2月3日は水郡線に乗ろう

2013年明けて早、1ヶ月・・・。
いよいよ2月です。皆さん、この週末のご予定はお決まりですか?
JR水郡線常陸太田駅の駅前がHOTに燃える、”あの日”が・・・

また、やってきます・・・・

↑前回・2012年の画像
今年も常陸太田駅前で開催されます、「汁ONEカップ」
地元の様々な団体さんが奮ってみそ汁やポタージュ、すいとん等の汁もの料理の調理の腕と味を競い合い、来場者の投票により、№1を決定するHOTなイベント(≧▽≦)!
お腹も心も満腹な、美味しいイベントであります。
IMG_1491_20120206203229.jpg

ときわ路さんのポトフ↓
IMG_1514.jpg

大盛況だった、前回の会場です(*^_^*)果たして今年はどうかな~?
IMG_1509_20120206224206.jpg
今回は福島県・富山県からもエントリーに加わり、”とっておきの汁物”が登場するとか?
他、その場でしか食べられない特別メニュー等もあるそうですから、行ってみる価値は充分ありそうですよ!

尚、同じ日には水戸から向かって手前の、常陸太田行きと常陸大子駅の丁度分岐点にあたる上菅谷駅前にて
「ガヤガヤ☆カミスガ」も開催されます。
IMG_1541_20120210204452.jpg
IMG_1564_20120212210633.jpg
上菅谷駅前の大通りで、食べ物の販売や路上結婚式、ゲームやステージで繰り広げられる歌や踊りetcイベントが盛りだくさん!!
常陸太田駅から水戸駅に鉄道で戻るには、日中はほとんど途中の上菅谷駅で乗り替えなければならない格好となります。どうせ乗り替えするならば途中下車して楽しいイベント見物&お買い物で寄り道を楽しまれてみては?

2月3日は、水郡線が面白い(≧≦)!!
寒いからって閉じこもってばかりいないで、元気にお外へ出てみようじゃありませんか

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2013/01/31 22:04 ]  茨城を旅する | TB(0) | コメント(2)

土浦市公式HPキッズサイト

インターネットに接続すると、今や必ず存在する全国の市町村サイト。
勿論、わが県の44市町村も必ず存在しており、私もブログ記事を作成するにあたりちょくちょく閲覧させていただき、情報収集に利用させていただいているのですが

その中で、わが県土浦市の公式HP内に、”キッズサイト”というものが存在しているのを御存じの方、いらっしゃいますでしょうか・・・?
DSC_0501.jpg
文字通り、お子様向けの『土浦市公式HP』→土浦市公式HPきっずサイトhttp://www.city.tsuchiura.lg.jp/kids/kidssite.html
上記のURLまたは土浦公式HP内のバナーをクリックすると、市のマスコットキャラクター・つちまる君が可愛い笑顔で歓迎してくれますよ(*^_^*)
DSC_0498.jpg
トップページ中のどこかをクリックすると、花火が打ち上がるよ!
(この画像をクリックしても何も起こりませんサイトにアクセスしてみてね☆)


内容は市の紹介や歴史、観光名所等。
それらをつちまる君が案内してくれるというものです。
説明文中の漢字には必ず、ふりがなが添えられていますから字が読める子ならたとえ未就学のお子さんでも大丈夫(≧▽≦)
メニューをクリックすると、つちまる君が登場して可愛い
DSC_0499.jpg

また、土浦検定クイズやプチゲームで遊ぶこともできます
DSC_0500.jpg
親子で自分達が住んでる街のことを学び、再認識して自分の街が好きになる・・・いいですねえ。。。
これをご覧になられたお子さん達が、自分の住んでる街の素敵なところをたくさん発見して、市外または他県から来たお友達に自慢できるようになれば、街の魅力度UPにも繋がるのではないでしょうか・・・?

今のところ、このようなキッズサイトがあるのは土浦市のサイトだけのようです。
他の市町村もあれば面白いのにな

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

虎塚に願いを~ひたちなか市で創作劇

勝田マラソン、終了しましたね
フルマラソン男子の部で優勝された川上智幸さん、大会3連覇おめでとうございます
今年は観に行けませんでしたが出場された皆さん、大変お疲れさまでした(*^_^*)

さて、その勝田マラソンの出発点付近にあるひたちなか文化会館にてまだ1ヶ月先ですが私が楽しみにしている行事があります
IMG_20130129202548.jpg
ひたちなか文化会館にて来る2月23日、24日上演。

以前、当ブログでも記事にしましたが(→古代ミステリー:虎塚古墳)ひたちなか市中根に虎塚古墳という史跡があります。古墳に埋葬された人の身分や素性等は謎に包まれており、”古墳の中に入っていた人が、どこの誰でどんな御身分で、また、どんな人生を送っていたのか。。。想像してみるとなんだか楽しくなってきました”と書いていましたが・・・。
そんな私の想いを、ひたちなか市の劇団・ひたちなかイキイキ表現暖SOU・SOU「想・創」さんが叶えてくれちゃいました

ひたちなか市の虎塚古墳には、昔からの言い伝えがあった。
「古墳に記されしは、月と太陽。その意味するものは、血と太陽と再生と循環である。そして虎塚に”千々乱風”が吹く時、願いが叶う」という・・・(チラシより抜粋)

DSC_0320.jpg
虎塚壁画を題材とした創作劇、なんだか面白そうじゃありませんか・・

チケット予約はまだしておりませんが、是非とも観てみたい劇です(*^_^*)
ひたちなか市内に存在する文化財をテーマとした劇、地元の再発見の意味でもこれは市内の方ならぜひ、ご覧いただく価値のある作品ではないでしょうか・・?
DSC_0319.jpg
上演が待ち遠しい!!(≧≦)
よろしければ、私と一緒に虎塚古墳に秘められた太古ミステリーの世界へ旅してみませんか?

チケット販売:2012/12/2より。
午前9:00~文化会館窓口または電話予約(tel:029-275-1122)にて。

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/29 21:48 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)

出来立て工場祭、行ってきました!

前回の記事、亀印さんにて去る26(土)・27(日)の2日間にわたって工場祭が開催されたことは既に触れていますが、今回はそのお話です(*^_^*)
私は26日(土曜日)に訪れました!
といってもこの日は出勤日、お昼休みを利用しての訪問でしたので決してゆっくりは出来ず、少々慌ただしいイベント見物となってしまいましたが^◇^;
DSC_0492.jpg
既に駐車場はほぼ満車(≧З≦)丁度タイミングよく1台、出られる車がありましたのでそこへ入れる事ができました(^^v)
このテントの中で、いろいろな食べ物が販売がされています。私も愛車から離れ、早速見て回ることにしました。
こちら↓は鉾田市産の野菜の直売所。
DSC_0486.jpg

う~ん(*^_^*)どのお店で何を買おうか、迷っちゃいますねえ・・・
DSC_0477.jpg
焼きそばや汁ものの販売も行われていました。

w(*゜▽゜*)w
DSC_0476.jpg

サッカーJ2水戸ホーリーホックのマスコット、ホーリー君だ!
この工場祭を盛り上げるために、駈けつけてくれたのね
DSC_0482-1.jpg
みんな!サッカーは好きかい?
試合、観に来てね!水戸ホーリーホックを応援してね!

って、ホーリー君が子供達に話しかけてるように見えたのは私だけ?

DSC_0481.jpg
すっかり、子供達のアイドル?!人気者ですね~!!

尚、2日目の27日(日)には、鉾田市のキャラクター・ほこまる君も来場されたそうな。
その日私は御老侯の湯・・・(A^0^;)悪しからず(笑)

とまあ、それはさておいて。。。
ここへ来たら、”絶対、欲しい!!”と心に決めていた商品がありました。
そのうちの一つがコレ
DSC_0479.jpg
いちご大福
今回の目的は、それを買う事!
というわけで、店内へ!

この時期はいちごの季節。
今回の工場祭は、このいちご(勿論、国産)をフルに使用した和菓子や洋菓子がたくさん販売されていました!
DSC_0488-1.jpg
先ほどの、”いちご大福”をはじめ”いちごシフォンケーキ”や””いちごロールケーキ”etc。。。
とにかく、いちご三昧!!(≧▽≦)
文字通り、”贅沢!いちご祭”なのです
で、私めはまずお目当ての”いちご大福”(6個入り)と。
DSC_0497.jpg
他、いちごシフォンといちごロールケーキを買いました!
御味の方は・・・後ほどあらためて
お菓子作りの体験コーナーや実演も行われていて、焼きたての香ばしいバターの香りが室内中に広がり・・・
和みのひととき・・・事務所でのストレスも溶けちゃう!!
でも、ゆっくりはしていられないの

長居したい気持ちを振り払い、お店を出て再び会社へUターンした私でした。

駄菓子がゲットできる輪投げゲームや、ポン菓子の実演販売等も行われ2日目の27日もここ・亀印さんは相当、賑わったことでしょう。。。

果たして、次回の工場祭はいつかな~?
”食欲の秋”の9~11月あたりでしょうか・・・?
それは、亀印さんHPで情報GETしてね
亀印本舗(お菓子夢工場)

茨城県、特に県央地区を代表する老舗銘菓店の亀印さん。
このようなイベントが開催されない時でも、美味しいお菓子がいっぱいありますから水戸観光の思い出にそれらのお菓子を買っていかれてみてはいかがでしょう?
お菓子をテーマにした”お菓子博物館”(9:00~17:00)も敷地内に併設されています。
又、御洒落にランチやディナーを楽しみたい方なら、イタリアンレストラン「イル・ロッソ」(11:00~22:00)でいかが?
水戸観光の際には、是非お立ち寄りいただきたいスポットといえましょう

亀印本店(お菓子夢工場)
茨城県水戸市見川町2139-5
Tel:029-305-0310
営業時間 9:00~19:00
HP→http://www.kamejirushi.co.jp/

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/28 22:10 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

ほこまる焼きを食べました☆

今や日本全国、どの都道府県にも大抵存在する”ゆるキャラ”と呼ばれるマスコットたち。。。
この子が有名ですよね→DSC_0465.jpg
全国的にまだ知名度は乏しいけれど、ハッスル黄門くん以外にもわが茨城県内には各市町村(すべてではありませんが)に”ゆるキャラ”が存在します。
その中の1体が、”グルメ”になっちゃいました
DSC_0484.jpg
その名も・・・ほこまる焼き
鉾田市のご当地キャラ、ほこまる君のお焼きなんです
あ、ほこまるというのはこの子↓
IMG_0313_20130126230313.jpg
※↑別なイベント会場で撮影したものです。

本日26日と明日27日の2日間にわたって、既に告知記事で書いています通り水戸市の亀印本店にて開催されています”工場祭”にて発売されていました
DSC_0478.jpg
”メロン羊羹”等、鉾田市とのタイアップ商品をたくさん発売している亀印さん。そんな繋がりからかどうかは分かりませんが、鉾田市の野菜や特産品の販売も行われていたようです。
そういえば、ご当地マスコットを食べ物にした商品ってこれまでなかったかも

中のあんこには、通常のこしあんの他いもやメロン、そしてなんといちごまで使われています。
みんな、鉾田市の特産。
私が買った時にはメロンといもしかなく、この2種類を3個ずつ自宅の御土産用に。
そして、いちごあんは1個おまけしていただきました
DSC_0489.jpg
ほこまるの焼印が特徴^^大きさは普通のお焼きよりも小さいけれど。
おまけしていただいた”いちごあん”は即、私のおやつ
DSC_0491.jpg
白あんにいちごを練りこみ、ちょっぴり甘酸っぱくてフルーティーです(*^_^*)
ちょっと新感覚かな?

自宅用に買ったこちらは、帰宅後に撮影。
DSC_0496.jpg
中は開けてないけれど、メロン餡なかなか美味しかったです(*^_^*)
2つに割ると、メロンの香りがほのかにぷ~んと・・・。これまた、新感覚ナリ(≧▽≦)
今のところ、イベント会場のみでの販売のようですが1度食べたらおそらく、忘れられない味でしょう。。。
また、食べたいなあ・・・
水戸への出張販売、ありがとうございました

DSC_0494.jpg
工場祭は明日も開催されます。皆さん、是非お出かけください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/26 23:24 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(6)

勝った(勝田)の駅でカツサンド!

今年も、この季節が・・・
IMG_1355_20120130230004.jpg
IMG_1351_20120130225833.jpg
画像は昨年1月に開催された、「勝田マラソン」の時のものです。
今年は来る27日(日)に開催されます。
出場者の皆さん、頑張れ~!!

さて、そんな勝田駅で先日、見つけました
DSC_0458.jpg
”勝つ”カツサンド。
改札口正面にあるパン屋さん、”ハースブラウン”で購入しました。
この日は丁度、大学のセンター入試や私立高校の入学試験があちこちで行われていた日。
この駅を利用された学生さんの中で、試験に”勝つ”ということを願ってこれを買い、食べた方がいらっしゃったかもしれませんね

開封してみました(*^_^*)♪
DSC_0459.jpg
肉厚のトンカツ!!
早速、食べてみるとお肉がやわらかくて食べやすくて衣はカリッとしていて。。。
タレのマスタードとソースのコンビネーションもバッチリ☆
ちなみにここ・ひたちなか市には”勝田のカツサンド”というグルメがありますが、それとはまったく別物ですのでご注意くだされ^^
勝田のカツサンドは商工会さんが考案しましたが、今回のカツサンドはハースブラウン発祥のようです
もしかすると、他の駅(県内では他に水戸駅南口、石岡駅、牛久駅、佐貫駅)のハースブラウンさんでもあるのかな・・・どなたか、探してみて(笑)

そうそうこのカツサンド、購入されたらなるべく早くお召し上がりくださいね♪
DSC_0460.jpg
実は私がこれを食べたのは、翌日のお昼なんですがトンカツは美味しかったけれどパンの方が水分とんじゃってパサパサになってしまいました(+o+)
賞味期限(その日の23時)内だったら美味しかったのかも
賞味期限を軽視するもんじゃありませんね(笑)

今、受験シーズン真っ最中!受験勉強で毎晩、寝る間も惜しんで勉強に励んでいる学生さん方の御夜食にピッタリ
受験生の皆さん、勝田駅の”勝つ(カツ)サンド”を食べて、受験戦争に打ち勝とうじゃありませんか

又、来る日曜日の勝田マラソンに参加される選手の皆さん!
出陣前の栄養源にいかがですか?
(※販売終了していたらごめんなさい

名物・勝田あんぱんもヨロシク♪
DSC_0461.jpg
勝田駅御利用の記念にいかが?(笑)

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/25 23:28 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)

週末は工場祭☆亀印「お菓子夢工場」

我が家で購読している新聞は読売新聞。わが地区では毎週木曜日、新聞と一緒に「よみうりタウンニュース」というタウン情報誌が入ってきまして。私はコレが楽しみで、どんなに朝寝坊しても必ずその朝は出勤前に目を通していきます。
今度の26日(土)は、出勤日。土曜出勤うざいなあ。。。なんて思いつつ、今朝もそれを眺めていたら・・・
DSC_0470.jpg
1月26日・27日に亀印本店で、工場祭だって!!
茨城県の代表的な老舗銘菓店・亀印さんの工場祭が国道50号バイパス沿いにある『お菓子夢工場』(亀印本店)で開催されるそうです(*^_^*)

今回の主役は、”いちご
DSC_0471.jpg
いちごのロールケーキやタルト等、いちごを使用したスイーツが販売されるみたいですよ
勿論、いちご大福なんかもあるみたい。。。
工場で作られた、”焼きたて・出来たて”のお菓子がその場で味わえちゃう!!(≧▽≦)

又、お子様向けのケーキ教室も行われるそうです。
DSC_0472.jpg
お時間ある方、”何か美味しいスイーツが食べたい!!”と思われてる方。
あるいは、この週末の予定の無い方。
足を運ばれてみませんか?

亀印さんの工場祭が年に数回、開催されていることは知っていましたがこれまで足を運ぶことはありませんでした。
この日は最初に書いたとおり、出勤日。お昼休みに遊びに行っちゃおうかな~?なんて考えている私であります(笑)
そんなこと考えてたら・・・フッフッフ
土曜日出勤がなんだか楽しみになってきたぞ・・・(笑)

では、レポートは後日

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/24 22:14 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(0)

酒列磯崎神社にて

初乗りは、”ワイルドに”ワイン列車でGO
ということで勝田駅を出発した、ひたちなか海浜鉄道のキハ3710。
その行き先は・・・
DSC_0423.jpg
リスと葡萄の図案の彫刻。そう、酒列磯崎神社にやってまいりました!
最寄りの磯崎駅で下車し、ぞろぞろと歩くこと約10分。
鳥居をくぐり、マイナスイオンたっぷりの参道を通って本堂を御参りです。
DSC_0421.jpg
御願い事は・・・きっと、みんな一緒だよね

既に何度か、当ブログで記事に書いている神社ですので詳しい説明は省略いたしますが”えびす様(少彦名命)”と、”大黒様(大名持命)”が祭神、御利益は醸造や商売繁盛、海上安全と健康、そして心願成就等です
DSC_0424.jpg
皆さんのお願い、叶うと良いですね。。。
そういえば、来る2月3日にはこの境内で節分祭が開催されるそうですよ
DSC_0426.jpg
2月3日、午後二時より。お時間のある方是非、御家族等お誘い合わせの上御参拝あれ

当ブログ記事をご覧の皆さまだけに、ちょっと良いお話をお教えしちゃおう
磯崎神社の境内に、亀さんの石像が置かれています。
DSC_0418.jpg
ただの置き物、と思ったら大間違い
神社を御参りした後、宝くじを購入された方が高額当選をし、その方から寄贈されたものだそうです。
これを御参りされた方は、五億円の宝くじが当たるとか?!
DSC_0417.jpg
幸運の神様、ならぬ亀様。「幸運の亀様」だって
実際に、五億円の宝くじが当たったという方も現れたそうですから馬鹿にする話ではなさそうですよ
DSC_0419.jpg
信じる者には福がある・・・知らなきゃ損ですな( ̄ー ̄)
皆さん、酒列磯崎神社を参拝された時には亀さんの”頭ナデナデ”するのを忘れないでね♪
・・・って、私もこのお話は月刊のタウン情報誌で知ったんですけどね

さて、本堂の御参りを済ませた後には御神酒さんで乾杯をしまして。
DSC_0428.jpg
ワインです

少々、時間がありましたのでおみくじを買っていくことにしました!
猫ちゃん型とかいろいろなおみくじがありますが、今年はいつもと違ったものを。
”姫みくじ”というのを買ってみました。
DSC_0433.jpg
着物型のデザインがかわいいでしょ♪女性にオススメです。
開封したら・・・
DSC_0452.jpg
いきなり、大吉でした(*^▽^*)
そして、詳しく見るとこの一年の運勢とか相性とか・・・その点は普通のおみくじと同じなのですが最後の方を見ますと、”貴女に贈る御叱りの言葉”なるものが書かれておりまして・・・。
DSC_0455.jpg
着るものに無頓着になってはいませんか。
あまりにも楽な格好ばかりしていては内面までラフに見られてしまいます。
ここぞという時はしっかりとお洒落をしてごらんなさい。
貴女のファンが必ず増えます。

ですって(・・)当たってるかも。。。
ちなみにこの時のファッションはタートルネックのセーターに黒のダウンベスト&ジャケット。
黒のレギンスにブーツでした!思いっきりラフじゃん(**)

それはさておき、参拝を済ませた私達は阿字ヶ浦駅に向かって折り返します。
阿字ヶ浦駅は現在、改修工事中でした!
DSC_0434.jpg
暫く湊線乗らないうちに、いろいろなことになっていたんだなあ・・・
冷たい風に吹かれ、今か今かと待ちかねていた列車もようやく駅に到着!
DSC_0438.jpg

乗車後は、再びBar列車状態で勝田駅に向かう事になりました!
DSC_0439.jpg
来る時同様、私は白ワインをいただきました湊線の中という安心感が手伝い、飲んだワインは合計グラス6杯(行き3杯、帰り3杯)。意外にも、ワイン列車ツアーなのに飲まれない方が多くもしかすると私、ボトル1本分は飲んだかもしれない
普段はここまで飲まないですよ

列車は勝田駅に到着し、ワイン列車の旅もあっという間に終わりました。

なかなか、楽しかった
社長さん、ありがとう!!(≧▽≦)

またこのような企画があれば、参加してみたいと思っています。
果たしてそれは、いつの日か・・・

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/23 22:19 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)

ワイン列車でGo!

久々の”茨城記事”です長らくお待たせいたしました(笑)

ひたちなか海浜鉄道(勝田~阿字ヶ浦、以下”湊線”と略記いたします)、今年の初乗りのお話です(*^_^*)
DSC_0401.jpg
暫く、御無沙汰でした
那珂湊駅のイルミネーション、そういえば見逃しちゃったな
DSC_0402.jpg
おっ!来ましたねえ
15:17勝田駅発の湊線が。
DSC_0404.jpg
勝田駅1番ホームの表示板見ると、なぜかホッとする私。
そして、湊線のエンジン音を聴く時も
でも今回乗車する湊線は、普通の湊線とは少々違う。
開いたドアからステップを上がり、車内に入ると・・・
w(*゜▽゜*)w!!
DSC_0405.jpg

(≧▽≦)!!
DSC_0406.jpg

(≧人≦)!!!
DSC_0409.jpg
テーブル、グラスが用意されワインにジュースにウーロン茶、そしておつまみまで!!
湊線が”動くBar”に変身しちゃった!!

そう。この日は「開運!ワイン列車!!」という特別イベントが開催されていたのです。
事前申込制、かつ抽選。
湊線に乗って、ワインやドリンク、おつまみをつまみながら楽しくおしゃべりしましょ
という企画。年齢49歳までで男女ともに独身であることが参加条件でこれを知った私、
”美味しそうっ!!”と申し込みをしたところ。。
DSC_0324.jpg
当たってしまったんですね~!!

勘の良い方なら即御理解いただいたかと思いますが今回の湊線ワインツアーは、”婚活”や”出会い・ふれあい”を目的としたものでした。勿論、私もそのつもりで参加させていただいたわけですが。
どのような方が参加され、どんな方と交流し、どんな方とどんなおしゃべりをしたのか、良いパートナー候補は見つかったか否か、ということはここでは一切触れず、”湊線でこんなことしたんだよ(^0^)”ということのみざっと書かせていただきますのでどうか、そのおつもりでお読みいただけたら幸いです


なにはともあれ、”ワイン列車”の旅、いよいよスタート
では、乾杯~!!☆
DSC_0407.jpg
甘くて、オイシイ~っ!!(≧≦)
変わる景色を眺めつつ飲むなんて面白い!!
湊線でいただくワインは、格別だなあ。。。

ジュース感覚で、あっという間にグラス3杯(笑)
口当たりがよく、甘くてすごく飲みやすいのでワインの酸味や辛さが苦手な方にオススメです。
DSC_0411.jpg
アウスレーゼ(ドイツ産)甘口:白
ドイツ産のワインは甘口が比較的、多いそうです。
お酒の御提供は市内のリカーショップ・イシカワさん。後で買いに行こぉっと♪

こういった”ワイン列車”とか、”ビア列車”などといった企画は、茨城県内他の路線でも行われたけれど、いづれも団体予約制だし大体、夕方から夜にかけてですから参加したことがなかったんです。興味は大いにありましたが。今回は良い機会に恵まれました
尚、この”ワイン列車”は通常便に連結した特別列車。一般の乗客が乗った車両への通行は出来ませんが向こうからは我々がお酒に酔いしれてる姿がよく見える格好になります(笑)

あれ?よく見ると窓になにか書いてあるね(゜∀゜)
DSC_0410.jpg

DSC_0415.jpg
なかなか、意味深な言葉だなあ・・・
いつもこんな風に書いてあったんでしょうか?それとも今日だけ特別??
これ↓は、この日の為にどなたかが描かれたのでしょうか・・・
DSC_0414.jpg
温かいですねえ。。。(*^_^*)
おさむ君とミニちゃんに見守られつつの”ワイン列車の旅”。
さあ、果たして行き先は・・・?


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/22 21:41 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(4)

THE TOKYO STATION②

東京駅に戻って参りました(*^_^*)
DSC_0363.jpg

IMG_1274_20130121203545.jpg
大正3年(1914年)12月20日の開業、来年で丁度100年を迎えます
ちなみにわが県を走るローカル線の湊線(現:ひたちなか海浜鉄道)開業はこの一年前(1913年12月25日)。
東京駅より一つ、お兄さんなんです
・・・脱線しました^0^;

丸の内南口に連結する、東京ステーションホテルの玄関。
IMG_1280_20130121210432.jpg
いつかは泊ってみたいホテル。
このホテルから東京駅ホームや夜景を眺めてみるのが私の夢だったりして
でもそれは果たして、いつになることやら。。。(・-・)

ではそろそろ、駅舎の中に入っていきますね♪
丸の内南口、もしくは北口から入っていき天井を見上げると
DSC_0354.jpg
何これ、どこの宮殿?!なんてね^^
なんでも、イタリアはローマのパンテオンを模しているとか。
あの丸い部分が丁度、ドーム型屋根の裏側にあたるのかな
今回の復原工事により、甦った3階部分があります。

駅舎だけの利用なんて、実に勿体無い
DSC_0356.jpg

さて、駅舎の復原工事期間中ずっと休館中だったこちらも営業再開しました!
駅の中の美術館・東京ステーションギャラリーが
IMG_1321_20130121212515.jpg
ここもリニューアルし、昨年の2012年10月にグランドオープンいたしました。
駅を探訪した記念に観て行くことにします!
現在展示されている作品テーマは、「始発電車を待ちながら」。
DSC_0451_20130121214008.jpg
東京駅を中心とした、鉄道関係のアートや写真展が行われています。

館内は撮影禁止の為、画像でお伝えすることはできませんが私が印象に残った作品を紹介させていただきますと、
暗くした部屋の中でLED電球を搭載した鉄道模型が線路を走るもの。東京タワーや東京ドームに見えるのはなんと、どこの家庭でも必ず見かける日用品!!
ファンタスティックでどことなくノスタルジックな世界を楽しませていただきました。
他、2000年後に掘り出されたという設定で作成された、鉄錆の”招き猫”や”ペコちゃん”等。
奇抜な発想が面白い!

ギャラリーの出口には、ミュージアムショップもありますよ
ゆっくりと作品を観賞し終えたら、御土産などいかがですか?

ミュージアムショップを出て、ギャラリーに出れば改札口の広場を見下ろすことが出来ちゃう(≧▽≦)!
DSC_0364.jpg
上から下から、そして内装も外観も、どこから見ても素敵。。。
東京駅そのものが、美術作品の”最高傑作”といえましょう
IMG_1291_20130121215259.jpg
東京駅駅舎、今一度!
駅舎の長さは335m。縦にひっくり返した場合、東京タワー(高さ333m)よりも微妙に長いんだって

重要文化財の東京駅丸の内駅舎、誕生して間もなく1世紀を迎えることになりますがそれからさらに100年後も、さらにその後も末長く、東京都民始め日本国民や海外からの利用客の皆さんに愛される駅であり続けて欲しいですね
 [ 2013/01/21 21:59 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(0)

皇居外苑お散歩

東京駅を丸の内口から出て直進すると、間もなく正面に見えます皇居外苑。
お堀と噴水公園の脇を通り、すぐに左手に見えるのが桔梗門手前の巽櫓(たつみやぐら)という建物です。
IMG_1297_20130119203522.jpg

背景に見える高層ビルが、対照的な組み合わせだけどなぜか違和感がない(・・)
IMG_1299_20130119203754.jpg

そして、この光景
IMG_1302_20130119203940.jpg
巨大都市にふさわしく、周りは高層ビルばかり。でも手前に松並木。
近未来的な光景と、古来の純和風庭園。相反する二つの光景がちっとも違和感感じられないのが皇居外苑の素敵なところ。
何と言っても、国の特別指定を受けている公園そして門で仕切られた向こう側には天皇陛下をはじめとする宮様方がお住いになられていますからね。。。
IMG_1304_20130119205318.jpg
二重橋のそばにある正門。一般人はこの先立ち入り禁止です。
門の前ではガードマンさん方が無表情で微動だにせず立ちはだかり、任務を果たしています。

ここで皇居外苑の全体図など掲載させていただきますね^^
といっても、パンフレット画像をお借りしたものですが^^;
DSC_0394.jpg
クリーム色の部分の皇居内は宮内庁管理用地で、この区域だけは民間人は入ることができません。
といっても、外苑だけで結構広いですよ(>_<)歩くだけでもかなり良い運動となります。
この日はマラソン大会が開催されていたようです。
IMG_1300_20130119211207.jpg
掲載する順番が狂ったけど、皇居外苑の入り口付近(東京駅から向かって)にある桔梗門です。

そしてここが、二重橋。
IMG_1308_20130119211506.jpg
この皇居外苑内でおそらく、一番人気の記念撮影スポット☆
この橋をバックにポーズをとるグループがたくさん、いらっしゃいました!
ちなみに手前の橋は私達民間人でも通行できますが、奥の橋は通れません。
その”通行可能”な橋の上から皇居内を撮影
IMG_1306_20130119211714.jpg

アップでもう一枚☆
IMG_1305_20130119211956.jpg

”天皇ハ神聖ニシテ侵スベカラズ”という、明治憲法時代の頃だったらとてもこのようなことできなかったのでしょうね
ここ・皇居外苑が国民公園として開放され、一般国民が自由に出入りすることが出来るようになったのは昭和24年だそうですその20年後の昭和44年には日本武道館や科学技術館を含む北の丸エリアも追加で解放されるようになり、昭和38年には”特別史跡”の指定も受けています。
IMG_1294_20130119212652.jpg
かつては徳川の城・江戸城があった地であることはたとえ歴史に興味のない方でも御存じでしょう。
明治維新後に宮様の屋敷となったんですよね

正門も入れて、今一度二重橋など☆
IMG_1310_20130119213010.jpg

水戸市民の私めがどうしても見ておかなくちゃいけない場所へ。
でもそこは修復工事中でした
IMG_1313_20130119213250.jpg
桜田門であります。映画化もされたあの有名な事件=桜田門外の変があった舞台・桜田門。
修復工事の為、現在は見学不可となっています。
IMG_1312_20130119213502.jpg
※下の注意書きは実際は書かれていません
ここで150年ほど前に、歴史を揺るがす大事件があったのかと思うと感慨深いものがあります。
次回訪れる時には修復工事も終了し、生まれ変わった桜田門の晴れの姿を御目にかけることができるでしょう。。。

桜田門から再び、桔梗門方面に向かう途中二重橋のお堀を泳ぐ白鳥さん発見
IMG_1315_20130119214217.jpg
皇居のお堀を悠々と泳ぐ白鳥さんだからきっと、気品もあるに違いない。
いくら人に慣れていても、人のそばにやってきて”餌くれ!”なんてことはしないでしょう(笑)

江戸時代、そして幕末から明治維新の激動の時代~戦争・・・そして今の時代をずっと傍観してきたであろう皇居外苑。東京都の波乱の歴史を観て来たその公園は今、都民の憩いの場として愛されているのですね
IMG_1309_20130119223950.jpg
二重橋の近くにあった、ハイカラな駐在所。このような建物が苑内のあちこちに点在していました。

最後に。
皇居外苑の一番外にあるお堀を通過すると、和田倉噴水公園という広場がありましてこちらの建物はその公園内にある、トイレや自販機が設置された無料の休憩所であります。
IMG_1319.jpg
皇居外苑を一周し、疲れを癒しにちょっと休憩、という方に最適。
この休憩所の正面には噴水があって、勢いよく流れる噴水と一緒に皇居内の櫓まで見えちゃう(≧▽≦)
IMG_1318_20130119225129.jpg

癒しの光景!なんだかいいなあ。。。
IMG_1320_20130119225315.jpg

都会という名のジャングルの中にぽっかり浮かぶ、癒しの空間。。。
それが特別史跡、皇居外苑というスポットなんですね
 [ 2013/01/19 22:57 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)

THE TOKYO STATION①

ところで、せっかく東京へ行ったのに茨城マルシェだけで観光もしないで帰って来たのけ?
なんてツッコミが入るかな?
でも大丈夫
観光、というほどでもありませんがせっかくの東京訪問^^
ちょっとどこかで遊んでから茨城に帰ろう、ということで立ち寄ったのが・・・
ココ!!
IMG_1268_20130118233229.jpg

皆さん、御存じの東京駅です。
駅舎は国指定の重要文化財に認定され、”関東の駅百選”にも指定されています。

そしてホームの数、日本一!
まさしく、”キング・オブ・ステーション
IMG_1263_20130118232225.jpg
有楽町駅の一つお隣さんとなる東京駅で途中下車してみました!
去年2012年に数年前から行われていた改修工事が終了し、堂々OPENしたばかりです。
その姿を是非、観ておこうと思いまして。

とりあえず、丸の内中央口から外に出てみました。
IMG_1264_20130118232455.jpg
このクラシカルモダンさがいいね^^

おおっw(*゜▽゜*)w!!
IMG_1265_20130118233035.jpg



IMG_1270_20130118233308.jpg

IMG_1277_20130118233426.jpg
屋根の丸型ドームの部分は、今回の改修工事で開業当時(1914年)の形に戻したんだよね
それまでは一時、台形型に変更されていました。
昭和20年の東京大空襲により焼失し、その後の修復工事の時に台形になったんだけど再び丸型に戻ったわけであります

しかし、どの角度から撮っても絵になるなあ。。。
IMG_1271_20130118234043.jpg

IMG_1275_20130118234138.jpg

IMG_1272_20130118234303.jpg
まるで、駅舎のある空間だけが時がとまったかのよう。。。
周りは高層ビルの現代でも、ここだけは大正時代(≧▽≦)
IMG_1289_20130118234550.jpg

さて、せっかくだから外装だけじゃなくて中も探検してみますか
いや、でもその前に皇居外苑をちょっとお散歩してから
というわけで、内装見物の前に皇居外苑目指して歩いて行くことにしました。

次回はそのお話です

※茨城記事とは外れる為、ランキングバナーは外させていただきますm(__)m
 [ 2013/01/18 23:53 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)

取手どんどまつり

東京銀座から茨城県にUターンした私、思うところあって取手駅で途中下車しました。
時刻は16:30を過ぎようとしていた頃。常磐線の車窓から見えた夕日も沈みかけ、利根川河川敷に到着した頃にはオレンジ色もすっかり色あせていました。

さて、そんな夕日に負けない赤い色した炎を立ち上げ、河川敷の広場では一つのイベントが開催されている最中でした
IMG_1322_20130117214203.jpg
その日の日中は、毎年の恒例行事「取手利根川たこあげ大会」が開催されていました。
いつもなら、そちらのレポートをさせていただいていますが今回は同日行われる”もう一つ”のイベントのお話^^
たこあげ大会を終えた数時間後に”どんどまつり”が開催されるのですが、たこあげ大会開催中にその準備は着々と行われています!
IMG_0038_20100118222332_20130117215236.jpg
こんな感じで、山積みされたダルマやしめ縄等の正月飾りを御炊き上げして、その火で焼いた紅白餅を食べ、無病息災を祈願するイベントであります。
IMG_1331_20130117215500.jpg
IMG_1336_20130117215518.jpg
紅白餅は有料(1個100円)、お餅を差す竿は無料レンタルのようです。
老若男女問わず、未就学位の小さなお子さんも自分の背丈よりも長い竿を持ってお餅を焼いて食べてる光景も見られました
IMG_1328_20130117215825.jpg

家族で記念写真撮ってるよおぃっ(*^_^*)
IMG_1354_20130117215934.jpg

さあ、うまく焼けるかなあ。。。
IMG_1339_20130117220054.jpg
竿に差した状態。しかも2個同時に焼くのは意外と難しいようです
下についてるやつが焼ける頃には先に焼けた方が焦げてしまうし竿は長くてしなっているからバランス良く焼くのは至難の技?!
IMG_1340_20130117220232.jpg

火が弱まってきたところを作業係の人が火を強めると、再び炎が活発になり火の粉振り上げて威勢よく燃え始めました!
IMG_1342_20130117220647.jpg
※皆さん、画像で気持ちだけでも温まっていってくださいな(笑)

IMG_1359_20130117231331.jpg
お餅を焼かない私(この時既に紅白餅は完売)も、焚火の温かさに気持ちよさのあまりなかなか離れることが出来なくなってしまいました利根川河川敷は結構、肌寒かったから尚更、燃え盛る火がありがたかった。。。
2年前の2011.3.11の東日本大震災、そして今日で18年となる阪神淡路大震災の時も、被災された人達はこうして暖をとられていたのでしょうね。。。

火で温まっていると突然、どこからかパァ~ンと破裂する音。なんと花火でした!
IMG_1346_20130117221202.jpg

花火も上がるのね(*^_^*)知らなかった!
偶然、こんなの撮れちゃった!
IMG_1349_20130117221400.jpg
狙って、ないよぉ~(笑)

日中の青空には参加者による無数の手作り凧が上がっていたであろう大空。
日没後のこの時間は、同じ空をお炊き上げの煙が空を舞っています。
IMG_1360_20130117232103.jpg
市民の皆さんの願いが、煙に乗って天に届きますように。。。

御願い事はみんなそれぞれ違うでしょうが、誰もが持ってる共通の願い。
それはやっぱり”無病息災”でしょうね(*^^*)
DSC_0369.jpg
健康な体と、災難除けは決してお金では買えないから。。。

さて、そろそろ戻らねば。
焚火から離れたくなかったけれど、かといってお餅焼くわけでもないのにいつまでもいるわけにはいかない。
寒いの我慢しつつ、”取手どんどまつり”を後にしてJR取手駅に向かった私でありました!
IMG_1363_20130117233528.jpg

同日開催される”たこあげ大会”同様、取手市の名物行事となっている”どんどまつり”。
翌年も無事に開催されることを祈ります

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/17 23:43 ]  取手市 | TB(0) | コメント(4)

茨城の味、召し上がれ♪

さあ、お待たせしました(*^_^*)
茨城マルシェ記事の後半ですよ♪
IMG_1258_20130116211322.jpg
↑謎のマスコット。店内のどこかにおりまする

茨城マルシェでは、ただ茨城県の食材を陳列販売してるだけではありません。
せっかくですもの、どうせならその”茨城県の食材”を食べて行かれてみませんか?
という意思の元(想像だけど多分^^;)、レストランも営業しております。
IMG_1255_20130115220022.jpg

海もあり山もあり、豊かな大地に自然の恵み・・・昔からそんな環境に恵まれたわが茨城県ですからお肉にお魚、野菜に果物etc、まさしく”食材の宝庫”と言えましょう
そんな茨城県産の食材が、ここで味わえちゃう!!
DSC_0345.jpg
初来店の私は、とりあえず”シェフのおすすめプレート”980円に
セットのサラダは食べ放題なんです(≧▽≦)
で、お借りした取り皿が深くて入れやすい器だったもので・・・
ついこの通り↓
DSC_0348.jpg
サニーレタス・プチトマト・フライドポテト(じゃがいも)・さつまいもスティック・きゅうり・マカロニサラダ・・・摂り過ぎちゃった(・-・;)
ちなみにドレッシングは選べます。今回はシーザーにしました!
余談ですが、納豆ドレッシングもありますよお好きな方はお試しを(笑)
納豆も食べ放題(納豆バー)ですが、私はパス

お昼時だったというのもあってか、お客様は結構いらっしゃったようです。
”この中で、地元・銀座の人は何人ほどいらっしゃるんだろう?隣の席でざるそばを召し上がられている奥さまは、東京の人かな?”なんてことを想像してしまいます。
というのも実は、私のようにわざわざ茨城県からこのお店に来られたという方が何人かいらっしゃったようでして
ひょっとすると肝心の東京在住の方よりも、そういった人達の方が多いのかなあ、なんて

こんなことを考えつつ過ごしているうちに、きました!
”シェフのおすすめプレート”
DSC_0346.jpg
本日のおすすめプレートは、”まぐろ丼”でした!
では、いただきま~す!
こんなにドレスアップされたまぐろ丼は初めて!!
DSC_0347.jpg
まぐろの御刺身、脂がのっててやわらかで・・・最高\(^o^)/
茨城万歳(笑)

そして、みそ汁は涸沼しじみのしじみ汁です。
DSC_0349.jpg
家庭な味、って感じほのぼのと和みます。

ランチにお茶にディナーにも良し!
東京にお住いの皆さん、お友達やご家族お誘い合わせで是非一度”銀座の茨城県”・茨城マルシェに足を運ばれてみませんか?
平日ランチや仕事帰りのサラリーマンさん
「今からちょっと茨城、いってみっぺ!」
なんて茨城弁使って同僚を御誘いしてみても面白いかもね
茨城県在住の方も、どんどん行こう

天下の日本の首都・東京、それも中心部の銀座にせっかくOPENした茨城マルシェ、魅力度極めて低いわが茨城県の知名度・魅力度をUPする戦力となってくれますように。。。
IMG_1262_20130116215552.jpg

茨城マルシェHP→http://ibarakimarche.com/

そうそう
我が家に送った宅配便の中身ですが。。。
この通り
DSC_0380.jpg
(左列)かりんシロップ(古河市)、ななかいのこしひかり(城里町)
(真ん中)猿島茶ペットボトル(坂東市)、いちごだっぺ(ひたちなか市)
(右列)ももかのじいじがつくった古河の味(古河市)
他、猿島茶の茶葉を1本画像には写っていませんが一緒に購入しました。
各々の商品に関しましては後日、あらためて

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/16 23:04 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(4)

茨城マルシェへ行こう♪

皆さん、お待たせいたしました
いよいよ、茨城マルシェ記事を書かせていただきますよ~っ!
IMG_1251_20130115202519.jpg
東京都中央区銀座の銀座一丁目、東京高速道路下に茨城県のアンテナショップとしてOPENした茨城マルシェ、
入り口では県のマスコットキャラクター・ハッスル黄門くんがお迎えしてくれます

苦労の末(詳しいいきさつは、2日前の記事↓をご覧あれ^^;)辿り着いた茨城マルシェであります。
早速、入ってみましょうね
IMG_1249.jpg

中に入ると、目に見慣れた茨城県の特産品がいっぱい!!(って、当たり前でしょ
IMG_1259_20130115214142.jpg
野菜も売ってるよ
”風評被害ニモ負ケズ、自然災害ニモ負ケズ”頑張っています。
東京の皆さん、茨城の野菜を応援してください

水戸の梅にひたちなか産の干しいも、さらに”鉾田のメロンカレー”とか涸沼しじみカレー”とか、おなじみ土浦のツェッペリンカレー等のオリジナルレトルトカレーとか
土浦、といえば市内の柴沼醤油さんで醸造された”紫峰(しほう)”のありました。
又、茨城県産の野菜等を使用して作られた加工品も販売されています(*^_^*)
IMG_1252_20130115203639.jpg
↑最近発売された、オリジナルドレッシング。確か行方市産だったっけか(・◇・)

IMG_1253_20130115212005.jpg
飲料水系も種類豊富(≧≦)
◇あまエルトマトジュース(鉾田市)
◆ももかのじいじがつくった古河の味(桃ジュース、古河市)、
◇ドリップアイスコーヒー、アイスティー(SAZA、ひたちなか市)
この中で私が買ったものがありますさて、それはどれでしょう?

写真は撮らなかったけれど(ちなみにここで掲載している写真は、店員さんの許可をいただいております^^)、県を代表するスイーツ店の代表的なお菓子もありますから地元の方、ちょっとした手土産にいかがですか?

お好きな方、心配ご無用~!
県内のお酒が勢ぞろい!!たとえばこの府中誉(石岡市)さんの渡舟だとか。
IMG_1257_20130115213057.jpg

木内酒造さんや明利酒類さん、吉久保酒造さん等の代表銘柄が揃っています。
DSC_0344.jpg
木内酒造さん、といえばオリジナルビール”常陸野ネスト”!勿論アルヨ

茨城マルシェでしか購入できない、レア商品もあるみたい。。。
DSC_0343.jpg
7種類の味と香りが楽しめる、”フレーバー梅酒”
これは地元じゃ見かけないな(・・)

ついあれこれと欲しくなってしまいますが、お酒類にしろ飲料水にしろ持ち歩くにはかなり重くなってしまいます
こんなに瓶製のものばかり多いと、たとえ東京の方でも
”何これ~、重いのばっかり!!こんなの持って電車乗れるわけないじゃん~!!
なんてクレームがきそうですが、大丈夫
ちゃんと、宅配サービスも万全ですから私も今回、利用しちゃいました!
DSC_0379.jpg
ちなみに水戸までの宅配で、送料735円。
中に入っている商品に関しましては、後日の記事で

茨城県のいろいろな物が売ってる”茨城マルシェ”、同時に”茨城の情報発信”のスポットでもあるということも忘れてはいけません
お店の中には、観光パンフレットも設置されていますし。
IMG_1254_20130115215225.jpg

レジの近くにはTVが設置され、茨城出身のタレント・磯山さやかさんがハッスル黄門くんと一緒に茨城県の観光名所や特産品等を紹介する番組が放送されています。
たとえ、何も買わなくてもコレは見るべし!(笑)
IMG_1256_20130115215453.jpg

さて・・・と。
買い物は済ませたし、そろそろお腹すいてきたな。
そういえば・・・(. . )
IMG_1255_20130115220022.jpg
そうですこのスポット、レストランを併設しているのです。
しかも、ただのレストランじゃない!
茨城県の特産品を食材に使ったお料理が楽しめるレストランなのです^^
今回、私もここでランチを楽しむことができました!

というわけで次回はそのお話です

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/15 22:05 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)

大雪の為…


只今、会社におります。

現在大雪&強風が吹いていますがうちの会社、今なお帰宅命令出ず。

愛車はノーマルタイヤゆえ、このままではもしかしたら本当に帰宅できなくなるかもしれません((((;゜Д゜)))

・・・と、ここまではスマホから生中継でした!

*****以降は帰宅後の追記であります*****

なんとか無事に帰宅できました(>_<)
いやあ、50号バイパスが既に凍結していて本当に怖かったです(++)
明日朝の通勤が今から心配
DSC_0384.jpg
茨城県民は降雪に慣れてないの
少しでも降ると、大騒ぎなの。
この冬、今後も大雪が降るという気象予報だそうだけど・・・
天気の神様、どうかあまりいじめないでください

とりあえず、事故怪我もなく無事に帰宅できましたことを御報告させていただきます

明日朝の路面凍結が心配です
どうか皆さん、明日の通勤・通学は転倒などされないようご注意くださいね!
又、マイカー御利用の方は追突やスリップ事故等に充分、お気をつけください

銀座一丁目を目指して。。。

スーパーひたちに乗車し、上野駅に辿り着いた私。
果たして、どこに行こうとしていたのかといいますと。。。
IMG_20130113205908.jpg
東京は銀座、東京メトロ有楽町線の銀座一丁目駅のすぐ近くに、わが県・茨城県の食材やスイーツ、特産品等の販売とそれが味わえるレストランを併設した施設”茨城マルシェ”が、去年2012年の11月13日(この日は茨城県の”県民の日”であります)にOPENしたことは、もう皆さん御存じでしょう
今回私は、そこを訪問すべく茨城県を離れて上京(?)致しました(*^_^*)

ここはそもそも、”東京都民の皆さんにわが茨城県の良さを理解してもらおう!”
という意味でOPENしたと思われるお店。
茨城県民がわざわざ交通費かけて自分のところの特産品買ってどーすんの?
というツッコミが入りそうですが。。。
IMG_1225_20130113210659.jpg
JR有楽町駅付近
他県に出て、そこから自分の県を見つめ直すのもまた、勉強なり
いくら茨城県を応援するブログといっても、他県のことも知らず茨城県から1歩も出ない人間が、”茨城ってこんなに面白いよ!”と言ったところで説得力は薄いものでして
”他県と比べたら、ココがいけない(>_<)”
”他県と比べたら、こういうところが遅れてる!”
という、マイナスな部分を知っておくのも無駄な事ではありませんからね

なんて偉そうなこと言ってるけど、単純に東京に出てみたかったというのが本音
まあ、前置きはこの位にしておきましょうね☆
IMG_1231_20130113211315.jpg
同じく有楽町駅付近にあった、”銀恋(銀座の恋の物語)の碑”。
歌の歌詞でちょくちょく登場している東京・銀座。
きっと現実でも、この町でどれだけの男女が出会い、どれだけの男女が恋をし、どれだけの男女の恋愛秘話が生まれたことか・・・
大人の恋を妄想したりあちこちきょろきょろしながら(既に田舎もん丸出し)、歩いていきます。
IMG_1234_20130113211643.jpg

当初は、有楽町駅から歩いて向かうつもりでいましたが、高層ビルに囲まれた周囲に圧倒され右も左も分からない状況、無理せず東京メトロを利用していくことにしました
銀座一丁目駅で降り、出口を探している際見つけたポスター↓
IMG_1243_20130113214957.jpg
こんなところで自分が住んでる地域の”ご当地キャラクター”が使われているのを見るとなんだか嬉しくなるね
そんなことよりもさて、果たして出口はどこ?(・・;)

東京メトロなど、もう何年利用してなかっただろう。。。
出口がたくさんあることなんか、ちっとも気にしてなかった。。
”何番出口にでればいいの?”と、気にしつつも降りたところの一番近い出口で適当に外へ。
この行動が仇となりました
IMG_1244_20130113221213.jpg

生まれて初めて降り立った、銀座の街。
周囲は高速ビルに囲まれ、右も左も分からない街を自分の勘だけに頼りさまようなんとも無謀な女・竹千代。
IMG_1245_20130113221400.jpg
スマホの地図アプリを見ても、何がどれなのかさっぱり分からない。。
そもそも、自分がどこにいるのかすら検討もつかない・・・
銀座1~3丁目の区間を2往復ほどしたでしょうか?
レトロな外装の交番にたお巡りさんに道を訊くことにしたのですが。
IMG_1246_20130113221641.jpg
お巡りさん、
「あ~、いばらマルシェね。ここの横の道を真っ直ぐ行ったら高速道路と交差するところがあるから、その高速道路の下ね。」
あの~、”横”って?と聞き返したら、”あ~、だからこの道(指さして)の横だよ”だって。
何処から見て横なんですか?と言いたかったけれど、とりあえず高速道路を目指して行けばいいのね、と解釈し交番を後にしたのですが。。。

やっぱり、分からない(・-・;)
どこまで歩いていっても、茨城マルシェの幟も看板も見当たらない!いやその前に銀座一丁目の紺屋ビル(茨城マルシェが入ってるビル)ってどれよ?
なかなか見つからない苛立ちからとうとう、茨城マルシェに直に電話で問い合わせてみることにしました!

電話に出てくれたのは、若い男性。事情と現在自分がいる場所を話したらなんと!!
全く、逆方向に歩いてたんですって!!
とりあえず、自分が歩いてきた道をUターンして銀座一丁目駅に戻り、そこから振り出し。
気を取り直し、教えられた道を歩いていたら・・・

あった( ̄0 ̄)!
IMG_1248_20130113223120.jpg
”これまでの苦労は一体、何だったの?”みたいな感じであっさりと見つかりました。
どうやら、全く見当違いの出口から出てしまったようです
茨城マルシェに行くには、番出口、ですが私が降りたのは番出口だったんです
全く、逆方向に進んでしまっていたのでした!
しかも、何度も触れてるように右も左も分からない地域ですから何の疑いもなく歩いてしまい、結局見当違いの方向へ進んでいたのです
DSC_0350.jpg

正しく3番出口から出ていれば茨城マルシェは丁度、目の前だったんです。
おそらく、20~30分は無駄に歩いていたことになります
メトロ駅、甘く見てはいけませんね(笑)
IMG_1250_20130113222648.jpg
地下鉄を利用の際は、出口をはっきりと確認しておきましょう!

それにしてもお巡りさん
「いばら」じゃないよ、「い・ば・ら・」!!

さて、苦労の末到着した茨城マルシェ、果たしてどんな商品が販売されてるのか。。。
又、レストランでの御食事はどんなだったか・・・?
次回の記事をどうか、お楽しみに

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/13 22:52 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)

スーパーひたち、撮りまくり☆

上野駅16番ホームに停車中の常磐線特急・スーパーひたち
DSC_0329.jpg
年号が昭和から平成に変わって間もない頃に登場し、はやくも20数年が経過しました。
以来、長きにわたって常磐線を上野から一番遠くは仙台まで走り続けてきましたが白銀のボディが自慢だったこの特急も老朽化が進み、来る3月14日のJR東日本ダイヤ改正とともに引退することが決定しております

DSC_0331.jpg
このヘッドマークも、もう少しで見納めに。。。

このスーパーひたちの後輩にあたる5色のフレッシュひたちが登場すると、お出かけの際あえてフレッシュひたちが走行する時間を選んでみたり、利用すれば水戸⇔上野間を早く移動できるのにスーパーひたちを使わずにフレッシュひたちを選んだこともあったっけ。。。今となっては申し訳ない気分
(そのフレッシュひたちも、同じくダイヤ改正により引退するとか。)
時代の流れとはいっても、これまで慣れ親しんできた車両が従来線から姿を消してしまうのは、実に寂しい
DSC_0333.jpg

今日は久々、茨城県を離れ東京に出てきました。
そんなわけで、このスーパーひたちを利用してここ・上野駅に来たのです
目的地に向かう前に、”ありがとう!スーパーひたち”の意味を込め、車両撮影を始めた私でした。
DSC_0337.jpg
寝台急行「北斗星」とのツーショット☆
思えばこれを利用して北海道から帰ってきたんだっけなあ。。。
終点・上野駅に到着し、疲れと眠さからくる睡魔と戦いつつスーパーひたちに乗り換えて無事、水戸駅まで向かい帰宅したのでした。今となっては懐かしい思い出。。。
偶然、この2車両のツーショットが撮れたのはやはり、御縁があるのかな(*^_^*)

車掌さんと運転士さんかな?お疲れ様です
DSC_0335.jpg

同じ方向からばかりじゃなくて、反対側からも撮っておきますか
DSC_0338.jpg

石川啄木の碑も一緒に入れてみました
DSC_0339.jpg
いろいろな地方から来た人達が集まる、上野駅。
その様々な”訛り”を聴くと、なんだか懐かしくなる気持ちがわかるような気がします。
私も、この常磐線の特急ホームで発車を待つ間何気に茨城弁が耳に入るとそれだけでほっとするような気分になるんですよねえ。。。

♪上野は~、おいらの~ こころぉ~の駅だぁ~♪(”嗚呼、上野駅”より)
なんて、このスーパーひたちが今、歌ったような気がする。。。空耳だよねきっと^◆^;
DSC_0341.jpg
引退後は、どこへ行っちゃうのかなあ。。。

今まで、ありがとうスーパーひたち
そして、おつかれさまス-パーひたち

ダイヤ改正までに果たしてあと何回、乗れるかなあ。。。
DSC_0342.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/12 23:28 ]  プチ☆鐡子の部屋 | TB(0) | コメント(0)

街中お散歩とラーメン

八幡宮に向かう際は茨城交通バスを利用しましたが、ぶらぶらお散歩したい気持ちにかられ途中まで歩いて行くことにした私(今回は地図無で失礼いたします)。
地元では”上市(うわいち)”と呼ばれている泉町~南町のメイン通りの丁度裏通りにあたります。
ここを歩き、水戸芸術館の辺りからそのメイン通りに出るコースで歩いていきました。
本数は少ないですが、とりあえずこの界隈もバスが通行しているようで、手作り感感じるバス停も何ヶ所か見かけます^^
IMG_1216_20130111212354.jpg
梅の花のイラストと毛筆の書体で書かれたバス停名がとても印象的(*^_^*)
でもこっちはやっぱり、人通りもなく通行する車の量も少なくて静かなもの
閉店して年月の経過したようなお店もちらほら。

市内に住んでると言っても、普段はまず通ることがない道路。ましてやぶらぶら散歩する機会なんかないし。
でもたまには悪くないね
芸術館の手前にある大成女子高校の校門前に来た頃、
”さあ、そろそろメイン通りに出るか”と、角を曲がって行くことにしました。
そろそろ、私立高校の受験ラッシュが始まる時期なのでしょう。
付近には
「1月●日は入試の為、混雑が予想されますので御注意ください」旨が書かれた立て看板が立っていたりして。
自分が受験生だった頃を思い出しつつ、そのそばを通過してメイン通りに出てきました。

泉町2丁目の角に差しかかった際、目が惹かれたこの建物
IMG_1217_20130111213013.jpg
泉町会館という建物です。
レトロモダンで、なかなかいい雰囲気!!
IMG_1218_20130111214640.jpg
調べたところによりますと(というよりも、関係者の方から御訊きしました(笑))
戦前、ここは水戸消防団の第8分団が置かれていたそうです。
しかし昭和20年の大空襲により焼け野原となった水戸市。この分団所もそれによって焼失してしまいました
その後は暫く空き地となっていましたが昭和30年、協同組合泉町商店会が結成され、それにともない”泉町会館”が誕生しました
その後、2010年にリニューアル工事が行われ2011年の東日本大震災も乗り越え現在に至っています
IMG_1219_20130111215340.jpg
ここで野菜市やカルチャー教室が開催されることがあるそうです
いつか、中も見学してみたいな。

歩いていたからお腹もすいてきましたので。。。
バスの車窓から見つけた、ラーメン屋さんのラーメン屋さんらしくない看板に興味を持って入った
このお店↓
IMG_1220_20130111220305.jpg
ラーメン サトー通さんというお店に入ってみました。
泉町会館からほんの、数歩程度先です。
入り口くぐるとすぐにカウンター席、オーダーは食券で。
IMG_1221_20130111220419.jpg
本日のおすすめ(?)、ピリっと生姜仕立ての肉そばを。

チャーシューともやしが、メチャ多い!!
DSC_0315.jpg
※隣に座っていた人が席を立たれてから撮りましたので、食べかけで失礼いたします^◇^;

スープは”関ヶ原たまり”醤油ですって。
確かにコクと香りがよろし
DSC_0316.jpg
麺は、ちゃ■しゅう屋のによく似てるな(・・)
太くて堅め。
味は悪くありませんでしたが、量的には思ったよりも控えめだったかな
これで850円は正直、割高な気が。
弟の鶴千代だったら完璧、足りない量だな。
まあでもお客さんは結構、入っていたようですしなかなかの人気店みたいです。
次回、来店した時には”煮干しラーメン”ってのを食べてみるか
IMG_1222_20130111225235.jpg
外装も黒で統一された、シックなデザインだけど店内もシックでカウンターバーのようなオシャレな感じです。
勿論、奥にはテーブル席もあるみたいですよ
お店の情報はコチラ→サトー通(ラーメンデータベースより)


いろいろ見ながら歩いていると、距離がちっとも苦にならない。
途中からバスで、と思ったけれどいつの間にかバスを利用する必要のないところまで歩いていました
バス代、浮いちゃった!!(≧▽≦)
街中お散歩って、楽しいナ♪
足の運動にはなるし、新たな発見も出来て最高!!
またいつか、歩いてみよっと

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/11 22:59 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(2)

水戸の八幡さま(水戸八幡宮)<その二>

水戸八幡宮記事の続き、いきます。
わが初詣スポットとなった、”水戸の八幡さま”には、”オリジナル”(?)な開運グッズも販売されているんです(*^_^*)
IMG_1206_20130109225440.jpg
羽子板の羽根、ですって?御名答~!!☆
見ての通り、お正月遊びの代表・羽根つきで使う羽根であります
この羽根が御守りとなっているんです
IMG_1207_20130109225912.jpg
羽根に付いてる玉の部分は「むくろの実」と言われ、無病息災と幸を呼ぶ御守りなのだそうです。
破魔矢は神社によくありますが、羽根つきの羽根が御守りというのはちょっと他では見かけないかも
見た目も可愛いので”参拝記念に一つ”と思い、選んでみましたが何しろ、三が日から数日経過しているしおそらく毎日たくさんの人達が入れ換わり参拝し、この御守りを買って行かれたに違いありません。ですから残念ながら良質な状態のものがなく、よく見ると羽根が破損していたりひどいのになると”むくろの実”すら紛失してしまっているものもあったりで結局決まらず、普通の「家内安全・八方除け」の御札を1枚買いました

ちなみにここ・八幡宮の境内では来る1月14日の成人の日に、邪気払いの行事として「羽根つき神事」が開催されます
タウン月刊誌によりますと巫女さんによる羽根つきや新成人、水戸の梅大使による羽根つき奉納の他、一般人も参加できる羽根つき大会も開催されるとか(11:30~)
神聖なる神事ですがなんだか、楽しそうじゃありませんか?
IMG_1183_20130109230608.jpg
八幡宮では他にもたくさんの年中行事が開催されています。去る1月4日には氏子さん達による”湯清め”の儀式も行われました。
八幡宮で開催される、年中行事に関しましてはコチラを→水戸八幡宮

さて、行事もさることながら八幡様の境内には他にも見どころがございます(*^_^*)
その中でも私が注目したスポットを紹介いたしましょう。
まず一か所目。鳥居の前にあったお社。
IMG_1185_20130109231538.jpg
”火伏せの神”という石碑が添えられています。
由来についての解説もちゃんとあります。
IMG_1186_20130109231705.jpg
正式には”鎮火の神二神官”と言われているそうな。

時は江戸時代、何の御縁があったか江戸深川より花車を受け取った馬口労町(ばくろちょう:現在の栄町)が、お祭りの際、この花車を引きまわしたところ町に大火事が発生したそうな。後にその花車が”わけあり”だということを知った、町の人達は大火事の原因はこの花車に違いないと口々に言い、これを水戸八幡宮に祀ることにしました。以来、町に火事は起こらなくなったということです。
その後、花車を祀ったこのお社は”火伏せの神”として人々に信仰されるようになりました。

このような言い伝えが残されているそうです。
余談ですが、私がこのお社の前に来たと思われる時間頃、水戸市のある地区で火災が発生していたそうです。それも、私が車を停めた駐車場の付近で。帰宅後にTVニュースで知ったのですが住宅4棟ほどが燃えたそうです
私が愛車の元に戻る頃には鎮火していたようですが、おそらく現場検証でしょう。
その周辺では交通規制が行われていました。
そういえば私、ここをちゃんとお賽銭上げて御参りしたっけか?(・-・;)
まさか、関係ないとは思いますが・・・

さて、気を取り直してもう一か所目。
IMG_1214_20130109233611.jpg
茨城百景:烈公御涼所と書かれた案内板に従って奥へ歩いていきますと・・・・


”初日の出御来光清抜式”と書かれた立て看板。
IMG_1213_20130109233908.jpg

その奥には幹の太い大木がありまして。。。
IMG_1208.jpg

そこから水戸の街(那珂川周辺)が一望できるようになっています
IMG_1210_20130109234338.jpg
正面に見える橋は新千歳橋、ここを渡ると常陸太田方面です。
元旦はここから初日の出を見た人もいらしたのでしょうね…

で、左側に視線をずらせば彼方には山(*゜▽゜*)
IMG_1211_20130110071539.jpg
方角的に見て、あれは八溝山かなあ。。。
それとも、那須連山?
私にはわかりません^皿^;

斉昭公在りし頃は、現代のように民家もなければ勿論、新千歳橋なども存在していなかったはず。
ここから果たしてどんな景色が展望できたことか、想像するしかありませんがこうして周りを展望しつつ真夏の暑さから避暑されていたのでしょうね^^
IMG_1209.jpg

周りは緑、御神木に見守られつつここで涼風にあたれば真夏の日中もなんのその
ここにいるとなんだか本当にそんな気がしてきました!
IMG_1212_20130110081335.jpg

こうして散策していると、水戸八幡宮は春夏秋冬、どの季節に参拝しに訪れてもそれなりに楽しめそうですね♪
境内での行事も盛りだくさん、先に書かせていただきました”羽根つき神事”の他、来月3日(2月3日)には節分祭も行われますよ

初詣を逃された方未訪問の方、この機会に訪れてみませんか?

水戸八幡宮
HP→http://www.mitohachimangu.or.jp/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/10 20:30 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(2)

水戸の八幡さま(水戸八幡宮)<その一>

皆さん、初詣には行かれましたか?
私も、今年は珍しく鏡開きの前に行ってまいりました(*^_^*)

今回は地元・水戸市にある水戸八幡宮という神社へ。
IMG_1180_20130108203158.jpg
八幡宮の存在は知っていましたが、水戸に住んでいながらお参りしたのは初めてでした
年明けて間もない、まだ6日でしたから予想した通り入り口周辺は車が渋滞、古い神社ゆえ参道も狭いのですれ違いが大変そうでした
愛車を水戸駅に近い駐車場に置き、バス利用で訪れて良かったと思えた瞬間

それでは、入っていきましょう
IMG_1181_20130108203629.jpg

さすがにまだ、お正月モードが残ってますねえ(^^)
IMG_1184_20130108203920.jpg
正面の鳥居をくぐれば本殿、拝殿。
ちゃんと、手をお清めしていきます。
IMG_1188_20130108205328.jpg
荷物を置く台がちゃんと、用意されてるの
参拝者に対するこの気配りが嬉しいワ

元旦~3日もかなりの参拝客が訪れたと思いますが、この日も結構混雑していました。
祈祷申し込みの方もたくさん、いらっしゃったようです。
IMG_1189_20130108205520.jpg
さて、と。まずはお財布から55円(度重なる御縁がありますように、と)を取り出して。。。

一、2回おじぎ
二、2回拍手
三、1回おじぎ
・・・と、「二拝二拍手一拝」にて、家内安全・良縁を祈願した私
IMG_1190_20130108211206.jpg
家族が健康で安全に、そしていつまでも仲良く過ごせますよう、どうか御守りください。。。そして・・・

文禄元年(1592年)、当時水戸藩主だった佐竹義宣公により常陸国水府総鎮守として城下の八幡小路(現:水戸市北見町)に創建されたのが、ここ・水戸八幡宮の起こりだそうです。以後、水戸藩の崇敬社として祀られてきましたが、やがて水戸徳川が城主となり二代藩主・徳川光圀公(水戸黄門で知られてますね)が行った社寺政策八幡潰しに遭い、茨城群那珂西村(現:城里町那珂西)に移転させられてしまいました
やがて、その光圀公が死去し綱篠(つなえだ)公の世となりましたが宝永6年(1709年)、氏子や町民の請願を受けた彼により現在地に再建されたという話です

何故、光圀公は社寺政策八幡潰しを・・・
詳しく知りたいけれど、それについて触れてるサイトは見つからなかったな。。
突っ込んではいけないお話だったかしら・・・?^◇^;
まあ、それはおいといて。

参拝の後、横に廻ってみると拝殿の隣(正面から見ると奥)には本殿があります。
DSC_0313.jpg
平成23年に解体・修復工事が行われましたが拝殿は市の指定文化財、本殿は国指定の文化財となっています。
慶長3年(1598年)の建築だそうです
IMG_1194_20130108215111.jpg
朱塗りの庇がすごくインパクト強いですね
龍の彫り物も迫力!!
IMG_1196_20130108215319.jpg

指定文化財があれば、天然記念物も持っているここ・水戸八幡宮っだったりします。
境内には、こんなに立派な木が!!
DSC_0307.jpg
これぞ、天然記念物!
白旗山のオハツキイチョウの木であります。
DSC_0308.jpg

その樹齢は約700年、樹高35m、幹周り6mの巨木!!
DSC_0310.jpg
さすがにこの時期、銀杏の葉はありませんがこれが紅葉時期だったらどんなに素敵だったことでしょう。。。
オハツキイチョウの前には、戌(犬)と亥(イノシシ)をかたどった石像。
いづれも、この神社を守る守護神なのです。
厄除けや子育てに御利益がある守護神として信仰されているようです。
IMG_1205_20130108220312.jpg

オハツキイチョウの他には、斉昭公が植えられたと言われる”右近の桜
IMG_1191_20130108220644.jpg
桜の季節が待ち遠しいね。。。
お花見の季節に、参拝されても良いかもしれません。

重要文化財あり天然記念物ありの”八幡さま”。
そんな素晴らしい神社の境内で、私がひいたおみくじは。。。
DSC_0317.jpg

DSC_0318.jpg
大吉!!(*゜▽゜*)

でも、詳しく読んでみると。。。
○願事…できないようであぶないですがあとでかなうでしょう
○待人・・・支障があって来ない様です。
(以下、部分省略)
○旅行・・・盗難に注意していくことです。
○方向・・・西と南のあいだならよろしいでしょう。
○転居・・・いかない方がよろしいでしょう。
○病気・・・意外に重く長引きますが心配ありません。
○縁談・・・親類のさまたげがあってすぐにはまとまらないでしょう。

こんなん、出ました~!!( ̄▽ ̄;)
なんだか、波乱万丈な大吉のようです(笑)
※おみくじの写真は帰宅後、自分の部屋で撮ったものです。

水戸の八幡さまのお話、もう一話続きます

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/08 22:24 ]  水戸市 | TB(0) | コメント(12)

初・温泉と福袋

皆さん、お久しぶりです(*^_^*)
2013年記事、第一号行きます

今年の御正月、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか・・・?
元旦は自宅で食っちゃ飲んで寝、2日は”初詣”ならぬ”初温泉”を家族で楽しんでまいりました
その場所とは・・・
DSC_0292.jpg
既に当ブログで何度か、記事にしていますが常陸大宮市にある日帰り入浴施設ごぜんやま温泉 四季彩館というスポット。
昨年12/11より改修工事の為休館中でしたが、年が明け元旦早々より営業がスタートしました
私達親子が挙げる”良い温泉”のトップランキングに入るここ・四季彩館。
2013年の”初・温泉”です

で、訪れたこの日は福袋の販売が行われていました
DSC_0291.jpg
皆さん、福袋は購入されましたか?私は温泉施設で購入しました!
一袋5,000円で数量限定販売、もう既に完売してしまったことでしょう。。。
DSC_0294.jpg

中身は何かといいますと、オリジナルカレンダーとゆずサイダー5本、それにこれにはなんとお年玉がついておりまして。。。
DSC_0297.jpg
入館無料券が12枚、入館割引券(100円引き)が12枚。さらにソフトドリンク等の無料券・・・と、かなりの太っ腹
入館無料だけでもかなりお得でしょう
ちなみに入館料は平日800円の土日祝日1000円。それが5,000円でこんなに・・・
こんなに奮発しちゃって、大丈夫かい?と、かえって心配してしまうくらいでした!

その上、ポーチ付きのオリジナルフェイスタオルが四季彩館さんからプレゼント(≧▽≦)
DSC_0293_20130106232050.jpg

まさか温泉施設でお年玉がもらえるとは思わなんだ^皿^
でも入館無料券等がついてるチケット、期限が今年いっぱいなんだよね!
これって、”年内、たっくさん来館してね☆”という意味なんだろうな。。。なかなか、商売上手です
”損して得取れ”精神ですなあ、まさしく。やるぅっ!!(≧▽≦)
こういう施設は何度も訪れたくなります。

温泉そのものに関しましては、先に記述した通り既に当ブログで書いておりますので省略させていただきますが、修復したばかりの浴室や浴槽はやっぱり綺麗で気持ち良かった~
山が見える露天風呂も良いけれど、私のお気に入りは室内にあるこげ茶色の湯を張った源泉浴槽が一番かな☆
長湯をしたら水風呂へ、身体が冷えたら再び源泉へ・・・その繰り返しであります。
(館内施設に関しましてはコチラを→http://gozenyama-spa.com/index.html

たとえ立派な旅館、またはクア施設でも従業員の接客態度が悪ければ”もう二度と行きたくない!”となりますが、ここは違います。”良い温泉だから黙っていてもお客さんは来てくれる”ということに決して溺れず、お客さんとの関わりを大切にしてくれる。。。開館してからかれこれ20年位経過しますが、様々な最新設備を備えたクア施設やスーパー銭湯等がその後、県内にも次々に誕生してもなお、続いているのはそんなところに秘密があったのかもしれません^^

また来館しますからね~!!(≧▽≦)
これからも、よろしくお願いしますよ!四季彩館さん


おまけですが・・・
四季彩館からの帰宅途中、水戸市に入り千波湖のあたりで信号待ちの際、とても美しい夕日を見ることができました!
運転席の窓越しにパチリ☆
DSC_0296-1.jpg
既に別冊ブログに掲載してますけどね^▽^;

素敵なおまけがついちゃった。・。・
温泉で癒され、最後に目で癒されとても幸せな一日だったワ


ふっかぁつ(復活)!!(笑)
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
今年もよろしくお願いいたします!
 [ 2013/01/07 00:00 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(4)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます
2013年がスタートしましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

旧年中、御訪問くださった皆様に感謝の気持ちを込め、年賀状をお送りさせていただきます
2013年賀状

お休み中の、特別(?)更新でした(笑)
それではみなさん、1/7にまたお会いしましょう
その間は、別冊ブログ(http://wind.ap.teacup.com/fireworks/)でもご覧になられていてくださいね
 [ 2013/01/01 20:41 ]  未分類 | TB(0) | コメント(12)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-