INDEX    RSS    ADMIN

8月はひたちなか市で逢いましょう♪

いよいよ8月、夏盛り!!
・・・と、言いたいところですがここのところ日本各地では大雨・豪雨等で悪天候続くところが多く、梅雨に逆戻りというか、梅雨時に降らなかった分の雨がまとめてきたというか・・・
なかなか、海水浴日和と呼べる日がなく、”ギラギラした真夏の太陽と青い空”みたいなイメージとはかけ離れている気がします

さて、8月は茨城県内あちこちで夏祭りだの花火大会だの盆踊りだのと、行事も多い月ですがその中でも特にひたちなか市が熱い
8月中にひたちなか市内で行われるメイン行事をピックアップしてみました
まずは、8/2(金),3(土),4(日)に国営ひたち海浜公園で開催される、ROCK IN JAPANフェスティバル2013が開催されるし。。。
DSC_1081.jpg
各日10:30~20:00(予定)
国内最大級の野外ロックフェスティバル。国内アーティスト達がひたちなか市に集う。。。

そして、ひたちなか海浜鉄道沿線内ではあのみなとメディアミュージアムも開催!
IMG_1683a_2013073122060388a.jpg
↑昔の写真で作成したキハ車両(去年の展示より)
ひたちなか海浜鉄道の車両や駅、沿線付近の施設等をアートにしてしまうプロジェクトが今年も開催されるそうです(8/11~31)今年は何が出るのかなあ。。。
見学の方々が参加できるワークショップも行われますので、興味を持たれた方は参加してみては?
みなとメディアミュージアム
12日には、那珂湊漁港にて海上花火大会も開催されます
19:00~20:30 荒天の場合は13日。
海上で打ち上げる”水上花火”は迫力満点!これは必見ですよ
[広告] VPS


そして、ぼちぼち宿題が気になる夏休み後半の24.25日には。。。
DSC_1082.jpg
第19回ひたちなか祭が開催されます(≧▽≦)!!
24日(土)は花火、そして翌日25日(日)がお祭り。
山車に御神輿にダンスに・・・そしてグルメが!!
DSC_1083.jpg
[広告] VPS


学生の皆さんは、この日までに宿題を済ませて。
社会人の皆さんは、この日までに臓器を整え健康管理をして(笑)
そして、主婦の皆さんはたまには家事を忘れて(笑)
是非、皆さんでお出かけしましょう!
第19回ひたちなか祭HP

その前に那珂湊地区では3,4日に伝統的なお祭り、湊八朔まつりも開催されます。
街中を練り歩く華麗な引き屋台や御囃子、ささら等。そして4日早朝6:00には御神輿を担いで男たちが海に入る「お浜入り」という行事も行われますので、早起きに自信のある方は是非
私は見たことないですけどね^◆^;

とにかく8月のひたちなか市は行事が多い!
ロックフェスタは今年もチケットが間にあわなくて観に行けないけれど、それ以外の行事のいづれかに私も出没する予定(見物人としてですよ、笑)
というわけで、8月はひたちなか市でお会いしましょう

でもその前に。。。
ひたちなか市の”夏”を一足早く、先日堪能してまいりました(笑)
DSC_1084.jpg
あいにくの悪天候だったけれど、ドリンクラリーは予定通り行われました。
ではぼちぼち次回から、そのレポートを書かせていただきますね☆

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

よう・そろー、北茨城!~漁業資料館と大津港

自転車で行く北茨城の旅、いよいよ最終スポットにやってまいりました!
スリリングな下り坂を越えると、間もなく眼にする大津港の埠頭。
港町を抜け、やってきたのは漁業歴史資料館「よう・そろー」
IMG_1502_20130729204111.jpg
ここに来たのは震災が来る前の2010年秋に開催された「大津港まつり」以来です。前回来た時には見られなかったもの=クレーン車や立ち入り禁止の柵がいくつも見られました。
そんな中、あったぁ~っ!!
IMG_1503_20130729204445.jpg
北茨城市漁業歴史資料館「よーそろ」
去る7月13日に、リニューアルオープン記念のイベントがここで開催されました!
この資料館もH23.3.11の大津波で被害を受け、ずっと閉館していたのです
2年数カ月ぶりにようやく、営業再開となりました
IMG_1504_20130729212413.jpg
あらためて営業再開、おめでとうございま~す!
リニューアルされた「よう・そろー」では、2人のキャラクターがお出迎えをしています(*^_^*)
左は観光ナビゲーターの”あんちゃん”、そしてその横は市のマスコットキャラクター!名前は募集中とのことです。
IMG_1505_20130729212714.jpg

入館料(一般大人300円)を支払い館内に入るとすぐ目前にど~んとたたずむ、市の伝統行事・常陸大津の御船祭の模型!これはリニューアル前と変わらなくて嬉しい
IMG_1506_20130729212934.jpg
綺麗な館内は、”これで本当に津波に遭ったの?”と眼を疑う程。復旧工事に携わった、地域の人達の頑張りぶりが充分、伝わってきます
御船祭を再現した模型とか、市で水揚げされる魚の資料展示、昔の漁具等の展示等はそのままですがリニューアルと同時に新コーナーも増設されていました!
IMG_1512_20130729213649.jpg
↑水族館のようなこのコーナーは、魚クイズのコーナー!遊びながら楽しく学ぶことができます(*^_^*)
このコーナーで魚博士になろう!

大津港の歴史を立体紙芝居で説明するコーナー。
IMG_1514_20130729213914.jpg
幕末の1824年(文政7年)、英国の捕鯨船員がこの大津の港に上陸して大騒ぎになりました。その事件がきっかけで以後、異国船打払い令が発せられたと言われています。

そして、最大の新コーナーは何と言ってもコチラ。
IMG_1509a.jpg
「3.11シアター」と名付けられた、震災関連のコーナーです。
津波発生時の港の様子がスクリーンで生々しく映し出されている他、震災発生から今までの写真による全記録がパネル展示されています。

大震災、そして大津波が発生したあの日のあの時刻に、北茨城市の人達はどこで何をしてどうしたのか・・・。そして、その後の避難生活から今日までどう生活していったのか・・・その声を生で聞けるコーナーも設置されていました。
IMG_1510_20130729215836.jpg
ヘッドフォンをかけ、画面をタッチして是非、地元の人達の声を御訊きになられてみてください。
河岸近くの旅館で、いつものように接客をしていたというおかみさん。
港で自分の漁船が流されてゆくのをただ、呆然と見届けるしかなかったという漁師さん。
歯医者さんで歯の治療中だったという方etc。。。
突然、目の前で起きた悪夢のような出来事に戸惑いながらも皆さん、必死で生きようとされたはず。
IMG_1509_20130729221116.jpg
※2つ上のスクリーン画像をトリミングしました!
来館されたあかつきには絶対、この展示コーナーに訪れられることを強くお勧めいたします

今なお、漁港では復旧作業を行っている様子が見られます。
2年を経過した今でも、「完全復興」という言葉はまだまだ遠いようです。
IMG_1518_20130729224243.jpg

2Fラウンジスペースです。ここから市場が一望できます。
IMG_1517_20130729224550.jpg

「ようそろ」という言葉の意味を調べてみました。検索した結果、

”ようそろ”とは航海用語で、船を直進させることを意味する操舵号令である。

と、解説されていました。
復興に向け、どんな困難に阻まれようとも決して立ち止り、後退することは許されない。。。
直進していくしかないのです。
IMG_1507_20130729225000.jpg

目指すは「復興」という名の安住の地。
復興目指して今、「北茨城市」という名の船は帆を上げて沖を出発したばかりです。
IMG_1508_20130729225606.jpg
よう・そろー!!北茨城

・・・なんだか、重い話になってしまいました^◆^;すみません
さて、館内見学を終えた私はこの後、市場の中にある松野屋さんでさつま揚げとちりめんじゃこを買い、大津港駅目指して自転車を走らせました。この時の時刻は15:30。「びすとれ」さんの営業終了時刻は16:00、さあ急げとばかりに全力疾走し、15分前にどうにか到着。
出発してから約4時間の自転車の旅も、無事に終えることができましたとさ

たった4時間だったけれど、充実した良い旅でした☆
坂道がきつい箇所が何ヶ所かあったけれど、今回の旅を体験してみて私的には北茨城市の沿岸地域を観光するには車よりも自転車だな、と思った位です
車じゃ通過してしまうような、広い景色がゆっくりと見られるし。

是非また、挑戦したいと思っています。
IMG_1521_20130729230023.jpg
あんちゃんと、大漁旗持ったアンコウちゃん(仮名)も待っていますって
次回訪れるのは、あんこう鍋の美味しい冬かなあ。。。(笑)
泊りたいお宿、入ってみたい温泉やグルメスポットがいくつもありました!
他、楽しみたい景色も。
IMG_1516_20130729230517.jpg
「よう・そろー」館内の3.11シアターの映像に映っていたうちの一人の方もおっしゃられていました。
「市外や県外から遊びに来てくれたり泊りに来てくれるのが、何よりの励みです。皆さん是非、北茨城市にどんどん来てください!」と。
は~い!絶対にまた行きますからね~!!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

生まれ変わった六角堂

自転車で行く、北茨城の旅。記事再開させていただきます
御食事処「浜庄」さんを出発し、五浦海岸目指して自転車を走らせていただきました。
海岸線を通って。。。
IMG_1473_20130728173558.jpg
砂浜のあちこちに工事用のポールが建てられているのが印象的でした
そういえば浜庄さんではクレーン車も見られたっけ。。
徐々に復旧しつつあると言っても、「復興」まではもう少々かかるのですね( ̄- ̄)

そして、辿り着きました!
茨城百景、五浦の地へ。
IMG_1501_20130728181541.jpg
震災前にも訪れていますが、やっぱり五浦に訪れたからには見て行かなくちゃならないでしょう。。。
五浦海岸のシンボル、六角堂を。
というわけで、入り口で自転車に留守番させて海岸へ降りて行くことにしました。
IMG_1483_20130728181842.jpg
五浦の海。この景色は震災前と変わらない。。。
ですが、震災前に訪れた時にはなかった「危険、立ち入り禁止」の立て看板とポールがところどころあるのを見るとあらためて、”あの震災は決して幻でも悪夢でもない、現実だったんだ”ということを感じさせられます
IMG_1484_20130728182320.jpg
六角堂についての案内板。震災前にもあったかどうか覚えていません^^;
六角堂に降りて行く途中の周囲の景観も、震災前と比べると見晴らしが良くなったような気が。
ま、いいか

東日本大震災の際、津波の被害を受け土台のみを残し流失してしまった六角堂・・・皆さんもTVで拝見されたことがあるのでは?
その翌年、管理先の茨城大学と北茨城市他数か所の団体が力を合わせ、六角堂を再建するにあたって復興基金を設立、その後海底調査から始まり1年をかけ大がかりな再建工事が行われ、津波の翌年となる平成24年に甦ったのです

さて、生まれ変わった六角堂は・・・と。
おお!震災前の姿と変わらぬ姿じゃないですか
IMG_1485_20130728182842.jpg
その姿を見ると、
「え?何の話かな?津波だって?」
と、かわされるんじゃないかという位に以前と変わりません。
IMG_1488_20130728194540.jpg

いや、”全く同じ”と言ったらウソになるかな正確には
入場券販売口のある入り口にあった、六角堂復興プロジェクトのパンフレットによりますと屋根の瓦や外壁の色は、震災前というよりも明治38年の創建当時のものだそうです
IMG_1489_20130728195148.jpg
室内の炉(中央にある穴)も、震災前の六角堂にはなかったもの。昭和38年に改修工事が行われた時には撤去されたそうですが、こちらも今回の復興の際に復元されました
震災前に訪れた時にはなかったもの、といえば六角堂室内には映画『天心』の1シーンと思われるパネル写真が置かれていたっけ。
IMG_1497_20130728195547.jpg
天心役の竹中直人さんの写真です。実在の天心もこうしてこの中で瞑想にふけっていたのでしょうか。。。

さて、この窓ガラスですがこれも明治38年創建当時のもの=当時の製法による再現しイギリスに特注したものだそうです
IMG_1494_20130728205306.jpg

この角度からの撮影は初めてだな
あえて下から。
IMG_1495_20130728205216.jpg

屋根のてっぺんについた玉のようなもの=宝珠は、破片を元に3Dスキャンで復元し中心部には海底調査が行われた際に発見された六角柱の水晶が取り付けられました。
IMG_1498_20130728205626.jpg
そう。この六角堂を復元するために4度にわたる海底調査が行われ、瓦礫と化した六角堂の破片一つ一つが貴重な資料となったわけです。加えて古い文献等を元に岡倉天心が建てた当時のままの六角堂が甦りました

津波さえ来なければ、この六角堂は北茨城市が誇る登録有形文化財(平成15年登録)だった六角堂。でも東日本大震災の津波で流失した為、その認定は残念ながら抹消されてしまいました
IMG_1492_20130728210527.jpg
たとえ文化財としての認定は取り消されても、新たに生まれ変わった六角堂はその復活を心待ちにしていた市民や観光客に末長く愛されるものになることを私は願います
五浦海岸の美しい景観とともに。。。
かつて岡倉天心がこの海岸を愛し、ここを活動の拠点とし自らの終生の地に選んだように。。。
IMG_1491_20130728212004.jpg
六角堂から正面に見える石灯籠。新しく建てられたのかな?

森の中の古民家=天心邸↓天心が住い兼書斎として使用していた建物です。
IMG_1499_20130728212256.jpg
天心が訪れた時には既に荒廃した空き屋となって放置されていたそうです。古い料亭(観浦楼(かんぽろう))だったそうですが、その料亭の古材を利用して建築されたのがこの建物なんだそうな。
この建物の縁側にて映画のPRをしています
IMG_1500_20130728212842.jpg
岡倉天心の生誕150年、没年100年を記念して、かつ北茨城市復興祈願の意味で作成された映画『天心』。
岡倉天心の生涯を描く物語だと思いますが果たしてどんな内容になったことか。
公開日は未定ということですが、なんだか楽しみです
映画『天心』公式サイト

五浦海岸を後にしまして、目指すは最後のスポット、大津漁港
長らく引きずりました北茨城自転車の旅記事も、次回で最終回とさせていただきます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

大津港スイーツ☆

先日の記事で予告させていただきました通り、夕方よりひたちなか市で開催される第18回ひたちなかドリンクラリーへお出かけの為、本日は早い時間に書かせていただきます
午前中にUPさせていただく予定でしたが雷が激しかったため、中止させていただきました!その上時間もあまりありませんので本来は自転車の旅の続きを書かせていただくところ、変更して簡単にまとめられるものを^◆^;
スイーツのお話です。

大津港駅前の観光案内所「びすとれ」さんで見つけた2つのお菓子。
一品目はコレ↓
IMG_1422_20130727151601.jpg
生クリーム大福
国道6号平潟港入り口手前にある御土産品売り場「てんごころ」さんというところで発売されていますが、びすとれさんでもばら売りされていたのでサイクリング時のおやつがてら買ってみました
IMG_1423_20130727151600.jpg
豆大福にあんこと生クリームが入って、甘くて美味し~(≧y≦)!!
冷やしておくと尚、美味しい
私が買ったのは海塩味(←私的には一番オススメ)でしたが他のも美味しそうなので見つけられましたら是非、御賞味を

続いての2品目はコレです
IMG_1529_20130727151633.jpg
天心どらやき
天心、という名前は言うまでもなく、北茨城市に縁あった美術家・岡倉天心からきています。
”○○どらやき”とか、”●●まんじゅう”etc、ご当地のお菓子にその土地に縁のあった人の名前をつけるのはよくある話ですが。。。
このどら焼きは少々、御洒落♪
IMG_1524_20130727151558.jpg

コーヒーの味です開封と同時にコーヒーの凝りがぷ~ん
IMG_1528_20130727151634.jpg
あんこを包んでいるスポンジの部分にコーヒーが練りこまれています。
そして中身はあんこの他にマーガリンが練りこまれているんです(*^_^*)
IMG_1527_20130727151555.jpg
コーヒー味の蒸しケーキのような風味です。甘くてどことなくほろ苦くて、美味しい!(*≧▽≦*)
和菓子、というよりは洋菓子のような味!
ハイカラさんだったと言われている岡倉天心のイメージにふさわしいかもしれません

でもやっぱりこれには日本茶が合うかな
IMG_1525_20130727151557.jpg
「和」と「洋」がベストマッチなこのどら焼きなど、他ではなかなか食べられないかもね

天心どら焼きは、北茨城市平潟町の風月堂菓子舗(Tel:0293-46-0612)さんというお店で製造・販売されていますが大津港駅前ではバラ売り、もしかすると天心五浦美術館でも購入できるかもしれません
北茨城観光の御土産に、いかがですか?

岡倉天心が活動の地として選び、終生愛した土地のスイーツのお話でした!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

おら、ウニが食いてぇ!日帰り温泉と北茨城グルメ

自転車で行く北茨城の旅の記事、再開いたします(*^_^*)ゞ

港町の界隈は、坂道が実に多くて自転車で通るのは結構、しんどいものがありました(>_<)
つい出る汗と息切れ。。。そして空腹!!
そんな中見つけた、一軒の御宿
IMG_1464_20130726212359.jpg
魚の宿まるみつ
旅館ですが日帰りでお風呂も楽しめます(*^_^*)
もしかしたらお食事も?と思って玄関をくぐり、問いかけたところ残念ながらお食事は予約のみの受付なんだって
せめてお風呂を御借りしていくことにしました
日帰り入浴は11:00~21:00(日帰りの受付にしては時間長いね)、入浴料は300円(タオル代込み)。でもこの日はたまたま15:00まででしたが立ち寄りならこれでも充分

4Fにある海藻たっぷりの露天風呂に入ることができました(*≧▽≦*)
パンフレット写真で失礼いたします^^
DSC_1078.jpg
檜の浴槽1つと洗い場が3つ。お風呂にちゃぷ~んと入ると肌がつるるん
汗たっぷりかいてたから気持ちイイッ!!
疲れもとれ、良いリフレッシュになりました

ほんの立ち寄り客に対しても温かいおもてなし。。。従業員の方もとても感じ良かったし次回来る時は泊りで来ようパンフレットを見たところ、今回お借りした海藻露天風呂も含め旅館内に3種類もの個性的なお風呂があって、旅館にいながら湯めぐりが出来ちゃうんだって
ますます、興味深い!!絶対、泊りに来なくちゃ!!(≧▽≦)
館内写真は撮影しておりませんので、興味を持たれた方はHPをご覧ください→http://www.marumitsu-net.com/index.htm

お風呂でさっぱりしたところで、再び自転車の旅再開です。
まるみつさんのそばのトンネルをくぐるとすぐに目に付きました「浜庄」さんの看板。
IMG_1469_20130726215517.jpg
”御食事処”って書いてあるワ
私のお腹が「ここにしよーよ!」と言いましたので(アホか)、浜庄さんの暖簾をくぐることにしました。
時間は13:00を少々過ぎたあたり。ランチタイムは過ぎていたためかお客さんは私1人のようでした。
メニューを眺め、ちょっと迷った末に
「じゃあ、おらウニ!」(←朝ドラ効果、恐るべし!笑)
とはさすがに言わなかったけれど、うに丼定食(2000円)にしました!
かなり贅沢ですが、滅多に来れないところだからこのくらい、たまにはいいですよね

北茨城市、といえば”あんこう”が有名ですが、ウニも特産物なんですって!
以前、高萩でイベントが行われた時に北茨城市ブースで食べた”うにの貝焼き”の味が忘れられなくて・・・
はい!こちらが「うに丼定食」であります
IMG_1467_20130726215826.jpg
朝ドラ「あまちゃん」じゃないけれど、この豪華メニューに思わず”じぇじぇじぇ!!”
うに丼だけでも贅沢なのに、すげ=っ!!
カツオの煮魚と、海藻&豆腐の御吸い物。あえ物2品にデザートがすいか
付け合わせがまた豪華だね!
で、うに丼もなかなか凄い!!
IMG_1465_20130726220620.jpg
見た目で”じぇじぇ!”そして食べて”じぇじぇじぇ!!”(笑)
真ん中を彩っているのは、真鯛の刺身です。これもまた美味くて(≧y≦)
これで2000円は安いと思う

北三陸のウニの味ほどではないかもしれませんが(っつーか、私食べたことないし^◆^;)、北茨城市のウニも美味しいですよ☆
それにしても、温泉入ってグルメを満喫して。。。
なんとも贅沢な自転車の旅になったものです我ながら(笑)
IMG_1470_20130726221554.jpg
浜庄さんの駐車場。真正面は海です。
当然、2011.3.11はこのお店も津波の被害を受けられました
お店を再開するのにさぞ、苦労されたことでしょう。。。
今更ながら、営業再開おめでとうございます
IMG_1468_20130726221934.jpg

浜庄さんのHP→http://www.hamasyo.jp/
DSC_1077.jpg
↑せっかく来てくださったのに、という思いからでしょうか?先に立ち寄った「まるみつ」さんでいただいた御食事処の案内図です。こういった気配りはありがたいですね

お腹を満たしたところで、自転車の旅再開です
海を眺めながら。。。
IMG_1478_20130726222620.jpg
右上にちらりと見えるのは、天心五浦美術館であります。今回は立ち寄りませんでしたが。
その途中の海岸など、撮ってみたりして。
IMG_1480_20130726222748.jpg
海はやっぱり、いいねえ。。。

さあ、次のスポットへGO!

いつもありがとございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

ひたちなかドリンクラリー、開催されます!

北茨城市記事の途中ですが。。。

来る7月27日(土)、ひたちなか市の勝田駅前商店街にて18:00より
第18回ひたちなかドリンクラリーが開催されます(≧▽≦)
DSC_1034.jpg
詳しい情報はコチラでhttp://drink-rally.com/
駅前の表町商店街という界隈の中にある数店舗の飲食店が協賛し、A~Fブロックに分かれてお酒やフードメニュー等を提供しています。参加者は各ブロック毎1店舗を訪問し、スタンプをもらって次のお店へと”はしご”していくのですちなみにチケット制となっています(当日一人4,000円)
全部で6店舗分スタンプを集めると、抽選で何か素敵なプレゼントがもらえるらしい。。。(*^^*)
DSC_0449.jpg
飲んで楽しんで・・・とにかく楽しい夜になりそうです!
「日頃のストレスを発散させたい!嫌なことは忘れたい!
「一人の夜は寂しい!でも友達はみんな予定入っててご一緒してくれる人がいない
「とにかく仲間と一緒に弾けたい!!」
etc、理由は何でも良いのです。
せっかくのサマーナイト、しかもサタデーナイト!!自宅で引きこもるなんて勿体無い!!
そう思われる方はいかが?
気にはなってたけど、なかなか訪れる機会ないなあ。。。と思っていた”あのお店”に足を踏み入れるチャンスかもしれませんよ☆
または、お気に入りのお店を発見できるかもしれません
DSC_0445.jpg

今回は私も参加しますからね
実は、あることがきっかけで”是非、訪れてみたい!”と思ったお店があるのです。
今年のドリンクラリー参加の地をひたちなか市に決定した理由も、そのお店に立ち寄りたいと思ったから
そのお店は絶対、訪れるつもりです。
DSC_0444.jpg
↑この画像で、どこのお店か分かった方は素晴らしい
ちなみに画像のお店も今回のドリンクラリー協賛店となっています
そのお店の名前と、訪れたいと思ったきっかけは後日レポートで書かせていただきますね
というわけで、今度の土曜日に行ってまいります(^^)ゞ

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

平潟港にやってきました!<後編>

茨城県最北の漁港、平潟港。
この漁港には神社がありました
IMG_1431_20130723222302.jpg
漁港に神社?とはじめは思ったけれど、漁業の町ですから海上の安全と漁師の無事を祈願することを思えば決して不自然なことはないでしょう
せっかくですから私もこの階段を上り、旅の無事を祈願していくことにします

階段を上って2つ目の鳥居をくぐったその先には、古びた拝殿が見えました。
IMG_1434_20130724202153.jpg

「八幡宮」と書かれているようです漁港の八幡さまですね☆
IMG_1435_20130724202718.jpg
二度と大地震・大津波が発生しませんように。。。
そして、安全で楽しい旅が出来ますように・・・・


拝殿の横には、樹齢300年とされる大きな杉の木がありました!
IMG_1437.jpg
この神社について調べようとしましたが、残念ながら市のHPを見ても書籍を調べてもウィキペディアで”平潟港”を検索しても、この神社=八幡神社について触れているものはありませんでした創建や由来等は不明ですので、詳しい説明はここでは辞退させていただきます
でも結構、古い時代から存在する神社のよう。何と言っても緑が多く、静かでどことなく神秘的な雰囲気を漂わせるこのスポットは、パワースポットと呼べるかもしれません
IMG_1440_20130724203748.jpg

拝殿の裏側に廻ると、これまた不思議な物が。。。
洞窟のような箇所に空いた穴の中には、いくつかの祠と彫り物が置かれていました。
IMG_1443_20130724203955.jpg
何か意味があるのでしょうか。。。
こちらには恵比寿様、大黒様の石像。
IMG_1442_20130724204123.jpg

そしてこちらは、なぜか木彫りの虎
IMG_1441_20130724204314.jpg
ますます、不思議だ。。。。。

謎を秘めている八幡神社ですが、高台に位置するこの境内からの眺めがいいんですわこれが
IMG_1444_20130724210309.jpg

平潟港が一望出来ちゃうんです(≧≦)いいね~!
IMG_1447.jpg

漁協市場も見降ろせますよ
IMG_1445_20130724210537.jpg
神社の由来は知らなくても、上がってみる価値は充分だと思います(*^_^*)
茨城百景にも指定されている、平潟港が一望できちゃうんですもん☆

さて、せっかく展望を楽しんでいるそばで藪蚊がうるさいからそろそろ降りなければ
というわけで、今度は下から。
漁協の建物の道路を挟んだ正面にもまた、緑の木々が生い茂った岩がありました。
IMG_1451_20130724211912.jpg
岩と岩の間より、ザザアッっと絶えず聞こえる波の音
でも防波堤に遮られて海までは見えず
IMG_1449_20130724212428.jpg
2年前の3月11日の時は、ここも波が飛び越えてきたのかな。。。

さあ、そろそろ出発しなくては
八幡神社の反対側の位置には薬師堂(写真右、白い屋根の建物)が建っています。
神社と寺院が丁度向かい合わせというのも面白いね
IMG_1460_20130724213318.jpg

そろそろ、お腹も空いてきた頃ですしまだ先があります。
というわけで、港町を走り抜け海岸沿いを再び走る私でした!
IMG_1448_20130724213926.jpg
↑今回お借りしたレンタサイクルくん。わずかな時間だけどお世話になります

そうそう、余談ですがここ・平潟の港周辺には老舗の旅館があちこち並んでいるんですよ
お風呂は勿論、天然温泉
お料理はやっぱり郷土料理のあんこう鍋をはじめ、魚料理を中心としたお店が点在!
IMG_1428_20130724214643.jpg

IMG_1459_20130724214701.jpg
勿論、この漁港のそばだけでもいくつかありましたがあえて私は別な場所で

では、北茨城市~大津・平潟の旅、続きます

いつもありがとうございました!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

平潟港にやってきました!<前編>

大津港駅前の『びすとれ』さんでレンタサイクルを借りた際、案内の方が薦めてくださったのは平潟港というところ。茨城県最北の地・平潟町にある漁港です。
DSC_1076.jpg
ちょこっと足出せば福島県
大津港を訪れる目的があった上、私の中ではかなり遠いイメージだった為、”自転車で向かって日帰り出来るのかな・・?”と不安でしたが考えてみたらそれは水戸から見た話^▽^;
駅を出発し、国道6号に出れば全然遠くない距離でした!
IMG_1424.jpg
大津港も訪れたい旨を案内の方に伝えたところ、平潟港を廻っても自転車で充分、PM4:00位には戻ってこれるコースらしいので(ちなみに出発したのは11:00頃)その言葉を信じ、行ってみることにしたのです

国道6道線『平潟港入口』と書かれた信号を右折すると、漁業の街にふさわしく細くてレトロな雰囲気の界隈です。そんな風景の中、下り坂をどこまでも降りて行くと間もなく海。。。
IMG_1425_20130723213843.jpg
平潟港に到着です(≧▽≦)
年季の入った、バス停ポールと。。。
IMG_1426_20130723214322.jpg
津波の影響?

平潟港の碑。
IMG_1427_20130723214519.jpg

その奥には何艘もの漁船が見えて、なんとも港町らしい風景が広がります。
IMG_1454_20130723215710.jpg

IMG_1432.jpg
こうして漁業の用具が置かれていると、”港”って感じ!(*^_^*)
・・・って何言ってんだか(笑)

IMG_1430_20130723214742.jpg
埠頭の冠水している個所は、津波被害の影響?
こんなのもあちこち、目に留まりました。

そう。H23.3.11のあの東日本大震災の際、福島県に近いこの平潟港もかなりの被害を被ったはずです。
あれから丸二年を経ても、爪痕は多少なりとも残っているようでした
今なお、立ち入り禁止の場所がいくつも見られました。
IMG_1455_20130723215007.jpg

IMG_1429_20130723214641.jpg

IMG_1453_20130723215319.jpg
修復中みたいですね( ̄- ̄)
同じ県内でも、北茨城市の震災被害は相当ひどかったですからね。。。
でも一番のダメージは、震災によるこうした損壊よりも船の燃料不足やその後発生する放射能の問題で漁にも出られず、魚も売れず・・・という思いをしたことでしょうね
IMG_1463_20130723220333.jpg
土台のみを残した、元住居と思われる場所。港からちょっと離れたところにはこのようなものも見られました。
震災前の状況に戻るにはまだまだ解決すべき問題も残っていることでしょうね

このアンコウの石像↓最近建てられたような感じ。
IMG_1458_20130723220612.jpg
日付は平成25年3月11日・・・つまり、東日本大震災から丁度2年となった日です。
被災者にとっては思い出したくない、忌まわしい日。
二度と同じ思いをしたくない!
でも、決して忘れてはいけない日・・。
IMG_1457_20130723220838.jpg
不幸にも震災で命を落とされた人達への供養と、残った人達の”復興への誓い”、そして津波の恐怖を後世の人達に伝えるべく建てられたものなのですね
IMG_1461_20130723221933.jpg
犠牲になられた方々の命を無駄にしない為にも、復興の為に尽力し大震災を知らない人達へその事実を伝えていくことが、残された人達の使命ですもんね

あ、いかん^◆^;話が堅くなってしまいました!

さて、この漁港にはちょっとしたパワースポットもありました
IMG_1431_20130723222302.jpg
平潟港の高台にある神社、八幡神社。
せっかく訪れましたので、ちょっと参拝してから先へ進むことにしました
では、「平潟港」編の<後編>で。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

出発は大津港駅~北茨城市の旅

高萩駅でマイカーをお留守番させ、JR常磐線で北上した私。
やってきたのは、北茨城市の大津港(おおつこう)駅であります
IMG_1413a.jpg
岡倉天心ゆかりの地、五浦海岸。
あの六角堂がある海岸の最寄り駅なのです。
IMG_1413_20130722203231.jpg
この駅で下車したのは、初めてでした(≧▽≦)
それどころかブログを初めて以来、鉄道で高萩以北に来たのは初めて(*^^*)
初めての地を踏むと、なんだかワクワクと心が踊りだします
さあ、では駅を出ましょう!(^o^)♪

駅名表示板↓シックでいいですねえ。。。
IMG_1415_20130722203402.jpg

そして、駅舎は・・(*゜▽゜*)。・。・!
IMG_1416_20130722211223.jpg
なんと、あの六角堂に似せた外装!!
泣かせるじゃありませんかあ。。。(^-^。)
和モダン仕様で素敵
IMG_1417_20130722212439.jpg
この駅舎は今年に入ってからリニューアル工事が行われ、3月に現在の駅舎が完成したそうです。
ウィキペディアでリニューアル前の駅舎を見たところ、基本的には同じでしたが外壁の塗装はしっかりとリニュールされました!→リニューアル前の大津港駅舎(ウィキペディアより)
でも私は、今の塗装色の方が好き
この配色の方が、六角堂のイメージによりふさわしいし岡倉天心のイメージにぴったりじゃん?!
IMG_1418_20130722213225.jpg
センスのいい駅舎になりました(*^_^*)

尚、ここ・大津港駅の隣は勿来(なこそ)という駅。こちらはもう、福島県。
つまり、大津港駅は茨城県内の常磐線駅中、最も北の駅ということです
IMG_1420_20130722213425.jpg
この茨城最北の駅をスタート地点としまして、これからレンタサイクルによる北茨城の旅を楽しんでまいります
また自転車ぁ?と言わず、閲覧していただけたら幸いです^◆^;

というわけで、駅前のここに立ち寄りました!
IMG_1419_20130722213937.jpg
確か駅舎のリニューアルオープンと同時にオープンした観光案内所「びすとれ」。
大正初期に建てられ、以前は海産物保管所として使用されていた建物だそうです。40年以上ずっと使用されなかった建物でしたが、このたび改修され観光案内所として甦り再び活用されることになったのです
IMG_1421_20130722215629.jpg
観光名所や旅館案内のパンフレットやグルメマップ等の設置、お土産品も少々陳列されています
毎週月曜日が定休日(祝日の場合は翌日)、10:00~16:00まで営業されています。
大津港駅を訪れたらまずは立ち寄って行きたいスポット
皆さん、是非ご利用ください

さて、私はこの「びすとれ」さんにてレンタサイクルを借り、目指すは茨城県最北の地・平潟港
さあ、「自転車でゆく北茨城の旅」のスタートです
というわけで、次回に続きます。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

レストラン「L'ami du アクシーヌ」

今日は衆院選の投票日。有権者の皆さんは投票に行かれましたか?
母と一緒に最寄りの投票所へ出かけ、ちゃんと市民の義務を果たしてきた私(笑)、それを終えた後ランチ&ショッピングに以前立ち寄りました”プチ☆ショッピングモール”メープルファームに訪れることにしました
前回訪問の際の記事がコチラ→プチ☆ショッピングモール メープルファーム

今回はここでランチもすることにしまして。
DSC_1074.jpg

ランチタイムはステーキやハンバーグ、パスタにピザ等の中から選ぶことが出来ます(*^_^*)
今日は母娘ともども、パスタランチにしてみました!昨日から始まったという、「冷やしトマトの冷製パスタ」
こちら↓、前菜です
DSC_1069.jpg
サラダ+米粉パン、他3品
焼き立ての米粉パンは香ばしくて美味しかった♪
甘かったのでバター無しでもOKでした!
先にオーダーしたドリンク=アイスコーヒーを飲みながら、このプレートを食べてるうちにメインディッシュのパスタが到着!!(≧▽≦)
DSC_1070.jpg
野菜たっぷり☆
これに、冷たいトマトスープがついています。
DSC_1071.jpg
トマトのエキスがたっぷり!!これにも野菜が入っています(*^_^*)
このスープに麺をつけながら食べてもよし!
スープを直接、麺にかけてもよし!
で私は、直接かけました
DSC_1072.jpg
トマト風味が効いた、さっぱり味!夏野菜もたっぷりで美味しゅうございました
整腸作用・夏バテ防止向けのメニューだそうで今の季節にふさわしい。。。

尚、ランチの米粉パンはお替り自由です

ヘルシーにたくさん食べて、猛暑を乗り越えましょう

メイプルファーム水戸店
http://www.maplefarms.jp/
8月の毎週日曜日は楽しいイベントも開催されます
手作りワークショップの企画もありますよ!
小さなお子さん、またはお孫さんのいらっしゃる方は是非、お揃いでお出かけになられてみてください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

高萩うまるしぇ、開催されました<2>

いよいよ、子供達が楽しみにしている夏休み実質今日から、という方が多いのでは?
そんな本日7月20日(土)に、日立市内6か所の海水浴場と、高萩市の海水浴場も遊泳開始となりました
そして、高萩駅前では毎月第3土曜日に開催されるイベント・「高萩うまるしぇ」が開催されました!
IMG_1399_20130720230855.jpg

このイベントについては過去、記事に書いたことがありますが初めてご覧になられる方の為にざっと、復習など
町興しの一つとして先ほども触れました通り毎月第3土曜日の10:00~15:00まで開催。
ショッピングセンター空き地の広場でご当地グルメの販売や野菜の直売、不用品や手作りの雑貨etcのフリーマーケット等が行われていますいわば、「青空なんでも市」!
IMG_1400.jpg

今回は夏向きのイベントまで
会場内で「流しソーメン」ですか(≧▽≦)
IMG_1403_20130720231526.jpg

上手に、すくえるかな~?
IMG_1404_20130720231550.jpg
IMG_1405_20130720231628.jpg

子供達が流しソーメンに夢中になっている傍らで、大人たちは「げん八郎」さんの御惣菜やお弁当を買っています。
おお!今回はとうもろこしやってますねえ。。。
IMG_1401_20130720231757.jpg

大人も子供も、世代も問わずに素直に楽しめるイベント。いいですねえ。。。
この時まだイベント開始から1時間も経過してない頃でしたが、会場内は既に、スーパーのレジ袋を両手に下げて歩いていた方もいらっしゃいました!
駅前商店街に活気をもたらそうとはじめられたであろう、このイベント。
市の商工会さん方を中心に、商店街の皆さんが協力し合ってお店を出していらっしゃるのです。
で、私も
IMG_1402_20130720232525.jpg
手作りバナナジュース。本物のバナナと、(おそらく)牛乳をミキサーでブレンド。
甘くて美味しかった(*^0^*)♪
それと、今夜の御惣菜(つまみとも言う)
IMG_1409_20130720232826.jpg
”まぼろしの唐揚げ”という、興味深い商品名に惹かれてGET。
1パック、たくさん入っていたのにたったの300円
甘みのある和風だしのタレが効いていて、ちょっと普通では味わえない味。
本当に”まぼろしの”味です。それでいて美味い!!(≧▽≦)
試食用のもので味を確認してから購入したのですが、時間を置いても美味しかった!!ごちそうさまでした

この唐揚げ、駅前商店街の中にある居酒屋さんで作られました
”今度、飲みに来てね!”と、手渡されたドリンククーポン券付きプチチラシ
IMG_0001_20130720233340.jpg
マスターも楽しそうな温かい、いい方みたいだし面白そうなお店だから今度、遊びに行っちゃお♪
居酒屋古時計

今回の「高萩うまるしぇ」での収穫は、美味しい唐揚げとバナナジュース、
そして素敵なナイトスポットの情報でした
たとえ両手はふさがらなくたって、こんな”お買い物”もまあ、いいよね
IMG_1412_20130720234002.jpg
来る7月27日(土)・28日(日)は、高萩まつり

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

映画出演したお蕎麦やさん~うらじ

本日のわが茨城県は、この季節にしては涼しい一日となりました
どうやら明日も過ごしやすい気温となるようで、この時期の一番のお楽しみ=海水浴にビールを楽しむには少々、涼しくなるかな( ̄- ̄)
そんな明日20日は、日立市内6か所の海水浴場と、高萩市の海水浴場が営業開始となります
特に高萩市では明日、駅前で毎月恒例の『高萩うまるしぇ』も開催されるしその翌日には海水浴場でビーチバレーも行われるらしいから楽しそうですねえ(情報は「月刊みと7月号」より)

さて、もう3ヵ月前のお話で恐縮ですが今日はそんな高萩駅前の”お蔵入り”記事であります(*^_^*)
高萩駅の出ますと、ちょっと目に付くこの建物。
IMG_0441_20130719214048.jpg

IMG_0442_20130719214216c6d.jpg
”うらじ”という名前ですが、思いっきり駅前にあるこのお店はお蕎麦やさん。
以前から気になっていて、”入りたい、入りたい”と思っていました(*^_^*)
で、「常陸国風土記勅撰1300年記念祭」の帰りに立ち寄ってみました

食べたのはコレ↓たぬきそば
IMG_0444_20130719214508.jpg
揚げ玉、たっぷり!!ラーメンみたいにナルトがあるってばよ!
麺は細麺だけどしっかりコシがあって、美味しかったです(*^_^*)
650円だったかな確か。
お蕎麦やさんですが、かつ丼等のご飯ものや定食もあります。
大体が1000円札1枚持ってればお釣りがくるお値段で、普通の大衆食堂といった感じです

で、なしてこのお店に興味を持ったのかといいますと。
IMG_0447_20130719214949.jpg
この雰囲気、昭和の香りがプンプン漂うでしょう。。。

2006年秋に公開された映画『フラガール』を皆さん、ご覧になられたでしょうか。。。
福島県いわき市のレジャー施設「常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)」建築を巡り、様々な人間模様と、町を救うためにハワイアンセンターのフラダンサーを目指す炭鉱の少女達の感動の物語。
その映画の中でロケに使われたお店なんです
IMG_0445_20130719215705.jpg
↑店員さん撮影 室内を見ていただきたいので今回は自分の顔は隠します(笑)

フラダンスの教師役の松雪泰子さんと、ヒロインの兄役の豊川悦司さんがお酒を酌み交わし、会話するシーンで使用されました
トヨエツさんの『いや、酒はやめた。(マスターに向かって)ビール!』のセリフは今でも覚えています(笑)

食事を済ませ、会計した後で店員さんに店内の撮影許可をいただこうと声をかけたところ、喜んでOKしてくださった上に邪魔になるものを避けてくださったり、カメラのシャッターを押してくださったり、協力的に接してくださったのが感激・・・(≧▽≦。)
お忙しい中、本当にありがとうございました!
この記事をご覧いただいている可能性はわずかですが、この場を借り熱くお礼申しあげます
あの節は本当にお世話になりました!

お店の入り口前にあったベンチ。お店の空席待ち?それとも食後のお休み用?
ちょっとしたところにこうしたベンチがあると、温かみを感じます。
IMG_0448_20130719220913.jpg

古くからこの場所で存在しているお店みたいで、常連さんも多いこのお店。
映画出演も果たしたお店の、温かいメニューと店員さんによる温かいおもてなしをもう一度、味わってみたいものです

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

常陸多賀駅ウォッチング☆

IMG_1324_20130717224630.jpg
決して、”鉄子”ではありませんが日立市は多賀の記事の結びは駅のお話であります(*^_^*)
2年前はまだ工事中だった駅前ロータリーだったけれど、それから全く来ないうちに駅前は綺麗にリニューアルされていました(*゜▽゜*)

バスやタクシー乗り場がこの通り☆アーケード付きです
IMG_1321_20130718211217.jpg

ですから雨の日でもそんなに濡れずに乗り換えが出来ちゃう!
IMG_1326_20130718212151.jpg
確か以前はこんな風になってなかったような気がします。
こりゃあ、便利になってイイネ(≧▽≦)♪

ふと向かい側を見ると、駅前交番の外装デザインが何気に目に留まりまして。
IMG_1333_20130718212635.jpg
ちょっと興味深かったので、近づいてみました。
丸窓が、ちょっと御洒落ですね和風っぽくて。
IMG_1332_20130718212736.jpg

駅前交番の前には、何かの記念碑のようなものがありました。
IMG_1330_20130718212958.jpg

年季の入った碑。なんて書いてあるんだか
IMG_1331_20130718213059.jpg
右横に添えられた解説によれば、「下孫停車場記念碑」と書いてあるようです(文字は右から上→下、上→下の順に読むようです。)
そういえば以前、常陸多賀駅は下孫(しもまご)駅という名前だったことを、随分前に読んだ鉄道関連の書籍で知ったことを思い出しました。
明治30年(1897年)2月、水戸⇔平(現在のいわき)間の鉄道(現在で言うところの常磐線、当時は磐城線)が開通した翌年に立てられたそうです
IMG_1328_20130718214627.jpg

この記念碑は鉄道開通を待ち望んでいた地域の住民の、停車場用地確保の為に苦心した経緯を今に伝える貴重な歴史の証言者であり、文化財である、と書かれています
常磐線が開通するにあたり、多賀の村の停車場として選ばれたこの土地。鉄道の駅として誕生した記念としてこの碑が立てられたのでしょうね
IMG_1329_20130718215748.jpg
ちなみにこういった碑が立つのは、他では水戸駅前といわき駅前ですが昔のままの姿で立っているのはこの「下孫停車場記念碑」だけだそうですから、まさしくこの碑は常陸多賀駅の貴重な文化財であると同時に、開通当時の常磐線を知る貴重な歴史の証人と言っても過言ではないですね

尚、記念碑脇の説明文にも書かれているとおり「下孫」という駅名が使われていたのは昭和14年までで、その年に多賀町が誕生したことを機に駅名は現在の『常陸多賀』と変更されて現在に至ることになりました

駅ウォッチングで、常陸多賀駅の歴史をちょっとかじることになるなんて意外!
でも由来を知れば面白いものです(*^_^*)
それにしても、駅前のロータリーが随分と広くなった(≧≦)!
IMG_1322_20130718220615.jpg
このロータリーから数百メートル直進した場所で毎年、ひたちよかっぺまつりという、市民の手作りのお祭りが開催されています☆
フリーマーケットや食べ物の販売、プチアトラクション、よさこい踊りの御披露目にプロレスに。。。と、楽しいお祭りなんです(≧▽≦)♪会場内エンドレスで流れるテーマソングもユニークですよ
今年も開催されますので、皆さんもこの常陸多賀駅前に遊びに来られてみてはいかがでしょう?
よかっぺまつり

以上、常陸多賀駅ウォッチングでした!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

にゃんこ物語in常陸多賀駅

7/14(日)に開催されました、ひたちサンドアートフェスティバル2013見物時より少々、時間を戻しまして
水戸駅からJR常磐線に乗り、今回のフェスティバル会場最寄駅となる常陸多賀駅で下車した時間まで戻しますね
さて、電車を降りた私。
ふと見るとベンチに・・・
IMG_1316a.jpg

どこからやってきたのか、1匹の猫。
IMG_1316_20130717223340.jpg
なんだか妙に慣れてる感じで、まるでいつもの日課と言わんばかりにベンチの上に乗り、この駅で下車したお客さん達を迎えているかのようでした。
IMG_1317.jpg
私と眼が合っても、逃げる様子もましてや攻撃する様子もなくただ”にゃあ!”。
カッワイイ~!!(≧≦)
この駅で飼ってるのか、近所の飼い猫がたまたま遊びにやって来ているだけなのか、それは謎です。
もしかすると、飼い主を待っていたのかもしれませんが。。。
IMG_1319_20130717223856.jpg
誰が通っても、物おじせずただじっと座っています。妙に落ち着き払った様子が軽く笑いをそそる。。。
もしも仮に飼い主を待っていつもこうしているのだとしたら、”猫版・忠犬ハチ公”といったところですかね
残念ながら、それ以上の情報は知りません
IMG_1318_20130717224025.jpg
手入れの行き届いた毛並み、そしてブルーの首輪・・・飼い猫には間違いない!

ちなみにフェスティバル見物後、駅に戻ってきたときにはいませんでした。
無事にお家へ帰ったのでしょうね

駅で見つけた猫が気になり、そして可愛さのあまりの”書かずにはいられなかった記事”でした

さて、この後は改札を抜け駅前ロータリーのバス停より発着するはずの、フェスティバル会場行き無料シャトルバスに乗車するのですが、時間がありましたから駅前をウォッチングしてみることにしました
IMG_1324_20130717224630.jpg
思えば2年前、毎年9月にこの駅前通りで開催される「よかっぺまつり」見物に来た時は工事中だった駅前ロータリー。
それが綺麗に整備され、バスやタクシーの乗車がしやすくなったようです
IMG_1323_20130717225524.jpg
というわけで、次回はそのお話です

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

ひたちサンドアートフェスティバル開催!<花火編>

ひたちサンドアートフェスティバル記事、後編です
IMG_1370_20130716203038.jpg

イベントプログラムも終盤となり、あとわずかとなりましたが熱気溢れるステージが繰り広げられ(前回の記事で触れたとおり、画像は掲載いたしません)、大盛況が続いていました。
屋台で購入したカクテル(バカルディモヒート)など飲みながら私もそれを見物したりして。
IMG_1382.jpg
カクテルを飲みながら、フラダンスのショーを見ていると気分は南国
お腹の方は満たされていましたから、食べ物は買わなかったけれど真夏の夜の海岸でほろ酔い気分。。。これだけで充分です
こうしてぶらぶら過ごしているうちに、ラストの劇場型花火を残すのみとなったその前に実行委員会の皆さんのご挨拶。イベント終了のご挨拶と、来場のお客さん達への感謝の言葉を述べられます。
IMG_1386_20130716204210.jpg
思えば早朝からここまで真っ暗になるまで、実行委員会の皆さま方はずっと最後まで残ってお客さんを誘導したり、案内したりetc。。。イベント当日は勿論のこと、この日を迎える前までにも準備や打ち合わせ等随分と試行錯誤を繰り返してきたに違いありませんどうすれば前回以上にお客さんを喜ばせることができるか、アイデアに頭を痛めることもあったでしょう。。。
IMG_1343_20130716210448.jpg
私達のように見物する人間は好きな時間に来て好きな時間に帰ることができますが、実行委員会スタッフたちはそうはいきません。疲れても帰ることも許されず、最後の1人のお客さんが帰られるまで見届け、その後はおそらく会場の後片付けですもんね帰宅は何時なんだか。
IMG_1349_20130716211121.jpg
実行委員会の皆さま、大変お疲れさまでした☆

さて、いよいよ花火打ち上げです。会場の照明が一時消えました。
IMG_1388_20130716211326.jpg
真っ暗闇となった、夜の河原子海岸でカウントダウンがスタートし・・・・。
それが終わった瞬間、空が急に明るくなったかと思えば

w(゜0゜)w!!
IMG_1389_20130716211605.jpg
ドーンという破裂音と同時に、空に打ち上がった10号玉
いよいよ、野村工業花火さんによる「劇場型花火」の開始です
スタートと同時に、一斉に会場内がどよめきました。
IMG_1391_20130716213703.jpg

IMG_1393_20130716213736.jpg
劇場型花火(いわばスターマインなのですが)は、時間にしてほんの10分足らずでしたがとても素晴らしかったやっぱり、野村さん最高!!

動画も撮影しましたのでよろしかったらご覧くださいませ
[広告] VPS


いや~!!良かった良かった
フェスティバルのフィナーレを飾るにふさわしい、最高の花火でした(≧▽≦)
これから常陸多賀駅へ帰るまでの間、雨の中でのバス待ちに満員のシャトルバスの中で窮屈さ、そして道路の混雑による時間オーバーetcの苦しみ(?)を味わうことになったのですが、それをも苦に感じさせないほどの”幸せの余韻”を感じていました
やっぱり、観に来て良かった☆

フェスティバルはこの日1日限りだけど、今日の思い出はきっと来場したお客さんの中では一生の思い出となったことでしょう。。。

あらためて、「ひたちアンドアートフェスティバル」の実行委員会の皆さん、素敵な時間をありがとう!!
この場をお借りしまして、心よりお礼申しあげます(感^人^謝)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

ひたちサンドアートフェスティバル開催!<砂のアート編>

2013年7月14日、18:30過ぎ。
やってきました、JR常陸多賀駅。
IMG_1320_20130715214007.jpg

そして、この駅からシャトルバス(無料)に乗り換えまして
IMG_1325_20130715214212.jpg
目指すは河原子海岸
そう。先日記事で触れました「ひたちサンドアートフェスティバル2013」にやってきたのです
IMG_1336_20130715214414.jpg
↑一目でわかるシャトルバスちゃんと”シャトルバス”って書いてあるし(笑)
高台の駐車場を降り、海岸を歩いていくとやきそばやたこ焼き等を焼く匂いが漂い、遠くのステージからはロックを歌うボーカリストの声
この日の日中もかなり暑かったけれど、その暑さを”熱さ”で吹き飛ばさんばかりに場内は大盛況であります
IMG_1340_20130715214856.jpg

IMG_1344_20130715214947.jpg

さて・・・と(・・;)肝心の主役・砂の像はいづこ?と、人混みをかきわけ足元に注意しつつ歩いていきますと・・・

おおっ!!(*゜▽゜*)
IMG_1350_20130715222104.jpg

なんて、神神しい。。。。(* ̄人 ̄*)。。。
IMG_1351_20130715222303.jpg
頭が象のインドの神様、ガネーシア
こうしてライトアップされていると、ますます神秘的です
IMG_1383_20130715222722.jpg
以前、「夢を叶える象」という小説が発売されたことがありますが、確かこの神様がモチーフじゃなかったでしたっけ?
こちらは裏側です↓
IMG_1362_20130715222943.jpg

去年観に来たのは昼間でしたから、感じ方が全然違います。
夜の海岸でライトアップされた砂の像もまたいいね
IMG_1374_20130715223258.jpg

人気集中↓
IMG_1365_20130715223337.jpg

でも一番の人気はコレ↓
IMG_1379_20130715223501.jpg
やっぱりトトロは凄いね(*^-^*)
猫バスもいるぜよ!
IMG_1377_20130715223618.jpg

ジブリ、強し!!
IMG_1358_20130715223814.jpg
カオナシですか。。。

”モアイ”と”逢い”をかけまして・・・
IMG_1360_20130715223710.jpg

今年のテーマは、「逢う」なんですって!
出逢う、ふれ逢う(←当て字ね)・・・このイベントの『逢う』意味とは果たしてどんな・・・
IMG_1354_20130715224159.jpg

IMG_1368_20130715224508.jpg
近所に住まれている方とか、この海岸をお散歩コースにして毎日来られる方でもない限り、ここに展示された作品はみな来年はおそらく、逢うことのないであろう作品達のはず。
この”たった1度きり”の作品との出逢いが、来場された方々の良き思い出となるといいですね
IMG_1366_20130715225241.jpg

さて、「サンドアートフェスティバル」は砂の像の展示やグルメ屋台の他、熱気溢れるステージイベントも開催されていました。その模様をお伝えしたかったのですがふと今、チラシを見たら
「舞台上の出演者に対する写真・ビデオ撮影・録音等の行為は禁止いたします。」
・・・って、書いてあった
よって、ステージイベントの様子は画像掲載いたしません

それにしても、ラストを飾る野村花火工業さんによる「劇場型花火」は最高でした
皆さん、観たい?
いいえ、たとえ”別に。興味ないし”とおっしゃられてもUPさせていただきます次の記事で

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

夜の河原子海岸


河原子海岸で本日開催された、「ひたちサンドアートフェスティバル2013」が終了し、常陸多賀駅行きのシャトルバスを待ってる最中に撮った画像であります(ノ´∀`*)

この時、雨が降ってきましたが不思議なことにフェスティバルの終了と同時位でした(@_@)
まるで、サンドアートフェスティバルが無事に終わるのを待っててくれたかのようです。
こういうことってあるんですねえ(´・c_・`)

さて、そういうわけで今年も見に行って参りました(^^)v
砂の彫刻も素晴らしかったけれど、フィナーレを飾る花火が最高( ☆∀☆)
感動的でした(T▽T)
その感動を忘れないうちに、1秒でも早くブログでお伝えしたいのですが何しろ今からの帰宅ですので、今夜中になんか、とてもまとめられません(>д<)
ですので、予告も兼ねて今回は携帯投稿にて失礼させていただきますm(__)m

総選挙、やりまっせ!

来る7月21日は、参院選。平日のNHKでは毎朝、政見放送が流れ
街頭ではよろしくお願いしまぁ~す!”のアナウンス。
その光景はTVのニュースでさんざん、お目にかけますが言っちゃ難だけどよくもまあ、あんなに立派なセリフが次々と出てくるもんだわ~、と毎度思います
選挙に立つ方々が仮に当選された時に、今一般国民を前に宣言されたこと全てを実現出来たら立派なものですねそれと、対立する党同士の悪口合戦は聞くに堪えないものがあります
と、前置きが長くなってしまいましたがこれから書かせていただくのは政治批判ではありません

今年・2013年の10月2日。私がブログデビューしてから丸8年となります。
まだちょっと先だけど、今回の『ブログ記念日』に臨んで何かしたいなあと思いまして
当ブログ「もっと、茨城マイラブ♪」中で書いてきました記事中の、茨城記事カテゴリに関して国民投票、いやブロガー投票による総選挙を行わせていただくことにしました^皿^
IMG_0113_20130713230105.jpg
票数は、これまで皆さんに押していただきました”拍手数”で決めていきます。
閲覧者の皆さんに、特別やっていただくことはございません。これまで通り、面白ければ”拍手ポチ☆”、つまらなければ何もしないで!といった感じで結構です。過去の記事に遡って”ポチ☆”ということもされなくて構いません。
当ブログの茨城記事=市町村名でカテゴリ分けしたもので(それ以外は対象外)2008年7月1日~2013年9月30日までの記事が対象で、発表は「ブログ記念日」の10月2日とさせていただきます。

ちょっとちょっとちょっとそれじゃ、記事数少ない市町村は不利じゃん?
いやいやいや確かに記事数が多い方が拍手数もその分多く加算されることには違いありませんが、だからといって記事数100件以上書いても、1つの記事に必ず拍手があるわけではありませんから多けりゃいい、というもんでもなさそうです
たった1つの記事で5,6拍手あるいはそれ以上いただいたところもあれば、10書いてやっと1拍手、という町もありました
ですから、その点を考えたら記事数=拍手数とは限らないから結果が出るのが面白いじゃありませんか!
IMG_1685_20130713231401.jpg

私自身も、拍手をいただけたら”あ、この記事は皆さんに評価してもらったんだな”と励みになり、逆に拍手がなければその町に対して申し訳ない気持ちが湧き、”今度はもっと、面白く!”と反省するきっかけにもなるかと思いますので、管理人の思いこみ企画ですがどうか皆さん、お付き合いいただければ幸いです

さあ、果たして総選挙の結果栄光を掴むのはどこの町かなあ。。。
IMG_1054_20130713232111.jpg

見事に1位を獲得した町は・・・その町の住民に私はなります!
・・・なんてね

まだ訪れていない町が2か所、今回の投票期間に間に合わなくなる可能性があるけれど。。。
なんとかして訪問しなくちゃ、アンフェアだよね

それにしても、日本人ってつくづくランキング付けが好きな国民だよね
IMG_1055_20130713232608.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

※コメント欄は閉じさせていただきました!

今年もサンドアートフェスティバル!

明日13日(土)から海水浴場の解放がスタートする、大洗・ひたちなかの海岸
いよいよ、夏のレジャーシーズン到来となります。

そして、1週間後の20日(土)には日立市内の6ヶ所の海水浴場が営業スタート!
それに先立った14日の日曜日、日立市の河原子(かわらご)海水浴場ではすっかり夏の恒例行事となった、
ひたちサンドアートフェスティバルが開催されます
DSC_1030a.jpg

総量50tもの海水浴場の砂が、プロの砂像彫刻家の先生の手により巨大砂像に変身!
その素晴らしい作品が今年もまた、海水浴場に展示されるのです
IMG_1008_20130712213158.jpg

IMG_1013_20130712213221.jpg
ちなみに去年の様子→サンドアートフェスティバル2012(過去の記事)
作品は年毎に違います。果たして今年はどんな作品が見られるのか楽しみですね~!
イベントは10:00から20:30頃までたっぷりと開催されます。夜には県内きっての花火師・野村花火工業さんにより打ち上げられる「劇場型花火」もありますから、見逃せませんね

今年はグルメ屋台「ひたち屋台村」で繰り広げられる食のバトル・「屋台村グルメ王座決定戦」も行われるそうです。
IMG_1028_20130712213952.jpg
食いしん坊さんは必見!
私が好きなこれ↓も参戦しています☆
IMG_0344_20130712214117.jpg
ベイカナーズさんの”さくらたこピラフ”

他、遊覧船やバナナボート等の海上アトラクションとか。
IMG_1032_20130712214431.jpg

楽しいミニゲーム等も楽しめそう!!
IMG_1059_20130712214655.jpg

13日~15日は3連休、という方もいらっしゃることでしょう(羨ましいぜ、ケッ)。
※()内の心の声は無視してください(笑)
その中日の14日が、サンドアートフェスティバル。
”海で遊びたい!”という方、”この連休、お出かけしたいけどあんまり遠くは無理。でも暇!”という方、
海岸の砂で作られた、素晴らしい芸術作品とそのそばで行われる楽しいイベントにお出かけされてみてはいかがでしょう?
詳しい情報はコチラでどうぞひたちサンドアートフェスティバル2013
尚、当日はJR常陸多賀駅から会場まで無料シャトルバスも運行されるんですって!(≧▽≦)
会場付近はかなり混雑します。その上、海岸沿いの道路は狭く駐車場も不便なり
なるべくでしたら公共の交通機関をご利用になられた方がよろしいかと思います。
無料シャトルバスの運行時刻は、コチラでご確認ください↓
会場までのアクセス(ひたちサンドアートフェスティバル2013HP内)

私自身は、といいますと
日中は用事がありましてね去年見物したこともあり、今年出かけるとしたら夜かな
週明けて1週間以内に記事のUPがない場合は、行かなかったものと思ってください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

中国四川料理「東旭」

石岡市の常陸風土記の丘→染谷佐志能神社を廻ると時刻は12:00ちょい過ぎ。
この日、午後3時より水戸市内で用事がありましたしランチもしたいからここでUターンすることにしました。
お食事処探しも兼ね、久しぶりに国道6号をゆっくりと走っているうちに小美玉市(旧美野里町)まで来てしまいまして

以前から気になっていた、このお店に決定
IMG_1310_20130711211722.jpg
中国四川料理 東旭(とうきょく)
国道6号を石岡方面から水戸方面に向かって左側、嫌でも目に付く赤と黄色の看板が印象的なこのお店。
お相撲さんのしこ名みたいですが中華屋さんです
以前、TVでも紹介されたことがあるんですよ
テレビ東京「水戸街道8日間ふれあい歩き旅」という番組でしたが、御存じの方いらっしゃるかなあ。。。

とまあ、それはよいとしまして。
初来店でしたので、定食など。
お手頃価格の定食が6種類ありました(≧▽≦)!
IMG_1303_20130711212204.jpg
みんな美味しそうだけど。。。臭いが残らない程度でスパイシーなやつ(なんじゃそれ^^;)ということで、6番の「豚肉と野菜の黒胡椒炒め」など。

これです。
IMG_1304_20130711213726.jpg
家庭的な感じ(*^_^*)
値段の割に、ボリュームがあります。
では、いただきま~す!
IMG_1305_20130711213832.jpg
野菜炒め=もやし、ニラ、豚肉、にんじんetcがたっぷり!!
ちなみに、ニラともやし、豚肉は小美玉市の特産^^
偶然にもご当地野菜のお料理になってます。
これらを文字通り、たっぷりの黒胡椒で炒めています
IMG_1308_20130711214014.jpg
香ばしく、スパイシー(≧y≦)
お箸の進み具合が止まらない!!
だからつい、ご飯も進んじゃうの^^
IMG_1307_20130711214343.jpg

スープの方も、野菜たっぷりです。
IMG_1306_20130711214511.jpg

サラダはサラダバーでお替り自由。デザートに可愛い杏仁豆腐付き
普段、不足しがちな野菜を外食でこうして摂れるのは、すごくありがたい
IMG_1309_20130711215531.jpg
暑さ厳しい夏が、今年もやってまいりました
うだるような日が既に続いていますが、暑さに負けないようガッツリと食べて体力つけて、今年の夏も乗り越えていきましょう

中国四川料理 東旭
茨城県小美玉市堅倉1543-8 国道6号沿い
<営業時間>
平日 11:00~15:00、17:00~24:00
土日祝日 11:00~24:00
定食 11:00~15:00
年中無休
Tel 0299-48-1781


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

染谷佐志能神社

風土記の丘を出て、駐車場に停めてあった愛車に戻りエンジンをエンジンをかけると、車内に設置してあるカーナビの地図上に”佐志能神社”という文字を見つけまして。
どこかで見たことある名前だな、と思いきや
「そうだ!石岡まつりの中日に総社宮の神殿で御披露目された十二座神楽の神社じゃないの!」
と思いましました

毎年4月の19日に奉納される、伝統的な神事です。以前いただいた資料によりますと、里神楽(民間で行われる神楽)の一つだそうです。
IMG_0699_20120921233951.jpg
染谷十二座神楽より(2012.9石岡、常陸國総社宮にて)
去年の石岡まつりの際、この十二座神楽を初めて見物しました
その時の記事をリンクさせていただきますので、よろしかったら→染谷十二座神楽(もう一つの石岡まつり)

その十二座神楽と大いに関係のある、染谷佐志能神社は常陸風土記の丘に近いところ(車での移動なら、という意味です)にありましたので、”この機会に一目見て行こう!”という気になり、訪れてみることにしました。
「龍神山霊園入り口」と書かれたところを左折し、
IMG_1292_20130710214927.jpg
付近に龍神山霊園という墓地がありますが、あまり人が訪れないのかな。
案内板が草で覆われていました
それでもどうにか案内板の説明を読んだところ、佐志能神社は染谷と村上の2つがあるそうです。2つの神社はこの界隈にある龍神山の龍神を祀っていると言われ、染谷は高龗(たかおかみ)の神(雌龍)・村上が龗(おかみ)の神(雄龍)。
分かりやすく言えば染谷は”女”で村上が”男”ですね^▽^
両者とも、創建年は不明だそうです。
IMG_1293_20130710221727.jpg
年季の入ったこの鳥居をくぐり、上っていきます。
私以外に人はなく、辺りはいたって静かです。

IMG_1294_20130710221843.jpg
なかなか、ミステリアスな雰囲気が出てるぅ~!!
神殿までの道案内などありません。
”本当に、この道を通って行けばいいの?”という不安が頭をよぎります
IMG_1295_20130710222132.jpg
画像では平地のように見えますが、実は結構勾配のある坂道(>_<)
そろそろ、息遣いが荒くなってきました^^;
それでも歩いていくと、もう一つの鳥居に差し掛かりました。
IMG_1296_20130710222319.jpg

2つ目の鳥居をくぐり見上げると、右手上の方に神殿らしき建物が見えるのですが・・・
IMG_1297_20130710222604.jpg

・・・こんなに階段、上がるんかい!!
IMG_1298_20130710222500.jpg
でもここまで来ちゃったから仕方が無い。
後日襲いかかるであろう、足の筋肉痛を覚悟しつつ上ります。

ようやく、辿り着きました
IMG_1299_20130710230449.jpg
戸は閉め切られていました。
4月19日の十二座神楽は、ここで行われるのでしょうか。。。
周囲は木々に囲まれた森。日没後は真っ暗でしょう
ここに来るまでの道も寂しく、参道もまた森の中。
夜訪れるのは危険ですね
IMG_1300_20130710230704.jpg

IMG_1301_20130710230736.jpg
”秘境”と呼ぶにふさわしい。。。

神殿(?)左脇にある岩=屏風岩というそうですが、この岩には「風神の穴」よ呼ばれる穴が開いていて、この穴に指を入れると、雷鳴が鳴るまで抜けなくなってしまう伝説があるのだと、入り口の案内板に書かれていました。
本当に雷がくるまで抜けなくなると困りますので、試しに指を入れることはしませんでした
IMG_1302_20130710231145.jpg

ここからどこからかのルートを通れば、”もう一つの佐志能神社”に辿り着けるのでしょうが今回はあまりゆっくりするわけにいかず、パスさせていただきます

歴史の里・石岡
知れば知るほど、面白い!


とりあえず私の方では詳しい話はせず、ただ単純に神社を訪問した感想程度で書かせていただきました。
物足りなさを感じられた方は、「まほらに吹く風にのって」のRomanさんが記事に書かれていますので、そちらをご覧いただけるとよろしいかと思います
佐志能神社(Romanさんのブログ記事)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

復元広場のユリ~常陸風土記の丘

ところでスカシユリは、有料ゾーンの中にはないのかなあ。。。
なんて思いまして。
”時の門”をくぐります。
IMG_1266_20130709213451.jpg
扇子は昨年の石岡まつりの時に買ったもの。これで扇ぎながら歩いていました。
だって、暑かったから^▽^;
IMG_1267_20130709213727.jpg
1300年前、「常陸国風土記」が編纂された時代はこれだね(^-^)
ここ・石岡市に国府(今で言うところの県庁)が置かれて、常陸の国の中心だった時代もね☆

手前から現代→中世、そして古代の門をくぐって行ったその上に料金所がありまして久しぶりに310円を払い、展示室等見物したりして
チケット売り場の方に尋ねたところ、スカシユリのメインはやっぱり橋の下(↓前回の記事をご覧ください)だけなんだって
それでもせっかくですから展示室の資料見学と、古代家屋の復元広場へ。
ここで書くまでもありませんが展示室には、市内で発掘された史跡の案内とその出土品が展示されています
足こそ運ばなかったものの、市内には東日本第二位の規模を誇る『舟塚山古墳』というものがあり、その古墳から発掘された副葬品も展示されています。
他の展示品、といっても土器等ですが保存状態も比較的良く年数の割に形になっているものばかりです。
この公園=風土記の丘にある建物や遺跡は復元したものだけど、出土品は本物!
歴史の街・石岡を詳しく知りたい方であれば、”310円なんて勿体無い!!”なんて出し渋りせず(笑)見るべきでしょう(笑)

アハハ^▽^;脱線しました!
展示室を出ますと、古代の家屋を復元した建物が集まった広場があります。
IMG_1270_20130709214256.jpg
縄文時代から平安時代位までの住宅がずらり
その中央にポツンと、ユリの花が
IMG_1272_20130709215303.jpg
でも、御世辞にも見頃とは言いかねます
かろうじて咲いているのがわずか数本。でも蕾があ何本かありましたからこちらはこれからでしょうか。。。
IMG_1271_20130709215422.jpg

もうちょっと、彩りがあってもいいかも
お花がもっとたくさんあれば、周囲の古代住宅をバックに素敵な光景となったんじゃないかい?
IMG_1277_20130709215536.jpg
ユリが終わると寂しいね
あくまで私個人としましては、四季折々楽しめるお花が、有料ゾーンのこの広場にもあればもっと訪問数が増えるんじゃないかしら。なんてね
関係者の方、そして石岡市民の皆さん、よそもんの単なる感想と軽く聞き流してください

常陸風土記の丘は本当に素敵な”歴史公園”です。石岡市内の史跡がレプリカとはいえ全てここに集結されているし、お花は楽しめるし緑豊かで広々としているし。。。
ですが、もうちょっと”色”を付けたり、工夫次第では来客数増加も夢じゃないような気がするんです

ユリの花はやっぱり、有料ゾーンの中では広場に咲いてた程度でした。
でもせっかくだから、野外展示されている昔の住宅を眺めて楽しみましょう
IMG_1273_20130709222830.jpg
囲炉裏・・・イイナ

IMG_1278_20130709221145.jpg
↑鹿の子遺跡(復元)
常磐道建設の際、発掘調査により発見された遺跡の一部を復元したものです。ちなみに実際の場所とは違います。
発掘調査で見つかった出土品は展示室に展示されています。
ここにあるのは発掘調査を元に住居を復元したものですが中は、避暑するのにいいよ
IMG_1280_20130709221532.jpg


IMG_1286_20130709221842.jpg
園内最後の展示住宅、会津民家の中。
江戸時代の建築、旧佐藤家住宅。福島県の会津より移築されたものです。

茨城県で最も歴史が古い、石岡の地にたくさんの古代住宅や遺跡がここに集中!
山に囲まれた、自然の趣向たっぷりなこの公園で太古の風を感じ、古の人達の思いを知る。。。
そういう1日があっても、良いではありませんか

・・・なんだか、うまくまとまらない
大変失礼、いたしました^▽^;

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

風土記の丘のスカシユリ

ぶっちゃけ、見頃過ぎての”すべりこみセーフ”みたいな
何の話?ですって?石岡市の常陸風土記の丘のスカシユリのお話です
先週の土曜日は午後3時から水戸市内で用事があったのですが、それまで時間をもてあましまして(>_<)
日帰り温泉するには慌ただし過ぎるし、水戸からの移動時間1時間程度の範囲・・・ということで。
白羽の矢が立ったのが、石岡だったわけです
IMG_1282_20130708215747.jpg
常陸風土記の丘のシンボル・巨大獅子頭
私と交流を持っている何人かのブロガーさんが、ここの”スカシユリ”を記事に書かれていましたので私も見ておこうと思いまして。
IMG_1254_20130708220035.jpg
左端に見える橋を渡りきった向こうが、風土記の丘です。

でも
ゆりまつりは6月いっぱいで終了(TT)
7月6日のこの日は果たしてどれだけ咲き残っているか、不安でした。
おお!あれか。
IMG_1255_20130708220251.jpg
橋の下に見えた、黄色いもの。
スカシユリでした。
有料ゾーンに向かう手前、”時の門”と呼ばれる門のぐっと手前の低い位置に植えられていました。
IMG_1256_20130708221712.jpg
”時の門”(風土記の丘の玄関)をくぐる前に、降りて見て行くことにします。
黄色いスカシユリは、イベントを終えた後も綺麗に咲いていました
IMG_1258_20130708221814.jpg

IMG_1260_20130708230448.jpg
黄色が大半を占めてる中、オレンジは目に映えるね

IMG_1259_20130708221914.jpg
でもさすがにもう、終わる頃でした
花は、遅かった・・・なんちって

スカシユリの畑から橋の方向を望むと、向こう側にある大賀ハスの葉も見ることができました!
IMG_1265_20130708225454.jpg
なかなか、絵になるショット☆
大賀ハスの開花はまだ先(7月中旬~8月中旬頃)のようですね

再び、橋のある方向へ戻ります。
橋に近い方に咲いているスカシユリはまだ元気でした
IMG_1289_20130708225857.jpg

IMG_1290_20130708225958.jpg
花言葉は、「飾らぬ愛」!
人を愛するのに、飾りも演技も要らないのです。そうありたいと思う私。

さあ、次はこっちの番かな(*^_^*)
IMG_1257_20130708231048.jpg
スカシユリはもうすぐ、咲き終えてしまいますが橋を挟んだ反対側の大賀ハスがユリに代わり、開花することでしょう。。。
IMG_1291_20130708231223.jpg
歴史の里・石岡の、古代ロマン触れる常陸風土記の丘。
園内に咲く花も見逃せません

園内イベント、花暦等の情報はこちらを→常陸風土記の丘
茨城県石岡市染谷1646
Tel:0299-23-3888 Fax:0299-23-7173

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

海開き1週間前

暑さ厳しい1日となった七夕の今日、熱中症により体調を崩されたり亡くなられた方が多発した1日となりました
皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか・・・。
厳しい真夏日はこれから2ヶ月は続くかと思われます。どうか体調管理には充分お気をつけくださいね☆

さて、梅雨も明けわが茨城県も夏の行楽シーズンがやってきます
大洗やひたちなか市内(阿字ヶ浦、平磯)の海水浴場では来週13日(土)から海開きとなります^^
IMG_0350_20130707215039.jpg
平磯海水浴場(去年の画像)

この子↓、覚えてますか?
IMG_0353_20130707215221.jpg
平磯海水浴場のマスコットであり、アイドルでもある「くじらの大ちゃん」。
誕生から今年で30年を迎えるそうです
大ちゃんの誕生30周年を祝うイベントが、海開き初日となる13日(土)のAM10:00より開催されるそうです。
詳しい情報はコチラ→ひたちなか観光協会(「くじらの大ちゃん誕生30周年記念イベント」のバナーをクリックしてください!)
大洗高校のマーチングバンド演奏をはじめ、地元の保育園や小学生のちびっこよさこいやフラダンスetcお御披露目や”タコ焼きグランプリ”なる美味しいイベント等、楽しい企画がいっぱい!!又、ひたちなか海浜鉄道をご利用の際、当日”湊線フリー切符”を購入されますと先着300名様に”ほしいも”のプレゼントがあるらしい。。。

あいにくこの日は私、会社の出勤日なんだなあ
私は行けませんが興味を持たれた方・”くじらの大ちゃんの30周年をお祝いしたい”方は是非、お出かけください!そして、私の分まで楽しんでいただけたら幸いです

太平洋沿岸、県道6号の平磯海水浴場周辺を通ると、このイベントを告知するかのように「くじらの大ちゃん誕生30周年イベント」の幟がいくつも立てられていました。
それらを横目に県道6号を走り、私が向かった先は久々の『阿字ヶ浦温泉のぞみ』
DSC_1020.jpg
この施設の温泉水は海水ですから、これもある意味海水浴だな(笑)
クーラーの効いた館内、温泉で心地よい汗を流したおかげで熱中症にならずに済みました
阿字ヶ浦海水浴場も、来る7月13日(土)からの解放です
でも海遊びに最適な今日の日中は、マリンスポーツを楽しむ人等で既に賑わっていた模様
DSC_1019-1.jpg
といってもこの画像じゃ、賑わいは伝わらないですよね^■^;
その頃私は、「のぞみ」のレストランで食事をした後のデザートタイム
DSC_1018.jpg
干しいもソフトクリーム
ほしいものペーストを使用した、館内オリジナルだとか。
角切りにしたものをジェラートに混ぜてある、ひたちなか市内の大丸屋さんと同じのを想像していた私でしたが。
DSC_1017.jpg

見事に裏切られました^◆^
舐めてみたら、まさしく”干しいも”そのものな味。
あまりにも、”まんま”な味で笑えた(≧y≦)
DSC_1016.jpg
コク、甘み、どれ一つとっても”干しいも”じゃん!という味です。
ここ・阿字ヶ浦のぞみさんでしか今のところ味わえません。
興味をお持ちの方はお試しを☆★

そういえば今日は七夕だっけ
七夕、といえばお星様
”ほし”は”ほし”でも、”ほし”違いかよ(笑)!
いいえ、決して狙ったわけではありませんからね


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

お茶やさんの入浴剤

関東地方梅雨明けが発表された今日は、全国的に猛暑となったようですね
わが茨城県も、超・真夏日でしたじっとしているだけでも汗が出て仕方が無かった(>_<)
このような日は、早くお風呂に入って汗流してリフレッシュに限りますね

というわけで、この商品
IMG_1312_20130706215848.jpg
とある場所で見つけた、バスソルト。
ハーブ&野草入浴湯 530円
発売は市内の銘茶店石川園というお店。

”とある場所”というのは。。。
この画像↓でわかるかな
IMG_1281_20130706220122.jpg
石岡市にあるテーマパーク、「常陸風土記の丘」。
この売店で見つけました他ではお目にかけない商品だったものでつい(笑)
こんな感じで、ティーパックのようになっておりまして。。。
IMG_1313_20130706220303.jpg

こんな感じで、お湯を張ったバスタブに入れて煮出しします。
IMG_1315_20130706220750.jpg
1回2,3袋位が目安かな。2時間後に、自宅のお風呂が”ハーブ湯”に変身

さあ、では入ろうっと
IMG_1314_20130706221628.jpg

(*A^0^*)---
なかなか、気持ち良かったです
薫り控えめで、湯上りスッキリ☆
ちなみに温度は40~42度位(すみません、我が家は温度高めなもんで^▽^;)が丁度いいかな。
これ以上高温ですと、さすがに肌がヒリヒリするかもしれません
でも逆に39度以下だと、どーだろ

この入浴剤を発売された石川園さんではこのほかに、こんな商品も販売されています。
DSC_0388.jpg
薔薇はちみつ飴 薔薇の風味がたっぷり茨城県フラワーパーク売店や石岡駅観光協会でどうぞ♪
お茶やさんでもアイデア商品をたくさん発売されている石川園さん。次は何が出るのかな

本日のおまけ画像:
常陸風土記の丘のゲートをくぐったところにある”あじさいの小路”
涼しげな色合いの紫陽花画像で、気持ち的に少しでも涼んでいただけたら幸いです。
IMG_1250_20130706223644.jpg

IMG_1251_20130706223706.jpg

IMG_1252_20130706223730.jpg
紫陽花の花も、そろそろ夏の花にバトンタッチかな

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

イチゴダッペ、食べ比べてみっぺ!

高温多湿な日が続いています今日1日だけで救急車のサイレンの音、果たして何台聞いたことか
暑い日はこれから暫く続きます。どうか皆さん、熱中症にはくれぐれも充分注意してくださいね!

さて。そろそろネタ切れになってきたということで訪れた、水戸ドライブインにてひたちなか市(旧那珂湊エリア限定)で発売されている”イチゴダッペ”が陳列されていましたので買ってみました
IMG_1244_20130705203910.jpg
ひたちなか市阿字ヶ浦産の”バインベリー(つる付き苺)”という品種の苺で作ったジャムを挟んだダックワーズ(アーモンド風味のメレンゲの焼き菓子)なのです
2年前に、「全国商工会議所きらり輝き振興大賞」の特別賞を受賞しています。
IMG_1242_20130705213244.jpg

で、今回は2つ(1包×5個入り)買ってみたと
IMG_1239_20130705213450.jpg

いえね、同じ”いちごダッペ”でも水戸ドライブインには2か所の菓子店で出品されていることが判明しまして。
IMG_1240_20130705213641.jpg
IMG_1241_20130705213706.jpg
「阪場のカステラ」で有名な阪場製菓さんと、つるや製菓さん。いづれも那珂湊駅周辺で老舗菓子店です。
この2店舗を食べ比べてみることにしました
実は同じ”いちごダッペ”でも、お店により微妙に作り方が違うようで。
IMG_1246_20130705214508.jpg
パッケージは同じですが。。。

開封し、中をぱっと割ってみます。
まずこちらは、つるやさん。
IMG_1247_20130705214550.jpg
ジャム+バタークリーム 
コクのある甘みが楽しめます(≧▽≦)
バタークリームに含まれている砂糖のジャリっとした食感が、レトロな感じ!!

そしてこちらが阪場さん。
IMG_1249_20130705214818.jpg
生クリームを使用しています。ケーキ屋さんらしく上品な甘み
これもなかなか捨てがたいな。
余談ですが、東京銀座の『茨城マルシェ』に出品されてるのはこの阪場さんの商品でした

那珂湊駅周辺には”イチゴダッペ”が買えるお店が点在しておりますので、ひたちなか海浜鉄道の旅を楽しまれた際に、”味巡り”などされてみては?
(インターネット「イチゴダッペ」で検索すると何店舗も出てきますので
お店ごとの作り方の違いを楽しんでみるのも面白そうです

冷やして美味しい、イチゴダッペは夏のスイーツにも最適!
食後のデザートやおやつには勿論、かき氷のサイドメニューに、ビール(冷酒でもいいべ)のおつまみに。。。
用途は尽きない(笑)


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

久々、森の家庭料理レストラン

先週末はなぜか、親子で茨城町の観光PRに貢献(?)・・・というわけではないけれど

涸沼自然公園の紫陽花を楽しんだ翌日の日曜日、久しぶりにJA全農いばらきが運営する直売所ポケットファームどきどきを訪れました(*^_^*)
IMG_1221_20130703225545.jpg

丁度、ランチタイムになろうとしていた時間。買い物する前に・・・と、敷地奥にあるレストラン「森の家庭料理レストラン」へ。
IMG_1223_20130703225925.jpg
予約制ですので入ってすぐに席を通されるわけではなく、名前を告げお金を支払った上での順番待ちとなりますお金を払うまで数十分、私達が食事可能な時間は約1時間後となりました。
その間、お花屋さんで花を眺めたり直売所の野菜類を眺めて時間を潰します。
IMG_1224_20130703230227.jpg
レストランの玄関前に咲いてたこの花↑ニンキクの花なんですって!
初めて見たワ☆

他にも、名前の知らない珍しい草花がレストラン周辺にありました。
花弁も可愛いけれど、実も可愛いこの花が気になりまして
IMG_1226_20130703230437.jpg
どなたか、この花のお名前御存じの方情報提供をお願いします

ぶらぶら過ごしつつの1時間は短いですね。あっという間に10分前になりましたのでぼちぼちレストランに戻ることにしました。座って待っていると予定通りの時刻にウェイトレスさんの誘導で着席。
このレストランはビュッフェ形式。食べたいお料理を自分で選んで食べ放題です。
私達もそれぞれお料理をチョイス☆
さあ、食べよう!!\(^o^)/
IMG_1227_20130703230816.jpg
↑私のチョイス・第1段
野菜やお肉、卵等全てというわけではないようですが大体、茨城県内産の食材が使用されています。しかも、カロリー、塩分3控えめだというから嬉しいじゃありませんか(≧▽≦)!
IMG_1228_20130703231322.jpg
外食になるとどうしても偏ってしまう栄養バランス、特に野菜類は不足しがちになってしまいますがこのレストランは野菜が豊富だし、健康を第一に考えているようです
IMG_1231_20130703231615.jpg
血糖値、体脂肪抑制を考えられてる方にオススメの”桑の葉茶”も飲み放題♪
冷たくて美味しかった

続いて、チョイス第2段
IMG_1232_20130703231852.jpg
自分で選べるって楽しいね♪
たくさん食べても控えめでも、金額は同じ。でも、元取ろうとして食べ残すほど取るのは禁物ですよ(笑)
十穀パンは直売所(ファーマーズポケット)のパン屋さんでも販売されています。
香ばしくて1度食べたらハマりそう!!
IMG_1233_20130703232323.jpg
バターなんか要らない!いや、付けてもいいんですけどね^◆^;

そうそう。お料理には全てこのように説明書きが添えられています。
IMG_1236_20130703232140.jpg
アレルギー体質の方の為に赤い文字で表記。
こう書かなくちゃいけない時代になってしまったのね。。。
IMG_1235_20130703232821.jpg
食べ物に関するアレルギーを無くして、みんなが同じ食べ物を食べれるワクチンを発明した人はノーベル賞もんだと思う。。。( ̄- ̄)誰かお願いします
・・・と、独り言でした!

安心・安全をモットーにした森の家庭料理レストラン。「混雑」「長時間待ち」と分かっていても、皆さん利用されているのです。それだけ”イイ”と認められている証拠ですね
これまで、土日限定だったディナーも最近、平日行われるようになりました!
茨城県、特に県央地域にドライブに来られた際、お時間の取れる方は1度、御利用されてみては?
IMG_1237_20130703233456.jpg
これから押し寄せる、T■Pの波に飲まれないように・・・
頑張れ!!茨城の食材達!!

森の家庭料理レストラン(ポケットファームどきどき茨城町店内)
茨城県東茨城郡茨城町下土師字高山1945
Tel:029-219-1161
定休日:水曜日
ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:30~21:00

HP→ポケットファームどきどき茨城町

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

涸沼のうなぎやさん

気がつけば、5月からずっとノンストップで当ブログを更新してきた私・・・
ぼちぼち、適当に休もうかなあ。。。なんて考え始めております^▽^;
近日、予告なしで休ませていただくことになるかと思いますが何とぞ、御了承を
といいつつ、今日も更新します!

涸沼自然公園の紫陽花見物には母も一緒でした。一通り見終えて丁度11:30頃。
「ご飯はどこで食べようか」なんて公園を出て、「水戸・大洗」方面に向かい涸沼に沿うように県道を走ると間もなく見えるお店。
IMG_1219_20130702202538.jpg
この日のランチはここに決定お店の名前は、「うなぎや」さん。超・わかりやすい(笑)
運良く、涸沼が見渡せる窓際の席を確保できました
IMG_1208_20130702202802.jpg
早速、注文します。
うなぎやさんだから、当然うなぎでしょ
母は迷わずうな重、私はメニューに書いてあった”白焼き”というのが気になりましたので(後から、タレを使わずに焼いたうなぎのことだと判明)それを注文します。

はい。こちら「うなぎの白焼き定食」 2,900円なり
IMG_1209_20130702203235.jpg

IMG_1213_20130702203613.jpg
タレを使わないから、うなぎそのものの味を味わうことが出来るのです
小骨に注意しつつ、その味を堪能。さすがに淡白です。でも舌がとろけそう。。。
私の口にこれが入るのは何ヶ月ぶりだろう。。
こちら↓、母が食べたうな重セット☆
IMG_1210_20130702211222.jpg

体力つけて、まだまだ長生きしてもらわにゃ。。。
IMG_1211_20130702211302.jpg

このお店のメニュー。ご飯ものを注文すると必ず”しじみ汁”がつくのです
勿論、涸沼のしじみですよ♪
IMG_1212_20130702204028.jpg
塩、お酒等の調味料だけで仕上げたあっさり味です。しじみのエキスがたっぷり!!
やっぱり、しじみは涸沼!涸沼と言えばしじみ!

しじみ汁は、ここ・茨城町の郷土料理なんです
涸沼を一望しながら食べるしじみ汁なんて、最高!!しかもうなぎ(≧▽≦)ですよ!
これ以上の至福があるでしょうか。。。。(* ̄▽ ̄*)
IMG_1216_20130702211026.jpg

IMG_1218_20130702211859.jpg

IMG_1215_20130702211440.jpg
ネットの口コミを見たところ、星印は5つ星中4つ星ないし3つ星半。
だけど、私達の中では5つ星
IMG_1214_20130702211723.jpg
「うなぎや」さんではうなぎの蒲焼やしじみのお持ち帰りもできます
お店の方にご確認ください!

うなぎや
茨城県東茨城郡茨城町大字下石崎2277
Tel:029-293-7018



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

涸沼総合公園の紫陽花

今日のお昼ごろ、茨城町の味噌工場で大火事が発生したそうです
工場は全焼。幸い、従業員の方は全員避難して怪我人が出なかったのが不幸中の幸いでしょうか。。
原因は現在、究明中とのことですが怖いですねえ。。。
皆さんもどうか、お気をつけくださいね
前置きでした!

では、本日の記事を書かせていただきます
前回の記事で触れているとおり、涸沼総合公園の紫陽花を観に出かけてきました
ちょっと、公園内の案内図など^^
DSC_1015.jpg
公園はかなり広いです(>_<)で、紫陽花の花が咲いているのは紫の○で囲った部分。
イベントが開催される日には、赤丸のイベント会場にてちびっこダンスや郷土の御囃子演奏etcが行われます
ちなみに7月6日(土、雨天の場合は翌日7日)が、イベントデーであります
IMG_1145_20130701213656.jpg
開催は10:00~16:00 水戸ご当地アイドルも来るヨ♪
しじみ汁の無料試食やいろいろな体験コーナーもありますので皆さん、御誘い合わせの上是非、お出かけください

さて、イベントのないこの日はいたって静かでしたので落ち着いて紫陽花の観賞が出来ます
ここでしか見られない紫陽花がいっぱい!
”あじさいの谷”と名付けられたそこには、いろいろな種類・いろいろな色した紫陽花が・・・
蚊に刺されるの覚悟で(笑)、奥まで歩いてみました。
IMG_1171_20130701214438.jpg

「あじさい通り」と書かれた案内板に従って。。。
IMG_1183_20130701214828.jpg

IMG_1184_20130701215038.jpg

IMG_1186_20130701215238.jpg

ストライプ(?)、少なくとも我が家の庭では見られない(*^-^*)
IMG_1187_20130701215259.jpg

これも珍しいかな?
IMG_1188_20130701215719.jpg

「あじさいの谷」の高台の方にある紫陽花は、野趣溢れる大自然の中、”自然のまま”咲いているもの達。
その光景は例えるならば、”紫陽花の聖域”といったところでしょうか。。。
IMG_1191_20130701215923.jpg

IMG_1192_20130701220127.jpg

IMG_1193_20130701220305.jpg

カシワバアジサイの小路も素敵。。。
IMG_1195_20130701220352.jpg

”やっと、紫陽花の名前が出て来たね!”なんて突っ込まないでください(笑)
IMG_1196_20130701220451.jpg

一つ一つの名前は知らなくても、いろいろな色・それぞれ個性的な花弁。。。それらを見比べているだけでも楽しいものですよね☆
足の運動と目の保養が同時に出来るなんて、素敵じゃないですか!
IMG_1176_20130701220608.jpg

最後に、優しい色した紫陽花の画像など
IMG_1199_20130701220854.jpg

今週末、つまりイベントデー位までが丁度見頃かと思います。
初夏を彩る花=紫陽花で彩られた涸沼自然公園に、遊びに来てみませんか?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-