INDEX    RSS    ADMIN

駅からハイキング~水郷佐原③~

神道山を一歩きした後、香取神宮目指して歩きます。
平坦な道をのんびりと歩いていましたが、神社が近くなるといつの間にか坂道に変わっていきました。
途中、ちょっと神秘的な鳥居があったりして。。。
IMG_0652.jpg
紅葉もまだ健在。
IMG_0653.jpg
ようやく、神社の境内に到着しました
IMG_0654.jpg
紅葉も実に素晴らしかった!!
その、ほんの一部です
IMG_0656.jpg

丁度、七五三のシーズンですので、境内では千歳飴の販売とか
IMG_0655.jpg
晴れ着で参拝したり記念撮影をする家族の姿が見られました
IMG_0658.jpg
IMG_0659.jpg
親子で、”はい!ポーズ♪”
いいですねぇ。。。

ここ、香取神宮は日本書紀の国譲り神話に登場する経津主大神(ふつぬしのおおかみ)を祭神とする、下総の国屈指の名社だとか。
厳かな社殿に納得できます。
IMG_0664.jpg
IMG_0665.jpg

こちらは旧本殿↓
IMG_0669.jpg
現在の本殿の前にそびえ立つ御神木につい、注目してしまいました!
IMG_0666.jpg
IMG_0667.jpg
樹齢、約千余年だとか。
この神宮内で起きた出来事~本殿の移り変わりなどをはじめ全てを見てきた木です。
おそらくこの日、茨城県から一人でふらりとやってきた女・竹千代が参拝しに来たこともきっと見てくださったに違いありません

家族や身内の健康と安泰、そして
・・・このツアーが素晴らしいものとなりますように。。。
と祈願して、私は次のスポットを目指すこととなりました!
IMG_0670.jpg

んでもって、ちょっと寄り道
IMG_0677.jpg
香取神宮の参道にある商店街にて、厄除け草だんごというものが販売されておりまして、ここの名物のようでたくさんの参拝客が並んで買っていました。
このお店と、この向かい側のお店で競り合っていたかのごとく販売されていまして・・・

私は別なお店に立ち寄った、と。
IMG_0673.jpg
和茶房・うのさん
店内の落ち着いた雰囲気が気に入り、ここでお茶にしました。
IMG_0674.jpg
IMG_0675.jpg
ソファーがけのイスに昔懐かしいレコードプレーヤー、昭和を感じさせるこのお店で
『抹茶+だんごセット』650円と、持ち帰り用のだんごを作ってもらい暫しのリラックスタイム
IMG_0676.jpg
少々、ハイキング最中だということを忘れていました(笑)

気がつけば昼の12時5分前!!
ということでお会計を済ませ、足早に次のスポットへ

ハイキングはまだまだ続きます。。。


さあ、お次はノスタルジックな建物が登場しますよ!

香取神宮について、”もっと詳しく知りたぁい!!”という勉強好きさんは
コチラをどうぞここをクリックしてください!


ポチっとよろしくお願いいたします
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

スポンサーサイト

あれから三年・・・(--#)

『駅からハイキング~水郷佐原~』編、アップ途中ですが・・・

皆さんは、覚えていられるでしょうか・・・
3年前、2005年(平成17年)の12月1日、栃木県日光市(当時今市市)に住む小学生、吉田有希ちゃん(当時7歳)が学校から帰宅中に何者かに拉致され、明けた2日に茨城県常陸大宮市の山中にて無残な死体となって発見された、痛ましい事件があったことを。。。

あれから早3年が経とうとしていますがいまだに犯人が捕まっていません。
それどころか、事件の手がかりすら掴めていないそうです

今日、常陸大宮市の国道123号線を走っていたら、このようなチラシを配布されました。
画像 002
『捜査特別報奨金制度』により、有力情報提供者に報奨金300万円が支給されるとのことです。
栃木県今市警察署と茨城県大宮警察署の合同捜査本部にて現在、情報を収集中だとか。
犯人は、
■平成17年12月1日の木曜日の午後、旧今市市大沢地区を自由に行動可能な人物だそうです。そして、
▲その日、有希ちゃんの学校が半日で授業が終了
▲帰宅までの道は人通りの少ない雑木林でいつもは家族の誰かが迎えに行っていたが、たまたまその日は祖母のみで、その祖母も用事があって迎えにいけなかった

こういった事情を把握している人物ではないか、と私は思うのですがそのあたりはきっと、警察の方が調査済みですよね。

そんなことよりも、私はこれから未来のある、何の罪もない小さな子の命を簡単に奪ってしまった犯人が許せませんこの犯人は、連れ去った有希ちゃんの胸を刃物で刺し、既に絶命している彼女の体を更に何度も刺したというではありませんかその上、有希ちゃんの自宅から遠く離れた茨城県の山奥に裸にして捨てていくなんて!
もはや、血の通った人間のすることではありません
本日付の読売新聞に、亡くなった有希ちゃんのご両親の手記が掲載されておりました。

要約ですが、
◆有希を殺し極寒の山中に裸にして捨てた犯人が、今頃どこかで平然と生活しているのを私達は絶対、許せません。一日も早く犯人が捕まり、有希の墓前で謝罪をしてもらいたいと思う。
そして二度と、このような事件が繰り返されることのないように・・・◆

という内容のことが書かれていました。
私と同い年の有希ちゃんの母親・・・ですから他人事とは思えないのです

犯人が捕まっても、有希ちゃんは帰ってきませんがこのような残酷なことをしておいて今頃はきっとどこかでぬくぬくと過ごしている犯人・・・私も絶対に許せません!天罰食らえバカヤロー!!
私がここで記事にしたところで効果はないかもしれませんが、少しでも有力情報を知る方がどこかで見られ、捜査の進展にせめて1%でも役立つことをお祈りしてあえて記事に書かせていただきました
画像 003
栃木県警のHPクリックしてください!

事件から3年も経過してしまい、これから手がかりを探していくのは困難なことかもしれませんが、どうか1日も早く犯人が捕まって欲しいと思います。そうでなければ殺された有希ちゃんも浮かばれません。

それにしても・・・
誘拐殺人や無差別殺人とか、産みの親からの虐待・・・
いたいけな子供達が犠牲になり命を奪われる事件はもうこれ以上、聞きたくありません


今日のお話に共感された方は・・・
何卒”ポチ”っとよろしくお願いいたします

 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

駅からハイキング~水郷佐原②~

あらためて、今回歩いたコースをざっと紹介させていただきましょう
まずはコチラを
画像
絶対、見づらいですよね。。。(^_^;)
今回は、JR香取駅を出発した後・・・
神道山古墳】→【香取神宮】→【旧佐原第二中学校】→【観福寺】→ときまして、【伊能忠敬記念館】をはじめとする佐原の街並みを散策してJR佐原駅にてゴールとなります。

目指すは江戸情緒溢れる佐原の町
香取駅を出発して、最初のスポットはここです
IMG_0637.jpg
神道山古墳
”神の道”だなんて、聞くからに険しそうなところだけどまずはここを上っていきます。
この鳥居から山道を少し歩いていくのですが、ちょっと急な階段なのでやばい!!
出足からいきなり息切れしてしまいました
どうにか、展望広場に到着!
広場からの眺めです。
IMG_0644.jpg

稲荷神社もひっそりと立っていて、神秘的な場所・・・
IMG_0643.jpg
この奥に古墳が点在しているみたいです。
というわけで探検開始!
早速、前方後円墳出現
IMG_0645.jpg

ここ、神道山というところは、”香取の里山”と呼ばれているそうで、位置的にはこれから向かう香取神宮の北側の高台で、推定5、6世紀頃のものとされる古墳群があります。
この場所は、地元のボランティアグループの人達が管理をしているそうです。
そのボランティアの方に”里山”のパンフレットをいただきました。
画像 001
野趣溢れるこの里山には、たくさんの植物も生息しているようで。。。
これら全てを観察していたら、ここだけでハイキングが終わってしまいそう
それだけ、探検の価値十分な場所でした。
IMG_0646.jpg
IMG_0647.jpg
IMG_0648.jpg
IMG_0649.jpg
周囲の緑に癒されつつも、”果たして一般道路に出られるの?”と不安になりつつ無事、山を脱出!

