月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

≪ 前月 |  2010年11月  | 翌月 ≫

紅葉と常陸秋そば

今年は寒暖の差がはっきりしていたせいか、紅葉が特に綺麗で名所と名のつくスポットは相当、人が訪れたことでしょうね。。。

私の場合、”名所”には足を運べなかったのですが・・・
その代わりに、紅葉と常陸秋そばの両方を堪能してまいりました
IMG_3045_20101130221938.jpg
訪れたのは、土浦市(またかいな、笑)といっても以前は新治村という地名だったところ、
『小町の里』というスポットでした!
確か去年もこのスポットを記事に書いていましたが、水車が目印のとてものんびりしたところです。
IMG_3066.jpg

『小町の里』のネーミング通りここには、絶世の美女で有名な小野小町の伝説があるところなのです。
ま、そのお話は次に回すとしまして(オイッ!!)
とりあえずは、お蕎麦を!!(完全:”色気より食い気”な管理人故何卒^^;)

この日、去る11/27(土)にここ・小町の里にて”小町ふれあいまつり”というイベントが開催されました!
手打ちの常陸秋そばが食べられるほか、農産物の直売やそば打ち体験、土浦市と姉妹友好を結んでいる山形県の天童市より特産品の販売(天童フェア)、そして”がまの油売り口上”の披露が行われました

”常陸藤沢そば倶楽部”さんと”下坂田そば愛愛好会”さんの2店舗により手打ちそばが打たれ、それぞれ味を競い合います。
IMG_3049.jpg
IMG_3053_20101130223728.jpg

IMG_3050.jpg
IMG_3051_20101130223744.jpg

はじめに食べたのは、”常陸藤沢そば倶楽部”さんのけんちんそば
IMG_3054.jpg

値段は1杯500円ですが、具がとても多いのにびっくりしました!
アップにしてみましょう^^
IMG_3055.jpg
”麺はどこじゃぁ~!!”と言いたくなるほどいっぱいです(゜゜;)
箸で掻き分けてようやく見つけました(笑)
IMG_3056_20101130224234.jpg
蕎麦は細麺、つゆはわりと薄味です。んでもって具だくさんだからせっかくの蕎麦の味を殺してしまっているような気がしないでもありませんでしたが。。。目の前に座った、みるからに頑固そうなおとっつあんはかなり手厳しい批評をされていました。(なんでもそのおじさん、麺通であちこち食べ歩き&食べ比べをされてるらしい><;)

次のお蕎麦は少々、おなかを空かせるべく”小町の館(展示館)”を見物したり、近辺をぶらぶら散歩して間を空けてから食べることにしました(^^)
IMG_3067.jpg
↑小町の館 ここでもお蕎麦が食べられるんです(^-^)今回私は入らなかったけれど。
手打ちそば教室も行われます。
尚、他に小野小町に関する書籍と資料そして、売店があります。

さて、下坂田そば愛好会さんのお蕎麦です。
今度は天ぷらそば
IMG_3068_20101130230127.jpg

やっぱり、つゆは県北のそばと比べると薄味。
ま、健康的っちゃ健康的なんですが(笑)
こちらもアップ、いきます^^
IMG_3069_20101130230247.jpg
天ぷらがかき揚げだから、食べやすかったかな?
麺そのものは、先に食べた常陸藤沢さんと同じですがこちらは天ぷらがダシの役を果たしてつゆとよく溶け込み、なかなかいい味。。。

軍配は・・・・?う~ん。。。。。
ま、いづれにせよどちらもプロが打ったものには違いないですから、ド素人の私めが下手な評価はできましぇ~ん^◇^;
・・・なんて、逃げてみる(笑)
IMG_3059.jpg

お蕎麦の味もさることながら、周辺の景色もなかなか綺麗でした(*^_^*)
IMG_3048.jpg
特に、この辺り^^
水車小屋のところを今一度!
IMG_3065_20101130231328.jpg
IMG_3062_20101130231419.jpg
銀杏の色づきが見事です!!

帰りには、敷地内にあるこちらの”農産直売所”に立ち寄りまして。
IMG_3061.jpg
コシヒカリ(新米)と、手作り味噌をお土産に購入しました!

目もお腹もすっかり、満腹
紅葉狩りと常陸秋そばの味、両方を味わえるなんて欲張りだったかな?


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
 [ 2010/11/30 23:21 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(4)

『桜田門外の変』観てきました!

ようやく、これ↓観ることが出来ました(*^_^*)
IMG2_20101128221541.jpg
『桜田門外の変』
2010/10/16より全国ロードショー
原作:吉村昭 監督:佐藤純彌
出演:大沢たかお、長谷川京子、柄本明、西村雅彦他


桜田門外の変とは、どんな事件だったかというのは今更あらためてここに書くまでもないですね

幕府の大老を暗殺という、歴史を揺るがす大事件にも関わらず学校の歴史の教科書に記載されているのはほんの数行だけ。
思えば”水戸”の文字がここで初めて歴史の教科書に登場することになったわけですが、この事件はこれまで、特に詳しく語られることもなく”封印”された格好となっていました。

桜田門外にて起こった襲撃より150年経過し、その秘密が紐解かれることになったわけです。
教科書に書かれなかった事実、これから大型スクリーンにてそのストーリーが展開されることに私は以前から興味を持っていました!
ま、ロケ地がほとんど茨城県で行われていたというのも非常に興味深かったんですけどね

よろしかったら続きもどうぞ♪(^^)
 [ 2010/11/28 23:13 ]  映画のおはなし | TB(0) | コメント(4)

スタンプラリー、好調です(^^)

土浦市市制70周年の記念事業の一角として行われている『イベントスタンプリー』
これまでにも何度か、記事に書かせていただいておりますが。。。

本日で6個、集めることができました!
image035.jpg image036.jpg
今月は特にほぼ毎週、土浦に通っていた私
おかげさまで好調です^^
頑張った甲斐があったワ♪

これで、あと2個集めればゴール!!
プレゼント応募権獲得がもはや目の前です(笑)
でも今年はこれでおしまい!
残りは年明けてから

当初、8個が最低条件だったこのスタンプラリー、事情ありまして途中から7個に変更になったのですが
こうなれば最後までスタンプで埋め尽くすつもりです
たとえ、どんなハンデが待っていようとも(笑)
(なんでそう思うようになったかは、コチラで書いております^^→『別冊竹千代』

明日は母とお買い物♪
久しぶりに映画を観てきます

それではみなさん、良い週末を

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

ご当地カレー談義

先日、長々と引きずりました「土浦カレーフェスティバル」記事を御閲覧くださった皆さん、
大変お疲れさまでした!
カレーフェスティバルもはや7回、そろそろ土浦市=カレーというイメージが定着してきたかな?

ところで、今日本各地では”ご当地カレー”なるものがあるそうな
今回のフェスティバルでは、『全国ご当地カレー博』なるパネル展示コーナーが設けられていました!
IMG_3000.jpg
こうして見ると、日本全国各地で何らかのカレーがありますね♪(゜▽゜)
こちら↓、新潟県の”五十六カレー”ですって
IMG_3001.jpg
山本五十六さんもカレーがお好きだったのでしょうか。。。
他、神奈川県の”横須賀海軍カレー”や、千葉県の”銚子港サバカレー”に・・・
IMG_3002.jpg

わが茨城県では、”メロンカレー”に・・・出たぁ!!”納豆カレー”!!
IMG_3003.jpg
画像は撮っていませんが地元・土浦の”ツェッペリンカレー”と新発売”れんこんカレー”もありました^^
”納豆カレー”だけは、試食は辞退させていただきます(笑)

そして北海道^^
IMG_3004_20101126211755.jpg
”タラバガニカレー”ってやっぱり、蟹が入っているのかしらん?
それぞれの地域色が出ていて、眺めているだけでも面白かったです

え?”ご当地カレー”をもっと見たい!!って?

それではこちらを
◆全国のご当地カレーに関するHP『ご当地カレー専門店 地カレー家へようこそ』◇
全国のご当地カレーに関するHPをネットサーフィンして見つけて参りました!
ちょっとのぞいてみませんか?
皆さんがお住いになっている地域もしくは最寄りは、どんなのが出ているでしょうね。。。
201011262037000.jpg
HPにアクセスしていただき、日本地図で見たい県をクリックするとその地域の”ご当地”がでてきます。
是非、お試しを^^

いろいろなアレンジが出来るカレー、もしかしたら今後も新しいカレーが開発されるかもしれませんね
日本人の大半が大好きなメニューだから、いつかどこかで”ご当地カレーフェスティバル”なんかが開催されたら面白いかも
そうなれば、ここを訪問される県外のブロともさん達ともお会いできるかもしれない。。。
楽しみだなぁ。。。(* ̄▽ ̄*)


さて、話は変わりますが明日はまたまた土浦市へ。
カレーの次は、”常陸秋そば”!
image032.jpg
筑波山麓の紅葉と、常陸秋そばの味をしっかりと堪能できたらいいナ、と思っています。
では、また


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

フェスティバルを盛り上げた”役者”たち☆

カレーフェスティバルのレポートはとりあえず、前回の記事で終了ですが。

今回は、このフェスティバルを盛り上げる重要なお勤めを果たしてくれた方々の紹介をいたします^^

子供たちに大人気だった、この子から
IMG_2982.jpg
開会式の際、待機していたらたちまち子供たちの人気を独占してしまいました!
この2010年、土浦市制70周年記念ということで市のイメージキャラクターに選ばれた、
つちまる”くんといいます
IMG_2983_20101125224739.jpg
耳は、市の特産品のレンコンの形してるの
黄色いボディは、カレーの色かな?
このつちまるくん、ただ可愛いだけでなく触り心地がすごぉ~~くいいのさ!
柔らかくて、いつまでも触っていたくなってしまう。。。
抱き枕にしたら最高!!(オイッ!!^^;)
だから子供達がなかなか離れなかったのね♪

バックスタイルなどパチリ☆
IMG_2984_20101125225130.jpg

特設会場を設けられて行われた”ゆるキャラ撮影会”でも人気を独占していました!
IMG_3006.jpg
ちなみに、つちまるくんがかけているエプロンのようなもの
通常は市章をプリントした青いものをかけていますが、今回はカレーフェスティバル用の”特別衣装”ですネ
普段のファッション(?)はコチラ、市のHPをご覧になってみてください『市のイメージキャラクターが決まりました』土浦市公式HP記事より

それにしても、つちまるくん可愛い
でも、先輩・キララちゃんも負けてない!!
IMG_3009_20101125225303.jpg

今回のフェスティバルでは、県のゆるキャラ・ハッスル黄門くんも特別出演です^^
IMG_3016_20101125225522.jpg

そして、鹿嶋アントラーズの”しかお君”も♪
IMG_3017_20101125225925.jpg
市内・市外あわせて4体のゆるキャラが勢ぞろいしました!
このような光景は滅多に見られるものではありませんね(*^▽^*)
会場が温かい雰囲気に包まれていました!
IMG_3019_20101125230159.jpg
キララちゃん、いつも離さず持っている星をいたずらっ子達にとられちゃった!
ちゃんと返してもらえたのかな~?

可愛いゆるキャラ達を見ていると、心がなごみます(* ̄▽ ̄*)
いろいろな面においてストレスや不安を感じているこの世の中だから、人は癒しを求めるのかもしれませんね
IMG_3020_20101125230822.jpg

そういえば、午後にはつくば市のイメージキャラ・つくつく君も御来場されたそうなのですが私はお会いできずでした
でも、その代わりに・・・
IMG_2967_20101125231029.jpg
なんと!本物の生きてるフクロウさんが!!

このフェスティバルは”ペット入場OK”ですからミニチュアワンちゃんは勿論、大型犬を連れてこられる方もよく見かけます。でもフクロウさんは初めてだったなぁ。。。


カレーのみならず、いろいろなキャラクターで毎年盛り上がる”カレーフェスティバル”、
その年ならではのサプライズあり何ありと楽しめるところも魅力のうちかな?
”このフェスティバル行ったことない!”
という方、来年は遊びに来てみませんか?

IMG_3041.jpg
会場外に駐車されていた、”レッドブル号”です。
多分エアーショーをお披露目された、室屋義秀氏が乗られてきたもの
トークショーが行われている間、私はカレーブースで並んでいた最中だったためご本人様の画像を撮っておりませんので、こちらのキャンペーンカーにて代用させていただきます^▽^;


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/25 23:23 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

土浦カレーフェスティバル’2010<試食その三>

連日にてお送りさせていただいております、”土浦カレーフェスティバル’2010”の試食レポート、
三食目、いっちゃいます!

大盛況の試食した、三杯目のカレー
同時に、私にとっては2010年のカレーフェスティバル最後の試食となりました
並んだのは、”行列の凄いお店”バスティーユさんでも中台さんでもなく・・・
IMG_3011_20101124210955.jpg

その2店舗の中間あたりで出店していた、『ひつじの小屋』さんのところ
IMG_3023.jpg
IMG_3026.jpg
その名も、”ぢんぎすスープカレー
スープカレーと、焼きラム肉を載せたご飯がつくのです^^
確かこのお店、去年もおととしもコレを出されてました!
今年も同じメニューでの参戦です。それほど自信作なのでしょうね
IMG_3025.jpg
マスターがみんなの前で堂々と、鉄板で焼いてます(^-^)

が、並んでみたものの不思議なことに気が付きます(・・)
なんと!!列が一向に進んでいない!!
むしろ、その数倍の長さはあったんじゃないか?というバスティーユさんの列の方が早く進んでいるようでした。
”さっき、同じ位置で並んでいたあの人、もうあんなところに!!
という具合です。
既に商品を購入した人の話によると、どうやら一緒に乗せるひつじの肉は決して作り置きせず、注文を受けるごとにその都度焼いてるようで。。。
よって、待ち時間がかかるのです
IMG_3027.jpg
焼き肉の香りがじゅわ~っと。。。

並んでいる途中で、撮影会開催中の”ゆるきゃら”ちゃん達に目を奪われながらも(実は一旦、列を外れて撮影に行きました)待つこと約30分、その時の時刻12:15位だったかな?
ようやく、私の手元に届きましたぁ~!!
IMG_3028_20101124212713.jpg
スープカレー、コクがあって美味しそうでしょう^^
では、いただきま~す♪

まずは、スープカレーから
IMG_3032_20101124215329.jpg
辛さをマイルドに抑えたスープの味に、具はじゃがいも・レンコンの角切りにしたものが入っていて、しっかりと歯ごたえを感じられるからこれはまさしく”食べるスープ”体にもよさそう♪
で、先ほど目の前でじゅうじゅう焼いてくれたラム肉が独特の臭み・クセがとれ塩ダレが良く効いていて
ウンメェ~!!(笑)
羊の肉、ダメな方でもこれならイケそうです
IMG_3033_20101124220359.jpg
はっきり言って、ご飯が足りません(笑)お代りが欲しくなっちゃう!!(≧▽≦)
フェスティバルでは300円の奉仕価格だったこのカレー、実際にお店で販売されている金額は1,100円だそうです。そして、料理界のプロに言わせると東京都区内のレストランだったら2,000円はとるだろうというお話。。。それを300円で。。。
人気の秘密がわかった気がします。
IMG_3035.jpg

1コイン(500円)を持って並んでいたので、このスープカレーと一緒にデザートも買っちゃいました
今年も出ました!カレーアイスクリーム(≧▽≦)
但し、今回はカレーと、醤油味のハーフ&ハーフ
金額、100円なり。
IMG_3031_20101124221421.jpg
食べかけですいません^^;
IMG_3029.jpg
食後には溶けてしまいそうだったから、結局食後のデザートというよりも食前デザートとなりました(笑)
カレーの方は甘酸っぱくてなんともトロピカルな味です。
醤油は地元の有名な柴沼醤油さんのを使用しているというだけあって、味がよく出ていました^^醤油とミルクの味を同時に感じ、たとえて言うならバニラアイスクリームの中に醤油を混ぜた感じかな?
以前に佐原(千葉県)で食べた”醤油ジェラート”に似てますやはり

お店のオリジナルカレーが、格安奉仕価格で食べられるだけでなく、このアイスクリームのようにカレーを用いたスイーツが販売されていることもこのフェスティバルの特徴です。
そして、会場を盛り上げるこのキャラクターたちもね
IMG_3007_20101124222531.jpg
お待たせいたしました^^
次回では、会場を盛り上げてくれたこの”ゆるキャラ”ちゃん達の記事を書かせていただきます

でも、その前に・・・
皆さん、今年のC-1グランプリはどこのお店が獲得したのか知りたいですよね?(笑)

先に書かせていただいたとおり、今年は会場にいたのが13:00まででしたのでグランプリ発表&表彰式に臨席することはできませんでした!
よって、帰宅後モバイル版茨城新聞で知ったのですがそれによりますと
なんと、私が最後に食べた「ひつじの小屋」さんのスープカレーが獲得したそうです
ひつじの小屋さん、おめでとうございま~す!!
このお店、ファンがとっても多いようですのできっと喜ばれた方多いでしょうね♪
それに、2年ぶりの地元・土浦市内のお店の受賞です^^
関係者は喜ばれたでしょうね♪

毎年、どこがグランプリに輝くのか分からない土浦カレーフェスティバル。。。
いやそれよりも、去年大人気だったメニューが次の年店頭に並ぶとは限らない、もしかしたらこの場を逃したらもう2度と、食べられないかもしれない店頭メニュー。。。
そして、”このフェスティバル会場でしか食べられない味と価格”がある・・・。
こんな面白さがあるから、土浦カレーフェスティバルは毎年大盛況なのでしょうね♪

来年は果たして、どのお店がトロフィーを受け取ることでしょう・・・

そして
このフェスティバルの活気と熱気が、土浦市の発展にそのまま繋がりますように。。。


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/24 22:47 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

土浦カレーフェスティバル’2010<試食その二>

すっかり盛り上がってきた土浦カレーフェスティバル^^
いつの間にか、会場を埋め尽くすほどの人が集まり、美味しそうにカレーを食べる姿があちこちで見かけるようになりました!
IMG_2990.jpg
では、私も2食めを食べなくちゃ!

さて、二か所目はどこに並ぼうか。。。と悩む私^^。
相変わらず、バスティーユさん・中台さんの行列は長く時間が経つたびにさらに並ぶ人が増えていく感じ。。。
IMG_2992_20101123204356.jpg
人気店に並ぶにはまず先にどこかで別なカレーを買って、こうして食べながら待っていればいいのね♪
勉強になりました!(笑)


で、私が選んだお店は店頭ポップがちょっと目を引くこのお店(*^_^*)
IMG_2993_20101123210735.jpg
土浦商工会議所青年部のみなさんによる「ジャマイカンカレー
チラシによれば、ジャマイカのカレーを日本人の口に合うようアレンジしたらしいけど。。。

これが、「ジャマイカンカレー」であります^^
IMG_2994_20101123211138.jpg
香りからして、スパイシー♪
さあ、果たしてどんな味だろ(*^_^*)なんてワクワクしつつこぼさないよう、気をつけて持っていきます。
落ち着いて、まずスープからいきます。
見た目、そんなに辛そうには感じないでしょ?
では、最初の一口。。。
IMG_2995.jpg

(・・)!

(゜゜;)!!

(@0@;)!!!

スパイシーじゃん!!(≧▽≦)
口から喉へ、そして胸の奥へ、そしてだんだん体中でその”スパイシーさ”が伝わってきました!
結構、危険です
”はまる”というよりも、”中毒”しそうな味。。。
IMG_2996.jpg
イヤ~ン、もっと食べたぁいっ!!(≧▽≦)と、本気で思う私。
もしも会社の近くにこれと同じ商品を販売しているお店なんか出来てしまったら、100%、中毒症確実でしょう
刺激が強いからお子さんやお年寄りの方には正直、おすすめはちょっとねぇ・・・^^;
でもこのカレー、商工会議所特製でこのフェスティバル用だと思うからここでしか食べられないんだろうな

丁度その頃、ステージではレゲエライブが行われていたりして^^
IMG_3005.jpg
カレーを食べながらレゲエダンスの鑑賞、それもある意味”スパイシー”!!
・・・て、何言ってんだか^^;

ところで、日本人の間では「ごはんにカレールー」が定番スタイルかと思いますが、このジャマイカンカレーの場合、ルーが完璧”液体スープ”状態だからご飯にかけると器からこぼれてしまってだめ

ということで、逆にご飯をスープに入れてしまいます^^
IMG_2997.jpg
カレーはカレー、ご飯はご飯で食べてもいいのですが最後はやっぱり一緒にしてしまいました!
こうして食べると刺激も抑えられます

ジャマイカンカレー」を販売していた土浦商工会議所青年部のテント、終了時刻を待たずになんと12時台くらいで”完売”となってしまいました!
IMG_3040.jpg
他にも、販売終了時刻を待たずに完売となってしまったお店が続出です。
今年はなんてペースが早いんでしょ^^;
IMG_3037.jpg
IMG_3036.jpg

ここも凄い行列
IMG_2998.jpg
何の行列かといいますと・・・

お水が販売されていました!(^▽^)
IMG_2999.jpg
カレーだとやっぱり、喉渇きますからね~♪
”いろはす”がメチャ売れでした!
で、このコーナーもなんとお昼頃には缶コーヒーのみを残して完売

今回でこのフェスティバル参加は3度目になりますが、今までで一番の混み方なんじゃなかったかな。。。
車のナンバーも私を含め市外ナンバーや他県ナンバーもたくさん、目にしました。
TVでも最近、宣伝するようになったし”土浦カレーフェスティバル”ももはや、土浦市民だけのものではなくなりつつあるのかな?


さて、「ジャマイカンカレー」を食べた後、私はさらにもう一か所狙います
結論からいえばこの次並ぶお店がラスト試食となりましたが実はそのお店、私にとって今年の”大本命”?!でした!
さあ、果たしてそのお店は・・・・・?

続きます


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

 [ 2010/11/23 22:40 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(7)

土浦カレーフェスティバル’2010  <試食その一>

先日、予告させていただいた「土浦カレーフェスティバル」記事、あらためてレポートさせていただきます。
※数回に分けて書かせていただきますがくれぐれも、空腹時にはご覧になられない方が身の為です(笑)

華やかなエアーショーにて開会した今回のフェスティバル、開会式で開会宣言が行われ、あらためてフェスティバルのスタートとなりました!
花火の町にふさわしく、花火も打ち上げられて会場のボルテージは最高潮!!
さあ、果たして今年はどこがC-1グランプリを獲得するのかな!?
IMG_2959_20101122202745.jpg
IMG_2960_20101122202811.jpg
注目の2店去年優勝したバスティーユさん(上)か、はたまたおととし優勝で返り咲きを狙う中台さんか!!
お食事の販売開始は11:00からなのに、強豪店はいづれも、既に開会式の最中に物凄い行列でした!!
IMG_2979_20101122203143.jpg
IMG_2991.jpg

結論から言ってしまうとこの2店舗のカレー、今回は時間の都合上、私は食べられなかったのですが^^;
まさしく、王者対決です。
私のように何度かこの会場に足を運んでいる人たちは、このどちらかが今回のフェスティバルを制すると思っていたことでしょう^^
でも、C-1グランプリは意外にも・・・・・
おっと!それはまだ伏せておきましょうね^▽^;

せっかくだから、”カレー認定店”と名のつくいろいろなお店の味を知っておきたい!
という思いから、出来るだけ私は食べたことのないお店をチョイスすることにしています^^
この日、たまたまお会いしたお兄さんと
「自分的にはココのカレー、好きなんッすよ~!」
なんて話が出たこともあって、”よし!ココ”と最初に並んだお店
IMG_2958_20101122211006.jpg
ル・タブリエさんの”ローズポークの黒カリー”
IMG_2986_20101122211454.jpg
”ローズポーク”というのは、茨城県産ブランド豚肉のことなんです
今回の”試食第一号”メニューはコレ♪
IMG_2987_20101122211636.jpg
見るからに美味しそうでしょう(^-^)
私も記事作成中この画像をアップしたら、よだれが出そうになりました(笑)
IMG_2988.jpg
コクのあるカレールー、スパイシーさを感じつつもなんとなく甘みとまろやかさが感じられて、なんとも上品でまろやかな、大人の味です^^
お肉も食べやすいようにやわらか~く煮込んであるし!
市の特産である蓮根もちゃんと添えられています^^
IMG_2989_20101122212013.jpg
スライスして酢漬けにしたのをカレー味つけたみたい^^
やりますねぇ~!!(゜▽゜)
よし!気に入った
ということで、この「ル・タブリエ」さんお店はどこにあるのかな~?とパンフレットで調べてみると・・・

つくば市花室・・・、つくば市じゃん!!
いえいえ、決して”つくば市はダメ”というわけではありません^^;
私的には全然、OKですよ!美味しければつくば市だろうが水戸市だろうが県外だろうがどこだって(笑)
が、土浦市主催ですから出来れば土浦市内のお店のを食べておかなくては。。。と、こだわってみる。。。
去年は、
”つくば市にトロフィー、持って行かれちゃったぁ!!(>_<)”
と嘆きつつ、振り返ると実は私自身が市内のカレーを食べていなかったことが発覚しまして^0^;
その反省をふまえて、今年は地元優先で食べることにします

さあ、次はどこ行こうかな~?

といったところで次回へ
IMG_2981_20101122221222.jpg
この子は何者?!
会場内では、”プチゆるキャラまつり”も同時開催されていまして子供達は大喜び^^
会場があったかムードで湧いていました(*^^*)
こちらに関しましても、後ほど^^


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/22 22:16 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(10)

童謡の里、そして旅の終わりに・・・

五浦美術館、そして六角堂と見物しまして本来は帰りに美術館隣の「天心の湯」へ立ち寄ってひと風呂。。。と思っていたのですが、建物は存在していても駐車場に車は1台も停車していない上なんと入口はロープが張られていました
どうやら、閉館しちゃったみたい。。。残念!!(>_<。)
というわけで、このまま国道6号を南下し別な施設で”ひと風呂”することにしました
IMG_2855_20101121190736.jpg
いかにも、”北茨城!”というイメージの画像をここで今一度!(笑)

温泉施設に立ち寄る前に、6号国道沿いにある『野口雨情記念館』に立ち寄ることにしました!
IMG_2934.jpg
記念館2階は、北茨城市の歴史民俗資料館となっています。
館内は撮影禁止の為、画像でお伝えすることはできませんが明治・大正・昭和の3つの時代を生きた童謡の詩人、野口雨情氏の生涯に関する資料や遺品etcが展示されています。
皆さんは、野口雨情氏を御存じでしょうか・・・?

明治15年(1882)~昭和20年(1945)
多賀郡磯原村(現:北茨城市)生まれ。本名英吉。中学卒業後、東京専門学校高等予科文学科(現:早稲田大学)へ入学、坪内逍遥と知り合う。父の死去により帰郷し家督を継承するが新聞記者として北海道へ渡り、石川啄木と知り合う。
帰京後、自主的に詩作活動を続け、妻との離婚後いわき市湯本町、水戸市へと移り住み、『茨城少年』の編集にあたりながら童謡作品を数多く発表する。二度目の結婚後、西条八十等の紹介で児童雑誌に童謡作品の発表を開始し、その後『船頭小唄』『七つの子』『赤い靴』『青い目の人形』等の数多くの作品を世に出す。その間、全国各地への童謡・民謡普及のための講演旅行を行い、その範囲は国内のみならず当時の台湾、朝鮮、満州、蒙古にまで及んだ。(茨城生活環境部生活文化課発行、『輝く茨城の先人たち』より)


「七つの子」や「赤い靴」、「シャボン玉」に「雨降りお月さん」他誰もが一度は聞いたことがあるはずの曲の歌詞をたくさん作られています。人間だけでなく、動物や自然そして人形の気持ちまで表現した彼の歌は、あらためて大人になった今歌詞を読み返してみると、子供のような純粋な気持ちが感じれるし、ローカル色と懐かしさ・温かみを感じるものばかり
雨情氏の活躍していた時代から長い時が流れ、時代は今や21世紀となりましたがこれらの歌がまるで”永遠の命”を宿したかのように今もなお生き続け、愛されている理由はこれでしょうか・・・(*^^*)

記念館前には、雨情氏の銅像とシャボン玉で遊ぶ男の子と女の子の銅像が設置されています。
IMG_2935.jpg
女の子の脇には、「シャボン玉」の歌詞が刻まれたプレートが埋め込まれているのですが、
実はちょっとした細工が仕掛けられておりまして
IMG_2937.jpg
この歌詞の前に立つと、センサーが反応して「シャボン玉」の歌が流れだします。
と同時に・・・あれれ?
IMG_2939_20101121193923.jpg
無数のシャボン玉が!!(≧▽≦)
ちなみに歌が終わるとシャボン玉の噴出も止まります^^可愛いですね~!!

ではここで、動画(といっても静止動画ですが)など^^
皆さんも童心に還ってみませんか?

懐かしい気持ちに浸っていただけたら幸いです^^。
ちなみにこの歌は、雨情氏自身の生後間もなく亡くなったお子さんのことを書いた歌とも言われています^^

童謡の詩人:野口雨情氏を生み出した北茨城市は、”童謡の里”とも言えましょう^^
そんな”童謡の里”にふさわしいネーミングの日帰り入浴施設、
中郷温泉「通りゃんせ
IMG_2940.jpg
常磐自動車道高萩ICまで車で約5分、中郷工業団地内にある日帰り入浴施設であります。
泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
NEC_0994.jpg内風呂(パンフレット画像をお借りしましました^^)
お風呂にしろ館内全体にしろ、決して大きくはありませんが、ちょっと旅の疲れをとるには充分
内風呂浴槽と露天風呂、そしてサウナがあります。
NEC_0995.jpg
目立った御湯の特徴はありませんが、さすがに天然温泉ですから身体はポカポカ、長距離運転による肩の”凝り”がとれていく感じ。。。

パンフレットによると男湯・女湯それぞれ造りが違うみたい。。。
約2週間ごとにそれは入れ替えられるので、数回訪れればそれぞれの浴室が楽しめるとか^^
近ければねぇ。。。


たった1日の日帰りの旅でしたが、一週間も引きずった北茨城記事も、今回はこれにてひとまず最終回とさせていただきます。
最初からずっと続けてご覧になられた方、ありがとうございました!
image027.jpg北茨城市の市章です^^”北”という文字を分解して組み合わせたんだって!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/21 20:19 ]  北茨城市 | TB(0) | コメント(4)

土浦カレーフェスティバル、行ってきました!

北茨城記事、最終スポットがまだ残っていますがまたまた割り込みします
本日開催された、”土浦カレーフェスティバル”のお話を、ブログ記事予告も兼ねて^^

前日までの天気予報によれば今日は曇り→雨になる予定でしたが。。。
IMG_2944.jpg
なんとも、いいお天気じゃないですかぁ~!!(≧▽≦)
この『土浦カレーフェスティバル』の日は比較的毎年、このように晴天に恵まれているようです(*^_^*)
開会式の挨拶の際、どなたかがおっしゃったとおりこれは土浦市民の皆さんの日頃の行いが良いせいかな?
それとも、市長様が”晴れ男”なのでしょうか(*^m^*)
IMG_2980.jpg

予告通り、土浦市の川口運動公園という場所で開催された
土浦カレーフェスティバル』に行ってまいりました!
食べたカレーの味とか、フェスティバルに関しての詳しい内容は週明けから少しづつ掲載させていただくとしまして、今回はほんのプロローグ”ということで^^

去年に引き続き、今年も日立市の”日立地区3モール商店街活性化実行委員会”さんが参加されていました。
IMG_2945_20101120204228.jpg
そういえば、今年は日立市でも”カレーフェスティバル”が土浦よりも1か月前に開催されたんだよね♪
今度は日立のカレーも食べに行きますよ

私が会場入りしたのは、9:30頃。ですが会場内は既に人がいっぱい!!
販売もまだなのに、何?この行列。。。(゜゜;)
IMG_2952.jpg
何の行列かといいますと、無料試食券の配布ですって!
チケットの配布はまだでしたが先着◎◎名ということで、皆さん早々と並んで待っていられるのです^^;
IMG_2953_20101120205547.jpg
一皿300~500円のカレーが無料、これは結構おいしいのですがこんなに並んでいては果たして残っているかどうか。。。
それに
実は今回のフェスティバル、午後には友人と会う約束をしていますので14:00までには水戸に帰らなければなりません。よって時間が限られていますので並ぶ時間を費やしている間に1店舗でも多くのカレーを食べたほうがいいや、と(笑)

テントの中はさすがにこの時間、ほとんどが準備中でした!
IMG_2947.jpg
先生の指導のもと、てきぱきと準備するつくば国際大学高等学校クッキング部の生徒さんたちの光景。
プロの料理人たちが集まったこの会場で、高校生として参加するのはかなりのプレッシャーでしょうね
お食事の販売開始は、どのお店も11:00からというお約束だそうです。
でも、なんだか小腹空いてきたような。。。( ̄0 ̄)
”どこか、1か所くらい・・・”
と思って会場を歩いていたら発見!!
IMG_2949_20101120211105.jpg
IMG_2950_20101120211324.jpg
”黒カレー小倉あんクリーム”だって!
当然、興味を持った私^^ついテントの前へ!
「もうお買いになられますよ!」
と、笑顔で応対してくださった店員さんのお言葉に甘えて・・・

はい!この通り♪
IMG_2954.jpg
IMG_2955_20101120211624.jpg
今までにない、斬新な味だったかも(≧▽≦)!
カレーの辛さをあんこが抑えているし、あんこの甘みをカレーがぴりっと引き締めていて、意外にもいい組み合わせ!
これは、はまりそうです(笑)
でも、気をつけて持たないと中身がたっぷりだからはみ出てしまうワ(笑)

さて。今年は”土浦市市制70周年”にあたる年の開催ということで、いつもよりも盛大に行われました!
開会式前のデモンストレーションということで、レッドブルエアレースにて活躍されている室屋義秀氏をスペシャルゲストにお招きし、アクロバット飛行がお披露目されました!
IMG_2975_20101120213159.jpg
それでは、その模様をほんのちょっとですが動画でどうぞ^^
[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


ショータイムは大体10分位、お見事お見事

さあ、いよいよカレーフェスティバルの開催です
その模様はあらためて、週明けよりレポートさせていただきますね!(^^)ゞ
とりあえず、今回はこの辺で失礼させていただきます!

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/20 21:44 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(6)

天心美術館と六角堂

以前もちらっと触れましたが北茨城市はわがブログ初登場となる町
お祭り見物だけで帰るなんて、もったいない!!

というわけで、アンコウ鍋の試食時間を待たずに(それこそもったいねぇなおぃっ、笑)大津港を後にし、そこからちょっとだけ北に向かってみましたmoblog_39c56e1d.gif
image025_20101118200926.jpg

次に向かったのは、茨城県天心記念五浦美術館というところです。
あ、ちなみに”五浦”=”いづら”と読みますよ
IMG_2903_20101118201930.jpg

天心(てんしん)とは、岡倉天心(1863~1913年)のこと。近代日本美術の礎を作った人と言われ、日本の美術界のために多くの功績を残した人です。
彼のプロフィールについてお知りになられたい方は、美術館のHPをどうぞ→茨城県天心記念五浦美術館
美術館には、天心に関するパネル展示や作品の展示が常設展示として設置されています。
館内は撮影NGですので、中の様子を画像でお伝えすることはできませんがこの美術館、
ロケーションの良い場所に設置されているのですmoblog_6d001021.gif
こちらは、美術館の裏庭から撮影しました!
IMG_2907_20101118202208.jpg
高台に建っているこの美術館、すぐそばに海(五浦海岸)がありますので眺めもバッチリ☆
IMG_2908_20101118203222.jpg
海の向こうは。。。。。?!

美術館の裏庭は、丘陵風のちょっとした広場になっていまして天気の良い日は海を眺めながらここでおにぎりを食べて過ごすのもいいかもね^^
IMG_2905_20101118203342.jpg
館内に展示されている美術作品も常設・企画を問わずに素晴らしいものばかりですが美術館の外もなかなか素敵moblog_6d001021.gif


そうそう!
五浦海岸といえば忘れてはならない六角堂!!
IMG_2920.jpg
北茨城市の有名観光スポットの一つ、六角堂はこの美術館から少し下に下った箇所にあるんですよ♪
有名スポットがこんなに近くなのに、見ずして帰れようか
勿論、訪れることにしました!

車でほんの5分いや、そこまでかからなかったかな?
駐車場はいっぱいでしたが、運良く1台分止めるスペースがありましたのでそこに愛車をお留守番させて見学しました。
拝観料200円、無料じゃなかったのか
六角堂のある海岸までは、このひっそりとした森の中を下りていきます。
IMG_2913.jpg

すれ違いも困難な細い、階段を下りていくとすぐ下に。。。
おお!!近っ!!
IMG_2921.jpg
観光雑誌やパンフレットで目にする建物が、すぐ目の前に!!しかもアップで(≧▽≦)!!!
六角堂からの眺めも、なかなかいい感じです
IMG_2925_20101118210202.jpg

IMG_2926_20101118210331.jpg
IMG_2916_20101118210412.jpg
時は明治時代、西洋の美術文化が日本にたくさん入ってくるようになり従来の日本美術の良さが忘れられるようになりつつあった時代がありました。
”これではいけない!”と思った天心は、日本古来の美術の素晴らしさを見直す必要があると考え日本美術院を設立し、後にこの五浦海岸に移転させました。
それが、この六角堂のある敷地一帯なのです。
六角堂から上がってすぐの場所にあったこの建物、
こちら↓は、書斎として使われていたみたい^^
IMG_2933.jpg
この建物のそばには、天心の碑が建てられています。
天心は時折、六角堂の中にこもり静かに波の音を聴きながら創作活動を行っていたそうな。
眺めの良い、この場所ならば誰にも邪魔されずに創作活動に集中できそうですね!
IMG_2923.jpg

日本美術院を東京から移転させるため、ここ・北茨城市の五浦に訪れた天心はこの土地を大変気に入り、移転の地と決めたそうです。天心の死後、日本美術院は再び東京に戻りますが彼の名作の多くはここ・五浦にて生まれました^^

近代日本美術に力を注いだ巨匠が愛した五浦海岸、
この海岸こそ、神様から与えられた”美術作品”かもしれません
IMG_2930_20101118212232.jpg
いつか泊ってみたいね、こんな素晴らしいロケーションの中に^^

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/19 19:30 ]  北茨城市 | TB(0) | コメント(2)

お知らせなんだげどぉ~


北茨城市の途中ですが…
お知らせなど
来る11月20日、土浦市の川口運動公園にて恒例の『カレーフェスティバル』が午前10:15より開催されます
 
今年は市制70年の記念にてあたるフェスティバルだから、より盛大に開催されそうですよ
 
エアーショーなんて行われたりします。
他、ゆるきゃらちゃんが集まったり、ステージイベントも盛り沢山
 
カレーだけでなく、茨城県内各市町村の美味しい模擬店も多数、出店されまする
これはもう、行かなくちゃ損でしょう(笑)
皆さんも遊びに行ってみませんか?
 
 
でも…
お天気が心配だなあ…
天気予報によればこの日は、曇り→雨だそうな(T_T)
 
おもいっきり外れて快晴にでもなって欲しいと願っている、管理人であります
 
 
携帯からでした~!
 
 
それでは引き続き、北茨城市散策記事をご覧くださいませ
 [ 2010/11/18 12:42 ]  携帯から生中継 | TB(0) | コメント(6)

雨情の里港まつりⅡ

駆け足で更新させていただいております
まあ、決して慌てる必要はないのですが、かといってとっておく内容でもないと思いまして

雨情の里港まつり”記事の続きです^^

会場内のテント廻りをしている間に、特設ステージでは吹奏楽や和太鼓演奏などのイベントが行われていました
IMG_2868.jpg
IMG_2886.jpg

そして、おや?(゜▽゜)
”漁業体験受付中”なんて看板が立っていて。。。
IMG_2869.jpg

こちらで受付中でした!(*^_^*)
IMG_2872_20101116202250.jpg
すぐ横で、漁船が待機中!
申し込むと、これに乗れるのね♪(*^m^*)
IMG_2873_20101116202506.jpg
港町にふさわしいイベントじゃないですか~!!(≧▽≦)
と紹介しつつ、私は参加申し込みしませんでしたけどね

漁業体験受付所の近くでは、ミニライブ開催中です^^
IMG_2871_20101116203913.jpg

そして、こんな展示販売も
IMG_2874_20101116204144.jpg
こちらは、”天心焼”だそうです^^
茨城県内の焼き物は、笠間だけではなかったようで。
上の画像のような、ちょっと高級そうなものから庶民的なものまでいろいろ^^
IMG_2875_20101116204249.jpg
IMG_2876_20101116204401.jpg
目だけでも楽しめそうですね♪

私がお祭り会場に来てはや、1時間が経とうとしていました。
時間がお昼に迫るにつれ、人出もますます増えてきたようです。
IMG_2885_20101116211043.jpg
駐車場をでる頃には、国道から会場まで物凄い渋滞となっていました
写真撮影はしておりませんが、この他ヘリコプターの遊覧や、遊覧船の運航も行われていました
その上、美味しいものはたくさんあったし!!IMG_2856.jpg
ふわふわマリンスライダー
遊覧船乗船受付所にありました。遊んでいるのは乗船待ちの子たちかな?

午後まではここにいませんでしたが、よさこい踊りや飛び入り参加OKの市民踊りも行われていたそうな^^
これだけ大掛かりな大イベントならば、人が集まるのも当然ですね

現地で配布されていたお祭りチラシの宣伝文の通り、”北茨城の魅力満載”だったこのお祭り。
毎年11月の第1日曜日の開催だそうです。
このお祭りを見物するだけで、北茨城市の素敵さを堪能できると思います
来年は皆さんも遊びに来てみませんか?

お時間が許されるのであれば最後まで残り、お祭りの最終演目として行われる”市民踊り”で、地元の皆さんと一緒に楽しく盛り上がってみるのもいいかもしれません^^
IMG_2859_20101116212332.jpg
最後に、漁船の画像など^^
どうしても掲載したかったもので


大津の港の楽しいお祭り、来年もまた無事に開催されることをお祈りしてこの記事を締めさせていただくことにします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/16 21:32 ]  北茨城市 | TB(0) | コメント(0)

雨情の里港まつりⅠ

北茨城市の大津港にて去る11/7、行われた『雨情の里港まつり』は予想以上の混み様。。。
到着したのはまだ午前10時になるかならないか位の時間帯でしたが駐車場はかなり埋まっていました

ようやく空いてる個所を見つけ、わが愛車・竹千代号をお留守番されて・・
お祭りに合わせて開催されたのでしょうか、歓迎してくれたのは数々の旧車の面々。。。
IMG_2832.jpg
IMG_2835.jpg
IMG_2836_20101115211303.jpg
これも港まつりの一角なのかどうかは不明ですが、車好きな私は楽しませていただきました

お祭り会場は、橋を渡った向こうにあたるのですが移動中に見た川べりにある公園の紅葉が綺麗~
IMG_2838.jpg
で、この橋を渡りきると・・・
ご覧ください既にお祭りの雰囲気たっぷりです^^
IMG_2839_20101115211840.jpg
焼きそばやお好み焼きetc、定番の屋台グルメは勿論
ご当地ものも^^
IMG_2845_20101115212115.jpg
”雨情の里牛”と、画像では写っておりませんが”花園牛”の串焼きが販売されていました!
で、せっかくのお祭り見物ですからお腹空いていなくても何か食べなくちゃ!(そんなキマリ、ないって^^;)と思いまして。。。

こうなります↓
IMG_2846_20101115212408.jpg
私が買ったのは、”花園牛”の方。
脂身はあっさりとしていて、しつこくないんです^^
かといって、淡白でもなく・・・クセの臭みもありません。
肉食系じゃない人でもイケるんじゃないかしら^^
北茨城市に来なければ味わえない味♪
てなわけで、PR中?!↓
IMG_2847_20101115212929.jpg
着ぐるみの人もがんばっています(*^▽^*)

着ぐるみ、といえば。。。(゜▽゜)あれ?
IMG_2848_20101115213208.jpg
ハッスル黄門くん、ここにも出張!!
「薬物撲滅チャリティー」の宣伝活動のお手伝いをしているところです^^
働いてますねぇ。。。

会場をぐるりと廻ると・・・
あれれ?こちらはかぶりものですね^^
IMG_2867_20101115214237.jpg
あんこう鍋の試食引換券販売中ということで、宣伝中なのであります。
そして、そのそばではすっかり見覚えのある幟^^
IMG_2849_20101115214630.jpg
こちらは”出張組”!御存じ、土浦市の”ツェッペリンカレー”を販売中でした!
最北の遥か遠い土地で、こうした見慣れたものをお目にかけるとなんとなく、ホッとしてしまう私(笑)
で、そのお隣さんも同じく”出張組”
IMG_2850_20101115215016.jpg
坂東市ブースと、茨城県南部の端っこの町・河内町ブース。
坂東市は、この一週間後に開催される”将門まつり”のPRに、河内町は”おかずのいらない~”のキャッチコピーで売り出されている河内米の販売です。
最近、茨城県のあちこちでよく宣伝されている”かわちのお米”、私は食べたことないけれど、こうして自信を持って宣伝しているからにはきっと、相当美味しいのでしょうね(*^_^*)
この河内のお米を利用して、”ポン菓子”作りも行われていました。
お店の人の、
大きな音が出ま~す!御注意くだあ~い!!”
という声が終わるのと同時に
”ぱぁ~ん!!
IMG_2864_20101115215610.jpg
お米が破裂する前に、歩く人がびっくりしないよう事前に声かけしていたお店の人、いや河内町の人の心遣いに心が温まりました!そのおかげでこれまで知らなかった”河内町”という町に興味を持ってきます。
同じ茨城県でも、端っこの市町村というのは県央地域に住んでる者にとっては馴染みの薄いところでして^▽^;
こういったお祭りで、市町村をPRしていくというのもナイスアイデアかもしれませんね
”お!(゜▽゜)”と興味を持ったものがあれば、それを売ってる市町村にも興味が湧いてきますしね^^

勿論、”ご当地”北茨城市も負けていませんよ!(^^)v
IMG_2881_20101115224142.jpg
B級グルメ?!あんこうバーガー登場!!
これに関しましては、また後日ね

いろいろなお店が並んでいましたが地元・北茨城市のテントはやはり、港町にふさわしいものでした^^
IMG_2853_20101115224500.jpg
IMG_2877.jpg
IMG_2870.jpg
IMG_2878.jpg

竹千代、今回は食いもんばっかり追っかけてら

いえいえ、そんなことはございません^0^;
港まつりはただ、食べるだけではありません(笑)
今回書ききれなかった分を、続く記事にて書かせていただくことにします。
IMG_2854.jpg
では、今回はこのへんで失礼したします


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/15 21:58 ]  北茨城市 | TB(0) | コメント(4)

中郷SAにて

わがブログ初登場となる、北茨城市
今週は、そんな北茨城市のレポートをさせていただきたいと思いますので何卒、お付き合いをよろしくです

行き・帰り共に常磐高速道路を利用しました。
北茨城ICで下車する前に、トイレ休憩をと立ち寄った中郷SA
IMG_2825_20101114220927.jpg
建物脇の木が見事に紅葉していました
IMG_2826_20101114221022.jpg
ここは、常磐道北部では最も大きなサービスエリアですので、トイレに立ち寄る人が多く入るのには順番待ちでした(>_<)10分位待ったかな?

建物脇には、ちょっと良い感じの小さな庭園がありまして
わが愛車・竹千代号に戻る前にちと散策^^
IMG_2814_20101114222605.jpg

童謡・『青い目の人形』を御存じでしょうか?
その歌碑が置いてあります。
IMG_2812.jpg

こっちには別なものが。こちらは『赤い靴』
IMG_2819.jpg
そのそばには、鉄筋のようなものがあるのですがこれを叩くと、”赤い靴”のメロディーを演奏することができるみたい。。。
IMG_2820.jpg
楽譜が読めなくても大丈夫
左から順番に叩いていけばちゃんと、”赤い靴”の旋律になりますから^^

これらの童謡の歌詞を作った人は野口雨情(のぐちうじょう)という人ですが、前回の記事でも触れたようにこの方、北茨城市の出身です。
それにちなみ、北茨城市に存在するここ・中郷SAでは野口雨情さんをテーマにした庭園が設けられていたのでした!
IMG_2813_20101114222152.jpg
こうして歌碑を巡るも良し、売店で買ったおやつやお弁当etcを食べて休憩するのも良し!
IMG_2821.jpg

小さいながらも日本風の落ち着いた庭園となっていますので、お散歩してみるのも良し!
IMG_2815.jpg

いろいろな過ごし方が出来そうです(*^^*)♪
IMG_2824.jpg
高速道路の無料化、あるいは割安化となっている今、高速道路の使用が一般化しており利用者もぐっと増えました。
そんな中、サービスエリア(SA)はなんといっても長距離ドライバーにとってはありがたいオアシスです。

みんなが憩うオアシスで、こういった設備があるのってなんだか面白いと思います♪(*^▽^*)
この”このSAエリアならではの”楽しめる”何か”があったら、ドライブも楽しくなりますよね☆
IMG_2823.jpg

IMG_2828_20101114223450.jpg
それでは再び、本線に戻ります。
目指すは大津港、このSAを後にして次のインターにて下車します。

ではいよいよ、次回からは大津港のお祭りのレポート記事となります
どうか、お楽しみに♪


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/14 22:38 ]  北茨城市 | TB(0) | コメント(0)

御船祭の街、北茨城市

茨城県の最北、北茨城市を先週の日曜日に訪れました

まずは、この動画をご覧くださいませ

この動画は、北茨城市の大津町という場所で行われた”常陸大津の御船祭”の光景です。
私は実物を見たことはありませんが、このお祭りは大漁と海上安全を祈願して5年に一度、5月の2,3日に行われています
神輿を乗せた全長15m、重さ7トンの船が街中を巡るそうです。船底に敷かれているのは車輪ではなく、”ソロバン”と呼ばれた木の枠だそうな
動画を見ていただいてお分かりかと思いますがたくさんの男たちが船縁にしがみついて船を左右に揺らしながら木枠の上を滑らすように曳いていくという、なんとも勇敢で迫力あるお祭り。。。
次回の開催は平成26年、この”御船祭”は国選択無形民俗文化財に指定されています

お祭りは5年に1度しか見られないけれど、大津港に設置されている『北茨城漁業歴史資料館よう・そろー』にてその資料展示を見ることができますよ♪
IMG_2899_20101113205109.jpg
勇敢な”御船祭”の様子が模型とBGMで復元されていますので、お祭りの雰囲気を感じられることができるでしょう。。。
IMG_2900_20101113205320.jpg
IMG_2901_20101113205346.jpg
館内には大漁旗が掲げられ、漁師の小道具だとか伝統文化の紹介etc、漁業の街にふさわしい資料館でした!

また、”あんこうの吊るし切り”の模型展示もありました

外観は”黒”が主体。なかなか渋くてカッコイイんだなこれが!!
IMG_2898_20101113205942.jpg

資料館のそばには、物産直売所もあるんです
IMG_2896.jpg
新鮮なお魚さんは勿論、しらすやじゃこ、海藻類やさつまあげetc海産物ならなんでもあり!
北茨城土産がここで揃っちゃう!!(≧▽≦)
私もここでちりめんじゃこをGET!これさえあればおかずがいらないの
IMG_2895_20101113211029.jpg

こんな活気のある大津の港で先週日曜日、『雨情の里港まつり』が開催されました!
image028.jpg
”雨情”というのは”野口雨情”からきています。”シャボン玉”とか”赤い靴”などの童謡歌詞を作った人でここ・北茨城市の出身なんです^^
たくさんの美味しいものあり、イベントあり・・と、とても楽しいイベントでした!
その模様は週明けより、記事にてレポートさせていただきたいと思いますので、どうかお楽しみに♪


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/13 21:20 ]  北茨城市 | TB(0) | コメント(2)

土浦の猫と紅葉

土浦市の記事、そろそろ飽きたかな?
ま~、そう言わないで(笑)
IMG_2773.jpg
”駅猫”ならぬ、”街猫”!土浦にもいました
土浦駅前のビル付近に突如、現れたにゃんこ
近所ではちょっとした有名人、いや有名猫らしいです。
名前もどこで飼われているのかも不明ですが、とても人懐こくてカメラを向けても逃げないし、時には通る人を追いかけていくこともあるんだって!
IMG_2770.jpg
見知らぬ人間が通っても、物おじしません。
誰が近づいても平然と毛づくろいしています^^
IMG_2769_20101111210508.jpg
でもやっぱり、若くて可愛いお姉ちゃんが好きみたい・・・
女子高生が携帯で写メ撮ってる間、カメラ目線で一生懸命ポーズとってました!
で、彼女が行ってしまうとちゃんと、居直ります。
IMG_2771_20101111210659.jpg
でも猫ちゃんの期待を裏切り、次に通ったのはおじさん数名。。。
そんなわけで、この通り↓
IMG_2772.jpg
”駅猫”ならぬ、”街猫”
土浦にもいたんだなぁ。。。
どなたか、この子の名前知りませんか?
何卒、情報提供を(笑)
ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅の”おさむ君”と対面させたいナ

さて、この猫ちゃんが出没したのはこのあたり↓でした!
image025_20101111211328.jpg
□で囲った中でも、駅にごく近い場所です。
今回、土浦港を訪れるにあたり、珍しく駅から歩いていきましたが土浦港から駅に戻る際にこの猫ちゃんに出くわしたという。。。
土浦駅から土浦港までの間、高架道路下をくぐっていくのですが、そのそばに公園がありまして。
紅葉しかけた公園の木が、なかなか綺麗なこと!!
IMG_2757.jpg
これから本格的に”秋色”になっていくかな?
IMG_2767_20101111212339.jpg
IMG_2758.jpg

この公園には、かつて水害から土浦市を救うために大活躍したという”揚水ポンプ”が展示されています。
IMG_2756_20101111213305.jpg
IMG_2759.jpg
この高架道路下、かつては”川口川”という川が流れていました。
猫画像の次に掲載させていただいた地図画像中の丁度、黄色い部分です。
昭和51年にそれは埋め立てられ、現在では”モール505”というショッピング街(先日、産業祭が行われたところ)となっていますが川在りし日にはこのポンプが、増水から街を守る役目を果たしていたそうです。

名前の知らない、小さな公園ですが土浦の歴史を語る”遺産”があり、ほんの少しですが紅葉も楽しめて、
ここは土浦の知られざる”穴場スポット”かもしれません

市制70周年を迎えたここ・土浦市。
探検すればするほど、面白い街であります


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/12 19:30 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(6)

土浦で紅葉狩り~亀城公園編~

昨日のTVニュースで、大子町の永源寺(通称:もみじの寺)の紅葉が映し出されていました!
そういえばまだ、今年は紅葉の名所を訪れていない気が。。。
やばい!!急げ

焦りを感じている私でした(笑)

さて、先週の土曜日に土浦市を訪れた時に亀城公園(土浦城址)も立ち寄ってみました。
IMG_2742_20101110223739.jpg
紅葉よりもここは、桜が有名なのですがよろしければ秋景色を見て行ってくださいね
まずは、東櫓のあたりなど。
IMG_2744.jpg
桜の葉っぱ、色づいてはいるけれどう~ん
どうも”秋”って感じじゃないかな?
ではお堀の方を見てみましょうか。
IMG_2731_20101110224255.jpg
ここでは今年の5月、たくさんの鯉のぼりが飾られていたっけ。。。( ̄▽ ̄)
あの頃は青々としていたけれど、それが今時期はこんな風に色づいています。
亀さんの姿がこの日は一匹もお目にかけませんでしたがは現在、冬眠中かな?(笑)

では、ちょっとだけ場所を移動しまして。
IMG_2732_20101110224459.jpg
IMG_2734.jpg

向きを変えて、車道の方を眺めます。
IMG_2738_20101110224622.jpg
なかなか、いい感じ
紅葉とは関係のない、松や柳の”緑”に既に赤く染まったものと、紅葉しかけている最中のものが入り混じった桜の葉っぱのそれぞれの色合いが、いいコントラストになってるかも
少し先を歩いていくと、こちらは完璧に”赤”!
IMG_2737.jpg

亀城公園内のとある一角↓
IMG_2741_20101110225356.jpg
なかなか、素敵。。。

寒暖の差が激しく、一気に寒くなった今年の秋。。。
ですから紅葉が一段と綺麗ですね!

何度も訪れ、すっかり見慣れているはずの亀城公園も四季折々違った光景を見せてくれます。
桜の季節にはピンク色、夏は緑そして今頃は紅葉・・・と。
今年は土浦を訪れる機会がたくさんありましたから、春の桜も夏の青葉も見ることができました!
こうなってくると、”欲”が湧いてきます
冬の白い、雪景色に包まれた亀城公園も是非、観てみたいものだわ・・・と。

待てよ
土浦どころか、茨城県では滅多に雪降らないし亀城公園が雪に包まれるくらい降る時には車も鉄道もストップしちゃうだろうから、水戸から見に行くのはちょっと無理かな


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/11 22:22 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(6)

国民宿舎水郷

七色帆引き船を見物した後、わが愛車・竹千代号のところへ戻りましたがこのまま帰るのもなあ・・・と。
IMG_2791.jpg
なぜならば、竹千代号を駐車した場所・国民宿舎水郷は先日もちらっと触れましたが日帰り入浴施設があるのです。
日帰り入浴の受付は宿舎とは別棟となりますが、「日帰り入浴”霞帆の湯(かほのゆ)”」なんて書かれているのを目にして、どうして無視など出来ようか^^
先週の緑化フェアの時は体調的理由でパスしたものの、今回はいたって健康体でしたから勿論、利用させていただきました!

泉質は二股炭酸カルシウム泉の人工温泉、
あいにく天然温泉ではありませんが、疲労回復にバッチリ(^^)v
サウナもジェット、バイブラバス設備もなく露天風呂もなく大きな内風呂浴槽ただ一つだけど足を伸ばしてゆっくり入ることが出来る上、温度もほどよく、温浴効果がじわじわとにじみ出てきます
NEC_0993.jpg←例のごとく、パンフレット写真をお借りしました^^。

なんといっても、この施設の良さは浴場から霞ヶ浦が一望できるところです(≧▽≦)
肩までたっぷりと湯船に浸かり、霞ヶ浦をゆったりと眺めながらまったりと出来るところがいいですね!
IMG_2785_20101109215730.jpg
※画像はイメージです

正面に見える霞ヶ浦を眺めつつ入浴していると、つい長湯がしたくなってしまいます
いつまでも入っていたかったけれどキリがないので、名残を惜しみつつ浴室をでて脱衣所に戻って着衣しました。
入浴料金は大人400円、と料金も手ごろだし公園の中だから思い切り遊んだ後の汗流しにいいわね

さて、お風呂からあがって駐車場に出ると、またもや総合公園の風車デッキに人だかり!
時間を見るとこの頃、午後3時をまわった頃で丁度、2度目の七色帆引き船が運航される時間です。
帰る前に再び、公園に駈けていくと・・・

見えました!!2度目の七色帆引き船が(≧▽≦)
IMG_2811_20101110212048.jpg

青い帆船が隠れてしまいましたので、もう一枚^^;
IMG_2804_20101110212333.jpg

七色帆引き船を、1日で2度も見られるなんて!!
温泉に入ったおかげ?いやその前に遊覧船に乗り損ねたおかげかな?
もしも遊覧船から眺めていれば、はっきりと撮影は出来たかもしれないけれど2度も見ることは無理でしたからね~!
それに、ここ・霞ヶ浦総合公園に来ることもなかったでしょうからお風呂に入ることもなかったし。
目的を達成出来、その上お風呂も楽しめて。。。
こんなラッキーなことがあるでしょうか?

損して、得した私でした(笑)
IMG_2793.jpg

最後に・・・
国民宿舎 水郷さんの館内の様子を撮影しておりませんので、HPをリンクさせていただきます。
国民宿舎水郷
公園でひと汗流した後、いかがですか?ランチもやってるそうです^^(詳しくはHPをご覧ください)
又、宿泊しなくても食事とお風呂が楽しめる、お得な”おふろパック”なんて企画も行われています^^
チューリップの開花時期に、ファミリーでいかがでしょう?^^


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/10 21:13 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)

七色帆引き船を求めて

先日、市制70周年を記念して特別運航された”七色帆引き船
ですが電話予約が殺到してしまい、前回の記事で書いたとおり遊覧船上での見物は残念ながら出来ませんでした

さて、この後私は。。。
七色帆引き船見物は諦め、帰宅?!いえいえ、そんな勿体無いことしませんよ
見物は諦めても、このまま帰るのはアホらしいのでイオンかアウトレットでショッピング?!
お金使ってばかりもなんだかなぁ。。。^▽^;
んじゃあ、
”市長を出せぇ~!!”と、マックスギレ(激怒)、その後暴走の挙句に遊覧船をシージャック!
そんなことしたら、TV、新聞沙汰でしょうが。。。^^;
そういう過激なことはしません

乗船の可能性がないと悟ったものの、ここで帰っては何をしに土浦に来たのか、意味がありません。
”そうだ!何も船の上じゃなくても霞ヶ浦の湖上に浮かぶならば陸の上からでも見物できるんじゃないか?”
と、”溢れ仲間”と会話しつつそのことがふと、頭に浮かびまして
そしたら偶然、やはり同じように考えた方がいらしたみたいで、帆引き船がどこで見られるのか、チケット売り場の人に訊いてた様子。
そばで聞いてた私、つい聞き耳
すると、
「一番、良く見られるのは霞ヶ浦総合公園みたいですよ!完璧ではないですけどね」
とのこと。
この前、緑化フェアが行われた公園です。これはもう、行くっきゃない!
ということで、公園へgo!
一週間前に訪れたばかりで、まさか再びここに来るはめになろうとは思ってもみませんでした!
IMG_2788_20101109212534.jpg

公園にたどり着いた頃、霞ヶ浦の方向を見ると!!

(*゜▽゜*)おっ!!
IMG_2775.jpg
確かに浮かんでいます。赤や緑、青など色つきの帆引き船が!
駐車場は案の定、満車でしたので国民宿舎の方を暫し間借りすることにしました
(この後ちゃんと、日帰り温泉施設を利用しましたから無断駐車にはなりませんよね、笑)
急ぎ足で公園に入っていきます。どうか、間に合ってくれ~!!

オランダ風車の展望台は、これもん↓
IMG_2781_20101109213529.jpg

そして、ネイチャーセンターの方もこんな感じ↓
IMG_2807_20101109213643.jpg
誰もが、湖に浮かぶカラフルな帆引き船に目が釘付けです。
緑に青に。。。
hobikisden4.jpg
(※帆引き船の画像は加工しております)

赤にピンクにオレンジに^^
hobikisen7.jpg
オレンジの帆をはった船の前を遊覧船が通過しているのが、お分かりになられますか?

こうして浮かんでいると、なんだか戦隊ヒーローが勢ぞろいしたみたいですね!
hobikisen6.jpg
赤・ピンク・オレンジ・紫・緑・青・白の7色が出揃いました!
観光帆引き船は毎年期間限定で行われてはいるものの、こうした色のついた船は特別な時にしかお披露目されません。
今回は、市制70周年の御祝い記念の特別運航です^^
ちなみに前回は、茨城空港の開港記念の時とその前は2年前に開催された”こくぶん祭”の際運航されています。
次回の運航は、市制100周年の時でしょうか・・・
hobikisen8.jpg
次回もまた、見られるかな?う~ん^^;

七色帆引き船の浮上は約1時間あまり、やがて終了時刻となり帆をたたむ時間がやってきました。
帆がたたまれると、いつもの霞ヶ浦の風景に戻りました。
IMG_2785_20101109215730.jpg

ハプニングはあったものの、七色帆引き船を見られて良かった!
私のように、運悪く遊覧船からの”溢れ組”だった人たちも無事、観ることが出来たでしょうか・・・。


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/09 21:49 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

七色帆引き船を見に来たはずが・・・

~はじめに~
この記事はアップ当初、クイズ形式で投稿させていただきましたがクイズにノってくださる方がいらっしゃいませんでしたので再編集の上、再掲載させていただいております


最近、ほぼ毎週土浦市に通う形になっている私^^
今日も土浦に出没してまいりました。
目的地はここ↓
IMG_2766_20101106213435.jpg
土浦港にやってまいりました!
去る11/3と今日6日、そして7日に霞ヶ浦に七色の帆引き船を浮かべるというので一目見たくて遊覧船に乗船するためにやってきたのです。

が!!( ̄0 ̄;)
船は既に満員、出港3分前にようやくチケット売り場でチケットを購入しようとしたら売り場のおばちゃんに、
「予約してなきゃだめだよ」
だって
えっ?!そんなの聞いてないんですけど。。。( ̄0 ̄)
HPに”要・事前予約”なんて書いてあったっけ?
あったとしても、市外や県外でインターネット環境持ってない人は知らないじゃん!!
そう言いたいところでしたが、おばちゃんの対応の悪さに気分悪くした私はこれ以上、話しかけたくなかったのでその場を引き揚げ、別な乗船場へ向かいました(霞ヶ浦遊覧船の会社は2社あります。)
IMG_2764_20101106214741.jpg
去りゆく船を見送って。。。なんだかむなしいなあ。。。(TT)

で、もう一つの乗船場へ。
受付に入ると、
「・・・じゃ、次の便もだめけ?」
なんて声が。
チケットを購入しようとしていたおじさんの声でした。

それを聞いた私、
”あ、ここもだめか”と予感。その予感は的中。
やはり電話での予約が殺到してしまったらしく、この日の第1回目の運航は勿論、次の回まで満席になってしまったらしいのです
残念(>_<。)!
(去年行われた、ひたちなか海浜鉄道のキハ223最終運行の時と同じね。)
IMG_2765_20101108215407.jpg

私や、チケット売り場にいたおじさんのように、七色帆引き船を見たくて遊覧船のチケットを買おうとしたのに”満席”で溢れてしまった人、他にも数名あり。
皆さん、遠くから来たのかな?
又、場所が”霞ヶ浦”ということで混同し、てっきり行方市の”霞ヶ浦ふれあいランド”まで行ってしまったという方もいるとか?!

「予約制って分かっていたなら、電話したのにな~!せっかく来たのに。」
こうなっては乗船に溢れてしまった人同志でそう、ぼやきあうしかありませんでした。
この日は晴天しかも土曜日。乗船するはキャンセル待ちしかありませんがおそらく無理でしょう。。。

さあ、どうする?!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村

あとがき・・・
前日既に投稿済みの記事を再編集し、再投稿した理由ですが。。。
本日、悲しい出来事が発生してしまいとても新しい記事をまとめる気力がありませんでした
よって、コメントなしをよいことに前日アップしたものを再び投稿するという、実に手抜きなことをさせていただきました(笑)
悲しい出来事に関しましては落ち着いてから後ほど、"裏ブログ(別冊竹千代)"にて書かせていただきます。

老舗の味:「ほたて食堂」

”七色帆引き船”運航開始前に、お腹を満たしておこうと思い(結局、見学用遊覧船には乗船できなかったけれど^^;)、以前から気になっていたお店に入ってみました

土浦駅から亀城公園に向かって歩くこと約10分位でしょうか、”中城商店街”と書かれた道案内板の角に、
明治、大正時代の旅館のような建物があります。
IMG_2745_20101107174827.jpg
ここを通るたびにいつも、タイムトリップしたかのような錯覚を感じていたっけ。。。
歴史を感じさせるここは、お食事処でした!
お店の名前は”保立食堂(ほたてしょくどう)”、なんと明治2年(1869年)の創業だそうです
IMG_2754.jpg

少なくとも、この界隈では最古参なんじゃないでしょうか・・・?
もしかすると、土浦市内で一番の老舗なのかな?
IMG_2746_20101107175824.jpg
戦時中、霞ヶ浦予科練の指定食堂でもあったそうな。
早速、のれんをくぐっていきました!
IMG_2747.jpg
店内も、時が止まったかのようなレトロな雰囲気^^
振り子時計なんて掛けてあったりして。
看板に”天ぷら”と書いてあるように、このお店の人気メニューは天ぷら定食と天丼だそうです^^
私は、定食を注文しました!

これが、880円の”天ぷら定食”であります
IMG_2748_20101107185844.jpg
土浦だから、レンコンは必須?!(笑)
1000円未満の定食なのに、天ぷらの品数が多くてびっくり!!
レンコンはじめ、エビに鱚にシソの葉っぱにかき揚げ、そしてなんとワカサギまで!!
IMG_2749_20101107190337.jpg

味噌汁は魚(おそらくカツオ)のあら汁でした!豆腐入りです^^
創業の明治2年以来の味を守り続けているそうです
IMG_2752_20101107190827.jpg

ちょっぴり濃いけれど、温かい庶民的な味。。。
時は昭和10年代、予科練のお兄ちゃん達もこれを食べたのでしょうね
彼らの年齢は食べざかりの13~16歳位、たくさん食べたんだろうな。。。
値段の割にボリュームいっぱいなのも、昔ながらのものなのかな?
ですから、汗かきながらかろうじて完食しました!
お金を払う際、”ゲップ”が出そうになるのを必死で抑えたりして(笑)
IMG_2753_20101107192132.jpg
このお店の2階は、予科練生が故郷の両親等との面会に使われていたそうです。
ここ・ほたてさんは日常の厳しい訓練や、日本国の情勢に不安を感じていた彼らにとっての”安らぎの場”だったのでしょうね。。。

追記:
先日、”予科練平和記念館”の記事を書いております。
関連記事としてリンクしていきますのでよろしかったら当記事と合わせ、見ていただけたら幸いです^^
「予科練平和記念館に行きました!」

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/07 19:34 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(6)

モーニングコーヒー一杯!


おはようございます
 
現在、とあるサービスエリアにおりますです
トイレに立ち寄ったら、あまりに寒かったのでホットコーヒーなぞ一杯…
 
 
高速サービスエリアの、『一杯毎に挽くコーヒー』、皆さんはお試しになられましたか?
 
 
携帯からでした!
 [ 2010/11/07 08:04 ]  携帯から生中継 | TB(0) | コメント(2)

茨城きのこ博士館

冷たい雨が降る中、ひまわりの花を見に行って丁度一週間。。。

一週間前にひまわり畑を見に行ったついでに、『茨城きのこ博士館』という施設に立ち寄ってみました^^
茨城県植物園や県民の森のすぐそば、童話に登場するお城のようにとんがり屋根が特徴の可愛らしい建物、
これが『きのこ博士館』なのです。
IMG_2670.jpg

この施設も、展示構成がなかなか面白いところです
入館すると、不思議な大木が正面に立っていてそこには巨大キノコが生えていたりして。
IMG_2662.jpg
中は不思議な森の世界。。。(* ̄▽ ̄*)
童話の世界にトリップした気分になれます。
IMG_2661_20101105222744.jpg
巨大なキノコ(勿論、模型)のそばには名前と説明が記されていて、食用の不可が分かるようになっています。
今年は、あの猛暑のおかげでキノコが大繁殖し、毒キノコも数多く発生してしまったため売店などに誤って流れてしまったり、登山の人が見つけて間違えて採取し、中毒してしまった人が数多く出てしまいましたね。。。
この資料館では、そういったキノコの見分け方が一つ一つ説明されています。
IMG_2663_20101105223206.jpg
下手をすれば死に至る毒キノコ・・・昔からの言い伝えを鵜呑みにして、間違ったキノコ選びをしないように注意をしなければなりませんね(>_<)
そのためにはやはり、一種類ずつきちんと調べ、覚えていくしか方法はないそうです。

とにかく、キノコに関する資料がいっぱい!!
IMG_2664.jpg

で、この施設ただ勉強させるだけではなさそうです
館内設備の数か所、遊具になってるの(≧▽≦)
IMG_2668.jpg
そして、一番最初に見つけた大木はスポットライトの光で色が変化します^^
IMG_2665_20101105223722.jpg
青葉から、紅葉へ。。。(* ̄▽ ̄*)

キノコの作り方(繁殖のさせ方)や、なんとキノコ料理のサンプル展示までバラエティに富んだ資料もいっぱい!!
こちら↓は、キノコの生産量の国内ランキング
IMG_2667.jpg
茨城県は、生シイタケの生産量・全国5位でした!

資料館だからといって、決して堅苦しくならず楽しく遊べて楽しく学べる資料館です
ファミリー向けですが、大人だけで入ってもなかなか楽しめますよ
そして、なかなかためになる施設です^^
隅々までゆっくり見学し、施設をでる頃にはきっと、文字通りの”きのこ博士”に変身!・・・かもね
これで入館無料なんて、知らなきゃ損ですな!

外はすっかり、秋色に。。。
IMG_2671.jpg
きのこ博士館の敷地を囲む街路樹は、結構色づいてきました。
そろそろ今日あたり、紅葉した頃でしょうかねえ。。。
IMG_2674.jpg

茨城県きのこ博士館
茨城県那珂市戸4603
営業:9:00~16:30
休館日:月(休日の場合は翌日)、12/29~1/3


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/05 23:00 ]  那珂市 | TB(0) | コメント(6)

中国料理泰山

前回の記事で書いたスポット、霞ヶ浦湖畔に建つ『予科練平和記念館』は、実に見ごたえたっぷりでした!
今回は”駆け足見学”のような格好になってしまいましたので、また観に訪れたいと思います(^-^。)

え?なんで駆け足で見学したの?
用事があるわけじゃあるまいし、ゆっくり観てればいいじゃんって?(・0・)

はい!自分、お腹空いたのであります
見学していた時間帯は13時になろうとしていた頃でしたので、”どこかでご飯食べなくちゃ!”と記念館を後にしました!(平和な時代で良かった、笑)

”阿見坂下”の交差点を左折して坂を上がり、2つ目の信号を右へ、
すると”泰山(たいざん)”という看板が見えますので、お店はすぐに分かりました。
ランチタイムはここ・泰山さんで
中華料理屋さんなのです。何かセットメニューと、実は御目当てにしていた商品がありましたので、それを単品でつけちゃえということでお店の人に訪ねてみたところ・・・

今は販売していないんだって!!
残念!!(TT)ちなみにコレね↓
NEC_0991.jpg
去年、土浦で開催された”カレーフェスティバル”に出品、見事グランプリを獲得した商品なんです。来店するのが遅かった!!(>_<。)

気を取り直して、ランチセットを注文することに。
初来店だから、とりあえず人気メニューをお聞きしたうえで注文^^
こちらが、私が選んだランチメニューです。
IMG_2731_20101104214639.jpg
ブ、ブレちまった!(>_<。)
坦々麺とチャーハン、これに餃子がセットで980円ナリ。
チャーハンの器がボートのような形して可愛かった(*^_^*)
では、いただきま~す!
IMG_2732.jpg
ゴマの香りが香ばしくて、つい食欲をそそります( ̄00 ̄)
結構、具だくさんだから食べ応えバッチリ、それで麺は私好みの細麺

私の接待をしてくれたお店の人(これがなかなか、イケメンなお兄ちゃんなんだな、ってどーでもいいですよね)に、”少々、辛いですけど”と忠告をされたけれど、私には全然大丈夫でした!
たっぷり効かせたらしいごまだれが、辛みを覆っているのか、辛くなかったですよ!
IMG_2733_20101104215022.jpg
肉みそと麺の相性バッチリ☆

で、チャーハンなんですが写真を撮るのを忘れましたがこれまで私が食べたことのない、”なめらかで、まろやかな味”でした!
ポロポロしてもなく、かといってベタベタしてもなくいい感じ(*^_^*)
セットメニューのチャーハンでも、量は普通でした!
ですから食べ終える頃にはもう、お腹はすっかり豚さん状態(笑)

一人でしたので、カウンター席を使わせていただきました。
中国語で書かれたラベルが貼られた銘酒が数本、置かれていてまさしく”本格派中国料理レストラン”といった雰囲気の一方で、こんな温かい言葉が貼られていたりします↓
201010311352000.jpg
この他にも、見た人を温かい気持ちにさせるような言葉が貼られていたりして。
このような貼り紙をされる店長さんはきっと、心が温かい方なんでしょうね。。。
料理の中に感じた”まろやかな温かみ”・・・きっとそうに違いない!!(笑)

ネットの口コミによればこのお店、地元の人たちになかなか評判の良いお店のようです
定食またはセットメニューもほとんどが1,000円でおつりがくるほど、リーズナブルな料金でしかも充分、満腹になれるところが親しみを持たれる理由のうちなのでしょうね♪
私も、”また来よう!”と思えるお店だと感じました!


中国料理 泰山
茨城県稲敷郡阿見町1744-147
029-887-0431


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/04 21:55 ]  阿見町 | TB(0) | コメント(0)

予科練平和記念館に行きました!

霞ヶ浦総合公園を出て国道125号という道路を土浦市街地方面とは反対方向に進むと、隣町の阿見町という町に入ります。
霞ヶ浦湖畔に『予科練平和記念館』という施設がありますのでそこに入っていくことにしました。
IMG_2729.jpg

入館料500円を入口で払い、順路に従って進んでいきます
IMG_2730.jpg
館内は撮影禁止ですので、施設の様子を画像でお伝えすることはできません。
よろしかったら、コチラをご覧ください!予科練平和記念館HP

入隊→訓練から最後は”特攻”と、それぞれのテーマに沿った資料構成がなかなか面白い!
”一人の少年が予科練に入隊し、訓練生活を経て戦地へ飛び立っていく・・・”と、見る側はつい、一つの物語を創造したくなるでしょう^^

同時にいろいろと考えさせられるものがありました
命が終わるその瞬間、彼らは一体どんな心境だったのでしょうか・・・?
NEC_0988.jpg画像:YOU-TUBE動画より

空に夢を馳せ、憧れの航空隊員になるために予科練生となった少年達。。。
そんな少年たちが最後には飛行機とともに自らの命を散らせていった。。。
当時の日本では、『御国の為に戦って死ぬ』ことが最高の名誉だというように教育されていました。
予科練を卒業し、特攻隊となって空に散った少年達も最後の”その瞬間”までそう思って逝ったのかと思うと、”戦争が悪い”、”生まれてきた時代が悪かった”と言えばそれまでですが、何と表現したらよいか分からない、複雑な思いを感じます。

彼らの年齢は19~23歳位、その年頃ならば今の時代は合コンに飲み会に。。。あるいは彼女とドライブに行ったり映画を観たりして、人生で最も楽しく過ごしている年頃なんじゃないかなあ。。。?

不況ながらも平和が続いている、今の日本。
日本の今の平和は、60数年前に戦争の犠牲となったたくさんの尊い命の上に成り立っていることを、
私たちは絶対に忘れてはなりません。
IMG_1775_20101103205156.jpg
(※画像は今年の夏、百里基地で行われた航空ショーのものを加工しました
戦後65年が経過した今、だんだん戦争を知る人が少なくなっていきました。
そんな中、こうした施設はとても大切だと思います。
私もそうですが、ここは戦争を知らない世代特に、当時の予科練生と同世代位の若い人たちに観てほしい施設だと思います。
観られた人によって、きっと感想は様々でしょうが、
決して作り話ではない、映画の世界でもない世の中が現実、日本にあったということを私たちは知らなければなりません。
そして、これだけは確かでしょう。

『日本を二度と、戦争の国にしてはいけない!』と。

予科練平和記念館
茨城県稲敷郡阿見町大字廻戸5番地1
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
URL→http://www.town.ami.ibaraki.jp/yokaren/index.html
NEC_0992.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/03 22:05 ]  阿見町 | TB(0) | コメント(0)

市制施行70周年

明日11/3、市制70周年を祝う提灯行列が土浦市にて行われます
moblog_0cc2a041.jpg
あいにく私は仕事ですので、見物にも行けませんが
お時間の空いてる方、よろしかったら^^

今年はそんな、記念すべき節目を迎える土浦市。
それにちなんでいろいろな記念事業が開催されています
市の公式HPによればこのほか、今週末には霞ヶ浦にて”七色帆引き舟”の運行が行われるとか
詳しくはコチラを土浦市公式HP~お知らせ~

今月は亀城公園の菊まつりに、20日(土)のカレーフェスティバル(川口運動公園にて開催)に、さらに次の週11/27(土)には”小町の里”にて、手打ち蕎麦が食べられる”ふれあいまつり”が行われたり、とまさしく『土浦月間』じゃないですかあ!!(≧▽≦)
IMG_2534.jpg
今年はどんなカレーが登場するのかなあ。。。?
楽しみだ~!!


記念イベントスタンプラリーも、4個GET!
あと半分になりました!
201010311956000.jpg
頑張って、目標(8個)達成目指します

水と緑、そして花火の街土浦市。
市民ではありませんが、これからも私はこの街を応援します


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/02 21:14 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

霞ヶ浦総合公園

緑化フェア(詳しくは前日↓の記事をご覧ください^^)の行われた、霞ヶ浦総合公園敷地内の街路樹はそろそろ、色づいた模様。。。
IMG_2706_20101101211508.jpg
これは、公園のシンボル・オランダ型風車のデッキから撮影したものです。
少し、視点を移動すると筑波連峰が見られたりして^^
IMG_2707.jpg
きっと晴天だったらはっきりと見えたかもね^^。

土浦市街地より車で約10分くらいでしょうか。
国道125号を阿見町方面に向かうと、霞ヶ浦総合公園に辿り着くことができます。
201011010851000.jpg
『国民宿舎水郷入口』を左に入っていきます。
結構、広々とした敷地の中にはテニスコートに国民宿舎にイベント広場、さらに奥まで進むとプールや体育館があります。
霞ヶ浦湖畔にある、広大なレジャー施設といったところですかね
IMG_2728.jpg
画像は駐車場から。奥に見える建物が”国民宿舎水郷”であります。
大浴場”霞帆(かほ)の湯”は日帰り入浴が可能ですが、今回はパスです

で、何といってもこの公園の目玉はコレですね!
IMG_2715_20101101213312.jpg
今はサルビアの花が彩っていますが、4月頃にはここが色とりどりのチューリップでいっぱいになるみたいです!
私はその様子をパンフレットでしか見たことはありませんが、オランダ風車にチューリップ・・・
メルヘンチックじゃありませんか~!!
花火に予科練に火縄銃に。。。と、私の中では男性的なイメージを持つ土浦という街。
是非一度、チューリップが開花する時期にここを訪れてみたいのです

で、再び風車デッキからの眺め↓
IMG_2709.jpg
アサザの開花時期(7~8月頃?)に来てもよさそう!!
山と湖を一望できる公園なんて、なかなか素敵でしょう^^

ここで風車の展望デッキを下りて再び、イベント広場へ。
広場の中心には、愛犬を連れて釣りをしている男の子の像があります。
IMG_2698_20101101214612.jpg

で、風車とのツーショットなど^^
IMG_2700_20101101214801.jpg

風見鶏のいる、この小屋風の建物は”ネイチャーセンター”といって霞ヶ浦に関する資料だとか生息する生き物の資料展示、水生動物(ピラニアなどの外来のものも含めて)の水槽があり、”プチ水族館”といったところかな?
トイレもあります。
IMG_2724.jpg

そうそう、この広場の主役(?)的存在のオランダ型風車なんですが・・・
IMG_2720_20101101223154.jpg

この風車、今から20年前に”市制50周年”の記念事業として設立されたらしいんですけど。。。
実はコレ、ただのオブジェとして作られたんじゃなかったんだな~!!
IMG_2721_20101101223254.jpg

霞ヶ浦の水を浄化して、綺麗にするための働きもしているそうな。
image020.jpg可愛い振りして、やるねぇ。。。(笑)
ちゃんと、意味があったのですね!
なんとも実用的な、公園のシンボル^^
これ考えた人、素晴らしい

こういった動きを見ると、”日本一汚い湖”の汚名を返上し、美しい霞ヶ浦が蘇り、”泳げる湖”となる日が来ることは夢ではないような気がしてきます。

自然を感じ、風を受け、そして体力づくり。。。
なかなか、素晴らしい公園でした!

もしかすると水と緑がいっぱいのここ・霞ヶ浦総合公園そのものが、”水と緑のまち”と呼ばれる土浦市の、シンボル的存在なのかもしれません
IMG_2696.jpg


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2010/11/01 23:04 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(4)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-