道の駅だいごの奥久慈りんごソフトクリーム

毎日、うだるような暑さが続いています皆さん、3連休はいかがお過ごしだったでしょうか・・・?勿論、”仕事だったよ”という方もいらっしゃると思いますが。
今年初の「大子町」記事になります。といっても今回の大子訪問はレジャー目的ではありませんでした。
その帰り、トイレ休憩をしたかったこともあり久しぶりに道の駅だいごへ立ち寄っていくことにしました。
DSC_0089_20170717225525e08.jpg
時間の都合で今回は入れませんでしたが、温泉もあります
小さな内風呂浴槽のみですが、本格的な大子温泉ですよ♪

トイレだけでももったいないな、と売店周辺をうろうろしていると目に留まったものがありました
DSC_0083.jpg
”自家製”、”奥久慈りんご”に強く反応
勿論、即買いです。
DSC_0085_20170717225522d5a.jpg

一口なめてみると。。。りんごだ、確かに
DSC_0086_20170717225523777.jpg
ミルキーな舌触りの中に爽やかなりんごの酸味をほんのりと感じることができます
まさしく、大子ならではのソフトクリーム
これはいいね
ソフトクリームは売店で購入しましたが、外からの購入もできるようです。
DSC_0087_20170717231423aaa.jpg
大子に来たなら是非、食べてみよう

オリジナルの味はもう一つ
DSC_0088_2017071723142431b.jpg
常陸大黒ソフトクリーム
常陸大黒と言われている県北地域特産の豆です。これを利用したケーキや和菓子も県内の数か所で販売されていますが、ソフトクリームを御目にかけたのは初めて次はこっちを食べてみよう♪

地域の特産品販売と情報発信、食事処にお風呂。
大子観光には欠かせないスポットです
DSC_0090_20170717231425132.jpg

DSC_0092_201707172314274c0.jpg
道の駅から大子駅まで徒歩約10分。県内の道の駅の中で唯一、鉄道駅からの徒歩移動が可能な場所だと思います
駅前の商店街や周囲の美しい景色を堪能しながら駅から駅へ徒歩で移動してみるのもいいね


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/07/17 23:30 ]  大子町 | TB(0) | コメント(0)

大子カフェでお茶しました♪

県北芸術祭が本日、閉会いたしました。
参加された皆さん、たくさん見られましたか?目的のスポットは巡られたでしょうか

当ブログも今回で県北芸術祭関連記事は最後となります
最後は水郡線常陸大子駅前です。
久々訪れた常陸大子駅が、いつの間にかリニューアルされててびっくり
ちょっぴりカルチャーショックを受けました(笑)
DSCN9231_20161119223520cda.jpg
すげ~っ以前の駅舎の2倍はあるじゃん!

立派な駅舎になりましたが、名物(?)の丸ポストは残されました。
DSCN9232.jpg

そして、時刻表も以前のまま
DSCN9233.jpg
電光表示じゃないの。やっぱりこれが見やすいし温かいね
最後に廻ったのはこの駅から徒歩範囲内にある商店街の中でした。
数か所のアートを見て歩き、衝動的に”せっかくの大子町だから何か美味しいスイーツと珈琲でも。。。”ということになり、
見つけたこのお店。
DSCN9250.jpg
旅館のような喫茶店。
”大子カフェ”でした
趣あるたたずまい、そしてこのディスプレイ↓
DSCN9249.jpg

とどめがコレ↓
DSCN9257.jpg
パイアップルスティック?これは美味しそう
ますます、寄りたくなりましたヽ(≧∀≦)ノ
というわけで店内へGO

あいにく、パイアップルスティックは既に完売していましたがその代わり”夢みるりんご”を。
DSCN9253.jpg
これとコーヒーをオーダーしました。
大子町は水が美味しい町だから、珈琲も外れはないはず(←私の見解)
DSCN9256.jpg
やっぱり美味しかった
”夢みるリンゴ”もまもなく到着。
あれ可愛いんじゃねーげ?(茨城訛りで)
DSCN9255.jpg
可愛い、というよりも”めんこい”と表現したくなるかな(笑)
では、いただきま~す!!
DSCN9254.jpg
中に角切りのりんごが入った、りんごの形のスイートポテトp(*^-^*)q
味もイイッ!!(*≧∪≦)
断然、お奨めです。絶対、女子ウケするスイーツですよこれは
盛り付けのセンスも良いし、ここ来たらこれを食べな損しまっせ!
・・・って、一体どこ出身?(笑)

無国籍方言が出るくらい、美味しかったです。ごちそうさまでした(*´∀`人 ♪
このお店、お食事も扱っていて特製カレーライスやオムライスも大人気のようです。
もしも次回、常陸大子駅を利用することがあったら絶対このお店で食べます
DSCN9259.jpg
外観も素敵+゚。*(*´∀`*)*。゚+
近いうちにまた、行きますp(*^-^*)q

大子カフェ(食べログ紹介ページ)→https://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080503/8015028/
11:00~20:00
水曜日定休
茨城県久慈郡大子町大子688
JR水郡線常陸大子駅から徒歩約3分 
お車の場合は大子町文化福祉会館「まいん」の駐車場をご利用ください。


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/11/20 17:30 ]  大子町 | TB(0) | コメント(0)

浅川”足湯”温泉~茨城県北芸術祭:大子町③

アート巡りの後は、ゆっくり温泉をどうぞ
但し、足だけです
同時に、アート作品でもあります。
DSCN9216.jpg
以前、浅川温泉という温泉旅館が存在していました。その昔、白蛇が化身姫となって現れたという伝説を持ち、飲んで効く温泉として賑わっていましたが時代の波には勝てず、今から6年前に廃業し建物は解体され更地となりました

その跡地を利用して造られた足湯です。県北芸術祭開催期間中だけ特別、足湯として蘇りました。
DSCN9217_2016111920523454c.jpg
浴槽内の椅子もまた、アート作品です
これまで観てきたアート作品の中にも、観覧者が触れて遊べるものもいくつかありましたがこれもその類ですね
DSCN9221.jpg
私も靴と靴下を脱ぎ、滑らないようにそおっと入ります。
(※実際、温泉の成分で浴槽がつるつるしています。転倒された方もいらっしゃいますので要注意
なお、浴槽のお湯は本物の温泉です。
DSCN9220.jpg
ぼこぼこっと湧き出てますねえ(* ´ ▽ ` *)
アートの一部である椅子は、座ることもできます。
というわけで私も、よっこらしょ(笑)
DSCN9224.jpg
お湯はかなりぬるめ。
外の空気が冷たいから、出るのに一苦労でした(笑)
もっと、温っていたいよぉ~

誰かが言ってた。
”これ、頑張れば全身入れる気がする”って。
やめとけやめとけ(画像中の人とは関係ありません)
DSCN9222.jpg
画像奥に見える藤棚は、今でも花が咲くそうです((∩^Д^∩))
開花時はさぞ、綺麗でしょう。浅川温泉を知る生き証人ですね。

DSCN9226.jpg
足湯を設計・作成されたのはJR日立駅等を手掛けた建築士、妹島和世氏。
大子の温泉を活用し、かつ山と田園風景に囲まれた里山風景にふさわしく、素敵な芸術作品となりました。
さすがだ、素晴らしい

DSCN9227_20161119211454dae.jpg

DSCN9229.jpg
田園風景に囲まれた、”高台の足湯”で気の知れた人同士、あるいは見知らぬ人同士がこうして和気あいあいと。。。
身も心もぽかぽか、こんな作品もいいですね

いよいよ、県北芸術祭も明日が最終日。
浅川の足湯も、明日限りです


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/11/19 21:34 ]  大子町 | TB(0) | コメント(0)

旧小学校とワラボッチ~茨城県北芸術祭:大子町②

旧有明中学校を訪問した、丁度1週間前。
県北部の廃校を訪れていました
途中で目にする、”その町”独特の風景=ワラボッチと呼ばれるものが田園に立っていたりして。
DSCN9210.jpg

どこへ行ったのかもう、お分かりですよね?
DSCN9213.jpg
県北芸術祭作品巡りをする為、大子町の初沢地区にやってきました。
会場となるのはこの地区内にある元小学校校舎。
現在は、環境学習施設「初原ぼっちの学校」。現役時代は初原小学校という名の学校でした。
DSCN9165.jpg

DSCN9166.jpg
年季の入った木造の校舎がインパクト強です。
それもそのはず、明治6年の創設なのです。
DSCN9208.jpg
閉校の記念碑。
時代の波に勝てず、統廃合の為平成7年3月31日を持って廃校となりました。
現在は環境学習施設として第二の人生を歩んでいるそうです。
DSCN9167.jpg
TVドラマや映画のロケ地として有名な、同じ町内の旧上岡小学校よりも少し先輩。
アート作品はこの中に。
DSCN9168.jpg

DSCN9172_201611182129140ba.jpg

DSCN9175.jpg
DSCN9177.jpg

DSCN9174.jpg
今回は結構、ハイレベルな作品が多いみたいです理解が難しい
そして、誠に申し訳ないけれど作品よりも元小学校に残された遺構(?)の方に目が向いてしまいました(笑)
DSCN9180.jpg
生徒がいた最後の年。
全校生徒でたった、これだけ?実家庭ってなんだ?
DSCN9182_20161118215306a14.jpg
緊急連絡網がそのまま残されていました。
手洗い所がいい味だしてるなあ。。。
DSCN9184_2016111821530887f.jpg
教室や廊下等、校舎の中はほぼ当時のまま、残されていました。
既に廃校から20年以上経過しました。ここを巣立った子供達、当時1年生だった子も大人になってるはずです。
でも校舎の中は最後の年のまま、時が止まっていました。
DSCN9189.jpg
歩くときしむ、木の階段。
2階へ上がってみました。
DSCN9188.jpg

動物の彫刻?
DSCN9190_201611182247239e7.jpg
ロバとヤギと豚。
一体、何でできているのでしょう。。。?
DSCN9191.jpg
絶対、手を触れてはいけません。
なぜならば。。。。(※飲食しながら当ブログを閲覧されてる方は、次の部分は飛ばしてください
DSCN9193.jpg
そういうこと

ひととおり、校舎の中の作品を見終えたので今度は別棟の校舎へ。
DSCN9196.jpg

入り口をくぐると突然、目の前に現れた謎の扉(のようなもの)
DSCN9197.jpg
「眠る男」というタイトルの、謎のアート作品でした。
幻想的な青い光が、暗闇の中妖しく光ります。まるで生き物がそこに潜んでいるように。。。
DSCN9201.jpg

勿論、ドアは開けられません。
DSCN9205.jpg
ここ・初原小学校のアート作品については公式ガイドブックでは何の説明もありません。
作品に添えられた解説を見ても、正直意味を理解するのが困難でした(私だけだろうか)
だからこそ、想像心を掻き立てるものがありあれこれと一人で勝手に想像・解釈してみる面白さがあるかもしれません。
DSCN9202.jpg
壁に貼られていたリコーダの指使い表。
体育館だと思ってたら、音楽室?!

初原小学校の作品鑑賞もこうして終了。
趣深い旧校舎を今一度、振り返りつつこの場を後にしました。
DSCN9206.jpg

DSCN9207_20161118230014742.jpg
学校そのものがアート作品、という表現がふさわしい旧初原小学校でした。

県北芸術祭もとうとう、あと2日で終了となります。
最終日まであと、何か所見られるかな。



初原小学校他、大子町の旧木造校舎の在りし日の映像がこちらで見られます↓
「大子フィルムコミッション」http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000186.html

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/11/18 23:19 ]  大子町 | TB(0) | コメント(2)

旧上岡小学校~茨城県北芸術祭:大子町①

茨城県北芸術祭もついに、あと1週間で終了。
”6市町でまだ、あの町が未訪問じゃないか”と、いうことで向かったのは常陸大宮市からさらに北上して大子町
最初に訪れたのは以前も訪れたことのある、テレビドラマのロケ地として有名な元小学校。
上岡小学校です。
DSCN9120_20161112205016961.jpg
DSCN9121_20161112205018488.jpg
このポストはアートではありません^◇^

旧校舎内にはいり、奥へ進んでいくと図書館があるのですがアート展示はここで行われていました。
DSCN9134.jpg
これまでの作品展示とは一風変わった展示の仕方。
物語形式となっています。
DSCN9127.jpg
居場所を見いだせずに心に傷を負った、ある孤独な少年が主人公。
そして、「もしも、あなたならどうしますか?」という感じで見学者にその答えを問いかけます。
DSCN9128.jpg

DSCN9132_2016111220502298f.jpg
たきまる?だよね多分
なんだか考えさせられるコーナーでした。複雑な思いを胸に残しつつ次の展示会場に移動します。

体育館の中には、謎の黒い物体が
DSCN9135.jpg

そして、中央に黒い大きなプール!!
DSCN9136.jpg
近づいたら危険!!墨汁です
DSCN9137.jpg
墨の香りがプーンと漂ってきました。
この作品、「沈黙の教会または境界」と題されています。
DSCN9140.jpg

異次元への扉か、それともブラックホールか?
この液体の中には・・・・?
DSCN9139_20161112211643aec.jpg
じっと見ていると、本当に墨汁のプールへ引きずり込まれてしまいそうな気がしましたので早々に退散
静かに歩かなければきしむ木造の階段をそおっと降りていきました。
DSCN9141.jpg

DSCN9142.jpg
木造校舎はあまり記憶にありません。ですがなんだか懐かしい。。。
その懐かしい香りのする教室では、パネル写真の展示がありました。
DSCN9144.jpg

大子町の”ぬぐ~い(温かい)”人達。。。
DSCN9145.jpg
これらは茨城デザイン振興協議会の人達が、地元・大子町上岡地区に住む方々の協力を得てプロデュースをし、完成した町興しポスターなんだそうです
その名も、「日渡の里プロジェクト」
オリジナルお土産品販売も行われていました
DSCN9122.jpg
大子町の特産を利用した、優れ物がいっぱい!
県北芸術祭期間中(~11/20)しか買えません。
DSCN9123_20161112224104ac3.jpg

DSCN9124.jpg
生搾りリンゴジュース
そしてそして。。。

なんといっても、大子町といったらコレ
DSCN9125.jpg
お世辞抜きで本当に美味しいりんごでしたヽ(≧∀≦)ノ
おすすめです。

上岡地区は、大子町の中でも一番日照時間が長い土地なんだとか。そのことからこの地域は昔から”日渡の里”と呼ばれていました。
大子町の冬は厳しいけれど、ぽかぽかとした春の陽だまりのような温かさをこの地域では特別感じるのはそのせいだったか。。。
DSCN9147.jpg

旧上岡小学校
<F-03~06>
9:30~16:30
茨城県久慈郡大子町大字上岡957-3


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/11/12 23:20 ]  大子町 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-