INDEX    RSS    ADMIN

霞ケ浦縦断の旅へ~②潮来大橋

霞ケ浦をずっと縦断し、北利根橋までやってきました。
これから、この橋をくぐります。
DSCN0487_201701092056333d1.jpg
こうして見ると、天井が突っかかりそうなのですが。。。大丈夫か?

あ!ぶつかる
DSCN0488_20170109205636139.jpg

((((;゚0゚;)))))))
DSCN0489.jpg

大丈夫(^^) 天井ぎりぎりですが問題なく通過出来ました!
右手方向には、横利根の揚排水機場に設置されている閘門(新横利根閘門)が見られます。
DSCN0493_20170109205638293.jpg
大正時代に建設された文化財指定の横利根閘門はここを通過した奥にあります。
ここを通過しなければ横利根川に入ることはできません。
その前に、船は寄り道をするかのように潮来桟橋に向けて走行。そこから折り返して再びここに戻り、新利根閘門をくぐることになります。
DSCN0494_20170109205639707.jpg
「あやめの里」と書かれた塔のようなもの。一体なんだろな?と興味を持った私。
今のところ、情報は掴めていません。

さて、いよいよ潮来大橋の前にやってきました通称”メロディー橋”と呼ばれているそうです。
なんでも、歩道の一部分にスイッチがありそれを押すとメロディーが流れる仕組みになっているからだとか。
DSCN0497_201701092216024d6.jpg
以前、当ブログで紹介させていただいたことのあるカフェレストランも見られます
前回は車で訪れたところ。陸の上から見る光景とはまた違った雰囲気です。
DSCN0498_20170109221604d36.jpg
このようなアングルは、船の上からでなければ絶対に見られない!
ちなみに橋の右側方向に進んでいくと、嫁入り舟で有名な”前川あやめ園”に辿り着けるのです。
あやめまつりの時期は定期便が出ますのでホワイトアイリス号が大活躍!
DSCN0499_20170109221605b68.jpg
船で訪問するあやめまつりもいいかもね

潮来大橋をくぐりました。
DSCN0500_201701092216064aa.jpg
思いっきり、ど真ん中
船は間もなく、潮来桟橋に着くようです。
DSCN0501_20170109221608623.jpg
以前記事で紹介させていただいた珈琲倶楽部ぷちろーどが
ここで、トイレ休憩となりました。
一時停船した潮来桟橋沿いは、遊歩道と公園となっていて桜の木が並んでいます。開花時期はきっと見事でしょう
関係者の方から聞いたところによりますと、あくまで予定ですが4月の桜開花時期に今回のようなツアーを企画しているとのこと。
楽しみだなあ+゚。*(*´∀`*)*。゚+実現しますように

トイレを済ませ、ホワイトアイリス号をバックに記念撮影
DSCN0503_20170109222925bed.jpg
潮来からの乗船客はなく、乗客全員が戻ってすぐに出港となりました。
佐原に向けて、再び出発
DSCN0502_201701092247089a6.jpg

DSCN0507.jpg
霞ケ浦とな暫しのお別れ。
アイリス号はこれからあの水門を通って横利根川、そして利根川へ。
(続きます)

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

イタリアンカフェ陽だまり

潮来市記事の締めはグルメ記事です。
名前は聞いていたものの、今回初来店の、陽だまりというお店。
DSCN5967.jpg
潮来大橋のすぐ手前、お店の窓から北利根川が見られます
晴れた日の夕暮等に訪れたら夕陽がさぞ、美しいことでしょう。。。
DSCN5970_20160624214854e88.jpg
人気店の噂は本当で、お昼時に訪れたら案の定駐車場は満車、川べりに愛車を停め(駐車禁止ではないので大丈夫^^;)お店に入ったら予想通り満席で、約15~20分待ちとのことでしたので空席が出来たらmy携帯まで連絡をいただけるようにお願いし、それまで時間つぶしに橋の周囲をお散歩して時間をつぶすことにしました。

この橋を渡った向こうは千葉県香取市
DSCN5972_20160624215507f2f.jpg
遊歩道を歩いて、県境を越えてみようかな。。。とも思ったりして。
尚、ここから前川あやめ園まで歩いていけば約10分ですので歩いてみようか、とも思いましたがあちらに到着した頃にお店から連絡があるかもしれないし。。。ということで断念。案の定、予想よりも早く連絡を戴き駆け足でお店に急行することになりました
冒険しなくて良かった(笑)
DSCN5966_20160624214852d37.jpg

今回のオーダーはランチではなく、パスタが選べるプチコース(1,800円)にしてみました。
パンとデザートまで付く、ちょっぴり贅沢なセットメニューです。
”本日のパスタ”はランチメニュー同様の「グリルチキンと5種類の豆のトマトソース」でしたのでそれをチョイス(っ*^ ∇^*c)
DSC_1057.jpg
人気メニューはオムライスのようですが前回、潮来市でランチした際別なお店でしたがオムライスを食べたのであえてパスタに。
最初にサラダ
DSCN5973_20160624214856a09.jpg

続いてパン
DSCN5974.jpg
熱々の焼き立てで、バターをつけてほっこり

少し待って本日の主役が到着(っ*^ ∇^*c)
いっただきま~す(^Q^)/~
DSCN5975.jpg
たっぷりのトマトソースに、グリルチキン・豆・・・なんだか体に良さそうですo(≧ω≦)o
パスタも細めの麺で、つつましく上品な感じ(* ´ ▽ ` *)
つるつるしこしこで、ゆで具合も好み
あっという間の完食、ごちそうさまでした( ^ω^ )

そしていよいよ、お待ちかねのコーヒー&ケーキです。
ケーキの中で最も好物のレアチーズケーキを選びました(*´∀`人 ♪
DSCN5976.jpg

雪のように白くて、とろーりクリーミー。。。
DSCN5977.jpg
ふわふわ~っと、天使のデザートみたい。。。
コーヒーと一緒に、名残惜しみつつ(笑)一口一口噛みしめながら大切に味わわせていただきました
DSCN5978.jpg
美味しい幸せ、ありがとう+゚。*(*´∀`*)*。゚+
たま~には、こういった贅沢も許されるはず?!

来店されるお客さんを見ると大体、女性が多いですがカップルや家族、そして私のようなお1人様、と客層も幅広いようです。でもランチタイム、特に休日のその時間帯は確実に混むかと思いますので待ちたくない方は予約をされた方が無難でしょう。

お料理は勿論、美味しかったし店員さん達の対応も感じ良く遠くても”また来よう!”と思わせるお店。
人気の秘密はここにあり、かな(*^_^*)

【イタリアンカフェ 陽だまり】
食べログ紹介ページ→http://tabelog.com/ibaraki/A0804/A080401/8001793/
水郷潮来観光協会HP内→http://www.e-tabi.org/member/s-hidamari01.htm
茨城県潮来市潮来5067
Tel:0299-62-3371
11:00~21:00(LO20:30)
月曜日定休



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

二本松寺の宝物

あじさいの杜散策を終え、二本松寺本殿のある境内へ。
出口の近くにトイレがあり、まずはそちらに立ち寄ってから本殿をお参りすることにしました。

本殿に向かう手前に、案内図によれば”光圀公お手植えの槇”があるそうなのですが・・・。
あった!
DSCN5950_20160622225329366.jpg

DSCN5948_20160622225322148.jpg
水戸光圀公お手植の槇
元禄4年(1691)に光圀公が本堂改築寄進した際にお手植えになられた記念樹だそうです。
逆算すると、樹齢は今年で325年
DSCN5952.jpg

正面から見るよりも、本殿の建物側に回ってみた方が迫力を感じます。
DSCN5954.jpg
3世紀もの月日、時代の流れをずっと見守り続けてきた槇に合掌。。。

調べてみたところ、お寺そのものの歴史は古く、平安時代初期の824年に慈覚大師円仁により当初は市内の茂木という場所に創建され、鎌倉時代になり嶋崎城築城の際、鬼門除けとして現在の地に移転され今に至っているとのことです。嶋崎氏滅亡後も、佐竹氏や(水戸)徳川氏の祈願寺として信仰されていたお寺なのです
DSCN5955_20160622225327c62.jpg

合掌
DSCN5956_20160620214508a79.jpg
本堂の階段にもあじさいが飾られているの
DSCN5957_20160622230957a2a.jpg
この本堂前は、「あじさいの杜」散策を終えた人達の休憩スペースが設けられていました。
お土産品の販売やお茶やSAZAコーヒーのサービスも!!
DSCN5960_201606222316185e7.jpg
たがね本舗さんのかきもちはお土産に。
休憩用のテントに邪魔された格好となってしまいましたが、”ふたもとの松”と、それを見た時に光圀公が詠んだと言われる歌碑があります。
DSCN5959_20160622231000911.jpg
DSCN5958_20160622230959c01.jpg
願わくば。。。テントの設置場所を考慮して欲しかった
テントの中の椅子から見える格好だったんだもん

本殿の正面の石段を降りると、出口となります。
石段を降りて愛車の待つ駐車場へ戻る前に、二本松寺の”お宝”をもう一つ拝見していきます。
「享保の延命地蔵菩薩」と呼ばれるお地蔵さま。
DSCN5962_201606222310019d6.jpg

DSCN5963.jpg
悟りを開き瞑想しつつも、救いを求める人がいたらすぐに立ち上がり助けに行けるように片膝を立てているのだと説明がありました。
なるほど、よく見ると確かに片膝立てて座っています
DSCN5964_20160622231620647.jpg
今日も静かに、参拝者たちを見守られているのでしょうか。。
もしも境内で困った人が現れたら、この享保地蔵菩薩さまがすぐさま立ち上がり何らかの形で助けてくれるかもしれません
探せば他にもお宝が発見できるかもしれません。
でも、今回の旅はここまでにしておきます。次回訪れる楽しみの為に。。。
DSCN5874_20160622231617fa4.jpg
天台宗開宗1200年を迎えた平成18年に建立された、「一隅を照らす」の碑と書写仏堂。
いつかまた、お会いしましょう(^-^)/~

おまけのお話。。。
この二本松寺で販売されているお守り等のグッズも、オリジナリティあって面白いですよ(*^-^*)
可愛いし、参拝記念にいかが?
DSC_1058.jpg
福を呼ぶ幸運の鳥「ふくろうお守り」
袋から顔をのぞかせているふくろうが可愛い
色とご利益は関係ないそうですのでお好みで♪
DSC_1059.jpg
癒しの音色「水琴鈴お守り」
涼しくて心地よい音が出ますよ+゚。*(*´∀`*)*。゚+

二本松寺に関する詳しい情報はHPで↓
http://www.nihonmatsuji.com/


 
にほんブログ村

あじさいの杜へ~二本松寺<2>

あじさいに彩られた田んぼ道を通って、いよいよ”あじさいの杜”へ!
DSCN5916.jpg

入り口ゲートをくぐったその先は、”杜”というよりもまるであじさいのジャングルでした
生い茂ったその中に、種類豊富なあじさいが見事に咲いています。
DSCN5917.jpg

DSCN5918.jpg

DSCN5919.jpg

一般家庭や街中ではなかなかお目にかけない、珍しい品種も
DSCN5923.jpg

DSCN5925_20160621200229705.jpg

DSCN5926.jpg

どこを見てもつい、カメラを持つ手が反応してしまいます(´∀`*;)ゞ
DSCN5927.jpg
カメラマニアの年配の男性が、この場所を気に入ったとみえ自分の納得いく写真が撮れるまで動こうとせず、当分の間どいてくれそうになかったのでこの1枚で終わりにしました。
中央にいるこのお地蔵さん、わらべ地蔵の”杜太郎”さんという名だそうです。
とりあえず、先へ進みます。

照りつける日差しを浴びて咲いているあじさいの花。
”お水が欲しいよ~!!”と叫んでいる声が聞こえそう。。。
DSCN5929_2016062120023477f.jpg
この日は雲ひとつない快晴。からりと晴れ私たち人間にとっては絶好の行楽日和!
でもあじさいの花が渇いてしまって可哀想でした(・-・)
今日の水戸地方の天気予報も見事に外れ、大雨どころか晴れ間が見えたほどです。
やはり、水不足による節水は避けられないか。。。

こちらのあじさいは、色合いが涼しそうですね
DSCN5933_20160621202526721.jpg

あれれ?
DSCN5934.jpg
どこからか、黄色い蝶々

二本松寺の”あじさいの杜”では、あじさいばかりでなくその中に咲く違うお花も楽しめるようです。
あじさいの中に、百合が
DSCN5935.jpg

DSCN5938_201606212025313c2.jpg

DSCN5939_20160621202532a2e.jpg
この時期の”あじさいの杜”が散策するには最高の時期ですね(〃▽〃)
芝桜に似た、(おそらくあじさいの仲間)お花もありました。
DSCN5937_2016062120253018a.jpg

え~と、これはなんだろ?あじさい・・・なんですかねえ。。。
DSCN5940_20160621203258731.jpg

DSCN5941_20160621203259603.jpg
同じ色合いでも、花弁の形や大きさが多種多様でその変化を見比べてみても面白い♪
観る人を決して飽きさせない、素晴らしい「あじさいの楽園」!!

そんなあじさいの楽園=あじさいの杜終点には、”多羅葉(たらよう)の木”なるものがありました。
DSCN5942.jpg
もちのき科の植物で、別名を”はがきの木”というそうです。
その木が付けている葉っぱの裏側に傷を付けて文字が書けるようになってるからです。
DSCN5944.jpg

DSCN5946.jpg
おそらく木の枝か何か棒状のもので書くのでしょう。爪でひっかいてもだめでした(笑)
書かれたみなさん、結構真剣にお願い事を書かれています。神様が宿られてそうな由緒ある木だから、御利益は期待できそうですね
あじさいの杜は、ここで終わりとなります(#^.^#)

ところで「あじさいの杜」のあじさいの開花時期が終わってしまったら果たしてどうなるのでしょう。。。
主役とも言えるあじさいが去ってしまうとさぞ寂しい景観となってしまうのでしょうね。。。

あじさいの開花が終わったら、もうこのお寺の観光スポットはなし?
いいえ
この二本松寺には、あじさい以外にも宝物があるのです。
次回の記事で、その”二本松寺の宝物”をいくつかご紹介させていただきます(*´~`*)

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

あじさいの杜へ~二本松寺<1>

日曜日のモバイル版茨城新聞によりますと、潮来市にある二本松寺というお寺で本日20日より、御本尊様である薬師如来様の座像が25年ぶりに御開帳となったようです。
DSCN5956_20160620214508a79.jpg
開帳されるという薬師如来座像は、県の指定文化財の認定を受けています。木造ヒノキ材寄木造りで座高が66.1cm。鎌倉時代後期の作だと言われているそうです
普段、なかなか見ることのできない文化財を見られるのはおそらく、今回を逃したら次回はいつになるか分からない。。。拝見するのはまさしく、”今でしょ!”みたいな感じですね(笑)お檀家さんなら勿論、地域の人達や御神仏に興味を持たれる方はこの機会に拝見されてみてはいかがでしょう?
開帳は今月30日まで行われるそうです。但し、御本尊の写真撮影は禁止ですのでご注意

そんな二本松寺は、あじさいのスポットとしても知られています
DSCN5965_20160620214509c9e.jpg
丁度今、境内のあじさいは見頃を迎えています
先日訪れたら、ほとんど満開でした(´ω`人)
というわけで、これから二本松寺のあじさい巡りの記事を数回に分け、掲載させていただきますので何卒お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます
DSCN5875_2016062021450753d.jpg
↑「あじさいの杜」入り口にある書写仏堂。

散策ルートですが、あじさいまつりの散策路は一方通行となっており二本松寺からあじさいの杜へ入ることはできません。
「あじさいの杜」と書かれた案内板に従い、拝観料300円(境内施設整備協力金)を支払って入場します。
DSCN5874_20160620214505b0a.jpg
境内は思った以上に広く、拝観料と引き換えにチケットと一緒に戴いた順路案内図を見てびっくりでした
IMG_20160620_0001.jpg
その広さ、40,000㎡
いい、足の運動になりそう!
運動不足の鈍った体に鞭打って、あじさいの杜探検にいざ出発
DSCN5876.jpg

入り口をくぐった時点で早速、綺麗なあじさいが私や他の観光客の目を楽しませてくれます
やるなあ、このぉ~っ!!(笑)
DSCN5879_2016062022142211a.jpg

DSCN5878_20160620221421139.jpg

DSCN5880_201606202214230b3.jpg

DSCN5882.jpg
まだ境内には入っていません。通路となる田んぼ道ですよ♪
それなのにこんなに。。。
DSCN5885.jpg

DSCN5886.jpg

DSCN5896_20160620221852b2a.jpg

DSCN5906.jpg
ここだけで満足してしまったら、「あじさいの杜」へ行く意味がなくなってしまう
DSCN5911_20160620222331999.jpg
一瞬、薔薇だと思った珍しいあじさい。
田園風景をバックに、イイ感じです
DSCN5912.jpg

田んぼ道に咲くあじさいたちが目の保養をさせてくれつつ通してくれたおかげで、徒歩も難なくあっという間にあじさいの杜に到着しました。
DSCN5914.jpg
さあ、ここからが本番ですp(*^-^*)q
というわけで、続きはまた明日

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村

管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

おかげさまで(^^)

見たいもの、なあに?

QRコード

QRコード

バックナンバー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-