再び佐原目指して歩きます。
今歩いた山を振り返り、あらためて眺めました。↓
IMG_0650.jpg
まさしく、”神の道”だった。。。

さあ、次なるスポットは香取神宮!
のんびり、歩いていきます

水郷佐原の旅はまだ、始まったばかり
というわけで、続きます


いつも、すみません!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ







駅からハイキング~水郷佐原~ その①

去る11月23日に参加した『駅からハイキング』、あらためてその模様を記事にしていきます
例の如く、数回にわたって書いていきますので何卒、暫しのお付き合いを

昨日の記事でざっと紹介させていただきました、鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線)を利用して、
鹿島神宮駅に到着、ここからはJR線乗り換えになります。
IMG_0625.jpg
鹿島神宮はこの駅から徒歩5~10分ほどでしょうか。今回は目的が違うので
また後日、出直しま~す


この駅で乗り換え時間に30分ちょっと時間が余りましたが、鹿島神宮参拝には時間が足りないし
周囲には何もないし・・・
ということで、観光案内所など入ってパンフレット収集して時間を潰していました。
こうしてのんびり過ごし、のんびりとホームに上がってきたらJR鹿島線の登場です
IMG_0626.jpg
ここ、鹿島神宮にて折り返し運転。成田行きです。
いよいよ、出発シンコー!!

鹿島神宮を発ち、最初の駅”延方駅”に向かう途中、鉄橋を通過するのですがこれがまた、
なんともスリリングな車窓なんです
っといっても、画像ではきっと分かりませんよね
IMG_0631.jpg

IMG_0629.jpg
この部分、動画を撮ったのですが只今変換待ちということですので後ほど

”あやめ祭り”で有名な潮来を通過すると、わずか6分で千葉県・香取駅です。
今回の”駅からハイキング”はこの駅が出発点ですので、ここで下車しました。
ホームに歓迎の看板が!!
IMG_0632.jpg

これが、香取駅駅舎↓
IMG_0633.jpg
なんだか、神奈川県の江ノ●駅に似てるような気がするこの駅にカメラを向けていたら
駅長さんに撮ってもらっちゃいました
IMG_0634.jpg
受付を済ませ、地図をもらっていざ出発!
香取駅を出発して主なコースは、香取神宮→旧佐原第二中学校→観福寺・・・と来て有名な商都の街並みを巡る旅となります。いづれも見ごたえ充分なスポットばかり。。。
IMG_0636.jpg
『急いでも ゆっくり歩いても、特典に大きな差はありません
ゆったりと 秋の佐原をお楽しみください』

こんな立て札がところどころに立っていたの♪
なんだか温かい。。。

秋色溢れる里山も越えて・・・いざ、小江戸・佐原へ♪
IMG_0639.jpg
最初のスポット、神道山古墳より

『駅からハイキング』水郷佐原編、これから続きます!


ポチっとよろしくお願いします!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ


大洗鹿島線

去る23日に、おそらく今年最後の『駅からハイキング』に参加してまいりました。
今回の行き先は千葉県の佐原市です。
”小江戸”と呼ばれているとおり、昔の街並み歩きが楽しめるところで見所もたっぷりあり、
日帰りながらも大変充実した1日を過ごすことができました!

が、そのお話の前に・・・

今回はその”足”となりました、鹿島臨海鉄道通称:大洗鹿島線のお話をいたします。
昭和60年3月14日より、水戸~鹿島神宮間を走っております。
IMG_0612.jpg
JR水戸駅、番線発着。
朝は水戸へ通勤・通学のお客さんたちで賑わいます。

こんなかっこいいラッピングカーもあったりして
IMG_0613.jpg
大洗から終点の鹿島神宮間は、大抵1両で走ることが多いみたいですね(・∀・)
水戸を出発すると大洗までは高架線路を走るので、田園風景広がるのんびりした車窓を楽しむことが出来るんです。
途中駅の様子↓
IMG_0618.jpg
”オメデトウ”って、何がめでたいの?
ホームと壁の間には線路があって、ここは高架ホームなのに誰がどうやって落書きしたのかな?


再び水戸駅より↓
IMG_0617.jpg
水戸を出発すると、東水戸・常澄・大洗・涸沼・鹿島旭・徳宿・新鉾田・北浦湖畔・大洋・鹿島灘・鹿島大野・長者が浜潮騒はまなす公園・荒野台・鹿島サッカースタジアム(試合の時のみ停車)そして終点鹿島神宮と進みます。
このうち、有人駅はなんと水戸を除くと大洗・新鉾田・終点の鹿島神宮のみ
沿線の駅は、辺りには民家もほとんどない森の中にひっそりと建っている無人駅が大部分ですので”臨海列車”というよりも”秘境列車”のような、不思議な鉄道です。
中には、”え?こんな駅で降りる人いるの?”というような駅も。
民家も何もなく、自販機すら設置していない駅もあったっけ。。。
”探検してみたい”気持ちがつい、疼いてしまったりして

そして最大の特徴は、
臨海鉄道なのに、車窓から海が見えない!!
太平洋沿岸を走っていますが、海はほとんど見えません
見えるのは田園風景や周囲の雑木林です。
IMG_0619.jpg


この鉄道に乗車の際は決して
『臨海鉄道なのに、海見えね~じゃんよ!!サギだ!と、怒ってはいけません
『海は見えないけれど、その代わりに森や田園風景が楽しめる不思議な鉄道ねと、思いましょう!

こんなツッコミどころを探すのも、楽しいですよ
画像 798
駅名表、ペイントし直した方が良くない?

乗り鉄時の恒例、運転席撮影
IMG_0615.jpg
大洗を越えると乗客はぐっと減り、車両も1両編成となってのんびりトコトコと、終点鹿島神宮まで走ります。
先ほど述べたように、私の冒険心を激しく掻き立てるものがある鉄道ですので、
この鉄道に関しましてはいづれ、もっと詳しくレポートして記事にしたいと思っています。

では、鹿島神宮へ出発シンコー
IMG_0616.jpg


鹿島臨海鉄道HPクリックしてね!

沿線のイベント情報や、トクトク切符などの情報が得られますよ♪


毎度、ありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

おいしいまどんな(*^_^*)

先日遊びに行きました、『第5回土浦カレーフェスティバル』にて、気になるお菓子があったので購入してきました
実は去年のパンフレットでチェックをしていた商品です
IMG_0606.jpg

その名も、
カレーまどんな
IMG_0605_2.jpg
カレーがスイーツになっちゃった!!
レンコンと人参がちゃんと入った、カレー風味のマドレーヌなんですよ
IMG_0607_2.jpg
一見、普通のマドレーヌですが
割ってみると・・・ほらね!
IMG_0608_2.jpg
カレー粉入りのスポンジです。
食べてみると、甘いマドレーヌの味の中に微妙に感じるカレー味・・・
これが不思議にも全然、ミスマッチじゃないから凄い
IMG_0609_2.jpg
ちゃんと入ってるでしょ♪レンコンと人参
一度食べたら病みつきになるこのお菓子、6個買ってきましたが半分以上、うちの父親(元菓子パン職人)に”旨い旨い”と食べられ、私は1個しか食べていません

昭和一桁生まれの元・菓子パン製造のプロが満足するこの”カレーまどんな”は土浦市の和菓子店、
創作和菓子すぎやまさんというお店で製造販売されております。
HPはコチラ創作和菓子すぎやま
”創作和菓子”と名前があるように、オリジナリティ溢れるお菓子が販売されているそうです。
この”カレーまどんな”は、去年のカレーフェスティバルの際特別賞を受賞した人気商品だとか

このほかにも”アイスどら焼き”など、ここでしか買えないお菓子がたくさんありそうです

土浦駅より徒歩5分の場所にあります。
地図はコチラすぎやまさんの地図

これでまた、土浦に行く楽しみができました!


毎度、ありがとうございます
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

0番ホーム?!(○Д○;)

突然ですが、鉄道(というよりも駅)ネタをば。

駅のホームといえば、1番線、2番線・・・ですよね

でも・・・

0番線ホームというものが存在する駅が、
JR東日本内にある?!


さあ、この話を信じるのか?
・・・・・信じないのか?

(某テレビ局にて放映中の番組のパクリです)

READ MORE

土浦カレーフェスティバル♪②

昨日の続きです
カレーフェスティバルもランチタイムとなると、店同士の競争でした!
どこのお店でも、”呼び込み”が行われるようになります。
IMG_0577.jpg
ね~、どこのカレー食べる?

IMG_0580.jpg
いらっしゃいませ~!!当店のカレー、いかがですかぁ~!!

私もつい、2食目のカレーを
IMG_0567.jpg
お隣・つくば市の洋食レストラン、バスティーユさんの”黒和牛レンコンカレー”
ご飯はバターライスなのにゃ
IMG_0568.jpg

”幻の飯村牛”のカレーを提供しているレストラン中台さんの行列もさらに長くなっていたっけ。。。
そんな中、ジャズやエレキギターバンドの生演奏なども行われていました。
IMG_0560.jpg
キーボード弾きのおじさま、素敵
うちの父親もこの位、”粋”だったらよかったのに。。。

有名なバンド、”ベンチャーズ”のコピーバンド”アドベンチャーズ”の演奏は、会場にいるお父様達を熱く盛り上げていました!
演奏曲は勿論、”ベンチャーズ”ナンバーのフルコース
IMG_0576.jpg
私も、”レンコンカレー串”をかじりながら熱くなってしまった!
IMG_0575.jpg
カレーの串焼きなんて、このフェスティバルでしか食えねえべ!

そして、今回はスペシャルゲストとして土浦市出身の若い男性シンガー『神楽』のお二人が呼ばれ、
彼らの演奏も大盛況でした!
IMG_0582.jpg
IMG_0583.jpg
会場には市内の高校も出店していたのですが、みんな舌が肥えているのか素人(学生)の作ったカレーには興味を示さなかったみたいで可哀相に一人も来店している様子がありませんでした。
これを見た、神楽のお二人が
『あそこで店出してるK高校、俺の出身校だから行ってやってくんねぇげ?』
『若い子が作ったカレーなんて、なかなか食えねえかんね!』
なんて具合に、MCで宣伝していました
若々しいラブソングを熱唱した彼らがいきなり茨城弁になった様子に会場が温かい笑いに包まれたっけ・・・
彼らのライブは2部構成で行われ、1部の最後には先日リリースしたばかりの”季節エクスプレス”を歌ってくれました。
その間、舞台の下にいた土浦市長が彼らを見守るように笑顔で彼らの曲をずっと聴いて、誰よりも先に拍手を送っていた姿が印象に残ったなぁ・・・

そろそろ、”品切れ”、”完売”の貼り紙があちこちで見えるようになった頃、いよいよ今年のグランプリの発表と、授賞式が行われることになりました。
森幸男氏により、店頭賞とグランプリ入賞店の発表が行われます。
IMG_0584.jpg
”カレーラーメン”の福来軒さん他3店舗の店頭賞受賞が決定!
IMG_0585.jpg

そして、輝くグランプリ入賞店は・・・・・?

行列が示していた通り、レストラン中台さんでした!

IMG_0586.jpg
おめでとうございま~す!!

グランプリ受賞を果たしたオーナーさんと森幸男氏、土浦市長の3ショットで記念撮影
IMG_0587.jpg

老いも若きも美味しいカレーでみんなニッコリ!!
笑顔で沸いた土浦市の秋・・・とっても素敵だったよ


いつもすみません!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

土浦カレーフェスティバル♪①

帰宅早々家族から、”にんにく臭せ~”と言われました
たしかに、帰りの竹千代号車内はカレー臭が充満していたっけ。。。

そう、本日は予告どおり行ってきましたよ
第5回土浦カレーフェスティバル
IMG_0591.jpg
日本第2位の面積を誇る湖、霞ヶ浦湖畔にある川口運動公園というところで行われました。
数年前より、”カレー”で町興しを図っている土浦市ではもはや、恒例行事となっております。
ほぼ時間を同じくして近くのホテル”ホテルKANKOH”では土浦同様、カレーの都市に認定されている神奈川県の横浜市・横須賀市他の都市から代表者をお招きして、”カレーサミット”が行われていたそうです。
IMG_0604.jpg

もはや”カレー”は、日本人のソウルフードとなりました。
日本人のカレー人気をそのまま裏づけするような、この人・人。。。
IMG_0536.jpg
IMG_0537_20081122181910.jpg"
上の2枚の画像は、”カレー試食無料券”の行列でした。でも先着100名のみなのに・・・
絶対、漏れると思って私は並ぶの、パス!

手始めにまず、こんなものを買ってみました
IMG_0539.jpg
土浦ツェッペリンカレーコロッケ
土浦のオリジナルカレー、”ツェッペリンカレー”がコロッケの具になりました。
揚げたてのアツアツで、寒さもへっちゃら
IMG_0540.jpg
美味しそうでしょう~!!
はい、ア~ン
IMG_0541_20081122185659.jpg

土浦市長の挨拶。
IMG_0548.jpg
オープニングセレモニーが行われている中、そろそろ”カレーライス”の試食を。
ということで。
たくさん店舗が出店されているので、どこで食べたら良いか迷いますが
物凄い行列のお店を発見!!
IMG_0542.jpg
うひゃぁ~!!最後尾、どこ~?
こんなにたくさん並ぶなんて、きっと美味しいに違いない!
と、確信しまして即、並ぶことにしました。
この行列が出来ていたのは、市内の『レストラン中台』さんというお店です。”幻の飯村牛”と呼ばれている土浦産の牛肉入りカレーが大好評だったようで。
IMG_0553.jpg
過去何人もの有名人が訪れているレストランだそうです。
現在、日本のトップに立たれているお方や、今場所休場中のあの横綱までもが
行列もこんな状態でした
IMG_0551.jpg
食券を購入するまでの待ち時間およそ20分さらに購入後再び待つこと数十分。。。
その間、先ほどオープニングセレモニーを終え、今年のグランプリを決めるために試食にやってきた、
土浦市長と、今回のカレーフェスティバルに相当のご尽力をくださったカレー界の第一人者・森幸男氏がテントの奥で試食をする姿も覗いちゃったりして。。。
IMG_0555.jpg

会場も益々、ヒートアップ
IMG_0552.jpg
そんな様子をキョロキョロ見渡しているうちに、ようやく私の手元にもカレーが!!
IMG_0556.jpg
飯村牛ビーフシチューカレー 500円
見て!おそらく長時間煮込んだであろうと思われる、このスープカレーを!!
IMG_0557.jpg
コクがあるのにまろやかな味で、それでいてしつこくない・・・
一口舐めれば後を引く、よってご飯がすすみます
はじめは、”ちとご飯が多いんでねーげ?”とツッコミ入れましたがとんでもない!!
そして、この牛肉(幻だという)の舌触りの柔らかいことといったら!!
IMG_0558.jpg
ほっぺが落ちますわ~(≧∇≦)!!


フェスティバルですから当然、食べるだけでなくライブも行われました。
そして、今回は同時に『食の地域名産品大集合』ということですので、土浦市内のみならず茨城県内のいくつかの地域からも出店!
これらを回るのも楽しかったです
IMG_0543_20081122202313.jpg
その模様は、また次回


いつもすみません!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

湖畔の紅葉狩り~水戸市大塚池~

はっきりとしない天気が続いていましたが、今日は久々スッキリと爽やかな晴天でした!
でも、とても寒かったけれど。。。

・・・そういえば、今年はまだ大塚池紅葉を見ていないぞ!
ということで、ランチタイムにマクドナルドでハンバーガーセットを買い、大塚池に出かけていきました!
画像 036←竹千代号車中より。 そろそろ”晩秋”の景色かな?

竹千代号内にてのランチタイムを終えた後は、食後の運動ということでお散歩タイム♪
既に落ち葉がたくさんあり、湖畔の遊歩道はそろそろ冬景色になってきた様子ですが、まだ紅葉が綺麗でした!
画像 034  画像 026

白鳥や黒鳥たちも多数、群れていました。
画像 022
餌を求めてバタバタと羽を広げながら、他の散歩客のところに近づいているものや陸に上がって日向ぼっこ(?)しているもの、様々です。
画像 018

おや?(゜o゜)こんなところまで上がってきて・・・
画像 017
ここにいる白鳥も黒鳥も、人に慣れているのかちっとも物怖じせず落ち着いています。
人間が近づいても平気!
画像 006
白鳥と黒鳥のハーフ?携帯画像では分かりづらいかもしれませんが画像のは灰色ボディです

画像 019 画像 023
水のある風景って、なんだか心が落ち着くと思いませんか?

千波湖に比べると、あまりポピュラーでなく穴場的なスポットだけど・・・
四季折々の季節感が味わえ、のんびりした和みの空間です
画像 021


画像 001 画像 004
もうすぐ季節は冬となります。
大塚池の風景も、すっかり晩秋となりました。
あと少ししたらここは、冬景色となることでしょう。。。



よろしくお願いします!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

土曜日はカレーの日♪

こちらは今、冷たい木枯らしの吹く、寒い夜です
なんでも初雪が降った地域もあるみたいですね。。。

こんな時に、ちょっとホットな話題を。

来る11月22日(土曜日)、午前10:30より土浦市の川口運動公園という場所で
『第5回土浦カレーフェスティバルが行われるそうです
画像 004 画像 003

ブログ友達、風のふくままかおくんさんの記事で知りました。

カレーフェスティバル自体は毎年行われていることは知っていましたが、いつも行かずじまいだったんです。
今回は休みもとれたし、行ってみようと思っています。

かつてツェッペリン伯号が霞ヶ浦に停泊した際、その乗組員をカレーでおもてなししたというエピソードがあり、今土浦市では”カレーによる町興し”を行っているそうです。
このお祭りでは、日本一の生産量を誇るレンコンをはじめ地元の食材を使用したオリジナルカレーが数多く出品されるようでカレー好きにはたまりません

又、カレーライスのみならず、カレーを使った菓子類・・・カレーパンやドラ焼きなんかも販売されたり、チラシによれば茨城の他の地域の名産品も楽しめるそうなので益々楽しみです
画像 002
カレーが好きなら土浦行こう

ちなみにわが竹千代家では、毎週土曜日は”カレーの日”と決まっているんだけどな
ま、いいか。たまには1日3食カレーだって!


余談ですがこちらは、我が家で愛用しているカレーです。
画像 001
ハウス食品”こくまろ” 辛口
皆さんのお家のカレーは、何ですか?


よろしくお願いします!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

だめだっぺよ~(--#)

TVのニュースでやっておりましたが。。。
『茨城県稲敷市で17日夜、50歳の警視庁幹部が飲酒運転し、当て逃げ事故』だって!!

ニュースによればこの幹部、職場の同僚達と一緒に茨城県の稲敷市(あの”欽ちゃん球団”でおなじみの”ゴールデンゴールズ”の拠点ね!)にキャンプに来て、ビールや酎ハイをかなりの量飲んだ挙句に、その日の夕刻過ぎに自分で車を運転して帰宅したとか
現行犯で逮捕された時、飲酒運転の基準値をかなり上回るほどのアルコール成分が検出されたそうです
その途中に稲敷市内の県道で接触事故を起こしてそのまま逃走、挙句に自損事故を起こして現行犯で”お縄”となったそうです

しかもこの幹部、飲酒運転撲滅対策を担当していたらしいです

いやはや、呆れました。。。
可哀相だけど懲戒免職はまず、免れないですね!
国民に”飲酒運転厳禁!”を呼びかけていた人がどうして?といったところですかね・・・

ここ数日、飲酒運転により失くさなくてもよい尊い命が相次いで奪われる悲惨なニュースが相次いで起きていましたね。轢いた後に被害者を数キロひきずって走ったという、誰が聞いても恐ろしく、胸の痛む悲しいニュースが。。。その矢先に!!
画像 001
どんなに罰則を厳しくしても、一向に無くならない飲酒運転。。。
困ったものです

飲むと楽しいお酒でも、一歩間違えれば”麻薬”となります。
そして、車は一歩間違えれば”走る凶器
大げさかもしれませんが、飲酒運転は”麻薬浸り”になった状態で”凶器”を振り回すようなもの。。。
恐ろしいじゃありませんか。。。
そのことを車を運転する全ての人が理解していたら、あのような悲惨な事件は起きなかったはずなのに。。。


残念なことにわが茨城県でも飲酒運転多いです。
交通機関が不便なため居酒屋まで行くのには車を使わなければなりません。
居酒屋にはちゃんと、駐車場がありますから、飲んで運転して帰る人多いですね。。。

『俺は酒強いから大丈夫!

『酒飲んだほうが運転、上手いんだよ

なんて豪語している人、皆さんの周りや知り合いにいらっしゃいませんか?
とんでもありませんよ
アルコールは理性を麻痺させます。
自覚症状を感じていないだけで、はたから見たら飲酒運転はすぐに分かります。
知らず知らず、蛇行していますから
画像 002

『しってっぺ!(知ってるでしょ)
飲んだらのるな、忘れんな!』


『しってっか?(知ってるか?)
飲ませたおめえも 共犯者』


茨城県の交通標語です。飲んだ人は勿論、悪いけれど今では飲ませた人も罪に問われる時代です。
車を運転する人にはどうか、飲酒を勧めないようにしてください。
そして、飲もうとした運転手を引き止めてください。

これから暮れにかけては特に、飲む機会が多くなるかと思います。
車を運転される皆さん、くれぐれも飲酒運転はやめましょうね

私めは。。。といいますと
勿論、しっかり飲んで”代行”で帰ってきますよ



”飲酒運転、反対!!”に賛同くださる方、
ポチっとよろしく(笑)
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

紅葉散歩♪

・・・昨日がこのくらいの天気だったら良かったのに。。。と、思いたくなるような今日の青空でした。もっとも午後から雲ってきましたが。。。

お弁当を食べ終え、余った昼休み時間でちょっとお散歩タイムを
会社付近の駐車場には雑木林がありまして、それがあまりにも見事な紅葉だったので、
つい携帯で撮影タイム
画像 016
緑の森の中で、赤・オレンジ・黄色・・・と色とりどりでした!
画像 015
いつもはこのてっぺんを、カラスが数匹飛び回ってはカァカァ鳴いているのですが
今日はお休みのようで。。。

画像 012 画像 003
画像 011
ここは、観光雑誌などで紹介されている”紅葉スポット”な場所ではありません。
何の変哲のない、住宅地内にあるただの雑木林にしか過ぎません。
ですが、こんなにも素敵に”秋色”に彩られているのです
やっぱり、自然っていいなぁ。。。。。
画像 008
風の吹かれ、”落ち葉”となってたくさん集まっていました。
そろそろ、冬の準備かな?
画像 007
黄色いのも鮮やかでしたねぇ。。。

バス停の桜の木もこんなに綺麗
画像 004 画像 005
バス停名、出しちまったけどいいか?

勤務時間の合間の紅葉狩り。。。
皆さんのお近くでもこのようなところがあるかもしれませんね♪

紅葉狩り、皆さんはもう楽しまれましたか?


いつもすみません
励みになりますのでポチっとよろしく

 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ




水戸市立博物館

会社の飲み会が久々、昨夜ありまして。。。
本日午前中は二日酔いに泣かされ、家の中で静養でした

天気はあいにくの曇り→でしたが体調が回復した午後1時、水戸市立博物館へ行ってまいりました!
現在、11/23までここでは企画展示として
『激動の昭和鉄道史』が行われております。
IMG_0523_20081115193905.jpg
昭和~平成と、茨城県を縦断するように走っている鉄道・常磐線を中心にかつて水戸駅を通っていた、国鉄(後のJR)・私鉄を問わない鉄道たちの歴史や移り変わりが資料で紹介されていました。
IMG_0521_20081115194420.jpg
インパクトの強いオブジェが強烈印象な博物館玄関です。

IMG_0522.jpg誰なんだろう?一体・・・

謎のオブジェが脳裏に焼きついたまま、博物館内に入ります。

企画展示は場合により有料ですが、常設展示は無料です
水戸市の市制90周年を記念誌、昭和55年に開館されたという、水戸市立博物館
中に入るとなんとなく、”昭和”の香り。。。
動き出すたびに”ブ~ッ”とブザーが鳴るエレベーターに、『化粧室』とは書かずに『便所』という表記のトイレなどが、懐かしい。。。
歴史から始まって、生活文化・自然などの分野にわたって資料や書籍、美術品などによって『水戸』という街が紹介されているので、水戸を知りたい方ならこの博物館は必見でしょう。

これまでブログにて、茨城県内のあちこちの市町村の”ここがイイ!”を紹介させていただいていたけれど、肝心の”水戸市”についてはどうだったかな?というのが博物館を訪れ、見学し終えた後の感想でした。
長年、住み慣れた水戸だけどたまにはこうして自分が住んでいる市のことを勉強していくのも悪くないかな。。。と

今回の目的はコレだったけどね♪
IMG_0524_20081115201717.jpg
特に、昭和30年代初期の模様を分かりやすく鉄道模型で再現し、説明してくださったのが面白かったです。

展示物の写真撮影は禁止のため(というよりも、そんなことしている人は一人もいなかった)、
書籍を購入してきました。
今回の企画展示『激動の昭和鉄道史』の資料を書籍化したものです。
付録にDVDが付いて1冊1,500円安い!!
IMG_0531_20081115202157.jpg
水戸駅が、これまでの鉄道史を振り返って語る・・という設定で、昔懐かしい特急”はつかり”(現在は東北本線にて運行)や特急ひたち、急行ときわ、市内を走っていた水浜鉄道(大洗~水戸)など過去の映像が紹介されております。
特に、旧水戸駅の姿が映し出されたときはもう、懐かしさで一杯!!
IMG_0525.jpg
まだ水戸駅ビルエクセルがなかった頃の水戸駅。(資料:『激動の昭和鉄道史』より)
IMG_0527.jpg
かつても2階建て駅舎でしたが現在のようにペディストリアンデッキも水戸黄門ご一行の像もありません。
水戸駅観光デパート”、懐かしい言葉だわ。。。(^^。)
IMG_0526_20081115214519.jpg
IMG_0529_20081115214720.jpg
水戸駅北口⇔南口を繋ぐ通路もこんなだったっけ。。。

やがて駅ビルエクセルと、ペディストリアンデッキが完成し昭和59年7月に、現在のスタイル
となるまで、この駅舎は昭和31年以来28年続きました。
IMG_0141_20081115215035.jpg
現在の水戸駅。開業以来6代目の駅舎となります。新装駅舎に変身した水戸駅を一目見るために、
出不精なわが父親がオープン初日に出かけて見に行き、
”まるで東京なみだ!と、感動して帰宅した様子は今でも忘れません。

博物館は古き良き時代や、戦争など絶対に忘れてはならない苦い過去を知る重要な施設だと思います。こういった資料はぜひとも後世に残していかなければなりませんね。


・・・なんだか上手くまとまっていませんね
やっぱ、飲み過ぎたかな?(笑)



今日もよろしくお願いします!
  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ





常陸秋そばフェスティバル<こくぶん祭⑦>

那珂市の『ひまわりフェスティバル』に始まった私の国民文化祭巡り、
最終回は常陸太田市にて去る11/9(日)に行われた『常陸秋そばフェスティバル』にて締めることになります

常陸大宮市の『西塩子の回り舞台』にてこども歌舞伎を満喫した後、余韻を残したまま竹千代号は秋そばフェスティバルの行われている常陸太田市(旧金砂郷町)の”交流センターふじ”へ移動。
畑の中にある”特設(?)駐車場”に竹千代号を留守番させて会場に入りました。
IMG_0521.jpg
お好み焼きやクレープなどが販売されている屋台が所狭しと入り口付近に立ち並んでいます。
ここだけでおなか一杯になりそう!!
その前を通って、会場に進みました。

ちびっ子ダンサーによるダンスも屋外ステージにて行われていました。
IMG_0523.jpg
IMG_0524.jpg
勿論、国民文化祭のオリジナルグッズの販売も!
IMG_0526.jpg
こくぶん祭のマスコット、”ハッスル黄門くん”のストラップやぬいぐるみなどが揃っています。
お菓子”ハッスル黄門くんまんじゅう”は、フェスティバル終了を待たずに完売しました!

”そばフェスティバル”だから、そばを食べねば
と、急ぎ足で会場に駆けつけましたがこの通り!!
IMG_0528.jpg
IMG_0529.jpg
IMG_0531.jpg
どこもかしこも、”満員御礼”状態。。。
地元の店舗のみならず日本各地のそば打ち名人がここに集結し、その腕を競い合います。
北は東北、南は広島・・と、全部で12店舗が出店!!
どのお店も長蛇の列で、どこに並んだらいいのか選ぶのに迷ってしまう。。。
IMG_0530.jpg
職人さんがそばを打っている姿も”生”で見ることができました
迷った結果、”やっぱり地元だろ”ということで『いばらき蕎麦の会』さんのテント前に立つことに。
注文してお金を払ったら即出てきたので、不安になったけれど食べてみたら
やっぱ、うま~!!
IMG_0532.jpg
みずみずしさとコシの強さ!!これぞ”常陸秋そば”だ~!!
IMG_0533.jpg
座る席がなかったので、縁石の上に腰掛けて秋そばを味わいました。
蕎麦湯がてら、別なところで無料試飲の温かい蕎麦茶を飲んで、ほっと安心

おなかを満たした後は、芸能観賞ということで。
田楽祭が交流センターのホールで行われているというので向かったら、前の時間に出演されていた方々の記念撮影が行われていました。
IMG_0537.jpg

ホール内に入ると、なんとブログラムに書いてあった時刻よりも30分早い時間で
地元・『東金砂神社田楽舞』が始まってしまいました
そばの食べ歩きなどしてのんびり歩いていたら見られないところだった!!
というのも、プログラムでは14:05からの上演だったはずなのが実際は13:30ごろから始まったのです。そして終了時刻は、開始予定時刻の14:05よりも前の時間に終了してしまったんです
IMG_0538.jpg
早いうちにホールに入っていてよかった!
でもきっと、見たかったのに見れなかった、という人いたはず
何故時間が繰り上がってしまったのか、どなたか事情を知っている人いないかな?
IMG_0541.jpg

ここに来た目的は、この『東金砂神社田楽舞』を見ることでした。見逃さなくてよかった
IMG_0543.jpg
田楽が行われる金砂神社の大祭礼は千年以上の歴史ある伝統文化ですが、これまでに17回しか行われていません。というのもこのお祭りはなんと、72年に1度しか行われていないからです。
最近では平成15年(2003年)に行われました。
IMG_0545.jpg
次回の大祭礼は、2075年開催。その時我々は・・・・・

IMG_0547.jpg
今回、茨城で行われた『国民文化祭』をきっかけに私もいろいろな伝統芸能があることを知りました。
郷土を見直す、良い機会だったと思います。
楽しかった国民文化祭も、去る9日で幕を閉じましたがこれらが地域の活性源となってくれることを祈りたいと思います。
これをきっかけに茨城県民の皆さんが、地元茨城を愛していけますように。。。

もっと、茨城マイラブ♪

茨城を愛する方、何卒ポチっと!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

ちなみに次回、第24回国民文化祭(2009年開催)の会場は、静岡県だそうです。

THEギャラリー~西塩子回り舞台・舞台道具展示会~

楽しみにしていた”こども歌舞伎”を観賞して”ご満悦”な気分の覚めぬ内に会場を後にして、次なる目的地・常陸太田市の『常陸秋そばフェスティバル』へ向かいます。

ですが、その前に。。。。。
わが竹千代号を塩田小学校校庭に駐車しておいたことは既に先日の記事で書きましたが、そこに戻ってきて、竹千代号に乗り込む前に小学校体育館にて、舞台道具の展示会が行われているというのでそちらを見学することにしました

舞台を行う際に、なくてはならない道具一式がここに集結!
IMG_0510.jpg
正面に飾られているのが、回転する”フスマ”と呼ばれるものです。
全部で10種類×2の図案が揃っていました!
IMG_0508.jpg

IMG_0509.jpg

IMG_0513.jpg
体育館のギャラリー部に飾られているのは、舞台幕です。
普通、こういった場所では写真撮影が禁止されていますがそれがなかったのが嬉しいです
IMG_0512.jpg
↑役者札

体育館正面ステージにセットされたこちらが、回り舞台
IMG_0516.jpg
下のほうを見てみましょう
IMG_0514.jpg
舞台を回転させるため、中央の木柱があるのがお分かりですか?
これを軸にしてくるっと回転させているんですね~
この中も覗いちゃえ
IMG_0517.jpg
これが時々、回りすぎてしまうこともあるみたいです
実際、今回の舞台でも回り過ぎて女の子の役者が登場しようとしてバランスを崩し、コケてしまったハプニングがあったっけ。。。
生放送は本番、何が起きるか分からない!(エ?)

公演が終われば、西塩子の舞台も解体され、こうして”道具”に戻り、次回の公演(基本的には3年毎)まで再び蔵の中で眠りにつきます。
IMG_0477_20081112210816.jpg
この”回り舞台”復活の話が浮上した当初は、当然賛否両論が出たそうです。
何しろ復活は半世紀ぶりのこと。これだけ大掛かりなものを組み立てるのに当時関与していた人たちは当然、世を去った人ばかりなので古い映像や資料を元に行わなければなりませんでした。
そして中には、”今更、歌舞伎舞台の復活など何の意味があるのか?”と言う人まで現れたそうな。
IMG_0474_20081112211331.jpg
そんな前途多難がありましたが、それを乗り越え平成9年にこの回り舞台は再び、
陽の目を見ることになったというわけなのです

見てください!この屋根を!
IMG_0495.jpg
舞台の組み立ては保存会で行われますが、地元の学生や市内・外のボランティアの方達の協力も得て二十日ほどの期間をかけて完成されます。これに加え、舞台衣装や小道具の作成、芝居の稽古などを考えたら、公演までの関係者たちの苦労は相当なものです

地元住民達による血と汗と涙の結晶も、舞台公演が終われば1日で解体され、会場は元の静かな広場に戻ります

『西塩子の回り舞台』が常陸大宮市の文化財として保存されていくためには、芸能文化の”継続”をしていかなければなりません。復活だけなら1日でも可能ですが、”継続”していくのは難しい。。。
”少子高齢化”が進む現代社会で、この文化を末永く伝承していくのは決して易しいものではありませんが、これが郷土資料の中だけの文化とならないことを祈りたいと思います。
IMG_0485_20081112214025.jpg


”西塩子の回り舞台”の継承と、常陸大宮市の今後の発展を祈って・・・
”ポチ”っとよろしくお願いします!(←関係ね~べよ
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

西塩子の回り舞台(後編)<こくぶん祭⑥>

歌舞伎にはさしたる興味もなく、全く無知ではありますが今回、この常陸大宮市で行われた
西塩子の回り舞台”にてお披露目される”こども歌舞伎”は是非、見たいと思っていました。

さあ、いよいよ”こども歌舞伎”の登場です。
今回の記事は動画も掲載しておりますので、よろしかったらご覧くださいませ♪
IMG_0496.jpg
先だって行われた『子宝三番叟(こだからさんばんそう)』に続いては歌舞伎では欠かせないストーリー『白浪五人男』が行われることになっておりますが、時間が空いてしまったために司会進行役のお二方、”繋ぎ”に一苦労でした。

舞台に出演する、わが子あるいは孫の晴れ姿を見るためにプログラムに書かれた時間を見て、それに合わせて都合つけて来場するお客様もいらっしゃることを考慮に入れ、時間を繰り上げることはしなかったということです。
急ぎの人にはじれったかったかもしれないけれど、こんな配慮は温かいですね
この間、私めは体を温めておきます
IMG_0504.jpg
名物手打ち蕎麦:鳥そば
ネギが、でかっ~!!
お店の人、『うちのネギは新鮮だよ!つい2時間前まで畑に植わってたやつだから』だって!
鶏肉に豆腐もたくさん入っていて、良いだしがきいていて温まりました

さあ、いよいよ始まりました!
こども歌舞伎版、『白浪五人男』
花道から、”日本駄右衛門”役の男の子が登場!
”いよっ!大統領
IMG_0497.jpg
では、動画をご覧ください!
”南郷力丸”役を演じた、小学4年生のR・K君

私の中ではこの子が一番、上手だったと思います。
顔つきも演技も役者そのもの!
会場に歌舞伎関係者の方がいらしたら、スカウトされたかも?!


有名な、”稲瀬川勢揃いの場”が塩田小学校生徒達によって演じられました。
IMG_0502.jpg
以前は1学年で行われていたそうですが、少子化社会の影響でしょうか。
今は”縦割り(全学年一緒)”で行われているそうです。
IMG_0503.jpg
立ち回りシーンが、とても可愛かった(≧∇≦)
あどけない口調でたどたどしく、難しいセリフを話すところがまた可愛らしくて会場に温かい笑い声が起こっていました。
そうそう、おじいちゃんやおばあちゃんが投げる”おひねり”の雨も舞台にたくさん、降っていたっけ

舞台終了後、同級生たちから花束。
お疲れ様~
IMG_0507.jpg

常陸大宮市の”西塩子回り舞台”は平成の今でも活用されているのでした。
そして、”大宮歌舞伎”のいまやメインとなっている”こども歌舞伎”ですが
今や深刻な社会問題となっている”少子化問題”の影響で、この伝統芸能が未来に継承されるのは
困難なことかもしれませんが、願わくばこれからも100年、200年・・・と末永く続いて欲しいと思っております。

よろしくお願いしま~す!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ



西塩子の回り舞台(前編)<こくぶん祭⑤>

東西、東西~♪
さあ皆さん、お待たせいたしました!常陸大宮市の『西塩子回り舞台』のお話、
まもなくはじまりまする~♪

IMG_0472.jpg

開始を今か、今かと待ちわびている人たちの様子・・・
IMG_0473.jpg
時は18世紀、歌舞伎が一般大衆や農民の間でも人気を呼ぶようになり、見ているだけでは物足りなさを感じた当時の農民達が自ら舞台に立ち、演技をするようになりました。ここ・茨城県でもその動きがあったようで、当時の大宮の農民達が組み立て式の回り舞台を設置し、そこでお芝居をするようになったそうです。当時の組み立て式舞台は国内でもあまり発見されておらず茨城県では現時点でここ・常陸大宮市だけだそうです。
IMG_0476_20081109221659.jpg
舞台を飾る道具の一種、『本床(チョボ)』と呼ばれる部分。

昭和20年ごろまでこの舞台が組み立てられていたそうですが、いつしか”お蔵入り”状態となってしまいました。が、平成3年に市内の民俗資料館による調査がきっかけとなり、
”舞台を保存しよう”と、保存会が結成され平成9年に復活、さらにその後には
”保存するだけでなく、実際に使おう!”という声が挙がり、地芝居一座『西若座』(名前の意味は、”西塩子”の”若”い衆(茨城弁では”わげし”っつうんだ)という意味だそうです。)が結成され平成10年に初舞台『白浪五人男』が上演されたといいます。
IMG_0475_20081109222536.jpg

回り舞台”っちゃ何?
という方のために。。。

IMG_0488_20081109222649.jpg

IMG_0489_20081109222728.jpg
このように、舞台中央の”フスマ”と呼ばれる部分が回転して、役者が登場したり場面転換をする時に使われます。フスマには、裏表違う図案が書かれています。桜吹雪だったり、龍などの生き物だったりするのですがこちらはまた後で

そして、この”大宮歌舞伎”の人気はなんといっても
こども歌舞伎
IMG_0491_20081109223426.jpg
平成13年より、地元の塩田小学校2年生が授業で取り組んだことがきっかけで、以後学校で代々引き継がれているそうな。
子供達が舞台に立ち、演技をした時には”おひねり”の雨が降りまくりです

歌舞伎で町興しをしているとは、なんて粋な町だったんだ大宮は

さて。固い話はこのくらいにいたしましょう
続く後編では、この回り舞台にて行われた”こども歌舞伎”の模様をお伝えいたしまする~。
それでは皆さま、隅から隅までず ず ずいーっつと御願い奉りまする~

IMG_0487_20081109224507.jpg

どうかおひねり、いや”クリック”を何卒、何卒
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

里の小学校

昨日の記事で予告させていただいたとおり、本日11/9は
常陸大宮市の『西塩子回り舞台』と、常陸太田市の『常陸秋そばフェスティバル』の両方を、
駆け足ではありますが見物しに行ってまいりました!
これに関しての記事は、後ほど数回に分けてお届けいたしますのでちょっと待っててね
現在、資料や画像を整理中であります^^。

先に訪れたのは常陸大宮市でした!以前は大宮町という名前でしたが”平成の大合併”により
隣接する山方町(あの”関東一のジャンボ鍋”でおなじみの芋煮会の会場となるところ)・緒川村(”水戸黄門”のキャラ・風車の弥七のモデルとなった人のお墓があります)・御前山村(関東の嵐山・御前山が有名)・美和村(夜空の星が綺麗で、”星のふるさと”と呼ばれていました!珍しい県境の神社、鷲子(とりのこ)神社があります)の町村と合併し、現在の常陸大宮市が誕生しています。
水戸から約1時間、ここ常陸大宮市に入るとそれまでの町中の景色から一転して、のどかでマイナスイオンたっぷりな景観が広がります。車でもJR水郡線でもここは奥久慈の玄関口なのです。
IMG_0470_20081109193326.jpg
会場駐車場の一つ、塩田小学校付近にて

会場の駐車場が既に混雑しているかもしれないと思い、わが愛車・竹千代号は塩田小学校のグラウンドでお留守番してもらうことにしました。
IMG_0520.jpg
こんな時じゃないと、気軽に入れないもんね!学校なんて
塩田小学校校舎は、木造ではないもののトンガリ屋根の時計台が可愛らしくて、
バルコニーも洒落た感じ♪
IMG_0519_20081109194534.jpg
山の中のメルヘンな小学校という感じ♪映画かドラマのロケやっても良さそうな小学校です。

先日の『なかひまわりフェスティバル』では、11月に咲くひまわりに驚かされましたが
ここではなんと、朝顔
IMG_0466_20081109195449.jpg
小学校のフェンスに咲いていました
まさかこれは”こくぶん祭”用に咲かせたものではないでしょう。。。
やっぱり、地球温暖化が進んでいるんですかねぇ。。。
IMG_0465_20081109195710.jpg

会場までは歩いて10分ほど。ここからも会場までのシャトルバスが出ていたけれど日頃運動不足でメタボ予備軍な私は歩いていきました

校庭の銀杏があまりに見事だったので、パチリ
IMG_0468.jpg
IMG_0518.jpg
学校のすばには貯水槽のような池があって、そのそばにも銀杏の木がありました。
フェンス越しに眺めると、なかなかいい感じ
IMG_0467_20081109194200.jpg

高台にある小学校を降りていき、会場に向かうのですがその際振り返って学校を再び!
IMG_0469.jpg
画像だとあんまり綺麗じゃありませんが、実際はすっごく綺麗だったんですよ紅葉

この小学校の体育館で、”回り舞台”に使われるもの一式を展示していましたがこちらは戻ってきてから見るとしまして。

それではこの後はいよいよ、『西塩子の回り舞台』のお話を書いていきますね!
今回はこのへんで


よろしくおねがいします!
  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

『国民文化祭』いよいよ最終日!

去る11月1日より、わが県にてスタートしました『国民文化祭・いばらき2008』も明日11/9で終了いたします。
あっという間の9日間でした
関係者の皆さん、出演者の皆さん、大変お疲れさまでした!

さて、最終日の閉会式はつくば市のノバホールというところで17:00より行われるらしいですが、
こちらはおいといて  チケット買ってないもん

明日11/9は、茨城県の常陸大宮市(旧:大宮町)と常陸太田市(旧:金砂郷町)にて
こんな催しが行われるというので。。。
画像 010

常陸大宮市:西塩子の回り舞台
常陸太田市:常陸秋そばフェスティバル
常陸大宮市の『回り舞台』は、文化祭のオープニングでもお披露目されていたものです。
現存する組み立て式農村歌舞伎舞台の中で最古だといわれている舞台も見る価値ありだけど、
その舞台にて披露される地元の子供達による歌舞伎などの芸能も見物です

そして、常陸太田市の常陸秋そばフェスティバルには田楽祭(各地で伝承されている保存芸能、地元は勿論、他県からもお招きしたらしい)が行われるんです
それ以上に”常陸秋そば”も楽しみなんですけど

しかし、これがいづれも同じ日同じ時間帯で行われるんだもんなぁ。。。
画像 011

仕事以上にず~~~と、悩んでいましたが結局
両方、半分づつ見るぞ!という結論に達成しました!

そんなわけで、行って来ます!


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

エレキライブinTUTIURA(土浦市)<こくぶん祭④>

去る11月3日は、土浦市が熱くなりました!
そう、既に過去の記事にて告知させていただきましたが11/3は土浦市民会館にて
『”エレキの若大将”と寺内タケシとブルージーンズ』IMG_0195.jpg
今回のこくぶん祭、土浦市では『映像文化フェスティバル』をテーマに土浦映画まつりを
ここ、市民会館と市内の映画館”土浦セントラルシネマズ”にて同時に行われていましたが
今回、我々親子が観賞した市民会館ではなんと、
映画とエレキギターの生演奏という、なんとも欲張りな企画
しかも、”エレキの神様”こと土浦市出身の寺内タケシ氏の生演奏が聴けるというのだから・・・
入場料、たったの1,000円で

んなわけで、やってきました!
IMG_0486_20081106203934.jpg
IMG_0487.jpgハッスル黄門くんがお出迎え握手もしたよ♪

映画と音楽、一緒に楽しめるなんて!
ありがとう!土浦市
IMG_0488.jpg
スタッフ一同、頑張ってます♪
IMG_0489.jpg
館内では、ビデオやCDは勿論、ストラップにTシャツ、ギターピックなどの”寺内グッズ”も販売中!
IMG_0490_20081106204447.jpg

開会の挨拶があった後は、映画『エレキの若大将』の上演が始まりました!
1965年の封切り、”若大将”こと俳優・加山雄三さんを大スターにした出世作となったばかりではなく
世に”エレキブーム”を起こした作品であります。
この映画には”神様(寺内タケシ氏)”も出演されているんですよ。
その1場面をどうぞこちらでエレキの若大将(1965年)より
※埋め込みタグ未設定の為、直接動画を掲載することはできません。

映画の後すぐに”エレキの神様”の生演奏開始でした!
写真・ビデオ撮影禁止ですので、演奏の模様を画像や動画でお伝えすることはできませんが。。。
年齢を感じさせないギターの”速弾きテクニック”そして、人を魅了するMC。。。
神様のMCは”飾り気ナシ”、”親しみやすい”、”笑える”・・の三拍子で実に聞きやすい!
開会式の時や映画の際、おしゃべりしていたおばちゃんたちをも黙らせる魅力があったようです

毒舌を交えながらも神様の故郷・土浦そして同級生達を大切に思う心は、熱い語り口で充分、伝わってきました。その中でも一つ、心に残ったお話が

数年前、土浦市内(だったと思う)のある講堂でライブをやっていた神様が、演奏中突然吐血し体調をお悪くされ、”公演中止か?!”という状態に陥ったことがあるそうな。普通に救急車を呼ぶと騒ぎになってしまうことを恐れた神様が、弟さんに電話して
”観客を不安にさせたくないから出来るだけ内密に、病院を手配してくれないか”
と頼んだところ、運ばれたのは市内の協■病院。これまで親や親戚がこの病院で亡くなっていたので神様の中では、”ここに運ばれたら終わりだ”という観念があり、協■病院にだけは行きたくないと思っていた矢先のことで、行き先を知った瞬間”あ~、俺ももう終わりだ”と思ったそうな。
しかし、その後の手術で神様は命拾いをしました。そして持病の不整脈も完治したとか
神様は語ります。
『故郷の病院で手術をしたから自分は助かったんだ。”生まれ故郷”という安心感が自分を救った。
もしもこれが北海道など遠くの病院での手術だったら、今自分はここにいないだろう』
と。
神様がどれだけ”土浦”を愛し、大切な故郷と思われているか、それを知ることが出来て
嬉しさを感じました
・・・って、竹千代は水戸です
神様のように果たして、水戸を愛せるだろうか。。。

かつては”不良が持つ楽器”と思われ疎まれてきたエレキギターでベートーベンの『運命』や日本民謡の『津軽じょんがら節』を編曲し、演奏して見事レコード大賞編曲賞を2度受賞。
このことでエレキギターが見直されるようになり、エレキの歴史を変えた神様・・・
その功績は偉大です
これからも元気に演奏活動をし続けられて欲しいです

ライブの思い出を持ち帰ってまいりました
IMG_0491_20081106220818.jpg
IMG_0492.jpg
ツアーライブCD ¥2,500
サインは演奏終了後、ご本人から直筆。

約4時間の素敵な時間はあっという間に終了です
映画見て、エレキギターのライブを観賞して
”エレキの神様”のお人柄に触れることが出来て。。。これで1,000円は安すぎ
土浦市も太っ腹なところがあるね
親子共々、楽しく過ごして”元気の源”をもらいました!


過去の記事もリンクしました!
よろしかったらどうぞ『”エレキの神様”がやってくる!』2008.9.26


毎度、ありがとうございます
  
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

食の祭典:ひたちなか市<こくぶん祭③>

『なかひまわりフェスティバル』の行われている那珂総合公園を後にしまして、次に向かったのは・・・
勝田駅!
IMG_0406_20081105225326.jpg
ひたちなか市は、ひたちなか文化会館という場所で行われていました!
駐車場は満車が予想できたので、あえて文化会館には乗り入れず、竹千代号は駅でお留守番。
勝田駅から徒歩でも25~30分で行くことができますが、
私はあえてこれを使いました!
IMG_0474.jpg
ひたちなか海浜鉄道湊線
もうすっかり、このブログではおなじみですね
最寄の駅は、『日工前』駅。勝田駅を出発してわずか1分で到着です。
IMG_0475_20081105230114.jpg
IMG_0491.jpg
私の記憶が正しければこの駅、確か以前は土日通過駅だったんだよね。
日立工機の職員さんが乗り降りするための駅なんだけど、一般人が下車しても大丈夫だったのだろうか。。。と、不安になってみたりしました
線路脇の可憐な花をパチリ
IMG_0477.jpg

のんびりテクテク歩いてわずか2,3分ほどで会場:文化会館に到着です
IMG_0478_20081105230628.jpg
ひたちなか市のテーマは、『食の祭典』
IMG_0479.jpg
私が訪れたときにはすでに、ほとんどのイベント・アトラクションが終了していましたが
屋外の楽しい食べ物屋台はバリバリ営業中!!
IMG_0480_20081105231300.jpg
IMG_0481_20081105231437.jpg
このお話に関しまして詳しく知りたいと思う方は、リンクを結んでいるブロともさんの『茨城団塊ジュニアのブログ』のグリーンヒルさんが記事に書かれておりますのでそちらをご覧いただくとしまして。。。(逃げるな!)
私は、こんなお弁当を購入してみました!
IMG_0483_20081105231932.jpg
ほげほげ弁当”・・・ユニークなネーミングに興味を惹かれ、買ってみました!
”ほげほげ”というのは、茨城の方言で”たくさん”という意味だそうな
中身はこんなです!
IMG_0484_20081105232322.jpg

説明しよう(”ヤッ●ーマン”のナレーション風に)
では拡大!!
IMG_0484-2.jpg
【お品書き】
①常陸牛しぐれ煮・ご飯・・・茨城ブランドの常陸牛と地元コシヒカリを使用
②那珂川の鮭炙り焼き
③さつま芋のコロッケ・・・ひたちなか特産”紅あずま”にわさび菜添え
④蓮根つくねボール・・・霞ヶ浦名産の蓮根使用、ひじき入り
⑤煮合い・・・蓮根・にんじん・干ししいたけ
⑥若菜卵焼き
⑦常陸大黒・人参・・・茨城県オリジナル品種の大黒豆”常陸大黒”、人参はひたちなか市の木”いちょう”型に抜いてあります。
⑧香の物
~以上~


お弁当の素材も茨城県産を使った、というところにこだわりが感じられます。
これはその日の我が家の夕食になりました!
あまりの量に家族全員おなかが”ほげほげ~”状態になりました(笑)

”目で楽しむ”文化もいいけれど、
”舌で楽しむ”文化もいいもんでした!
ご馳走様でした


またよろしくお願いします!
  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

なかひまわりフェスティバル<いばらきこくぶん祭②>

※この記事は、予約投稿にて投稿しております。

皆さん、まもなくひまわり畑に着陸いたします。
お降りの際はお忘れ物・落し物のないよう、足元にお気をつけて。。。(笑)

IMG_0462_20081104220129.jpg
冗談はこのくらいにしまして・・・
この気球はひまわり畑の隣の広場で浮かばせていたんですよ!
交通機関ではありません
IMG_0461_20081104220515.jpg
ひまわりとのツーショットに成功!!


さて、『11月にひまわりなんて咲くわけないでしょ
茨城県民の方なら
『11月にひまわりなんて咲ぐわげあんめ!』・・・と、お疑いの方のために今回の記事はひまわり畑の画像をお届けいたします。
ここに来る前まで心配していたひまわりの開花状況、それを見事に打ち消してくれました!
IMG_0437_20081104220918.jpg
ミツバチさんなんかも遊びに来てたっけ。。。
IMG_0438.jpg
こうしてみていると、なんだか今11月だということを忘れてしまいます。。。
気持ちの良いくらいの青空に、ひまわりの花がとてもよく似合う。。。
IMG_0440.jpg
IMG_0441_20081104221328.jpg
IMG_0445.jpg

みんな、ここにあるひまわりは人の背丈よりも背の高いものがほとんどです。
しかしみんな、よくここまで育ってくれたね。。。
IMG_0443_20081104221506.jpg

このひまわり畑を利用した、”ひまわり迷路”も企画されていました。
でも今回のはなかなか手ごわかったようで、入ったらなかなか出られない・・・
IMG_0447_20081104221643.jpg

IMG_0455_20081104221729.jpg
出口を探すのに悪戦苦闘していた親子の姿がたくさん見られました!
『ちょっと~、そんなに早く歩かないで~なんて
なかなか出られない苛立ちで、つい自分の子供に八つ当たりするお母さんの姿も。(上の画像の女性とは関係ありません^^。)
でもこれじゃもはや”畑”じゃなくて、”ジャングル”だな
IMG_0458_20081104222228.jpg
結局、私は出口が見つからないうちに途中でリタイヤ
そして再び撮影タイムです!
IMG_0449.jpg
IMG_0453.jpg
”誰だ?食事の邪魔してんのは?”と、ミツバチが言ったかどうかは。。。
ひまわり畑からちょっと、視線を変えると紅葉も見られて。。。
IMG_0465_20081104223030.jpg
夏と秋を同時に楽しめるなんて。。。温暖化になりつつあるといってもこのようなことは
滅多にあるものではないですよね?!
国民文化祭にちなんで”夏の花”であり、市のシンボルともなっているひまわりの花を咲かせるとは
那珂市も大胆な企画をしたものです
IMG_0460.jpg
那珂市の皆さん、素敵なプレゼントをありがとう

フェスティバルの思い出を持ち帰ってきました
IMG_0482.jpg
ひまわりの苗・・・無料で配布していたのでもらってきました!
他にひまわりの種も♪
来年の夏はどうか、我が家にも咲いてくれますように。。。


ポチっとよろしくお願いいたします!
  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

なかひまわりフェスティバル<いばらきこくぶん祭①>

冷たい北風が吹く、今日一日でした!

さて、皆さんお待たせいたしました!『第23回国民文化祭いばらき2008のレポートを今日から数回に分けてお伝えしていきますね
早速の今日は、<こくぶん祭シリーズ>第1弾になります。
昨日11月3日は、土浦市民会館にて行われた『映像文化フェスティバル』を観賞しに行き
、”エレキーの神様”こと、寺内タケシ氏の熱狂的なライブをたっぷりと堪能しまして。。。いまだにその余韻を残している管理人・竹千代です

が、そのお話はまた後にしまして。。。
順番ですので今日は11月2日のなかひまわりフェスティバルのお話を書いていきます!(後回しにしたら、那珂市の方に怒られちゃうよ

11月2日は、風もないおだやかな秋晴れでまさしく屋外イベントにはもってこいのお天気でした!
フェスティバルの行われる、那珂総合公園の入り口は案の定かなりの混雑。。。
NEC_0007.jpgNEC_0008.jpg
付近の駐車場は満車御礼状、そして並んでいるのはみんな空き待ちの車。。。
こういうわけでとても会場の駐車場には置けず、近くの植物園の駐車場を利用し、そこから5分ほど歩いて会場に向かいました。

IMG_0426_20081104195319.jpg
既に車の中から、このお祭りの主役~ひまわりが見事に咲き揃っているのは確認済み!
紅葉とひまわりが同時に楽しめるなんてワクワクします!
お祭りには欠かせない(?)、露天商街も既に大盛況!!
IMG_0423_20081104195554.jpg
11月なのに、”カキ氷”売ってるよおぃっ
IMG_0424_20081104195706.jpg
”焼きとうもろこし”ならぬ”焼き芋”なんて、秋らしいじゃありませんか
(別なお店でとうもろこしも売ってたけど^^。)
IMG_0425_20081104195906.jpg
茨城県産のブランド肉同士の対決!
ローズポークvs常陸牛のなんと、無料試食会だって~!!
”こくぶん祭”ならではの夢の競演ですね(笑)
食べたかったけれど、引き換え整理券をどこからかもらっていないとだめみたい。。。
あまりの人ごみで身動きがとれない上どこでそれを手に入れるのか分からなかったので、泣く泣く諦めました
いいもん!この後向かう予定のひたちなか市の『食の祭典』で何か美味しいもの
食べるもん!!

IMG_0430_20081104200953.jpg
特設ステージにて、和太鼓の演奏も行われていました。
この後、戦隊キャラ”ゴーオンジャー”のキャラクターショーやひょっとこ踊りなどの催しも行われていたっけ。。。


あの。。。。ところで肝心のひまわりは・・・?

はいはい。分かってますとも
IMG_0467_20081104200807.jpg
これは、会場を飾っていたひまわりですが勿論、こんなもんじゃありません!

それでは、ひまわり畑へ移動するとしましょう
さあ、、皆さん!熱気球にお乗りください!
向かい側の”ひまわり畑”行きですよ~!!(ウ・ソ)
IMG_0433.jpg

熱気球体験乗船も、イベントのうちの一つでした!
大人一人1,000円なので私は乗りませんでしたが
IMG_0432.jpg
気球に乗って、ひまわり畑を一望するのです。

さあ、果たしてひまわり畑の様子は・・・・?
続きは後ほど


ポチッとしていってくれたらうれしいな
  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ


11月にひまわり!w(°0°)w

20081102134711
地球温暖化の影響か?

本当に咲いていました!
゜+。(*′∇`)。+゜
茨城県那珂市にて。

詳しくは後日(^^)v

水戸双葉台紅葉便り

いよいよ11月です。今日から『国民文化祭・いばらき2008』が開幕いたしました!
出勤日だったため、開会式を見ることはできませんでしたが花火も盛大に上がり、
これから楽しみな9日間のスタートです

私も11/2は那珂市、3日は土浦市と文化祭を見に行く予定でおります。
ということで、11/2、3は更新をお休みさせていただきますね!
この2日間のレポートは連休明けにする予定でおりますので何卒
余裕があれば携帯から生中継でお伝えさせていただきます

今日の昼休み、お金を下ろしに双葉台団地にある郵便局へ行きましたら、その近くにある公園が随分色づきはじめていたので、用事が済んだ後携帯で撮影をしました。
もうすっかり、水戸は”秋色”です
画像 014
落ち葉がこんなに♪
画像 013
秋風の強い日中でした。
たくさんの葉っぱが風に乗って、ひらひら舞っているのが見られました!
画像 006
葉っぱが飛んでるの、分かりますか?
緑と赤、黄色のコントラスト!なかなか良かった!
画像 005

画像 012
すっきりとした秋晴れの空に紅葉。。。最高に素敵です!
下を見下ろすと、落ち葉がいっぱい!!
このたくさんの落ち葉に包まれて寝てみたい。。。
画像 010
思わず、”デジカメ持って来れば良かった!”と思うくらい、素晴らしい景色でした。
会社なんかに戻らずに、1日中”落ち葉の布団”で昼寝していたかった。。。(笑)

お昼休みの、ほんの一時の”紅葉狩り”タイムでした!
近場でのんびり紅葉を楽しむのもなかなかいいもんです
画像 011
会社に出勤していなければ、わざわざ立ち寄ることのない団地内の公園で。。。
人ごみにも揉まれずのんびりと紅葉狩り・・・
画像 008
土曜出勤も、嫌な事ばかりではありません

皆さんのお近くでももう、紅葉し始めたでしょうか・・・・?


今回もよろしくお願いします!
皆さんの”ポチっと”が励みです

  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-