Rainy-walk in 真壁<七夕まつりがやってくる>

雨が一時期小雨になったところで旧真壁郵便局を後にして、再び歩いていたら見覚えのある建物が目に入り一安心
DSCN3803_20170704224241d16.jpg
「真壁のひなまつり」の紹介にあたりTVニュース等でよく登場する潮田家住宅。現在は煙草屋さんですが江戸時代末期は呉服、雑貨商を営み、「関東の三越」と呼ばれていました。建物は明治時代のものですが、その立派な佇まいとひなまつりの際飾られる先祖代々の雛人形の規模から当時の繁栄が想像できます

潮田家住宅の角を左へ曲がり真壁駅方向に進むと、市のコミュニティバスの停留所「下宿」があり、そのそばにまた真壁の代表的な建造物があります。
DSCN3814.jpg
伊勢屋旅館です。
母屋と土蔵は明治時代のもの。
現在も旅館として営業されています予約をすればお食事もできます。
DSCN3799_2017070422423706c.jpg

ここ・伊勢屋さんは江戸時代末期には既に存在していて当時は”勢州楼”という名前の料亭だったそうな。
DSCN3815.jpg
ここで宴をやると男は一人前だと言われた、と書かれていることから相当豪勢な料亭だったのでしょうね。
今では街の観光情報発信の場として、どなたでも気軽に入れるはずです。
玄関をくぐると、可愛い七夕飾りがお出迎えをしてくれました
DSCN3816_20170704225418420.jpg

DSCN3818_20170704225421c74.jpg

DSCN3820_20170704225422004.jpg
この笹飾りは、御近所の人達の手作りだそうです。
来る7月8日に、この界隈で七夕まつりが行われるらしいです。
DSCN3800_20170704224239124.jpg
まかべ日和(桜川市HP内)
1498435628_11.jpg
1498435598_11.jpg
この日は来る7月8日のイベントデーに備え、伊勢屋さんだけでなく数か所で飾りつけが行われていました。
伊勢屋さんでは、訪れた人(観光客含む)が自由にお願い事が書けるように短冊が用意されていました。
DSCN3817_2017070422541977c.jpg
私もしっかり、書いてきましたよ
短冊はちゃんと、お焚きあげをしてくれるそうです。

派手で賑やかななアトラクションやコンサートはかえって、この街並みに似合わない!
プログラムを見た限りでは小さな小さなイベントですが、きっと楽しみにされてる方もいるはず。
当日は雨降らないと良いですね
DSCN3802.jpg
DSCN3798_20170704232614d67.jpg


旅館伊勢屋

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/07/04 23:32 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

Rainy-walk in 真壁<昭和の面影を訪ねて>

真壁駅から出発し、少し歩いて行けばひなまつりの会場となる街中に辿りつけるはず。。。
と思いつつ直進し、適当な角を曲がったら・・・あらら迷っちゃった
人間の記憶というものはいかに適当なものなのか。。。観光客がぞろぞろ歩くひなまつりの時とは感覚が全く変わり、しかもこの日は雨。歩いていても”何か違う”と感じつつもさて、どこをどう曲がったらいいんだっけ?といった具合でした。

とぼとぼ歩いていていたら、歴史を感じる建造物を発見。
DSCN3795_20170703230844c04.jpg
昭和初期~終戦の頃を舞台にしたドラマでよく見かける、奉安殿だということは私でもすぐに解りました。
奉安殿(ほうあんでん)とは、太平洋戦争以前まで天皇皇后両陛下の御真影と教育勅語(つい最近、お騒がせしたやつですね)を収めた収蔵庫のような建物。当時は小学校に建造され子どもたちは校門をくぐり、校舎に入る前にまずここで一礼をしていたのですよね
DSCN3796.jpg
日本全国にあったこの奉安殿ですがやがて敗戦を迎えた後、この建物は順次解体されました。でも数こそ少ないものの今でもこうして残されているものもあるようです。この奉安殿は真壁小学校にあったものが運び出され、ここに移設されたそうです
DSCN3797_201707032308484ce.jpg
時代が変わり、世の中が変わるとその時代を反映したものも無用の代物と撤去されることが多いですが、残しておくことも重要かもしれません。この奉安殿は日本の昭和時代、特に戦前という時代がどのようなものであったかを無言ながら伝える、とても重要な宝物だと思います。
余談ですがこれが建てられているのは美容室の敷地内のようですので、あまり踏み込んだ撮影は出来ませんでした。
画像はここまでが精いっぱい、悪しからずです

昭和を味わったところでもう1か所。
こちらも昭和初期の建物です。
DSCN3812.jpg
真壁のひなまつりに何度か訪れたことのある方ならご存知かな。
元、真壁郵便局だった建物です。建物は登録有形文化財認定を受けています。
DSCN3811_20170703230848a57.jpg
ひなまつりの時は人が大勢いて出入りも多く、中に入れば所狭しと飾られたお雛様。とても落ち着いて建物の内部を観察することは出来ない為、今日は丁度良いチャンスかな
雨宿りも兼ね、覗いて行くことにしました。
DSCN3804_2017070323243480e.jpg
無人の状態の方が、感じ出てるぅ~
昭和31年から61年までの30年間、郵便局(特定郵便局)として実際にここで業務が行われていました。
DSCN3805.jpg

DSCN3806.jpg
”電信電話”だって!懐かしい~!!o(≧ω≦)o
「郵便番号は正しくはっきりと」の表示もレトロですねえ(* ´ ▽ ` *)

建物自体は昭和2年の建造で、最初は国立第五十銀行(現:常陽銀行)真壁支店からのスタートだったそうです。
江戸時代の城下町の面影が今でも残る真壁。当時このような洋風の建物はきっと、たくさんの人の目を惹いたことでしょう。

2Fからの眺め↓
DSCN3807_20170703232439a65.jpg

DSCN3809_201707032324405d5.jpg

イベントのない日は無人ですが、この郵便局は気軽に入ることができます。
真壁の街並み案内図やイベント情報チラシ等が常備されていますので、情報収集にお立ち寄りください

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/03 23:39 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

Rainy-walk in 真壁<真壁駅にて>

カフェナナイロで開催される写真教室の時間まで、時間はたっぷり。
何して過ごそうか、でも雨だし。ということで何気に選んだ散策地は桜川市の真壁でした。
愛車はりんりんロードの休憩所・真壁駅(旧筑波鉄道の駅)の駐車場に置きそこから傘を差しての徒歩散策。
真壁駅から眺めた風景です。
DSCN3824_201707022042310bf.jpg
霞のかかった山が、なんだか絵のように素敵。。。
雨の日に歩くのは決して好きではありませんが、こういう光景を御目にかけられるのなら雨の中の散策も悪くないかもね、という気になってきます。
DSCN3826_20170702204233416.jpg

雨が良く似合う花=紫陽花が元ホームだったコンクリート脇に咲いていたのが目に留まり、ついカメラを向けました。
DSCN3823.jpg

DSCN3830_2017070220423519a.jpg

暫く訪れないうちに、真壁駅の元ホームだったところにある桜の木が物凄いことになっていてびっくり
DSCN3825_20170702204232e08.jpg

DSCN3827_2017070222050438c.jpg
すっかり、ジャングルと化しましたね
筑波鉄道在りし日はここに乗客が立っていて列車の到着を待っていたんだけどな・・・・と思うとなんだか無性に感慨深いものが。
これらの紫陽花は、当時からあったのでしょうか。。。
DSCN3832_20170702213033614.jpg

DSCN3828_20170702213031e55.jpg

DSCN3833.jpg

筑波鉄道廃止から早、30年。
ホームとともに残された桜の木は何も語らず、ただそこにいるだけ。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/02 22:13 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

旧筑波鉄道真壁駅

真壁城址のお話を書きましたところで、真壁ネタをもう一つ
約30年前に廃線となった筑波鉄道がまだ現役だった頃、この真壁も鉄道が停車する町でした。
当時駅だった真壁駅は、現在では自転車&歩行者専用道路となった旧筑波鉄道廃線敷き”りんりんロード”の休憩所の一つとして、サイクリングやウォーキング、あるいは真壁の街並み歩きを楽しむ人達に利用されています
DSCN5851.jpg
トイレ完備
座って休めるベンチもあります(≧∇≦)!
DSCN5852.jpg

当時、駅だった名残といえばホームが残っているところ
DSCN5853.jpg

DSCN5855.jpg

そして、ホーム上にある桜の木かな
先まで進み、振り返るとこんな感じです↓
DSCN5860.jpg
レールが残っていれば、今にも鉄道がやってきそうな雰囲気です
↓ちなみにこちらは鉄道在りし日の画像(画像を持っていないため、フリー画像より)
t093.jpg

桜の木は、大正5年に当時の駅長(真壁駅)さんによって植栽されたものだそうです。
そこには、”思い出の樹”と刻まれた碑が添えられていました。
DSCN5856.jpg
昭和30年ごろまでは10数本あったそうですが、今ではわずか4本のみ。
でも、筑波鉄道在りし日の重要な証であることには間違いないでしょう。
太平洋戦争時、兵隊として出征された人達を、そして昭和30年代の集団就職の時にはこの駅から東京へ旅立っていく”金の卵”達を見送ってきた桜の木なのです
DSCN5857.jpg
桜の開花時期はさぞ、綺麗でしょうね。。。
その時にまた来られたらイイナ♪

筑波鉄道時代の忘れ形見?
廃墟となった、建物らしきもの
DSCN5854.jpg
よく見ると、”商店”という文字が書かれていて。どうやら元お店屋さんだったようです。
鉄道在りし日は営業されてたのでしょうが、鉄道廃止となり約30年経過後はこの通り。骨組みとなった建物に蔦が絡んで跡形もありません
これも?!
DSCN5859.jpg
鉄道廃止から時が止まってしまったかのようです。
時代の流れといえばそれまででしょうが、なんだか哀しいです。

レールが撤去され、当然ながらここを通るのは鉄道の代わりに人
DSCN5862.jpg
この日もハイキングの団体さんが歩かれていました。リュックを背負った数人の方とすれ違いざま”こんにちは!”のご挨拶旅先では見知らぬ人も仲間^^これぞ、旅の醍醐味!!

それにしても蔵の街並みをはじめ、真壁城址も旧真壁駅も素敵
桜川市真壁、魅力的な街です♪

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/03/04 23:03 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)

真壁城跡

真壁のひなまつりも今日で最終日でしたね。
先月真壁のひなまつりを訪問した際、県道41号線をちょっとだけ高台に上がったところにある真壁体育館の駐車場を使わせていただきました

真壁体育館のある場所はかつて、真壁城の本丸があった場所とのこと。
戦国時代にはこの地にもお城があり、付近の地名=古城(ふるしろ)という名前もそこから付いたのでしょうか。。。
体育館前には、「真壁城址」と刻まれた石碑が建っていました。
DSCN5839.jpg
なにやら、鳥居のようなものが奥に見られます。
雛人形の見物に出かける前にちょっとだけ寄り道していくことにしました
DSCN5840.jpg

何重もの鳥居をくぐっていった先に再び石碑。
周囲の山々がはっきりと見え、見晴らしの良い場所に建っています。
DSCN5841.jpg

DSCN5842.jpg
常陸平氏一族の出身である真壁長幹(まかべたけもと)という人が、真壁郡司を得てここ・真壁にやってきて承安2年(1172年、鎌倉幕府開設の2年前ね)に築城したそうです。13代の朝幹(とももと)の時、鎌倉公方足利持氏との戦に敗れ一度は没落したものの、様々な困難を乗り越え再興。

それから時は流れて1602年、真壁氏は関が原の合戦の後に秋田へ国替えとなった佐竹氏に伴って秋田角館に移った為、真壁城は空城となります。1611年に浅野氏が一旦、城に入ったものの11年後の1622年に笠間城へ移動したため真壁城は廃城。これにて400数年の歴史を閉じることとなりました
DSCN5844.jpg
鳥居の奥に潜む、子育稲荷神社。

お城のなくなった真壁は笠間藩が支配することとなりました。陣屋が現在、真壁伝承館の置かれている場所に置かれ城下町は商業の町となって栄えることになったのです。現在の真壁地区の街並みはその当時の面影であり、道幅も当時とほとんど変わらないものとなっています
蔵造りの建物が多いのも、その名残なんですね(*^_^*)
DSCN5953.jpg

DSCN5965.jpg

茨城県で初めて、”重要伝統的建造物群保存地区”認定を受けている桜川市真壁地区。歴史を知るとその深さに感慨深いものを感じます。歴史あるだけでなく、それらを大切にしてきた真壁の人たちの努力と地域愛・・・それがあったからこそ保存地区になり得たのでしょう

保存地区は一日にして成らず、かな

真壁伝承館について、以前記事で書いておりますのでよろしかったら
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2048.html



いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村

 [ 2015/03/03 22:35 ]  桜川市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-