FC2ブログ

旅人Cafe TOY BOX

歴史を感じる蔵の町・真壁に新人さん登場!!
あれ?こんなお店前回いつできたの?という感じです。
それもそのはず、昨年OPENしたばかりで真壁の街中では最年少になるお店です。
DSCN8245_20180301225038641.jpg
お店の名は旅人Cafe TOY BOX、ランチは北関東道笠間PAで購入したスティックいなりずしを食べただけでしたので丁度お腹も空いていたし、遅めのランチがてら雛巡りの帰りに立ち寄ってみることにしました

お店の前に駐車していたタイのタクシーのような乗り物がとても印象的です。
DSCN8244.jpg
ナポリタンやビーフシチュー、気になるねえ。。。
アンティーク雑貨に囲まれた広い店内です。ちょっとオシャレなカフェ・バーのような雰囲気。
BGMはジャズが似合いそう!
メニューは現在、ひなまつり限定メニューとなっています。
DSC_0257_20180301225032f02.jpg
ひなまつりならではのセットメニューです。
結局、和風きのこパスタをチョイス。
DSC_0258_20180301225034351.jpg
あっさり塩味で量的にはボリューム重視、といった感じではありませんので遅いランチには丁度いい感じ。

さて、せっかくのNEWスポット。このまま帰るのもなんだか勿体無いな、なんて。
手作りケーキもオリジナリティを感じて美味しそう
つい出る”欲”と誘惑に負け結局ケーキセットを追加で注文しちゃいました^^;
単品の予定が急遽、セットメニューに変更。
DSC_0259_20180301225035b2c.jpg

りんごとくるみのケーキを選びました
DSC_0260.jpg
甘酸っぱいりんご(甘露煮にしたもの)とくるみがこんなに合うなんて!!.゚+.(・∀・)゚+.
カントリーなイメージで、お店のイメージによく似合います。
コーヒーも美味しかった
DSC_0001_BURST20180224144356248.jpg

ひなまつり期間が終わっても普通に営業しているようですので、また来よぉっと♪
蔵の街歩きで一息入れるのにぴったりです

旅人Cafe TOY BOX
桜川市真壁町真壁152-3
Tel:0296-48-7111
Fax:0296-48-7112
11:00~21:00
水曜日休


りんりんロード真壁休憩所より徒歩7分

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2018/03/01 23:17 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(2)

和の風第十六章~真壁のひなまつりへ行ってきました<3>

和の風第十六章~真壁のひなまつり。
今月4日よりスタートして間もなく1ヶ月となるこの行事も、来る3月3日で最終日を迎えます。
当記事でのご案内兼探訪レポートも、今回で締めさせていただきます。
DSCN8209_201802282051334a9.jpg
桜川市のマスコットキャラクター:いしおさん
旧真壁郵便局内展示の大型雛人形前にて。


雛人形はやはり、古民家や和風家屋によく似合う。
DSCN8212_2018022820513513e.jpg

DSCN8213_201802282051361ab.jpg
旅籠ふるかわさん(?)
記憶が曖昧で失礼いたします^◆^;

あれ?こんなところにも?!
DSCN8218.jpg
可愛い、”籠雛”
真壁のひなまつりは通算5度目くらいになりますが、訪れるたびに変化があって何度訪れても飽きさせません。
今回は特に展示個所も増えて充実しています。
DSCN8219_20180228205139416.jpg

こちらは、ねずみの嫁入りですね(*^_^*)
DSCN8221_20180228210534890.jpg

DSCN8222_201802282105365d5.jpg

DSCN8223_20180228210537ddd.jpg

こちらは、同じ展示協賛店に飾られていた鎧と兜。
DSCN8220_2018022821053222b.jpg
3月3日と5月5日が一緒になっちゃった!

茨城県内、ひなまつりを行っているところはいくつかありますがその中でも、「茨城県の雛巡りスポットは?」と問いかけると誰もが一番に答える場所はここ・真壁のひなまつり
ひなまつりを行っている他の町のスタッフさんの中には
「真壁に比べるとうちなんか。。。」
とおっしゃられた方もいました。
なぜそこまで、真壁のひなまつりが魅力的なのでしょう。
DSCN8228_20180228213256cea.jpg

和の趣を残し、城下町時代の面影を残した街並みがひな祭りのイメージに一番よく似合うからでしょうか。。。
DSCN8224_20180228213254c22.jpg

DSCN8242_201802282133018c9.jpg
お馴染、潮田家住宅。
江戸時代から明治・大正・昭和時代の雛人形が今年も展示されました
DSCN8231_20180228213257d6f.jpg

DSCN8235_20180228213259d20.jpg

100年以上の時を経てもなお、息遣いすら感じられそうな表情豊かな人形たち。。。
DSCN8236_201802282147576ff.jpg

DSCN8237_20180228214759f18.jpg

DSCN8238_201802282148007f8.jpg

DSCN8240_20180228214802a9e.jpg

DSCN8241_20180228214803051.jpg

歴史を感じる雛人形も手作りの雛人形も、それぞれ違った趣を感じ見ごたえがあります。
展示スポット毎にその違いを比較できるのが面白かったかな。
正直今回は、”事前にもっと下調べをしておけばよかった!”と後悔しています。時間を有効に使って幅広く雛巡りが出来たんじゃないかと思います見逃した雛人形も、後になってマップを見直し”これ見たかったな”というのもありました。

DSCN8211_20180228215833c26.jpg
3月3日までの開催、1日11:00(予定)には流し雛も行われます。
真壁のひなまつりをまだご覧になられていないという方、あるいは「1度見たことあるけどもう一度見たい!」という方は是非、お出かけください!

会場までのアクセスやひなまつりマップ、駐車場案内等はこちらで↓
真壁のひなまつり(桜川市観光協会HP内)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/28 22:04 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(2)

和の風第十六章~真壁のひなまつりへ行ってきました<2>

手作り雛あり昔の雛人形あり、とバラエティ豊かに楽しめる真壁の雛まつり
今年も観る人を飽きさせない、素晴らしい雛人形がたくさん楽しめます。
DSCN8183_20180226203956e9a.jpg
コロッケが絶品な桜井精肉店さんのお雛様ショーケースに並んだ雛人形が可愛いです。
買い物をした後、お店の中に飾られた古いお雛様を見せていただきました。
DSCN8179_20180226203950047.jpg
享保雛。江戸時代中期です。
この真壁では珍しくない(といっては失礼ですが)のですが、前回訪れた時(確か震災の前頃)に気がつかず”あれ?こんなのあったっけ?”と思い尋ねたところ桜井さんのではなく、別なお宅が保管されていたものだそうです。
そのお宅の古い蔵で保管されていたそうで、というのも震災でその蔵が崩れるまで陽の目を見ずにずっとしまいこまれていた雛人形だったそうです
DSCN8180_2018022620395232b.jpg
震災で被災後、解体などの作業中に発見され、桜井さんで保管することになりこうして人の目に触れることになったわけなのです。

200有余年の歴史を人形たちから感じとってください。その当時の真壁は城下町で賑わっていた頃でしょうか。
DSCN8181_201802262039531f3.jpg

誰もが二度と体験したくないと感じているはずの2011.3.11の東日本大震災。奇しくも桜井さんのところに飾られている享保雛は、あの震災がなければ決して人の目に触れることなく永久にその蔵の中だったかもしれません。
震災によって無くしたものばかりだと思っていたけれど、この人形のように逆に”生まれた”ものもあったんだなあ。。。
しみじみ感慨にふけってみたりします
DSCN8182_2018022620395509f.jpg
素晴らしいものを見せていただき、ありがとうございました

さあ、どんどん進みましょう
老舗の酒造店にやってきました。
DSCN8187_20180226210445f7f.jpg
桜川市の地酒の1つ、「公明」を製造販売しているお店。この日は新酒の無料試飲が行われていました。
でも車だから私は断念
庭園ではコンサートが行われていました。
DSCN8186_20180226210444c75.jpg

何気にふらっと辿り着いたら酒屋さんでした
DSCN8189_20180226210447201.jpg
決して狙っていませんからね(笑)甘酒の無料サービスを頂きました。
村井醸造さんの「公明」がここで購入できます。
DSCN8190_201802262104481bb.jpg
瓢箪の雛人形。いいですね~
こちら↓昭和53年の雛人形だそうです。
DSCN8191_201802262104506c7.jpg

初めて真壁のひなまつりを訪れたのが大体、10年ほど前になりますがその当時よりも協力店もぐっと増え見ごたえがあり過ぎる位に充実。だから協力店すべてを巡るのに1日では廻りきれないかもしれません。
そんなひなまつりも今週土曜日=3月3日で終了します。
まだご覧になられていないという方はお急ぎください
真壁のひなまつりに関する情報収集、駐車場案内や観光MAP等のダウンロードはこちらで→http://www.kankou-sakuragawa.jp/page/dir000053.html(桜川市観光協会)
DSCN8199_201802262125182d9.jpg

真壁伝承館にやってまいりました。
観たいものがありましたので
DSCN8193_20180226212204551.jpg
筑波鉄道のメモリアルグッズや懐かしい写真展示。記事は後であらためまして。
真壁伝承館や隣接する図書館にも可愛い雛人形が展示されていました
DSCN8202_2018022621251936a.jpg

図書館だけに、みな本を読んでいます。
DSCN8203_20180226212521fc0.jpg

DSCN8204_20180226212522b56.jpg

伝承館を出た後は、おやつタイム
宮本精肉店さん前にやってくると、長蛇の行列でした
DSCN8192_20180226212203166.jpg

ひなまつり限定、というのもあったようですが圧倒的に売れていたのは50円の”むかしのコロッケ”
DSCN8200.jpg
TV番組でタレントの石塚英彦さんが訪れ、これを召し上がられたそうです。
やっぱ、TVの力だねえ。

並ぶこと約30分、むかしのコロッケいただきま~す!
DSCN8201_20180226212206ff7.jpg
中のじゃがいもがとてもクリーミー!そして衣サクサク。
揚げたてだからほくほくしてて美味しかった
体も少し温まったし

では、雛巡り再開
続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

 [ 2018/02/26 21:44 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

和の風第十六章~真壁のひなまつりへ行ってきました<1>

いまにも雪が降り出しそうな今日の天気と違い、前日24日の土曜日は温かい晴天。
行楽日和なその日、桜川市真壁のひなまつりを観に行ってきました
今回、愛車は桜川市役所真壁庁舎へ。
少々、歩きますがそこから信号を渡って直進すると、ひなまつり会場はすぐそこです。
DSCN8246_20180225213126a85.jpg
真壁高校付近あたりにある小さな橋より。
のどかな風景です
間もなく、古い民家に辿り着きました。
DSCN8148.jpg

DSCN8149.jpg
雛人形と一緒に陳列されているのはハンドメイド商品。
手作りのトートバッグやエコバッグ等が並んでいます。
DSCN8150_2018022521313166b.jpg
今年はこういったお店が多く、雛人形と一緒に手作り商品販売も同時に行っているのをこれから何箇所か見かけることになります。
DSCN8159.jpg
ひなまつりマルシェみたいですね

手作り、といえば手作り雛人形を展示されてるお店もありました
DSCN8157_20180225220411fdb.jpg
か、可愛いっ!!

DSCN8158_20180225220412373.jpg
江戸時代から明治・大正・昭和そして平成と200年にもおよぶ伝統的な雛人形を展示していることで有名な真壁の雛祭りですが、手作りの雛人形を展示されてるところも多く見られました。
DSCN8174_2018022522072914a.jpg

DSCN8176_20180225220731a35.jpg
これらみな、一人の方(この雛人形が展示されたお店の奥さま)が手作りされたものですって
凄すぎるっ!!
DSCN8177_20180225220732380.jpg
年季の入った雛人形とはまた違う、温かみを感じる手作り雛。。。
これもまた、良いものです

こちらはまた、別なお店。
DSCN8154.jpg

ここを訪れて初めての”変わり雛”?
DSCN8156.jpg
警視庁24時、なんちって

今年も大いに楽しめそうだな
なんだか、ワクワクしてきました♪
DSCN8164_20180225221650bbf.jpg
いしおさん、無言のお迎え?
彼が待機していたお店は休憩所として開放されていました。
DSCN8166_20180225221651f32.jpg

そして今回は、ちょっと変わった町案内マップ
その名も”まめまめマップ”だって!
DSCN8167_201802252216543db.jpg
大豆を利用したまちなかマップです。
手作り感、たっぷり
DSCN8169_201802252216556f8.jpg
大豆1粒1粒に、お店や建物の名前が書いてあるんです
あまりに小さい文字なので、ルーペが添えられています。親切ね
DSCN8170_201802252216568d0.jpg
なかなか考えていますねえ。。。面白い!

というわけで、このマップを参考にあらためて雛巡り出発!!
DSCN8172_201802252224403ca.jpg
??
では、続きます。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/25 22:25 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

Rainy-walk in 真壁<七夕まつりがやってくる>

雨が一時期小雨になったところで旧真壁郵便局を後にして、再び歩いていたら見覚えのある建物が目に入り一安心
DSCN3803_20170704224241d16.jpg
「真壁のひなまつり」の紹介にあたりTVニュース等でよく登場する潮田家住宅。現在は煙草屋さんですが江戸時代末期は呉服、雑貨商を営み、「関東の三越」と呼ばれていました。建物は明治時代のものですが、その立派な佇まいとひなまつりの際飾られる先祖代々の雛人形の規模から当時の繁栄が想像できます

潮田家住宅の角を左へ曲がり真壁駅方向に進むと、市のコミュニティバスの停留所「下宿」があり、そのそばにまた真壁の代表的な建造物があります。
DSCN3814.jpg
伊勢屋旅館です。
母屋と土蔵は明治時代のもの。
現在も旅館として営業されています予約をすればお食事もできます。
DSCN3799_2017070422423706c.jpg

ここ・伊勢屋さんは江戸時代末期には既に存在していて当時は”勢州楼”という名前の料亭だったそうな。
DSCN3815.jpg
ここで宴をやると男は一人前だと言われた、と書かれていることから相当豪勢な料亭だったのでしょうね。
今では街の観光情報発信の場として、どなたでも気軽に入れるはずです。
玄関をくぐると、可愛い七夕飾りがお出迎えをしてくれました
DSCN3816_20170704225418420.jpg

DSCN3818_20170704225421c74.jpg

DSCN3820_20170704225422004.jpg
この笹飾りは、御近所の人達の手作りだそうです。
来る7月8日に、この界隈で七夕まつりが行われるらしいです。
DSCN3800_20170704224239124.jpg
まかべ日和(桜川市HP内)
1498435628_11.jpg
1498435598_11.jpg
この日は来る7月8日のイベントデーに備え、伊勢屋さんだけでなく数か所で飾りつけが行われていました。
伊勢屋さんでは、訪れた人(観光客含む)が自由にお願い事が書けるように短冊が用意されていました。
DSCN3817_2017070422541977c.jpg
私もしっかり、書いてきましたよ
短冊はちゃんと、お焚きあげをしてくれるそうです。

派手で賑やかななアトラクションやコンサートはかえって、この街並みに似合わない!
プログラムを見た限りでは小さな小さなイベントですが、きっと楽しみにされてる方もいるはず。
当日は雨降らないと良いですね
DSCN3802.jpg
DSCN3798_20170704232614d67.jpg


旅館伊勢屋

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/04 23:32 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!


※暫くの間、コメント受付を停止させていただいております。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー