FC2ブログ

第21回やまがた宿芋煮会へ行ってきました!<後篇>

待ちに待った、芋煮。
よ~く味わって食べなきゃね((∩^Д^∩))
DSCN2276_20181120214010af7.jpg
大きな里芋が、惜しげもなくいっぱい入ってます。
見てくださいこの大きさ!
DSCN2277_2018112021401118a.jpg
けんちん汁でここまで大きくカットされた里芋は、これまで食べたことがありません。
芋煮会ならではの特典(?)
前回(11年前)に食べた時は、調味料に使用された日本酒が汁の中で強く自己主張をしていたようで、お酒の味を強く感じた気がします。あれから11年経った今回、その時に比べると味もぐっとまろやかになりバランス良い感じにまとまっていて素直に”美味しいっ!”と言える出来栄えでした毎年、味を研究されてたのですね

グルメのイベントですから、芋煮以外のサイドメニュー的なフードもたくさん販売されていました。
これらを巡るのも楽しみの一つなんですよね♪
DSCN2279_20181120214014590.jpg

DSCN2280_2018112021401687c.jpg

私が食べ終えた後も、相変わらずの芋煮待ちの行列が後を絶たず具の補充もそれに伴って大忙し。
クレーンに吊るされた大きなバケツが常に宙を浮遊します。
DSCN2278_20181120214013a9d.jpg
調理隊の皆さん、そしてクレーンを操作していた方も食べられたのかな?

美味しいものを食べると、やっぱりアレで喉を潤したくなる。。。
そう、コレ
line_1542510192176.jpg
常陸大宮市の地酒:根本酒造の「久慈の山」ワンカップ(熱燗)をいただきました。
ぬるめの燗です。目の前にある久慈川の清流を眺めながら地酒を飲めるなんて最高!!
DSC_1029_20181120215311b12.jpg

で、おつまみも欲しくなりまして。
DSCN2281_20181120214803471.jpg
瑞穂牛カットステーキを。
常陸大宮市特産の瑞穂牛、いわば地元牛。土浦でいうところの飯村牛のようなものかな。
コロッケは食べたことはあるけれどお肉そのものを味わったことがなかったので丁度いいな、と。
DSCN2284_20181120215312f77.jpg
肉はしっかり身が締まっていてやや固め?
タレが効いてて美味しかったです
いつの間にか会場内も、座る場所を探さなければならないほど来場者で埋め尽くされていました。
家族連れ、御夫婦で、友達同士で、あらゆるグループで来られた人達がそれぞれに芋煮をはじめ、会場内で販売されているフードに舌鼓を打ちつつ、楽しそうに過ごしています。
DSCN2282.jpg

平和って、いいなあ。。。
DSCN2283_2018112021480704a.jpg
争いごと等忘れお腹一杯、食べることができるってなんて幸せなことなんでしょう。。。
美味しいものを食べられることに感謝です(*^人^*)

さて、会場内で販売されているのは食べ物だけではありませんでした。
手作りの雑貨やアクセサリー等の販売も行われています。
掘り出し物、あるかな~?
DSCN2286_20181120215314c75.jpg

DSCN2287.jpg

マスコットキャラクター達も遊びに来てくれました
DSCN2291_20181120215421729.jpg

常陸大宮市のマスコット:ひたまる
DSCN2297_20181120215425e1d.jpg

応援に駆けつけてくれた、大子町のたきまる。
DSCN2294_20181120215424746.jpg

とんがり帽子の謎のマスコットキャラクター。
DSCN2293_201811202154226d0.jpg
なんとなく脱力系、そして手作り感溢れるこのキャラクターは、市内にある山方中学校のキャラクターだそうです。
地味だけど(山方中学校の生徒さん達、ごめんなさい)、どことなくインパクトを感じ2度見したくなる不思議なキャラクター。

これらのマスコットキャラクターとの撮影や、抽選会、そして会場内に設けた小さなステージでのミニコンサート等、アトラクションも盛りだくさんで、11年前に来た時よりもパワーアップしていたようです。その分、来場者も増え県外からの来場者が圧倒的に多かったのが意外でした
このイベントがどんどん、知名度が広がっている証拠とみて良いでしょう
イベントを通して「常陸大宮市」という町の良さを知り、イメージアップを図れば茨城県の魅力度UPに少しでも貢献出来るかな?

秋の一大イベント:やまがた宿芋煮会、きっと来年はより楽しさ倍増のイベントとなることでしょう

以上で芋煮会レポートはおしまいです。
最後までご閲覧いただき、誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2018/11/20 22:29 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)

第21回やまがた宿芋煮会へ行ってきました!<前篇>

山方宿駅から芋煮会の会場へは徒歩でもせいぜい5分程度の場所。
久慈川の河川敷となっている広場で行われました。
土手部分にある銀杏がすっかり黄葉しています
DSCN2236_201811192120111e8.jpg

DSCN2239_20181119212016fb9.jpg

こちらの庭園は芋煮茶屋です。入場は有料ですが”人ごみの中、待つのは嫌!”という方はこちらで食べられます。
DSCN2237.jpg

前売り券2,500円。当日券3,000円(いづれもお一人様料金)。お茶が付いてます。
DSCN2238_20181119212014bbe.jpg
前売り券は220食分、当日券は30食分限定。
開会式前に完売となりました。

芋煮汁(けんちん汁)の配布時間である11時までまだ時間はたっぷり!
会場内はそれを待つ人達で長蛇の行列が出来ていました。
が、並ぶのは後にしてちょっと調理光景を見てみましょうね
DSCN2240_20181119212017bff.jpg
土手の上より見学。男性が数人がかりで調理しています。
大きな鍋の下では、大きな炎をあげて火が盛んと燃えています。
下で作業する人達も大忙し
DSCN2242.jpg

DSCN2244_20181119213506200.jpg

DSCN2245.jpg

そろそろ、材料を入れる頃かな?
何しろ関東1の大鍋ですから、材料運搬もまたダイナミック
クレーン車を使用して運搬します。
DSCN2246_20181119213509802.jpg

DSCN2248.jpg
中に入っているのは、地元常陸大宮市を含む地場産の野菜。
これだけの野菜が使用されてるそうです(↓画像参照)
DSCN2285.jpg
里芋、ねぎ、シイタケ、ごぼう、こんにゃく、なんと奥久慈しゃもの肉まで!!
これは食べ応えありそう!!
DSCN2249.jpg

沸騰した鍋に具が入れられ、蓋をしてぐつぐつ煮込み暫く待機します。
出来あがる様子を今か、今かと下で見守る来場者達。。。
DSCN2257_20181119214408970.jpg
列がどんどん長くなっていきます。そろそろ並ばないと私が食べる分がなくなっちゃうかな?
少々、心配になったりして。
でも、もうすぐ完成しそうです。
DSCN2252_20181119214406ca5.jpg
大きい鍋が相手だから、使う器具も大きいねやっぱり
さあ、いよいよ蓋が外されました。
DSCN2262.jpg
ついに完成です。
それを見届けた後、私も下へ降りて最後尾に並びました。
勿論、協賛チケット(300円)の購入を忘れずに。
DSC_1025.jpg
今回はこのチケットで抽選会に参加できます。1等賞はなんと、ハロゲンヒーターだって!!
私じゃありませんでしたけどね^◆^;
DSC_1026.jpg

提供は1万杯だという芋煮汁、果たして私を含む来場者全員分あるのかな?
300円払って”はい、終了!”なんて意地悪はしないよね?
DSCN2267.jpg
最悪、”もう品切れです”なんてことになってしまったら、「金返せ!」なんてみみっちいことは言わないけれど、市内3か所の日帰り入浴施設の入館無料券をサービスしてもらうからね
・・・なんてことを思いながら並んでいましたが、要らない心配でした(笑)
DSCN2271_20181119221815c2f.jpg
材料補給の光景、凄いね

突然、列の流れが動きが速くなったと思いきやあれよあれよと言ってるうちに配布処が目の前に。
チケット半券と引き換えに割り箸をもらいます。
DSCN2272_20181119221816e2a.jpg

並び始めてから約30分後。。。
こんにちは~♪
DSCN2275.jpg
ようやく御対面
では、いただきます

無事に芋煮汁と対面できたところで、後篇に続きます

本日もご訪問・ご来店誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/19 22:05 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)

水郡線山方宿駅

久しぶりに鉄道の旅など
今回は水郡線に乗車しました。目的は前回の記事で告知した通り(芋煮会)ですので言うまでもありませんが。

下車駅は山方宿駅。
DSCN2232_201811182324082db.jpg
本日の水郡線はいつになくかなり混雑・満員状態でした。芋煮会のみならず同日、しかも水郡線沿線では他にもイベントがあったようです。しかも今は紅葉シーズン紅葉狩りへお出かけされた方もいらっしゃったことでしょう。

久々下車した、山方宿駅。
10数年前に利用した時と変わっていません。
DSCN2233_20181118232409412.jpg

DSCN2234_2018111823241081f.jpg

DSCN2302_2018111823345299e.jpg
山のペンションを思わせるログハウス造り。
特徴的な外装は久慈川の鮎をイメージしたとどこかで聞いた気がします。
この駅から芋煮会の会場までは徒歩で5分もあれば移動できます駅や列車の中は混んでたけれど、水郡線を利用したおかげで渋滞知らずでゆっくりのんびりと出かけることができましたヾ(o´∀`o)ノ
関東一の大鍋で作られたけんちん汁も美味しかったし、地酒も美味しくいただきました
DSC_1029.jpg
根本酒造:久慈の山
水郡線利用だからこそ可能な地酒堪能(笑)

芋煮会の話はちょっとおいといて、今回は山方宿駅のお話など。
この駅、切符の券売機を置いていないのです。窓口にて駅員さんから直接購入することになります。
勿論、スイカやパスモは使えません。
ですから、今日のような特別な日はこの通り
DSCN2303_20181118232413157.jpg
乗客と駅員=人と人のコミュニケーション・・・自動券売機や自動改札等オートメーション化してしまっている現代ではなかなか味わう事のない、すっかり忘れてしまっている大切なものがここに息づいている気がしました。
でも混んでる時は駅員さんが大変だねお疲れ様です。

改札口は自動ではありません。急ぎの人はそのままスルーして乗車後に車内清算するんだろうな
改札口前に、誰が作ったのか爪楊枝
DSCN2299_2018111823344827e.jpg
今日の日の為に?それとも普段から置いているのでしょうか。
温かいですね

駅にコンビニもキオスクもありませんが、コミュニティ施設と書かれた1室があります。
椅子とテーブルのある休憩所兼待合室のようなものかな?
DSCN2300_20181118233449133.jpg

ドアをくぐると、そこは図書室
DSCN2301_201811182334519ba.jpg
子供の頃に読んだ懐かしい本や、かつてのベストセラー本がいっぱい!!
列車が到着するまで退屈せずに待てそうです。こりゃいいね
但し利用は16:00まで。休館日もありますので要注意!

里山の、ちょっと洒落てる駅=山方宿駅のお話でした
DSCN2298_20181118232412361.jpg

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/18 23:53 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)

第21回やまがた宿芋煮会へ行ってきます!

朝晩、冷え込む季節となりました。
そろそろ、鍋が美味しい季節ですね
よし!食べに行くか
DSC_1009_20181117212644679.jpg
いきなり、常陸大宮市のマスコット”ひたまる”登場!!

そう。第21回常陸大宮市やまがた宿芋煮会が11/18日(日)、常陸大宮市の清流公園にて開催されます。
前回、私が訪れたのは11年前の2007年でした。
middle_1195382702.jpg

あれから干支が一回りしようとするところですが、久しぶりに遊びに行きたいと思います
関東一の大鍋で調理された、里いもをはじめとする地元の食材を使ったけんちん汁。。。さぞ体が温まることでしょう
地元の特産品販売や抽選会もあるそうです。楽しみだ(* ̄▽ ̄*)
鮎の塩焼き、食べるぞ!
「久慈の山」、あるといいなあ(笑)

駐車場についての情報が市の公式HPで掲載されていますのでご確認ください↓(チラシのダウンロードもこちらで)
http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page003575.html
DSC_1011_20181117212645578.jpg
御来場の方は事故等に御注意ください!

11年ぶりの芋煮会、楽しみです。
というわけで、お出かけしてきます。後日のレポートをお楽しみに


懐かしい画像も載せちゃおう
middle_1195482122.jpg
在りし日の水ぐるま、建物裏側の方に淡水魚館があります。
けんちんそば等の軽食が食べられるレストランと特産品販売コーナーを設置したドライブインでした。
現在は更地になっています。

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/17 21:52 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)

山方特産店

道の駅だいごに立ち寄る、約3時間前に寄り道を。
JR水郡線山方宿駅から徒歩だと大体7、8分位でしょうか。スーパーマーケットエコスとドラッグストアウェルシアが並ぶ「ショッピングプラザ山方」の片隅に建つ、山方特産店というお店が以前から気になっており、トイレ休憩も兼ねて覗いてみることにしました
DSC_0048.jpg
旧山方町の特産品が販売されているのかな?と、前々から興味はありまして。というのもこの付近にドライブインがかつてあったのですが(国道118号沿い、関東一の大鍋が飾ってあるところです)いつの間にか閉店し建物は解体され更地になってしまったのです。

気に入れば鉄道利用した時でも買い物出来るナ、というわけで今回はその下見です
DSC_0057_2017071823141952a.jpg
奥久慈しゃもに大子おやき、そしてこんにゃくerc。。。
奥久慈土産が揃ってる~!!ヾ(o´∀`o)ノ

で、やっぱりここに反応(笑)
DSC_0051.jpg
常陸大宮市の地酒:久慈の山ワンカップ
勿論、ノンアルコールの飲み物もありますよ♪
今回は果汁100%のリンゴジュースを購入しました。他、常陸太田市産のヨーグルトもあります。

旧山方町名物(?)、陰陽まんじゅう
DSC_0052_20170718230751594.jpg
ナニコレ?って?
松茸とあけびじゃないですかぁ~分かりませんか?(笑)
陰陽山の頂上にある陰陽山にちなんでいます。詳しい説明は省略。
食べれば夫婦円満・子宝に御利益があること間違いなし(?)

手作りの工芸品もいっぱい並んでいます。
DSC_0049.jpg
常陸大宮にふさわしく、木のぬくもり感じる木製の工芸品。
そして、地元の方が手作りされたという竹細工が。。。+゚。*(*´∀`*)*。゚+
DSC_0056_201707182314173ed.jpg

DSC_0054_201707182314153de.jpg
光圀の時代から、和紙の生産が盛んな常陸大宮市。
和紙を使った工芸品が見られるのも特徴的でした。

で、こちら。分かりにくいかもしれませんが、二重になっている風車。
風を送ると前後交互に回るのです
DSC_0055.jpg

DSC_0053.jpg
菓子入れに一つ、欲しいわあ(´ω`人)

スマホで店内写真を撮ろうとしたら、お店の方が灯りを付けて写真を撮りやすいように計らってくださいました。
ありがたや~
商品についてもいろいろと説明してくださったり、とても親切にしてくださいました^^。
電車で来たらまた来よう!

今回の買い物は、りんごジュースとこんにゃくとお茶、そして母へのお土産に手作りストラップ(細い竹で作られた、オリジナル)。
時間が早かったため、手打ちそばを味わうことは出来なかったけれど次回にしましょ
DSC_0059_201707182314208aa.jpg

「水ぐるま」(先ほど述べた、大鍋がある現在更地のところ)がなくなってしまい、鉄道で来る楽しみがなくなったなあと思っていたところに、このようなお店が出来て良かった( ^ω^ )



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/07/18 23:38 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー