月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

春爛漫、古河総合公園<その二>

あらためてご紹介いたしましょう古河総合公園のことをざっと簡単に。

駐車場から公園に入る途中で、記念碑のようなものが目に止まりました。
IMG_0049_20130331215037.jpg

気になり、立ち止って見てみると「メリナ・メルクーリの小路」と刻まれています
IMG_0050_20130331215233.jpg
メリナ・メルクーリというのは、ギリシャのアテネ出身の女性の名前(1920生誕~1994没)で政治家の祖父と父親を持つ、女優であって政治家として活躍された方だそうです。詳しくはウィキペディアで→メリナ・メルクーリの生涯
彼女にちなみ1997年に文化景観の保護に尽くした企業・団体を讃えるための「文化景観保護と管理に関するメリナ・メルクーリ国際賞」という機関がユネスコにより設置され、2003年にここ・古河総合公園が受賞したそうです

世界が認めるこの公園、素晴らしくないはずがあるでしょうか・・・?
IMG_0038_20130331220055.jpg

桃に桜、そして場所によっては菜の花も見られました(*^_^*)
IMG_0023_20130331220142.jpg
ピンクと白に黄色・・・まさしく色とりどり
菜の花はまだ5~6分咲き位でしょうか・・・。でも満開まで時間の問題でしょう(*^_^*)
IMG_0021_20130331220510.jpg
春の花が一度に楽しめるなんて。。。
こんな春、滅多にないでしょうね♪

さて、実はこの公園に訪れたのは初めてではありません。
当時いただいた案内パンフレットの日付を見ると、”平成20年3月20日~”と書かれていましたのでおそらくその時でしょう。丁度5年前、その時は母も同行していました。
母と一緒に来た時にも訪れた、”浄円坊の池”を訪れてみる私。
IMG_2167_20130331220752.jpg

水面に映った桃の色が、とっても素敵・・・
IMG_2169_20130331221126.jpg

IMG_2171_20130331221242.jpg

ピンク色に染まった池の水面を、数匹の鴨が泳いでいました。
IMG_2178_20130331221338.jpg
水面に映った桃の花を、食べ物だと勘違いしたのかな?水面をくちばしでつつきながら泳いでいく姿がなんとも可愛かった。。。

IMG_2173_20130331221640.jpg

IMG_2174_20130331221751.jpg
水辺の畔って、やっぱり和むなあ。。。
桃の花も映えます。

さて、公園の中央にある広場に設けられたイベント広場では、焼きそばやたこ焼き等の”定番屋台グルメ”は勿論、ラーメンに豚汁、それに古河市の特産品の販売が行われていました
IMG_2179_20130331222101.jpg

で、私が”ここに来たら絶対、買って帰るゾ!”と既に心に決めていたフード
IMG_2180_20130331222511.jpg
市内に店舗を構える、”餃子の丸満”さんの名物餃子!
これです
IMG_2182_20130331222721.jpg
普通の餃子は三日月型だけど、これは丸い俵型。これだけでも珍しいでしょう
持ち帰って我が家の夕飯のおかずになりました!
御味の方は後ほど^皿^

「花より団子」・・・でも私の場合、花も団子もアリね
フード屋台が並ぶ場所でも、桜満開です。
IMG_2191_20130331223038.jpg
古河総合公園の美しいところ、これだけではありません。
まだまだ紹介させていただきますね♪
公園内に設置されている、この「天神橋」を渡って。。。
IMG_0008_20130331223911.jpg
果たして、この橋の向こうにあるのは・・・?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2013/03/31 22:40 ]  古河市 | TB(0) | コメント(2)

春爛漫、古河総合公園<その一>

今日の茨城県は1日、お日様が出ることなく時折雨がちらついた、肌寒い曇り空でした。
でも、そんな曇り空をも晴れやかにしてしまうほど素敵なものを観てきました
IMG_2150_20130330212622.jpg
そう!先に携帯投稿させていただいたとおり、古河桃まつりへ行ってまいりました(^^)ゞ
例の如く、数回に分けて記事を書かせていただきますのでどうか、お付き合いを御願いたします

水戸の自宅を8:30頃出発し、公園に辿り着いたのは11:00になろうとしていた頃でした。
相変わらず駐車場内は混雑していたものの、運良く公園にほど近い駐車場に愛車を停めることが出来た私。
車から降り、ドアをロックして公園内に入ったらたちまち、目の覚めるような光景が・・・(*゜▽゜*)
IMG_2152_20130330212237.jpg
桃と桜が同時に満開!!(≧≦)

なんと!桜が満開になり、桃と桜が同時に楽しめます。
IMG_2154_20130330213251.jpg
3月に入ってから気温が上昇し、桜の開花が早まったおかげで桃のシーズン中に桜が見事に満開となっていました桃まつりのスタッフさんによると、このような事は滅多にないとのこと。
まさか桜の花見までできるとは思わなかった!得した気分
IMG_2158_20130330213710.jpg

やっぱり、目が覚めるほど鮮やかな花桃の林に。。。
IMG_2157_20130330214122.jpg

桃のトンネル。。。
IMG_2161_20130330214227.jpg
無数の桃の花が、私を呼んでいる・・・さあ、行きましょう!
で、その前に(*^_^*)

観光大使・桃むすめさんをパチリ☆
IMG_2160.jpg
園内の桃に負けない、チャーミングで美しい桃むすめの御二方。
撮らせていただいて、ありがとうございました

”花桃”といっても、この公園に咲いているものは種類が豊富で注意して観ると5種類もの種類があるそうです。
同じピンク色でも、濃かったり薄かったり・・・。
知識に疎い私は、その色の違いを見比べているだけで楽しめました。
IMG_2156_20130330214627.jpg

IMG_2162_20130330214914.jpg

これから開花する花もあります
IMG_2163_20130330215000.jpg

お!同じ枝に色違いのものが咲いていますね
IMG_2164_20130330215123.jpg
パンフレットの説明によりますと、おそらくこれは”源平”という品種だと思います。
一本の木に紅白の花が咲き、源平(源氏・平家)の旗の色にちなんでそのような名前がついたのだとか。
IMG_2176_20130330215532.jpg
ストライプ(?)模様も素敵だね

雨露に濡れている姿も美しい・・・・
IMG_0031_20130330215744.jpg

公園内はメチャ広し!さて、どこからどう、廻りましょね。。。
DSC_0750.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/30 22:02 ]  古河市 | TB(0) | コメント(2)

古河総合公園なう


残念ながらお花見日和とは言い難い天候ですが。

やってきました!

古河桃まつり(*≧∀≦*)!
 [ 2013/03/30 13:08 ]  携帯から生中継 | TB(0) | コメント(0)

さようなら、オープンロケセット!

映画『桜田門外の変』のロケ現場として使用され、その後はイベント等で使用され、たくさんの人に親しまれてきた桜田門外の変オープンロケセットが、既に皆さんもご存じの通り今月31日をもって閉館することになりました
IMG_1995_20130329214212.jpg
明日30日と、31日は無料開放が行われます。
まだご覧になられていないという方は、この機会に是非!!

私が訪れたのは映画公開前と、後の通産2度ですね。
1回目は母と一緒に見学しました。親子で並んで記念写真なんて撮ったっけ
→過去の記事その1http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-754.html

確か東日本大震災が発生する前月、水戸ではかなりの量の雪が降りました。
造り物の人工雪の上に、リアル雪が降った様子を見た時のあの感動・・・今でも忘れません
→過去の記事その2http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-974.html

2010年のOPEN以来水戸市の観光スポットの一つとして活躍してきたロケセットも、その役目を終え去っていくのですね。。。風の便りに話によると閉館後の予定は未定、建物は解体され、更地に戻るとか。
あくまで私個人的な気持ちとしては、建物だけでも残し今後もイベントや様々な企画で活用できないものかと願うところですが、維持費など諸事情があってのこと、素人が余計な事を言うもんじゃありませんね
それに、当初は映画公開終了後の春(2011.3)のうちに解体される予定だったところ、2年延長したわけだからよく頑張りました
あの東日本大震災も乗り越えたんですもんね

何はともあれ、
3年間、お疲れ様、

そしてありがとう!!

桜田門外の変オープンロケセットさん。


思い出の品々。。。
DSC_0746.jpg

DSC_0747.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/29 22:16 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

おお、水戸二中!

カレンダーを少々、戻しまして。
はや10日前になりますが、先日水戸市の弘道館を訪れた時のお話を

弘道館の正面に見える橋(大手橋)を渡ると周りは土手のようなもので囲まれている様子が見られます。
これが、水戸城の土塁であります。向かって左手には水戸藩初代藩主・頼房公のブロンズ像が建っています。
IMG_2108_20130327212404.jpg

で、その一寸先には水戸二中とその向かいに茨城大学附属小学校そしてその隣に水戸三高、その奥が水戸一高(本丸だったところ、校門前には薬医門と呼ばれる史跡があります)がそれぞれ立ち並んでいます。
何を隠そう、水戸二中はわが母校であります

さて、風の便りでその水戸二中が校舎を大々的にリニューアルしたという情報を耳にしまして、
”ちょっと見てみようかな”と、お散歩がてらやってきたのですが。。。。。


IMG_2109.jpg
え?何これ中学校??

IMG_2110_20130327214132.jpg
今月いっぱいで一般公開を終了する、千波湖の桜田門外の変オープンロケセットのようですが、これが校門です。
で、校門の隙間より校舎を覗いてみると。。。
IMG_2116_20130327214311.jpg
え~~~~~~?何ちょっと!!凄過ぎじゃんコレ!!
おそらく、かつて水戸城が在りし日ここは二の丸があったというとこにちなんで、このように武家屋敷風の洒落た造りにしたのでしょうか
私が学生時代に利用していた校舎の面影がまるでナシ
DNAに微量ですが、”歴女”が混ざっている私には、ここで勉強できる在校生が羨ましくて仕方がありません

「大日本史編纂の地」の碑と、彰考館の碑。これは私が通学していた時もあった気がします。
IMG_2111_20130327214844.jpg
「大日本史」・・・水戸藩第二代藩主:光圀公(”水戸黄門”で御馴染の)により1657年より編纂が行われた歴史書です。光圀公存命のうちには終わらず、その後藩が引き継いで完成したのは既に年号も明治となった1906年でした。大日本史の編纂は、水戸藩あげての大事業だったようです^◆^;
IMG_2112_20130327215820.jpg
彰考館・・・「大日本史」編纂の際の支局として使用された施設です。明治時代になると、県立図書館として使用されたそうです。その後、教育参考館という経緯を経て太平洋戦争後、わが母校の水戸二中となりました

水戸城の城址そして、大日本史編纂の地でもあった水戸二中ですから、この他にも歴史的価値のある史跡を持つ学校なのです
ですから、校門の脇にはこんな資料館まで作られちゃった!
IMG_2113_20130327220900.jpg

その名も・・・「二の丸展示館」
IMG_2114_20130327221346.jpg

水戸城・二の丸に関する資料をはじめ、大日本史に関する資料やいにしえの水戸二中の写真etcが展示されています。入館は無料。
IMG_2117_20130327221536.jpg
学校内は勿論、関係者以外は立ち入り禁止ですがこの展示館は誰でも気軽に入ることが出来るようですので弘道館に御越しになられた折にはちょっと立ち寄られてみてはいかがでしょう?
この学校を卒業されたという、OB・OGの方ならもしかすると同級生に偶然バッタリ!なんてこともあるかもしれませんね(*^_^*)

4月より、水戸二中に入学される皆さん。
水戸藩の御城・水戸城の歴史がたくさん詰まった由緒あるこの学校で学べることに誇りを持ち、勉学に部活動に励まれてくださいね

水戸二中の学生諸君よ、

若くあれ、気高かれ、そして

望みあれ永久(とわ)に!!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/27 22:25 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

洋菓子屋さんの甘食~グリュイエールのミルク甘食

青柳晋先生のリサイタル(前回の記事を参照ください^^)観賞後、帰路についた私。
自宅で待つ母に、せめてお茶菓子の一つでも・・・と、帰り路途中の「笠間工芸の丘」に売店があるのを思い出し、
立ち寄って行くことにしました。

前回訪れた時に東日本大震災の被災で崩れたままになっていた登り釜、
今回訪れたみると・・・
(*゜▽゜*)!!
IMG_2128_20130326215311.jpg
まだ完璧ではありませんが、釜が甦ってます(≧≦)!!
良かった、良かった
IMG_2129_20130326215731.jpg
嗚呼!!後光が差してるじゃありませんか!!(笑)
再び、この釜を使って体験教室に参加された人達が作品を製作できる日が来るのも近いかもしれませんね^^。

この登り釜の正面にある売店に入り、店内にあるグリュイエールさん(本店は笠間駅前)で、こんなスイーツを買ってみました
IMG_2132_20130326220732.jpg
横から
IMG_2133_20130326220932.jpg
ミルク甘食
これを見て、”懐かしい~!!”と思われる方いるかな?
洋菓子屋さんで甘食?と少々、ミスマッチな感もなくありませんがお店の人気商品だそうなので買ってみました

IMG_2134_20130326220910.jpg
小麦粉とミルクを練ったものにベーキングパウダーを加えて焼いた、超・シンプルなお菓子。
表面はどっしりと安定しているけど、割ってみるとふわふわとソフトなスポンジ。
それでいて、一口食べるとミルクの甘さが香ばしい
駄菓子のような、パンケーキのような。。。本当に、素朴な味です(*^_^*)
IMG_2136_20130326221503.jpg
ふわふわしていてミルキーだけどノンオイルですからパサパサしますので、コーヒーや紅茶、ココア、またはホットミルク等と一緒に召し上がられることをオススメいたします

母が”懐かしい!!”と言いつつ、既に2個食べてしまったとか
うかうかしてたらなくなってしまう!!(笑)

”シンプル・イズ・ベスト!”という言葉は、このお菓子の為にある言葉ですねきっと
高級な洋菓子屋さんの素朴なおやつ。
こういうのもいいですね(*^^*)♪

笠間洋菓子グリュイエール
http://www.kasamagashi.com/


 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/26 22:27 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(0)

クールシュベール国際音楽アカデミーinかさま、開催中!

笠間市の北関東道・友部IC付近に立てられた、複数の幟。。。
(※画像は、帰宅の際撮影しました。)
IMG_2130_20130325211347.jpg
街中に入ると、このような幟がいくつも立てられています。
こちら↓は、コンサート会場となった笠間公民館で。
IMG_2124_20130325211550.jpg
先日、当ブログで告知させていただきました、例の長ったらしい名前のイベント
覚えていらっしゃるでしょうか?
去る24日の日曜日、早速行ってまいりました
当然、この日もコンサートが開催されましたがここに来る前に立ち寄ったのは市内(といっても、旧友部町)の茨城県教育研修センターという施設。
教育研修センター経路図

IMG_2119_20130325211944.jpg

IMG_2121_20130325212012.jpg
「音楽による街おこしを!」をモットーに、今月30日まで開催されている”クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさま”。
この研修センターでのプログラムは、優秀な演奏家を育てる為に笠間に来られた一流の先生方が、これからの世を担う若いピアニストやヴァイオリニストの卵達にレッスンを施します。そのレッスン光景を私達一般人も聴講できるのです。(聴講料1,000円 24~30日10:00~17:30位まで。但し24日と29日、30日は14:45最終)
が、レッスンといっても受講する生徒達は皆、選ばれた子供達。学習する曲はピアノもヴァイオリンもベートーヴェンにショパンにリストやドビュッシーetc、ハイレベルな曲ばかりなのです・・・
素人のお子ちゃまの演奏だと決して馬鹿にしてはいけない。。。
ピアノの講師をされてる方、あるいはご自身がピアノの勉強をされてるという音楽専門学校、または高校や大学の音楽科の生徒の皆さんは参考になるかと思いますので、期間中笠間に御越しになられるのが可能でしたら聴講される価値ありかと

午前の部のレッスン聴講を終えた後、今度は笠間の市街地にある笠間公民館へ移動しました。
今度はプロの演奏です。
IMG_2122_20130325214617.jpg
この日演奏されたのは、世界を舞台に活躍され、国内でもリサイタルは勿論オーケストラとの共演から室内楽まで幅広く演奏活動を行われているかたわらで、東京芸術大学や桐朋学園大学の講師としても活躍されている、青柳晋さん。
シューベルトの即興曲D946やリストのハンガリー狂詩曲第2番他、ダイナミックかつエキサイティングな演奏に魅了されてしまった私・・・
DSC_0728.jpg
演奏終了後にいただいたサイン(*^^*)♪
こんな感じで、期間中のコンサート会場では演奏された先生方のサイン会も行われてるようです。
コンサート会場でいただいたプログラムが、そのままサイン帳として使えるのですが既に何人かの演奏者のサインで埋め尽くされていた方もいらっしゃったっけ。。。もしかするとクラシックファンの方にとっては、スタンプラリーを楽しむのと同じ感覚なのかな?(笑)

思えばここ最近、落ち着いてクラシック音楽に耳を傾ける事等なかった私(マイカーの中は大抵、70~90年代の洋楽かXジャパンだもん)。久々にゆっくりと聴くクラシック音楽は日頃のストレスや苛立ち、わだかまりをほぐし、その代わりに私の心に和みと安らぎを与えてくれました。。。
クラシック音楽の持つ純粋で素直な旋律がストレートに脳に届くから、邪念なく聴くことが出来るのだと思います。やっぱりクラシックはいいなあ。。。
同時に、暫く放置し最近ちっともかまってあげなかった我が家のピアノを思い出し、反省。。。
IMG_2125_20130325230552.jpg

妄想に偏りそうになってしまいましたので、これ以上の深追いはやめます

前回の記事でも触れましたように、期間中のコンサート・公開レッスンの聴講料は1,000円均一となっていますが、”それじゃ高い(>_<)”!”という方には「街角コンサート」という企画もありますよ
クラシック好きさんは勿論、普段はクラシックに耳傾けることなんてないなあ、という方もぜひお時間ありましたら遊びに行ってみてはいかがでしょう?
IMG_2126_20130325230449.jpg

音楽による街おこし、が始まって早9年。やがて「笠間市交響楽団」「笠間フィルハーモニー管弦楽団」等という名前で市をあげてのオーケストラ楽団が結成されてしまうかもしれませんね
私にはそれが夢じゃないような気がしてなりません
IMG_2127_20130325230634.jpg

第9回クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさま(笠間市HP内)
http://www.city.kasama.lg.jp/dir.php?code=1935


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

※今回の記事は、絡みにくい内容かと思われますのでコメント欄は閉じさせていただきました
 [ 2013/03/25 23:11 ]  笠間市 | TB(0) | CM(-)

古河桃まつりと桃ジュース

次々と、桜の開花が発表される中ついにわが茨城県でも龍ヶ崎市の般若寺というところで満開を迎えたというニュースが入ってきました
このまま温暖な気候が続けば他の場所も満開は時間の問題、うかうかしてたら本当にせっかく見頃となった桜を見逃してしまいそう

さて、梅、桜・・・ともう一つ、お忘れになっていませんか?
桃(花桃)を。
IMG_0689_20130322212152.jpg

桃、といえば・・・古河の桃まつり!(≧▽≦)
そう。去る20日より来月7日までの間、古河桃まつりが開催されています。
場所は古河市の古河総合公園というところ
IMG_0001_20130322212357.jpg
詳しくは、観光協会さんのHPをご覧ください古河桃まつり(古河観光協会)
公園内では郷土芸能や歌謡ショー、フラダンスやキッズダンス等のイベントが期間中必ず行われています。又、野点や筑波山の名物芸能・ガマの油売り口上等も行われますよ(*^_^*)
そして、古河市の特産品の販売も行われています。

何かと賑やかなこのイベントですが、やっぱり何と言ってもメインは園内に咲き乱れる赤やピンクや白の無数の花桃が主役!
IMG_0647_20130322213101.jpg

広大な総合公園内を彩る、たくさんの花桃・・・これらを眺めながら食べるお弁当の味は、どれだけ美味しいでしょうね。。。
IMG_0676_20130322213137.jpg
あれだけたくさんの桃が咲き揃う公園は、少なくとも県内他にありません
観光協会さんのHPで確認させていただいたところ、今日現在で既に見頃となっているそうです。
私は今月30日に訪問する予定ですが、それまで持ちこたえていてくれ~!!(笑)

この公園に咲いている花桃は全部で5種類だそうです。寒白、矢口、源平etcの名前がそれぞれついています。
それらを探して、違いを見比べてみても面白いかもしれませんね。
IMG_0678_20130322215249.jpg
↑寒白

「日本一の花桃の里」・・・皆さんもお出かけになられてみませんか?
これから観に行かれようと思っていらっしゃる方、お車の場合駐車場がかなり混雑、付近もかなり渋滞するかと思われますのでどうかお気を付けてくださいね

さて、そんな私が選んだ御土産品
今回のオススメはこちら↓
DSC_0552.jpg
桃ジュース:「ももかのじいじがつくった古河の味」
こちらは東京銀座の茨城マルシェで購入したものですが、おそらく現地でも販売されてるはず
桃果汁が少し入っています。
パックを開封したと同時に香る桃の香り、グラスに移せば淡い桃色・・・。
DSC_0554.jpg
とても甘~い、桃の味です。それでいて後味スッキリ
喉が渇いた時なんかサイコー!!もう、市販の”桃の●●水”では物足りないかも?!ヒュ~ヒュ~♪(笑)

この桃ジュースを利用して、”オリジナル(?)カクテル”等作ってみたりする私でした^^
裏ブログでそのレシピを公開しています。既にご覧になられた方もとりあえず→(裏ブログ記事)

花桃をたっぷりと堪能された後は、桃ジュース”ももかのじいじ~”で喉を潤し、歩き疲れを癒されてから御帰りになられることをオススメいたします(*^_^*)
※「桃まつり」チラシとジュース以外の画像は、数年前に古河総合公園を訪れた時のものを使用させていただきました!

古河総合公園
茨城県古河市鴻巣399-1


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

 [ 2013/03/22 22:05 ]  古河市 | TB(0) | コメント(6)

水戸市も桜開花宣言!

本日21日、水戸地方気象台にて水戸の桜の開花が発表されました
今年は全国的に桜の開花が例年よりも早まるという噂を聞きましたが、その通りに東京・上野を始め各地の名所で開花し始めているようですね(*^_^*)
どうやら茨城県でも例外ではなかったようで、土浦では来月7日に開催される桜まつりイベントを待たずに満開を迎えてしまうのでは?と関係者の間で不安が持ちあがっているとか。

こういったニュースを目にしていた私。
既に裏ブログで写真を載せていますがもしかすると・・・?という思い、水戸市の大塚池を訪ねてみたたら・・・
!!
DSC_0716.jpg

やっぱり、咲いてた!!(≧▽≦)!!
水戸市の市街地、それもインター付近にオアシス的な存在でぽっかりと存在する大塚池。
ここも、隠れた桜の名所なのです
さすがに満開とまではいきませんが、結構見頃になってきました(*^_^*)
このまま穏やかで温暖な日が続けば、来週あたり満開となるかもしれません。。。
DSC_0709.jpg

DSC_0711.jpg

DSC_0717.jpg
梅がようやく開花した、そして満開の見頃となった・・・と思っていたらあっという間に桜の開花時期を迎えちゃいました。うかうかしていると、桜の名所で次々に見頃を迎え満開となってしまいそうです^^;
DSC_0719.jpg

そういえば今日、水戸市三の丸の庁舎前にあるお堀の桜も開花が始まったそうです
満開見込みは約1週間後位になるとか。来月5,6,7日の3日間は毎年恒例のライトアップも開催されますよ!
(いづれの日もライトアップ時間は18:00~21:00)→お堀の桜ライトアップ告知ページ

梅の次は、桜
季節はすっかり春ですね

おまけの画像:
天使か?妖精か?大塚池に咲く、こぶしの花も綺麗でした!
DSC_0721.jpg

DSC_0722.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/21 21:17 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(2)

クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさま、開催されます!

長いタイトルで恐縮です
フランス有数のリゾート地・クールシュヴェールというところで毎年夏に開催される、クールシュヴェール夏季国際音楽アカデミーというプロジェクトを御存じの方、いらっしゃいますでしょうか。。。
私は高校時代の友人から聞いて初めて知りました(笑)しかも、はじめのうちはなかなか覚えられなくて”クールシュヴェール”と発音できずつい”クーヴェンチュール”と言ってしまいそうになったり
まあ、そんなことはどーでもよいですね

この国際アカデミー、世界各地の主要音楽大学から60人もの教授と600人もの受講生が参加するヨーロッパ屈指のアカデミーなんだそうな
内容は、世界でもトップクラスと言われる演奏家(ピアノ・ヴァイオリン)を講師に迎え、未来の一流音楽家を目指す受講生へのレッスンや演奏会etcです。いわゆる大規模な勉強会というわけでしょうか(*^_^*)

その”ヨーロッパ屈指”の音楽アカデミーがなんと、わが茨城県の笠間市でも開催されていたのです
IMG_20130320214928.jpg
世界を舞台に活躍する若手音楽家を育てよう、という意味と芸術の街・笠間で知られている笠間市で、音楽による街づくりを目指そうと、2005年より開催されているそうです。
クールシュベール国際音楽アカデミーinかさま(笠間市HP)
これが明日、3/21より3/30の土曜日までの10日間にわたり、笠間市内で開催されます
笠間公民館をはじめとする、笠間市内の各所が会場となり10日間はクラシック音楽があちこちで響くことになるでしょう。。。
しかも
期間中に開催されるコンサートの入場料はなんと!!
どのコンサートも、1000円ポッキリ(22日に開催される、”スーパークラシックコンサート”のみ1,500円)で聴けちゃうんです演奏される先生方は皆、世界的に活躍されてる方ばかり。その演奏を1,000円で!!
こんな企画が、そうあちこちあるでしょうか・・・。

他、笠間市内の茨城県教育研修センターという施設での”アカデミーレッスン”(公開レッスン、聴講料1,000円、但し笠間市民は無料)や笠間稲荷神社内の稲光閣やショッピングセンターポレポレ(ジャスコ笠間店)等で開催される”無料”コンサートも開催されますよ
アカデミーレッスンは、2011,2012東日本大震災の影響で中止となり今回は3年ぶりの開催だそうです。
プロを目指す学生さん達が全国から集まり、受講します。
一流の演奏家に師事を受け教えを請う、演奏家の卵達の姿を温かい目で見守ってあげようではありませんか

笠間市をまるごと、コンサート会場に使用した大規模なクラシックコンサート。
クラシック音楽ファンは是非、お出かけになってみてください

詳しい情報はこちらを→クールシュベール国際音楽アカデミーinかさま(笠間市HP)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/20 22:20 ]  笠間市 | TB(0) | コメント(4)

弘道館の梅

水戸藩の藩校、弘道館。。。
2年前のあの東日本大震災の被害を受け、損壊が激しい為に暫くの間立ち入り禁止となっていました
(その時の記事→弘道館の梅(被災後)
あれから2年・・・
ブログ用1

”立ち入り禁止”の貼り紙はさすがにありませんが、建物は現在修復工事の為入館できません。
ですが、敷地内は自由に入れるようになりました。
ブログ用3
弘道館館内が現在、見学不可となっていますので入場料は無料となっています。はじめ私はそれを知らず、入場窓口でチケットをこれまで通りに購入しようとしたところ、受付の方から「只今、無料で開放しています」と告げられました。
入り口(トップ画像の右横)からは、垣根越しに梅の花が咲いてるのが見えました。
ブログ用2
まさしく、”弘道館の春”!思えば大震災直後、様子をうかがいに訪れた時もこうして垣根越しに咲いてる梅を眺めたなあ。。。

偕楽園の梅が満開となりましたが、ここもすっかり見頃でした!(≧▽≦)
ブログ用4
”月影”・・・だったっけかな?

こちら↓白とピンクのストライプのような模様になってる、ちょっと珍しい梅。
IMG_2090_20130319220850.jpg

偕楽園程の規模ではありませんが、ここも”梅の名所”。観光客の方もたくさん訪れられています。
水戸に御越しの際にはぜひ、偕楽園とセットで見物していただきたい観光スポットといえましょう(*^_^*)

ブログで掲載済みの画像も含め、デジブックでスライドショーを作成いたしましたので、よろしかったらご覧くださいませ


今年は桜の開花が早く、既に東京・上野や愛知県名古屋では開花宣言が発表されたそうです
こちらも今年は早いかもしれません。
もう少しすれば、ここ・弘道館の左近桜や偕楽園広場のソメイヨシノ、そして弘道館付近にある旧三の丸庁舎の”お堀の桜”が開花することでしょう。。。

水戸市は今まさに、”春らんまん”モードです

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

参考までに、開館していた頃の弘道館の様子がコチラ→水戸藩大学=弘道館(大震災前)
 [ 2013/03/19 22:17 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(2)

夜梅祭後夜祭

暫く水戸記事が続きますが、何卒ご了承を^^;
先日、3月16日の土曜日に、高校時代の友人と会い別れた後ですっかり日没を迎えた偕楽園を訪れました
IMG_2015_20130317183049.jpg

IMG_2016_20130317183158.jpg
本来は既に、店じまいをしている時刻なのですがこの日は特別。
そう、夜梅祭の後夜祭が行われていたのです。
IMG_2019_20130317183303.jpg
夜梅祭の本祭は3月2日(土)に開催されました。この日開催されたのは後夜祭。
夜梅祭ほどの規模ではありませんでしたが、つつましくも音楽ライブ等のイベントが中央の広場で開催されていました
IMG_2030_20130317192702.jpg
又、日中ほどの賑わいこそないものの屋台も出ていました。
イベントが開催されていた広場の片隅で、とん汁とおみくじを販売していました。
IMG_2043.jpg
この時間、冷たい風がふくようになり気温も下がって肌寒さを感じる頃でしたので、温かいとん汁の売れ行きは好調だったみたいです。
その脇ではおみくじ(恋みくじ)の販売も(*^_^*)
IMG_2044_20130317193118.jpg
勿論、買っちゃった♪
結果は・・・
IMG_2046_20130317193309.jpg
なんだか、素敵なことが書いてある。。。。でも(・・)
実はその下に、ちょっと首傾げることも書いてありました。それに関しましては後ほど、裏ブログで。

では、夜の偕楽園の梅を観て行きましょうね
やや強い、冷風に邪魔され”もう、嫌!!”と、泣きながら(?)やっと撮った写真です。
IMG_2020_20130317193655.jpg

IMG_2031_20130317193806.jpg

IMG_2035_20130317194716.jpg

夜の偕楽園は、日中とはまた雰囲気が違いライトアップされた梅の花達がなんとなく幻想的。。。
その”夜梅”に魅せされた人達が皆、暫し立ち止りカメラや携帯を向け、シャッターを押していきます。
IMG_2038_20130317195002.jpg

IMG_2022_20130317195136.jpg
友達同士で、カップルで・・・あるいは家族で。。。

IMG_2037_20130317202117.jpg

IMG_2039_20130317202209.jpg

梅と松のコラボレーションです
IMG_2042_20130317202255.jpg

寒さに少し凍えつつも、梅の花に魅入り”光の道”を進んで中央広場に出てみると、ここでは夜梅祭(本祭)同様に、無数のろうそくの灯りが夜の偕楽園を照らしていました
IMG_2053_20130317202914.jpg

優しく、どことなく暖かく、そして幻想的に。。。
IMG_2056_20130317203140.jpg

IMG_2060_20130317203245.jpg

ろうそくが作る、幻想的な輪の中ではライブが行われている最中。
IMG_2058_20130317203443.jpg
ボーカルのお兄さんがラップを熱唱していましたが、観客のノリはいまいち
”みんな~、水戸を愛してるか~?!!”と叫んでも、観客の反応が・・・
心の中で、”誰か一人くらいノってあげなよ”と思いつつもスルーしていた私(・・;)
絡みにくく、ノリの悪い水戸っぽを許して(笑)

この後も、ダンスや和太鼓演奏等のステージイベントが進行してましたが、あまりの寒さに耐えられず(日中の暖かさでこの時の私は薄着だったの)又、道路の混雑も予想されたため早々に退散することにしました。
IMG_2064_20130317204119.jpg
幻想的な梅の花のライトアップは、今月24日まで行われます(*^_^*)
お店も屋台もないけれど、静かで幻想的な偕楽園もまた良いものですよ☆
”夜の偕楽園なんて、行ったことないよ!”という方、期間中お時間の取れましたら暖かい服装で是非、御越しになってくださいね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/17 20:55 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(6)

水戸駅北口も梅まつり

本日、東京で桜の開花が始まったそうですね
確実に春は来てるのですね。。

さて、今日久しぶりに水戸駅を利用した私。
北口広場(黄門さま・助さん・格さんの像がある側)に出てみたら梅の苗木が陳列されているのに気付きました。
IMG_1996_20130316230046.jpg
そういえば、梅まつりが始まる前にニュースでやってたっけ。
”水戸の梅香径(うめかおるみち)”と称し、北口の3商店会の合同企画としてこのようにペディストリアンデッキ等に梅の苗木を飾り、観梅に来られたたくさんのお客様達を歓迎しよう!という企画。
IMG_2000.jpg
苗木を囲っているのは、2011.3.11の津波被害に遭った陸前高田市の流木だそうです。

IMG_1999.jpg
気にも留めずに通過する人、立ち止って眺める人様々ですが、梅の開花が遅れていて咲いてる花が少ないせいか、写真を撮られる方は少ない模様
もっとも、毎日駅を利用されてる方はもはや気にならないのかもしれませんが。
写真ならむしろ、黄門さまの像の前で撮られてる方の方が圧倒的でした。
偕楽園に咲いてるものと比べると、遥かに花弁も小さいです。
IMG_1998_20130316230944.jpg

IMG_2002.jpg

IMG_2008_20130316231229.jpg

まだ蕾なものもありますね(*^_^*)
IMG_2010_20130316231311.jpg

この”プチ”梅まつりの開催は、確か今年初です。期間中は、この北口広場でイベントも行われたようですよ!
思えばこれまでは、「梅まつり」の幟と、駅入り口の横断幕だけでしたからねえ。。。
水戸に観光に来られた人達に、少しでも喜んでもらおうといろいろと皆さん、お考えのようですね
その願いが叶い、水戸市の活性化、そして駅前の活性化に繋がるとよいのですが。。。
IMG_2013_20130316231439.jpg

梅は黄門さま御一行の像のそばにも。
IMG_2012_20130316231729.jpg

そして、あの”奇跡の大銀杏”のそばにも
IMG_2001_20130316232738.jpg
IMG_2002_20130316232819.jpg
可憐な梅の花たちよ!どうか水戸市に活気と潤いを与えておくれ!!

駅構内に戻ると、改札口の付近に偕楽園の梅の開花状況が告知されていました。
今はすっかり、見頃です。
DSC_0691.jpg
並びに臨時駅・偕楽園駅のご利用案内も(*^_^*)
梅まつり期間中の今、偕楽園駅も”駅”として大活躍です。
IMG_1978_20130316233316.jpg
例年はせいぜい、御彼岸の御中日位までしか営業していませんでしたが今年は期間最終日の3月31日までの土日祝日、営業しているそうです。(但し、時間は9:10~15:30の間に運行される下り線(特急含む)のみ
今後は明日17日の日曜日と、20日・23日・24日・30日・31日ですね。
他、水戸駅からも偕楽園行きのバスが出ておりますので、御利用ください!
詳しくは、水戸観光協会さんHPにて→http://www.mitokoumon.com/
IMG_2011_20130316233739.jpg
見頃となった、偕楽園の梅そして水戸の街へ是非御越しください!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/16 23:41 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

偕楽園の梅まつり~2013~<後編>

梅の都・水戸が誇る観光スポット、偕楽園。
今更言うまでもない事ですが、日本三大園の一つに挙げられています。
IMG_1939.jpg
この時期の好文亭に入場するには、長蛇の行列と待ち時間を覚悟しなければなりません
でも最上階から眺めた偕楽園広場はきっと綺麗ですよ

梅の香が漂う中、梅の花に負けない”もう一つの花”があることも忘れてはいけませn
その花はきっと、皆さんのご来場を笑顔で優しく歓迎してくださることでしょう。。。
IMG_1962_20130315210456.jpg
そう、梅大使です
今年も水戸市もしくは近隣の市町村から選ばれた、若く美しい乙女達が皆さんをお待ちしています。
IMG_1966_20130315210821.jpg
彼女達、以前は”梅むすめ”って呼ばれていましたが数年前から”梅大使”に変更されました。
保母→保育士、看護婦→看護士、というように「男女雇用均等法」によって職業に男女の区別をしちゃいけないことになったことと関係があるのかなですから当然、男の子も”梅大使”となる権利があります。
でも今のところ、男の子の梅大使はまだ誕生していませんけどね。
羽織袴姿の若い、イケメンの梅大使がもしも登場したらきっと、全国の女性が殺到しちゃうかもね
IMG_1965_20130315211702.jpg
梅大使さん、あちこちで記念撮影やら写真のモデルやらで忙しそう!
どんなに疲れても、来場したお客さんの前では常に笑顔。これが梅大使の使命なんです。

さて、まだまだ見て廻るぞ~!!
・・・って、おや?
IMG_1948_20130315212317.jpg

水戸黄門御一行じゃないっすか??
IMG_1949_20130315212447.jpg
TVから姿を消されて以来、今までどこを旅されていたのでしょう。。(笑)
梅まつりのこの時期に、水戸に戻ってこられました!御帰りなさい、御老侯そして御一行(笑)

この後、広場の好文亭を背にした場所で偕楽園来場のお客様と記念撮影をするイベントが行われました
IMG_1969.jpg
水戸訪問の良い思い出になるといいですね(*^_^*)

梅の開花が遅れ、ほとんど梅が咲かないままスタートした今年の梅まつりでしたが先週の気温上昇で随分と開花し、私が訪れた3月10日の時点では97%、水戸観光協会さんの情報によりますと本日3月15日、園内全ての梅が開花し見頃となったそうですよ良かった良かった
IMG_1957_20130315214131.jpg

IMG_1921_20130315214257.jpg

偕楽園内のライトアップ期間も、今月24日まで延長となりました!
IMG_1954_20130315214405.jpg
日没~21:00まで。
そして、明日3月16日には「夜梅祭」の後夜祭が行われるとか!
夜梅祭は既に3月2日に開催されましたが、その後夜祭として開催されます。
お知らせのページhttp://www.koen.pref.ibaraki.jp/news/?p=3320
夜のライトアップされた梅林も、幻想的で素敵ですよ御来場の際には暖かい服装で御越しください!

IMG_1953_20130315215156.jpg
さて、そろそろこの頃風が強くなり始めましたのでぼちぼち退散、ということで。
ひととおり見物を終え、退場する人とこれから入場する人とで入り混じる東門付近はかなりの混雑(+o+)
そんな中、御土産の販売や記念切手の販売が行われていました。
IMG_1956_20130315215413.jpg
左から→御土産売り場→観光案内所(案内MAP配布)→記念切手のコーナー、と細々分かれていいるこの場所が、来年は一か所にまとまることになります。
IMG_1955_20130315220109.jpg
「偕楽園インフォメーションセンター(仮称)」として生まれ変わることになりました!
好文亭をイメージした、和風な建物になり来年の梅まつりにOPENする予定だそうです。楽しみだな

”皆(偕)と共に楽しむ”=武士とか平民だとか、領主だとか農民だとか、殿だとか家臣だとか、そんなことを気にせずみんなで楽しむ公園にしよう!と、当時の水戸藩主・9代斉昭公によって造園・開園されたこの偕楽園が誕生し、はや200数年そして、”水戸の梅まつり”という行事が始まってから今年で116回目。
空襲も乗り越え大震災も乗り越え、今なおたくさんの人達に愛されているこの公園、”水戸市の宝”でなくてなんでしょう。。?
IMG_1950_20130315221230.jpg

これから100年先、200年先も水戸市民をはじめ、人々に愛される公園であってもらいたいものです
最後に”おまけ”でもう一枚↓千波湖を入れたアングルです(*^_^*)
IMG_1945_20130315221452.jpg
どうしても載せたかった一枚、ということで。お粗末さまでした

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/15 22:17 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(6)

偕楽園の梅まつり~2013~<前編>

去る3月13日は、物凄い暴風でしたね春の嵐といえども荒れ過ぎ(>_<)!
せっかく咲いてくれた偕楽園の梅も、あの嵐で果たしてどうなったか・・・あれでは随分散ってしまったのでは?と心配です

さて、その偕楽園へ今年も梅の花を観にやってきました(*^_^*)
IMG_1899.jpg
この日、隣接の常磐神社で開催されていた「梅酒大会」参加の後、屋台の並ぶ参道を抜け偕楽園レストハウスの前を横切り、東門より偕楽園に入っていきました。
園内の梅も、満開まであと少し!
この日は風が出ていたものの、お昼ごろまでは晴天でしたから賑わいもそこそこでした。
IMG_1900_20130314210313.jpg

IMG_1909_20130314210213.jpg

すっかり、梅まつりの偕楽園らしくなってきたかな
あちこちで一眼レフやデジカメを向ける人、携帯を向ける人様々。。。
梅の花のそばでポーズを撮り、それをカメラで撮影する相方さんや、ある人は人ではなく梅の花そのものにカメラを向けてたり・・・楽しみ方は人それぞれです
IMG_1912_20130314210451.jpg

IMG_1920_20130314211830.jpg
初日はほとんど、開花していなかった梅林もいい感じに色づいてきたようです。
本当の観梅シーズンは、今まさにこれからかもしれません(≧▽≦)
IMG_1914.jpg
この分ですと、見頃は今週末位かな?

梅の花をアップでも撮ってみました!
IMG_1911_20130314210904.jpg

IMG_1901_20130314211213.jpg
春が来たよ、と 偕楽園の
梅に 鶯 ほーほけきょ

これは、ご当地ソング「ごきげん水戸さん」の一節です。春の訪れを、一番先に知らせる梅の花。
これが咲いた、ということは、水戸はもう春なんですね。。。
寒いと思っていたら急に暑くなったり、かと思えばまた寒くなり・・・で、不安定な気温が続いていますが、春は確実に歩み寄っているようです。
IMG_1919.jpg

一番、日当たりのよい中央の広場では持参したお弁当を食べてる家族の姿が見られました(*^_^*)
IMG_1930_20130314212352.jpg
皆さん、和まれてますねえ。。。
ちなみに、園内でもお弁当の販売が行われていますから、手ぶらで来ても大丈夫
せっかくですから、水戸ならではの”特製御弁当”を味わっていかれませんか?
景色の良い場所を見つけて食べたら、お弁当も”一層”美味しくなるでしょう
IMG_1941_20130314213043.jpg
偕楽園広場南側の木のベンチ。
2年前の大震災の時は、めちゃくちゃに崩れてしまった場所なんです
それが今では、こうして皆さんが腰掛け、お弁当を食べても大丈夫になりました
ここからだと、こんな↓景色が展望できますよ!
IMG_1933_20130314213535.jpg
画像、奥に広がる湖が千波湖。そしてその右奥あたりに見える建物(屋根が見えるのがお分かりでしょうか?)は、映画『桜田門外の変』のオープンロケセットです。このロケセット、今年の3月31日をもって一般公開を終了することになりました。まだご覧になられていない方は、お急ぎください

そこからちょっとだけ、場所を移動するとこんな感じ
IMG_1944_20130314214002.jpg
千波湖と梅が同時に楽しめる!!(≧▽≦)
画像では伝わらないかもしれませんが、わがお気に入りアングルの一つです。

心和む、この光景。。。偕楽園と千波湖、この2つを水戸市から奪ってしまったら果たして何が・・・?
IMG_1943_20130314214241.jpg

そして、偕楽園といったらやっぱりコレは外せませね(*^_^*)
好文亭を。というわけで、わがお気に入りアングルその二(笑)
IMG_1938.jpg
好文亭と梅。今回は梅メインで撮影してみました!

観梅記事、まだこれだけでは終わりません
というわけで、後編に続きます。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/14 21:51 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(2)

水戸の梅まつり梅酒大会に参加しました!

梅の開花が始まったこの季節、梅の名所の水戸の地に全国の酒屋さんが集まり、それぞれの自慢の梅酒の味を競い合う「梅酒大会」が去る3月10日に開催されました!
IMG_1874_20130312205659.jpg
開催されたのは、偕楽園隣の常磐神社の境内。丁度、臨時駅・偕楽園駅を降りてすぐ正面の神社です
既に大会参加を決めていた私(笑)、石段を上がり参道に軒並みに並ぶ屋台の誘惑にも負けず一目散に会場へ!

大会開始からまだ30分と経過していなかったにも関わらず、
既に会場はこの通り↓
IMG_1876_20130312213538.jpg

神社の御参りに来られた方の行列と、梅酒大会の入場を待つ人達の行列とで境内はかなりの混雑でした(>_<)
IMG_1875_20130312211924.jpg
チケット売り場で当日券を購入する際、受付の方から
「今からですと、1時間待ちになりますがよろしいですか?」
と念を押されました。
IMG_1878_20130312213303.jpg
それでもチケット購入♪
並んで待っている間、チケットと一緒にいただいた「全国エントリー梅酒チェックシート」で予習をしておかねば^^
今回エントリーした157銘柄と、その蔵元が一覧表になっていました。
それに一通り目を通した後、行列越しに会場のテントの中を覗いてみたりします。
IMG_1883_20130312213901.jpg
気になる会場の様子。。。活気満々!!
う~ん、早くあの中に入りたい!!(笑)

IMG_1888_20130312214036.jpg
他県の蔵元さんが出品された梅酒を飲む機会はおそらく、この時だけでしょう。
ここに集まったのは”今回だけしか味わえない”味を、一口でも利いてみたいという人達ばかりですから、混雑は当然ですね♪

会場入りを待つこと早30分位経った頃、係員の方から手渡された”マイカップ”。
IMG_1887_20130312215811.jpg
一緒に投票用紙も渡されました。これから”利き酒”をしていき、その中で自分が気に入った商品のエントリー№を書いて投票するのです
ですが混雑の為、制限時間は30分。その限られた時間の中で157種類の銘柄を全部試飲するのは少々、至難の業、ですから自分が飲みたいと思ったものを絞らなければなりません。
しかも、会場内は歩くのも少々困難な位ですしね
IMG_1891_20130312220452.jpg

とりあえずは、事前にマークしていた”杉熊舎ヨーグルト梅酒”(浜地酒造㈱:福岡県)を
IMG_1889_20130312220414.jpg
味は”まっこり”みたい甘酸っぱくてとろんとして、新食感でした(≧▽≦)
梅酒ってヨーグルト割にしてもよかったのね
ちなみに、隣の”ビリケンさん”も飲んでみました!こちらは正反対でやや辛口。

一口に”梅酒”といっても、梅の味をそのまま生かすことに重点を置き、余計なものは加えずに”正統派梅酒”もあれば、果実等で割ってカクテル風にアレンジされたものもあるし、アルコール度も様々で5度未満の低いものからラム仕込みの濃いものまでそれぞれ・・・。
IMG_1892_20130312221536.jpg
福井県から御越しの鳥浜酒造㈱さんの3品、若狭紅映シリーズ(?)「梅酒」「氷梅」「梅清酒」(いづれも画像中央、アルコール濃度はそれぞれ違います。)
ひととおり試飲させていただき、ありがとうございました(*^_^*)

著名な酒造会社も何社か、参戦されていたようです。サントリーさんや”缶チューハイ”で知られる(いつの時代だよ)宝酒造さんとか、白鶴さん、沢の鶴さんetc。。。
IMG_1894_20130312225350.jpg
評判良かったものは、スーパーとかでこっちでも販売されるのかな?なんてね

(試飲に夢中になるあまり^◆^;)画像が無くて恐縮ですが、やっぱりフルーツ系の梅酒に目がなく㈱篠崎さん(福岡県)出品の『あまおう梅酒』が個人的にはお気に入り(≧≦)!”あまおう”という品種のいちごを使用した、フルーティーで甘~い味に大変身
他、中野BC㈱さん(和歌山県)の「紀州完熟みかん梅酒」も良かったナ
コレ↓断然、女性向き!
IMG_1893_20130312231707.jpg
小黒酒造さん(新潟県)の『とまと梅酒』
「あまおう梅酒」同様、甘くてジュース感覚で飲めちゃうの(*^_^*)
だからつい、飲み過ぎちゃうかもね

あっという間に制限時間となり、次のグループが入場しますので退場しなければなりません。
テントを出て、私も投票します。
IMG_1895_20130312232123.jpg
好きなの3つ、選べますが随分、迷いましただって、みんな美味しかったんだもん!
フルーツジュース感覚で飲めるのも良かったけれど、そもそも主役は”梅酒”だからなあ。。。
やっぱりここは、”梅”を引き立てたものを高評価すべきだよな。。。と考えた末に3つ選び、投票箱へ。

投票結果は梅酒大会2013HPで発表されています
http://umeshu-mito.com/
とりあえず、10の銘柄がノミネートされました
この後、第2次審査がありまして、その結果は3月29日(金)に大会HPにて発表される予定だそうです。
どこがグランプリとなるか、楽しみだなあ。。。
DSC_0685.jpg
木内酒造さん(茨城県那珂市)の「木内梅酒」も参戦しました!

梅香る季節に、みんなでほんのり赤い顔
ほろ酔い気分で夢心地。。。
こんな春も素敵だね
IMG_1908_20130312233524.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/12 22:06 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(6)

あれから2年~2011.3.11

水戸の梅まつり記事の前に。。。
今日はやっぱり、このお話を書かなくては
東北や関東地方の誰もが思い出したくない、でも忘れられない3.11。
大震災発生から丁度、2年になる本日3月11日、東北をはじめ東日本の各地で追悼の儀式が行われ震災が発生した時刻の14:46には、犠牲者に捧げる黙祷が行われました・・・。

IMG_1856_20130311213137.jpg
千波湖畔の遊歩道より。咲いているのは四季桜という品種。その向こうに見える川は桜川です。
この土手も、あの大震災の折に目茶目茶に地割れしてしまいました


2年経過しても、未だに見つからない津波の犠牲者たち。。。そして、未だに以前の日常生活を送れずにいる仮設住宅暮らしの人達。。。
”一体、いつまでここ(仮設住宅)にいなくちゃいけないんだろう・・・”
”一体。いつになったら故郷へ、我が家へ帰れるのだろう・・・”
そんな不安でいっぱいなはず。

液状化被害が問題になっている土地ではどんどん傾いていく自宅に住まなければならない住人達。
移転して新築するにせよ立て直すにせよ費用の問題があり、思うように動けず気分の悪くなる思いを我慢しながら傾いた家で生活し続けているんだよね

そして、漁業や農業に携わっている人達は、放射能の影響で魚も獲れず野菜も作れず状態。。。
復興しようと願う気持ちは誰も強く持ってるはずなのに、先に進むことすら叶わない。。
一生懸命、頑張っているのになかなか前に進めない。。。
被災者達の現状は、こんなありさまです

被災者達の生活、原発・放射能の問題・・・結局、どれ一つ解決していないじゃないか
日本政府よ、何してる?!
オリンピック招致よりも何よりも、震災復興支援の方が先じゃないのか?
そもそも、あの大震災の時に海外やあらゆる企業、著名人等からいただいた相当額の義援金の行方はどうなった?
・・・と、政治批判を書きたかったわけではないけれど、本当に考えてもらいたいですねえ。。。

これから起こり得る自然災害=南海トラフだとか東海沖だとかをその時に備えて想定するのも大切なことですが、その前に既に被害に遭ってしまった町やそこに住む住民達への対応は?と、言いたいですね。
IMG_1866_20130311215100.jpg

県民文化センター入り口のバス停から千波湖を歩くと、すぐに桜の木が植わっています。
DSC_0655.jpg

東日本大震災の復興祈願の記念樹として植えられた、6本のソメイヨシノです。
DSC_0656.jpg
花を咲かすのは、勿論まだまだ当分先ですがこの木が大きくなり、やがて芽吹いて花を咲かせる頃にはここ・水戸市も含め被害に遭った市町村すべてにおいて大震災の爪痕も消えて”完全復興”ときっぱり言える時代となって欲しいですね

果たして、そうなった光景を私は見ることが出来るでしょうか・・・
DSC_0664-1.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

梅、咲きました!

※当記事は、携帯より投稿していた記事を編集し、再UPしております。

3月10日、"水戸の日" に...

偕楽園にやってまいりました!
DSC_0672.jpg

DSC_0670.jpg
今年の寒さが原因で開花が遅れ、ほとんど梅が咲いていない状況の中迎えた梅まつり初日。
ですが、ここ数日の日中の暖かさで、梅の開花も進んでいるようです
DSC_0677.jpg

DSC_0678.jpg
まだ、満開とまではいかないものの、偕楽園内綺麗に彩られ、観光客の方もたくさんいらっしゃり活気に満ちています(*≧∀≦*)
やっぱり、そう来なくちゃ!

このまま順調にいけば来週辺り見頃かな?
でも今日の強風→暴風で、散り始めたものもあり果たして。。。

偕楽園の梅まつり=水戸の梅を楽しみにされてた皆さん、お待たせいたしました!
ようやく、偕楽園内も色づき梅まつりらしい光景となりましたよ!
とりあえずは報告まで。

というわけで、今週は水戸の偕楽園梅まつりのお話です(*^_^*)
これからデジカメ画像の編集作業がありますので、今しばらくお待ちくださいませ

そうそう^^こちら↓も参加してきました!
DSC_0668.jpg
以前、記事でちらっと触れたことのある『梅酒大会』です。
3/8,9,10の3日間にわたって開催され、最終日だった本日参加できました
そのお話もあわせて

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/10 12:25 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

一年だね。。。

親戚の法事の為、今日は大洗町の肴屋本店というところへ行ってまいりました。
IMG_0458_20130309202529.jpg
お店の画像を撮っていなかった為、過去八朔まつり時に撮影したもので代用させていただきますm(__)m
ですから勿論、Nゲージはありません(笑)

本日の御食事コース
DSC_0650_20130309202808.jpg
常陸牛の石焼と新鮮海の幸プラン
真ん中あたりにある赤いもの、実は常陸牛なんです
こちら、ズームアップ写真
DSC_0650a.jpg
”肴屋(さかなや)”なのに焼き肉?いいじゃん(笑)
御膳に用意された鉄板で焼いて、タレではなく塩をふって食べます。こうするとお肉の柔らかさとほどよい脂身がひきたつんです(*^_^*)
焼き上がった写真は。。。すみません、あんまり美味しかったから写メする前に食べてしまいました

このほか、新鮮御刺身と魚貝さらに”しらすの釜飯”!
DSC_0651.jpg
しらすは大洗町の特産品ですからねえこれぞ”郷土料理”!!
しらすの味と、だし汁の風味がなんども香ばしい!!そして釜の底に残った”おこげ付き”ご飯がこれまた美味しいんだなあ(≧▽≦)

すっかり、お腹いっぱいになりました!
お店の皆さん、御馳走様!!
そして、ケンゾーさんありがとう!!

そう。この日の法事とは、母の義兄のケンゾーさんの1周忌法要でした
東日本大震災の翌年3月24日の朝、長らくの寝たきりの生活に終止符を打つべく息を引き取りました。
それから間もなく1年が経とうとしています。
(ケンゾーさんのことを書いた過去の記事がありますのでよろしかったら→愛ってなんだ?(2009.7.11)
ケンゾーさんにとって一番辛かったのは、長年連れ添った妻・いとちゃんを残して逝くことだったでしょうね。感謝の気持ちを言葉で語ることもできずに。
脳梗塞を患い思うように身体も動かせず、特に最晩年は口もきけず思ったことを話すこともできずにいた日々は当人が一番、辛い思いをしていたでしょうね。
でもそれも解放され、今ではきっと天国から自分の家族=妻や娘たち、孫たちそしてひ孫たちを見守っているに違いないと信じています

向こうの世界へ着いた時、うちの父が先に着ていたのを見てびっくりしたかもね。
今頃は先にそこへ行ってた飲み友達と一緒に一杯、やってるのかな?
面倒見がよく、兄貴肌で元気に動き回っていた頃のケンゾーさんに戻って。
でも時にはこの世にいるいとちゃんのことも思い出してあげてね☆
連れ添いを亡くし、一人ぽぉ~っと生き甲斐もなく過ごすような生活をいとちゃんが送らないよう、”まだこっちに来るな!”と叱咤しつつ背中を押して励まし元気付けてあげてくれると嬉しいな。


※今回の記事、日記で書くか「大洗町」カテゴリで書くか随分と迷いました。で、大洗カテゴリで書くには画像もお粗末ですし、肝心のコース料理の値段が不明・・・と、勉強不足過ぎですので日記として書かせていただくことにしました。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

手作りひな人形まつり~桃の館

3月3日はもう、とっくに終わっているのに雛まつりだあ?
なんて声が聞こえてきそうですので(笑)
すみません、そろそろ締めさせていただきますね
IMG_1828_20130308202338.jpg
高萩駅前のページェント広場で見つけた猫ちゃん

高萩駅前を出発し、次なる目的地は以前当ブログでも記事に書いたことのある古民家・穂積家住宅であります。
IMG_1831_20130308202621.jpg
江戸時代中期頃の建築と言われている、豪農の民家。
ここはいろいろな映画やTVドラマ等のロケに使用されていますので、”見たことあるよ!”という方いらっしゃるのでは?
今回、建物に関しての説明は省略させていただきますが、ここに展示された手作り雛人形を見ていただきましょう
IMG_1833_20130308203206.jpg
木造りの看板、風情あっていいねえ。。。(*^_^*)
ここが「桃の館」となります。
IMG_1851_20130308203418.jpg

開放している入り口から入ると、照明を落とした土間を無数のランプの灯りが照らしていました。
雛人形を見物に来た人達への”光のおもてなし”でしょうか・・・。
IMG_1836_20130308203837.jpg

IMG_1835_20130308204010.jpg
画像はほんの一部ですが、全体で見るともっとたくさんありまして本当に幻想的だったんですよ。。。
少しの間、心を和ませつつヒロマに上がります。
それでは、ここに展示された手作り雛人形=和紙で作られたひな人形をご覧いただきましょう
まずは、ヒロマに展示されたものから
IMG_1839_20130308205051.jpg

IMG_1837_20130308205124.jpg

IMG_1838_20130308205144.jpg
人形達の生き生きとした動きに魅かれ、つい立ち止って魅入ってしまいました。
無表情なのに、どこからか”生”と躍動感を感じます。
これを製作された人達の精魂が宿ったかな?

続いて御座敷の方に進んでみました。金の屏風に吊るし雛、そして和紙で作られたたくさんの雛人形が展示されています。
IMG_1843_20130308210725.jpg

IMG_1842_20130308210850.jpg

IMG_1840_20130308210944.jpg
やっぱり、雛人形は畳敷きの純和風な部屋がよく似合うね

IMG_1841_20130308211117.jpg
ランプの灯りと手作り和紙雛人形、それがここ・穂積家住宅の雛まつりでした。
高萩の手作り雛人形まつりは今年で5回目ですが、穂積家住宅での展示は2回目だそうです。
古民家に飾られた、温かい手作り雛。。。来年もまた観られるかなあ。。。

那珂市の曲がり屋で展示された”つるし雛”から始まった今年の雛巡り、所変わればそれぞれ地域の特色や個性が表れていて、見比べると面白い!特にこの日3月3日は大子→高萩と2か所続けての雛巡りをして文字通り”今日は楽しいひなまつり~♪”な1日となりました

さて、来年はどこを廻りましょう・・・

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/08 21:29 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(2)

手作りひな人形まつり~椿の館~

JR高萩駅前に到着しました
普段は空き地となっているスペースに、無数のつるし飾りが飾られていました。
「希望への響きページェント」と名付けられた、そのコーナーに
IMG_1798_20130307202657.jpg

吊るされている飾りは、桃(果実)と。
IMG_1799_20130307203111.jpg

無数の桃の花。
IMG_1801_20130307203149.jpg
これらの桃と、桃の花は発泡スチロールで作られたんですって!
ですから、風が吹くとカラカラカラ~っと軽やかな音を鳴らします。
まるで、ひなまつりを見物に来たお客さん達に
”いらっしゃいませ~♪ようこそ高萩へ~♪”と言って歓迎してくれてるかのように。。。
IMG_1804_20130307203735.jpg
発泡スチロールの吊るし雛、考えましたねえ。。。
なにしろ、ここ・高萩のひなまつりは”手作りひな人形”まつりですもんね(*^_^*)
DSC_0648.jpg
”希望への響き”をテーマに桃の節句にちなんで、ひなまつりへの想いを個性豊かに表現した布、和紙、陶芸などのひな人形に囲まれた喜びと癒しの空間を作りました。
皆さまのご来場をお待ちしています・・・・

と、イベントチラシで紹介されていました
NPO法人の里山文化ネットワークの皆さんが主催となり、高萩市教育委員会が共催そして、商工会や観光協会他市内で活躍されている様々な団体さんが一体となり、盛り上げているこのイベント、果たしてどんな手作り雛人形に逢えるのかと、楽しみでした
IMG_1805_20130307204824.jpg
駅前の、通称”レンガ通り”にある”メイ、キッス”というビルの1階を会場とした”椿の館”。
ここがメイン会場となります。

さあ、これからいろいろな素材で作られた手作り雛の画像を御披露目していきましょうね
まずは、石雛。
IMG_1806_20130307210021.jpg
説明は不要でしょう^^石で作られました!
どこにでもそこらへんに転がっている石ころだって、ドレスアップすればこの通り!
一般家庭で真似すれば、オシャレなインテリアに変身です
IMG_1807_20130307210244.jpg

続いては・・・なんとガラス雛です
IMG_1808_20130307210821.jpg
ガラス製の雛人形なんて、他では見かけなかったかも
こうなると職人技!!素晴らしい
IMG_1824_20130307210937.jpg
勿論、これだけでは終わりませんよ
会場内、所狭しと手作り雛人形がたくさん展示されていました!
”気に入った作品があれば、そのそばで記念写真をお撮りしてあげますよ!”
と、ボランティアスタッフの方が声かけてくださったけれど、どれにしようか迷ってしまう
IMG_1809_20130307211215.jpg

IMG_1810.jpg

IMG_1815_20130307220425.jpg

で、結局選んだのはコレ↓
IMG_1820.jpg
お見苦しいものを・・・大変、失礼いたしました^◆^;
このほかにも撮っていただいたけど、ここには掲載しません^皿^
私と2ショット(?)と撮らせていただいた作品は、介護福祉施設「愛正会やすらぎの家」さんの出展作品でした!
他、養護施設の生徒さんや市内の幼稚園等の園児の作品も展示されていました。
IMG_1811.jpg
トイレットペーパーの芯で作った雛人形、可愛いでしょう。。。(*^_^*)
こちら↓は折り紙雛!懐かしい~っ(≧▽≦)!!
IMG_1816_20130307211652.jpg
保育園に通ってた頃、私も作りましたよ^^。
狭い上、決して裕福ではなかった我が家。雛段飾りなどとても買ってもらえるわけはなく、これと同じように折り紙と包装紙で作ったのが最高の雛飾りでした・・・
つい、ノスタルジーな回想をしてみたりして(笑)

おっ!これはなかなか粋だねえ。。。
IMG_1817_20130307214136.jpg
市内にある茨城県畳高騰職業訓練校から御借りしたという畳を使用したんですって!
背景の”金の屏風”も、雛人形が鎮座する座も畳です。
これもなかなか観られるものではありません。
IMG_1818_20130307214348.jpg
まさしく、”職人技”!!
そういえば市内には”畳工芸美術館”ってものがあったね
この畳を提供された茨城県畳高騰職業訓練校に生徒さんの作品が展示されている、全国でも珍しい畳の美術館なのです。(HPはコチラ→http://www7.ocn.ne.jp/~ibatata/bijutu/
この作品を観たら、立ち寄ってみたくなりましたので次回、訪問します

さあ、まだまだ個性あふれる素晴らしい手作り雛人形がたくさんあったのですが、とてもそのすべてを掲載しきれませんので、そろそろ打ち止めにさせていただきます。

で、その前に
さて、この雛人形は何で出来てると思いますか?
IMG_1823_20130307215936.jpg
ペットボトル(150ml)なのです
ボトルの飲み口に首を据えて、周りに着物を着せたのですね
畳のような高級素材から、日常生活で必ずといっていいほど手に入るものまで素材に使用した手作り雛の数々。。。
なかなか素敵だったわ
・・・と、満喫したところでもう一つのメイン会場、”桃の館”も観て行くことにします
DSC_0650.jpg
”桃の館”は、市内にある古民家”穂積家住宅”となります。
駅前通りからは離れた場所にありますが、いざ!
というわけで、次回へ続きます!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/07 22:11 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

国道461号

「滝見の湯」を後にして、さらに直進すると道はだんだん、険しくなり”猪鼻峠”という急カーブかつ急こう配な坂道を下ることになります。よそ見運転厳禁なコースが暫し続き、緊張しつつのハンドルさばき
DSC_0647.jpg
「猪鼻峠入り口」の信号を右折し、ようやく平坦な道に出てほっとするものの”折橋”の交差点を左折すると再び、勾配のある道となります。”猪鼻峠”ほどの険しさがないのが救いですが。

こんな所を通って、どこへ行ったのかって?高萩市に向かっていたのです
目的はコレ↓
DSC_0640.jpg
今年で開催5回目になるという、「手作りひな人形まつり」を見る為に高萩に向かっていました!
町の人達による手作りのお雛様=和紙や陶器等を利用した、様々な雛人形が展示されるというから楽しみで
で、このお話は次回あらためまして。

話を道中に戻しますが、”折橋”の交差点を左折した道路は国道461号線でして、紅葉の名所として知られる花貫渓谷に向かう際の道でもあります。通り道ではありますがここも紅葉の時期は場所によっては随分色づき、車窓から紅葉狩りが楽しめるくらいになりますよ

その道路を暫く進むと・・・
IMG_1786_20130306220139.jpg

あ~、やっぱり。。。
IMG_1787_20130306220351.jpg

IMG_1788_20130306220423.jpg
このような看板や幟が、高萩市に入るのと同時に花貫渓谷やダムへ行くまでの間に数kmおき位の間隔で建てられています。東日本大震災の際の被災瓦礫(放射能を多量に含んでいる放射性廃棄物)を処理する最終処分場の候補地として政府が指定したところ、市が政府に抗議し白紙撤回を求めているという最中だという事は皆さんもご存じでしょう。

IMG_1789_20130306220443.jpg
放射性物質が及ぼす、人体への健康被害そして自然環境の汚染etc。。。それだけではありません。
観光地が近くにありますから、観光客も集まります。それが処分場があるというだけで観光客の足も遠のいてしまう不安もありますね
市のPRそして町興しの意味で観光客の集客はその戦力の一つ、それが阻まれてしまうと思うと市民じゃなくても心が重くなります
それらの事情を、政府は考慮した上で処分場候補地を挙げているのでしょうか・・・?
国有の雑木林だからといって、そこに住む住民の安全等を考えずに適当に候補地を選定したのであれば住民が納得できないのも無理はありませんね。

たとえ高萩市が候補地から外れたとしても、別などこかが挙げられるのかと思うと無責任なことは言えませんし、市民でない私がどうこう主張する権利もありませんからこのお話はこの辺でやめておきますね

さて、そんな国道461号を走っていると、途中に”花貫物産センター”という施設があります
ランチタイムは過ぎた時刻でしたが、おなか空いてたので立ち寄っていくことにしました!
IMG_1790_20130306223601.jpg
地元の野菜や特産品etcの販売と観光情報の発信。うどん・そばのみですがレストランもあります
別棟ですがトイレもありますよ!

市のオリジナル自販機?
市のキャラクター、はぎまろ君のイラスト入り自販機に目がいってしまいました
IMG_1791.jpg

ここのレストランで、”花貫そば”500円を食べまして。
IMG_1795.jpg
そろそろ、温浴効果が薄れてきた頃だったから温かいおそばはありがたかった(*^_^*)
わかめとホウレンソウ、なると、それにねぎ少々とシンプルなおそばでしたが遅いランチには丁度イイ!
IMG_1796_20130306224505.jpg
うふふ(*^^*)こうして見るとラーメンみたい!でも、おそばだよ!

身体が温まったところで、売店をちょっと一回りし、お買い物をして出発です
温かい緑茶の用意も忘れずに(笑)
先ほどの、”はぎまろ自販機”で。
IMG_1792_20130306224740.jpg

DSC_0642.jpg
災害救援ベンダー(災害が発生した時に、管理者の操作で非常用電源から電力を供給して自販機内の飲料水を無料提供できるシステム)、搭載です。やるぅ~っ!!(≧▽≦)
皆さんのところでもありますか?
わが水戸市では。。。今のところ、見たことないなあ
茨城県内はここ以外でどのくらい設置されているんですかね~・・・?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/06 22:54 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(4)

月居(つきおれ)温泉「滝見の湯」

十二所神社の百段雛飾りを見終え、駐車場を出る頃には付近は物凄い渋滞でした
これから、百段の雛人形を観ようという人が多く、駐車場はどこも空車待ち状態。。。
頑張って早起きし、早く観に来て良かったとつくづく感じた私(笑)

さて、いつもなら帰りに「道の駅だいご」に立ち寄り、御土産購入とお風呂に入るのですが駐車場内、果たしていつ車が置けるか分からない程の混み様、それにこの後立ち寄りたい場所があるし、というわけで今回はパスして、国道118号を袋田の滝へ向かう方向へ左折し、国道461号を進んで行きました。
map_20130305213930.jpg
ホテル「思い出浪漫館」のあたりの二股に分かれた道を右手の方(左手の方に進むと袋田の滝)に上がって行くと、常陸太田~高萩方面に向かう事が出来ます
少し進んだ先の”月居トンネル”をくぐってさらに直進すると、右手の方にログハウス造りの建物と、正面に「月居温泉」と書かれた看板を見つけました!
”おっ!ここだ”と、ストップ。
駐車場に車を停め、建物に入っていきました!
IMG_1782_20130305215414.jpg

毛筆の手書きで書かれた看板が、いい味出してる。。。
山奥の一軒宿、いかにも”湯治場”といった感じ。見るからに身体に良さそうなお湯が湧いてそうですね
IMG_1783_20130305215624.jpg

IMG_1785_20130305220036.jpg
がらりと玄関の戸をあけると、狭いロビーに木造りの床。レトロな旅館といった雰囲気で、受付フロントの両脇にはそれぞれ、「男湯」、「女湯」と書かれた暖簾が下げられていました。
自販機で入湯券を買い(1回入浴350円)、さっそく入浴
脱衣所は狭く、おそらく5,6人も集まれば満室になってしまうほど
で、浴室に入ると洗い場がこれまた狭いシャワーを使用する時にかなり気を使います^▽^;
窮屈な思いをしつつも身体を洗い終え、いよいよ待望の湯船にとぷん

お湯が滑らかで、すぐにお肌つる~ん
アルカリ性単純温泉だということですが、PH濃度がかなり濃いから”つるつる成分”たっぷり!!その上、お湯がなんて軽くてやわらかいこと・・・
DSC_0643_20130305221831.jpg
※パンフレット写真で失礼いたします!
5分も湯船に浸かっていると、じわじわ効いてきます。
全身のコリがとれ、ふわ~っと夢心地。。
そういえば入館料を払う際、フロントのおばちゃんに
「休み休み入ってくださいね。そうしないとのぼせて倒れてしまうから。」
と、注意を受けたっけ
言われた通りあまり長い時間浸かっていると、のぼせてしまうので露天風呂に行ったり縁に腰掛て熱を冷まし、寒くなったらまた湯船へ・・・と繰り返し入っていると効果的

茨城県内、ここまで効能の強い温泉は他にあらず。まさしく、”秘湯”です
大子町でも、国道からは奥へ入った場所にあるこの温泉ですが人気は高く、一人出たらまた別な人が、1グループ出たらまた次のグループが、という感じで入れ換わり次々にお客さんが入ってきまして、途絶えることがありません。駐車場に停めてあった車を見ると、他県ナンバーの方も多かったです

IMG_1784_20130305223143.jpg
”奥久慈の秘湯”滝見の湯”は。地区の住民の手によって生まれた、いわば手作りの温泉だそうです
管理も地区民によって行われていて、いわば”地区民直営”の温泉。
小さくて、素朴な温泉だけど従業員さんの温かいおもてなしに常連さんも多いとみえ、その方々がまるで家族のように初めて訪れた人に対しても温かく接してくれる。。。
一度でもここに立ち寄ったあなたは、もう仲間!みたいな雰囲気が良かった

また、立ち寄らせていただきます

この温泉には「白木荘」という宿泊施設も併設されています。素泊まり1泊3,500円から。2食付きでも6,000円(1部屋2名様ご利用の場合)だとか
この温泉、泊まりがけで本格的に湯治すればさらに良い効果が期待できそうですね(≧▽≦)

月居温泉 滝見の湯
茨城県久慈郡大子町小生瀬2879
tel:0295-76-0373
fax:0295-76-0408
(宿泊料金等はお問い合わせを^^)
<日帰り入浴>
1回・・・350円
1日・・・700円(AM8:00~PM4:00)
入浴時間
夏季・・・AM8:00~PM7:00
冬季・・・AM8:00~PM6:30


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/05 23:17 ]  大子町 | TB(0) | コメント(0)

「百段階段でひなまつり」観てきました!<その二>

大子町の「百段階段でひなまつり」記事、後編であります(*^_^*)
”ひなまつりなんて、男の自分にゃ関係ねえ
という男性閲覧者の方、まあそうおっしゃらずに^◇^;

いよいよ、十二所神社の「百段階段」を上がって行きますよ
IMG_1753_20130304204047.jpg

IMG_1755_20130304203400.jpg
中央の歩道スペースを挟みこむような格好で左右に雛人形が飾られています。
私のようにそれらにカメラを向ける人、子供の頃自宅でひなまつりを楽しんだ思い出話に花咲かせる奥さま方、そして石段に鎮座する雛人形をバックに、階段の踊り場に立ってポーズをとるわが子の姿を撮る若いパパ、ママetc。。。
楽しみ方は人それぞれ
IMG_1756_20130304203433.jpg

IMG_1757_20130304204137.jpg
大子町商工会女性部の皆さんが主催となって開催される、この「百段階段雛」。彼女たちは早朝ここにやってきてこの石段に雛人形を飾ります。
ちなみに、ここに飾られている人形はすべて町内や近隣に住む人達からの寄贈品だそうです
その数は年々、増えているそうですからもしかすると町外や市外、あるいは県外の方からの寄贈もあったかもしれませんね^^
IMG_1760_20130304210145.jpg
町内のひなまつりは2月9日から始まっていますが、ここ・十二所神社の百段飾りはこの3月3日だけです。
天候等の事情も懸念されますから、前日からここに飾りっぱなしというわけにもいきません
ですから嫌でも当日の早朝しかないんですね
IMG_1761_20130304210833.jpg
ボランティアスタッフさん達の苦労があるものの、たった1日だけの御披露目なんてなんだか勿体無いけれど、諸事情を考えたら無理もないのかな。。。

ちなみに雨天の場合は中止となります。
今年は天気も荒れず、寒い日ではあったけれど晴天に恵まれて良かったです

振り返ると、いつの間にか物凄い人!!
IMG_1762_20130304211044.jpg
おおお!!私が並んでいた時よりもすげー!!
たった1日だけの雛飾りを是非、観て行こう!!という人達がこんなに、集まったのね^^。

さあ、頂上まであと少し!
IMG_1764_20130304211249.jpg

それにしても、これだけの数の人形に小道具に。。。よくぞ並べられたものです
何人がかりで行われたのかは知りませんが、石段百段分これだけの数、しかも早朝(大子町の朝だからきっと、半端じゃない寒さでしょう)果たしてどのくらい時間を掛けられたものか。。。
スタッフさん達の御苦労がうかがえます。
IMG_1766_20130304211443.jpg

IMG_1767_20130304211843.jpg


さあ、やっと頂上に辿り着きました
IMG_1770_20130304212151.jpg

IMG_1771_20130304212210.jpg
わりと勾配のある石段だったのに思ったよりも苦にならなかったのはやっぱり、石段上に飾られた雛人形達の愛くるしい表情を見ながら上がったせいかな。。。
足の運動と目の保養で一石二鳥(笑)

IMG_1773_20130304213402.jpg
石段をそのまま、雛段に利用してしまった大スケールな発想のもとに生まれた「百段飾り」。
それにはボランティアスタッフさんのご苦労がありました。
雛段飾りはもとより、それを見物に来られたお客さんに案内したり甘酒等を振舞ったりもされていました。

大子町に観光に来られた人達を一生懸命、おもてなしをしようと頑張っていた、そんなスタッフの皆さんに感謝!!
私達を楽しませてくれて、ありがとう

それにしても、雛まつりってどんなに”大人”な女性も少女に戻してしまう魔力をもっている行事なんだなあ。。。と、しみじみ思いました。
”あ!これと同じの持ってた!”
”うちでも実家にあったはずなんだけど、どこに片付けたかなあ”
等と言いあいながら懐かしそうに人形を眺めていた時や、街頭で流れていた”ひなまつりの歌”に合わせて口ずさんでいた時のおばちゃん達の表情、本当に「夢見る少女」そのものの表情だったもん

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

 [ 2013/03/04 22:00 ]  大子町 | TB(0) | コメント(2)

「百段階段でひなまつり」観てきました!<その一>

3月3日の今日は、言うまでもなく「ひなまつり
というわけで、行ってきましたよ~!!
DSC_0643.jpg
大子町の十二所神社で開催された、「百段階段でひなまつり」!
既にTV等で宣伝されていますのでご存知の方多いと思います。私も、これが毎年開催されているのは分かっていましたが、訪れたのは今回が初めてでした
DSC_0629-1.jpg

JR水郡線の常陸大子駅から商店街を歩いて大体、5分程度でしょうか。
十二所神社というスポットがありまして、この本堂に上がるまでに上がる石段の数は百段。
この百段の石段にひな人形を飾る催しが数年前より行われるようになりました。
IMG_1740_20130303205108.jpg

今やTVや観光雑誌類でも紹介されるようになるほどの名物行事
で、何しろ名物行事となってしまっているもんで・・・(・-・;)

今朝、9時30分前位で既に十二所神社の入り口付近はこれもん。。。
IMG_1729_20130303205527.jpg

IMG_1733_20130303205733.jpg
これでもまだましな方なんです
10:00からが閲覧開始時刻ですが、それ以後は時間が経過するたびに行列はどんどん長くなっていきました(-_-;)この時並んでいた人の中には、”混んでるから後で出直そう!”なんて行列を外れた人もいらしたかもしれませんが、残念ながらかえって逆効果だったようですね

長いこと、ただ待って立ってるだけでは飽きますし疲れますよね。
そういうわけで列を離れ買い物をしていた人達も。
丁度、行列のそばで焼きそばや豚汁等の軽食を販売する出店が開かれていたようでしたので
IMG_1736_20130303210106.jpg
私の場合は一人だから、一旦列を離れるとアウトだもんなあ
やっぱり、こんな時に列を確保して待っててくれるパートナーが欲しいかなあ。。。みたいな(笑)

やがて時刻は10時となり、列がぞろぞろと動き始めてようやく、十二所神社の鳥居前にやってまいりました!
その手前で甘酒の無料サービスが振舞われましたが、あっという間に飲んじゃった(笑)
鳥居の石のところにも人形が飾ってありました。
まるで観光客達に”ようこそ!いらっしゃいませ!”と言ってくれてるかのように(*^_^*)
IMG_1742_20130303211141.jpg

石段の下にも、両脇にたくさんの人形達が優しい表情でここに見物に来た観客らを歓迎します。
IMG_1744_20130303212651.jpg

IMG_1745_20130303212907.jpg

IMG_1746_20130303212925.jpg

IMG_1748_20130303213004.jpg

IMG_1750_20130303213114.jpg

さあ、それではいよいよその”百段階段”を登っていきますよ!
IMG_1751.jpg
では、続きは次回にて

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/03 21:34 ]  大子町 | TB(0) | コメント(4)

虎塚壁画春季一般公開日

前回の記事の”おまけ”というわけではありませんが、今回はリアルな虎塚古墳のお話

虎塚古墳の壁画が一般公開される季節がやってまいりました
平成25年度の春季一般公開の日程が市のホームページで発表されましたので、当ブログでも告知させていただきますね
DSC_0320a.jpg
3月28日(木曜日)から31日(日曜日)、4月4日(木曜日)から7日(日曜日)
期間中のいづれの日も、公開時間は9:00~12:30(午前の部)、1:30~4:30(午後の部)の2回に分けて行われます
見学料は大人150円、小中学生80円となります。
ちなみに石室内は撮影禁止ですのでご注意!

今回の創作劇「太陽がいっぱい~虎塚に願いを」の脚本を担当された方、なんでもこの虎塚古墳に訪れた際に頭に浮かんだインスピレーションをもとに物語を作成されたとか。
果たして、皆さんだったらどんなインスピレーションが思い描かれることでしょう。。。

神秘に満ちている虎塚壁画を、ご自身の目に焼き付けてみませんか?

参考までに・・・
◆詳しい情報→虎塚古墳春季一般公開のおしらせページ(ひたちなか市HP内)
◇当ブログで書いた過去の虎塚古墳の記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1324.html

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/02 21:30 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)

創作劇「太陽がいっぱい~虎塚に願いを」観てきました!

ひたちなか市には、虎塚古墳という史跡があります。
石室の壁面に鮮やかな朱色の絵が描かれている、東北・北関東では珍しい彩色壁画ということで重要な文化財に指定されています

さて、この虎塚古墳をモチーフにした創作劇が去る2月24日、ひたちなかイキイキ表現団「想・創」という劇団によりひたちなか文化会館で上演されました。
DSC_0623.jpg

ひたちなか市の虎塚古墳には、昔からの言い伝えがあった。
古墳に記されしは、月と太陽。その意味するものは血と太陽と再生と循環である。そして虎塚に”千々乱風(ちじらんぷう)”が吹く時、願いが叶うという・・・(チラシより)

勿論、これは劇の中だけの架空のお話です。

物語は・・・(ネタバレ入ります。終わっちゃったからいいよね
現場で威勢よく仕事に精を出す「虎塚組」の大工たち、活気溢れた仕事光景に見えるが実は経営厳しく、明日をも知れぬ現状・・・。大工たちは不安を抱えつつも元気に振舞うがそんな中、亡き先代棟梁の妻が現れ、”店じまい”を宣言。彼女は”虎塚古墳の伝説”を信じ、藁をも掴む思いで毎日、千々乱風が吹き会社が立ち直るよう願懸けをするため、虎塚古墳に通っていたのだった。

会社が倒産するという厳しい現実に、途方に暮れる大工たち・・・それぞれの脳裏に浮かぶのは社員旅行の思い出や毎年恒例の花見の際の”かくし芸大会”等、楽しかった思い出。。。
絶望感の中、誰が言い出した。
”最後にみんなでもう一度、花見をやろう!”と。
みんなであの楽しかった花見を、送別会も兼ねて閉店前に是非やろうじゃないか!と、棟梁の妻も交えて話しているうちに一同に笑顔が戻っていく。
その時、奇跡が・・・!!

IMG_0491_20130302210457.jpg
※この画像は今回の劇とは関係ありません^▽^;

困難に行く手を塞がれ、その結果募る”不安”という重い雲に自分の心が押し潰されそうになっても、希望を失わずに明るく強く生きていればきっと、”神様からのご褒美”がいただける。。。
この劇で脚本家が訴えたかったのは、もしかするとそれなのでは?と感じます

少々、ロマンチックなSFファンタジー系の物語になるのかな?と想像していた私には意外な内容でした。
どちらかといえば、エンタ趣向が強く感じられた劇だったような気がします。劇中にコントシーンを随時登場させ、観客を飽きさせないようなサービス精神のようなものがうかがえました。
そのシーンに思い切り、笑いながらもなんとなく自分の現状に置き換え、切なさをほろりと感じさせられたり、逆に元気をもらったりして楽しませていただいた私です

メンバーの大半が平均年齢50歳代の女性で構成されている、ひたちなかイキイキ表現団「想・創」。
団員の皆さんが力いっぱい、全力を尽くし体当たりで演技される舞台を見られた方、特に同世代位の方ならきっと、元気をもらったことでしょう。
私も、”ちょこっとだけ先輩”な団員の皆さんの頑張りに、元気をもらってきました笑いのシーンでは、”こんなに笑ったの、何日ぶりだろ?”という位に思い切り笑いました。

虎塚古墳、というテーマに興味を持って観劇させていただいた今回のステージでしたが、”ひたちなかイキイキ表現団「想・創」”の団員の皆さんの和気あいあいとした光景、そして団結力を見ていたら、次のステージも観たくなりました。
ひたちなかイキイキ表現団「想・創」の皆さん、楽しいステージをありがとう

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

焼きたて・出来たて工場祭、再び!

あ~、急がなくちゃこの記事(・・;)だって、明日なんだもん!
というわけで、駆け足投稿です(笑)

水戸市内の大手菓子店、亀印製菓さんの工場祭が明日3月2日・3日の2日間にわたって開催されます
DSC_0624.jpg
↑今朝の朝刊に入っていた折り込みチラシです^^
先月、このイベントの模様をざっと当ブログで記事に書いていたのを皆さん、覚えていらっしゃるでしょうか・・・?
できたて工場祭、行ってきました!
ほこまる焼きを食べました☆
去る1月26.27日に、亀印さんの工場がある『お菓子夢工業』で開催されたイベントが、今回もまた開催されるのです(*^_^*)
お好きなショートケーキがよりどり4個=1,000円で購入できる「ショートケーキバイキング」や、国産いちごを使用したスイーツがたくさん、陳列販売されますよ(≧▽≦)!!
IMG_1389_20130301212037.jpg

IMG_1365_20130301212108.jpg
※画像はいづれも前回のイベント時に購入したものです。

スイーツに目がないそこのあなた、無視したら損、損!(笑)
IMG_1391_20130301212248.jpg
いちごシフォンケーキ(カット後)いちごの味がしつこ過ぎずふわぁっとした食感に仕上げられていたのが好印象♪
個人的にはロールケーキよりもこちらの方が気に入った

又、前回同様に会場では焼きそばやけんちん汁、そして鉾田市のご当地キャラ・ほこまるの焼印が入った「ほこまる焼き」の店頭販売やポン菓子の実演販売とか、わなげゲーム等が行われます。
そして、お店の中では前回同様に「お子様ケーキ教室」(参加料:500円)も開催され、御家族で楽しめるミニイベントも盛りだくさんですよ
ちなみに、2日の土曜日限定ですが常陸秋そばのそば打ち体験も行われるそうですのでお好きな方は是非♪
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:00~15:00
参加料 2000円

春とはまだ名ばかりで、吹く風は冷たく梅の開花が今年も遅れ気味な水戸の偕楽園だけど、春色の美味しいお菓子で気分だけ先に春を満喫してみませんか?

亀印製菓(HP)→http://www.kamejirushi.co.jp

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/03/01 21:42 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-