高級チョコレート専門店:OPERA

2017年最後の茨城情報記事となりました
最後はちょっぴりセレブに
TX(つくばエクスプレス)プチ乗り鉄の際、守谷から折り返しつくば駅に戻る前に「みらい平」駅で途中下車をしました。
DSCN7228.jpg
なかなか、かっこいい駅です
この駅があるつくばみらい市の観光スポットへ行くには鉄道では移動が困難ですが、駅から徒歩移動圏内に以前から気になっていたお店がありましたのでそこへ歩いて行きたいと思います。
DSCN7229.jpg
みらい平・・・未来へ末広がっていくイメージを持ちたくなる名前でいいね

つくばみらい市は旧伊奈町・旧谷和原村が合併して誕生した”市”。田園風景広がるのどかな印象だったけれど、TX駅開業もあってか、駅の周囲はショッピングモールあり住宅街ありで想像以上に(地元の人に失礼でしょ)開けていました。
目的地はその住宅街を歩くこと約7~10分位の場所ですが、何しろ似たような造りした今時の住宅立ち並ぶ住宅街の中。
土地勘もないまま歩いていると迷路のようでスマホのナビを使わないとおそらく私の場合、たどり着けなかったんじゃないかと思います

はい。ここです
DSCN7230.jpg
OPERA(オペラ)
西洋風のクラシカルな外装。
チョコレート専門店です。でもチョコはチョコでも市販されてるチョコじゃない!
なんと、スイスのフォーレンワイダー社から直接空輸しているチョコレート

種類豊富で、どれが良いか迷っちゃう
DSC_0054_20171227224229633.jpg
原材料もすべてスイス及びEU公認の有機栽培素材、カカオはヴェネゼーラ産高級カカオ、そして保存料等は一切使用せず一粒一粒手づくりで作られた、”超・プレミアム”なチョコレート
ですから当然、値段も高額です
DSCN7266.jpg
一粒平均690円ってことは6個で果たしていくら??
クリスマスイブの前日、そして一年間の自分へのねぎらい・御褒美!!と割り切り(笑)、思いきってしまいました
これでもう、クリスマスケーキ要らない(笑)
なお、このチョコレートの保存に冷蔵・冷凍は御法度です素人考えでつい、冷蔵庫にしまったり持ち運びの際保冷材を使用したくなりますが、絶対にダメとの事。カカオが劣化してしまうからだそうです。

帰宅後、美味しいうちにと夕食の後食べてみたら本当に美味しい~っ!!
DSCN7268_2017122722423026f.jpg
アーモンドリキュール入りの”フィガロ”でちょっぴり大人気分

DSCN7272_20171227224232a9c.jpg
アーモンドとキャラメル”リゴレット”で甘~い幸せ

私がもしも、”超・セレブ”なマダムだったらおそらく
「いいわねえ、これ全部頂戴!」(←デ●夫人風に)
なんて言ったのにな

”フロムスイス”のチョコレートを販売するお店は、日本でも数が少なくてましてや茨城県ではこのOPERAのみだそうです。
店内でイートインもできるようですので今度、お財布の余裕があるときに寄ってみよう!
店内に飾られた大きな振り子時計に思わず、”大きな古時計”を口ずさみたくなるかもしれません
妄想しつつ、OPERAを後にしてみらい平駅に戻ってまいりました。
DSCN7232.jpg

甘い思い出で締めたTX乗り鉄旅。またいつかきっと。。。



OPERA
茨城県つくばみらい市陽光台3-23-20
Tel:0297-50-1238 Fax:0297-50-0058
営業時間 11:00~18:00 定休日 水曜日

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/12/27 23:05 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(2)

綱火が水戸にやってきた夜

いしおかの七夕まつりを後にし、水戸へ帰還。
向かった先は自宅ではなく、四季の原という公園でした。

そう、この日の夜は前日の記事で書いてる通り、つくばみらい市の伝統芸能:「伊奈の綱火」が行われるのです
会場入りをした20:00頃の会場内の様子です。
DSC_0455.jpg
トイレより遠目で撮影してみました。
周囲は明かりが少なく、撮影が難しかったので

これから数十分後に始まる、伊奈の綱火。
今回お越しくださったのは、”小張松下流”でした。
DSC_0463.jpg

前回の告知記事でも書いていますが、「伊奈の綱火」には2種類ありまして一つは「高岡流」、そしてもう一つが今回お披露目された「小張松下流」。これにつきましては告知記事の方で詳しく書いておりますので今回は省略させていただきます。
参考までに→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-category-61.html
私の想像でしかありませんが、「高岡流」については中断するとその年にその地域で大きな不幸が起こるという言い伝えがあるそで、1回でも水戸に来られた場合また来年もお越しいただかなければならなくなるからかな?と

さて、辺りはしーんと静まり返りわずかに灯っていた灯りも消えいよいよ綱火が始まります。
DSCN8525.jpg
緊張の瞬間。。。

屋台に乗った、お囃子の皆さんも無事終了を祈願する三本締めを終え準備。

最初は仕掛け花火から始まって。。。
DSCN8533.jpg
既にこの段階で場内は熱狂。拍手の嵐です。
横一直線に花火が走ったかと思うと。。。
DSCN8535.jpg
一瞬のうちに「有床診」の文字。
そう。そもそもこのイベントは、「第28回全国有床診療所連絡協議会総会茨城大会」の水戸開催に合わせて開催されたイベント。
それに便乗して一般の人も見せてくれるなんて、ラッキーだわ(*^_^*)♪

花火が一通り終え、これにて前座は終了。
いよいよ、これからが本番です
語りの後、お囃子が始まり炎の中人形が綱渡りを始めました。
DSCN8546.jpg

以下、大変見づらい画像となってしまったことをお詫びいたします
DSCN8548.jpg

DSCN8549.jpg
これらの画像ではピンとこないかと思いますので動画を掲載いたしました。
今度のは自分が撮影したものです
[広告] VPS


さあ、いよいよクライマックス!
最初の花火のように、仕掛け花火が横一直線に走ったかと思ったら・・・
DSCN8556.jpg
おお、これは筑波山か

さらに!
DSCN8557.jpg

そしてこの後、たくさんの打ち上げ花火が夜空に弾け、華やかに綱火を締めることができました!
花火が終わると同時に再び、会場内は拍手の雨嵐。。。
良かった、本当によかった。。。
生まれて初めて、自分自身の肉眼で観たつくばみらい市の伝統芸能・・・それが見られた喜びと演目のすばらしさに胸が熱くなりました。
DSC_0464.jpg
アンコール、アンコール、アンコール
と、やりたくなってしまうほど”もう一度観たい!!”と本気で思いました。
また来年も、わが水戸市に来てほしいけれど。。。難しいかな?^◆^;
何はともあれ、つくばみらい市小張松下流綱火保存会の皆さん、遠方からありがとうございました!

今回お披露目の、「小張松下流綱火」の地元での公演は来月8月24日に行われる予定です。
お近くの方やお時間が取れる方、あるいは今回見逃した方で遠くまでの移動も苦にならない、という方は観に行かれてみては?
詳細→つくばみらい市HPより(綱火について書かれたページ)


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/07/29 22:57 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(0)

伊奈の綱火

先日、つくばみらい市にある板橋のお不動さんの記事を書かせていただいたときにあわせて記事を書けばよかったのですが、お蔵入りになってしまった記事。あえて今書かせていただきます

つくばみらい市といえば先日書かせていただきました板橋のお不動さんや、時代劇ロケ現場として知られている「ワープステーション江戸」、そして桜の名所・福岡の堰が有名ですね(全部、このブログで書いたところばかりじゃん!というのは無しね^^;)

でも、この他に欠かせないもの・・・それがこれから書かせていただきます「伊奈の綱火」であります
空中に綱を張り巡らし、その綱を使って人形や船を操り、人形芝居を演じるという伝統的な行事で戦国時代末期より始まって現代に伝承されてるといわれています。
つくばみらい市の高岡地区で行われる「高岡流」と、同市小張地区で行われる「小張松下流」の2つがあり、内容はほぼ同じ。
太鼓や笛のお囃子に合わせて人形が動きながら綱を伝っていくところを仕掛け花火などの演出を加え、かなり凝った演出だったりします。もしかすると市外や他県や方もTV等でご覧になられたという方もいらっしゃるかもしれませんね
いづれも昭和51年に国の重要無形民族文化財に指定されています。

私は実際にこのお祭りを見たことがなく、画像を持っていませんので今回は画像抜きで失礼させていただきます
YOU-TUBEより動画をお借りしてきましたので、よろしかったらご覧くださいませ
※投稿者、またはサイト上の事情により削除され閲覧不可となる場合もございます。何卒ご了承ください!

高岡流綱火↓


小張松下流綱火↓動画

高岡流では、火難・病難除け、家内安全・五穀豊穣を愛宕神社(つくばみらい市高岡)に祈願・奉納する意味があります。
この行事を止めると、地域に大きな不幸が起こると言われているそうです
場所:つくばみらい市高岡631
高岡愛宕神社
毎年8月下旬頃(お問い合わせ先→産業経済課  0297-58-2111)


一方、小張松下流は、小張城主の松下石見守重綱(まつしたいわみのかみしげつな)という人が考案したと言われ、戦勝祝いや犠牲者の供養の為に行われるようになったと言われています。
でも現在では火難除け・五穀豊穣を祈願して奉納する意味で行われているそうです
場所:つくばみらい市小張3235
小張愛宕神社
毎年8月24日(固定)(お問い合わせ先→産業経済課  0297-58-2111)

詳細はコチラを→「市内の行事について」(つくばみらい市HP)

私もいつか、肉眼で観てみたいのですが何しろ水戸からでは遠いし夜遅く(開始時刻は20;30~)だし。。。
ということで諦めていたところ・・・

な、なんと!!
明日7月25日(土)、水戸市の偕楽園公園 四季の原というところで「伊奈の綱火」が見られるそうな
水戸観光協会:新着情報・お知らせ

日時:平成27年7月25日(土) 20:45~21:30(※雨天中止)
会場 偕楽園公園 四季の原
IMG_20150724_0001.jpg

通常、水戸の我が家からたっぷり1時間30分はかかるであろう現地。それが先方さん(綱火)の方から来てくれた・・・(*^_^*)
このような機会は滅多にあるものではありませんよね♪
というわけで、お出かけしてきます
観覧が成功すれば後日、記事で書かせていただきますが1ヶ月以上記事がUPされない場合は天候等の事情で中止になったか、または断念したものと思ってください

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/07/24 17:58 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(0)

板橋のお不動さん

つくば市の隣町・つくばみらい市に「板橋のお不動さん」と呼ばれ地域の人達に親しまれているお不動さん、板橋不動尊。
正式な名称は、「清安山願成寺(せいあんざんがんじょうじ)不動院」。
名前からして御利益いただけそうなありがたいお不動さんだな、と以前から興味を持っていましたので「つくばふれあいプラザ」を後にし、水戸へ帰る前に立ち寄っていくことにしました
DSCN8229.jpg
弘法大師の開基と言われ、宗派は真言宗豊山派。
大同年間806~810年と、1200年以上もの歴史を持つお不動様。
朱色の立派な楼門は、昭和49年に県の指定文化財に認定されています
DSCN8231.jpg
見上げると、龍の彫刻が飾られています
そして、その右横に見える三重塔がまた素晴らしい
DSCN8230.jpg

この三重塔、どこから見てもかっこいいしすごく絵になるんですわ
DSCN8232.jpg

DSCN8238.jpg

生い茂った、木の影からも。
DSCN8226.jpg
楼門は元禄年間(1688~1704年)、そしてこの三重塔は安永元年(1772年)の建築と言われています。
三重塔もまた、昭和35年に県指定文化財に指定されています

さあ、そろそろ本堂をお参りしましょう
DSCN8235.jpg

DSCN8242.jpg
本堂は江戸時代中期に建てられたそうです。勿論、先に書きました楼門・三重塔の共に県の指定文化財認定(昭和40年)を受けています。いわば、この寺院は文化財が揃った宝庫と言えるのではないでしょうか?
DSCN8245.jpg

弘法大師像。
DSCN8239.jpg

社務所前の御不動様。
DSCN8237.jpg
交通安全を守る御不動様です。無事帰宅できることを祈願しなければ
国指定重要文化財に指定された、不動明王が二体の童子像を従えて立つ像=”不動明王及二童子立像”なるものが本堂億で保管されてるそうです。今回はお目にかかれませんでしたがご開帳時には公開されるのでしょうか。。。

本堂前の両側に設置された狛犬のわんちゃんが可愛いこと(*^^*)
DSCN8240.jpg

DSCN8241.jpg

犬、といえば楼門のところにもいました。境内側、正門から見ると仁王像の丁度裏側に。
DSCN8233.jpg
何しろこの御不動さんは、安産や子供の成長・安全に霊験あらたかとされてる御不動さんだったのです

昔も今も、出産は女性にとって一生で最大の使命。しかもそれは決して容易いことではありません。
特に現代のように医療機器設備も整っていなかった昔は、女性にとっても生まれてくる赤ちゃんにとっても命がけだったはずです。
DSCN8234.jpg
江戸時代、つくばみらい市のこの地では難産の女性が多く母子共々死んでしまうこともあった為、当時女性が子を身篭ると皆不安な毎日を送るようになっていました。
そんなある夜、村の名主の夢枕に雌雄の白い犬が現れ、”我は板橋不動の使いなり。女人講中揃って不動尊に参詣し、護摩祈願を成せば難産の苦しみを救わん”とお告げをしました。
翌朝、村人協議の上、一同揃って不動尊を参詣し、護摩祈願をし不動尊の使者である白い犬一対を奉納しました。
それからというもの、村で難産に苦しみ命を落とす母子がいなくなりました。
以来、板橋不動さまを別名:お犬不動尊とも呼ばれ、平成の世となった今でも求子安産や子供の成長安全を願う参拝者が絶えないそうです


・・・あらら、ってことは私にはちょっと場違いだったのかしら?
いいえ、安産祈願は近々お母さんになられるFB友さんのために

つくばみらい市には、この「板橋の御不動さん」意外にも歴史的な建造物やスポットが点在しているようです。
なかなか、興味深い街です


板橋不動尊について
http://fudouin.webnode.jp/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/07/17 23:32 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(4)

福岡堰とさくら公園

つくばみらい市を常総市の間を流れる小貝川。
その川べりに咲く桜並木に沿って歩いていくと、福岡堰(ふくおかぜき)というスポットに辿り着きました。
IMGa.jpg

その昔、時の郡代伊那半十郎忠治が支配していた頃。鬼怒・小貝川の分流域に谷和原三万石が開拓され、寛永二年に領内の用水源として小貝川を堰止めたのがそもそもの始まりと言われ、享保七年に現在の福岡地区に設立されたのが現在の福岡堰となったと言われています。
IMG_1296_2014041021125207e.jpg
近づくと、轟々と水の流れる音が威勢よく聞こえてきました
福岡堰にごく近い場所では、露店も出店されお腹の空く匂いを漂わせていました。
IMG_1294_20140410211452060.jpg
花より団子、と言いたいところだけど誘惑(?)に目もくれず福岡堰に向かってさらに歩いていきます
で、到着~♪
IMG_1297_201404102117195a9.jpg
画像ではピンとこないかもしれませんが、これがなかなかダイナミック☆
つくばみらい市の名所の一つになる理由がうなずけます。
橋のたもとには記念碑もありました。
IMG_1299_20140410211848917.jpg

そしてそのそばに、福岡堰の説明がちゃんと記されています
IMG_1301_20140410211944934.jpg

木造の堰枠からコンクリートへ、そして修復・・・と、何度もリニューアルされ長年に渡り大切にされてきた福岡堰は、旧谷和原村→つくばみらい市の歴史そのものと言ってよいかもしれません
IMG_1302_20140410212714769.jpg

橋の下から堰を覗くと、高さがある上急こう配でこれが結構スリリングだったりして
IMG_1303_20140410212756d65.jpg

でもね、丁度反対側が結構素敵な眺めなんです(*^_^*)
IMG_1304_20140410212938a48.jpg
雨雲が霞んでいる筑波山がまた綺麗。。。こういう眺めもいいかも

福岡堰のちかくにある「福岡堰さくら公園」という公園、そこも桜が満開でした。
戻る前にせっかくですからこの公園もお散歩していくことにします。
IMG_1311_20140410213324562.jpg
公園内はかなり広く、ゆるやかな丘陵ですので歩くだけでも良い運動になりますが面白い遊具もいくつかあり、小さなお子さん連れの御家族がピクニックがてら遊びに来られるのに良いでしょう
大人も夢中になりそうな、スペシャルジャングルジムがあるよ!(≧▽≦)
IMG_1307_201404102137255e4.jpg

遠くなってしまいましたが、ちょっと目を惹く奇妙なオブジェ。
IMG_1306_2014041021393170d.jpg
遊具のうちの一つですが、現在は使用できないそうです。
遊歩道の桜と公園の桜、福岡堰に訪れると桜が2か所で楽しめるのですね
IMG_1312_2014041021453243e.jpg
公園と遊歩道を繋ぐ橋の上より撮影しました

さあ、そろそろ愛車が待つ駐車場へ戻りましょう。
桜のトンネルを通って。。。
IMG_1313_201404102146569c6.jpg

県内の桜開花状況によれば、この福岡堰の桜もそろそろ散り始めてきたとの事。
来年もまたこうして元気に桜が咲き、お花見に来られた人達を癒してくれることを願うとしましょう
IMG_1314_201404102148407bd.jpg

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2014/04/10 21:52 ]  つくばみらい市 | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー