蛇沼公園を歩いてみました!

稀勢の里関の母校=長山中学校付近に何か面白そうなスポットはないかと事前、地図で探していたところ”蛇沼公園”の文字を見つけ気になりまして。
サプラ(竜ヶ崎ショッピングセンター)へ向かう前に寄り道してみることにしました。
駐車場はさほど大きくない上、入り口が狭くて少々入りにくかったです出る車がなくて良かった!
DSCN0833.jpg
蛇沼公園・・・かなりインパクトの強い名前です^◇^;
だから興味を持ちました。
「茨城県ヘルスロード」のコースの一部に取り入れられています。
DSCN0834_20170131224754399.jpg

DSCN0835.jpg
余計なものは何もなし。花が咲いてるわけでもなくただ、木々が生い茂っているだけ。閑静な住宅街にある、閑静な公園・・・というよりも雑木林と言った方が合うかもしれません。
でも何人か、お散歩をされてる方を見かけました。
DSCN0836_201701312247579fb.jpg

あ!ここか
龍ヶ崎市の観光パンフレット等でこの公園を紹介する際に使われる写真の場所は。
DSCN0837_2017013123025022b.jpg

「望沼台」と書かれたところにある謎の赤レンガアーチ。
DSCN0839_201701312302521bd.jpg
何の目的で造られたのか、また何故ここにあるのかは分かりません。ネットで調べてみてもそれらしき解釈は見当たりませんでした。不思議なアーチです。
DSCN0840_201701312302536d8.jpg
オブジェクトとして置かれたのか、それとも別な何かだった跡なのか。。。
「望沼台」と書かれているところからして、正面の蛇沼を展望する為の展望台として造られたのでしょうか。。。。?
でも、この場所から見えるのはこの程度↓
DSCN0843_20170131225907613.jpg

もう少し、見えたらいいのになと正直思いました
それにしても、蛇のオブジェが可愛いね
DSCN0841_2017013123025424f.jpg

沼の手前はあいにく、足場が悪くあまり近づけません。水鳥が戯れていましたが、遠目で観察するしかないようです。
蛇沼は、空から見ると蛇のようにくねくねとした形をしているところからそのような名前が付いたと言われています。
また、数々の蛇伝説から来てると言う説も。
市のHPを調べたところ、いくつかの「蛇沼伝説」が存在していました。
蛇沼画像とともに、それらを紹介(というよりも、全文書写のような格好で失礼いたします)させていただきましょう。
DSCN0844_20170131225909da0.jpg
畑で使う堆肥(たいひ)を作ろうと、近くに住む人がある朝、蛇沼へ草刈りに行った。
すると、草が1尺(約30センチメートル)ほど沼に向かうように倒れている。
なんだろう?と思ったその人が倒れた草の先へ進むと、白い大蛇が沼に入っていくところであった。
蛇沼の主なのであろうか。その白い大蛇を見た人は、その後体調を崩し、2・3日寝込んでしまったそうだ。


DSCN0846.jpg
<武将と大蛇>
平安末期、武将の鎌倉権五郎影政(かまくらけんごろうかげまさ)が奥州征伐(おうしゅうせいばつ)に行く道すがら、蛇沼で休憩を取って釣りをしていた。
するとそこに大きな蛇が……!
襲われた影政は格闘の末に大蛇の口を刀で斬(き)りつけ、やっと大蛇は去っていったが、それ以来蛇沼の主であるその大蛇は、口の片側が大きく裂けたままだという。


DSCN0857_2017013123211677e.jpg
<大塚町の鬼蓮(おにばす)>
市内大塚町の用水池には、鬼蓮がたくさん咲いていた。
ここには、蛇沼の大蛇がよく遊びに来ていたそうで、大蛇が通った後の鬼蓮は一様に横に倒れていたという



一回りしたら、ぼちぼち退散しますか。
DSCN0850_20170131225911e8c.jpg

いつからいたのか、遊歩道で猫がくつろいでいました。
DSCN0851_20170131225912987.jpg
野良猫でしょうか。
ドヤ顔でこっちを睨んでいます。
DSCN0854_2017013123252215b.jpg

遊歩道を歩いていると結構、良い運動になりますのでお腹が空きました(笑)
というわけでそろそろ退散します。
DSCN0855_20170131232523525.jpg
数々の伝説を持つ「蛇沼」。その名からして、そしてこのような野趣あふれる場ゆえにミステリアスな都市伝説もあるそうです。
後で知りましたが、この近辺に煉瓦造りの謎の廃墟(?)もあるそうで

「狐の恩返し」で知られる女化神社や、「牛になった小僧さんの話」に登場する金龍寺、そして今回の記事で登場した蛇沼公園。
龍ヶ崎市に眠る伝説は多々あり、ですね
伝説巡りの市内散策、なんだか面白そうだな。

蛇沼伝説(龍ヶ崎市HPより)
http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/kankokyokai/info/2013091801690/


蛇沼公園
茨城県竜ケ崎市長山8-20

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/01/31 23:44 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

稀勢の里資料室、ショッピングセンターへ臨時移動中

牛久駅東口を訪れるおよそ4時間前に。。。

やっぱり、来てしまいました(´∀`*;)ゞ
”新”横綱・稀勢の里関の母校、長山中学校へ。
DSCN0830_201701302252275a4.jpg
この学校は牛久市ではありません。お隣・龍ヶ崎市にあります。
あれ?稀勢の里関って牛久出身じゃ。。。?なんで龍ヶ崎市の学校に通ったの?
実はですね、小・中学校時代に彼が過ごしたのはここ・龍ヶ崎市なんです(#^.^#)
元々彼は、茨城県生まれではなく生を受けた地は兵庫県芦屋市でした。わずか2歳の時にここ・茨城県の龍ヶ崎市に家族とともに引っ越して来られたのですそれから幼稚園→小学校、そして中学校と龍ヶ崎市の学校に進みました。
稀勢の里関が中学2年生の時、一家は牛久市へ引っ越すことになりましたが転校することなくそのままこの長山中学校に通い続け、卒業しました。
そんなエピソードもあってか、なんだか最近「わが市こそ、稀勢の里関の故郷だ!」とここ龍ヶ崎市と牛久市、そして芦屋市でもめてるとの話もあがっているようですが・・・丸く治まらないものですかね。

長山小学校下の郵便局やドラッグストアでも、すっかり祝福モードです
DSCN0829_201701302252273d1.jpg

DSC_0468.jpg
稀勢の里関の名前入りパッケージのカップラーメンは100%想像した通り完売していました

さて、長山小学校に来た目的というのは他でもなくこの学校に設けられている「稀勢の里資料室」を見にやってきたのですが。。。
DSCN0831_20170130225229ec7.jpg
暫くの間、閉室との事。
その代わり、2/6(金)まで市内のショッピングセンターサプラのフロアにて特別展示として開催しているというので、移動します

長山中学校から車で10分足らずの移動時間で到着しました。
DSCN0859.jpg
イトーヨーカドーを中心に、ファッションや飲食店、銘菓店、ドラッグストア(マツモトキヨシ)等数店舗が入っている他、市役所同様に各種窓口(住民票や印鑑証明等の証明書発行や納税関係)を設けた市民窓口ステーションがあります。
土日でも利用できるみたいだから便利ですね

さて、長山中学校の校門にあった貼り紙の通り確かに稀勢の里関の資料室が設けられていました
DSC_0469.jpg

”え?本人か?”と一瞬びっくりするくらい立体感感じる、等身大パネルも設置されて。
DSC_0470_20170130231623cf7.jpg
この等身大パネルの前で記念撮影や自撮りをされる人が後を絶ちませんでした。
稀勢の里関の生い立ち、これまでの成績や受賞歴、三賞受賞時のトロフィーや着用している浴衣等の他、写真が数枚展示されています。コーナー自体は小さいですが、たくさんの人が集まっていました。
IMG_20170129_0003.jpg
少年時代の多感な時期を過ごした、ここ龍ヶ崎市を除いて彼を語ることは出来ないと思います。たとえ本籍地が牛久市でも、この龍ヶ崎市も故郷と言って良いのではないでしょうか。。。”異例の2市同時名誉市民賞”とかなんとか騒がれているようですがあげちゃえあげちゃえ

このサプラ内でも当然、「おめでとうセール」なる企画が行われていました。
以前、記事に書いたことのある鍵林さんもこのショッピングセンターに支店を置いていましたので、大好物の”ふんわりせん”、値引きしてもらっちゃった(* ̄m ̄*)
お金を精算し、商品を包んで渡してもらう際店員さんに
「おめでとうございます!」
と御挨拶したら喜ばれちゃった(*ノ∪`*)

「ありがとうございます」と笑顔で答えてくれた、どの店員さんの表情もまるで夕陽に映える牛久沼の水面の如くキラキラと輝いていました。

竜ヶ崎ショッピングセンターサプラ
茨城県龍ヶ崎市小柴5丁目1-2
http://www.sapla.jp/index.html


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/01/30 23:47 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

鍵林のふんわりせん

お茶の時間ですよ~♪(^0^)
DSC_0867_20160617214931a0d.jpg
本日のお奨め品(笑)、龍ヶ崎市の老舗米菓店、鍵林製菓の”ふんわりせん”です。
創業は大正3年、と確実に老舗と言ってよいでしょう。
夏の風物詩・撞舞(つくまい)の会場近くにお店があります。
DSCN4542.jpg
”民話の里のかたりべ煎餅処”というキャッチコピー、なんだか味があるわあ。。。

添加物を極力控え、良質なお米で作られるお煎餅は素直に”美味しい!”と感じることが出来る1品です。
その中でも特に、今回記事に書かせていただく”ふんわりせん”は本当にお奨めです
DSC_0869_20160617214933610.jpg
軽くて、サクサクっとした口当たり。
そして、ほどよい塩味
離乳食を離れたお子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に喜ばれそうです
ほのかに感じる青海苔の風味もイイッ♪
一枚食べたらきっと、もう一枚欲しくなる。。。。。
DSC_0868.jpg
私も母も掴む手がとまらなくなり、購入後3日以内にすべて完食してしまいました

賞味期限90日、と日持ちしますのでお土産にもいかが?

鍵林製菓
茨城県龍ケ崎市根町3359
TEL:0297-62-5881
FAX:0297-62-6348
営業時間
土日祝日:午前9:00~午後5:00
平日:午前8:00~午後7:00
年中無休
HP:http://www.kagirin.com/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/17 22:18 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

般若院のシダレザクラ

にぎわい広場からさらに歩くこと約5分。毎年7月に開催される伝統行事「撞舞」の会場となる根町という場所に、天元元年(978)年の創建されたと言われる般若院があります。
DSCN4506.jpg

龍ヶ崎市記事、今回の締めはここ・天台宗般若院のお話を書いていきたいと思います
DSCN4507.jpg
このお寺も創建当時は別な場所に建てられたそうですが、大永4年(1525)に現在の位置に移されたとのことです。
前回の記事で書きました八坂神社も、この般若院のところにあったそうです。

まずは本堂にご挨拶
DSCN4508_2016040821220797f.jpg

今回の参拝目的は他でもありません。この本堂裏手にある樹齢400年のシダレザクラを見るためです。
TVで放送され、かつ観光パンフレットや「るるぶ」等で紹介されるスポット。”是非見たい!”と以前からずっと思っていました。
その念願が叶う時がついに来た・・・・!!
DSCN4511_201604082158241cb.jpg
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
凄い!!凄すぎるっ!!

DSCN4512.jpg
ただ”凄い!!”の一言に尽きますね(* ´ ▽ ` *)
聞きしに勝る、この巨大な老木は、県の指定文化財・そして天然記念物に認定されています。
DSCN4520_20160408220340a40.jpg

DSCN4527_2016040822034685b.jpg
桜も見事、その花を咲かせる木も見事。
しかも、ちょっと視点を変えるだけでまた違ったアングルが楽しめるしどこから観ても絵になるんだなあ。。。
DSCN4523.jpg

DSCN4529.jpg

DSCN4524_201604082203429c4.jpg

DSCN4525_201604082203443b7.jpg
記念撮影でした( ^ω^ )

桜もアップで撮影してみました。
DSCN4513.jpg

DSCN4532_20160408221000058.jpg

DSCN4538_20160408221002d78.jpg

DSCN4539.jpg
天然記念物そして県の文化財、市の宝。。。
そんな由緒ある桜を見ることが出来て本当に良かった。。。
ただ、欲を言えば青空の下で見たかったナ・・・と(笑)
DSCN4526_20160408220344807.jpg
最後に2人で☆

昨日の雨の影響で、桜もずいぶん散ってしまい既に満開となったところは見頃も峠を越した状況となってしまったようで。
この般若院のシダレザクラも既にほとんど咲き終わってしまったかもしれません。
一番良い時にこのサクラを見ることが出来て良かったです



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/08 22:28 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(0)

八坂神社と公園の桜

竜ヶ崎駅を出発し、徒歩で般若院へ向かいます。
でもその前にちょっと、寄り道など。
駅前通りを約5分、八坂神社に立ち寄っていきます。
DSCN4492.jpg
文治年間の1185~1190年、当時の領主が龍ヶ崎の開拓をしようと農民を移住させた折に農民の心のよりどころだった八坂神社の分社を建てたそうな。。。はじめは根町(龍ヶ崎市の代表的な伝統行事・撞舞が行われるところ。竜ヶ崎駅より徒歩約15分の場所)の般若院、そうこれから向かおうとしていた般若院の敷地内にあったそうですが後に現在の地に移されたとのことです。
DSCN4493.jpg
毎年7月の終わりの3日間で行われている祇園祭(撞舞が行われるのもこの3日間の中の1日開催されます。)は、この神社が中心となります。
では、ご挨拶していきます。
DSCN4494_201604071735503aa.jpg
手水所の水道が龍だ(*^m^*)

DSCN4495_201604071735513d2.jpg
(-人-)。。。。。

八坂神社の隣にある公園のレンガ門が、境内に入ったころから気になっていましたのでお参りの後立ち寄ってみます。
DSCN4496.jpg
なんだっぺこれ?
元、何かの建物があったのでしょうか。。?公園となっているこの敷地に。
残念ながら説明のようなものはなく、帰宅後に市のHPで八坂神社周辺のことを調べても不明。
気になるねえ。。。
(→この部分、記事UP後の追記)・・・なんてこと書いてたら、コメントで情報をいただきました。
このようないきさつがあったそうです
http://akarenga-hozon.org/
情報提供ありがとうございました

それはさておき、公園の桜が綺麗!!
でも既に葉桜が見え始めていました。
DSCN4497_20160407175310fd4.jpg

DSCN4498.jpg
今日の雨風で散っちゃうなあこりゃ

公園内にも気になったもの発見。
DSCN4499.jpg
慰霊碑のようですが、ロケットのような変わった形も目を惹きましたし何よりも「恋魂碑」??
恋???「恋」って読めますよね?
何の意味あって建てられた碑なのか、すごく気になりました。勿論、説明は付いていません。

なんだか、市の突っ込みどころを探しているように解釈されそうですのでここまでにしておきましょう^■^;
この日は4月の第1日曜日。毎月恒例の「まいんバザール」が、八坂神社向かいの”にぎわい広場”で行われていました。
DSCN4500_20160407175313773.jpg
といっても、この時の時刻は既に13:30頃(開催は14:00まで)。
ほとんどのお店が販売を終え、既にお片づけモードでしたが^◆^;
DSCN4503_20160407182802849.jpg
とりあえず、お友達のパン屋さんにご挨拶を。
そして、滑り込みセーフで”まいんコロッケ”詰め合わせ&龍ヶ崎焼きそばをお土産に、コロッケパンをおやつにGETした上で般若院へ向かいます。
その前に
DSCN4501.jpg
広場の桜もまた、満開でしたのでついカメラを向けたくなりました(ノ´▽`*)b☆

DSCN4502_20160407182801f49.jpg

DSCN4505.jpg
今日の雨風で、こちらも果たして週末までもつかなあ。。。といった感じ。
一番良い状態の時に見ることが出来て良かった(#^.^#)

寄り道しながらのんびりとですが、今度こそ般若院へ

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/07 21:21 ]  龍ヶ崎市 | TB(0) | コメント(4)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-