THE TOKYO STATION②

東京駅に戻って参りました(*^_^*)
DSC_0363.jpg

IMG_1274_20130121203545.jpg
大正3年(1914年)12月20日の開業、来年で丁度100年を迎えます
ちなみにわが県を走るローカル線の湊線(現:ひたちなか海浜鉄道)開業はこの一年前(1913年12月25日)。
東京駅より一つ、お兄さんなんです
・・・脱線しました^0^;

丸の内南口に連結する、東京ステーションホテルの玄関。
IMG_1280_20130121210432.jpg
いつかは泊ってみたいホテル。
このホテルから東京駅ホームや夜景を眺めてみるのが私の夢だったりして
でもそれは果たして、いつになることやら。。。(・-・)

ではそろそろ、駅舎の中に入っていきますね♪
丸の内南口、もしくは北口から入っていき天井を見上げると
DSC_0354.jpg
何これ、どこの宮殿?!なんてね^^
なんでも、イタリアはローマのパンテオンを模しているとか。
あの丸い部分が丁度、ドーム型屋根の裏側にあたるのかな
今回の復原工事により、甦った3階部分があります。

駅舎だけの利用なんて、実に勿体無い
DSC_0356.jpg

さて、駅舎の復原工事期間中ずっと休館中だったこちらも営業再開しました!
駅の中の美術館・東京ステーションギャラリーが
IMG_1321_20130121212515.jpg
ここもリニューアルし、昨年の2012年10月にグランドオープンいたしました。
駅を探訪した記念に観て行くことにします!
現在展示されている作品テーマは、「始発電車を待ちながら」。
DSC_0451_20130121214008.jpg
東京駅を中心とした、鉄道関係のアートや写真展が行われています。

館内は撮影禁止の為、画像でお伝えすることはできませんが私が印象に残った作品を紹介させていただきますと、
暗くした部屋の中でLED電球を搭載した鉄道模型が線路を走るもの。東京タワーや東京ドームに見えるのはなんと、どこの家庭でも必ず見かける日用品!!
ファンタスティックでどことなくノスタルジックな世界を楽しませていただきました。
他、2000年後に掘り出されたという設定で作成された、鉄錆の”招き猫”や”ペコちゃん”等。
奇抜な発想が面白い!

ギャラリーの出口には、ミュージアムショップもありますよ
ゆっくりと作品を観賞し終えたら、御土産などいかがですか?

ミュージアムショップを出て、ギャラリーに出れば改札口の広場を見下ろすことが出来ちゃう(≧▽≦)!
DSC_0364.jpg
上から下から、そして内装も外観も、どこから見ても素敵。。。
東京駅そのものが、美術作品の”最高傑作”といえましょう
IMG_1291_20130121215259.jpg
東京駅駅舎、今一度!
駅舎の長さは335m。縦にひっくり返した場合、東京タワー(高さ333m)よりも微妙に長いんだって

重要文化財の東京駅丸の内駅舎、誕生して間もなく1世紀を迎えることになりますがそれからさらに100年後も、さらにその後も末長く、東京都民始め日本国民や海外からの利用客の皆さんに愛される駅であり続けて欲しいですね
スポンサーサイト
 [ 2013/01/21 21:59 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(0)

皇居外苑お散歩

東京駅を丸の内口から出て直進すると、間もなく正面に見えます皇居外苑。
お堀と噴水公園の脇を通り、すぐに左手に見えるのが桔梗門手前の巽櫓(たつみやぐら)という建物です。
IMG_1297_20130119203522.jpg

背景に見える高層ビルが、対照的な組み合わせだけどなぜか違和感がない(・・)
IMG_1299_20130119203754.jpg

そして、この光景
IMG_1302_20130119203940.jpg
巨大都市にふさわしく、周りは高層ビルばかり。でも手前に松並木。
近未来的な光景と、古来の純和風庭園。相反する二つの光景がちっとも違和感感じられないのが皇居外苑の素敵なところ。
何と言っても、国の特別指定を受けている公園そして門で仕切られた向こう側には天皇陛下をはじめとする宮様方がお住いになられていますからね。。。
IMG_1304_20130119205318.jpg
二重橋のそばにある正門。一般人はこの先立ち入り禁止です。
門の前ではガードマンさん方が無表情で微動だにせず立ちはだかり、任務を果たしています。

ここで皇居外苑の全体図など掲載させていただきますね^^
といっても、パンフレット画像をお借りしたものですが^^;
DSC_0394.jpg
クリーム色の部分の皇居内は宮内庁管理用地で、この区域だけは民間人は入ることができません。
といっても、外苑だけで結構広いですよ(>_<)歩くだけでもかなり良い運動となります。
この日はマラソン大会が開催されていたようです。
IMG_1300_20130119211207.jpg
掲載する順番が狂ったけど、皇居外苑の入り口付近(東京駅から向かって)にある桔梗門です。

そしてここが、二重橋。
IMG_1308_20130119211506.jpg
この皇居外苑内でおそらく、一番人気の記念撮影スポット☆
この橋をバックにポーズをとるグループがたくさん、いらっしゃいました!
ちなみに手前の橋は私達民間人でも通行できますが、奥の橋は通れません。
その”通行可能”な橋の上から皇居内を撮影
IMG_1306_20130119211714.jpg

アップでもう一枚☆
IMG_1305_20130119211956.jpg

”天皇ハ神聖ニシテ侵スベカラズ”という、明治憲法時代の頃だったらとてもこのようなことできなかったのでしょうね
ここ・皇居外苑が国民公園として開放され、一般国民が自由に出入りすることが出来るようになったのは昭和24年だそうですその20年後の昭和44年には日本武道館や科学技術館を含む北の丸エリアも追加で解放されるようになり、昭和38年には”特別史跡”の指定も受けています。
IMG_1294_20130119212652.jpg
かつては徳川の城・江戸城があった地であることはたとえ歴史に興味のない方でも御存じでしょう。
明治維新後に宮様の屋敷となったんですよね

正門も入れて、今一度二重橋など☆
IMG_1310_20130119213010.jpg

水戸市民の私めがどうしても見ておかなくちゃいけない場所へ。
でもそこは修復工事中でした
IMG_1313_20130119213250.jpg
桜田門であります。映画化もされたあの有名な事件=桜田門外の変があった舞台・桜田門。
修復工事の為、現在は見学不可となっています。
IMG_1312_20130119213502.jpg
※下の注意書きは実際は書かれていません
ここで150年ほど前に、歴史を揺るがす大事件があったのかと思うと感慨深いものがあります。
次回訪れる時には修復工事も終了し、生まれ変わった桜田門の晴れの姿を御目にかけることができるでしょう。。。

桜田門から再び、桔梗門方面に向かう途中二重橋のお堀を泳ぐ白鳥さん発見
IMG_1315_20130119214217.jpg
皇居のお堀を悠々と泳ぐ白鳥さんだからきっと、気品もあるに違いない。
いくら人に慣れていても、人のそばにやってきて”餌くれ!”なんてことはしないでしょう(笑)

江戸時代、そして幕末から明治維新の激動の時代~戦争・・・そして今の時代をずっと傍観してきたであろう皇居外苑。東京都の波乱の歴史を観て来たその公園は今、都民の憩いの場として愛されているのですね
IMG_1309_20130119223950.jpg
二重橋の近くにあった、ハイカラな駐在所。このような建物が苑内のあちこちに点在していました。

最後に。
皇居外苑の一番外にあるお堀を通過すると、和田倉噴水公園という広場がありましてこちらの建物はその公園内にある、トイレや自販機が設置された無料の休憩所であります。
IMG_1319.jpg
皇居外苑を一周し、疲れを癒しにちょっと休憩、という方に最適。
この休憩所の正面には噴水があって、勢いよく流れる噴水と一緒に皇居内の櫓まで見えちゃう(≧▽≦)
IMG_1318_20130119225129.jpg

癒しの光景!なんだかいいなあ。。。
IMG_1320_20130119225315.jpg

都会という名のジャングルの中にぽっかり浮かぶ、癒しの空間。。。
それが特別史跡、皇居外苑というスポットなんですね
 [ 2013/01/19 22:57 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)

THE TOKYO STATION①

ところで、せっかく東京へ行ったのに茨城マルシェだけで観光もしないで帰って来たのけ?
なんてツッコミが入るかな?
でも大丈夫
観光、というほどでもありませんがせっかくの東京訪問^^
ちょっとどこかで遊んでから茨城に帰ろう、ということで立ち寄ったのが・・・
ココ!!
IMG_1268_20130118233229.jpg

皆さん、御存じの東京駅です。
駅舎は国指定の重要文化財に認定され、”関東の駅百選”にも指定されています。

そしてホームの数、日本一!
まさしく、”キング・オブ・ステーション
IMG_1263_20130118232225.jpg
有楽町駅の一つお隣さんとなる東京駅で途中下車してみました!
去年2012年に数年前から行われていた改修工事が終了し、堂々OPENしたばかりです。
その姿を是非、観ておこうと思いまして。

とりあえず、丸の内中央口から外に出てみました。
IMG_1264_20130118232455.jpg
このクラシカルモダンさがいいね^^

おおっw(*゜▽゜*)w!!
IMG_1265_20130118233035.jpg



IMG_1270_20130118233308.jpg

IMG_1277_20130118233426.jpg
屋根の丸型ドームの部分は、今回の改修工事で開業当時(1914年)の形に戻したんだよね
それまでは一時、台形型に変更されていました。
昭和20年の東京大空襲により焼失し、その後の修復工事の時に台形になったんだけど再び丸型に戻ったわけであります

しかし、どの角度から撮っても絵になるなあ。。。
IMG_1271_20130118234043.jpg

IMG_1275_20130118234138.jpg

IMG_1272_20130118234303.jpg
まるで、駅舎のある空間だけが時がとまったかのよう。。。
周りは高層ビルの現代でも、ここだけは大正時代(≧▽≦)
IMG_1289_20130118234550.jpg

さて、せっかくだから外装だけじゃなくて中も探検してみますか
いや、でもその前に皇居外苑をちょっとお散歩してから
というわけで、内装見物の前に皇居外苑目指して歩いて行くことにしました。

次回はそのお話です

※茨城記事とは外れる為、ランキングバナーは外させていただきますm(__)m
 [ 2013/01/18 23:53 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)

茨城の味、召し上がれ♪

さあ、お待たせしました(*^_^*)
茨城マルシェ記事の後半ですよ♪
IMG_1258_20130116211322.jpg
↑謎のマスコット。店内のどこかにおりまする

茨城マルシェでは、ただ茨城県の食材を陳列販売してるだけではありません。
せっかくですもの、どうせならその”茨城県の食材”を食べて行かれてみませんか?
という意思の元(想像だけど多分^^;)、レストランも営業しております。
IMG_1255_20130115220022.jpg

海もあり山もあり、豊かな大地に自然の恵み・・・昔からそんな環境に恵まれたわが茨城県ですからお肉にお魚、野菜に果物etc、まさしく”食材の宝庫”と言えましょう
そんな茨城県産の食材が、ここで味わえちゃう!!
DSC_0345.jpg
初来店の私は、とりあえず”シェフのおすすめプレート”980円に
セットのサラダは食べ放題なんです(≧▽≦)
で、お借りした取り皿が深くて入れやすい器だったもので・・・
ついこの通り↓
DSC_0348.jpg
サニーレタス・プチトマト・フライドポテト(じゃがいも)・さつまいもスティック・きゅうり・マカロニサラダ・・・摂り過ぎちゃった(・-・;)
ちなみにドレッシングは選べます。今回はシーザーにしました!
余談ですが、納豆ドレッシングもありますよお好きな方はお試しを(笑)
納豆も食べ放題(納豆バー)ですが、私はパス

お昼時だったというのもあってか、お客様は結構いらっしゃったようです。
”この中で、地元・銀座の人は何人ほどいらっしゃるんだろう?隣の席でざるそばを召し上がられている奥さまは、東京の人かな?”なんてことを想像してしまいます。
というのも実は、私のようにわざわざ茨城県からこのお店に来られたという方が何人かいらっしゃったようでして
ひょっとすると肝心の東京在住の方よりも、そういった人達の方が多いのかなあ、なんて

こんなことを考えつつ過ごしているうちに、きました!
”シェフのおすすめプレート”
DSC_0346.jpg
本日のおすすめプレートは、”まぐろ丼”でした!
では、いただきま~す!
こんなにドレスアップされたまぐろ丼は初めて!!
DSC_0347.jpg
まぐろの御刺身、脂がのっててやわらかで・・・最高\(^o^)/
茨城万歳(笑)

そして、みそ汁は涸沼しじみのしじみ汁です。
DSC_0349.jpg
家庭な味、って感じほのぼのと和みます。

ランチにお茶にディナーにも良し!
東京にお住いの皆さん、お友達やご家族お誘い合わせで是非一度”銀座の茨城県”・茨城マルシェに足を運ばれてみませんか?
平日ランチや仕事帰りのサラリーマンさん
「今からちょっと茨城、いってみっぺ!」
なんて茨城弁使って同僚を御誘いしてみても面白いかもね
茨城県在住の方も、どんどん行こう

天下の日本の首都・東京、それも中心部の銀座にせっかくOPENした茨城マルシェ、魅力度極めて低いわが茨城県の知名度・魅力度をUPする戦力となってくれますように。。。
IMG_1262_20130116215552.jpg

茨城マルシェHP→http://ibarakimarche.com/

そうそう
我が家に送った宅配便の中身ですが。。。
この通り
DSC_0380.jpg
(左列)かりんシロップ(古河市)、ななかいのこしひかり(城里町)
(真ん中)猿島茶ペットボトル(坂東市)、いちごだっぺ(ひたちなか市)
(右列)ももかのじいじがつくった古河の味(古河市)
他、猿島茶の茶葉を1本画像には写っていませんが一緒に購入しました。
各々の商品に関しましては後日、あらためて

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/16 23:04 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(4)

茨城マルシェへ行こう♪

皆さん、お待たせいたしました
いよいよ、茨城マルシェ記事を書かせていただきますよ~っ!
IMG_1251_20130115202519.jpg
東京都中央区銀座の銀座一丁目、東京高速道路下に茨城県のアンテナショップとしてOPENした茨城マルシェ、
入り口では県のマスコットキャラクター・ハッスル黄門くんがお迎えしてくれます

苦労の末(詳しいいきさつは、2日前の記事↓をご覧あれ^^;)辿り着いた茨城マルシェであります。
早速、入ってみましょうね
IMG_1249.jpg

中に入ると、目に見慣れた茨城県の特産品がいっぱい!!(って、当たり前でしょ
IMG_1259_20130115214142.jpg
野菜も売ってるよ
”風評被害ニモ負ケズ、自然災害ニモ負ケズ”頑張っています。
東京の皆さん、茨城の野菜を応援してください

水戸の梅にひたちなか産の干しいも、さらに”鉾田のメロンカレー”とか涸沼しじみカレー”とか、おなじみ土浦のツェッペリンカレー等のオリジナルレトルトカレーとか
土浦、といえば市内の柴沼醤油さんで醸造された”紫峰(しほう)”のありました。
又、茨城県産の野菜等を使用して作られた加工品も販売されています(*^_^*)
IMG_1252_20130115203639.jpg
↑最近発売された、オリジナルドレッシング。確か行方市産だったっけか(・◇・)

IMG_1253_20130115212005.jpg
飲料水系も種類豊富(≧≦)
◇あまエルトマトジュース(鉾田市)
◆ももかのじいじがつくった古河の味(桃ジュース、古河市)、
◇ドリップアイスコーヒー、アイスティー(SAZA、ひたちなか市)
この中で私が買ったものがありますさて、それはどれでしょう?

写真は撮らなかったけれど(ちなみにここで掲載している写真は、店員さんの許可をいただいております^^)、県を代表するスイーツ店の代表的なお菓子もありますから地元の方、ちょっとした手土産にいかがですか?

お好きな方、心配ご無用~!
県内のお酒が勢ぞろい!!たとえばこの府中誉(石岡市)さんの渡舟だとか。
IMG_1257_20130115213057.jpg

木内酒造さんや明利酒類さん、吉久保酒造さん等の代表銘柄が揃っています。
DSC_0344.jpg
木内酒造さん、といえばオリジナルビール”常陸野ネスト”!勿論アルヨ

茨城マルシェでしか購入できない、レア商品もあるみたい。。。
DSC_0343.jpg
7種類の味と香りが楽しめる、”フレーバー梅酒”
これは地元じゃ見かけないな(・・)

ついあれこれと欲しくなってしまいますが、お酒類にしろ飲料水にしろ持ち歩くにはかなり重くなってしまいます
こんなに瓶製のものばかり多いと、たとえ東京の方でも
”何これ~、重いのばっかり!!こんなの持って電車乗れるわけないじゃん~!!
なんてクレームがきそうですが、大丈夫
ちゃんと、宅配サービスも万全ですから私も今回、利用しちゃいました!
DSC_0379.jpg
ちなみに水戸までの宅配で、送料735円。
中に入っている商品に関しましては、後日の記事で

茨城県のいろいろな物が売ってる”茨城マルシェ”、同時に”茨城の情報発信”のスポットでもあるということも忘れてはいけません
お店の中には、観光パンフレットも設置されていますし。
IMG_1254_20130115215225.jpg

レジの近くにはTVが設置され、茨城出身のタレント・磯山さやかさんがハッスル黄門くんと一緒に茨城県の観光名所や特産品等を紹介する番組が放送されています。
たとえ、何も買わなくてもコレは見るべし!(笑)
IMG_1256_20130115215453.jpg

さて・・・と。
買い物は済ませたし、そろそろお腹すいてきたな。
そういえば・・・(. . )
IMG_1255_20130115220022.jpg
そうですこのスポット、レストランを併設しているのです。
しかも、ただのレストランじゃない!
茨城県の特産品を食材に使ったお料理が楽しめるレストランなのです^^
今回、私もここでランチを楽しむことができました!

というわけで次回はそのお話です

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 茨城情報へ
にほんブログ村
 [ 2013/01/15 22:05 ]  県外編<東京> | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-