FC2ブログ

利根の桜堤

本日、facebooより吉報が届きました。
現在、当ブログで記事に書いてる利根町で活躍されている「利根町桜づつみ保存会」が公益財団法人日本さくらの会より表彰を受けたそうです”町の宝物”=町の桜を守り保存活動を長年続けてこられた業績を県外の人それも名誉ある団体に認められたということ。おめでとうございます

そんな桜堤を歩いてみました。
1週間前、1度ここを歩いていることは既に触れています。
その記事がこちら→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-3548.html

桜まつりの1週間前訪れた際、こんなだった桜の開花状況
DSCN4519_20190404211108b11.jpg

桜まつり2日目の4月7日には・・・
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
は~い、この通り((⊂(^ω^)⊃))
DSCN4825.jpg
※上の画像と全く同じ場所というわけではありません、悪しからず

先週は日中の気温が比較的高温だったせいもあり、1週間のうちに一気に開花しすっかり満開となっていました。
”ようこそ利根町へ”の横断幕も飾られ、ますますお花見に来た気分
DSCN4788_2019041121142995b.jpg
この横断幕の前や桜のトンネルを背景に記念写真を撮る人が後を絶ちません。
スマートフォンを自撮り棒に設置して、2ショットを撮る2人組も。
DSCN4789_20190411211431b26.jpg

DSCN4790_201904112114323c4.jpg

DSCN4791_20190411211434801.jpg
1週間前と同じように、私も桜のトンネルを歩いて行きましょう
途中途中で、気に入ったショットを見つけカメラに納めながら。。。
DSCN4793_2019041121143584e.jpg

それぞれの方法で花を愛でる人達が。。。
DSCN4794_2019041121320109c.jpg

花を観賞するのに余計な言葉も能書きも不要!
よって、画像のみ掲載させていただきます
是非皆さんも、現地でお花見を楽しむ感覚でご覧ください(笑)
DSCN4797.jpg

DSCN4800.jpg

DSCN4803.jpg

DSCN4805_201904112132079da.jpg

DSCN4803_20190411213822fd3.jpg

DSCN4804.jpg

DSCN4814_20190411213825817.jpg

1週間前に訪れた前回よりも歩く距離はたくさん、歩いてしまいました。気が付けば桜堤の桜がある最後の地点まで歩いてしまったようです
では再び、町役場方向へ。

水分補給をと、休憩用のベンチを借りて座りふと地面を見ると地面に青い花。
DSCN4829_2019041121382858f.jpg
ムスカリかな?
ピンク一色を観てきただけに青い色は目に斬新
”桜もいいけど、私も見て”
と、この花が言ったかどうかは。。。

折り返しも桜のトンネルをくぐって帰ります。
DSCN4831_20190411214949e36.jpg

DSCN4836_20190411214950924.jpg

DSCN4846_2019041121495255e.jpg

DSCN4848_2019041121495319e.jpg

桜堤がこのようになる日を、地元の人達はどんなに心待ちにしていたことか。
桜づつみの会の人達の手で大切に守られてきた桜並木。保存していくのはとても大変なことかと思いますがその苦労と努力の結晶が、この美しい桜堤の光景であることは間違いないと思います。
町を愛する心が、この素晴らしい桜堤を育てたのですね
DSCN4851_201904112149554a6.jpg

最高の姿を見せてくれた利根川桜堤の桜も、やがては散ってしまうでしょう。
ピンク色の堤が青緑の若葉色に変わった堤もまた爽やかでしょうね
DSCN4850_20190411215716aaf.jpg
ありがとう、さようなら利根の桜。
来年の春、また逢おうね(^-^)/~

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2019/04/11 22:03 ]  利根町 | TB(-) | CM(-)

利根町さくらまつりへ行ってきました!

まるで冬が逆戻りしてしまったような、寒さ厳しい1日となりました
せっかく開花した桜もさぞ、びっくりし戸惑っていることでしょう。
日立さくらまつりの翌日(つまり先週の日曜日)、県南方向の桜巡りをしてきました
今日から順次UPしていきますので、何卒よろしくお願いいたします

去る4月7日の日曜日の利根町役場。
DSCN4778_2019041020472514e.jpg

桜の下で大賑わい!!
そう。さくらまつりです
先週の土日(6日・7日)に開催され、私も7日に遊びに行ってきたのです
DSCN4780_2019041020472664b.jpg

焼きそばにクレープ、ピザ、そしてどら焼き。
町で獲れた新鮮野菜の直売等、いづれも大繁盛
DSCN4783_20190410204731aaf.jpg

DSCN4786_201904102054433d7.jpg

で、私も一杯たぬきうどんなど。
DSCN4855_20190410205446cc2.jpg
長距離運転してると、お腹すくもんね~(^0^)♪

町役場のを囲む桜は満開
あちこちで写真撮影をする人の姿が見られました。
DSCN4781_201904102047286cd.jpg

DSCN4782.jpg

DSCN4787_201904102054453cf.jpg
高台に位置し、正面に利根川を望むロケーションの良い利根町役場。
桜の開花時期はどこから撮っても絵になります。町役場自体が観光スポットみたいだ

お祭りは役場の中でも
DSCN4857_20190410205447c04.jpg

手作りスイーツや地元のオリジナル食材、そして手作り雑貨の販売と昔遊び(けん玉)大会、そしてフロア内のイベントホールではフラダンス等のステージイベントが行われていました。
DSCN4861_20190410205449f50.jpg

珍しい、”鶴首かぼちゃ”のポタージュを頂きました
DSCN4862_20190410213641574.jpg
文字通り、鶴の首のようにくびれているかぼちゃ。身が弱いので熱で崩れやすく煮物には不向き。裏ごしして使う料理=ポタージュや製菓向き。
茨城県ではこの利根町でのみでしか獲れないそうです。

縁日か、文化祭かヾ(o´∀`o)ノ
そんな雰囲気です。
DSCN4860_2019041021363973a.jpg

DSCN4863_2019041021364269d.jpg

そんなお祭り騒ぎの会場内をギャラリーから静かに見守る、花みこし。。。
DSCN4861s_20190410214749516.jpg

実は1週間前、ここを訪れたのですがその時にはフロアの中央に展示されていました。
町おこしとして結成された”とね元気塾”のワークショップとして町民の方々が作成した手作りの神輿。
利根の桜を花に見立て、お花紙を使って花を作り、それをみこし本体に飾り付けて作られました。
DSCN4537_20190410214422e74.jpg

そのワークショップは2018年よりスタート。こういった活動を通して人と人が交流し、町への愛着心や関心を深めることで
「利根町って楽しいよね
「利根町大好きずっとここに住みたい!!」
と思ってもらえることを目標にしているとか。素敵~!!
町の素晴らしさを町外や他県の人に知ってもらうにはまず、そこに住む町民がその良さを知らなければ。。。
そういうことですね
DSCN4538_201904102144242d9.jpg
先月23日(祝)は、完成したこれらのみこしをみんなで担いでパレードも行われたはず。
町が誇る名所:利根川の桜堤まで歩いたそうです。

花みこしが通り歩いた桜堤、私も歩いてきました
DSCN4853_201904102202499c9.jpg
こちらも桜まつりの1週間前に訪問(当ブログで書いています)したところ。
果たして1週間後にどこまで開花が進んだか・・・?
というわけで、次回はそのお話を

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/04/10 22:04 ]  利根町 | TB(-) | CM(-)

さくらまつりの前に~利根川の桜堤

茨城県内の桜巡りスポットとして初訪問となる利根町にやってきました。
文字通り、利根川沿いの町です
桜開花時期は利根川の堤がまるで桜のトンネルのようになり、それはそれは美しい光景が。。☆*:.。.。(* ´ ▽ ` *) .。.:*☆
といっても、まだ自分の目で見たわけじゃないですけどね

今年は是非とも自分の目でしっかりと観たい・・・そう思い、以前から訪問予定だった場所。
愛車を町役場の駐車場で留守番させ、徒歩で移動します。
DSCN4460_20190404202343ca8.jpg

駐車場のところに、可愛いお稲荷さんがあるのを発見
DSCN4462_201904042023440e2.jpg
御挨拶していきましょう
利根川に面している町だから水難よけかな?と勝手に想像。
役場の周囲にも桜があり、満開が近い状態でした
DSCN4463_20190404202346850.jpg

さて、目的の利根川堤の方はどこまで咲いてるかな?
来る今月6日(土)、7日(日)は桜まつりが開催されますが、その前に観ておきましょう

町役場から桜堤まで、徒歩で大体5分くらいでしょうか。
さっと見て桜はまだ、3~4分咲き(3/31現在)くらい。
DSCN4507_2019040420234793b.jpg

この桜堤は数年前、町おこしの一角として町民の手によって作られたものだそうです
DSCN4508_20190404202349853.jpg

DSCN4512_201904042105269ea.jpg

町民1人1人が桜の木のオーナーとなり、木にはそれぞれ名札が付けられています。
しかし、オーナーになったとしてもそこはプロではありませんから桜の木の管理と保護活動はオーナーさんに代わり、桜づつみ保存会の方々によって行われています。
DSCN4524_20190404203814b3f.jpg
桜の木を常にみずみずしい若い体を保つために幹に生えた余計な目を撤去することによって、余計なところに木の養分が持って行かれないようにとのこと。会長さんから直々にお話を聞くことができました

町のマスコットキャラクター(ご参照ください→http://www.town.tone.ibaraki.jp/page/page002610.html)が桜を身に付けてるところから解るように桜は町の宝。
「町のシンボルの桜を守っていきたい。。。」
「綺麗な桜を町外の人にも観に来てもらいたい。。。」
そんな思いが伝わってきました
遊ぶ為のスポットや、便利なショッピング施設をお金をかけて作るばかりではなく町が持ってる素晴らしいもの=”町の宝”を守っていくことこそ、町おこしの第1歩と言えるかもしれません。
DSCN4523_2019040420381377f.jpg
もう、お花見している人達がいるね( ^ω^ )
さて、桜堤をもう少し歩いていきましょう。
勿論、綺麗に開花しているものもあります。せっかく訪れたので写真も撮っていきますか
DSCN4510.jpg

地面に咲く花にもふと、目が留まる私。
DSCN4511_20190404203810e52.jpg

DSCN4513_20190404210857f57.jpg

桜の土手をサイクリング、いいねえ
DSCN4514_20190404210858335.jpg

DSCN4515_20190404210900540.jpg

川を背に向け住宅地側を背景に。
DSCN4516_20190404210901134.jpg
ここに住んでる人達は、桜の開花状況をリアルに観られるのね。
徒歩でも来れるし羨ましいかも(笑)
DSCN4521_20190404211110f46.jpg

DSCN4517.jpg
桜並木のトンネルは、かなり長距離
端から端まで歩いたら、カロリーを燃焼できるかな?(笑)
DSCN4518.jpg
これから開花が楽しみなものもあります。

DSCN4519_20190404211108b11.jpg

DSCN4520_20190404211109f92.jpg
この桜堤が見頃→満開になったらどんなに素敵でしょう
これから週末に向け、日中の気温も上昇していくそうですので桜まつりまでには相当、開花が進むでしょうね。
DSCN4522_20190404211637d20.jpg

「是非、今度のイベントにもいらして利根町リピーターになってください!」
と、保存会会長さんに何度も勧められましたので(笑)
↓行ってきます
ブログ告知用
当日は果たして、どこまで開花したでしょう。
桜のトンネルを味わう事が出来るでしょうか。。。
勿論、イベント自体も楽しみですよ♪
というわけで、後日レポートをお楽しみに

~おまけの画像~
桜堤の手前で面白いもの、発見!!
DSCN4525_2019040421200837a.jpg

DSCN4526_20190404212010d30.jpg

DSCN4527_201904042120114bb.jpg
歩き疲れで足が痛んだら、足つぼを刺激してリフレッシュしてみては?
私も試してきました(笑)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/04/04 21:27 ]  利根町 | TB(-) | CM(-)

Kazz Kitchenのお米のパン

利根町カテゴリ記事が出たところで、お蔵入り記事など。
利根町には利根町地場産業推進協議会なるものが結成されているそうです。「自然を守り水と緑の豊かなまちづくり」を基本に地域の生産者や消費者との連携を深めて「地元産物の供給と消費拡大」「地域特産品づくり及び地場産業の振興」等を主な事業内容としています。
さらに、地元産物の需要を広げるために「地産地消協力店」が地元の飲食店や生産業者で結成され、町内や町外のイベント会場等で出店する等のPR活動も行っています
DSCN6136_201711302150087ab.jpg
ちなみに、利根町の特産品といえば代表はお米。
”とねの舞”というブランド米です。
tone.jpg
南に利根川、西側には小貝川と2つの川に囲まれた利根町。小貝川が注ぐ水田で育ったお米です。
小貝川の清流をたくさん吸って大きくなり、お米となりました。きっと美味しいに違いありません。

そんな”とねのお米”を使ったパンが、先月土浦で開催された「茨城を食べよう収穫祭」において利根町ブースで販売されていました。
DSCN6234_20171130215009d2f.jpg

コンパクトでもどっしり!ライスキューブ
DSCN6235.jpg
グルテンフリー、つまりグルテンは使用されていません。
販売されてたお店は、ベーカリーKazz Kitchenさんというお店。先ほど触れた”利根町地産地消協力店”の一員です。
そのまま食べるより、トーストした方が断然美味しいとのお店の方の話でしたので、それに従ってオーブントースターで焼いてから食べてみることにします。
半分にカットしてから焼いてみました。
DSC_0300_201711302220115bf.jpg
甘~い香りが漂ってきた。。。(* ´ ▽ ` *)
(※奥の焦げたような色のやつはココア生地です^^;)

こ~んなにふわふわ(≧∀≦)
DSC_0301_20171130222014f96.jpg
食べてみると。。。
美味しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
パンを食べているというよりも、お餅のような食感、でもふわふわ。。。。
何もつけなくても甘くて美味しかったです( ^ω^ )米の粉が持つ自然の甘さ!
でもバターつけたらより美味しい
DSC_0302_201711302229147df.jpg
そんなだから痩せないんだ(笑)

この商品を提供してくださったkazzキッチンさんのこだわりは”植物性100%”、卵や乳製品、白砂糖を一切使用せずにパンを焼いてるとか。これまでのパンの常識を見事に打ち砕いてます。
DSC_0296_20171130223305592.jpg
ライスキューブはお店でも購入できるそうです。お店に行けば無農薬コーヒーも味わえます
オーガニックドリンクも提供だって!本当にヘルシー志向を考えたお店ですね(*´∀`人 ♪
これは行ってみたいね

”私、食べる人”な立場ですが、”利根町地場産業推進協議会”私も協力しまあす(笑)
DSC_0295_20171130220708c6d.jpg
kazzキッチン
オーガニックドリンク&ナチュラルイーストベーカリー Kazz Kitchen
利根町布川454-274
電話番号 75-6617
営業時間 11:00~17:00
定休日 毎週日・月曜日
地元産食材 米
フェイスブックページ→https://www.facebook.com/kazzkitchen/


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/30 22:45 ]  利根町 | TB(0) | コメント(0)

関東最古の水神様:蛟網神社(奥の宮)

日にちは10日ほど遡りまして。。。

かわちマルシェの帰り、茨城情報でも入手しておこうと思い、お隣の利根町で寄り道。
文字通り、利根川に沿う形で所在する町です
利根町全図
ガイドマップを頼りに訪ねてみようと思い、気になったのが蛟網(こうもう)神社というスポットでした。
”関東最古の水神様”という見出しに興味を持ったのです(/∀\*)

が、決して来慣れた町ではなく不慣れな上、カーナビの通りに走っていたら”え?こんなところ通るの?”というような思いをさせられ、不安になりつつようやく辿り着いた蛟網神社・奥の宮。
DSCN6515.jpg
確かに、”蛟網神社”と書かれた案内板が立っています。
見上げると、鳥居があり”ここだ!間違いない”と。
DSCN6516_201711292307126b0.jpg
無論、ここから車では入れません。神社を参拝するには斜め前に伸びる急こう配の坂道を登っていくしかないようです。
”愛車、頑張れ!”と励ましつつどうにか駐車場に到着

ひっそりとした、森の中の社屋。
風情あるなあ。。。
DSCN6517.jpg

DSCN6518_201711292307157f5.jpg
「天下泰平國土安全」「五穀成就萬民豊楽」
今の時代に全部必要なもの。合掌

今から約2300年前。この”奥の宮”の他にもう一つ、”門の宮”が別な場所にあるそうなのですがそこへ水の神様・罔象女大神(みつはのめのおおかみ、生命の源である水をつかさどる女神)という神様を祀ったのが起源と言われているそうです。平安時代の698年に土の神様:埴山姫大神(はにやまひめのおおかみ、土木工事や土すべてをつかさどる女神)を合祀し、水害や民家が近いという理由でここ・奥の宮が建てられたそうです。(下総國相馬鎮守延喜式内蛟網神社HPより)
DSCN6520_20171129231940b49.jpg

DSCN6521.jpg
奥の宮建設後、門の宮は取り壊される予定だったそうですが氏子崇敬者の声が上がり、御祭神の御霊を分祀して門の宮に祀り現在も残されています。
DSCN6526_20171129231946819.jpg
訪れた際、七五三の御参りらしき家族が祈願を終え社務所を出てくる姿を見ました。
私が参拝後は御夫婦で参拝された方も。
長い歴史のある古刹らしく、境内には狛犬をはじめ古い石碑が見られました。
DSCN6528_20171129233132aea.jpg

DSCN6525.jpg

DSCN6530_2017112923312980b.jpg
いづれも数百年は経過しているでしょう

今でこそ、田園広がる利根町一帯ですが大昔は海でした。その頃の大地の形が蛟(みつち:伝説上の龍)に似ていたところから”蛟網神社”の名がついたと言われています。もう一つの蛟網神社=門の宮も参拝しておかねばならないところですが、不覚にも通過してしまいました
キャプチャ
こちらはいづれまた。。。

毎年、旧暦の9月14日(新暦へ換算すると11月2日)には例大祭:ばかまちと呼ばれる神事が行われているそうです。
興味は湧きますが、祭礼は夜に行われるようで。。。我が家からだと厳しいですね

まだまだ勉強不足な場所ですが、知ればさらに興味深い町です。
歴史も古く、散策する価値はありそうです

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/11/29 23:49 ]  利根町 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

※暫くの間、毎週月・水曜日は定休日とさせていただき記事の更新をお休みさせていただいております(定休日以外に臨時休業となる場合もあり)

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー