FC2ブログ

千代田PAの桜

今日は県南方面へ桜巡りの旅へ。
来週あたりからあちこちで「桜まつり」イベントが行われますが、1週間前乗りで開花状況を確認しに行ってみようか、と。
東京では既に見頃を迎えている場所もあり、水戸よりも東京に近い県南地域だったらもう随分開花が進んでいるかもしれない、と判断したのです

県南、といっても今回は少々遠くへ。
その前にトイレ休憩を、とかすみがうら市の千代田PAで一休みしてから
DSCN4374.jpg

建物の前にある桜の木。
丁度、開花が始まっていたところでした
DSCN4373_201903312123352ae.jpg

このパーキングエリアから筑波山方向を望んだ景色のローカルさとのどかさが結構、好き
いつも振り返っては眺めています。
今回は丁度、桜がこの景色に加わってくれて良かった
DSCN4372_201903312123333fe.jpg

DSCN4375_201903312123388be.jpg

千代田PAは、上り線・下り線ともにコンビニエンスストア(ファミリーマート)。
ですが、茨城県のお土産品も少し置いています
土浦市のオリジナルレトルトカレー、”飯村牛カレー”(土浦フーズ)もここで買えますからね
DSC_1710.jpg

コンビニでありながら、”ここだけでしか買えない”お土産品やスイーツもあります
イートインコーナーもありますので、お店で買ったお弁当をその場で食べることも。
効率よく食事を済ませるならば、高速エリアを利用する手もあるかもしれないなと感じている私です。

ところで今日は、どこを訪問したかといいますと。
ここです
DSC_1709.jpg
さあ、どこでしょう?
水戸市でも千代田PAのあるかすみがうら市でもないことだけは断言します

本日訪れた桜巡りの画像整理・編集がまだ完了しておりません。
最短で明日以降になりますが出来次第、順次UPしていきますので今しばらくお待ちください

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2019/03/31 22:32 ]  かすみがうら市 | TB(-) | CM(-)

指定文化財一斉公開が開催されました<5:・南円寺・松学寺>

かすみがうら市内の指定文化財巡りの旅も後半、2か所のお寺を巡りましたが駆け足で失礼いたします(・-・;)=3
この2か所は文化財の撮影許可を戴けなかったのでざっとで失礼いたします
DSCN2219_20181115205352ff9.jpg

◆南円寺(なんえんじ) 正式名称=五智山光明院南円寺(ごちざんこうみょういんなんえんじ)◆
応永元年(1394年)祐尊大和尚により開山し、中世の常陸国の武将だった小田氏の四大寺の一つとされているお寺です。開山した当初は現在地より東方2kmの地にあったそうですが、火災により現在の場所に移ったと言われているそうです
そんな南円寺にあるお宝はこちら↓
木造の薬師如来坐像、桧材による寄木造り 鎌倉時代初期の作(推定)だそうです。
DSCN2222_2018111521165610c.jpg
DSC_1010_20181115205349b0f.jpg
漆塗りの上に金箔が貼られて仕上げられています。右手には薬壺を持ち年季はかなり入っていましたが、何か見えないオーラを放っているように感じました。合掌
私個人的には屋外に鎮座していた釈迦如来様の坐像もかなりインパクト強
DSCN2220_20181115212804e40.jpg

DSCN2221_2018111521280660d.jpg
皆さんがここを訪れてもきっと目に留まると思います
造られた年代は不明ですが、少なくとも薬師如来像よりはずっと後でしょう。

2か所目、そして文化財巡り最後の訪問地となったお寺:松学寺(しょうがくじ)。
南円寺から車で大体、5分くらいの距離でしょうか。
森の中に佇む古刹といった雰囲気。屋根が特徴的です
DSCN2223_20181115205353f01.jpg

相州小田原海蔵寺を本寺とする曹洞宗のお寺。永正元年(1504年)の開山(諸説あり)と言われています。
DSCN2224_20181115212807a55.jpg

お宝は木造地蔵菩薩立像
DSC_1011.jpg
別名:腹帯地蔵とも呼ばれているとおり、お腹の部分が妊婦さんのようにぽっこり膨らんでいるのが特徴です。ゆえに安産祈願の地蔵菩薩ということで親しまれているそうです。

昔このお寺の付近に尼寺があり、勇山尼という人がいたそうです。今回は確認していませんがこの境内のどこかに彼女を祀る御堂があるらしく、今でも「勇山様」と信仰されているそうなのです。
もしかすると元々この地蔵菩薩はその尼寺にあったもので、それが廃寺になった際にここ持ち込まれてきたということも考えられるかもしれません。

尼寺があったと推定される場所は、この松学寺の山門付近という説がありますが残念なことに記録が一切、残されていない為すべては謎に包まれています。
非常に興味深い話だ、うん( ̄ω ̄)
松学寺周辺
Googleマップより
残念ながら抹茶サービスの時刻には間に合いませんでしたが、どうにかスタンプラリー達成は果たすことができました
DSCN2229_2018111522092418e.jpg
終点:かすみがうら市歴史博物館
かすみがうら市って、どんな街なの?って訊かれても一言で答えられない!と先述しましたが、今回文化財巡りをすることではっきりと解った事がありました。
「かすみがうら市は、宝物が潜む湖山の町」だと。

山と湖の双方を持つ街=かすみがうら市には宝物がいっぱい、潜んでいました
勿論、今回訪れなかったところにも”お宝”と呼べる素晴らしい文化財があることでしょう。
DSCN2227_201811152209232aa.jpg

何と言っても一番のお宝は霞ヶ浦!
DSCN2225.jpg
歩崎から一望する霞ヶ浦、特に夕暮れ(見たことないけど朝日もきっと素敵)時の景色が素晴らしい!!

