FC2ブログ

シークレット・ゲート・カフェに行ってきました!

今日から仕事始めだった、という方も多くいらっしゃるはず。
平成最後のお正月、皆さんゆっくり過ごせましたか?
私は明日から仕事始めです。急いでお休み気分から切り替えかねば

昨年暮れのお蔵入り記事です。
facebookで知った、取手市藤代にある不思議なカフェに立ち寄った時のお話
その名もシークレット・ゲート・カフェ
目的のそのお店は、取手市役所藤代庁舎隣のスーパーカスミの敷地内にありました。
DSCN2892.jpg
1階のクリーニング屋さん脇に入口があります。
一見するとゲームセンターか高級クラブか?みたいな雰囲気。
DSCN2866_20190104214831e20.jpg
気軽に入っていいのかな?と少し不安になりましたがわざわざ来て引き返す、なんて無駄なことするわけはない(笑)
ランチメニューが書かれたメニューボードを見て、安心して中に入って行きました。

店内に入り、見渡せば見渡すほど不思議な空間でした。
このお店、カフェ?アンティークショップ?アクセサリー雑貨店?それともギャラリーか?という感じ・・・
DSCN2868.jpg

DSCN2869_20190104221832bce.jpg

カフェスペースも豪華なインテリアで飾られています。
落ち着いて静かな部屋で、ついうたた寝してしまいそう。。。
DSC_1165.jpg

DSCN2875.jpg
テーブル付きの椅子でお食事できるんですよ
そして、内部写真撮影OK+SNS公開可はブロガーにとっては非常にありがたい
そんなカフェスペースで私が今回、注文したのは”秋の味覚と3種のキノコのブルーチーズラザニア”。
DSC_1173_20190104214831e85.jpg
滅多に来られない場所だから贅沢しちゃえ
室内のアンティークなインテリアを見て、料理が出来上がるのを楽しみにのんびりと待ちました。
DSC_1167_20190104220633cdb.jpg

セットドリンクが先行到着。この日はなんとなく、紅茶をチョイス。
DSC_1168_20190104220635678.jpg

ゆっくり過ごしているうち(メニューによって違うかもしれませんが、お食事が出てくるのはわりとゆっくりめなので、お急ぎの方や待つのが大嫌いな方は御遠慮された方がよいかも^^;)に、お料理が到着しました。
DSCN2870_20190104220636fc4.jpg
スゲーっ!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
きのこのラザニアとかぼちゃのサラダ、デザート付
一品一品、まるで芸術作品!!
DSCN2872_20190104220637398.jpg

DSC_1169.jpg

DSCN2874_20190104220639a66.jpg

目で満足、味で満足、そしてお腹で満足。
美味しくいただきました

HP内で、「カフェと雑貨とイベントスペースの、日常を忘れる体験型インテリアショップ」と紹介されているとおり
、カフェであり雑貨店でありイベント会場・ギャラリーでもあるこれまでにない斬新なスタイルのお店でした
取手市は、「アートなまち」として町興しをしている町。そんな町にふさわしい新たな観光スポットと言っても良いと思います
藤代駅から徒歩で約10分。皆さんもこの”不思議カフェ”に1度お出かけになられてみては?
余談ですが現在、特設ギャラリーではこのような企画が行われています
DSCN2878_201901042233330fd.jpg

「ひたちなか海浜鉄道展」が今月29日まで開催中!
DSCN2879_20190104223334d7b.jpg

駅猫おさむ、取手市に出張(?)
DSCN2881_20190104223336028.jpg
記念サボやヘッドマーク等の鉄道グッズの他、写真の展示があります。さらに、海浜鉄道職員の制服を着て記念撮影できるコーナーも!!
1/12には特別講演会も行われます
note_2019010422333792f.jpg
鉄道、特にひたちなか海浜鉄道ファンの皆さん、是非お誘い合わせの上お出かけください


HP↓
https://booms.jp/archives/distinations/secretgatecafe_sp


本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2019/01/04 22:46 ]  取手市 | TB(0) | CM(-)

茨城のお酒が集った日~SAKEMEETING2018

取手駅西口の駅ビル、ボックスヒル取手。
この4Fのとあるスペースが、日本酒BARに大変身!!
DSCN9457_20180415111523d5a.jpg
ようこそ!SAKEMEETINGへ

DSCN9456_20180415111521409.jpg
中村酒店さんの主催によるイベント、SAKEMEETING2018が先日4月14日(土)、盛大に開催されました
中村さんで取り扱われている商品をはじめ、県内13酒造店の”自慢逸品”やこの場でしか飲めない、この日の為の秀逸な商品(酒)が一斉に集いました。
DSC_0396_201804151115171e0.jpg
受付周辺だけで既に熱気が漂っています。おつまみ、お弁当等は持ち込みOK、やるぅ
週末の昼間のデパートの光景だと思うと、なんだか凄いね(笑)
DSCN9447_201804151115199e4.jpg

酒類は全部で39種。お酒に魅せられて集った人の数は、ざっとみてお酒の約5倍以上?!
勿論、私もその中の1人
DSCN9451.jpg

DSCN9449_201804151137433a6.jpg
水戸市:明利酒類「水府自慢」 今回は飲めませんでしたが^^;

茨城県は農業の県です。温暖な土地で自然の恵みも豊かで農産物を作るには最適なところ。特に良質な水に恵まれているので美味しいお米が出来るのです。当然お酒の種類も豊富、関東では酒蔵が最も多い県だそうです。
関東の玄関口となる取手に、茨城の各地域で生まれたお酒が集ったわけですね
DSCN9453_201804151137465ad.jpg
日立市:森島酒造「大観」純米吟醸雄町14号酵母無濾過生原酒

DSCN9455.jpg
常総市:山中酒造店「一人娘」純米吟醸ゆめひたち無濾過生原酒
茨城県ではお酒用のブランド米「ひたち錦」も製造していて、県内の酒蔵でもそれを利用したものが製造販売されています。
”ゆめひたち”もまた茨城生まれのブランド米。こちらはお酒用のものではないのですが、”これを利用してお酒を作ってみよう”という意向で作られたそうです。
酒米に劣らない、良い御味でしたよ

水分補給コーナーも設置。しかも、仕込み水です。
DSCN9448_201804151137414c5.jpg
お酒を飲む人たちのことをちゃんと考慮しています。ありがたい
会場内ガイドツアーに参加する前に既に5杯頂き、フラフラしていた私の手をひいてトイレまで連れて行ってくださったスタッフの女性、ありがとうございました

そして私はもう1杯
DSCN9458_20180415141723678.jpg
潮来市:愛友酒造「八代目兼平本家」
ラベルからして美味しそう
味も濃厚さも喉越しも”これぞ、日本酒!”という味でした。最近はお酒が弱い方、”日本酒はちょっと・・・”という方でも飲めるようにフルーティーな味わいにしたり清水のようなすっきりとした味にしたり(そういうのは良くない!と言ってるわけではありません断じて)、カクテルやリキュールのように飲みやすさにこだわる一方で新しい味を追求されるものが多い中、”これぞ日本酒!”みたいな伝統的な味だなあというのが第一の感想でした
DSCN9459_2018041514172444e.jpg
同じ蔵、同じ水で造ってもその造り方やお米、酵母の違いで味が変わる・・・それが日本酒だと会場内で行われていたガイドツアーの講師:杉村啓さん(日本酒ライター、醤油研究家として活躍されてる方)がおっしゃられていました。
さらに、日本酒をもっと楽しむためには御供となる”おつまみ”と合わせてみて”このお酒にはこれが似合う!”ということが解れば、もっとお酒が楽しくなるとのことです。
DSC_0399.jpg
日本酒にいちご?一見不釣り合いのようですが意外にこれが似合うお酒がありました
このイベントの為に仕込んだ限定品、筑西市の「来福」生原酒さくら 直汲みというお酒が似合います。

”自分は日本酒通だ!”を強く自称されるならば、酒蔵を1つ1つまわりそれぞれ造り方(ラベルを見れば違いが一目瞭然)の違うお酒を飲み比べるくらいでないといけませんが、そんなのは現実的には無理ですよね。
それを可能にしてしまうのがこういったお酒のイベントです
DSCN9464_20180415143028738.jpg
思えば地元・水戸市をはじめ石岡市、結城市、笠間市と何箇所も日本酒飲み比べイベントに参加し、ここ・取手市で5か所目となります。本来は”達人”と呼ばれてもよいくらいかもしれませんが、残念ながらいまだにド素人のままの私です
お酒を飲むのではなく、お酒に飲まれるという感じかな?まだまだ(笑)

ガイドツアー参加前、そして参加後にあらためて2杯。
一時期、危ない状態に堕ちかけたこともありそろそろいい加減にしておかなければ・・・。
というわけで、最後の1杯
地元、取手市内のお酒を。
DSCN9463_20180415141728c9d.jpg
田中酒造店「君萬代(きみばんだい)」純米吟醸 無濾過生原酒
猫デザインのラベルがインパクト強
”流行猫”というサブネームがついていました。どんな味だろうと興味津津で飲んだところ、
「ストレートに美味しい!!」
鍛錬された味といいましょうか、お米の風味を素直に感じられたお酒です
それもそのはずですね。パンフレットによれば明暦元年(1655年)創業という、長い歴史を持たれ昔ながらの製法と地産地消、地元の契約農家で栽培されたお米を使用しているというこだわり様
気になるのが銘柄の名前の由来ですが、明治17年に明治天皇が牛久に行幸された時、途中で喉の渇きを訴えられ”造り酒屋の水ならば大丈夫”ということで差し出されたのがここ、田中酒造さんの井戸水だったそうです。陛下は差し出された水を大変お気に召され、その行在所滞在中に水とお酒を運ぶことになり、明治天皇から賜った名前が「君萬代」だったそうです。

取手はかつて、水戸街道の宿場町だったところだと記憶しています。お偉い方もそうでない方も、江戸から北上の際はこの水戸街道を通られたはず。
取手で宿泊された方の中にきっと、この田中酒蔵さんの銘酒を堪能された方がいらっしゃったかもしれませんね
取手駅東口から徒歩5分くらいだし、後日訪問してみましょう

日本酒の本当の楽しみ方と、普段飲んだことのない酒造店のお酒。
そして、日本酒を愛する者同士とのささやかなふれあい・・・。
この3つの素敵な出会いがありました
DSCN9462_20180415143028d89.jpg
次回(おそらく来年のこの時期)はさらに楽しめそうです。

・・・て、もう早々と足を運ぶ気でいるよおいっ

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/15 12:37 ]  取手市 | TB(0) | コメント(0)

創業女子文化祭に参加してみました!

佐貫駅からJR常磐線で足をのばし、2つ先の取手駅にやってきました。
取手駅西口前にあるショッピングビル・リボンとりで。
DSCN5489_201709122327334a2.jpg

その3Fの一隅で行われた、小さな文化祭を見てきました
DSCN5477_2017091223272834c.jpg

その名は”創業女子文化祭”。文字通り、創業(起業)されてる女性たちのお披露目の場。。。
DSCN5479_20170912232730b85.jpg
起業したい、自分らしく行きたい・・・
そのような願いを持っている女性の夢を応援し、叶えるお手伝いをしている団体がこの取手市にあります。
とりで女性のための創業スクール
Match創業セミナー
いづれも、起業を考えている女性たちの為の大学。
”アートの街”は、起業女子を大いに応援しています
起業を考えられてる方の、強い味方!取手市商工会議所さんもこの文化祭のお手伝いに参加されていました
DSCN5473_20170913212149c24.jpg
事業資金のこととか、相談できます
私の場合は、茨城ブロガーという立場から町興しに関するお話等。イベント情報、待ってますよ~(^-^)/

今回開催された、「創業女子文化祭」はこれらの創業スクールを卒業し晴れて”起業家”となられた女性たちの日頃の成果をお披露目する場でもあり、これから起業しようと考えている人達に先輩として様々なアドバイスや相談、助言等を出来る場でもありました。

DSCN5484_20170912232731543.jpg

”私も起業しようかな”、”自分が起業なんてとても。。。でもいづれは”
ここに集まった創業女子達にもかつて、そのような時代があったはずです。
自らが歩んできた道・・・起業までの苦労とその中で感じた生き甲斐等、そしてその努力の結晶が形となってフロアに展示・販売されていました。
彼女たちは何故、起業しようと思ったのか。。。又、何故その仕事を選んだか・・・
DSCN5474.jpg
一口に”創業”といっても内容も様々です。手作り雑貨やアクセサリー等の販売・・と”ものづくり系”の方もいらっしゃいますし、ネイルアートやリラクゼーション等、人様の”綺麗になる”お手伝いをされる方、そして愛犬の事故死をきっかけに”世界一、安全な散歩用リード”を作り愛犬との楽しい散歩ライフを楽しんで欲しい。。。と、手作りリードを販売されているブロ友さんetc。。。
IMG_20170909_141416_1.jpg

IMG_20170909_141706.jpg

DSCN5483_20170912234017829.jpg
私の場合、起業に関しては正直「わが心にあらず」といった感じでした。間違っても自分は経営者向きではないし、自分が会社を立ち上げ、経営していけるのだろうか。。。いやその前に一体、私に何の商売できるんだ?
・・・と、起業・創業に関しては非常に消極的であります
そんな私が一体、何故そういう場所に足を踏み入れたか?ですって?
まあまあ、それはおいといて^◆^;

今回の文化祭には元NHKアナウンサーの牟田祥子さん。
「スマホ動画プチ講座」の講師として参加されていました。
DSCN5481_20170912234015453.jpg
~これまでの職場での経験を生かして、良い仕事を長く続けていきたい。。。~
結婚・出産を機に起業セミナーへの参加を決められたという牟田さん、そんな彼女のモットーは「起業は未来へのパスポート」。
自分らしく仕事を続け、生きて行くには仕事は「もらう」ものではなく「つくる」ものだと語る牟田さんに、何か賛同できるものを感じました。
そういうわけで私も、講座に参加。
DSCN5480_201709122340146db.jpg
動画というよりも、簡単なスライドショー作成といったところ。
スマホの動画作成アプリを使用するのですがこれが楽しかったヽ(≧∀≦)ノ
ファイル形式の関係でここにはUPできませんが、はまりそうです((∩^Д^∩))
DSCN5478.jpg

人様の笑顔が見たい・・・人様の役に立ちたい!そして何よりも自分自身が輝きたい・・・!
起業する、ということに対しこれまで私が持っていたイメージを払しょくするような内容だったと思います。
お金稼ぎもそうだけど、何よりも起業とは「自分らしく生きること」・・・ではないでしょうか
自分の「好き」や「特技」を活かし、起業していくことで人生に張りが出てくるしましてやそれで人様に喜ばれるならば、この上ない喜びと達成感を味わうことが出来そうです

・・・と、かっこいいことを言いましたが肝心の自分は何をしたいのかまだよくわかっていないという状態です^.0^;
人生50年、一人で生きていくしかない女(笑)
真面目な話、私も考えねば。。。
小さな文化祭は、私に大きなことを教えてくれたイベントでした。
DSCN5487_20170913233251b80.jpg
関係ないけど、取手駅ホームに停車中の代々木上原行き常磐線各駅停車。
車輛、いつリニューアルしてたんだろ(←時代遅れ


来る9月26日(火)・10月10日(火)・24日(火)・11月7日(火)・21日(火)の計5日、常陽銀行取手支店において9:30~16:30、
Match女性のための創業セミナーが開催されます。(受講料:10,800円 全5回分 定員:30名(定員を越えた場合は抽選))
詳細→Match創業セミナー
申込日は9月20日、興味のある方や起業を考えられている方は受講してみませんか?
宣伝でしたヾ(o´∀`o)ノ

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/09/12 23:44 ]  取手市 | TB(0) | コメント(0)

アートタウン戸頭団地<後篇>

取手市戸頭団地、アートツアーへいざ出発∠( ^ o ^ ┐)┐
DSCN5163.jpg

東京藝術大学出身の作家さんにより、団地が美術館と化した戸頭団地。
緑も多く閑静な場所で、素敵です
こちらの建物、図書館なんです。
DSCN5164.jpg
よく見ると、ページ開いて伏せた読みかけの本が何冊か並んでいるようにも見えるかも。。。

外壁アートも面白いけれど、団地内にある”自然なアート”もいいね♪
DSCN5165.jpg

DSCN5171.jpg

アートはこんなところにも
DSCN5167.jpg

カラフルな水彩画に彩られたこのトンネルの名は文字通り、”色々トンネル”
DSCN5168.jpg
戸頭東小学校の5年生と2年生の児童(平成12年当時)達が、住んでみたい家や楽しい風景を想像し、それぞれが自分の好きな色を使って描かれたものだそうです
DSCN5169.jpg
子供目線だから、家の造りが結構多国籍で面白い^^。
平成12年、ということはこれらを描かれた子供たちはもう、大人になっているはず。
あれから16年も経過したのですね。
皆さん、どんな大人になられたのでしょうね。。。

トンネルのところで、Uターンすることにしました。
団地内、結構広くて歩くだけでも良い足の運動になります。
もう一度、アパートの外壁アートを眺めながら。。。
DSCN5174_20160526163042601.jpg

※一応、棟番号は隠させていただきました。
DSCN5180_201605261630434f8.jpg

DSCN5182_20160526163045522.jpg

DSCN5185.jpg

DSCN5183_20160526170443b5c.jpg
それにしても面白い!
この団地に住む友人や親戚等がいらっしゃるという方はきっと、遊びに来るのが楽しみになってしまうのでは?

戸頭団地、用がなくても訪れたくなります。
”楽しいアート団地”お散歩の旅、これにて終了♪

記事の終わりはスイーツでお別れしましょう(^-^)/
DSCN5184.jpg
まるやま千栄堂(せんえいどう)
定番和菓子から新商品まで、と幅広いジャンルのお菓子を製造販売しているお店。
代表は地元に伝わる民話をモチーフにした「とげぬき地蔵最中」ですね
DSCN5188_201605261733510ba.jpg
お口いっぱいの大きさの栗がまるごと入ってます。
白あんと小倉あんの2種類あり。皆さんのお好みはどっち?

これも定番↓
DSCN5194_201605261733530e8.jpg
「取手フクタロウまんじゅう」
定番の黒糖まんじゅうですフクロウキャラの”フクタロウ”。市のキャラクターにはならなかったのかな?

ちょっとユニークな、こんな商品も買ってみました
DSCN5187.jpg
「白い珈琲ぷりん」
珈琲と書かれていますが実は珈琲は入っていないんですなのに珈琲の味がする不思議なお菓子。

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/05/26 17:52 ]  取手市 | TB(0) | コメント(4)

アートタウン戸頭団地<前篇>

関東鉄道常総線に乗車し、取手駅を出発して6つ目の駅戸頭(とがしら)駅で下車。
初めて下車した駅です
DSCN5148.jpg
小さいけれどちょっぴり個性的な駅舎デザインの戸頭駅。
この駅のすぐ近くに”アートな団地”があるということをテレビのローカルニュースや取手のガイドブック等で情報入手してから一度、訪れてみたくなりやってきたのです
早速駅前広場にアートオブジェ。
DSCN5150_20160525104132b0b.jpg

DSCN5154.jpg

DSCN5149.jpg

DSCN5151.jpg

DSCN5152.jpg
それぞれの作品の意味については、私にはお答えできませんので

目的のアート団地=戸頭団地は駅のすぐ向こうにありました。正面の大通りを横断しなくても団地内に行ける連絡通路があったのに気付いたのはずっと後になってからでした^◆^;
素直に道路を横断し、団地内に入っていくと。。。

あ、見えた!!
DSCN5156_20160525104135dd0.jpg

DSCN5157.jpg

DSCN5158_20160525104138155.jpg

DSCN5160.jpg

DSCN5162.jpg
噂は、本当だった・・・
って、何言ってんだか
本当に、アパートの外壁がまるでキャンバスのように使用されアート作品が描かれています。
しかも、ところどころ解説付き。
DSCN5159_20160525111344dd0.jpg
東京藝術大学出身の作家による企画で誕生したという、戸頭団地アート作品化。この大胆かつ斬新なアイデアがローカルニュースで取り上げられたことがありました。
東京藝術大学取手校地が市内にあることも影響し、取手市は”アートのまち”として町おこしを図っているということを前回の記事でも書いていますが、ここ・戸頭団地にそれが結集されてるといった感じ(←あくまで”よそもん”の感想)
DSCN5161.jpg
この団地内のあちこちに、”アート”が施されていました。
それらを、続く<後篇>で掲載させていただきたいと思います
とりあえず、今回はこのへんで

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/05/25 11:31 ]  取手市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー