I’ts Black field~茨城県北芸術祭:常陸大宮市②

旧家和楽青少年の家の次の展示会場は体育館だった場所。
手作りの案内板がなんとも、温かいですね
DSCN9086_20161111204929ee6.jpg

体育館内に入るとそこは一面、白と黒の世界。。。。
DSCN9088.jpg

白い床の上に、色彩を失った無数の植物たちがただ、たたずんでいました。
DSCN9090.jpg

DSCN9092.jpg
まるで雪景色のような。。。
理由もなく孤独感と寂寥感を感じました。
DSCN9096_20161111210314b18.jpg

ちょっぴり寒くなったので、とりあえずアート作品の周りを1周してから帰ろうと思ったその時。。。
後ろに回ってみると。。。

.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN9097.jpg
なんと!!
後ろから見ると、色がちゃんと着いています。
これまでの寂寥感が嘘のよう。。。例えるなら冬から春になった感じo(^▽^)o
DSCN9099.jpg

荒涼とした景色が一転、明るく温かい春がやってきました(* ´ ▽ ` *)
DSCN9105_20161111223802579.jpg

DSCN9106.jpg
色が付いただけで全然、雰囲気が違う!
この不思議な二面性を持った芸術作品が放つ世界に、暫し魅入っていました。
裏と表、光と影。。。
この比較が面白い。
DSCN9107.jpg

作品の台に使われていたのはオーストラリアの砂でした。
作品に手を触れることはできませんが、こちらはOK
DSCN9109.jpg
手触りは映画「桜田門外の変」のロケセットで使われた雪に似てると思いました( ^ω^ )

色が繰り出す不思議な世界。。。
その世界を作品で堪能した後は、自然の色を鑑賞。
駐車場に戻る前に、外を少しお散歩してみました
久慈川に沿った格好で遊歩道が設けられていて、そこからの眺めが素敵でしたので
DSCN9116.jpg

DSCN9117.jpg

DSCN9118.jpg

DSCN9119.jpg
紅葉が結構、進んでいます。あれから1週間、果たしてどのくらい色づいたことでしょう。。。

県北の紅葉スポットも、あちこちで見頃を迎えたようです
これからいよいよ、秋の行楽シーズン
混雑や渋滞が予想されます。どうかお出かけの際にはお気をつけください

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2016/11/11 23:04 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

旧家和楽青少年の家Ⅰ=茨城県北芸術祭:常陸大宮市①

2か月前、9月17日よりスタートした茨城県北芸術祭。
期間はまだまだたっぷりあると思っているうちにいつの間にか、残す期間あと10日になってしまいました。
思った以上に県北6市町のアート巡りは厳しく、悪天候に邪魔されたり家庭内の事情等でタイミングが合わなかったり時間が間に合わなかったり。。。等の事情で阻まれ、残念ながらスタンプラリー参加資格の30か所以上のスタンプは集められそうにないです
ああ、この企画昨年だったらよかったのに

・・・と、前置きはこのくらいにしまして。
先週日曜日もまた、県北アート巡りの旅をしてまいりましたヾ(o´∀`o)ノ
これまで「海」コースを中心に廻っていましたが後半は「山」コースでいきます。
水戸から国道118号を大子方面に向けて北上し、山方トンネルを越え舟生橋を越えてすぐ左折し、道なりに進んだ突き当たり。
山のロッジのようなたたずまいをしている元・宿泊施設だった建物。
DSCN9053.jpg
かつて、家和楽(やわら)青少年の家という施設でした。”家和楽”というのはここの地名です。
現在はキャンピングガーデン家和楽として営業しているようです。
でも、建物の方は使われていないみたい
DSCN9110_20161110215944d2d.jpg

時計が止まったままです。
DSCN9111.jpg
いつ頃まで”青少年の家”として営業してたのかな。
アート作品は、この建物の中です。
玄関をくぐりロビーに入った瞬間、目についた正面の白い物体
DSCN9055_20161110211820955.jpg
この物体こそ、アート作品なのです。
他の展示作品とは違い、この作品は中に入ることが出来るんです
では、入ってみましょう♪
DSCN9058.jpg
螺旋階段を降りていくと・・・

一面、純白の世界。。。.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN9063.jpg
わーい、ふわふわドームだあ\(^o^)/

DSCN9060_20161110215941964.jpg
イベント会場にあるふわふわドームで遊ぶ子供たちのように、はしゃぎたくなりますが触れることは出来ても、飛んだり跳ねたりは勿論できません(笑)
でも、見たことのない世界に大人も子供もすっかり魅了されていたようです。
言うまでもなく、この私も(* ´ ▽ ` *)
DSCN9062.jpg

仰向けに寝そべって、天井など。
DSCN9064_20161110222711f1e.jpg
この上に寝ると、本当に気持ちいいです
このままでいたい(≧ω≦)
DSCN9065_20161110222713c7d.jpg
白い布で覆われた、ただそれだけで普通の光景が全く別世界のように見えてしまうから不思議。。。

じっくり見ていると、神々しささえ感じます
DSCN9066.jpg

DSCN9067.jpg
色彩のない、白一色の世界に暫し浸りましたがあまり長居するとそのまま寝てしまいそうでしたので適当に切り上げて再び、階段を上り”現実”の世界へ。
なんだか異次元の世界から戻ってきたような気分です((⊂(^ω^)⊃))

いろいろな人達が寝泊まりしたであろう、客間には数枚のパネル写真が展示されていました。
本日第二のアート作品です。
DSCN9069.jpg

太陽の照り返しで光り輝く久慈川を上空から据えた写真作品、と公式ガイドブックで解説されていました。
DSCN9070.jpg
解説を読まなければてっきり、丁度今時期から2月ごろにかけて久慈川で見られる”シガ”かと思っていました。
ある客室には石ころと、破損した陶器のかけら。
DSCN9074.jpg

DSCN9073.jpg
県北地域を歩いて回って見つけたもの、と解説されています。
久慈川の河原や川底をイメージしたのでしょうか。。。そんなイメージが湧きました。
自然豊かな、風光明媚な奥久慈の風景に合わせた展示作品なのかもしれません。
DSCN9077.jpg

おっ!旧地名みっけ.゚+.(・∀・)゚+.
DSCN9078.jpg
山方町時代の名残

この他にも別棟の建物に違うアート作品が展示されていますが、それは次回の記事で
その作品を観に行く前に、茶室で御抹茶をいただくことにしました。
DSCN9083.jpg
韓国から研修生として来られた、若くてイケメンのお兄さんがお菓子とお茶を運んでくれたの
(お菓子は撮影せずに食べてしまいました^◆^;)
お茶が大好きで、茶道の世界に入ったそうな。礼儀正しく、お茶の作法もマスターするのに通常6ヶ月かかるところをなんと、3ヶ月で覚えてしまったそうです。あっちへ帰らずにいつまでも日本に居てぇ(≧ω≦)
DSCN9084.jpg
これぞ、”和の美学”(笑)
正座はきつかったけれど、和みの時間を過ごすことができました。
DSCN9085.jpg
ちなみに、抹茶おもてなし企画はこの日が最終日でした。間に合って良かった
アート鑑賞した後の一杯のお茶。。。何よりも美味しかったです(*^-^*)

旧家和楽青少年の家
茨城県常陸大宮市家和楽161
作品番号
E-11~13
閲覧可能時間 9:30~16:30(最終入館16:00)


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/11/10 23:20 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

常陸大宮市木質バイオマス利活用事業

1週間分の疲れを癒すため、常陸大宮市の日帰り入浴施設四季彩館へ行ってきました。
数か月来館しないうちに、施設前の駐車場が狭まっていてびっくり
木質バイオマス専用のボイラー設置工事が行われていたのでした。
DSC_1062.jpg
木質バイオマス利活用事業というものが現在、常陸大宮市で取り組みが行われているそうです。
「バイオマス」とは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」のことを呼びます。(林野庁HPより)
化学の事は私の頭では理解が難しいですが、どうやら木材を利用してお風呂を沸かそうというものらしいです。

常陸大宮市は、市の面積の約6割が森林だとのことです。その森林の成長過程で密集化する立木を間引くことによって発生する木材=”間伐材(かんばつざい)”と呼ぶそうです。これをチップ化して”木質チップ燃料”とし従来の重油燃料に代わって温泉のお湯を沸かそう、ということなのかな

木質チップ燃料を導入することによって、勿論不要となった間伐材を有効活用出来ることは確実でしょうし、地球温暖化の要因でもあるCO2排出量を抑えることが出来るといいいます。エコじゃないですかあ
DSC_0845.jpg
木質チップ燃料専用のボイラー設備を、現在四季彩館では工事中。
HPを確認したところ、既にささの湯ではこの取り組みを導入しているようです。
三太の湯もまだ未設置ですが、年内には木材チップ燃料に移行予定とのこと
DSC_1063_20160619205809c83.jpg
_20160619_164256.jpg
昔懐かし、旧地名

森林に囲まれた町だからこそ、それを活かして環境保全に勤めることができるのですね
成功すれば、資源節約やCO2排出を削減できるばかりでなく市のイメージアップにも繋がる可能性があると思います。
頑張れ~!!
DSC_1064.jpg
来る6月22日(水)・23日(木)は機械保守点検の為、四季彩館は臨時休館となります。

では、温泉効能が効いてきましたので(笑)今夜はこれにて失礼いたします。
おやすみなさい

常陸大宮市木質バイオマス利活用事業について
http://www.city.hitachiomiya.lg.jp/page/page002125.html(常陸大宮市HP内)

常陸大宮市温泉事業株式会社(四季彩館・ささの湯・三太の湯の情報はこちらで)
http://www.hitachioomiyacity-spa.com/


いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/06/19 22:35 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(0)

レストラン蔵人(ぐらんど)

今回のランチはちょっと贅沢に
常陸大宮市街地、市民会館ロゼホールのそばにあるカフェレストラン
レストラン蔵人というお店にやってきました。
DSCN4964_20160427174503b29.jpg
”蔵人”と書いて、”ぐらんど”と読みます
ランチタイムには少々遅い、13:00過ぎでしたが駐車場はほぼ満車。ちょうどお食事を終えて帰る女性客2人が車を出してくれましたので、かろうじて愛車を置くことができました。
一見、小さなお店のようですが奥行きがあります。
DSCN4963.jpg

一人でしたから通してもらった席はカウンター席。
アンティーク雑貨とお酒のボトルに囲まれ、お料理を待ちます。
DSC_0902_20160427174458a24.jpg
飲みたくなるだろ~、って?そんなことありませんよ

今回のオーダーはおすすめセットの和風ハンバーグ。
1,840円と結構、値段は張りますがデザートが付きます。
メニューは980円の単品パスタから2,500位のコース料理で主にステーキ・ハンバーグです。
全体的にお値段は・・・ちょっと高いかなあ
まあ、高いか安いかは食べてから判断しましょう。
店内に置かれていたアナログ盤レコードプレーヤーについ、目がいってしまいました^◆^;
DSC_0903.jpg
懐かしいなあ。。。
そんな想いにふけっているうちにサラダキタ!!
DSCN4957_20160427174500633.jpg
自家製ドレッシングとのこと。
確かに市販品のそれとは違う、まろやかで手作り感感じる美味しいドレッシングでいくらでも野菜が入っちゃう(^Q^)
サラダを食べ終える頃には、メインディッシュのハンバーグとライス(パンにすることも可)が到着♪
では、いただきます
DSCN4959.jpg
おろしポン酢だれです。
一口食べてみると、もろみの触感が。。。
もしかすると、和風の場合はワインの代わりに日本酒を使うのかな?
体がきゅんと温まりました(・v・。)ほっこりした、いい気分。。。
お肉もしっかり焼けているのに柔らかくてとても食べやすくて。。。
つい、ライスが進みます。

デザートはヨーグルトのムースでした
DSCN4960_2016042717562527e.jpg
さわやかな甘酸っぱさがいいね(*≧∪≦)
そして、ホットコーヒー
DSCN4962_20160427175627073.jpg
ひたちなか市に本店を置くコーヒー店、SAZAのコーヒー豆使用です。
洋食の締めはやはり、コーヒーで。

すべて美味しかったです。御馳走様でした
でも1人での来店はちょっともったいないな次回はどなたかご一緒していただけませんか?(笑)
クラス会や女子会等、特別な日やお友達と”いつもよりもちょっとぜいたくに”という時にふさわしいお店だと思います
ロゼホールそばなので、コンサートや演劇鑑賞の際にいかがですか?

レストラン蔵人(食べログ紹介御ページ)
http://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080503/8001405/
茨城県常陸大宮市南町3101
Tel&Fax:0295-52-1791



いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/27 18:22 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(2)

風車の弥七の墓へ

やすらぎの里公園を出てから、以前から訪れてみたいと思っていたスポットを訪れてから帰ることにしました。
県道を国道293号方向に進む途中に”風車の弥七の墓→”と書かれた箇所があり、そこを右折してくねくねと愛車を走らせるとそこに、風車の弥七の墓があります。
DSC_0910_201604262052311af.jpg
DSCN4943.jpg
言うまでもないかもしれませんが、TV「水戸黄門」に登場したあの”風車の弥七”です。
弥七は勿論、架空の人物ですが彼のモデルとなった実在の人物が存在します。松之草村小八兵衛(まつのくさむらこはちべえ)という人です。
時代劇好きだった父と一緒に、幼い頃より「水戸黄門」を観て育った私にとって”風車の弥七”はなじみ深い存在(*^_^*)
以前より墓参に訪れたいと思っていました。
果たして車を置く場所はあるのかな?なんて思っていたら全然、心配ご無用でした(´∀`*;)ゞ
DSCN4944a.jpg
思ったよりも広い駐車場です。そして、駐車場の中央にはあずま屋式の休憩所がありました。
それにしても、思いっきり派手な案内板だ・・・^▼^;
DSCN4944b.jpg
で、なになに?へぇ~、拝観料かかるんだ。
”本堂にお参りしない方はお墓に上がることはできません”だって。本堂どこだ?
矢印が示す本堂って、多分ココ。
でも、誰もいらっしゃらないんですけど?
DSCN4947.jpg
「受付」と書かれた窓をノックし、何度”ごめんくださぁい!”と声をかけても誰も出てこないし反応なし。
犬が一匹、お留守番しているだけでした。しかも、胡散臭そうに警戒心たっぷりにこっちを見つめているし。
”ねえわんちゃん、誰かここに連れてきてよ!”と本気で頼みたくなったりして。
いくらなんでも犬に300円預けるわけにもいかず、さりとてこのまま帰ったのでは意味がない
何人か、先に訪れてる方もいらっしゃるようだしやむを得ません。
このまま上がります
DSCN4945.jpg
看板のちょうど裏側にお墓があります。
石段を上がった正面には、焼香用の釜とその突き当たりにあるのが弥七のお墓。
DSCN4948_20160426210706273.jpg

DSCN4951_2016042621070707a.jpg
どなたが供えたのか、綺麗なお花と缶ビール。
御線香は持ってないけど、合掌。。。
弥七の女房で知られる(TV水戸黄門をご覧になられた方ならご存知ですね)霞のお新も実在のモデルがいらっしゃったようです。
夫婦仲良く並んでこの地に眠っています。こちらも合掌
DSCN4952.jpg
弥七のモデル、小八兵衛は事実光圀公に仕え彼の活躍で水戸領内には夜盗の心配がなかったと言われています。
元々は盗賊だった小八兵衛、捕えられ本来は打ち首になるところを光圀公に命を助けられ、そればかりか生涯二人月俸(ににんげっぽう、つまり一生涯2人分の月給をもらうこと)を給せられたそうです。その恩恵に感謝し、水戸領内を盗賊から守るばかりでなく、領内や隣国の情報を探り光圀に報告する隠密としても活躍したと言われています。

光圀の為水戸領内の為に大活躍した小八兵衛は晩年、出家し住居南側にあった寺(現在は廃寺)の住職となり静かに生涯を閉じたと言われています。”風車の弥七”は最後は僧侶になったのですね。知られざる”水戸黄門裏話”?!
DSCN4953.jpg
DSCN4954_201604262142276f9.jpg
松之草の地ににひっそりと眠る”弥七・お新”のストーリー、そして「水戸黄門」で見た彼ら夫婦のエピソード等が入り混じり胸をいっぱいにしつつ立ち寄ったのは物産センター、かざぐるま。
DSCN4956.jpg
野菜を買って帰ります。

それにしても、水戸黄門放送が終了してはや4,5年になるのかな?今なお”風車の弥七”ファンも多く、私の後にも次々に訪れる観光客の方がいらっしゃったのが印象的でした。

※今回は無許可で入った格好でしたので、もしかすると記事の削除依頼がくる可能性があり当記事を削除することになるかもしれません。予めご了承ください!

いつもありがとうございます!
 
にほんブログ村
 [ 2016/04/26 22:06 ]  常陸大宮市 | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-