FC2ブログ

ココプララへ行ってきました!

勉強の日々、たまには休息も必要ですね
というわけで。
茨城町桜の郷に昨年OPENしたクア施設、ココプララへ行ってまいりました
DSC_0515_20180519214656dd2.jpg

DSC_0531.jpg

DSC_0530_2018051921470006b.jpg
南国リゾートを思わせるような外観。
OPEN当初から興味は持っていたもののなかなか足を運ぶ機会がなく、本日が初訪問となります。
DSC_0519_2018051921465870f.jpg

さあ、お風呂が楽しみだ♪
DSC_0520.jpg
開店からまだ1年に満たない施設だけに、さすがに綺麗
浴室内は撮影できませんので(当然です)、館内につきましてはホームページのリンクを貼らせていただきましたのでそちらをご覧いただきたいと思います↓
https://www.cocoplala.jp/
とにかく綺麗です。そして人工泉ながらとても温まり癒されます。
特に露天風呂の替わり湯と日本各地の名湯を本物に出来る限り再現した人工泉(定期的に変わるようです。本日は有馬温泉でした)は絶対、お薦め

お風呂上がりの食事も楽しみだよね(*^^*)♪
DSC_0521.jpg

洋食が中心かな?いろいろあって悩んじゃう
DSC_0522_2018051922024419a.jpg
ココプララカレーが気になりつつも結局選んだメニューは・・・

パスタプレート
DSC_0523_201805192202459b2.jpg
パスタのプレートメニューです。サラダ・スープ付き、その上グラタンとデザートまでついて1,280円!!
見た目よりもボリュームたっぷり!!美味しかったです
DSC_0524.jpg
某温泉施設に是非とも勉強してもらいたいなあ、ここのお食事メニューを。

DSC_0527.jpg
デザート:アプリコットのムース
美味しゅうございました(^人^)

食事後は休憩・仮眠も兼ねて岩盤浴へ。(こちらも記事中にリンクしたHPをご覧になっていただけると幸いです)
夜空を見上げるようなイメージを思わせる岩盤浴やマッサージチェアコーナーそしてジュースバー等、某テレビ局の旅番組でしばしば紹介される南の島のリゾートホテルを思わせます
DSC_0529_2018051922233113b.jpg

自由にくつろげる休憩スペース。
ますます、南国の島に来たみたい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSC_0528_201805192202489c6.jpg

茨城県、それも水戸近郊に現れた”南国リゾート”。
1か所にして1日、たっぷりと満喫できちゃったまた行っちゃお♪
DSC_0517_201805192223323c6.jpg
岩盤温浴リゾート ココプララ
https://www.cocoplala.jp/
茨城県東茨城郡茨城町桜の郷1100
029-219-1126
営業時間 10:00~23:00(最終受付20:30) 岩盤浴利用時間 10:00~22:30
休館日 1月1日、毎週月曜日(祝日の場合は営業)
※中学生以上よりご利用可となります




今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2018/05/19 22:34 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

涸沼自然公園の桜<後篇>

公園内の赤い吊り橋・イトトンボ橋を渡った向こうは森林でした。
目指すは”展望広場”。ここでも桜が楽しめるようです。さらに涸沼も展望できるとか。
勾配のある道を上ってったその先には。
DSCN9127_201804071752354b8.jpg
上品な色合いをした枝垂れ桜
でもそろそろ峠かな。
青い葉っぱが見え始めていました。
DSCN9128_201804071752374c2.jpg

DSCN9130.jpg

DSCN9129.jpg

DSCN9131.jpg

DSCN9132_20180407175736e38.jpg

”太陽の広場”という名前が付けられたこの広場、ここから涸沼は見えるのかな?
と、近づいてみると。。。
DSCN9133.jpg
こんなもんか
この程度じゃ展望とはとても呼べないね
なんて思ってしまいました。
とりあえず、涸沼に沿って遊歩道をもう少し歩いたら、と進んでいくと。。。

ああ、ここだったんだ。
DSCN9134_2018040717573918c.jpg
展望広場はここでした。
涸沼が一望できる、見晴らしの良い高台の丘。
DSCN9135_20180407175741e66.jpg

すぐそばに桜の木がありましたが、こちらはかなり散っていました。
DSCN9136_20180407175742248.jpg

DSCN9137_20180407181654663.jpg
もうそろそろ、青葉が生まれてくるのかな?
新録も素敵だろうな。。。
桜が満開の時は最高のお花見スポットでしょうね
DSCN9139_201804071816571bc.jpg

DSCN9138.jpg
心安らぐ涸沼。眺めていると時間を忘れそうになるくらい落ち着いてしまう。。。。

でも、そろそろ降りましょう。

管理事務所まで向かう途中の遊歩道でもう一枚
DSCN9123_20180407182119c47.jpg
桜の開花時期を終え、これからは新緑の季節。
そして、夏がやってくる・・・・。
今年は天候も不順で日中の寒暖差も激しく、梅も桜もあっという間に終わってしまった気がします。
でも、コートやマフラー、カイロ等のアイテムともそろそろお別れですね。


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/08 19:30 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

涸沼自然公園の桜<前篇>

春の嵐?!聞いてねえよぉそんなの
と、叫びたくなるほど強い風が吹き荒れる1日となった昨日4月6日。
この嵐でせっかく咲いた桜もずいぶんと散ってしまったかもしれません

今年のわが桜巡り記事も後半となりました。今回は茨城町にある涸沼自然公園の桜です。
DSCN9073_201804062332236be.jpg
キャンプ場に隣接したこの公園、あじさいまつりが有名なスポットですが実は桜の名所でもあったんです
ただ、もったいないことにあまり宣伝されず知る人が知っているといった感じのスポット。
私が訪れた時も、駐車場はがら空きでした。
駐車場に植えてある桜がこんなに綺麗に
DSCN9077_2018040623322585a.jpg

では、管理事務所ゲートをくぐり中へ入っていきましょう
DSCN9079_20180406233227866.jpg

DSCN9081.jpg

DSCN9083_20180406235301a0d.jpg

イトトンボ橋を望んで。
DSCN9085_20180406235302084.jpg

あじさいまつりの際、歩きなれてる遊歩道も桜で彩られたその道はまるで別な場所を訪れたような感覚です
DSCN9087_20180406235304109.jpg

DSCN9088_2018040623530545a.jpg

あんなところに巣箱が
誰が作ったのかなあ。。。
DSCN9090_20180406235307698.jpg
街中では見かけなくなりましたね、こういう光景。

ここはあじさいまつりが開催されるとお店が並んだり、木工作体験教室等が行われたりして賑わう場所です。
この日はさすがに静かでした。
桜の木の下で花見しながらお酒を飲んだり騒いだりする人もなく、静かに桜の花を楽しむことができます
DSCN9094.jpg

DSCN9095.jpg

DSCN9100_2018040716115787d.jpg

静けさの中にただ、桜が咲きときどき聞こえる鳥のさえずりや蛙の鳴き声が聞こえるだけ。。。
DSCN9102_20180407161158f8c.jpg

高台の方でも桜が楽しめるようで、階段を上り森の中へ。
DSCN9105_20180407161931854.jpg

DSCN9106_201804071619324f5.jpg

急こう配の中、息切れしつつ上ります。
DSCN9107_201804071619336e5.jpg

振り返ってみた景色が、なかなか素晴らしい。。。
DSCN9108_20180407161934632.jpg

DSCN9111_201804071619362ac.jpg

DSCN9113.jpg

下を歩いていた時よりもさらに色鮮やかな桜が咲いていました。
淡いのと濃いのが入り混じり、素敵なグラディエーションとなっています。
上ってきて良かった
DSCN9114.jpg

DSCN9118_20180407162409584.jpg

DSCN9119_20180407162411a8b.jpg

東屋でちょっと水分補給を、と。
持参したペットボトル茶で一休み
DSCN9121_20180407162413c4e.jpg
歩いてくるときに目についた赤い吊り橋(イトトンボ橋)を渡った向こうにも桜が観られる場所があるということを思い出し、そこへ歩いていくことにしました。
降りて行くのがまた、いい運動に
DSCN9122_20180407162855f0a.jpg
あじさい園の中から遊歩道を。
一度、管理事務所へ向かうように歩いた途中に「イトトンボ橋」の案内板が立っている場所があります。
そこを曲がってさらに歩いて行くと見えてきました
DSCN9124_20180407162856c2f.jpg

橋の向こうはまだ未踏の地。
果たしてどんな光景があるのやら。。。
DSCN9125_201804071628569f6.jpg

では、後篇に続きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/04/07 16:35 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

小幡北山埴輪製作所遺跡を歩いてみました!

ここのところ、記事収集をする時間がなかなかとれずネタ切れの為、暫くお蔵入りネタを間に挟む格好になりますので失礼いたしますm(__)m

もうかれこれ2,3週間ほど前のお話ですが、石岡へ向かう際久しぶりに国道6号を走行し途中で”小幡北山埴輪製作所遺跡”というスポットに寄り道していくことにしました。
DSCN0734_20170210221722fa9.jpg
文字通り、埴輪を製作していた工場があったところです。ここで材料となる粘土を掘り出して埴輪の形を作りそれを保管していた倉庫のようなものや、その埴輪を焼いた窯があったとされる跡が見つかっているそうです。

早速、中を探検してみることにしました。
入ってすぐのところに、前方後円墳。勿論、復元されたものです。
DSCN0738_201702102217246e0.jpg
説明を読んだところ、ここに元々あったやつを復元したわけではなく、町内の別な場所で発見された県内にある前方後円墳を元に復元されたようです。
で、古墳の上に並べられた土器は町内の人が体験学習で製作したものですって。
DSCN0739.jpg

さらに進みます。生い茂る木々が太古のイメージを醸し出してるなあ。。。
DSCN0740.jpg

DSCN0742.jpg

DSCN0741.jpg
シダレザクラの木もある、ということは時期がくれば桜が楽しめるかも?!
そうか。その頃来ればまた楽しめるかもね。
園内は思ったよりも広く、歩いているだけで足の運動になりそうです。
森の中で、興味深い建物発見!
DSCN0745_20170210222743408.jpg
古墳時代の民家のような。。。
なんでしょ?
と、思いきや実はトイレでした!
入り口になぜか、埴輪。
DSCN0746_2017021022274482b.jpg

さらに奥へ進むと・・・
DSCN0747_20170210222746883.jpg
おお!ここが埴輪工房跡か
でも奥の方は誰かの所有地のような。

昭和28年(1953年)、開墾作業中に人物埴輪、円筒埴輪、馬の埴輪等がここから出土された為、埴輪製作遺跡だったということで知られてはいたものの遺跡の調査は行われず、その上遺跡の一部は耕地化されてしまったとか(茨城県庁HP内茨城県教育委員会のページより)
調査が行われたのはそれから34年後の昭和62年~昭和63年だそうです。その後平成4年(1992年)に国の指定史跡となりました。

工房跡は、休憩できそうな木のベンチや椅子がありました。
DSCN0748_201702102227477bc.jpg

さて、確か埴輪を焼いてた窯の跡があるはずですが。。。
あ!あれか
DSCN0749_20170210224606dcd.jpg

丁度、斜面を利用した格好で作られていたのですね
DSCN0750.jpg

DSCN0751_20170210224608421.jpg
ここ・小幡地区は良質の粘土が取れる場所だったそうです。数名の職人さん達が年粘土を掘り埴輪を作ってこの窯で焼いていた。。。そんな作業の光景をふと想像してみたりします。

一見、何もない無味乾燥な地に思えるかもしれませんが。。。
太古の歴史が眠り、その時代に生きた人の証をかすかに感じその時代を想像し思いにふける。。。
そんな旅もたまにはいいかな
DSCN0752.jpg

小幡北山埴輪製作所跡
国道6号沿いに案内板あり
場所等はこちらで↓
茨城町観光協会HP内

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/02/10 23:04 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

涸沼の親沢公園

厳しい冬型の気温と天候となり、文字通り「大寒」となった今日。雪が降ったという地域もあるようですね。
わが茨城県でも明日朝にかけ、ところにより雪になる予報が出ています
外出をされる方は何卒、お気をつけください

さて、この寒さですから本来は温かい記事を書くべきなのでしょうがネタとなり得るお話がなく、寒い記事で失礼いたします
先週末、石岡へ行く前に涸沼に寄り道をしてみました。
涸沼の中で名勝に指定されているスポットの一つ、「親沢」です。
DSCN0698_20170120221059383.jpg
地図を見ると、鼻のようにつんと突き出た箇所。”親沢鼻”と呼ばれています。そこは公園となっておりキャンプ場も併設されています。シーズンオフのこの時期はさすがに誰もいませんが。
DSCN0699_201701202211019fe.jpg
反射の具合で文字が見えなくなっていますが、碑には「名勝親沢」と刻まれているのです
ヨットで遊んでいる人の姿が松の木越しに見えます
DSCN0700_20170120221102683.jpg

寒くないのかな。。。
DSCN0703_20170120221103411.jpg
風はぴゅうぴゅう吹いていましたが”なんのその!”といったご様子。
寒いけれど、陸から眺めても心和む涸沼の風景。。。
DSCN0704_20170120221105f97.jpg

霞ケ浦とはまた違った光景が楽しめます。
松の並木がいいね
DSCN0731.jpg

DSCN0732_20170120222007c1a.jpg
どこから撮っても絵になるわあ。。。
2015年にラムサール条約認定の地となりました。
涸沼の景観は勿論、涸沼の周辺に生息する生き物や植物等、それらを育む湿地、と認定に値する注目されるべき素材が揃っていたからです。
これらは立派に”茨城県の宝物”ですとも!

DSCN0721_20170120222004495.jpg
自然を生かし、特に紫陽花が見事な涸沼自然公園、夕陽が美しいと言われている広浦etc私がリストアップする涸沼のお気に入りスポットはいくつかあります。今回訪れた親沢も、そのリストに新たに加えることになりました
DSCN0709_2017012022200370d.jpg
遥か彼方には筑波山も望めますよ

ここ・親沢にはあの水戸徳川二代藩主・光圀公も訪れ歌を詠んでいます。
その句碑が公園内にあります。
DSCN0708_20170120222001d86.jpg
「子を思ふ涙ひぬまの一つ松浪にゆられて幾夜へぬらん」(親沢の一つ松)
この場所が”親沢”と呼ばれるようになったのは、この句からでしょうか。。。

水辺を歩き、さすがに寒くなってきましたので引き上げることにします。
もう一度、”名勝親沢”から見る涸沼の景色を目に焼き付けつつ。。。
DSCN0723_20170120223629cf6.jpg
ここ・”親沢鼻”と丁度向かい合わせの格好に位置する”弁天鼻”と呼ばれる岬があり、そこにも「網掛(あがけ)公園」という公園があるそうです。今回は行かなかったけれど涸沼を見渡る見晴らしの良い公園で、野鳥観察台も設置されてるそうです。
こちらはもう少し暖かくなってから行きますか

親沢公園
茨城県東茨城郡茨城町上石崎4144-4


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/01/20 22:45 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!


※暫くの間、コメント受付を停止させていただいております。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー