磯の香りのふりかけ~伊勢増

たつご味噌(高萩市)さんの”めしどろぼうさん”、小松屋(土浦市)さんの”福来ふりかけ”・・・と、これまで”ご飯のお友達”を紹介してまいりましたが、今回もぶっちゃけそのお話です(笑)

「お好み焼き 金たろう」さんでお腹を満たした私、ひたちなか文化会館の演劇開演時刻まではまだ余裕たっぷり!
勝田駅には戻らず、その手前の日工前駅で下車してそこから歩いていくことを既にこの時決めていましたから、慌てずぶらぶらと商店街や街中を見て歩きながら那珂湊駅へ戻ろうと、のんびり行くことにしました(*^_^*)

IMG_0001_20130228211826.jpg
湊本町の交差点まで戻ってくると、丁度信号を渡った向かい側に見える”伊勢増(いせます)”さんというお店。
ワカメや海苔、ちりめんじゃこ等の海産物や加工品等を扱っています。
魚なんかも、家庭用の丁度手ごろな切り身が販売されていますから魚をさばくのが苦手な方でも大丈夫!
「市場で売ってるのは大き過ぎて冷蔵庫に入らないから買っても持てあましちゃう第一、裁き方知らないし
という方ならこちらがオススメですね
IMG_1710_20130228212947.jpg
那珂湊市場から駅に向かって、最初の交差点の角の2軒目のお店です(*^_^*)

さて、本題に入りますか
このお店に立ち寄った時には必ず購入する、大洗のちりめんじゃことワカメご飯の素をまずカゴに入れて店内を見渡すとふと目にとまったコレ↓
IMG_1726_20130228213329.jpg
香るふりかけ「磯の香」
青のりとワカメのふりかけ、初めて気がついた商品だったけど美味しそうなので買ってみました

で早速、朝ごはんに。
蓋を開けたらぷーんと漂う、海の香り。。。
IMG_1727_20130228213556.jpg
決して誇大じゃありません。本当に海のあのしょっぱい香りがします。
このテのふりかけ、類似品がいくらでも出回っていますがさすがに海の香りまでするものはないと思います。
これをご飯にパラパラパラっ。・。・
IMG_1728_20130228214231.jpg
美味しいっ!!(≧≦)バッチリです☆
これはオススメ!
これがあれば、おかずは要らない!!かもね
海藻ミネラルたっぷりなふりかけ、海がある街の御土産にふさわしいでしょう

ここ・伊勢増さんではこの他、生ワカメやひたちなか市の特産品・ほしいもの販売も行われています。
明治30年創業の老舗が扱うこれらの商品、那珂湊観光の御土産にいかがですか?
伊勢増さんHP→http://isemasu.com/index.php
お店で扱っている商品が紹介されていますのでよろしかったら^^
(ふりかけは入っていません。)
オンラインショップも行われていますので

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2013/02/28 21:27 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

お好み焼きと焼きそば 金たろう

那珂湊駅で途中下車した私、街中をぶらぶら歩きどこかでランチを食べてから戻ろう!
と思いまして、とりあえず那珂湊市場方面まで歩いていくことにしました
IMG_0001_20130226213157.jpg
もう何度も通り、すっかり馴染みの景色の中を歩いているうちあっという間に湊本町の交差点に辿り着きました。
ここを直進すれば、市場はすぐそこなのですが今回はそちらへは向かわず左折して商店街の方へ。
”そういえば”と、以前から気になっていたお店があったのを思い出して、そこ目指してさらにスタスタスタ

あった!\(^o^)/
IMG_1709_20130226214627.jpg
お好み焼きと焼きそばのお店、「金たろう」さんです。
阿字ヶ浦温泉のぞみへ向かう際、通過するたびに気になっていたお店。
最近、”ご当地グルメ”として県内のグルメイベント等で見かける「那珂湊焼きそば」の、のれん会に加入されてるお店です
IMG_1708_20130226215613.jpg
戸をくぐると香ばしいソースの香りが漂う中、奥さんが鉄板で絶えず焼きそばを焼く姿がカウンター越しに見られます。そして、旦那さんがお茶運び&ウェイター^^
”オムそば”を即、注文しました!
IMG_1704_20130226221006.jpg
オムそば、言うまでもなくオムレツで包んだ焼きそば
私の前に来店していたお兄さんグループがこれ食べていました。「那珂湊焼きそばのれんの会」のチラシでも、この”オムそば”がお店の代表メニューで紹介されています。IMG_20130226221336.jpg
きっと人気&看板メニューなのでしょうね
ですから、これに決めるのに何の迷いもなく注文したわけであります(*^_^*)

ソース(ウスター&ケチャップ)とマヨネーズがたっぷり(≧≦)!
その上、おかかと青のりもたっぷり!!
IMG_1705_20130226221608.jpg

では、いただきま~す☆

IMG_1707_20130226221740.jpg
玉子に包まれた、その中は独特の”もっちり食感”な那珂湊焼きそば、そしていか、エビ、豚肉、キャベツがたっぷりと入っていて食べごたえは十分!!
結構、お腹いっぱいになりますよ
車じゃなければこれに生ビールつけたらもう、他に何も要らない(笑)
お持ち帰りもできるそうです
連絡先はコチラ→029-262-2336お電話で予約しておくとスムースかと思います(*^_^*)

那珂湊に着いたら、お魚も良いけれど。。。
ご当地焼きそば食べても、いいじゃない?
那珂湊商店街界隈といっても、那珂湊駅から徒歩では少々遠いかもしれませんが(約10~15分位)金たろうさんのオムそば、一度食べてみる価値ありです

お好み焼き金たろう
11:00~20:00 木曜定休

那珂湊焼きそばのれんの会(加入店一覧)→http://nakaminatoyakisoba.web.fc2.com/index.html

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/27 00:17 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

ちょっと湊線に乗ってきまぁす♪

今日は栃木県北部の方で大きな地震が発生しましたねえ。。。
その後も震度1~4位の余震が頻繁に続いているとか。怖いですねえ(>_<)

さて、去る2月24日(日)は先日記事で告知しているとおりひたちなか市の文化会館にて演劇鑑賞をしてきました
その模様は後ほど書かせていただくとしまして。

この日は早めにひたちなか市に入りました。市内のどこかでご飯を食べて文化会館に向かうつもりでしたがこの日は冷たい強風が吹き荒れていた日(>_<)お店をぶらぶら探すのもなんだかなあ、なんて思ったのでとりあえずJR勝田駅に車を置き、”ちょっと湊線(ひたちなか海浜鉄道)でも乗ってみよぉっと♪”となりまして
IMG_1699_20130225232322.jpg
湊線車両のエンジン音、これ聞くとなぜか和む私(笑)

特にアテはないけれど、とりあえず那珂湊駅まで
街中ぶらぶらして(風、吹いてるのにか?)ランチでも食べて帰ってくれば丁度良い時間かな。
帰りは日工前駅(勝田駅の隣の駅)で下車すれば、文化会館まで徒歩ですぐだもんね^^
さて、この時間の勝田駅発はミキ車両だったのですがヘッドマークに注目!
IMG_1701_20130225232654.jpg

今更の話題ではありませんが、この時期恒例の”絵馬列車”。
ヘッドマークに「合格」の文字が分散されて車両に付けられています。
そろそろ終盤ですが、まだ受験シーズンですからねえ。。。
IMG_1700_20130225232953.jpg
茨城県では来月初めに県立高校の入試があります。
県立高校を受験される受験生の皆さん、合格を祈ってますよ☆

で、”合格”の”格”はいいけれど、”合”はどの車両に?と思っていたら那珂湊駅で待機していました。
IMG_1702_20130225233236.jpg

IMG_1703_20130225233304.jpg
丁度、”合格”が揃った!!(≧▽≦)
昔懐かしのアイスキャンデー”ビバオール”(←どんだけの方が御存じだろ?^^;)の棒の焼印に”ビバオール”と書かれているのを見た時の気分と同じ!
・・・なんて、思い切り昭和ネタなどつい^◇^;

帰りはこの”合”と書かれたキハ3710に乗車することになるのですが、順番逆だけど果たして大願成就の御利益はもらえたかな。。。(笑)
DSC_0414-1.jpg
前回、”ワイン列車”ツアーの際使用した車両にはまだこんな可愛いイラストが(*^_^*)
駅猫のおさむとミニさむです。画像はあのワイン列車の時のものでハートマークは剥がされていたようですがキハ3710のいづれかの車両に飾ってあります。皆さんが御乗車された時に逢えるかな~?

さて、とりあえず那珂湊駅で下車した私。
商店街をぶらりと歩き、お買い物をしまして・・・。
IMG_1712_20130225234400.jpg
那珂湊駅で配布されている乗車証明書を持って商店街を歩き、このイラストの貼ってあるお店に行ってみましょう^^何かサービスが受けられますよ☆サービス内容はお店によってまちまちですが。

ランチにはコレ↓
IMG_1704_20130225234720.jpg
オムそば!!
一体これをどこで?
というところでもったいぶって、このお話は次回に回します

では、眠いのでこれにて失礼いたします

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/25 23:50 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)

太古の化石海水温泉・潮騒の湯

格別寒い、今回の週末でした(++)
皆さん、いかがお過ごしでしたでしょうか?
私の場合、23日(土)は父のお墓参りと日帰り温泉へ、そして翌24日(日)は、お芝居を観にひたちなか市を(こちらは後日、記事で)訪れました。
ではまず、23日のお話から^^

国道51号線を水戸から鹿嶋方面に向かう際、大洗町に入ると同時位に頻繁に見かける「潮騒の湯」の看板。
今回はその、潮騒の湯へ行ってまいりました
DSC_0610.jpg
入り口まで頻繁に案内板が出ておりますから、初めてでも迷うことなく辿り着けます。
太古の化石海水を利用した天然温泉、を売りにしているこの施設、ブログを始める随分前に一度、訪れたことがありますがその間に大震災・津波がありその後リニューアルオープンしています。
DSC_0605.jpg

リニューアル後は初めての来店となります
IMG_1686_20130224204008.jpg

IMG_1687_20130224204031.jpg

ここへ来るまでの、あまりにも頻繁な看板そして、どこかで”そんなに遠くへどちらまで?近場でこんなに良い温泉”みたいな意味の看板も見かけまして、”随分と誇大広告じゃん?”なんて軽視していました。
実際、玄関をくぐり湯に浸かるまでは。。。

以前は、広大な庭園に造られた露天風呂、といったスタイルでした。
DSC_0608.jpg

ですが、リニューアル後はジェット&バイブラバスや炭酸泉etcを内風呂に設置し、露店風呂も囲いと屋根で覆われたスタイルに変わっていました
DSC_0606.jpg
海を一望できるスタイルだけは、リニューアル後も変わらない

DSC_0607.jpg
温泉の泉質は高濃度のナトリウム塩化物強温泉。俗に”熱の湯”と呼ばれ温浴効果が持続して冷めにくいタイプの泉質だそうです何故、”太古の化石海水”かといいますと、大昔の地殻変動等によって古い海水が地中に閉じ込められたものだからだそうで。その海水には多量の塩分が含まれていると言われています。
それをここ・潮騒の湯の敷地内にて掘り汲み上げられているとか。
濃厚な効能が期待できます。現に私もこのお湯に浸かり、随分と癒されました(*^_^*)
その余韻でその日はいつもよりも1時間早く布団に入ったものの、いつもよりも1時間根過ごしてもうた(何時間寝るんじゃい、笑)

浴室はさほど広々しているわけではないのですが、どの浴槽も気持ち良く入ることができました(*^_^*)

で、湯上り後の楽しみといえば・・・
これですね↓
IMG_1694_20130224210636.jpg
海鮮ざるそば+寿司セット
他、海鮮釜飯やあんこう鍋などのメニューもありますよ!
海の幸を中心とした、新鮮料理が盛りだくさん(≧▽≦)!
海を眺めながらそれらが食べられるの
IMG_1692_20130224211024.jpg

お風呂で癒されグルメで癒され・・・こんな贅沢、しかも日帰りで出来るところが他にそう、あるでしょうか?
誇大広告(?)ではなかったのね(>_<)
馬鹿にしてごめんなさい
IMG_1691_20130224211557.jpg
お茶、お冷はセルフサービスです。お食事は入館時に手渡される注文札で処理。退出時の会計となります。

”磯の名所・大洗さま”の観光スポットの、潮騒の湯
知らなきゃ損するこの施設、素通り通過は勿体無いかもしれませんよ☆

潮騒の湯
http://www.siosai.jp/

茨城県東茨城郡大洗町大貫町256-25
Tel:029-267-4031
Fax:029-267-0284
営業時間
お風呂 10:00~23:00(最終受付22:20)
レストラン 10:00~21:30(ラストオーダー20:30)


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/24 21:14 ]  大洗町 | TB(0) | コメント(2)

水戸の梅まつり、開催!そして・・・

各々方、今年もこの季節がやってまいりましたぞ

そう、去る2月20日より毎年恒例の『水戸の梅まつり』が。
DSC_0475.jpg

が・・・先日のローカルニュースによりますと
昨年に引き続き、今年も偕楽園の梅の開花が間にあわずオープニングセレモニーが行われた20日の時点ではまだ、ほんの1分咲き程度だとか
DSC_0601.jpg
この冬の格別な寒さが原因で、梅の開花も去年同様遅れています。見頃となるのは3月中旬以降となるでしょう。。。
梅が咲かなくちゃ、水戸の春は来ない!!
梅の花は、水戸のシンボル(>_<)!
早く、満開の梅の花で彩られた偕楽園を見たいものです。
DSC_0598.jpg

そんな中、実は個人的に楽しみにしているイベントがあります
コレ↓
DSC_0400.jpg
水戸の梅まつり梅酒大会2013
偕楽園に隣接する常磐神社(ときわじんじゃ)の境内にて、3月8(金).9(土).10(日)の3日間にわたり開催される梅酒のイベント、意外にも東日本で開催されるのは初めてだそうです
全国から酒造会社が集まり、それぞれお店自慢の”梅酒”を提供。一般参加者がそれらを試飲し、その中で自分のお気に入りを見つけて投票!
その投票結果により全国№1が決定するというイベント。
いわゆる、”梅酒オリンピック”ともいいましょうか(笑)
お酒、特に梅酒大好きな方、”梅酒の事なら自分に聞きな”と豪語する位の梅酒マニアさんは奮って参加すべきでしょう(笑)
IMG_1974_20130223204700.jpg
大会には勿論、あの”百年梅酒”を製造された明利酒類さんも参戦!
果たして、地元の意地を発揮できるか?!

”梅の都・水戸”の地で開催されるにふさわしい、イベントといえましょう(*^_^*)
でも、参加されようという方はくれぐれも飲酒運転はなさらないようにね
未成年者の参加も駄目です。常識ですよね
IMG_1798_20130223205316.jpg
↑漫遊バス「助さん号」偶然通りかかったのをパチリ☆
今年も相方の「格さん号」と共に運行されますからね(~3/17までの土、日のみ)
IMG_1799_20130223205434.jpg

こちらも同時開催中(*^_^*)!
DSC_0598-2.jpg
第1回チョコレートフェスティバル
水戸芸術館にて3月10日まで。
世界一長いチョコロールケーキ作り等チョコレートに関する、楽しく甘~いイベントがいっぱい!!
このイベントも今年初であります

今年の梅まつり期間中は、何かとイベントがありますからたとえ梅が見頃でなくても楽しめそう!!
”梅が咲いてないから、つまらん!”
という理由でお帰りになられるのは、早いですよ
詳しい情報は、コチラを→水戸観光協会(偕楽園の梅の開花状況もコチラでご確認くださいね^^)

DSC_0596.jpg
市のマスコット、”みとちゃん”
彼女にとっては初めての「水戸の梅まつり」ですね♪
期間中、”みとちゃん”をお目にかけたら仲良くしてあげてくださいね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/23 21:22 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(6)

うなぎ屋さんのふりかけ

ご飯を食べる時、ふりかけを使用される方!!

実は私もそうなんです
子供の頃からご飯に何かを載せて食べないと、口寂しい性分でした!
我が家の食卓には必ず、お●松くんやドラ■もん(世代が。。。^0^;)が常備されていました。
さすがにそこまではいかないものの、やっぱりじゃこやしらすを載せたりしてますねえ

さて、そんな”ふりかけ通”さんによいお話です
大正5年創業、はや1世紀近く続いている老舗うなぎ屋さんにて特製のふりかけが発売されています。
その”老舗うなぎ屋さん”とは、先日母と一緒に訪れた土浦市の小松屋さんであります。
DSC_0567.jpg
再び登場!

去年暮れ頃からの発売開始、「福来(ふっくら)ふりかけ」シリーズとして登場したこのふりかけ、
全部で4種類あります。
DSC_0603.jpg
が、そこは老舗であり高級趣向のお店。市内でしか供給されていない”幻の銘柄牛”の飯村牛を使用していたり(飯村牛そぼろ)、近海産のちりめんじゃこと山椒(実、葉共)、”冬菇(どんこ)”と呼ばれている椎茸を炊き合わせた”おじゃこさん”etc、素材も凝っています

今回は私のお気に入りを2種類(*^_^*)
DSC_0578.jpg
七福さん 525円
花かつおのでんぶ、くるみ、糸昆布、冬菇椎茸、干瓢等の素材の風味をそのまま生かして作られたそうです
蓋を開ければかつおぶしの香ばしい香り。。。
DSC_0579.jpg
ふりかけといっても、味わい深い味に仕上げられています。
だからご飯にかけたらもう、おかずは要らない!!
あ、やばご飯にかけた時の写真を撮るの忘れた(汗)
ふりかけとしては勿論ですが、おにぎりの具にしてもいいね♪

続いてもう一つ、「飯村牛そぼろ」
DSC_0580.jpg
こちらも味わい深いふりかけとなっています。
ご飯にトッピングしても、おにぎりの具にしてもいいけれど。。。

今回は、これで炒飯を作っちゃいました
ではこれより、”竹千代のごじゃっぺ☆クッキングタイム”(笑)
DSC_0581.jpg

【飯村牛そぼろ炒飯】
材料(2人分)
◆ご飯・・・300g
◇葱・・・小口切りにしたものを適量
◆卵・・・2個
◇飯村牛そぼろ・・・20g程度
塩、こしょう・・・(共に適量)

① ご飯と、葱、飯村牛そぼろをボールに入れ混ぜ合わせてなじませておく。
卵を割ほぐしておく。フライパンは熱しておく。
② 熱したフライパンに油を引き、割ほぐしておいた卵液を流し入れ軽くかき混ぜる。
③ ①でなじませておいたご飯と具をそこへ入れて、炒める。
④ 塩とこしょうで味を整えて出来あがり♪

DSC_0583.jpg
即席・ビーフ炒飯の出来あがり☆
我ながら、まあまあ食べれる(笑)
甘みが強めですので、塩、コショウで調節してくださいね

今回は炒飯だったけれど、卵に混ぜて”ミートオムレツ”もいいね
使い道は沢山!!大活躍です、飯村牛そぼろ(笑)

老舗うなぎ屋さんの『福来(ふっくら)ふりかけ』シリーズ、オススメです!
贈答用の詰め合わせもありまよ
土浦観光の際の御土産に、または贈り物にいかがでしょう?

小松屋さんHP→http://5028.jp/
TEL:0120-240373(フリーダイヤル)
FAX:0120-208075(フリーダイヤル)
24時間受付
地方発送あり
<配送料金>
●東北、関東甲信越、北陸、関西=500円
●四国、中国=600円
●北海道、九州、沖縄=700円
※クール便は別途210円


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/22 22:32 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

複雑だね。。。

皆さんもご存じの通り、本日2月21日午前に3人の死刑囚の刑が執行されました。
自民政権に復帰後の初めての死刑執行、3人の死刑囚の中のうち一人は恥ずかしながらわが茨城県出身であります

皆さん覚えていらっしゃるでしょうか・・・?
今から5年前の2008年の3月に、わが県の土浦市JR荒川沖駅にて1人が殺害され7人が重軽傷、さらにその前に土浦市内の民家に住んでいる72歳の男性1人が殺害された事件を
それについて書いた、過去の記事がコチラです→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-599.html

・・・死刑になって死にたかった。だから殺すのは誰でもよかった・・・
そう言って、犯行を犯した犯人。あまりにも自分勝手な動機によるあの忌まわしい殺傷事件に、身が凍りつく思いを感じられた方は多いと思います。
犯行内容、その動機に至っても死刑は当然、そして当人にしてみれば自分の望み通りの死刑だから仕方がないといえばそれまでですが。。。

犠牲になり、殺された人達は帰ってきません。
犯人の自分勝手な考えにより突然、失うはずではなかったはずの命が奪われ、突然人生を終わりにさせられてしまった犠牲者の遺族にしてみれば、犯人の死刑は一つの区切りでしかなく決して愛する人を失った悲しみが癒えるわけではないでしょう。。。
なんといっても、犯人が心から反省し遺族に対して”本当に申し訳ないことをした。今度は他人の痛みを理解できる人間に生まれ変わってきます。”という謝罪の心も持たないまま、絞首台に立ち死んでいったのかと思うと許せないですねえ・・・
そして、こんな犯人にも両親があり、兄弟や親せきがいらっしゃることでしょう。
”人殺しの家族”というレッテルを貼られ、指さされて生きていかなければならない生活を強いられる御家族の心中、いかがなものかそれを思うと、実に不憫としか言いようがありません。

凶悪事件を戒めるため、殺された人の痛みをその身を持って味わうのと同時に罪を自らの命を持って償う。。。それが死刑という刑罰の意図であったはず。今回の荒川沖事件の場合は果たして何の意味の死刑なのか、分からないなあ

いろいろな意味で考えされられる事件です。
死刑制度はありかなしか、賛否両論おありかと思います。私にはどちらが好ましいのかここでは断言できませんが
ただ一つ、言えること。
”もう二度と、このように無差別に人を襲う事件は起こらないでほしい。。。
生きるのが嫌になったから、他人を傷つけその命を奪ってもよい、というねじれた考えを持つ人はもう現れないで欲しい!”

これだけですね(>_<)

IMG_1637_20130221220441.jpg
事件とは関係ありませんが、掲載したかった画像
先日、中城通りの雛まつりの際見つけたものです。
まあ、重苦しい話だけでも難ですから(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

蔵の雛まつり<大徳>

土浦市の中城通りにある『土浦まちかど蔵』の、もう一つの蔵・大徳(だいとく)さん。
IMG_1648_20130219212817.jpg

ここでも雛人形の展示が行われています
向かいの野村さんでは、霞蓮雛やかすみ人形等でしたが(詳しくは前回↓の記事を見てね
ここではほらっ!こんなに可愛らしいつるし雛が展示されています
IMG_1649_20130219213344.jpg

IMG_1650_20130219214137.jpg

IMG_1662.jpg

今年の流行り(?)は、フクロウなのか室内に多く見られました。
IMG_1655_20130219214334.jpg

IMG_1657_20130219214447.jpg

IMG_1656_20130219214518.jpg

”フクロウ”=”不苦労”、”福来郞”、”福老”と読めることから古来より、フクロウは縁起物とされて崇拝され、大切にされていると言われます。
IMG_1658_20130219214634.jpg
そんな”幸運の守り神”フクロウが部屋中にいっぱいあるなんて!!
これは眺めているだけでも幸せになれそうですよ(≧▽≦)
IMG_1674_20130219215018.jpg

そして、大徳さんの”名物雛”(?)といったらコレは外せません
IMG_1651_20130219215424.jpg
上の段→つちまる・キララちゃん
二段目→干支雛(今年は巳(へび))
三段目→レンコン雛

市のマスコットキャラクターのつちまる&キララちゃん雛、これには説明は要りませんね。
その下が干支雛です。その年の干支になった生き物がひな人形となっている”名物雛”
IMG_1652_20130219215646.jpg
へびはどんな風に着物を着せるんだろう?と思っていましたが、なかなか様になってますね(笑)
リアル蛇は決して、好んでいる生き物ではありませんがこうして見ると可愛いね(*^_^*)
IMG_1653_20130219220037.jpg

ちなみにこの干支雛、大徳さんの入口・御土産売り場脇にも展示されていますよ☆
IMG_1676_20130219220342.jpg
メインの2F展示室には、歴代干支雛も展示されていますのでよろしかったら見て行ってくださいね♪
それにしても、毎年展示されてるけど”蓮根雛”はいつ見ても面白い^^
IMG_1666_20130219220716.jpg

以下の3枚は、母が大変気に入り暫く立ち止って魅入っていた人形です。
皆さんもほっこりと、心を和ませてください(*^_^*)
IMG_1667_20130219220905.jpg

IMG_1668_20130219220933.jpg

IMG_1672_20130219221021.jpg

見物に来られた人達を温かく和ませてくれる、大徳さんのつるし雛は3月3日まで展示されていますから期間中、お時間のとられる方は是非観にいらしてみてくださいね
IMG_1659_20130219221353.jpg
他にもたくさん、掲載したい画像がありますがキリがありませんしこれからここを訪れられる方の楽しみもとっておかなくては(笑)
そんなわけで、当ブログではここまでとさせていただきます
続きは、皆さんご自身の目でご覧くださいね

土浦名店街(土浦駅より徒歩約5分、(駅から見て)中城通りの手前)という界隈では、期間中(~3/3)の毎週土日にイベントも開催されています。
ミニコンサートやちぎり絵教室等の体験教室とか、土浦二高茶道部の生徒さんによるお茶会が行われていますよ
お時間のある方は寄り道してってね☆
DSC_0592.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/19 22:30 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(4)

蔵の雛まつり<野村>

本当は、小松屋さんから徒歩で街中を散策しながら中城通りへ向かうつもりでしたが、何しろ先日16日の土曜日は凍える程の低温、その上冷たい強風の吹く1日でしたからそんな中、母を連れて徒歩散策などしたら風邪をひかせてしまう恐れもあり、土浦駅西口駐車場に停めていたマイカーを一旦出し、中城通りにある蔵・野村さん脇の駐車場に置くことにしました。
IMG_1635_20130218221956.jpg
野村さんの雛まつり用ディスプレイ
蔵は今回、撮影し忘れました(>_<)!


中城通り(旧水戸街道)と呼ばれる界隈には、2つの蔵が向かい合うような格好で建っています。
江戸中期より、呉服店として営業してきた「大徳」さんと、同じく江戸時代の商家「野村」さん。
両者とも現在は、”土浦まちかど蔵”として、又土浦観光の拠点として情報発信をしたり、地元の土産品の販売等観光スポットの一つになっているのです

ここ・まちかど蔵でも現在、雛まつり開催中です。
IMG_1636_20130218222312.jpg
2つの蔵でも、飾られているひな人形は全く違います。
今回は、「野村」さんの方をレポートさせていただきますね♪

毎年続いていますが、すっかり名物!!
霞蓮雛(かれんびな)
IMG_1641_20130218222723.jpg

蓮根の葉や茎、実等を利用して作られたひな人形です。
蓮根の生産量№1を誇る土浦市にふさわしいお雛様じゃないですか
IMG_1642_20130218222937.jpg
髪の毛や着物が蓮根の葉っぱ。
自然のものを利用~これぞ、”エコびな”です
IMG_1644_20130218223120.jpg

土浦でしか見ることのできない、オリジナル雛がいっぱい!!
これも
IMG_1639_20130218223253.jpg
昔から伝わる伝統工芸品、”かすみ人形”。
何で出来てるか、お分かりですか?

当ブログでほぼ毎年UPしてるから、もう皆さんご存知かな
”田螺(たにし)”なんです。
霞ヶ浦の田螺の殻を使っています。
IMG_1645_20130218230934.jpg

IMG_1647_20130218231033.jpg
よくよく見ると、まるでそれらは魂でも入っているかのように”生”を感じます・・・。
”人間(?人形)”に生まれ変わった、田螺の気持ちはいかに?(笑)

IMG_1646_20130218230650.jpg

「野村」さんの蔵の中の、オリジナル雛達による”雛まつり”は宴たけなわ。。。
皆さんも遊びにいらしてみませんか?
IMG_1640_20130218231330.jpg

で、遊び疲れましたら蔵の奥進んだところにある喫茶店「蔵」で一杯、お茶等いかが?
IMG_1684_20130218231636.jpg
野村さんの店舗を通り抜け、外に出てすぐそこ。
以前も記事に書いたことのある、明治時代の蔵を有効活用した喫茶店~震災による被災・損壊により一時閉鎖の話が出たものの、地元の人たちの根強い希望により再開した、あの蔵です

この時期は可愛い、フクロウの吊るし雛が店内で歓迎してくれます☆
IMG_1683_20130218231927.jpg

そこで私達親子は、贅沢にもブルーマウンテン(なんと500円)と
IMG_1681_20130218232113.jpg
酸味もなく癖のない上品な味わい・・・私好みだ
それにしても、ここに来る前のうな重といいこれといい、なんだかこの日は贅沢し過ぎ!(笑)

お茶受けは紅茶シフォンを
IMG_1679_20130218232346.jpg
いつもは抹茶だけど、紅茶もイケる
甘さ控えめでふわふわ・もふもふ

ひな人形見てお茶して・・・。とっても幸せ

いうもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/18 23:28 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

小松屋さんのうな重

イトーヨーカドー土浦店もついに終了、これで土浦市には駅前繁華街(駅ビルは除く)のデパートと呼べるお店がなくなっちゃったんですね
これも事情あっての結果、時代の流れと言えばそれまでだけどヨーカドーの撤退により、駅前のメイン通りがますます錆びれていく・・・なんてことにならなければ良いのですが

さて、そんな駅前にあるお店の一つ、小松屋さんというお店に立ち寄ってみました!
覚えてるかな~?去年9月に開催された”ドリンクラリー”の際、一人で瓶ビール+鰻の肝焼きをいただいたお店なのですが・・・(その時の記事→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1464.html
”国産ウナギのうな重が食べたいっ!!”と以前から言っていた母に、小松屋さんの鰻の味を味あわせてあげたいと思い、丁度今の時期なら雛まつりが開催されてるし・・・と、寒くて風が冷たい日ではありましたが決行することにしました。
DSC_0567.jpg
小松屋
鰻のかば焼きと佃煮のお店。11:30~14:30まではランチも食べられます(メニューは特上うな重¥2,250のみ)
テーブル数が確か、数少なかったことを覚えていましたので果たして満席だったらどうしよう?なんて心配していましたが、丁度空席があって良かった
焼くのに時間がかかりますから、お茶を飲みながら気長に待ちます。

ゆっくりと過ごしているうちに、到着~!!
DSC_0564.jpg

では、御開帳~!!(笑)
DSC_0566.jpg
特上うな重 ¥2,250円
おおお(≧▽≦。)!!こんな光景見たのは果たして、何年ぶりだろう・・・?
こんな贅沢、生涯であと何回味わえるかなあ。。。(笑)
DSC_0565.jpg
鰻は国産のみを使用、というところがこのお店のモットーだそうな。
タレも創業(大正5年)以来続いている”秘伝のタレ”を使用し、こだわりを貫いているお店。
90年以上、続いているのはこの”こだわり”を守っていて、それを味わいたい往年のファンがいるからでしょうね

お漬物↓新六さんの奈良漬が取手市から友情出演(?)
DSC_0563.jpg
土浦と取手のコラボレーション(?)か、いいですねえ。。。

あっという間にお腹いっぱいになりました
これから街中のつるし雛を観に行く予定でしたので、丁度イイ!!
満腹になったところで、元気に出発です
DSC_0575.jpg
というわけで、次回は土浦の雛まつりの様子(といっても、今回は強風・低温だった為アチコチ巡らず中城通りのまちかど蔵に限らせていただきましたが)をレポートさせていただきます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/17 23:14 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

ラストショッピング~さよならイトーヨーカドー土浦店

まだ先の話と思っていたのに、ついに”その時”がやってまいりました。
以前から撤退が決定していた、イトーヨーカドー土浦店が明日、2013年2月17日をもってついに閉店します。
IMG_1102_20121215105609.jpg
↑2012年12月撮影

土浦駅前再開発ビル「ウララ」の店舗として開業し、駅前デパートとしての営業は15年、それ以前に別な場所で営業していた期間を合わせて39年。
ショッピングセンターとしてのその年月は、長いのか短いのか、私には分かりませんが今はただ、
「39年間、ありがとう!お疲れ様」としか言いようがありません。
DSC_0568.jpg

現在開催中の『土浦の雛まつり』を見物しに今年は母も連れ、やってきた私。
昼食をとった後、”そういえばヨーカドーが明日で最後だ”と、目の保養と暖をとる目的とで親子でショッピングをしようとお店に入って行きました。土浦を訪れたこと等なかった母にとっては、最初で最後のショッピング

閉店1日前のお店(イトーヨーカドー土浦店)で私が買ったもの
DSC_0576.jpg
コットンのTシャツ(長袖)、靴、お財布
バッグやアクセサリー等の日用雑貨や紳士用・婦人用の洋服類が平均1,000~2,000程度の値段で、ほとんど投げ売り状態(閉店だから仕方ないか
人間の心理は誠に勝手なもので、当たり前のようにあるものには目もくれないけれど、”もうすぐ消える”となればこれまで無関心だったことも忘れ、別れを惜しむかのように大騒ぎする・・・閉店を目の前にし、夢中になってまとめ買いをしたり買い占めをする店内のお客さん達の姿を見て、つくづくそう感じました。
勿論、私もその一人ですが

明日の17日、最終日の営業時間は10:00~20:00までだそうです。
土浦市の皆さん、お別れはもうお済ですか?
DSC_0376.jpg
駅ビルが不在だった頃、よく利用した!なんて方もいらっしゃるのでは?
学校帰りにお店に立ち寄って買い食いして、時には運悪く生活指導の先生に見つかりお説教された、なんて苦い思い出を持つ学生さんもいらっしゃったのでは?
母の日や父の日、敬老の日のプレゼント選びに・・・という方もいらっしゃるでしょう
様々な思い出がきっと、利用者の皆さんには残っていることでしょうね。。。

イトーヨーカドー土浦店撤退後は、現在下高津という地にある土浦市役所が入ることが決定しているそうです。
本格的に改修工事等の作業が入るのが来年で、正式に庁舎がこのビルに入り、業務開始となるのは2年後の予定だそうですが。

市民のニーズに応え、土浦市の活性化とイメージUPへと繋がる上で意味のある移転となればよいと、市外者ながら思う私なんだなあ・・・。
DSC_0569.jpg
最後にもう一度!
市内のデパートとして39年間、そして駅前デパートとして15年間。
本当にお疲れさまでした!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/16 21:57 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

古徳沼の白鳥

那珂市記事、今回の最終記事は那珂市役所から北上すること約15分。
かつて、”瓜連町”と呼ばれたエリアのお話です
地元では”白鳥の飛来地”として知られている溜池・古徳(ことく)沼を訪れてみました

茨城ブロガーさんでこのスポットを記事に書かれる方は結構多く、既に他の方のところで目にされた方もいらっしゃるかと思いますが当ブログでは初記事となります
といっても、ここに来たのは初めてではありませんけど^^
DSC_0562.jpg
国道118号を北へ向かって進み、”らぽーる”という名の公民館のある信号を左折、細い田圃道を走りさらに左へ曲がり、間もなく見える岩上記念病院のすぐそばに、白鳥見学者の為の駐車場があります。
IMG_1484_20130215213716.jpg
マイカーでここを訪れる方が多いにも関わらず、以前は駐車場もなく不便でした
かといって、最寄りの瓜連駅からは徒歩だとたっぷり20~30分はかかる距離ですし駐車場は本当にありがたい
ちゃんと、トイレもあります
IMG_1485_20130215214310.jpg
くれぐれも、綺麗に使用しましょうね♪
又、駐車場内や隣接した民家がありますので住民の方の迷惑にならないよう、騒音やゴミ散らかしなどの迷惑行為は絶対にいけません

さて、目的の古徳沼まではこの駐車場から徒歩わずか2,3分の場所です。
案内マップと、”那珂八景古徳沼”の木碑が目印。
IMG_1487_20130215214738.jpg

おお、早速いますねえ
IMG_1488_20130215215012.jpg
皆さん、お揃いでお出迎えですか?

さすがに毎年飛来してくるだけあって、見物しに来た人間が一人や二人増えようと気にしません。
落ち着いたものです。
IMG_1489_20130215215103.jpg

それらを見物する人間達。
IMG_1490_20130215215243.jpg
じっと見とれる人、三脚を構える人様々。。。
もしかすると、白鳥達の方ではそんな人間の様子を見物しているのかもしれませんね
”あ!今年もたくさんの人間キタ!!”なんてね
IMG_1491_20130215215725.jpg

この古徳沼、最初の白鳥飛来は昭和41年だそうです。当初はたった2羽でした。
IMG_1497_20130215215826.jpg
それから、白鳥達の間でも”口コミ”が広まったのか少しずつ数が増えていき、最初の飛来から10数年後の昭和50年代半ばにはついに100羽を超える程になりました
画像を見ていただくとお分かりのように、ピーク時には200羽を超えることもあったのですね。。。
IMG_1518_20130215220347.jpg

異国の地・シベリアから越冬にやってくる白鳥達。
毎年、冬季にはこの沼で”国際交流(?)”が行われているということか
IMG_1500_20130215220548.jpg
果たして、地元民(カモ)と仲良くやってるのかなあ。。。

IMG_1511_20130215220901.jpg
遠い異国からやってきた白鳥達に、わりと気配りを見せてる感じ^^

でも中には挑発的なのもいて、小さい身体で自分の倍ある大きな白鳥に向かっていく血気盛んなカモもたまにいるようです。
で、結局威嚇されて退却
IMG_1502_20130215221452.jpg

ここに来る時通った田圃道を走っていたら、運転席から白鳥の連帯飛行が見えたっけ。
そのうちの1羽かな?周遊して帰って来たところです。
IMG_1504_20130215221606.jpg

”あ~っ、いい運動したなあ”とばかりに羽根をバタバタ。
IMG_1505_20130215221852.jpg
たくさん遊んで運動したから、ご飯が美味しいかもね^^
ちなみに、餌付けの時刻は決まっているようです。
IMG_1496_20130215222214.jpg
朝=7:45~8:15
夕=15:30~16:00

もうすぐ夕食の時間。今日も1日、お疲れ様
IMG_1521_20130215222645.jpg


古徳沼の白鳥は、那珂市の冬の風物詩の代表。
これからも皆さんで大切に守っていただきたいですね(*^_^*)
先日記事に書きました”曲がり屋”や一の関溜池同様、那珂市の大切な”宝物”ですからね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/15 22:33 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(2)

洋食屋キャロッツ

記事に先立ちまして
先日、グアム島にて発生した無差別通り魔殺傷事件にて尊い3名の日本人観光客の命が奪われてしまったことは皆さん、既に御存じでしょう。残念ながらわが茨城県出身(潮来市在住の51歳の男性)の方も3名の犠牲者の中に含まれております。犠牲者の遺族は勿論、助かった方も心に深い傷を負ってしまったことでしょう。。。
本当に許せない事件です。
亡くなられた3名の方の御冥福を心よりお祈り申し上げます
というわけで、黙祷・・・・・


さて、まずは深呼吸しまして。

ここからが本日の記事であります
前回記事で書きました、那珂市の曲がり屋の近くで那珂市役所の丁度向かい側の位置にあります、
ちょっとおしゃれなレストラン
IMG_1630_20130214212651.jpg

IMG_1629_20130214213112.jpg
洋食レストラン・キャロッツというお店。”常陸牛”という言葉に惹かれ、お昼時で駐車場がほぼ満車状態だということにも気にせず、入って行きました!

一人だったので、すぐ席へ案内されメニューを見てチョイス。”常陸牛”をお店の売りにしているとおり、ステーキやハンバーグ等お肉の料理がメインとみえ、特にハンバーグのメニューが多い(@_@)
エビフライが付け合わせの”おすすめプレート”に煮込みハンバーグ、それ以外ではオムライス・・・どれにしようか10分程迷った結果、初来店ということでまずは、とばかりに一番オーソドックスかつ人気メニューだという「常陸牛ハンバーグ」=950円にサラダセット(サラダ食べ放題+ドリンク=760円)を付けました。

サラダは地元産の新鮮野菜メイン料理を待つ間、自由に取り放題です。
ちなみに、ランチ&ディナーコースに付くサラダはすべてこのように”サラダバー”方式。
ドリンクはコーヒー、紅茶(いづれもHOT・アイス有)、オレンジジュースの中から選べます。
今回はオレンジジュースを
IMG_1622_20130214214258.jpg

私のチョイス1回目↓
IMG_1623.jpg
手が込んでてなかなか美味しかった(*^_^*)
素材も良いものを使っているみたい。大量生産だからといって手抜きしていないのは食べてみればわかります
お持ち帰り可ならばパック詰めにしてお持ち帰りしたい(笑)

キャベツのソテーがあんまり美味しかったから、お替りしちゃいました
というわけで、チョイス2回目↓
IMG_1624_20130214215641.jpg
キャベツはそのままで今度はごぼうのフライとスイートコーンに。
このゴボウフライ、パリパリしてて塩味が利いて後引く美味しさ!!(≧▽≦)
ポテチ(ポテトチップス)感覚でつまめるから、おつまみにもいいんじゃないかい?

こうして楽しんでいるうちに、ついにお待ちかねのメイン料理が到着☆
IMG_1625_20130214220125.jpg
アツアツの鉄板にのってやってきたハンバーグに、ウェイトレスさんがタレをかけるとたちまちじゅわーっと音をたて、脂が飛ぶ煙が充満する・・・
それがおさまったら、”いただきま~す!(^Q^)/”

大きさは150g、180g、200gから選ぶことができます。どれを選んでも同じ950円♪
今回私は150gにしてみました。女性ならこれで充分かもしれません
IMG_1628_20130214220554.jpg
おろし&ポン酢タレがさっぱりしていてイイ!!
やっぱり、日本人の胃腸には和風のタレが合うんだな
だから、付け合わせもパンじゃなくてライス
私の場合、お肉料理の時はライスと決めています。これ鉄則(笑)
IMG_1627.jpg
先ほどのゴボウフライ、ふりかけ替わりにご飯にトッピングしてもイイ(*^_^*)
写真には撮らなかったけれど、スイートコーンを載せても美味しいよ♪
いろいろな食べ方が出来、”ライスにして良かった☆”と実感(笑)

ハンバーグが950円、そしてサラダバーセットが760円、合計1,710円・・・と、金銭面を考えたら決して”安い”とは言えない金額でしょう。
来店の客層は家族連れや女子数人のグループ、カップル、あと時々私みたいな”お一人様・・・と、様々ですがお料理を食べながら出る皆さんの笑顔を見ていると、もしかするとこのお店のメニューには”幸せになれる魔法の薬”が入っているのかもしれないな、なんて想像していた私
ならば納得できるお値段、きっとそうだ間違いない(笑)

地元の方に愛されてるステーキレストラン、那珂市観光の際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう?

洋食屋キャロッツ↓(メニュー、営業時間、アクセス等はこちらを)
http://e-carrots.com/

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/14 23:20 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(2)

曲がり屋のひなまつり

”ただいま~!!”と学校から帰ってくると、そこには暖かな囲炉裏がありました。。。
DSC_0517.jpg

”ご飯だよ!”と呼びに来る母の声に導かれ、外遊びから帰ってくると台所のかまどから漂う白い湯気。
IMG_1443_20130212205540.jpg
美味しそうな香りを放つその湯気は、”ご飯が炊けたよ”という合図。
炊きたてのほかほかした白米と、みそ汁それにおかずがあって、家族みんなで囲炉裏を囲んでそれらを食べるひととき・・・。

果たして、どの年代までの方がそれを経験してきたでしょうか。。。
残念ながら私は知りません^^;

古き良き時代に存在した”曲がり屋”。
母屋から土間や厩が突き出して、鍵の手に曲がっていることからそう呼ばれていました
IMG_1421_20130212211421.jpg
東北地方や茨城県の一部等、寒さの厳しい地方によく見られた造りですが、一の関親水公園内にあるこちらは那珂市に残された最後の曲がり屋だそうです。
文久2年(1862年)に市内の戸崎というところに建てられていたそうですが平成11年9月に、市役所近くのこの公園に移築・復元され現在に至っています
ちなみに管理は市で行われているそうです。

そんな曲がり屋では今、前回の記事でも増えていますように3/10までつるし雛の展示が行われています。
IMG_1445_20130212211734.jpg

IMG_1427_20130212212651.jpg
突き当りに見える黄色いのは、ひまわり市の花ですもんね(*^_^*)
そういえば、ひまわりのつるし雛もいくつか見られましたよ♪

畳敷きの和室二間にまたがって、所狭しとばかりつるし雛やひな人形が無数に飾られていました。
IMG_1429_20130212212808.jpg
これだけ作成するのには、相当の人と手間がかかったに違いありません。
作られた皆さんのご苦労を思うと、とても感慨深いものがあるなあ。。。
IMG_1430_20130212213113.jpg

那珂市内では現在、他でも歴史民俗資料館等つるし雛を展示している施設ヶ何ヶ所かありますが。。。
「ここが一番だよ。ここのを見たらあとは見たってつまんねえ!」
なんて言って私に話しかけてきた、地元民らしきおじさんの言葉
私は・・・他のはつまらない!!なんてことは決して申しませんが(笑)
やっぱり、この曲がり屋のつるし雛が最高だと思います
IMG_1434.jpg
ひな人形やつるし雛はやっぱり、ホールに飾るよりも古民家の和室が一番よく似合うね☆

茨城県内、つるし雛はこの時期あちこちで展示されていますがそれらを注意して見比べて見るとその地域独特の”郷土色”とでも言うのでしょうか・・。そのようなものが出ていて面白い!
たとえばコレ
IMG_1472_20130212214338.jpg
”開運野菜雛(かいうんやさいびな)”と呼ばれています。
いただいたパンフレットによりますと、正式には「七運野菜雛(ななうんやさいびな)」ですって!

~那珂市の額田地方に伝わる民話の中に、”七運汁”のお話があります。不作の連続だったお百姓さんが、冬至に”来年こそよい年になりますように”と「ん(運)」のつく七つの食材を入れた汁(七運汁)を食べたところ、翌年は大豊作になったとか。それから毎年、冬至にはこの七運汁を食べるようになりました~
という、お話です
IMG_1473_20130212215616.jpg
だいこ、にんじ、れんこん、なんき(かぼちゃ)、エリギ他、必ず”ん”が入る野菜ばかり集めています。
なんきん(かぼちゃ)は那珂市の特産物でもありますからね

この、”七運野菜雛”は那珂市のオリジナルですので他ではおそらく見られません
ですから、雛まつりの期間茨城県に御越しの際にはぜひ、那珂市の曲がり屋も訪れてみてくださいね♪
IMG_1463_20130212220557.jpg
曲がり屋前の丸ポスト、置き物かと思いきやちゃんと郵便屋さんが回収しに来てるのね(*^_^*)

他、掲載したい画像もありますがここであまり出してしまうとここを訪れられる楽しみが無くなってしまうでしょうし、この施設は実際訪れてみなければわからない素晴らしさがありますので、ここで全てを書いてしまうとその素晴らしさが半減してしまいますので、あえてここまでにさせていただきます

と語りつつ、どうしても掲載したかった1枚
IMG_1438_20130212225115.jpg
それぞれ、何に使っていたかご存知の方
他にも、こういった昔の日用雑貨(?)がいっぱい!
続きは、現地にて皆さんご自身の目で
IMG_1423_20130212221234.jpg
那珂市曲がり屋
茨城県那珂市菅谷4520-1
JR水郡線上菅谷駅より徒歩約10~15分
tel:029-295-1315
9:00~16:30
休館日:月曜日、12/28~1/4
入館料無料


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/12 22:53 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(4)

白鳥飛来の池~一の関ため池親水公園

国道349号(通称:太田街道)を水戸から常陸太田方面に向けて直進し、警察署手前の交差点を左折。
高架道路で水郡線をまたぎ、「←那珂市役所」の表示のところを左折。
市役所が見えると間もなく左手に見える、七福神像。
IMG_1401_20130211213723.jpg
恵比寿さまと大黒天様が見つめる、その池こそ那珂市で有名な白鳥飛来地の一つ・一の関(いちのせき)ため池であります
IMG_1403.jpg
余談ですが、この恵比寿・大黒天像の脇に今回は撮影漏れしましたが、明治~大正時代に青少年の育成と、水郡線建設に力を注いだ那珂市出身の政治家・根本正(ねもとしょう)氏の碑があります。
とても立派な方ですので、訪れられましたら是非ご拝観ください(*^_^*)
ちなみに、水郡線常陸大子駅前に彼の胸像が建っています。

では、公園内に入って行きます!
初めて飛来したのは、昭和59年のようですね(*^_^*)
IMG_1406_20130211214450.jpg
最初の年はたった3羽、以来その年により変動はあるものの飛来数は増え、50~最大166羽位まで記録されています。案内板を見るとピークは平成5~15年あたりのようです。
それから数が減ったのはやはり、白鳥の世界も少子化問題に悩まされているのでしょうか
それとも別な理由から?
IMG_1418_20130211214905.jpg

まあ、それはさておきましてこれより白鳥ウォッチングタイム
IMG_1411_20130211215152.jpg
ここに来てどのくらい経ったでしょうか・・・?
茨城の水にはもう、慣れたかな?
原住民(アイガモ)さん達とは仲良くできてますか?

IMG_1412_20130211215247.jpg
おそらくついこの間までは、”みにくいあひるの子”状態だったのでしょう。
灰色の部分も少しずつ白く生え換わり、今まさに大人になろうとしている思春期の白鳥?!
IMG_1413_20130211215435.jpg

IMG_1416_20130211215658.jpg
千波湖のスワンボートそっくり

IMG_1454_20130211215915.jpg

IMG_1460_20130211220006.jpg
やはりどうしても、白鳥は白鳥同志、カモはカモ同志で固まってしまうみたいですね。
この池にいるからには、両者とも仲良くしてくれたらいいのに、と願う方が無理なのでしょうか(笑)

IMG_1452.jpg
平成23年以降の飛来数が記録されず不明ですが、果たして今年は・・・?

IMG_1462_20130211220218.jpg
街中にある憩いのスポット・一の関ため池親水公園。
白鳥達にとって絶好の越冬地であるのと同時に、那珂市民の皆さんあるいは市外・県外から遊びに来られた人達の良き観光地&憩いの場として愛される公園であって欲しいですね


ところで、ここ・一の関ため池親水公園の敷地には、”曲がり屋”と呼ばれる市の文化財がありまして。。。
DSC_0523.jpg

現在、その曲がり屋ではつるし雛が展示されています(*^_^*)
DSC_0515.jpg
那珂のひなまつり2013
2/2(土)~3/10(日)

ここ・曲がり屋をはじめとする市内の各施設(公民館、歴史民俗資料館他)にて上記の期間中、つるし雛の展示が行われています
というわけで、皆さん長らくお待たせいたしました
次回は、那珂市の曲がり屋で展示された”つるし雛”のお話です。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/11 22:58 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(0)

特別展「みとノスタルジア」開催中!

本日2月10日は、水戸市の千波湖で「水戸マラソン」が開催された日
出場された皆さん、大変お疲れさまでした!
あと10日後には、偕楽園で開催される「水戸の梅まつり」が始まります。
わが水戸市が一年で最も賑わうシーズン、残念ながら去年は梅の開花が随分と遅れ観光客数も予想を下回るありさまでしたが、果たして今年はどうしたものか

さて、そんな水戸市の市立博物館にて現在、
このような企画展が開催されています
IMG-1.jpg
みとノスタルジア~絵葉書でたどるセピア色の思い出
平成25年2月9日(土)~3月17日(日)
詳しい情報はコチラを→水戸市立博物館
明治~戦前位までの時代のわが水戸市の街中を中心としたレトロ写真が展示されています。
IMG_1611_20130210211239.jpg
明治33年(1900年)に国内で絵葉書の使用が認められて以来、各地で数多く発行されたであろう絵葉書。。。
勿論、水戸にも数多く残されていました。
コンビニや観光地の御土産売り場では使い捨てカメラ(通称:ばかちょんカメラ)が発売され、デジカメや携帯、スマホ等の機材を誰もが1台は所有するようになった今の時代は、観光土産に絵葉書を購入される人もあまりいなくなってしまいましたが、そのようなものが一切存在せず、誰もが手軽にカメラを持てたわけではなかった昔は貴重な存在だったのでしょうね。。。

室内は撮影禁止ですが唯一、撮影可な場所がありましたので撮らせていただきました!
IMG_1613_20130210212012.jpg
昔の写真機が設置され、スクリーンに映し出されたレトロな写真。
大正時代の水戸市南町の光景です。茨城のような田舎でも昔は人力車が走っていたんだね
この写真の前で写真を撮ることができます(*^_^*)
IMG_1619_20130210212147.jpg
トリックアートのように、写真の中に自分が入ることができるんだよ
さあ、これでみんなも大正時代の水戸へタイムトリップだ!

こういった遊び心を取り入れた企画展、素敵です
IMG_1620_20130210212950.jpg
セルフタイマー撮影は実に難しい

絵葉書の中の被写体となった人達は、もうこの世にいないでしょうが写真は残っています。
在りし日の彼ら、そしてその時代背景と共に。。。
”その瞬間”を永遠にその姿のまま=”永遠の命”を固めておくことが出来るのが写真なのですね。
そう考えると、写真って何て素晴らしい!!
IMG_1616_20130210213225.jpg

昔の絵葉書は、ただ観光地のPRだけでなくニュースを伝える役目もしてきたようです。
展示室内には、今から丁度90年前に発生した関東大震災の被害状況や、大正7年に水戸で発生した大火災の様子を撮ったものも展示されていました
絵葉書が報道写真代わりに?と、今の時代で考えれば首を傾げることですが思えば当時はTVもなく、新聞も今ほど鮮明な写真等掲載できなかったはずですから、決して不自然なことではなかったのかもしれませんね。。。

関連行事も、盛りだくさんですよ(*^_^*)
◆2/17(日)
ウォーキング&街発見講座「みと・街探偵」
会場:博物館及び泉町界隈
講師:さかいひろこ氏
定員:20名 参加費:100円

◇2/10(終了)、3/2(土)
「心を伝える絵手紙をつくろう!」
13:00~15:30
会場:視聴覚室
講師:久保田絵手紙講座指導会員
定員:15名 参加費:無料

◆2/11(月)=彩色絵葉書コース、3/10(日)=マーブリング絵葉書コース
両日とも10:00~12:00、13:30~15:30の2回開催
会場:視聴覚室
講師:AYAMI
定員:両日、各回とも10名 参加費:無料

◇2/16(土)
対談「みとノスタルジア・泉町育ち」
講師:亀田博子・滝田浩
13:30~15:00
会場:視聴覚室
定員:30名 参加費:無料

◆2/23(土)
「大正レトロ美人になろう!」(レトロな着物を着て写真撮影)
11:30~、12:30~、14:00~
会場:4階展示室
定員:各5名 参加費:無料(写真代は別途)
協力:ハクビ京都きもの学院
IMG_0002_20130210224146.jpg
2/7(木)9:00より、電話で申込受付→029-226-6521

◇2/9(終了)、2/24(日)、3/16(日)
ギャラリートーク
各日とも11:00~、14:30~
参加費:一般の方は入場券が必要です。

尚、2/20(水)~3/10(日)の間、市内泉町2丁目の泉町会館にて写真展「みとノスタルジア」が同時開催されるそうですでもこちらは平日10:00~14:00のみだって。私は観れん

偕楽園の梅もいいけれど・・・
いにしえの水戸探訪にも是非、御越しくださいませ^^
DSC_0551.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/10 22:52 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

青い海と青空と~鹿島灘公園

国道51号バイパス沿いにある、以前にも確か当ブログで記事にも書いたことある鉾田市の鹿島灘公園。。。
鹿島神宮へ向かうにあたり、トイレ休憩も兼ねて途中立ち寄っていくことにしました。
IMG_1523.jpg
お買い物もできるし(*^_^*)♪
前回の記事でも触れていますが、この時世にホウレンソウ100円は本当にありがたや~
他にも、地元産の新鮮野菜や果物がお手頃価格で手に入れることができます(あ~、教えたくないなあ^◆^;)

水戸から鹿嶋市までは車でも結構、距離が長いので丁度、中間地点くらいにあたるここ・鹿島灘公園は本当にありがたいスポット
過去の記事をリンクさせていただきますので、よろしかったらご覧になられてくださいね☆

鹿島灘公園<1>
鹿島灘公園<2>
鹿島灘公園<ひとまず最終回>


前回、ここを訪れた時は曇り空でしたがこの日はせっかくの晴天
トイレと買い物だけで出るのも勿体無いな、と思い公園内の”見晴らしの丘”を登ってみることにしました。
IMG_1524_20130208210649.jpg

この斜面を登るのが、なかなかハードです
IMG_1525.jpg

正面には海。夏の海水浴シーズンには大勢の海水浴客で賑わう大竹海岸であります。
この海を見ながら、らせん状の歩道を頂上まで歩いて行くのです。
IMG_1526_20130208211700.jpg

青い空に青い海。。。そして白波。。。
IMG_1527_20130208211839.jpg

見晴らしの丘の頂上に辿り着きました!到着時に少々、息切れ^^;日頃の運動不足かそれとも歳か(笑)
IMG_1531_20130208212059.jpg
展望用の東屋と、鐘。下にいる時盛んに”カン☆カン”と聞こえていた鐘の音はこれか
鐘は自由に撞くことができるみたいですので、撞いてみました
IMG_1533_20130208212303.jpg

鳴らし終えた後ふとみると、手摺の部分に錆びた鍵が
IMG_1532_20130208212805.jpg
「出逢いの鍵」だそうです。意味は分かりませんがきっと、何か御利益を願ってのものなのでしょう
でも残念ながら長い間放置されてたとみえ、すっかり錆びだらけ
想像ですが、”素敵な出逢いがありますように・・・!”という願いを込め、どなたかが考えられたのでしょうが、せっかくの案なのに活用されず実に勿体無い
取り付けられた鍵だってきっと、泣いてます

それはさておき、見晴らしの丘は文字通り、見晴らしの良い所。
鉾田の海が一望できるのは勿論、公園内だって一望できちゃう!
でもやっぱり、海がイイ
IMG_1530_20130208213525.jpg
望遠鏡(1回100円)
これ使ってもアメリカ西海岸は見えませんおそらく(笑)

やっぱり、青い海には青空が一番よく似合う。。。
IMG_1528_20130208213833.jpg

景色が楽しめ、買い物が楽しめ、運動が出来る鹿島灘公園。。。
公園自体は入園無料だから買い物しなければ、お金を1円も使うことなく遊ぶことが出来るんです
素通りしたら大損ですね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/08 21:42 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(2)

メロンキャラメルといちごぷりん

お昼休みに、郵便局へ行く用事がありましたのでランチは手軽にマックで、運転中にHOTコーヒーとポテトでもつまみながら郵便局へ向かうつもりでいたところ、なぜかドライブスルーは長蛇の列!!
というわけで断念し、替わりに”代用品”を口の中に入れながら目的地へ向かいました。

その”代用品”とはコレ
DSC_0542-1.jpg
茨城県鉾田市産のメロン果肉と果汁が入った、”メロンキャラメル”~!!(←ドラえもん風に)
先日、鹿島神宮へ向かう際途中で立ち寄りました鉾田市の鹿島灘公園の売店で、長距離ドライブのおやつとして買ったものです。水戸⇔鹿嶋間は距離がありますからね~
パッケージに、市のキャラクターである”ほこまる”がプリントされてるのに気付かれましたでしょうか?
このマークは”鉾田ブランド”に選ばれし商品だという証
DSC_0543.jpg
袋から1個取り出し、開封したと同時にほのかに香るメロンの風味・・・そして、口にいれたらじゅわー~っとひろがる、メロンの味・・・
メロン好きな方なら、後引くでしょう!甘さも濃厚ですから食欲を抑えるにも疲れを癒すにもよし☆
イライラを鎮める薬としても使えるかも
大粒だから、災害時の非常食にも使えるゾ(≧≦)
見つけられたら買ってみて☆


さて、メロンが登場したところで今度はいちご
同じく、鉾田市の特産品です。鉾田産のとちおとめがスイーツになりました!(≧▽≦)
IMG_1535_20130207220142.jpg
これもキャラメル同様に、鹿島灘公園で見つけました。
開封すると、白くてぷるるん
IMG_1537_20130207220449.jpg
牛乳と生クリームと卵白だそうです。
ミルクがベースだから白いのね(*^_^*)
そして・・・
IMG_1538_20130207220643.jpg
スプーンですくったら、いちごの果汁がじゅるっと出てきた(≧▽≦)!!
みずみずしい、いちご果汁でした!
甘さ控えめだけど、とってもジューシー!!
これも、見つけられたら是非ご賞味あれ☆

大震災発生後暫くの間、風評被害という”いじめ”を受けていた鉾田市の野菜や果物達でしたが。。。
それに負けず、今でも頑張ってますよ~
皆さん、応援何卒よろしくお願い申し上げます
IMG_1534_20130207221221.jpg
冬季限定の”ちぢみホウレンソウ”1束100円って、野菜高騰のこの時代には奇跡的な値段
味は普通のホウレンソウのように甘みがあって、お浸しにしても食べやすいですよ☆
ちなみに、普通のホウレンソウも1束100円で販売されていました!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/07 22:15 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(2)

神宮付近の街歩き

太平洋沿岸地域に発せられていた津波注意報も、ようやく解除されたようですね(*^_^*)
確認したところで、先日鹿島神宮を御参りした時のお話など

節分祭開始までの空き時間を利用し、ちょっと付近をお散歩してみることにしました
本来、神宮境内の出入り口には大鳥居があったのですが、前回の記事の最後で少し触れてるように2011.3.11の東日本大震災にて損壊してしまいました
鳥居が在りし場所には現在、このようなものが立っています。
IMG_1542_20130206225718.jpg
大鳥居 身替りになり倒れしと 会ふ人ごとに 無事を喜ぶ
鹿島神宮の大鳥居は無残にも崩壊してしまいましたが、境内の本殿やその他の建物さらに参道沿いの売店等は奇跡的に無事だった、というニュースをあの頃TVで観ていた記憶があります。”大鳥居が身替りになって、鹿島神宮を守ってくれた”と、宮司さんか誰かがインタビューで答えられていたような。。。
その大鳥居も、再建されることになり平成26年6月に甦ることになりました。よかったよかった

さあ、そんな大鳥居跡(?)を出てちょっと街中へ
参道~鹿島神宮駅までの光景は既に何度か見慣れていますので、今回はちょっと裏手に周り”仲町通り”と呼ばれる商店街を歩いてみることにしました。
IMG2_20130206230810.jpg
地図上に”ココ”と丸で囲った部分は、ランチに立ち寄ったお店です
後ほど詳しく(*^^*)
その脇、一番右に見える太い道路が国道51号バイパス

神宮の周辺はやっぱり、どことなく昭和レトロな下町、といった雰囲気。
ところどころ、このように↓塚原卜伝をPRするものがあったりして
IMG_1562_20130206231441.jpg
実物よりも随分とイケメンなのは、これは史実上の卜伝ではなくTVドラマで演じられた堺雅人さんがモチーフだからですね

そして、商店街のあちこちに七福神の石像が!!(゜▽゜)
IMG_1563_20130206231846.jpg
本屋さんの前には毘沙門天。

そして、向かいのお店には大黒天。
IMG_1564_20130206231959.jpg
探せば他の神様もいそう(≧▽≦)!!
いや、いるはずです。以前もらった鹿嶋市の観光チラシ”まち歩きマップ”によりますと私がお散歩した仲町通りという界隈は、もう一つ「七福神通り」という名があるそうで。通りにある七福神全部と写真(多分、七福神像と2ショットで、という意味でしょうね)を撮ると、その人に福が舞い降りるそうです
そっか~、次回は誰か”連れ”同伴で来なくちゃいけないね
どなたか、御一緒願えませんか?(笑)

冗談はそのくらいにしまして^^;

お腹が空いてきました!そういえばまだ、お昼ご飯を食べていなかったことを思い出し、鹿島神宮に来る際信号待ちの時に見つけ、気になったお店へ。
そう、先ほど触れたお店・グリル鹿島さんです。
IMG_1565_20130206232535.jpg
「一生懸命営業中」の言葉に惹かれ、興味を持ちました。
営業時間の貼り紙の手書き文字にも温かみを感じ、なんとなく好感が持てます。
IMG_1576_20130206232952.jpg

ランチタイムにしては遅い時間だった為、店内は比較的空いていました。
玄関のドアを開ける際、目に付いた”日替わりサービスメニュー”を注文。
IMG_1577_20130206233320.jpg

品切れか、はたまたタイミングが悪かったのか少々、待たされましたが
この日の日替わりサービスメニュー。
IMG_1573_20130206233529.jpg
通常1,200円のものを1,050円で提供するサービスランチだそうです。
エビフライにハンバーグ、確かに手間がかかるよね。
IMG_1574_20130206233739.jpg
ソースがマイルドで、なかなかいい御味
高級感はなく庶民的な洋食、といった感じかな?
欲を言えば・・・これで通常価格1,200円なら割高な気もしないではなかったけれど

今回は食べなかったけれど、850円のランチも魅力でした
デザートのアイスクリームやパウンドケーキも次回、試してみたいと思うメニューもいくつか。。。
あ!もう、次回の鹿嶋来訪なんか計画してら("▽")

そう、”次回、鹿嶋を訪れたら絶対、ココいこ!”と決めたお店やスポットが何ヶ所か・・・
鹿嶋市の皆さん、ごめんなさい
”また来る気かよ来るんじゃねーよ!”なんて、締めださないでね^▽^;

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

グリル鹿島さんの紹介ページ(ぐるなび)→http://r.gnavi.co.jp/5519058/?sc_aid=plan_alli_kireistyle
 [ 2013/02/06 23:49 ]  鹿嶋市 | TB(0) | コメント(2)

津波注意報発令中!

降雪の心配はなくなりましたが…

こんどは、津波注意報かよっ!
moblog_64e71cd7.jpg


皆さんも既にご存知のように、日本時間の今日午前10時頃に南太平洋沖にて発生した大地震の影響で、日本国内太平洋沿岸にて現在、津波注意報が発令されております。
該当する地域にお住まいの方、もしくは職場にいらっしゃる方、注意報が解除されるまではくれぐれも海岸には近づかないでくださいね(。>д<)
moblog_87f4f1f8.jpg
困った時の、神頼み!
どうか、御守りくだされ…。


携帯からでした!

それにしても、ここ数年地球上に異変や災害が起き過ぎ(´д`|||)

どうする?政府(ー_ー;)

 [ 2013/02/06 16:32 ]  携帯から生中継 | TB(0) | コメント(0)

広い範囲で大雪注意報!

気象庁によると、5日夜から6日にかけ、低気圧が発達しながら日本の南を東北東に進む見込み。この影響で、西日本から東北地方では、5日夜から6日にかけて広い範囲で雪が降り、太平洋側の平地でも積雪となり大雪となる恐れがあるという。大雪による交通障害、樹木や電線への着雪、なだれへの注意を呼びかけている。

 西日本では5日夜から広い範囲で雪となり、6日は東日本や東北地方の広い範囲で雪が降る見込み。西日本や東日本、東北地方では太平洋側の平地でも積雪となり、大雪となるおそれがあるという。6日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、関東甲信地方=30センチ▽中国地方、東北太平洋側=20センチ▽近畿地方=15センチの見込み。

 このうち、関東甲信地方では5日夜遅くから雪が降り始め、南部の平野部でも積雪となり、広い範囲で大雪となる見込み。6日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信地方、関東地方北部山沿い=30センチ▽関東地方南部山沿い=15センチ▽関東地方北部平野部=20センチ▽関東地方南部平野部=10センチの見込み。(YAHOOニュースより)


どうやら、また大雪が降るらしいですね
通勤・通学またはお出かけされる皆さん、どうかお気をつけてくださいね!
又、外出される際には時間に余裕を持って御早目に
・・・なんて言ってる私が一番、危なかったりして(笑)
今夜は早めに寝ましょ☆
DSC_0395.jpg
大雪?!いいえ、ドライブスルー洗車中に撮影した画像です
まるで大雪に見舞われた時みたいですね

鹿島神宮のおみくじと御守り

鹿島神宮の節分祭が始まる前、勿論ちゃんと御参りしました
といっても、年が明けてから水戸八幡宮、酒列磯崎神社と既に2か所の御参りをしてきた私。
家内安全に良縁祈願、え~とここでは何をお願いしようかなあ。。。なんて(・・;)
IMG_1550.jpg
なにはともあれ、パン☆パン

鹿島神宮の御参りは、初めてではありません。ブログをまだやってなかった時代を含めたらもうかれこれ、4回は訪れてるかな。いや、小学校の遠足を入れたら5回だな!って、そんなことはどーでもよいですね

鹿島神宮に関しましては過去に当ブログでも書いておりますので、今回詳しく書くのは省略させていただきます。
(よろしかったら過去の記事を御閲覧ください→常陸国一宮、鹿島神宮 鹿島神宮奥宮
節分祭の開始時刻まで、時間はたっぷりありましたのでマイナスイオン溢れる境内をとりあえずお散歩してみることにしました。去年、NHKのBSで放送されたドラマ「塚原卜伝」のロケ地にも使用された境内の奥参道を。
緑の多い奥参道は、何度歩いても気持ちがいい(* ̄▽ ̄*)
IMG_1553_20130204215007.jpg
IMG_1552_20130204215023.jpg
他にも、御手洗池や茶店等境内のスポットがロケで使われたそうです。
鹿島神宮を参拝された時にはぜひ、訪れてみてください。

この奥参道を歩き、御手洗池まで降りてUターンし再び本堂前にやってきました。
今頃の時期は、絵馬が売れてます(*^_^*)
鹿島神宮、といえば鹿。だからかな?鹿の図案が一番売れてるみたいでした。
IMG_1551_20130204225628.jpg
この時期の御願い事といったら、”合格祈願”ですかねやっぱり

参拝記念に私も何か、買っていこう♪
というわけで
IMG_1566_20130204225841.jpg
鹿のおみくじ、可愛いさのあまりつい。。。
鹿のフィギュアの中に、おみくじが入っているんです。
開けてみると。。。
IMG_1568_20130204225950.jpg
「吉」でした(* ̄▽ ̄*)
何事にも手を出さず、常に控えめに。。。だって(・・)
一番、気になる縁談は・・・「他人の言葉を信ぜず自分で考えよ」ということです。
迷いを払い、心を落ち着けて何事にも動じず己を信じよ、ということなんですかねえ。。。
このおみくじは、御守りとして身に付けておくと良いそうです。
IMG_1569_20130204230721.jpg
横から見た方が可愛いかな

そして、御守りを一つ。
IMG_1571_20130204230848.jpg
要石守(かなめいしまもり)
要石、というのは勿論、鹿島神宮境内にある不思議な石(詳しくはコチラを→鹿島神宮奥宮
地震を起こす地底の大鯰の頭を押さえ、地震を抑えていると言われている伝説の石。2011.3.11の東日本大震災の折は、神宮のある鹿嶋市も随分酷い被災状況でしたが、東北地方と比べると比較的早く復興できたのもこの石のおかげかもしれませんね

そんな要石をモチーフにした御守り、地震をはじめとする災難除けにご利益がある御守りだそうです。
写真は撮っていませんが、この御守りの裏側には”揺るぐとも よもや抜けじの要石 鹿島の神の あらむ限りは”という歌が刻まれています。
IMG_1572_20130204231453.jpg
身に降りかかる地震等の天災や、人災等の災難が除けられますように・・・との祈願がされたこの御守り、持ち歩けばきっと、どんな災難が待ち受けていてもこの御守りが守ってくださることでしょう。。。

鹿と要石、いづれも鹿島神宮にふさわしいおみくじ&御守りじゃないですか
鹿島神宮を訪れた際には、参拝記念にいかがですか?
IMG_1543_20130204232234.jpg
平成26年6月、大震災の被害を受け撤去されていた鹿島神宮の大鳥居が甦った姿で帰ってくる・・・!!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/04 23:27 ]  鹿嶋市 | TB(0) | コメント(4)

鹿島神宮の節分祭

皆さん、豆まきはされましたか?
そして、恵方巻きは食べられましたか?私はバッチリでした(*^^*)
既に携帯で投稿している通り、今年は少々足を伸ばして神社の節分祭なるものを見物して参りました
那珂市の雛まつり記事がまだですが、節分記事ですので延ばすのもどうかと思いましたので先に書かせていただきますね

水戸から今年の恵方=南南東の位置にあたる神社・・・向かったのは鹿嶋市の鹿島神宮でした
IMG_1541_20130203211635.jpg
錣山親方(元・寺尾)とその弟子豊真将関が来席するのは夜の部だったのか
私が訪れたのは昼の部(午後3時)、見られないよ~

現役時代、人気美男力士だった親方にお会いしたかったけれど暗くなるまで残っているわけにはいかないの。
自宅でも”鬼は~外!”をしなくちゃいけないから(笑)そういうわけで断念しました

本殿前に設置された壇上です。12:30現在ではまだ無人となっています。
IMG_1548_20130203212905.jpg

それが2時間後にはこの通り↓
IMG_1580_20130203213052.jpg
午後3時から行われる豆まきを今か、今かと待っている人達で、壇上前はすっかり埋め尽くし一度この中に入ってしまったらもう、身動きとれない状態です
そんな中を、ただ立っているのは決して楽なことではありません。
待ってる時間が長いな~、と思い始めてきたその時!
IMG_1581_20130203213533.jpg
あれ?お巡りさんに連れられて今、何かが通った
んで、また何かが通った!
IMG_1582_20130203213842.jpg

地元Jリーグチーム:鹿島アントラーズのマスコット、しかおくん登場!!
IMG_1583_20130203214308.jpg

しかおくんの女の子バージョン、しかこちゃんも!!
IMG_1589_20130203214438.jpg

そして、鹿嶋市のマスコットキャラクター!!
地元ゆかりの剣豪・塚原卜伝をモチーフにした”ぼくでん”くんも!!
IMG_1584_20130203214606.jpg
長い待ち時間に大人も子供も退屈し始めた頃に、これらのキャラクター達がご挨拶。
手を振って合図する参拝客に手招きしたりポーズをとって返事したり、”早く豆、投げて~!!”と騒ぐわんぱく坊主達をなだめたりしていました。
この間に、後ろの本殿では御払い・祈願祭の進行中。
IMG_1587_20130203215403.jpg

IMG_1592_20130203215434.jpg
何事にも動じず、子供達からどんな我儘を言われてもやさしくなだめるぼくでんくん。
さすが無敵の剣豪!(笑)

なんてことあれこれ考えてるうちに、定刻の3時となりました!
振り返ってみると、いつの間にか私の周りはこの通り
IMG_1591_20130203223210.jpg
これじゃあ、途中退場もできない・・・^◆^;
予定時間を少々、過ぎてもなかなか豆まきが始まらず、いい加減にしびれきらした人達が口々に、
”さっさと始めたらがっぺよ~
”早く投げろや
なんて声を上げ始めた頃、やっと宮司さんや氏子さん、そして年男・年女達が壇上に。。。
IMG_1593_20130203223524.jpg
待ってましたぁ~!!(≧▽≦)

豆まきには、既に壇上に立っていた”ぼくでんくん”やしかおくん・しかこちゃんも参加します。
IMG_1594_20130203223835.jpg
お待たせ~!!じゃあ、いくよ~!!せぇ~のっ!!

さあ、これからここは戦場だあ!!
IMG_1596_20130203224051.jpg

IMG_1597_20130203224122.jpg
”こっち投げろ~っ!!”という声があちこちで上がり、豆をつかもうとする手があちこちで伸び、
人と人が押し合いぶつかり合い、あっという間に境内は修羅場と化しました
IMG_1599_20130203224411.jpg
おとなしく立って、豆が飛んでくるのを待っていては危険過ぎる・・・(・-・;)
”我先に”とばかりに、飛んできた豆を掴もうとする人、立ってる人を押しのけ地面に落ちた豆を拾う人・・・
常識・気配り・思いやり等という言葉は、この場に限ってはまったく無意味。
この様子を見て、”もしかすると鬼とは、欲深い我々人間のことかもしれないなあ・・・”なんてしみじみ思ったりして

こういうものを使って獲ろうとしていた方もいらっしゃいました。
IMG_1598_20130203224743.jpg
虫捕りかいな

IMG_1600_20130203224906.jpg
ダンボール、って・・・

IMG_1601_20130203225005.jpg
いろいろなもので豆を獲ろうとする姿が面白い!豆掴み獲りするよりもこっち見てた方が面白いな。
なんて悠長にカメラを構えている場合ではなかったんですが^▽^;
この時の私は、いろいろな人に押され突き飛ばされ体当たりされ”この分だと怪我して病院搬送か?”と真面目に頭を過らせたほどでしたから

IMG_1603_20130203225500.jpg
それにしてもほんと、これだけ大勢の人が激しく押し合って怪我人が出ないのが不思議だわ
鹿島神宮内にいらっしゃる神様のおかげでしょうか
IMG_1605_20130203225919.jpg

やっとの思いでこの集団から抜け出した頃、丁度豆まき3時の部が終了しました。
豆まきの豆(小さな袋詰めになっていました)にはくじがついていたようで(*^_^*)
正門の近くで景品の交換が行われていました。
IMG_1606_20130203231219.jpg

IMG_1607_20130203231254.jpg
特賞当たった方もいらっしゃったのかなあ。。。
各賞品が気になりましたが、この人混みではとても近づけない(>_<)
でも、一升瓶抱えて鳥居を出る人がいたっけ。
楽しく豆まき行事に参加した後は、こうして御土産お持ち帰り☆
これが鹿島神宮流・節分祭というわけか。なかなか、面白いですね~♪

皆さんの最寄りの神社の節分祭は、どんな風に行われたのでしょうね

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/03 23:21 ]  鹿嶋市 | TB(0) | コメント(4)

節分祭に来ております(*^^*)





今日は節分ですね

恵方に当たる、県内の神社に来ております(*^^*)

神社境内での豆まきは、生まれて初めて!
どんな風に行われてるのか、楽しみだな


では、レポートは帰宅後に


 [ 2013/02/03 14:27 ]  携帯から生中継 | TB(0) | コメント(0)

市役所前の謎のオブジェ

那珂市の那珂市役所を訪れた際、ちょっと目に付いたこのオブジェ
IMG_1467_20130202210032.jpg
これって、なんだろ?
興味が湧きましたがなんだかわかりません
説明が添えられてるわけでもなく、謎の物体。
でも市役所に置いてあるからには、きっと何か意味あってのものに違いない!
そう思い、観察タイム(笑)
IMG_1468_20130202210214.jpg
大相撲の行司軍配か?それとも蝶々??
にしても、意味不明
では、別な角度から。
IMG_1469_20130202210612.jpg

IMG_1470_20130202210700.jpg

IMG_1471_20130202210746.jpg

やっぱり、分からないなあ・・・
見れば見るほど、ますます謎皆さんには、何に見えますか?
どなたか、那珂市役所にあるこの謎のオブジェについて御存じの方、情報を求めます
IMG_1466_20130202211601.jpg
変わったものを見つけると即、”??”と反応してしまう、私の悪癖。
そして、とことん”知りたい虫”が体中を駈け巡る。。。(笑)
これもブロガー魂ゆえなのでしょうか・・・?

ところで私、なんで那珂市役所を訪れたのかといいますと
いえいえ、市役所には特に用事はなかったんです^◆^;
用事があったのは、その周辺のスポット☆
市役所隣の公民館、そしてそこから道路を挟んだ正面にある公園の中にある”曲がり屋”にて、本日2月2日より
「那珂のひなまつり」(~3/10)ということで、つるし雛の展示が開始されました
今回は、それらを観に来たのです。
以降↓の画像は、那珂公民館内のものです。
DSC_0511.jpg

IMG_1394_20130202212016.jpg

DSC_0513.jpg
公民館と曲がり屋のつるし雛見物、そして別冊ブログで既に告知していますが少々足を伸ばし、白鳥の飛来地を訪問してみました
そのお話は後日あらためて

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/02 21:26 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(4)

あっちもこっちも節分祭

本日のランチは、一足お先に恵方巻き
DSC_0505.jpg
ファミリーマートで購入しました!
今年の恵方は、南南東なんだって
そちらを向いて、いただきま~す!
DSC_0508.jpg
御利益逃げちゃうから、食べる時はしゃべらないようにね♪

さて、もうすぐ節分ですね
皆さんは、豆まきをされますか?
来る2月3日は、わが茨城県内の神社で節分祭が行われるところが多いです。
境内にて豆まきの行事が行われます。
DSC_0426.jpg
ひたちなか市:酒列磯前神社(14:00~)

場所によって、開催時刻等はまちまちですが当日はきっと、神社の宮司さんや氏子さんに巫女さん、そして”邪気払いを”と願う大勢の参拝客により盛大に豆まきが行われることでしょう。。。
私も、今年は県内いづれかの神社を訪問し節分祭を見物する予定

そこで、来る2月3日に節分祭が行われる神社をリストアップさせていただきました!
といっても、私が個人的に”行こうかなあ~?”と候補に挙げた箇所に限らせていただきましたので、掲載漏れは御了承願います
それはさておき、参考にしていただけたら幸いです
(太文字にしている神社名をクリックするとその神社のHPまたは節分祭紹介ページへジャンプします。)

◇水戸東照宮(水戸市)
18:00~
水戸八幡宮(水戸市)
①12:30~
②15:00~
③17:30~
④20:00~
IMG_1189_20130108205520.jpg

笠間稲荷神社(笠間稲荷神社)
①15:00~
②19:00~
常陸國総社宮(石岡市)
①10:00~
②12:00~
③14:00~
④16:00~
⑤18:00~
鹿島神宮(鹿嶋市)
①15:00~
②18:00~
大宝八幡宮(下妻市)
①14:00~
②19:00~


節分祭が行われる神社は勿論、ここで記載していないところもありますが、皆さんの最寄りはどこでしょうね

神社によって豆まきの行事もいろいろ。どこを御参りしようか悩んじゃう(+o+)
待てよ?わが住いから見て”南南東”の方角といったら・・・・?

果たして記事に掲載されるのは、どこの神社になるでしょう?
それは、週明けになってからのお楽しみ☆

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/02/01 21:51 ]  茨城を旅する | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-