FC2ブログ

笠間工芸の丘ギャラリーカフェへ行ってみました!

先週の土曜日、県西地域の帰りに笠間に立ち寄り芸術の森公園高台にある「笠間工芸の丘」を訪れました。

これまでギャラリーとして利用されていたスペースが今年1月23日よりカフェとして営業されています
(その時の新聞記事→2019.1.24茨城新聞
DSC_0075_2019051822182662f.jpg
近づけば確かにコーヒーの香り。。。

勿論、立ち寄っていくことにしました。
DSC_0071_20190518221822d9d.jpg

ショーケースに並んだケーキも美味しそうでした。
なんでも、茨城県ゆかりのパティシェが作られているそうです。半年~1年で入れ替えがあるらしく現在は龍ヶ崎市のスイーツ店でパティシェをなさっている方が作られたものが陳列されています。6月末までの期間予定だそうです。
DSC_0072_20190518222700ee0.jpg
龍ヶ崎訪問の際、必ず通過するお店。いつか、来店します

丁度、甘いものが食べたかったところでしたからアイスコーヒーと一緒に
DSC_0073_20190518221823923.jpg
マカロンを乗せた、贅沢な抹茶ケーキ(*´∀`人 ♪
抹茶スポンジと抹茶クリームの間に小豆が入ってて”和テイスト”も起用。
では、いただきます
DSC_0074_20190518221824042.jpg
甘さとちょっぴりほろ苦さ。
こりゃ、たまらんヽ(≧∀≦)ノ
今の若い子風に言うならば
「美味過ぎっ!!まじヤバッ!!」
という感じですかね。
(※不快感を感じられた方、大変申し訳ありません

コーヒーは注文を受けてから1杯づつドリップで丁寧に煎れてくれます。
アイスコーヒーもコクがあるのに、酸味抑えめ。好みです
DSC_0000_BURST20190511151335199.jpg
最後の1滴まで飲んじゃいました!

芸術の町だからこそ出来るこのスタイル。
笠間焼のコーヒーカップやお皿でティータイムを楽しめるなんて素敵じゃないですか

”食べる芸術作品”を楽しむのも悪くないね



本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト



 [ 2019/05/18 22:50 ]  笠間市 | TB(-) | CM(-)

令和初参拝~笠間稲荷神社

芸術の森公園を後にして、次に向かった先は笠間稲荷神社でした。
令和初参拝となります。
DSCN5297_20190506173800639.jpg
新しい時代の幕開けを記念し、新たな気持ちで祈願を。
そう思う人は少なくありませんでした。

本堂の周辺には”奉祝 令和”の幟が掲げられています。
DSCN5299_20190506173803bd7.jpg

DSCN5303_20190506173804ccd.jpg

海外ではテロ等が相次ぎ、決して平穏とは呼べない現状ですが「平成」を見送り新たな時代=「令和」を平和に迎えることが出来たことは幸せなことだと実感し、感謝すべきことだと思っています。
DSCN5298_20190506173801368.jpg
どうか、私達をこれからも御守りくださりませ

この日(5月1日)、神社境内にある藤が見頃となっていました
DSCN5295_201905061737597a5.jpg

樹齢400という、天然記念物の八重の藤。
DSCN5308_201905061756094d9.jpg

そして大藤。
DSCN5309_201905061756118e5.jpg

DSCN5313_20190506175612a9a.jpg

DSCN5314_20190506175858c93.jpg

優しい紫色の大藤と、力強さを感じさせる濃い紫の八重の藤。
どちらも素敵
共に樹齢400年を超える古木だといいます。
4世紀もの間、ずっとここで時代の移り変わりを眺めていたのですね。。。
私は昭和、平成、令和の3つの時代。そしてこの藤は果たしていくつの年号を見届けたのでしょうか。

参拝を終え、井筒屋に訪れてみると玄関前でなにやらパフォーマンスのような演芸?
DSCN5316_201905061806215e8.jpg
ギターの音色に合わせ、何やら絵のようなものを描いています。
改元奉祝のイベントとして、ライブパフォーマンスが行われていた最中でした。
DSCN5317_20190506180622f65.jpg

DSCN5318_20190506180624693.jpg
何かをイメージして描いた絵かしら?

そう思っていたら、今度は書道が登場。
DSCN5320_20190506180625735.jpg

おお、あの文字は・・・
DSCN5321_201905061806272ae.jpg

力強い、「令和」の文字が完成!!

お見事!!お疲れさまでした!
DSCN5322_201905061814416ab.jpg

DSCN5323_20190506181442fff.jpg
力強く書かれた”令和”の文字に、新元号への期待と良き時代となるようにとの願いがひしと伝わりました。

新元号初日にふさわしい、素敵なパフォーマンスをありがとう

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/05/06 18:18 ]  笠間市 | TB(-) | CM(-)

第38回笠間の陶炎祭へ行ってきました!<2>

史上初(私が知る限り)の10日連休も、残すところあと2日となりました。
皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか。

本日、最終日となる第38回笠間の陶炎祭の記事がまだ途中でしたので続きをUPさせていただきます。
尚、私が訪れたのは新元号となった記念すべき初日=5月1日でした

今回会場を訪れて印象に残ったのは、焼き物を販売するお店とカフェのような飲食コーナーがコラボっていたところでしょうか。
勿論、飲食ブースは別にありましたが展示販売されてる食器や小物類を見て、お気に召したら購入して、よろしかったらお茶もいかがですか?
・・・といった趣向からかどうかは( ̄▽ ̄)
DSCN5265_201905050932423af.jpg

私が入ったお店もそのひとつ。
DSCN5245_20190505093239633.jpg
車じゃなかったら勿論、”甘夏モスコミュール”です(笑)
車なので甘夏ソーダで(^^)
DSCN5247_201905050932408fd.jpg
甘夏ミカンの酸味とほどよい苦み、そして炭酸が効いてノンアルコールでもガツンと美味しかったです(*≧∪≦)
改元早々、捕まりたくないですからね(笑)

次に入ったのはこちら。
DSCN5266_20190505093243e89.jpg
今度は”和”の心で(* ´ ▽ ` *)
展示されてる抹茶椀の中から自分のお気に入りを選び、それを使って抹茶が頂けるのです
触れるだけでなく、なんと使用してもいいなんてびっくり
なんて心が広い!!敬服
DSCN5267.jpg
”展示商品にはお手をふれないでください”と注意書きがされてるところが多い中、ほんとびっくりですねw(゚o゚)w

お茶は緑の芝生の上で頂けます( ^ω^ )
DSCN5268.jpg
森林浴をしながら笠間焼の椀で、ゆっくりとお茶を頂けるなんて贅沢じゃないですか(*´∀`人 ♪

さあ、いただきましょう
DSCN5269_201905051028414a2.jpg


DSCN5272.jpg
外で味わう抹茶はまた、格別
お菓子は赤穂(兵庫県)の塩で作られた塩まんじゅうでした。
ここ・笠間と兵庫県赤穂市は姉妹友好都市なんですって( ^ω^ )
赤穂浪士でお馴染の大石氏繋がりですかね。

さらに歩いていると、これまた
「電車でくればよかった」と叫びたくなるお店が。
DSCN5274_20190505102844da9.jpg
お酒は市内の酒蔵、磯蔵酒蔵さんの「稲里」でした。
”笠間焼と地酒でカンパイ!”と謳い、ここではぐい飲み1000個展が行われています。
DSCN5275_20190505102845054.jpg

DSCN5276_201905051037481ca.jpg
つい欲しくなってしまう素敵なぐい飲みばかりヽ(≧∀≦)ノ
このようなぐい飲みで日本酒などたしなんだらきっと、格別美味しいのでしょうね

こちらはカウンターBarですか、粋ですねえ
DSCN5277_20190505103750493.jpg

お店巡りをしているとつい、お財布の口が緩みがち。
同時に、”家で置くところ、あるかなあ”と悩むことも。
DSCN5278_201905051037513c5.jpg
”使うあてはないけれど、とりあえず欲しいっ!”
こういった衝動的な願望にはご用心(笑)

あら可愛いっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN5279.jpg

DSCN5280_20190505103754811.jpg
可愛さに惹かれ、つい店の奥へ。

DSCN5281.jpg

DSCN5282_201905052149032ac.jpg
こんな可愛い埴輪が自分の部屋のインテリアとして飾っていたら、1日のストレスも一瞬で吹き飛びそうですね
嫌なことも忘れそう

市販のショッピング施設ではなかなか味わえない手作り感、豊富な種類そして時には軽いユーモア。
だからみんなが集まるのかもしれませんね( ^ω^ )

ここ、笠間芸術の森公園で行われるイベント、秋にも陶器市が開催されていますが今年も10月上旬ごろ開催。
この月には恒例の菊祭りが開催されますが、それに先立つ格好で開催されます
https://toukiichi-info.com/kasamaroman/
秋に行われる陶器市は「笠間浪漫」と名を変え、笠間焼は勿論笠間市内のグルメも多数出店
規模は今回の”陶炎祭”よりも小さめになりますが、こちらもよろしかったらお出かけになられてみてくださいね♪

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/05/05 10:39 ]  笠間市 | TB(-) | CM(-)

第38回笠間の陶炎祭へ行ってきました!<1>

平成から令和、2つの時代にまたがる格好となった第38回笠間の陶炎祭。
毎回、大勢の人が集まり会場内やその付近は混雑しますが言うまでもなく今回も例外ではありませんでした。
DSCN5288_20190502120335080.jpg

陶芸美術館側の入場ゲートは、市内の小学生達が作成した土面が学校別に展示されています。
DSCN5287_201905021203347ac.jpg

子どもたちの”力作”が、来場者を歓迎
(※名前の部分にはモザイクをかけさせていただきました。)
DSCN5289_201905021203374ea.jpg

DSCN5285_20190502194949997.jpg

どの子の作品も個性的で見ていると面白いのですがさすがに茨城県知事賞・笠間市長賞は凄すぎ
DSCN5291_20190502120338351.jpg

DSCN5292_20190502120340e6e.jpg
土面といえば、出店者が陶炎祭のためにだけ特別に製作した土面がオークションにかけて販売するという企画も行われてるそうです。買った人いるかな~?

ではあらためて会場巡りなど。
栗ソフトを食べながら
DSCN5234_2019050212131549b.jpg

東ゲート近くにある藤棚の藤が見頃を迎えていました
DSCN5222_201905021953486bd.jpg

焼き物に手作り工芸品の販売や笠間のグルメ、ステージイベントが楽しめる笠間の陶炎祭。
今更言うまでもありませんが、笠間市内の年間イベントの中でも超人気イベントですヾ(o´∀`o)ノ
広々としていて緑と自然も楽しめ、森の中で遊べる笠間芸術の森公園を会場に敷地内に行われ笠間市の良いものがすべてここに集結しています。
このイベントを一言で言うならば、「笠間市の福袋」
何が入っているのかは、来場してのお楽しみ
DSCN5225_20190502195350ddb.jpg
新人陶芸家さんの作品展示販売コーナー。
可愛い作品がたくさんありました。
DSCN5226_20190502195351df6.jpg

こちらはキッズコーナーですね
DSCN5228_20190502195352334.jpg

DSCN5229_20190502202015eef.jpg

DSCN5230_20190502195354b22.jpg
フェイスペインティングやろくろ体験等(いづれも有料)、親子で楽しめる体験教室やアトラクションがここで行われているのですね
休憩所としても利用できますし、乳児をお連れの方には授乳やおむつ替えのコーナーもあります。

それにしても会場内の手作り案内板、いいなあ
DSCN5243_20190502121318f54.jpg

DSCN5240_201905021213175af.jpg

DSCN5231_2019050220083124c.jpg

DSCN5232_2019050220083332a.jpg

DSCN5238_20190502200834e7e.jpg
市内の人気パン屋さん、「森の石窯パン」
ここでも大人気です
でも今回は、別なお店のピザを(´∀`*;)ゞ
DSCN5294_2019050220122396f.jpg
オリジナルピザでした。
店内にはギャラリーも。
DSCN5262_20190502201222893.jpg
食べ歩きも楽しみな、笠間の陶炎祭。
では、続きます。

追記:明日5月3日(金祝)の17:00より、夜まつりが行われ中央ステージでジャズ等のミュージックライブが開催されます
お時間が許される方、よろしかったらこちらもお楽しみください

笠間の陶炎祭公式サイト

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/05/02 12:22 ]  笠間市 | TB(-) | CM(-)

祝!新元号~バルーンリリース501

ついに新元号「令和」のスタートです。
日本国内各地でお祝モードとなっている本日5月1日、皆さんはどのようなお気持ちで新元号を迎えられたでしょうか
願いは尽きませんがなんといっても”平和に過ごすことができますように”という思いは皆共通の願いだったのではないでしょうか。

さて、現在陶炎祭が開催中の笠間市芸術の森公園。
DSCN5219_20190501164154a45.jpg
やはり会場内も祝賀モードとなっていました。
こんなフレームまで↓
DSCN5242_20190501164200e86.jpg
やっぱりあったね

メインステージ周辺には色とりどりのカラー風船が設置。
すべてに「令和」の文字が入っています。
DSCN5235.jpg

DSCN5236_20190501164157e32.jpg

DSCN5237_20190501164158092.jpg
その数全部で501個。
これから新元号を御祝いする、素敵なセレモニーが行われます。
新たな時代が平和で良き時代となるよう、願いを込めてこれら「令和」の文字が入った風船を来場者達が一斉に空に放つという、新元号初日にふさわしいセレモニー、「祝新元号、みんな集まれ!バルーンリリース501」
DSCN5250_201905011652428ad.jpg
私もいただきました

この記念すべき行事に立ち会いたいという人は多く、大勢の人が集まりたちまち長蛇の行列。
DSCN5249_2019050116524178f.jpg

空に放つのは11時11分11秒。令和1年の”1”にこだわったのかな?
でもそれを待たずに既に空へ旅立ってしまった風船も続出した模様
DSCN5252.jpg
うっかり手を離すと勢いよく上空へ上がってしまうようです。
打上時刻まで気が抜けない

さあ皆さん、準備はよろしいですか?
DSCN5254_201905011652454ee.jpg

笠間副市長のカウントダウンでスタートします。
DSCN5255_20190501165729df9.jpg
10,9,8・・・

1、それ~!!
DSCN5256_2019050116573143b.jpg

カウントダウン終了と同時に、来場者が持ってた500近くの風船が一斉に空へ。。。。
DSCN5257_201905011657320ca.jpg

DSCN5258_20190501165734168.jpg

DSCN5259_201905011657353e7.jpg
来場者に見送られ空高く上昇した風船は、暫く上空で舞っていましたがやがて雲に吸い込まれいつしか見えなくなりました。
おそらく会場内の誰もが願っていたであろう「平和な世の中」・・・。
その思い、天に届きますように

環境に優しい素材で作られたという”令和”風船。
辿り着いたどこかの地で自然に還っていくのだそうです。

こうして新元号初セレモニーは終わりました。
「令和」開始にこの子も祝福(?)に。
DSCN5263_20190501171253ce6.jpg

DSCN5264_2019050117125508c.jpg
笠間のいな吉くん、相変わらずの大人気!令和時代もよろしくね♪

「令和」を祝うセレモニー、「バルーンリリース501」が終わったところであらためて、笠間の陶炎祭会場内を散策します。
掘り出し物、お買い得商品が見つかるといいな(*´∀`人 ♪
DSCN5293_20190501171256662.jpg

茨城記事巡りスポット、「令和第一号」は笠間市となりました
というわけで次回はあらためて「陶炎祭」の記事を書かせていただきます。

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/05/01 17:15 ]  笠間市 | TB(-) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

私事ですが2019.9.21より暫く更新をお休みさせていただきます。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー