小幡北山埴輪製作所遺跡を歩いてみました!

ここのところ、記事収集をする時間がなかなかとれずネタ切れの為、暫くお蔵入りネタを間に挟む格好になりますので失礼いたしますm(__)m

もうかれこれ2,3週間ほど前のお話ですが、石岡へ向かう際久しぶりに国道6号を走行し途中で”小幡北山埴輪製作所遺跡”というスポットに寄り道していくことにしました。
DSCN0734_20170210221722fa9.jpg
文字通り、埴輪を製作していた工場があったところです。ここで材料となる粘土を掘り出して埴輪の形を作りそれを保管していた倉庫のようなものや、その埴輪を焼いた窯があったとされる跡が見つかっているそうです。

早速、中を探検してみることにしました。
入ってすぐのところに、前方後円墳。勿論、復元されたものです。
DSCN0738_201702102217246e0.jpg
説明を読んだところ、ここに元々あったやつを復元したわけではなく、町内の別な場所で発見された県内にある前方後円墳を元に復元されたようです。
で、古墳の上に並べられた土器は町内の人が体験学習で製作したものですって。
DSCN0739.jpg

さらに進みます。生い茂る木々が太古のイメージを醸し出してるなあ。。。
DSCN0740.jpg

DSCN0742.jpg

DSCN0741.jpg
シダレザクラの木もある、ということは時期がくれば桜が楽しめるかも?!
そうか。その頃来ればまた楽しめるかもね。
園内は思ったよりも広く、歩いているだけで足の運動になりそうです。
森の中で、興味深い建物発見!
DSCN0745_20170210222743408.jpg
古墳時代の民家のような。。。
なんでしょ?
と、思いきや実はトイレでした!
入り口になぜか、埴輪。
DSCN0746_2017021022274482b.jpg

さらに奥へ進むと・・・
DSCN0747_20170210222746883.jpg
おお!ここが埴輪工房跡か
でも奥の方は誰かの所有地のような。

昭和28年(1953年)、開墾作業中に人物埴輪、円筒埴輪、馬の埴輪等がここから出土された為、埴輪製作遺跡だったということで知られてはいたものの遺跡の調査は行われず、その上遺跡の一部は耕地化されてしまったとか(茨城県庁HP内茨城県教育委員会のページより)
調査が行われたのはそれから34年後の昭和62年~昭和63年だそうです。その後平成4年(1992年)に国の指定史跡となりました。

工房跡は、休憩できそうな木のベンチや椅子がありました。
DSCN0748_201702102227477bc.jpg

さて、確か埴輪を焼いてた窯の跡があるはずですが。。。
あ!あれか
DSCN0749_20170210224606dcd.jpg

丁度、斜面を利用した格好で作られていたのですね
DSCN0750.jpg

DSCN0751_20170210224608421.jpg
ここ・小幡地区は良質の粘土が取れる場所だったそうです。数名の職人さん達が年粘土を掘り埴輪を作ってこの窯で焼いていた。。。そんな作業の光景をふと想像してみたりします。

一見、何もない無味乾燥な地に思えるかもしれませんが。。。
太古の歴史が眠り、その時代に生きた人の証をかすかに感じその時代を想像し思いにふける。。。
そんな旅もたまにはいいかな
DSCN0752.jpg

小幡北山埴輪製作所跡
国道6号沿いに案内板あり
場所等はこちらで↓
茨城町観光協会HP内

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/02/10 23:04 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

涸沼の親沢公園

厳しい冬型の気温と天候となり、文字通り「大寒」となった今日。雪が降ったという地域もあるようですね。
わが茨城県でも明日朝にかけ、ところにより雪になる予報が出ています
外出をされる方は何卒、お気をつけください

さて、この寒さですから本来は温かい記事を書くべきなのでしょうがネタとなり得るお話がなく、寒い記事で失礼いたします
先週末、石岡へ行く前に涸沼に寄り道をしてみました。
涸沼の中で名勝に指定されているスポットの一つ、「親沢」です。
DSCN0698_20170120221059383.jpg
地図を見ると、鼻のようにつんと突き出た箇所。”親沢鼻”と呼ばれています。そこは公園となっておりキャンプ場も併設されています。シーズンオフのこの時期はさすがに誰もいませんが。
DSCN0699_201701202211019fe.jpg
反射の具合で文字が見えなくなっていますが、碑には「名勝親沢」と刻まれているのです
ヨットで遊んでいる人の姿が松の木越しに見えます
DSCN0700_20170120221102683.jpg

寒くないのかな。。。
DSCN0703_20170120221103411.jpg
風はぴゅうぴゅう吹いていましたが”なんのその!”といったご様子。
寒いけれど、陸から眺めても心和む涸沼の風景。。。
DSCN0704_20170120221105f97.jpg

霞ケ浦とはまた違った光景が楽しめます。
松の並木がいいね
DSCN0731.jpg

DSCN0732_20170120222007c1a.jpg
どこから撮っても絵になるわあ。。。
2015年にラムサール条約認定の地となりました。
涸沼の景観は勿論、涸沼の周辺に生息する生き物や植物等、それらを育む湿地、と認定に値する注目されるべき素材が揃っていたからです。
これらは立派に”茨城県の宝物”ですとも!

DSCN0721_20170120222004495.jpg
自然を生かし、特に紫陽花が見事な涸沼自然公園、夕陽が美しいと言われている広浦etc私がリストアップする涸沼のお気に入りスポットはいくつかあります。今回訪れた親沢も、そのリストに新たに加えることになりました
DSCN0709_2017012022200370d.jpg
遥か彼方には筑波山も望めますよ

ここ・親沢にはあの水戸徳川二代藩主・光圀公も訪れ歌を詠んでいます。
その句碑が公園内にあります。
DSCN0708_20170120222001d86.jpg
「子を思ふ涙ひぬまの一つ松浪にゆられて幾夜へぬらん」(親沢の一つ松)
この場所が”親沢”と呼ばれるようになったのは、この句からでしょうか。。。

水辺を歩き、さすがに寒くなってきましたので引き上げることにします。
もう一度、”名勝親沢”から見る涸沼の景色を目に焼き付けつつ。。。
DSCN0723_20170120223629cf6.jpg
ここ・”親沢鼻”と丁度向かい合わせの格好に位置する”弁天鼻”と呼ばれる岬があり、そこにも「網掛(あがけ)公園」という公園があるそうです。今回は行かなかったけれど涸沼を見渡る見晴らしの良い公園で、野鳥観察台も設置されてるそうです。
こちらはもう少し暖かくなってから行きますか

親沢公園
茨城県東茨城郡茨城町上石崎4144-4


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/01/20 22:45 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)

国道6号閻魔ラーメンセンター

国道6号茨城町小幡にかつて存在したドライブイン「はにわの里」。
現在はありませんが、その跡地は㈱ステノグループの飲食店「がんこ屋」→を中心としたレストランが、まるで屋台のようにお店を連ねています
DSCN2503_2015122020400249a.jpg

DSCN2502.jpg
意外にも今回、初来店。あるのは分かっていましたが大抵、通過してしまうし県南地域へ向かう時は高速道路を利用してしまうので、最近国道6号を走ることもなく立ち寄る機会はなかったのです
今回、私が選んだお店はコチラ↓
DSCN2495.jpg
閻魔大王の提灯が強烈なこのお店、閻魔ラーメンセンター
この一角で一番、気になっていたお店。特にメニューの「えんま地獄ラーメン」というネーミングが(笑)
DSCN2494.jpg

食券制なので席に着く前にメニューを決めて食券を買わなければなりません。
5分は悩んだでしょうか。。。その末に選んだものは
DSC_0336_201512202102338ae.jpg
いや~、”名物”って書いてあったしぃ~。。( ̄▽ ̄;)
でも、「命の保障はいたしません」って。。。これが私を悩ませ不安にさせていました。
わざわざ、こんなの書くなんてどんだけ、辛いんだ?
本気で”遺書でも書き残しておいた方がいいかな”と考えちゃいました^◆^;
ランチタイムを過ぎてたせいか、お店の中は比較的空いていました。
DSC_0335_201512202039565b2.jpg

ついに、キタっ!!
DSCN2498.jpg
見るからに辛そうです(・・;)唐辛子の香りがぷ~んと漂い、弱い方ならこれだけでむせってしまうかも
お冷のグラスを満タンにし軽く深呼吸した上で、いただきます
DSCN2500_20151220210239f56.jpg
一口、スープを吟味。
やっぱ、辛っ!!
DSC_0337_201512202102347f3.jpg
唐辛子とキムチの風味。
心して食べないと、咳き込みます。はじめの3口くらいはおそるおそるでしたが次第に舌が慣れてくると、かえって癖になるかも
数種類の野菜は食べやすい一口サイズで嬉しいね
DSC_0338_20151220212601021.jpg
小口切りにした唐辛子が結構、入ってるし!
この辛さに慣れちゃうと、中毒するかもしれないので要注意

というわけで、完食いたしました!安心してください、生きてますよ(笑)
辛いのが苦手な方にはおすすめできません又、小学生以下のお子さんには絶対に食べさせないでください
私もさすがにスープを飲み干すことはできませんでした。
でも、美味しかったです
別なラーメンも食べてみたいと思ったけれど、果たして次回立ち寄るのはいつになるかなあ。。。

DSC_0339_201512202126036ac.jpg
閻魔ラーメンセンター”入り口脇にある”別邸”、こちらはトイレです。
ドライブイン時代同様にトイレのみの使用も可能ですのでご利用くださいね

閻魔ラーメンセンター(食べログ紹介ページ)
http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080101/8016461/


いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/12/20 21:43 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(2)

祝!ラムサール条約登録

無題
TVのニュースや新聞、ネット等で既にご存知の方も多いと思いますが、先日茨城県鉾田市・茨城町そして大洗町の3つの市町にまたがる涸沼がこの度、ラムサール条約湿地として登録されました
DSC_0093.jpg
既に茨城町の公式HPで報告されています。詳しい内容はこちらを

茨城町HP内(ラムサール条約湿地登録決定の告知記事)
水鳥等、水辺の生き物が生息する地=湿地の保全と、そこに生息する動植物を保護を促進する目的として1971年、イランのラムサールで締結された条約。涸沼はその指定地に登録されたというわけですね
DSCN1172_20150530114438cb7.jpg

国際的にその存在が認められたということになるのでしょう。素晴らしい
海水と淡水が入り混じる、全国的には珍しい汽水湖だという涸沼。ヒヌマイトトンボ等、絶滅危惧種に指定された貴重な生き物も生息しています。そういった自然を保護していくのが地域の人達の今後の指名。
DSCN1182.jpg
世界的規模の条約認定となった任務は重い。。。
ラムサール条約登録地にふさわしいものとなるか、それとも壊していくか。。。
市外または町外の私達茨城県民も協力をしていかなくては、なんてことを考えます。

何といっても、”全国魅力度47位”つまり、日本一魅力のないわが茨城県の1スポットを、世界が認めてくれた。。。
それが何よりの喜びです
DSCN1076_2015053011443703c.jpg
涸沼は抜群なロケーションもさながら公園にキャンプ場、うなぎは旨いしヤマトシジミも(笑)
遊び方はいろいろ。
来月には、恒例の「ひぬまあじさい祭り」も行われます
DSCN1066_20150530114639fe4.jpg
ちなみに昨年の様子はこんな感じです。

http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2063.html

自然の恵み豊かな茨城県・涸沼。
皆さんも是非1度、お出かけください

3つの市町(鉾田市・茨城町・大新町)にまたがった涸沼ですが、代表で「茨城町」カテゴリで書かせていただきました
いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2015/05/30 13:07 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(2)

或る日の広浦

あれ?更新休止中のはずでは・・・?みたいな感じで記事UPさせていただきます
先週の土曜日、その日の用事が思っていたよりも早く終わりましたので以前から気になっていたスポットを訪ねてみることにしました。記事はそのお話

空模様は怪しくなりつつありましたが近場だという安心感から向かった先は水戸八景に指定されてるうちの1つ・茨城町の広浦というところです
こちら↓去る7月6日に「涸沼あじさいまつり」の際お食事に立ち寄った”うなぎや”さんそばの釣り場から見た光景。
DSCN1079_2014072610465266c.jpg

鳥居のある側から逆にうなぎやさん方向を見ると、こうなります。
実際は赤い鳥居の場所よりも少々、手前ですが
DSCN1163.jpg

広浦公園の入り口にも石の鳥居がありますが、曇り空ではありますがなかなか絵になりますなあ。。。
DSCN1166.jpg

DSCN1168.jpg
これは水神宮の鳥居。名前から判断するにきっと、水難事故などの災いを守る守護神様なのでしょう
ここに「名勝広浦」の碑が立っています。
DSCN1167.jpg
水神宮よりさらに奥へ、涸沼に沿って歩いていきます。
水戸九代藩主の徳川斉昭公が歌に詠み、水戸八景の1つに指定された「広浦秋月(ひろうらしゅうげつ)」。
ここから眺める、湖面に映った中秋の名月がとても素晴らしい、ということで「名勝・広浦の秋月」と呼ばれるようになったそうです
DSCN1171.jpg
晴れた日は筑波山も見られるそうです
湖面に映った名月もさぞ、美しいでしょうが海岸のように涸沼の畔にある松林も無視できない(笑)
DSCN1172.jpg

途中あった、屋台のようなもの。1週間後(つまり本日)開催されるはずの”あんばまつり”の為のものでしょうか?
DSCN1174.jpg

DSCN1176.jpg

水神宮から歩いて3分ほどだったでしょうか?
”うなぎや”さんから見えたあの赤い鳥居に巡り合えました。
DSCN1180.jpg
その少し手前に「水戸八景」の碑があります。
DSCN1178.jpg
DSCN1177.jpg
思えば斉昭公が藩主だった時代は、幕末乱世真っ只中な時代。
気丈な斉昭公もストレスで神経を病んでいたかもしれません。涸沼・広浦の景観はそんな彼の心を慰め、癒していたに違いありませんね

私も少しの間、この景観に魅入っていましたがどこからともなく雷の音
これは大変、水戸八景の碑も見たことですし、雨が降らないうちにそろそろUターンせねばと愛車の待つ駐車場へ足を急がせた私。横目に見える涸沼を一望しながら。。。
DSCN1181.jpg
DSCN1183.jpg

今宵は広浦の有名なお祭り”あんばまつり”が行われる日。
涸沼の湖上に浮かぶ船の上でお囃子をするという、珍しいお祭りが行われます。YOU-TUBE動画をお借りしてきましたので、ご参考に(※動画投稿者またはサイト上の事情により削除される場合がございますので何卒ご了承ください!)

茨城町涸沼あんばまつり2013

広浦公園と大杉神社

私は足を運ぶことができませんが興味をお持ちの方、観に行かれてみては?

いつもありがとうございます!
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
 [ 2014/07/26 11:15 ]  茨城町 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-