鹿島鉄道廃線10周年写真展・車両公開イベントへ行ってきました!<後篇>

さあ、お次はKR車両。
お邪魔しまあす∠( ^ o ^ ┐)┐ …
DSCN1816.jpg

DSCN1832_201704022301320ec.jpg
何度も塗装し直している為、このような欠片が出るのです。
廃線後、残された鹿島鉄道車両は保存会の人達の手でメンテナンス等の保存活動が行われていることは既に当ブログで記載している通り。

10年ぶりの車内。懐かしい。。。(´;ω;`)
DSCN1817.jpg

DSCN1819_20170402225955365.jpg

最終運行当時につけられていたカーテンも、10年の歳月でボロボロになり修復不可能な為新しいのと交換されたとのこと。
カーテンを束ねていた、このベルト↓だけが当時のままのもの。
DSCN1820.jpg
貴重な生き証人だ

久しぶりに座席に腰掛けて、暫し瞑想します( ̄- ̄)
DSCN1821.jpg
・・・あれから、10年経過したんだなあ。。。
涙雨の如く冷たい雨降る中での最終運行、人にもみくちゃにされつつ満員列車の中始発から終点を2往復し最後のお別れをしたあの夜がまるで昨日のことのようにはっきりと胸に刻まれています。
動態保存は叶わなかったけれど、どのような形であれ解体されずに大切に保管され、6年前の東日本大震災による液状化被害も乗り越え、ここに存在していること・・・保存会の皆さまの並大抵ならぬ頑張りと努力の賜物でしょう

休憩したところであらためて車内を見渡します。
やはり、あの最終運行以来時間が止まっているんだな。。。
DSCN1823_20170402230127174.jpg

DSCN1824_20170402230129561.jpg

DSCN1827_20170402231202a96.jpg

DSCN1829_20170402231203fda.jpg

DSCN1818.jpg

鹿島鉄道が完全に消滅する時、それは鹿島鉄道を知る人や思い出のある人達がこの世からいなくなった時。
鹿島鉄道を愛する人たちが存在する限り、鹿島鉄道=カシテツは永久に不滅です(笑)


DSCN1831_20170402231204722.jpg
もうすぐ桜も咲くでしょう。うまくいけば今週末には開花してるかも。
満開の桜との2ショット、是非撮ってみたいです

DSCN1836.jpg
毎月第4日曜日は、カシテツの日
車内公開イベントは、1・2月を除く毎月第4日曜日10:00~15:00に行われています。
在りし日とほぼ変わらない、カシテツ車両に是非会いに来てあげてください
手漕ぎトロッコ運転や、オリジナルグッズ販売も行われていますからね
DSCN1837_201704022338575b7.jpg

DSCN1840_20170402233859488.jpg

イベント情報はコチラで↓
鉾田駅保存会HP http://www.hokotaeki.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/04/02 23:43 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

鹿島鉄道廃線10周年写真展・車両公開イベントへ行ってきました!<前篇>

30年前の今日は、旧国鉄が民営化となり、新たにJRという会社に生まれ変わった日だそうですね。
そして10年前に鹿島鉄道が廃止となった日(運行業務自体は3月31日で終了)でもあります
先日、石岡で行われた廃線10周年の写真展、その続編として今回は場所を鉾田中央公民館に移して開催されました。
DSCN1798.jpg
写真展開催:4月2日(日)まで。もう日にちがありませんので興味を持たれた方でまだご覧になられていない方はお急ぎください
なお、最終日となる4月2日は13:00閉場となります。

石岡会場と内容は同じですが、魅入ってしまいました。
何度見ても懐かしい。。。

さて、中央公民館から車で約10分ほどの場所にある日帰り温泉施設ほっとパーク鉾田では、車両公開が行われました
DSCN1800.jpg
ほっとパーク鉾田駐車場の片隅に、今では置物のように展示されている元鹿島鉄道の2車両。
月に1度(都合により開催無の場合あり)、鉾田駅保存会の皆さんにより開催されている鉄道イベント。
普段は立ち入り禁止の列車内も、この日に限ってはOK
車両公開イベントが行われていたことは知っていましたが、開催日に訪れたのは初めてです。
DSCN1802.jpg
↑ゲートは旧鉾田駅の駅舎がモデル。駅名表は実際に使用されていたものと聞いています。
言うまでもなかったかな?(笑)

さあ、改札口をくぐりましょう。
DSCN1803.jpg
あ~、今にも列車が入ってきそうだ
切なさがこみ上げます。

DSCN1806_20170401231520aa5.jpg
DSCN1807.jpg
キハトロ キハ型車両の形をしたトロッコ、という意味かな?
小美玉市の小川南病院敷地に置かれている車両がモデルですね。
10年前の廃線の後、車両のうち何台かは買い手に引き取られていきましたが買い手のない車両は次々に解体処分されました私があの日に乗った、最後のやつも。
現在ほっとパークに展示されているものは奇跡的(?)に解体を免れ、こうして余生を静かに送っているのです
DSCN1805_20170401231519244.jpg
ブルーのラインがはいったKR505(当記事2枚目の画像)と、その後ろに並んだベージュ&朱色のコレ
↓キハ601
DSCN1808.jpg
昭和11年生まれで、鹿島鉄道車両の中では最年長(廃線当時)でした。
今年で81歳です
DSCN1809_20170401231525005.jpg

平成4年生まれのKR車両と並んでいると、”おじいちゃん(おばあちゃん?)と孫”、といった感じですね
DSCN1830.jpg

年長者優先、というわけではありませんがまずはキハ601の方から内部見学を。
久しぶりだな、このドアの向こうに入るのは(*≧∪≦)
DSCN1811_20170401233234e22.jpg

失礼しまあ~す!
DSCN1812.jpg
懐かしい。。。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この日行われていたのはNゲージ展示と、ミニコンサート♪
DSCN1814_201704012332374de.jpg
誰もが知ってる歌や、鹿島鉄道の応援ソングetc数曲お披露目。
在りし日の生写真やオリジナルキーホルダー&ストラップ等のグッズ販売もあります
DSCN1815.jpg
つい消費(笑)
何を買ったかは後ほど( ^ω^ )

この車両は木製の床が特徴でしたが撮影するのを忘れました
見渡すと、時が止まったことを思わせるものもちらほら。
例えばこのような沿線観光案内とか
DSCN1813.jpg
鹿島鉄道の線路もちゃんと書きこまれています。
沿線、もっとPRしていたら。。。

では、次にKR車両内部にご挨拶など(´ω`人)
DSCN1804.jpg

後篇に続きます

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/04/01 23:47 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

鹿島鉄道廃線10周年、写真展と車両公開

先日26日まで石岡市で開催されていた、「鹿島鉄道廃線10周年写真展」。
その続編となる第2期開催が鉾田市中央公民館に会場を移し、本日28日より4月2日(日)まで行われています
さらに4月1日(土)の10:00~15:00には、市内の日帰り入浴施設ほっとパーク鉾田にて鹿島鉄道の車両公開イベントが開催されます(^∇^)ノ
IMG_0196_20140127222125ef2.jpg
ほっとパーク鉾田敷地内で保存中の旧鹿島鉄道車両。
これまで何度か、当ブログでも書いていますが鹿島鉄道廃止後暫くの間、旧鉾田駅に置かれていたものを引きあげここに落ち着いています(^-^) ほっとパーク鉾田のレストランからも見られますよ♪
保存会の人たちの手で、今でも大切に保存されているのです。
IMG_0063_201703282256185c4.jpg
鉾田駅に停車中のキハ602
2007年の1月に撮影したものです。


4月1日の車両公開イベントでは列車内見学は勿論(普段は中に入れません)、Nゲージやぷらレールコーナー、そしてミニ線路を利用した手こぎトロッコ体験が楽しめるそうですよ
是非、ご家族でお出かけください(^-^)/
市内の中央公民館で開催中の写真展も併せて楽しまれてもよし、楽しく遊んだ後は温泉でゆっくりと過ごされてもよし。
帰りは直売所で新鮮な鉾田産の野菜を買って。。。
なんだか、”鉾田Day”になりそうな予感です
IMG_0073_20170328225848ca1.jpg
同じく2007年の1月に撮影。”緑の金太郎”
イベント告知は以上です。

ここからは「懐かし写真館」となります
鹿島鉄道廃止のおよそ2か月前に撮影した、在りし日の鉾田駅の画像を最後に掲載させていただきます
IMG_0065_20170328225621682.jpg
今は亡き、鉾田駅駅舎。
”関東の駅百選”にも選ばれたことのある特徴あるあの屋根も、今では幻の。。。
「駅」という文字にご注目
IMG_0067_20170328225622a37.jpg

IMG_0071_201703282258487ea.jpg

廃止が決まった直後だったので、改札口付近はこの通り賑わっていたねえ。。。
IMG_0069_20170328225846f12.jpg

覚えていますか、コレ。
IMG_0081_20170328225624f1e.jpg
鉾田駅内のたい焼きやさん、
懐かしいですねえ。。。
IMG_0064_201703282256190c4.jpg
鹿島鉄道名物でしたね
最終運行日は通常の10倍?とか。
とにかく想像を絶する物凄い売れゆきとなり、売店のおばちゃんがてんてこ舞いのパニック状態だったそうです
鉄道廃止後は、向かいの関鉄バス乗り場のプラザで販売を行っていましたがそのプラザもいつしかなくなり、ここでたい焼きを買うことは完全になくなってしまいました
一人でたい焼き焼いてたあのときのおばちゃんはお元気でしょうか。。。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/03/28 23:18 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

夢食六ファーム ほくほく

茨城県北部で先ほど、大きな地震が発生しわが水戸市もかなり揺れました
現在、常磐道常陸南太田IC~いわき勿来IC間がその影響により通行止めとなっています。
大きな地震の後は必ずと言ってよいほど余震があります。茨城県在住の皆さん、くれぐれもご注意ください!

さて、本題に入りますね
鹿嶋からの帰りに、以前から気になっていた場所で”帰りには必ず寄って行こう!”と決めていた施設がありましたので、寄り道をしていくことにしました。
それがコチラ↓鉾田市にある夢食六ファームという施設です
DSCN0405.jpg
”夢食六”と書いて、”むべろく”と読みます。
農業県:茨城県の中でも特に農産物が豊富な鉾田市には、産地直売所がたくさんありますがその中でもごく新しい直売所なのです。場所は大洗町から鉾田市に入ってすぐの場所。国道51号沿いになります。
入り口にある動物の焼きものが可愛らしくお出迎え
DSCN0406.jpg

陳列されているうちの大体8~9割が鉾田市産。
特に多いのはやはり、さつまいもかな
DSCN0412_201612282313470ed.jpg

そしてなんと、この直売所にはカフェがあるんです
DSCN0411.jpg
お買い物した後にスイーツなどいかがですか?
これ目的で来ました(笑)
あ、お買い物はちゃんとしましたよ

デザート盛り合わせもジェラートもプリンも捨てがたし。。。
でもやっぱり選んだのは。。。
DSCN0409.jpg
真ん中で大きく宣伝されている、”飲む焼き芋”だあっ!!

冬の風物詩(?)焼き芋がドリンクになりました(* ´ ▽ ` *)
TVでも紹介されたとあってはこれはもう、飲むしかない(笑)
DSCN0407_20161228230703503.jpg
ホット&アイスの両方がありますが今回はホットで。
カップを持っただけでほっこり。。。
DSCN0410_2016122823134401d.jpg
熱々ですので、飲まれる時は御注意ください!特に猫舌の方。
ゆっくり味わっていると、体の芯からぽかぽか
温かい、温かい味で心も温まりそう。。。
300円で購入できる幸せ・・・最高ですp(*^-^*)q

鉾田市産の焼き芋が、ドリンクやケーキ、プリン等に変身して買い物に来られたお客様を幸せにしてくれるカフェだと思います。
営業時間は9:30~18:00と、他の直売所に比べたら長い方ですね
国道51号を利用し、鹿嶋方面あるいは大洗に来られる時には是非この施設もドライブコースに入れたいところです
DSCN0408_20161228230704f4f.jpg

◇夢食六ファーム ほくほく
HP→http://www.mube6.com/
茨城県鉾田市上釜588-17
営業時間9:30~18:00 定休日 第3水曜日
Tel:0291-34-4578 Fax:0291-34-4577



今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/12/28 23:39 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)

茨城百景無量寿寺

今回訪れた潮来市の二本松寺のあじさい見物に出かけるにあたって、マイカーのカーナビで”二本松寺”を検索したところ、案内してくれたルートは案の定茨城空港北IC→行方廻りでした。初めて訪問する場所ですので、ナビの指示に従うことにしました。

ナビに従って茨城町から鉾田市に入り、細い道(おそらく県道18号)をくねくね進むと、無量寿寺というお寺があります。
鉾田市では有名なお寺のようで、ガイドブックを見ても名前もちょくちょく目にする名前。
DSCN5841_20160626224523147.jpg
しかも、”茨城百景”に指定されてる場所ならば寄り道してみる価値があると判断し、立ち寄っていくことにしました。

正門の石は、最近修復されたのかな?綺麗でした。
DSCN5842_20160626224524fd4.jpg
親鸞聖人にゆかりのあるお寺、ということは知っていましたがそれ以上のことは何も知りません。
大同元年(860年)に平城天皇の勅願所として建立されたとのことです。
親鸞が移り住んだのはそれからずっと後の時代。
DSCN5844_20160626224526813.jpg
このお寺に住んでいたのはたった3年。意外と短いです
ではいざ!
DSCN5845.jpg
大木と青葉に囲まれ、パワースポットにふさわしい。。。
参道を歩いているだけでも、御利益もらえるかなあ。。。
DSCN5846.jpg
DSCN5848.jpg
山門の向こうの正面が本堂なり。
では、お参りしましょう
DSCN5849.jpg

DSCN5859_20160626225423158.jpg
まるで今にも動き出しそうな龍の彫り物

鐘楼の屋根も茅葺ですね。
DSCN5852_20160626225421c39.jpg
鐘楼は本堂や山門同様に県の指定文化財に認定されたうちの一つ。
親鸞自ら刻んで本尊とした阿弥陀仏もあるそうですが、本堂の中かな。
DSCN5860_201606262259213d6.jpg
この無量寿寺に彼が住んでいたのはわずか3年だということは先ほども書きましたが、その3年間の間布教活動を行っていました。
彼のお手植えだというかやの木がこの境内のどこかにあるそうなのですが。。。見つけられませんでした
”これかな?”と検討を付けて見てみると、歴代住職がお手植えされたものでした。
虫除けスプレーを持参していなかったので、これ以上森林の中をうろうろ探索するのはやめておきましょう(笑)
DSCN5858.jpg
無事帰れるよう、旅の安全をお守りください。南無阿弥陀仏。。。
ご利益があったおかげでこうして今、ブログが書けまする(笑)

謎の石像も、強く興味を惹かれました。
DSCN5853_2016062622591590a.jpg

DSCN5855_2016062622591617f.jpg
いづれもずいぶんと古そうですが。。。意味は不明

歴史の長さ、そして数々の文化財。
そしてさらに森林風景・・・。
これらが、「茨城百景」に指定された理由なのかもしれません。
DSCN5856_20160626225918e1c.jpg

DSCN5851_201606262254204b5.jpg
数少ない開花中の花をカメラに収め、再び潮来市に向けて出発することにしました。
重要な文化財、鉾田市には探せばまだまだ点在していそうです。機会あったらまた探検に訪れてみましょう

おまけの1枚
DSCN5840_20160626231547156.jpg
入り口の脇にあった掲示板に張り出されていた御言葉。深く心打たれました。
「正しいことも行わず 幸せだけを願うなら
 それは身勝手 得手勝手」


◆無量寿寺
茨城県鉾田市鳥栖1013



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/26 23:23 ]  鉾田市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-