子ども伝統文化フェスティバルが開催されました!

県北芸術祭が終了しました。想定以上の来客者数だったようですね
私の場合、結局コンプリートは叶いませんでしたが最後に見た作品は、これ。
DSCN9367.jpg
常陸太田市の市民文化センター「パルティホール」の庭に展示されていた「常陸のおお田守る竜神」というタイトルの作品。
以前観た、日立市小海ヶ浜海岸の高台の林に展示されていた「朝日立つ浜の産土神(うぶすながみ)の御座(みざ)」と対になる作品だそうです
DSCN9369.jpg
日立のそれが”海の神様”ならばこちらは”山の神様”。
私には男(常陸太田)と女(日立)を表しているようにもとれます。「産土神」という名の如く万物の生命の源を生み出す海(小海ヶ浜)にそびえて立っていた日立のオブジェが”女性”ならば、高いところから万物を支配し、強く温かく見守る常陸太田のオブジェは”男性”。まあ、芸術祭のお話はもう、良いですね^◇^;

オブジェが展示されていたパルティホールではこの日、「子ども伝統文化フェスティバル」が開催されていました。
DSCN9411.jpg
「先人たちの伝統を受け継ぎ、さらに未来へ」
がテーマ。ですからイベント名の如く基本子どもたちが主役です。
DSCN9377.jpg
未来へ伝えていきたい伝統文化を、これからの未来を背負う子どもたちに繋げていこういう企画がいっぱい。
大工体験や、別室では茶道や華道の体験等。。。
DSCN9414.jpg
ダンボールでお家作り。

DSCN9416.jpg
おお、良く出来てるじゃんヽ(≧∀≦)ノ

そして、大ホールでのステージイベント
DSCN9379.jpg

地元・常陸太田市の郷土芸能「天神ばやし」が子ども達のみで演奏が行われていました
DSCN9381.jpg

DSCN9382.jpg
オール出演、子ども。
だから「子ども天神ばやし」。
DSCN9384.jpg


続いて、水戸市内の高校の女子高生による書道パフォーマンス
DSCN9390.jpg

DSCN9389_201611212117261a6.jpg
みんなで力を合わせ、一つの作品を完成させます。
一人ひとりの一筆づつが、大切な力に。。。
DSCN9397.jpg

ついに、作品が完成しました
DSCN9399.jpg
みんなの力で「伝」「翔」の文字が完成!
協力、という言葉がなければ絶対にやり遂げられない。。。
葵陵高校書道部の皆さん、お疲れさまでした
スマホメールやLINE等の普及で、手紙を書く機会が減りなかなか手書きの文字を書くことが遠ざかってきつつある現代ですが。このようなパフォーマンスを観たのがきっかけとなり、”僕(私)もあんな風にかっこよく字を書きたい!”と思い、字を書くことが好きになってくれる子が増えてくれるといいですね”先輩のように綺麗な字が書けるようになりたい!”と書道パフォーマンスに出演した一人の女子高生がインタビューで答えていたように。。。

書道パフォーマンスの次は再び小学生登場!
DSCN9409_201611212117312a8.jpg
稲敷市阿波小学校の生徒さん達による、あんばまつり。
今日はお囃子も踊りもみんな、子どもだけ。
DSCN9410_20161121213418d53.jpg
演奏が終わった後、選ばれた何名かの子がインタビューを受けましたがどの子も共通して、
「今までで最高の出来だったと思います!」
と表情を輝かせて堂々と答えていた姿が印象的でした
この日の為にきっと、事前練習を相当頑張られてきたのでしょうね。。。
稲敷市から遠路遥々やってきて、その成果をたっぷりとお披露目してくれたんだね。。。

DSCN9412_20161121213420fca.jpg
いきなり、ハッスル黄門(笑)
この後もステージ演奏は続き、午後からは石岡のおまつりで御馴染の石岡囃子や水戸市・大野のみろくばやし、みのり太鼓(小美玉市)に那珂湊の獅子とみろくや大子よさこい、と豪華演目が勢揃い・・・ですが
残念ながら午後から用事があって水戸の方へ帰らなければならず、それを観ることは出来ませんでした

午前の部のトリ・この日のスペシャルゲスト川嶋志乃舞さんの三味線ライブを観てから帰ります。
三味線奏者の彼女は、現在東京藝術大学へ通う女子大生。
みとの魅力宣伝部長であり、笠間特別観光大使でもあります。
DSCN9423_201611212152030f8.jpg

現役の女子大生ですが、演奏活動も豊富で日本武道館や海外での演奏経験もあり、津軽三味線全国大会各部門で過去4度も優勝している実力派。
DSCN9425_20161121215204f9f.jpg
では一部ですが、彼女の演奏を動画撮影してみましたのでよろしかったらお聴きくださいませ(´ω`人)
[広告] VPS


日本古来の津軽三味線を弾くかと思えば、ロック調の曲も弾き語り。彼女は歌も上手なんです。
DSCN9429.jpg

ノリノリなアップテンポの曲だと、三味線がギターに聞こえるから不思議。
最後はオリジナル曲で締めます。
DSCN9432.jpg
ありがとう~!
川嶋さんは茨城県内のイベント会場でも演奏される機会が多いです。彼女を見かけたら是非応援しましょう

三味線演奏鑑賞で受けた感動の余韻を残しつつ、会場を後にした私。
子どもが中心のイベントでしたが、なかなかどうして大人も充分楽しめましたよ

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2016/11/21 22:07 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

COLORED TOWN”KUJIRAGAOKA”~茨城県北芸術祭:常陸太田市①

現在開催中の県北芸術祭、初の「山」エリアに突入です
日立からの帰り、常陸太田市にやってきました。
車窓から見える絵画のような山間の田園風景につい、カメラを向けます
DSCN8313.jpg
ですが、あまりのんびりもしていられない!
というのも、各施設の入館時間が決められているからです。この時の時刻既に16:00をまわったところ。
ほとんどの施設が16:30~17:00閉館なのです:(´◦ω◦`):早いところは、15:30です
見学される場合は、くれぐれも入館時間にご注意ください
・・・あ、脱線しました(´∀`*;)ゞ

時間と戦いつつ、鯨が丘地域の梅津会館駐車場に到着しなんとか開館時刻に間に合った私でした(*ノ∪`*)
DSCN8314_20161016201953272.jpg
既にTVのローカルニュース等で拝見された方もいらっしゃるかもしれませんが、建物の窓がピンク色に塗られています
何やら、文字が書かれているようですが読めない^◆^;
DSCN8324.jpg
窓がピンク色に塗られたのは、ここだけではありませんでした。
DSCN8318.jpg

この界隈、ピンク色に塗られた建物があちこちにあります。
ここも
DSCN8321_20161016205446ab6.jpg

さらにここも
DSCN8320.jpg
老舗醤油店も・・・

さらにさらに!!
DSCN8319.jpg
老舗薬局までが

DSCN8322_20161016205448d1c.jpg
洋裁学校のようですね建物の歴史を感じる外装と形が印象的。

DSCN8323.jpg
ピンクの看板に書かれた言葉は、作者が事前に行った建物の所有者やそこに住む一人一人に対するインタビューを元に地域の歴史や抽出された言葉だそうです。そしてそこから発想されたイラストが添えられています

何故にピンク?ということはさておきまして
梅津会館は最終入館16:30までですので、急ぎます=3
2階の展示場へ。
DSCN8325_20161016205452cd3.jpg
ピンクの窓から一転して、こちらは一面、”白”。。。

と、思いきや・・・
DSCN8327.jpg
実はコレ、地図。
茨城県の地図なのですが、部分部分を切り貼りしてつなげ1枚の大きな絵画のように作られたものだそうです
DSCN8329_20161016214721d00.jpg
”あ、これ●●じゃない?”と分かった方は凄い
茨城県の市町村地図が一旦、分解されランダムにはめ込まれたオリジナル地図で一つの物語が作れそうです(〃▽〃)

ゆっくり見ていたのはやまやまだけど、時間も押し迫ってるし・・・
ということで、駆け足で立ち寄ったもう一つのスポット☆
DSCN8340.jpg
入館時間は17:00まで。滑り込みセーフで立ち寄ったここは元・フランス料理レストラン:オーベルジーヌ。
こちらもまた、カラーが演出する不思議な作品が展示されています。
DSCN8332.jpg
一見、バーコードのように描かれたカラーのストライプ。
これは、1日の生活をカラー化させたものだとか。
それぞれのカラーは、それぞれの行動内容を表しています。
DSCN8338-1.jpg
これを参考に、真似して自分の1日を描いてみるのも面白そうですね

いろいろな職業の人の、それぞれの日常や特別な日、そして過去の中で強く印象に残っている日の自身の行動パターンが表されているのですが果たして皆さんご自身に近いものはあるでしょうか。。。
DSCN8334_201610162159264ee.jpg

DSCN8335_20161016215928cd2.jpg

DSCN8337_20161016215930ee0.jpg
やっぱり、2011.3.11のあの日が強烈に印象に残っている方多いですね

DSCN8336_20161016215930d2c.jpg
同じ時を過ごした、それぞれの人のそれぞれの思いがここに表れているようです
思い出したくないけれど忘れられない。。。
忘れられないし、忘れちゃいけないあの出来事。。。
DSCN8339_20161016220857265.jpg
カラーを使って人の生活記録や思い出を表現するというアイデア、大変興味深さを感じました。

この日は、この施設が最後の見学スポットとなりました。時間の都合上、鯨が丘のもう一つの施設はまた後日に
様々なカラーで彩られた町、それが鯨が丘地域のアートです。

今回のおまけ
アート鑑賞後、途中立ち寄った「道の駅常陸太田」駐車場で撮影した2枚の画像。
DSCN8341_20161016220858cc2.jpg

DSCN8342_2016101622085900f.jpg
誰が描いたものでもない、誰が作ったわけじゃない。自然が作り上げたアート作品

今回記事に書いたスポットの作品番号
◆D-11(梅津会館の白い地図)
◆D-14(ピンクの窓)
◆D-15(旧オーベルジーヌ)
※駐車場は梅津会館の駐車場(無料)をご利用ください!

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/10/16 22:35 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

道の駅ひたちおおたへ再び!

昨日は雨のお中日(御彼岸)となってしまいましたが、強硬手段(?)で父のお墓参りへ行きその足で今年の夏、OPENしたばかりの道の駅ひたちおおたへ。
今回は母も同伴で
DSC_0001_2016092323423901f.jpg
旧幸久橋付近より水郡線を望んだところ。
幸久大橋の手前が渋滞していた為、運転席からこんな画像も撮影できました。
水戸を出るときに降り始めた雨は、さらに強くなり道の駅に到着した時は完璧に傘なしでは車から降りられないくらいになっていました(>_<)!
DSCN6356_201609232313126eb.jpg
※この画像のみ2か月前、初訪問の際撮影したものです。

今回は地元直売の新鮮野菜の買い出しが目的でしたが、ランチは前回訪れなかったビュッフェ形式のレストランで。
DSC_0002_20160923231548b35.jpg
レストラン旬菜
地元や近隣で獲れた食材を使ったお料理と、常陸太田産の野菜が食べ放題のサラダバイキングが人気です。
名前を記帳し、約20分後に着席できました。
DSC_0003_20160923231549c3b.jpg
本日のパスタ(メイン)・・・たことじゃがいものバジルソース
この他にサラダやデザートも勿論、チョイス。
食事をしたり、サラダを取りに立つたびに気になっていた絵のようなもの。。。
DSC_0004.jpg
実はこれこそ、去る17日より開催がスタートした「茨城県北芸術祭」の作品の一つ
県北地域のありとあらゆる施設が展示場となっているのです。但し、道の駅で展示作品があることなどちっとも気付かずはじめは”なんか、絵のようなものが壁に飾ってあるな”程度しか感じませんでした
DSC_0005_2016092323155283d.jpg
知ってれば、正面から撮ったのに
自分の勉強不足ゆえの失敗です。これを教訓にせっかく先日購入したガイドブックを読んでしっかり勉強しなければ
明日は自宅で一人作戦会議です(笑)

茨城県北芸術祭は、11月20日まで行われています
まだまだ期間がありますが、何しろ広域ですのでよく計画を立てて効率的に廻られてくださいね♪
→(情報はこちらで)http://kenpoku-art.jp/(茨城県北芸術祭公式HP)
道の駅ひたちおおたにもインフォーメーションセンターが設置されております。ご利用になられると良いかと思います(^-^)

でも何といっても、常陸太田が産んだ最高の芸術作品といったら・・・
    これでしょう
DSC_0006_20160923233038f7d.jpg
常陸太田オリジナルブランド、常陸青龍
大奮発してしまいました
酸味が少なく、さっぱりとした味が好評価を受けている葡萄なのです。
DSC_0007.jpg
君は宝石か水晶玉か 
う~ん。。。いい香り

DSC_0008.jpg
見よ!このみずみずしさ(*≧∪≦)
一粒つまんで口に入れたら・・・

甘くて、美味し~っ!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

酸味はほとんどなく、ジューシーな甘さ!皮をむくときにこぼれ出る汁がもったいない!!
母と2人であっという間に完食してしまいました( ^ω^ )
噂は本当だった・・・。美味しさは私達母娘によって証明されました

地域の農家の人達が苦労して作り上げた果実等の農産物もまた、芸術作品と言えましょう

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/09/23 23:45 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

久慈川改修記念碑~常陸太田レンタサイクルの旅その③

一時中断していた「常陸太田レンタサイクルの旅」シリーズ、とりあえず最終回。
現在、国道349号(旧)の幸久橋が通行止めになっていることは数ヶ月前の記事でも触れています。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2626.html
以前は西山荘や竜神大吊橋へ行き来する際に何度も車で通行した道路です。
車は勿論、今では全面通行止め。
その手前までなら自転車ならば行けるのでは?と思い道の駅へ向かう前に寄り道をしてみました。
DSCN6341_20160731215047a1e.jpg

DSCN6342.jpg
老朽化で橋梁等に破損が見られる為、再び通行するには修復が必要なのですが多額の費用が重なり市では修復を断念したそうです在りし日は通行量も多く、この橋の上で渋滞していたっけ。。。
これまでよくぞ耐えてくれました

たまに運よく並行して走る水郡線(画像左に見える緑色の橋)を目にすることもありましたが、もうそれはできなくなりました
DSCN6340_20160731215046b5f.jpg
↑水郡線鉄橋
周囲の緑と橋の緑色。そして久慈川の清流。
和むねえ。。。
以前、水郡線の車窓からこの部分を眺めた際に気になった赤い鳥居。。。
そこを探ってみたくなり、自転車で近づいてみました。
そこは小さな公園となっています。
DSCN6348_2016073122142884e.jpg
このすぐ脇が水郡線鉄橋ですから、ここで待機していれば鉄橋を渡る水郡線が極めて至近距離で撮影することができます。
撮り鉄さんにはもってこいの場所と言えましょう
DSCN6349.jpg
くれぐれも、線路内には入らないようにね

鳥居は水神様を祀るものでした。
DSCN6346.jpg
DSCN6347_20160731221427b8a.jpg
久慈川の安全は、この水神様が護ってきたのかもしれません

その昔・・・久慈川も氾濫することがよくあり特に明治以降~昭和20年くらいまでに34回の大洪水・風水害があったと記録が残っているそうです。それに耐えかねた地域の住民たちは常陸太田市市制施行以前(常陸太田市の市制施行は昭和29年)の幸久村の村長を中心に、久慈川改修期成同盟会を結成、昭和23年頃から工事が着工し水害対策に尽力。
その甲斐あり昭和26年以後には地域の人達を苦しめた久慈川氾濫による水害はほとんどなくなっていったそうです。
DSCN6345_2016073122142445e.jpg

水害対策に捧げた当時の住民たちの苦労の証。。。
この碑はそれを無言で語っているのかもしれません
DSCN6344_20160731215050dfe.jpg

道路開発等により、大きな道路が開通すると交通機関は便利な新しい道路に流れ旧道はいつしか誰も通らなくなり、次第に人達の記憶から忘れされられてしまう傾向があります。そのような道路にこそ、地域の歴史を知る大切な宝物が隠されていて当時の古き良き時代や当時の人達の苦労等を知ることが出来るのかもしれません。
街づくりのヒントになることが、そこに隠されていることも・・・。
DSCN6351_201607312220249ce.jpg
画像左:閉鎖中の幸久橋 右:水郡線鉄橋
2つ並んだこの橋、この組み合わせが見られるのもひょっとしたらあと少しかもしれません

自転車だからこそ発見できたものがある・・・。
レンタサイクルの旅、いつかまたどこかでトライです

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/07/31 23:16 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)

都都逸坊扇歌の碑~常陸太田レンタサイクル旅その②

鶴提地蔵堂から少し南方へ移動したところに、松の木に囲まれた碑があります。
都都逸坊扇歌の歌碑です。
DSCN6333_2016072823001648d.jpg

扇歌の座像とともに立てられています。
DSCN6334_201607282300173f0.jpg
右後ろに見えるのは彼の功績を讃え、地元の有志たちが建立した石碑です。昭和32(1957)年5月5日に扇歌の生誕155周年を記念して建てられたものだそうです。

DSCN6335.jpg
江戸時代後期の人気芸人だった扇歌は、当時の政治批判をほのめかす歌を歌ったとされ江戸を追放されました。
その後、常陸の国に戻り現在の石岡で生涯を閉じています。その時の説明を書いた記事がコチラ→http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2051.html
終焉の地が石岡で、生誕の地はこの常陸太田市磯部となります。
ここに建立された歌碑は、その磯部を歌ったと思われるものでした。

DSCN6337_20160728230021eed.jpg
「磯部田圃の ばらばら松は 風も吹かずに 気がもめる」
と書かれています。
解釈は省略いたします
意地悪からではなく、分からない為(苦笑)

磯部のばらばら松・・・・確かにこの周辺には点々と松の木が植えられているのが見られます。
歌碑を惹き立てる為に最近植えたものかと思っていましたが、もしかすると扇歌が活躍していた頃には既にあったということ・・・??
いろいろ、考えてしまいます
DSCN6336.jpg
今日も道行く人をこうして見守っているのでしょうね。。。
これまで静かだったのに、道の駅が設立され賑わうようになったこの光景をもしも彼が見ていたら、
果たしてどう歌ったのでしょうね

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/07/28 23:16 ]  常陸太田市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-