FC2ブログ

ホテル鮎亭~最後の鮎亭マルシェ

国道118号線から「小貫入口」交差点を右折し、神社と廃校の元小学校の間の道を抜け狭い道路をおそるおそる案内板の指示のままに進んでいくとやがて、突き当りに目的のホテルが。
DSCN5935_20190613211412e47.jpg

常陸大宮市にある宿泊施設、ホテル鮎亭にやってきました。
駐車場は既に8割ほど車が駐車し、ようやく停められるスペースを見つけて愛車を駐車。
既にたくさんの人が集まり、ホテル玄関前にはキッチンカーが数台待機していました。
野菜の直売も。
DSCN5936_20190613211414be2.jpg

先週の土曜日:6月8日にこのホテルを会場に「鮎亭のマルシェ」が開催され、遊びに行ってまいりました
FB_IMG_1559775538250.jpg
市内外で活躍されているクラフト作家達が、手作りの雑貨、小物等を販売したり消費者と共に楽しめるワークショップが行われたり、ドリンクやスイーツ、軽食、五目おこわのお弁当の販売も。
鮎料理が自慢のホテルですので、鮎の唐揚げや鮎釜飯のお弁当も販売されました
DSCN5948_201906132153110a8.jpg
鮎とごぼうの唐揚げときゃらぶき、そして山菜ごはんのお弁当( ^ω^ )
この日の私のランチです。

何と言っても一番の魅力は、なんとホテル内のお風呂無料開放☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
つまり、買い物を楽しんだ後(前でもOK)は無料でお風呂に入れちゃう( ^ω^ )
FB_IMG_1559775538250-1.jpg
お風呂上がりの休憩所も無料使用可。これまで様々な場所で行われた、様々なマルシェに足を運んでいましたがこんな素敵なマルシェは他に類がない!
でもこのマルシェ、今回が最後なんですって
最後と聞いて来られた方も多く、なおさらホテルの駐車場は満車御礼状態でした。

それはさておきお風呂の前にまず、買い物から(* ´ ▽ ` *)
DSCN5937_2019061321141555f.jpg
敷地内別棟の結婚披露宴会場でそれは行われていました。

ざっと全体像など。
DSCN5939_201906132114170d4.jpg

DSCN5940_201906132118529fe.jpg

DSCN5938_20190613211850b3e.jpg
うわあ、お財布緩んじゃうなあ(>_<)!
なんて見ていたら、手ごろなものを発見!
DSC_0139_2019061321185040d.jpg
可愛いキーケースを買っちゃいました(*´∀`人 ♪
現在の車のキーを入れるのに超・ぴったり

買い物に満足したところで、いよいよお楽しみのお風呂へ。
年季が入り茶色く変色した紙に書かれた手書き部屋案内がいい味出してる(´ω`人)
DSCN5949.jpg

館内は「昭和」の雰囲気が漂った、レトロムードでいっぱいでした。
今回利用出来る休憩所は、「松の間」という部屋。
あ、ここだ( ^ω^ )
DSCN5941_20190613211853c87.jpg

部屋からは久慈川が望めます。
毎年秋に行われている「芋煮会」の会場は、丁度川向うに。
DSCN5943_20190613215809c17.jpg

では早速、お風呂へ。
DSCN5944_20190613215810ede.jpg

渡り廊下は湯上りに涼むのに良さそう!
DSCN5945_20190613215812011.jpg

さあ、来ました!
DSCN5946_20190613215813910.jpg

お風呂は内風呂浴槽1つのみ。浴室はさほど広くなく4,5人入れば満員となりそうな小ぶりな檜浴槽(女湯)でした。源泉かけ流しではないものの、檜の香りが漂いほんのり優しい泉質で入れば入る程じわじわと体がぽかぽかと温まっていきました

ぬるめのお湯で、同じ湯船に浸かった者同士(みんな初対面)が”裸のお付き合い”。
他愛のない世間話や地域情報交換等、おしゃべりしていると時間が経つのを忘れそう。。。
これこそ温泉の、旅行の醍醐味ですね
DSCN5947_2019061321581542a.jpg
浴室と客室を結ぶ通路。日本情緒たっぷり!
つかの間ながら、山奥の温泉旅館で宿泊した気分を味わうことができました
鮎亭マルシェが行われていなければ、おそらく訪れることはなかったであろうホテル。
1つのイベントをきっかけに、”こんな場所があったのか”またはこんなホテルだったのか”と発見できる喜び

ありがとう、鮎マルシェ☆*:.。. .。.:*☆

「ホテル鮎亭」のことが、道の駅常陸大宮かわプラザで紹介されていました
DSC_0135_201906132201483e7.jpg
昔は渡し舟が出ていたのですね
普段は日帰り入浴756円(税込)時間は10:00~15:00で要予約だとのことです。
ホテル鮎亭HPhttp://ayutei.net/



本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト



 [ 2019/06/13 22:34 ]  常陸大宮市 | TB(-) | CM(-)

かわプラザで見つけました!

常陸大宮市にある道の駅かわプラザがOPENしてはや3年。

既に2ヶ月以上経過しますが、OPEN記念日となる3月25日の前日23日・24日には3周年を記念するイベントが行われ、そのうちの1企画「50人による巨大スクラッチアート」という企画で作成された絵が、建物内のインフォメーションコーナーに展示されていました
DSC_0134.jpg
道の駅を訪れた50人のお客さんが参加し一人ひとりが削った作品=全部で50枚をつなぎ合わせ、それが1枚の絵に
それがこれです。
市のマスコットキャラクター:ひたまると「いきいき茨城ゆめ国体」のマスコットキャラクターのいばラッキーが並び、今年秋にわが県で開催される国体をPRしているところ
業界初の試みということだそうですが、みんなで協力し合って1枚の作品を完成させるなんて・・・
素敵なワークショップだと思いますヽ(≧∀≦)ノ
いつまでの展示かは不明ですが、かわプラザを訪れた際にはぜひ一目ご覧になられてくださいね♪

さて、そんなかわプラザで見つけた一品
昔懐かしい雰囲気漂う、よもぎまんじゅうをGET!!
DSC_0136_201906092141078c8.jpg
”幸せを運ぶ~”に惹かれ、買ってみました。
常陸大宮市内にある和菓子店二方菓子舗さんの商品、”二方のたんさん饅頭”。

形が不ぞろいなのが手作り感溢れ、温かい。。。(* ´ ▽ ` *)
DSC_0137.jpg
包装しているビニールを剥がすと、よもぎの香り。。。

あんこがたっぷり
DSC_0138_20190609214110b7d.jpg
よもぎの苦味とあんこの甘みが絶妙~(*≧∪≦)!!
どことなく懐かしい、素朴な手作りまんじゅう、といった感じです。
これに美味しいお茶があれば、他に何も要らない!
「幸せを運ぶ~」というのは、こういうことだったのかと納得。

これはお店にも買いに行ってみたいナ、と思い調べたら水郡線・玉川村駅のすぐ近くでした


昭和30年代初期頃まで、”玉川村”という村が存在していました。旧大宮町と合併するまでその村は存在し駅名には今でもその名が残されています。
玉川村駅は「関東の駅百選」に選ばれてる駅の1つ。ますます行きたくなりました

道の駅常陸大宮「かわプラザ」で見つけた、小さなお宝のお話でした

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/06/09 22:20 ]  常陸大宮市 | TB(-) | CM(-)

第21回やまがた宿芋煮会へ行ってきました!<後篇>

待ちに待った、芋煮。
よ~く味わって食べなきゃね((∩^Д^∩))
DSCN2276_20181120214010af7.jpg
大きな里芋が、惜しげもなくいっぱい入ってます。
見てくださいこの大きさ!
DSCN2277_2018112021401118a.jpg
けんちん汁でここまで大きくカットされた里芋は、これまで食べたことがありません。
芋煮会ならではの特典(?)
前回(11年前)に食べた時は、調味料に使用された日本酒が汁の中で強く自己主張をしていたようで、お酒の味を強く感じた気がします。あれから11年経った今回、その時に比べると味もぐっとまろやかになりバランス良い感じにまとまっていて素直に”美味しいっ!”と言える出来栄えでした毎年、味を研究されてたのですね

グルメのイベントですから、芋煮以外のサイドメニュー的なフードもたくさん販売されていました。
これらを巡るのも楽しみの一つなんですよね♪
DSCN2279_20181120214014590.jpg

DSCN2280_2018112021401687c.jpg

私が食べ終えた後も、相変わらずの芋煮待ちの行列が後を絶たず具の補充もそれに伴って大忙し。
クレーンに吊るされた大きなバケツが常に宙を浮遊します。
DSCN2278_20181120214013a9d.jpg
調理隊の皆さん、そしてクレーンを操作していた方も食べられたのかな?

美味しいものを食べると、やっぱりアレで喉を潤したくなる。。。
そう、コレ
line_1542510192176.jpg
常陸大宮市の地酒:根本酒造の「久慈の山」ワンカップ(熱燗)をいただきました。
ぬるめの燗です。目の前にある久慈川の清流を眺めながら地酒を飲めるなんて最高!!
DSC_1029_20181120215311b12.jpg

で、おつまみも欲しくなりまして。
DSCN2281_20181120214803471.jpg
瑞穂牛カットステーキを。
常陸大宮市特産の瑞穂牛、いわば地元牛。土浦でいうところの飯村牛のようなものかな。
コロッケは食べたことはあるけれどお肉そのものを味わったことがなかったので丁度いいな、と。
DSCN2284_20181120215312f77.jpg
肉はしっかり身が締まっていてやや固め?
タレが効いてて美味しかったです
いつの間にか会場内も、座る場所を探さなければならないほど来場者で埋め尽くされていました。
家族連れ、御夫婦で、友達同士で、あらゆるグループで来られた人達がそれぞれに芋煮をはじめ、会場内で販売されているフードに舌鼓を打ちつつ、楽しそうに過ごしています。
DSCN2282.jpg

平和って、いいなあ。。。
DSCN2283_2018112021480704a.jpg
争いごと等忘れお腹一杯、食べることができるってなんて幸せなことなんでしょう。。。
美味しいものを食べられることに感謝です(*^人^*)

さて、会場内で販売されているのは食べ物だけではありませんでした。
手作りの雑貨やアクセサリー等の販売も行われています。
掘り出し物、あるかな~?
DSCN2286_20181120215314c75.jpg

DSCN2287.jpg

マスコットキャラクター達も遊びに来てくれました
DSCN2291_20181120215421729.jpg

常陸大宮市のマスコット:ひたまる
DSCN2297_20181120215425e1d.jpg

応援に駆けつけてくれた、大子町のたきまる。
DSCN2294_20181120215424746.jpg

とんがり帽子の謎のマスコットキャラクター。
DSCN2293_201811202154226d0.jpg
なんとなく脱力系、そして手作り感溢れるこのキャラクターは、市内にある山方中学校のキャラクターだそうです。
地味だけど(山方中学校の生徒さん達、ごめんなさい)、どことなくインパクトを感じ2度見したくなる不思議なキャラクター。

これらのマスコットキャラクターとの撮影や、抽選会、そして会場内に設けた小さなステージでのミニコンサート等、アトラクションも盛りだくさんで、11年前に来た時よりもパワーアップしていたようです。その分、来場者も増え県外からの来場者が圧倒的に多かったのが意外でした
このイベントがどんどん、知名度が広がっている証拠とみて良いでしょう
イベントを通して「常陸大宮市」という町の良さを知り、イメージアップを図れば茨城県の魅力度UPに少しでも貢献出来るかな?

秋の一大イベント:やまがた宿芋煮会、きっと来年はより楽しさ倍増のイベントとなることでしょう

以上で芋煮会レポートはおしまいです。
最後までご閲覧いただき、誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/20 22:29 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)

第21回やまがた宿芋煮会へ行ってきました!<前篇>

山方宿駅から芋煮会の会場へは徒歩でもせいぜい5分程度の場所。
久慈川の河川敷となっている広場で行われました。
土手部分にある銀杏がすっかり黄葉しています
DSCN2236_201811192120111e8.jpg

DSCN2239_20181119212016fb9.jpg

こちらの庭園は芋煮茶屋です。入場は有料ですが”人ごみの中、待つのは嫌!”という方はこちらで食べられます。
DSCN2237.jpg

前売り券2,500円。当日券3,000円(いづれもお一人様料金)。お茶が付いてます。
DSCN2238_20181119212014bbe.jpg
前売り券は220食分、当日券は30食分限定。
開会式前に完売となりました。

芋煮汁(けんちん汁)の配布時間である11時までまだ時間はたっぷり!
会場内はそれを待つ人達で長蛇の行列が出来ていました。
が、並ぶのは後にしてちょっと調理光景を見てみましょうね
DSCN2240_20181119212017bff.jpg
土手の上より見学。男性が数人がかりで調理しています。
大きな鍋の下では、大きな炎をあげて火が盛んと燃えています。
下で作業する人達も大忙し
DSCN2242.jpg

DSCN2244_20181119213506200.jpg

DSCN2245.jpg

そろそろ、材料を入れる頃かな?
何しろ関東1の大鍋ですから、材料運搬もまたダイナミック
クレーン車を使用して運搬します。
DSCN2246_20181119213509802.jpg

DSCN2248.jpg
中に入っているのは、地元常陸大宮市を含む地場産の野菜。
これだけの野菜が使用されてるそうです(↓画像参照)
DSCN2285.jpg
里芋、ねぎ、シイタケ、ごぼう、こんにゃく、なんと奥久慈しゃもの肉まで!!
これは食べ応えありそう!!
DSCN2249.jpg

沸騰した鍋に具が入れられ、蓋をしてぐつぐつ煮込み暫く待機します。
出来あがる様子を今か、今かと下で見守る来場者達。。。
DSCN2257_20181119214408970.jpg
列がどんどん長くなっていきます。そろそろ並ばないと私が食べる分がなくなっちゃうかな?
少々、心配になったりして。
でも、もうすぐ完成しそうです。
DSCN2252_20181119214406ca5.jpg
大きい鍋が相手だから、使う器具も大きいねやっぱり
さあ、いよいよ蓋が外されました。
DSCN2262.jpg
ついに完成です。
それを見届けた後、私も下へ降りて最後尾に並びました。
勿論、協賛チケット(300円)の購入を忘れずに。
DSC_1025.jpg
今回はこのチケットで抽選会に参加できます。1等賞はなんと、ハロゲンヒーターだって!!
私じゃありませんでしたけどね^◆^;
DSC_1026.jpg

提供は1万杯だという芋煮汁、果たして私を含む来場者全員分あるのかな?
300円払って”はい、終了!”なんて意地悪はしないよね?
DSCN2267.jpg
最悪、”もう品切れです”なんてことになってしまったら、「金返せ!」なんてみみっちいことは言わないけれど、市内3か所の日帰り入浴施設の入館無料券をサービスしてもらうからね
・・・なんてことを思いながら並んでいましたが、要らない心配でした(笑)
DSCN2271_20181119221815c2f.jpg
材料補給の光景、凄いね

突然、列の流れが動きが速くなったと思いきやあれよあれよと言ってるうちに配布処が目の前に。
チケット半券と引き換えに割り箸をもらいます。
DSCN2272_20181119221816e2a.jpg

並び始めてから約30分後。。。
こんにちは~♪
DSCN2275.jpg
ようやく御対面
では、いただきます

無事に芋煮汁と対面できたところで、後篇に続きます

本日もご訪問・ご来店誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/19 22:05 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)

水郡線山方宿駅

久しぶりに鉄道の旅など
今回は水郡線に乗車しました。目的は前回の記事で告知した通り(芋煮会)ですので言うまでもありませんが。

下車駅は山方宿駅。
DSCN2232_201811182324082db.jpg
本日の水郡線はいつになくかなり混雑・満員状態でした。芋煮会のみならず同日、しかも水郡線沿線では他にもイベントがあったようです。しかも今は紅葉シーズン紅葉狩りへお出かけされた方もいらっしゃったことでしょう。

久々下車した、山方宿駅。
10数年前に利用した時と変わっていません。
DSCN2233_20181118232409412.jpg

DSCN2234_2018111823241081f.jpg

DSCN2302_2018111823345299e.jpg
山のペンションを思わせるログハウス造り。
特徴的な外装は久慈川の鮎をイメージしたとどこかで聞いた気がします。
この駅から芋煮会の会場までは徒歩で5分もあれば移動できます駅や列車の中は混んでたけれど、水郡線を利用したおかげで渋滞知らずでゆっくりのんびりと出かけることができましたヾ(o´∀`o)ノ
関東一の大鍋で作られたけんちん汁も美味しかったし、地酒も美味しくいただきました
DSC_1029.jpg
根本酒造:久慈の山
水郡線利用だからこそ可能な地酒堪能(笑)

芋煮会の話はちょっとおいといて、今回は山方宿駅のお話など。
この駅、切符の券売機を置いていないのです。窓口にて駅員さんから直接購入することになります。
勿論、スイカやパスモは使えません。
ですから、今日のような特別な日はこの通り
DSCN2303_20181118232413157.jpg
乗客と駅員=人と人のコミュニケーション・・・自動券売機や自動改札等オートメーション化してしまっている現代ではなかなか味わう事のない、すっかり忘れてしまっている大切なものがここに息づいている気がしました。
でも混んでる時は駅員さんが大変だねお疲れ様です。

改札口は自動ではありません。急ぎの人はそのままスルーして乗車後に車内清算するんだろうな
改札口前に、誰が作ったのか爪楊枝
DSCN2299_2018111823344827e.jpg
今日の日の為に?それとも普段から置いているのでしょうか。
温かいですね

駅にコンビニもキオスクもありませんが、コミュニティ施設と書かれた1室があります。
椅子とテーブルのある休憩所兼待合室のようなものかな?
DSCN2300_20181118233449133.jpg

ドアをくぐると、そこは図書室
DSCN2301_201811182334519ba.jpg
子供の頃に読んだ懐かしい本や、かつてのベストセラー本がいっぱい!!
列車が到着するまで退屈せずに待てそうです。こりゃいいね
但し利用は16:00まで。休館日もありますので要注意!

里山の、ちょっと洒落てる駅=山方宿駅のお話でした
DSCN2298_20181118232412361.jpg

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/18 23:53 ]  常陸大宮市 | TB(0) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

私事ですが2019.9.21より暫く更新をお休みさせていただきます。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー