が曳き出されました
IMG_1763_20140505221048c3d.jpg

装飾も済んで、いよいよ神社を出発です
IMG_1768_20140505224932ab6.jpg

まずは神社の境内をぐるりと巡回。
IMG_1769_20140505225158e96.jpg

大勢の人混みの中ですから、こんな風になったりして
IMG_1774_20140505225351e04.jpg
うわ~!!、潰されるぅ~
まるで、”おしくらまんじゅう”状態・・・押されて泣くな!(笑)
この状態は後の”御船渡航”の時も味わうことになります^-^;
それはともかく、神輿は神社の鳥居をなんとかくぐりぬけ、石段を降りて行きました!
ここに来る時に私が上がって来た、あの急こう配で狭い石段を。
IMG_1776_20140505230216f08.jpg
いってらっしゃ~い!

さて、私も移動しなくちゃ!
ってゆーか、この混雑
暫く、降りられねえ~っ!(笑)
IMG_1790_20140505230937b77.jpg
どうやらこの道を降りて行くしかなさそうですので気長に降りて行くことにします。

先ほど、神社を出発した神輿は前回の記事で触れた御仮屋に設置され、出番を待つことになります。
IMG_1803_20140505232042544.jpg
無人となった神輿を、今のうちに撮影☆

IMG_1804_20140505232124b55.jpg

神輿と御船がある場所は、ほんの目と鼻の先程度離れた場所。
丁度この頃、御船をバックに記念撮影が行われていました
やる気満々の祭男達^^
IMG_1807_20140505232448484.jpg
彼らの手により、船が揺り動かされます。
みんな、カッコイイねえ。。。
IMG_1809_201405052326506ca.jpg

御船に神輿、そして男達・・・さあ、これで役者が揃った!!
いよいよ、次回の記事はクライマックスを迎えますよ(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

常陸大津の御船祭<1>

今朝の新聞に昨日5月3日に開催された「常陸大津の御船祭」の話題が写真付きで掲載されました
TVの全国放送でもその様子は報道されていましたので県外の方でもご覧になられた方、いらっしゃるのでは?
といったところでお待たせいたしました!画像縮小・編集、動画投稿の処理が終了しましたので”御船祭”記事をスタートさせていただきます。お祭り開始・祈願際そしてメインの御船渡航、と三部作(?)で書かせていただきますのでどうか、御付き合いいただけたら幸いです

常磐自動車道北茨城ICを降り、一般道を走っていると交差点にこのような道案内板があちこちに立てられていました。
IMG_1722_20140504224916f2e.jpg
これなら迷わず行けるね

大津漁港に愛車を駐車し、街中を歩いていると横断幕が!
IMG_1727_201405042302216c0.jpg
国選択無形民俗文化財に指定されているのね
既にこちらも販売開始↓
IMG_1729_20140504230408e18.jpg
この頃の時間、まだ朝の9:00ちょい過ぎ位でした。なのに既に買い物している人が
漁港の町はやっぱり、朝が早いねえ。。。

さあ、御船と対面しておかなくちゃ☆
交通規制図をここで広げます。
IMG_201405042308043ae.jpg
大津漁港から道路を渡り、直進したところに御仮屋が設けられ、その近くに今回のお祭りで使用される船が置いてあるはず。混雑して歩行困難にならない今のうちに拝見しておくことにしました。
途中ところどころに、この様な↓枕木風の木材が積まれています。
IMG_1730_20140504230700e7f.jpg

IMG_1731_20140504231238512.jpg
陸を渡航する船には欠かせない、”ソロバン”。これが道の上に井桁上に組まれ敷かれます。
こういったものを見ながら歩いているうち、あっという間に御対面☆
IMG_1732_20140504231537ede.jpg

おおっ!!確かに漁業資料館に展示されていたあの船だ
IMG_1734_20140504231708981.jpg
船の重さは約5トンだそうで。
この船を群がる観客達がいる中で船を曳き、このソロバンを並べる光景・・・想像しただけで大変さと危険さを感じてしまう
IMG_1735_20140504231935fc8.jpg
なんでそんな危険なことするの?伝統だからって
船は海に浮かべるものでしょ!海走らせりゃいいじゃん!
・・・という疑問が湧きませんか?これにはわけがちゃんとあるようです。
関連のサイトで調べたところによりますと、航路となった路上はかつては海だったんですって
当然、その時代は海の上を渡航していました。その後長い年月の間に地形が変わったり諸処の事情で現在の地形となったそうですが、昔ながらの伝統に基づき航路は変えずに昔のまま引き継がれているとか。
なんだか面白い
IMG_1736_20140504232914c00.jpg

今回のお祭りは、大震災後初の御船祭。
関係者の皆さんや地元の人達には特別な思い入れがあることでしょう。。。
絶対、無事に終えて欲しいですね!
IMG_1738_20140504233043287.jpg

IMG_1746_201405042333069d8.jpg
あと数時間で大勢の人達がこの船に。。。。。(≧≦)!!

さて、常陸大津の御船祭は大津漁港界隈に鎮座する”佐波波地祇神社”が中心だとか。
船の渡航まで時間はたっぷりありましたし、この神社にも足を運んでおきたいと思い、行ってみることにしました
船が置かれていたところから徒歩で大体、7分程度でしょうか。
参道の階段両脇に、大漁旗が飾られているところはさすが漁港!!
IMG_1748_20140504233716ccb.jpg

この石段をずっと上がって行くと拝殿があります。所要約5分位。
IMG_1749_20140504233937adb.jpg
では、頑張って上ります

というわけで、続きます!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

御船祭、行ってきました!

本日5月3日、北茨城市の大津港にて5年に1度の神事・常陸大津の御船祭が行われました!
この模様はTVのニュースでも報じられていましたので、御存じの方も多くいらっしゃることでしょう

私も本日は北茨城市大津へ遠征し、見物してまいりました!
まだ画像の整理を終えていません。お祭りの由来とか、このお祭りの中心である佐波波地祇(さわわちぎ)神社について等、詳しいお話はそれが終わり次第にさせていただくとしまして、今回は極めて大雑把に報告させていただきます。
覚悟を決めて臨んだとはいえ、会場は予想通りこんな状態↓でした
IMG_1814_2014050322232690e.jpg
こんなんで、果たして写真撮れるんけ~?!
と不安が
IMG_20140503_122619.jpg
歩道は立っているのがやっとのスペース、押し寄せる大勢の見物客に行く手を阻まれ八方ふさがり状態で泣きそうになりつつも生で見る御船祭はやっぱり凄い!本当に大迫力でした(≧▽≦)!
IMG_20140503_140843.jpg
正直な感想を申しますと・・・
「こんな無茶苦茶でしんどいお祭り、5年に1度で妥当だわ(>_<)!」
という半面、
「想像通りの迫力!見に来て良かった
の両方。この相反する気持ちは感想はどちらも本心です

さて、この日は街中”御船祭”一色といった感じで、漁港付近のお店には必ずポスターが貼り出されておりまして。。。
船の渡航路からちょっと離れている、大津漁港内の御土産品売り場の中にも。
IMG_20140503_152722.jpg
何せ今回のお祭り、通常の御船祭(?)とはわけが違う!
2011.3.11に発生した、あの忌まわしい大震災後初の御船祭なのですから
IMG_1725_201405032232592ae.jpg
誰もが願う、復興・・・。その祈願際でもあるわけですね!
漁協市場には、市のマスコットキャラクター”こうちゃん”(画像右)、と”あんちゃん”も遊びに来ていました!
IMG_20140503_150319.jpg
漁協市場内でもイベント☆
こうした”ゆるキャラ”達が遊びに来たり、市の特産品をはじめドリンクやスナック等の販売、そしてステージ演奏も行われて大賑わいでした
IMG_1723_20140503223851549.jpg
”よう・そろー”の看板が掛けられている建物、漁業歴史資料館です。
過去当ブログで御紹介させていただいたことのある施設ですが覚えていらっしゃるでしょうか・・・?
館内にこんな↓船が展示されていたところ。
IMG_1508_2014050322420448f.jpg
あの時私はてっきり、展示用のレプリカかと思っていましたが実は今回の御船祭に使用されている”実物”だったりします
というわけで、御船祭当日の今日は不在。
IMG_20140503_151801.jpg

通常の展示の際、船べりに取り付けられている人形達は・・?
ちゃんと、くつろいでいました(笑)
IMG_20140503_150846.jpg
休みの打ち上げでもしているように見えました(≧≦)
考えてみれば人形達が休めるのは5年に1度だもんね

では後日あらためて熱狂的な御船祭の模様をレポートさせていただきますね。
IMG_20140503_150427.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

そうざい男しゃく

明日からようやく連休に入ります(*^_^*)
そして明日5月3日は待ちに待った、北茨城市の『常陸大津の御船祭』!
興奮のあまり、今夜は眠れないかもしれません(笑)

さて、順番的には静峰公園の前なのですが。
那珂市⇔城里町を結ぶ県道61号沿い、信号機のある交差点角に”そうざい男しゃく”という名のお店があります。
map_20140501232459014.jpg
IMG_20140426_160013.jpg
インパクト強なお店の名前に惹かれ、寄り道していくことにしました。
店内に入ると、御惣菜や御弁当等が陳列されています。文字通り、御惣菜専門店のようです。
生鮮食料品あり作りたての揚げもの御惣菜とか。
IMG_20140426_204526.jpg
コロッケ 1ヶ75円
大きめにカットされたじゃがいもがゴロゴロと入って、とても美味しかったです(*^_^*)

冷凍食品も。おかずが決まらない時にイイナ、とこれも購入。
自家製ハンバーグ。一袋250円。
IMG_20140426_204309.jpg
自家製、というのが気になるね^^冷凍ものだから冷凍庫に入れておけば良いし。
で、食卓に並んだ姿がコチラ↓
IMG_20140430_192346.jpg
お肉たっぷり(≧▽≦)
あいにく、ソースは別売りでしたがお薦めはデミグラスかな

そして、一押し

IMG_20140426_204422.jpg
茨城産筍だって!
たけのこご飯の素。炊きたてご飯に混ぜるだけ♪
通常の水の分量で、普通に炊いて炊きあがったら混ぜて出来あがり
IMG_20140428_072705.jpg

そして、こうなる
IMG_20140428_072717_201405012339041f8.jpg
だし汁も具もたくさん入ってて、しかも手作りですから本格的です!
筍の皮をむくところからはじまる、あの面倒な手間一切無しで簡単に筍ごはんが食べられちゃう!!
便利な世の中になったものです

今年4月から消費税が増額になり、以前のように食材を買い込みたくても、あっという間に減る小銭、そしてお財布の中身。。。
スーパー等の買い物もままならなくなりました
そんな時勢に、リーズナブル料金で提供してくれる御惣菜専門店は本当に心強い味方であります

そうざい男しゃく(㈱池延)
茨城県常陸大宮市小場6467-1
HP→http://www.dan-syaku.com/

通販もありますので、よろしかったらご覧ください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

静峰公園の八重桜

県内最後の桜、那珂市の静峰ふるさと公園の八重桜もとうとう散り始めてしまったようです
去る4月26日に訪れた時は満開でした!
「日本さくら名所100選」にも選ばれている静峰ふるさと公園の八重桜が咲いてる様を、
つたない画像ではありますがよろしかったらご覧くださいませ
IMG_1664_20140501211553cb7.jpg
やっぱりあの時、引き返して良かった!
え?何のこと?ですって?
IMG_1665_2014050121201481a.jpg
常陸太田市の竜神大吊橋を訪れたあの日、水戸へ戻る前に何処行こうか・・・?
そうだ!静峰公園の八重桜が満開だっけ!

というわけで那珂市の静峰ふるさと公園目指して愛車を走らせたのですが、
入り口の凄まじい混み様
駐車場は有料・無料共に満車の為空車待ちをしている車が入り口付近500m前後渋滞
果たしていつまで待てば入れるのか分からない状態だった為、一旦断念しそのまま城里町方面へ移動。
「道の駅かつら」で買い物をしてそのまま帰るつもりでしたが、やはり物足りなさを感じ再び静峰公園に戻ってまいりました。
有料駐車場しか空いていませんでしたが、今度は待たずに入れました。
というわけで、探検(?)開始!
IMG_1663_20140501212912cd4.jpg
駐車場から見える八重桜も綺麗でした

遊具のある広場の様子。
IMG_1672_20140501213106383.jpg

公園内は丘陵となっていて、しかも広いので歩くだけでも良い足の運度となります。
八重桜が見頃な時期は目の保養も出来て、楽しみは2倍☆
IMG_1673_20140501213204043.jpg

この日はイベントデー。
中央に設置されたステージでは、よさこい踊りが行われていたところでした
IMG_1676_2014050121360153a.jpg

ステージイベントを見る人達の観覧席には芝桜の絨毯が
IMG_1681_201405012137388bf.jpg

メインゲートの方にも↓
IMG_1699_201405012118120f1.jpg
八重桜と芝桜がツーショットで楽しめるなんて素敵ね(≧▽≦)!

とにかく公園内が広いから、どこから廻ってよいか迷いそうです^0^;
IMG_1707_20140501214721c57.jpg

IMG_1713_20140501214836a58.jpg
ソメイヨシンや枝垂れ桜とはまた違ったタイプの八重桜も、なかなか良いものですね
今回は久々のデジブックも作成してみました
記事掲載済みの画像も含め、スライドショーにてお楽しみください☆
※音量御注意!
※携帯(スマホ除く)からの閲覧は出来ません



茨城県内の桜巡り記事、2014年版は今度こそ最後です。
ご閲覧ありがとうございました!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-