宝島探検のような感覚でこの街を散策すると、楽しいかもしれません
これにて、指定文化財巡りの旅は終了です。
最後は歩崎にあるかすみキッチンで旅の締めくくりを
DSC_0997.jpg
地元産ブルーベリーを使った、ブルーベリースムージーで喉を潤し疲れを癒します。
小腹も空いてましたので、ホットドッグをお供に。
DSC_0994_2018111621160757a.jpg
すっきりとした酸味と甘み☆★
湖畔サイクリングの後にもお薦めです(≧∀≦)ノ
少しですが御土産品も販売しています。霞ヶ浦を訪問された時には是非、御利用ください!
DSC_0996_20181116211608f0f.jpg


最後まで御閲覧頂き、誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/16 19:47 ]  かすみがうら市 | TB(0) | CM(-)

指定文化財一斉公開が開催されました<4:法蔵寺>

富士見塚古墳を後にして、さらに愛車を走らせます。
真言宗豊山派:法蔵寺にやってきました。
DSCN2212_20181115222305a18.jpg
到着した時、駐車場はあいにく満車でしたが運よく帰る人がいて、車を出していただいたので愛車を駐車することができました。

応永13年(1406年)、朝賢法師による開山とのことです。
DSCN2214_20181115222306823.jpg
このお寺のお宝は、木造十一面観音菩薩坐像。
わおっ!ハンサム
DSCN2215_20181115222307d29.jpg

現代人にも通用する、なかなか男前の顔をしています。
県指定の文化財であるこの坐像は桧材・寄木造りで全身には金箔が塗られています。
DSCN2216_201811152223099c9.jpg
でもこの坐像、幾度も火災に遭いこう見えても傷だらけ。光背も台座も失っており、化物(冠のような個所に本来、合計10面の顔が付いていました。)もほとんど取れてしまっています。このようになってもなお、現存しているのです。合掌
製作は鎌倉時代と推定されています。

このお寺のお宝はもう一つあったのですが、美系の観音菩薩に見惚れて写真を撮るのを忘れてしまいました
このお寺に伝わる鈷杵(こしょ)=宝珠杵(ほうしゅしょ)です。
DSC_1009.jpg
もらった資料をスキャンしたものです。”やってまった~っ!”って感じ
人間の煩悩を打ち砕く密教法具として使われるという鈷杵。このお寺にムジナの伝説が残されていることから、この宝珠杵は「狢五鈷(むじなごこ)」と呼ばれているそうです。長さ17.4cm金銅製、鈷の間に宝珠が3個ずつ配されていて鎌倉時代の製作と推定されています。

観音菩薩坐像とともに数度の火災を乗り越えてきたであろう宝珠杵。
苦難を乗り越えてきた文化財は、俗世に生きる私達人間の苦難と傷心をよく理解してくださるかもしれません。
共に末長く大切に保存していただき、後世に残していただきたい文化財です


さあ、先を急ぎますか。
文化財巡りの旅、もう少し続きます。というわけで次回へ。

今日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/15 22:52 ]  かすみがうら市 | TB(0) | CM(-)

指定文化財一斉公開が開催されました<3:富士見塚古墳>

木村家住宅を後にして、文化財巡り続行。次なる目的地まで愛車を走らせます。
今更説明は不要かもしれませんが、かすみがうら市は千代田町と出島村(後に霞ヶ浦町と改名)が合併して誕生した市です。
山林の町と湖畔の町という正反対な町同士が合併した格好となり、「かすみがうら市って、どんな街なの?」と聞かれても即答しかねる街だと思うのは私ぐらいでしょうか

既に訪問した「文殊院」と「木村家住宅」は旧千代田町エリア。これから向かうところは旧出島村エリア。
県の指定文化財、そして市内最大規模の古墳がある富士見塚古墳です
キャプチャ
1号墳の前方後円墳、他に円墳が4つで構成されています。
駐車場のところに敷設されている展示館には、発掘の際古墳から出土された副葬品が展示されており、それが県指定の考古資料に指定されているそうです。こちらは撮影禁止ですので画像抜きで失礼いたします

古墳へ行くには勾配のある石の階段を上っていかなければなりません。運動不足にはかなり堪え古墳群に辿り着くときには息切れ(笑)
DSCN2211_20181113224259d40.jpg
1号墳です。では、上ってみます。
って、また階段か
DSCN2203_201811132242540a3.jpg

DSCN2206_201811132242562a6.jpg
古代の風を感じられそう(* ´ ▽ ` *)☆*:.。. 。.:*☆
で、頂から周囲を見渡すとこれがなかなか良いロケーションなのです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN2210_20181113224258b36.jpg

DSCN2205_20181113225636b18.jpg

DSC_0992_20181113225639e28.jpg

DSC_0993.jpg
下の広場は公園となっていて、休憩したりお弁当を食べる人の姿も見られました。
歩崎にあるかすみきっちんからレンタサイクル利用で来られる人もいるのかな?快晴ならば霞ヶ浦を望みつつ素敵なサイクリングタイムを過ごすことができるでしょう

全長80.2m、高さ9m
1号墳である前方後円墳の建立は5世紀末と推定されています。先に触れてるように市内最大規模。誰のお墓なのかは不明ですがさぞ身分の高い方が埋葬されたに違いありません。
富士見塚という名前の由来は昔、古墳(1号墳)の頂きから富士山が望めたということでその名が付いたと言われています。

これまで訪問してきた指定文化財は、昨年巡った常陸太田市を含み殆どが寺院や神社の宝蔵品や古い建物ですが古墳は初めてです。富士見塚古墳自体、昨年は対象外だったスポットでした。
DSCN2207_20181113231053438.jpg
1号墳の勾配も結構、急ですよ
来られた際には足元に十分、お気を付けください。

余談ですが、見学終了後ボランティアガイドさんから自家製のさつまいもを戴きました
まだ食べていませんが、かなり大きなさつまいもです。焼き芋作るのが楽しみだ(笑)
田舎ならではの素朴なサービスに、感謝


富士見塚古墳

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/13 23:18 ]  かすみがうら市 | TB(0) | CM(-)

指定文化財一斉公開が開催されました<2:木村家住宅>

国道6号を水戸から土浦へ向かうと下稲吉交差点があります。そこから右へ曲がるとかつて宿場町として栄えた稲吉宿。
曲がり角の住宅の蔵と塀が、当時の雰囲気を思わせるかのようです
DSCN2202_2018111222064246d.jpg

DSCN2198_20181112231920d3b.jpg

DSCN2199_2018111222063813f.jpg
以前から興味のあった稲吉宿、でもなかなか訪れることが出来ずにいました。車はどこに置けばよいのか、とか今なお住民の方が済んでいらっしゃるので写真等撮れないだろうな、とか
でも今回は特別公開日。駐車場もちゃんと用意されていましたので安心して見学ができます
前置きはこのくらいにしておきましょう。
DSCN2201_20181112220641dfa.jpg
こちらは、旧水戸街道に残る元旅籠として有名な木村家住宅です。県の指定文化財の認定を受けています。
県内に残る旅籠(といっても、茨城県内は数える程度しかありませんが)の中でも昔の姿をよく留めている貴重な文化財です。
DSCN2193.jpg
しかも、現在でも人が住み生活している点が凄いところ。県内ではここだけのはずです。
これぞ、「生きた文化財」ではありませんか

内部見学は1階の一部のみとなります。1階奥の襖の部屋とか2階は住民のエリアですので立ち入ることはできません。
DSCN2194_20181112231916efc.jpg
旅籠だった当時のものが、保存状態よく残されています
柱も天井の梁もがっしりと太く、昔の人が材料や工法にこだわり手間暇かけて精魂込めて造られたであろう光景が目に浮かびます。現代の建築界ではおそらく無理。
DSCN2196_20181112231917fb3.jpg
2Fの格子窓はいかにも”旅籠”という感じ

建物は住む人がいてこそ大切に保存され、長生きするのだとボランティアガイドの方もおっしゃられていました。
そこで生活しつつ、管理をする人達がいたから「木村家住宅」は文化財と成り得たのですね
DSCN2197.jpg

稲吉宿の歴史は万治2年(1659年)に遡ると伝えられています。安政年間には本陣・脇本陣をはじめ全部で17軒の旅籠が立ち並んだと言われ、この「木村家住宅」もその頃=江戸時代末期頃に建設されたと推定されています。
当時栄えた「稲吉宿」そして、宿場町だった頃の下稲吉地区を知る、重要な生き証人として末長く大切に残してもらいたいと思います

木村家住宅(旧水戸街道稲吉宿旅籠「皆川屋」)
茨城県かすみがうら市下稲吉1393
<建物の見学について>
建物内部:毎月第2、第4日曜日 10:00~16:00まで
それ以外の日は外観のみ
見学のお問い合わせ
→かすみがうら市教育委員会生涯学習文化振興係
Tel:029-896-0017 Fax:029-896-1168
※記事でも触れてるとおり、現在も住宅として使用されていますので見学の際は住民の方に必ず一声かけてください。又、見学を許可された場所以外については戸や襖を開けて覗きこんだり中に入ることは絶対にしないでください。
見学できるのは1階土間部分のみです



本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/12 23:46 ]  かすみがうら市 | TB(0) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

※暫くの間、毎週月・水曜日は定休日とさせていただき記事の更新をお休みさせていただいております(定休日以外に臨時休業となる場合もあり)

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー