庭園の味噌蔵~たつご味噌醸造

今回の県北旅、最後のスポットは高萩市で有名な老舗味噌店たつご味噌であります
DSCN3681_2017062322510088b.jpg
安政元年(1854年)創業の由緒高き味噌製造所。
先々月位だったでしょうか、水戸市内のスーパーでここ・たつご味噌さんの味噌を見つけ少々、値は張るものの気になりましたので奮発して買ってみたところ、とても美味しくて。。。ほのぼのと心なごむ、温かい田舎の味と言いましょうか
その味が忘れられず、今回高萩を訪れるにあたり”帰る前に絶対に寄って行こう!”と決めていました。
駐車場に愛車を停め、庭園に入っていくとそこは緑の多い日本庭園。
そして、趣のある蔵。
DSCN3675.jpg
蔵の前でわんちゃんが静かにお出迎えしてくれました
名前はペロちゃんというそうです。
DSCN3676_20170623225057534.jpg
DSCN3677_20170623225059e09.jpg

さて、と。お味噌はどこで売ってるのかな~?
あ、ここだ
DSCN3678.jpg

DSCN3668_20170623231532c94.jpg
蔵の隣が売店でした。庭園にふさわしくこちらも純・和風な造りです。
峠の茶店みたいでしょ
ここで目的のお味噌とおやつもついでに(*ノ∪`*)
DSCN3690_2017062323014772a.jpg
味噌くるみまんじゅう(#^.^#)
なお、味噌加工品としては、ずいぶん前ですが当ブログでも記事に書いたことがある”めしどろぼうさん”と”味噌ピーアイス”が販売されています今回は買いませんでしたが美味しいですよ♪
IMG_0406_20120528224844.jpg
その名のとおり、後を引きますのでご飯が進み過ぎて足りなくなって他の人のめし(ごはん)を泥棒してまで食べたくなってしまう。。。
その時の記事をリンクいたします↓
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-1372.html

購入後、素敵な庭園を見せていただきました
ここには市が指定した名木のケヤキが植えられています。
買い物をしなくても(お店なんだからしなくちゃだめじゃん)、庭園だけで観光名所になっています。
DSCN3679_20170623231049ef4.jpg

建物も庭園も、見応えはバッチリ
DSCN3672_201706232301445e7.jpg

DSCN3673_201706232301455e3.jpg
ツツジの季節は終わりだけど、四季折々いろいろな景色が楽しめそうです。
秋の紅葉時期もきっと素敵でしょう。。。

DSCN3670.jpg
大奥様の父親が趣味で集められた石像だそうです(´∀`*;)ゞ

DSCN3674.jpg

庭園の奥に味噌醸造工場があります。事前予約が必要ですが見学もさせていただけるそうです。
DSCN3671_20170623231047f89.jpg

ひととおり見せていただき、駐車場に戻るとそこには咲き始めたばかりの紫陽花がありました(〃▽〃)
DSCN3680_20170623231050896.jpg
可愛いおまけ付きになりました。

たつご味噌さんは昔からこの場所で、昔からの製法を守り代々引き継がれていると聞いています。
歴史ある老舗のお店が丹精込めて造られた”たつご味噌”。
心していただきます
DSC_0868_20170623231531253.jpg

たつご味噌
茨城県高萩市上手綱75
8:00~17:00 不定休
HP→http://www.tatsugomiso.com/



今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/06/23 23:28 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

高萩スイーツ:その2~酒粕シフォンとほおずきマカロン

去る6月2日、JR高萩駅前に待望の観光案内所メモリアがOPENしました
DSCN3663_20170621224144142.jpg
高萩市内の観光情報の発信と、全てではありませんがお土産品の購入ができます
ここで発売されているはずのある商品が目的でここにやってきたのですが。。。。。
DSCN3664.jpg

何ぃいいっ?!Σ(゜。゜;;ノ)ノ
DSCN3665.jpg
見事に品切れでした(T_T)
ほんの数時間差で完売してしまったというのです、話題(?)の酒粕アイスが。
そう。私が買おうとしていたのは高萩市のオリジナル吟醸酒高萩真心一魂の酒粕を利用して製造されたジェラート。
恥ずかしながらこれを買う為に高萩駅前を訪れました
気落ちでしたが、次回の搬入予定日も教えてもらったし観光情報も入手できたし、何よりもほおずきアイス食べられたからいいや・・・。
ということで良しとします。
代用品(?)ということでこれを購入しました
DSCN3682_20170621224148197.jpg
アトリエ小麦さんというお店で作られた、酒粕シフォンケーキがありました。
帰宅後、冷蔵庫で一旦寝かし翌日食べました。
DSC_0866.jpg
開封と同時に、麹の香りがぷ~ん
なんとも甘くて香ばしい。。
DSC_0867_201706212257596ca.jpg
で、食べたらこれがまた香ばしくて。。日本酒好きなら絶対お気に召すはず。
人体に影響はなくこれを食べても運転には差し遣えませんが、お酒が弱い方でアルコールを過敏に感じる方には少々きついかもしれません
販売元のアトリエ小麦さんではランチもやってるようですので、駅からはずいぶん遠いですが1度行ってみたいです。
でも金・土曜日は定休。私が行けるのは日曜日だけか

「メモリア」のスタッフさんからもう一つ、お薦めのスイーツを紹介していただきました
ほおずきのマカロンです。
DSCN3687_20170621225802faf.jpg
駅から大通りを直進してわずか3分程度、ホテルクレストの1階に店舗を構える洋菓子屋さんレ プティットゥ マンで販売されています。
またもや、高萩特産(」*´∇`)」

一口かじると、中からじゅわっと出てくるほおずきジャム。
とてもフルーティー(*≧∪≦)!!
DSCN3689_2017062122580366a.jpg
これもハマりそうです。
チョコレートクリームを追加したバージョンも販売されています。
美味しかったからまた買いにこなくちゃ(笑)
酒粕アイスも食べなくちゃいけないし(え?)、高萩を訪れる楽しみがまた増えちゃいました(* ´ ▽ ` *)

お店の名前である”Les petites mains(レ・プティットゥ・マン)”とはフランス語で”小さな手~”という意味だそうです。
他にも美味しそうなケーキや焼き菓子がたくさん陳列されています。
DSCN3666.jpg
茨城県高萩市春日町2-25
TEL.0293-24-1881
FAX.0293-23-1072
営業時間:10時~18時
定休日:月・火曜日


ちなみに、酒粕アイスに使われたお酒=高萩真心一魂とはこんなお酒
↓  ↓  ↓
花貫川と豊かな大地で育った酒造好適米「美山錦」100%から産まれた純米吟醸酒
2015年より市内の水田に美山錦を作付けし、日立の森島酒造に醸造を委託、約2500本が製造された
高萩市観光協会が酒類販売の許可を取得し、720ml入り1700円で販売

今年の販売はもう終了し、高萩市内では完売してしまったそうで新酒が出るのを待つしかないけれど、こちらも飲んでみたいものです。
ちなみに取扱店→http://www.takahagi-kanko.jp/page/page000125.html

酒粕アイスを逃した埋め合わせのようにたくさんの情報を入手でき、ここを訪れたのは無駄じゃなかった((∩^Д^∩))
目的を果たした時と同じような達成感を感じた私でした(* ´ ▽ ` *)
DSCN3667.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/21 23:19 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

高萩スイーツ:その1~花貫フルーツほおずきアイス

常陸太田市から北上し、国道349号→461号と進みやってきたのは高萩市。
目的は高萩駅前。そしてその後「たつご味噌」に立ち寄って。。。
でもその前に花貫物産センターに寄り道です
DSCN3652.jpg
トイレ休憩もありましたが、それ以上に以前から気になっていたスイーツがありまして。

あ、あった!
DSC_0858_2017062022144279b.jpg
”お1人様につき、10個まで”って

”花貫フルーツほおずきアイス”
高萩に来なければ絶対に食べられないスイーツです。
DSC_0859.jpg
今から8年くらい前から、ここ高萩市大能地区ではフルーツほおずきの栽培がおこなわれているそうです。寒暖差の激しいこの地域は、フルーツほおずきの栽培に適した土地なんだそうで。
現在では高萩市のまちおこし事業の一郭としてこのアイスのようにフルーツほおずきを使用したジャムやお菓子等の加工品が販売されているんです
DSCN3654.jpg
限定販売の為、大量には購入できません。(というより、10個買うのは大変なことだと思うけど
だからこの場で食べて行くのが望ましいようです。
では、いただきます(^0^)/^
DSCN3655.jpg

ナニコレ美味し~~~っ!(*≧∪≦)
甘酸っぱくてミルキーで、味を例えるならマンゴーか杏が似ています。
ほおずきの実がプチプチっと入っていて。。。
ハッキリ言ってハマる味です(*´∀`人 ♪ 1度食べたが最後、また食べたくなる・・・

このアイス、昨年の「茨城おみやげ大賞2016」というコンクールで見事、最高金賞を受賞したそうです
素晴らしいヽ(≧∀≦)ノ
私が訪れた花貫物産センターと、駅前通りにあるコミュニティセンター”高萩やすんでっ亭”他、市内数か所のお店でこのアイスの販売が行われています
さらに、インターネットでも購入が可能です(但し、品切れ注意!要御確認ください!)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hananukihozuki/

◇花貫物産センター 8:30~17:00(11~3月は9:00~16:00) 
毎週火曜日定休日(11月は無休)
茨城県高萩市大能1100-2
Tel:0293-28-0808

◆高萩やすんでっ亭 10:00~16:00
毎週日曜日と祝日は定休
茨城県高萩市春日町2-79
Tel:0293-22-2720


現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のロケ地として最近注目を浴びつつ(?)ある高萩市。
こういったスイーツをどんどん出して、今後も観光PRを積極的に行って欲しいですね
DSCN3653.jpg
花貫物産センター駐車場からの眺め
「ひよっこ」の風景だあ。。。(* ´ ▽ ` *)

高萩市地域おこし協力隊フェイスブックページ→https://www.facebook.com/takahagichiikiokoshi/


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/20 22:50 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

魂の殻(Soul Shelter)・高戸海岸(小浜)~県北芸術祭:高萩市②

「日本の渚百選」に選ばれた、高戸小浜海岸。
前回の記事で書いた前浜から車で約2、3分程の場所にあります。
DSCN8587.jpg
前浜海岸の駐車場から歩いて行けそうかな?と思いましたがやっぱり厳しいかも・・・と、愛車で行くことに。
駐車場があって良かったです
DSCN8588.jpg
映画のロケにも使用されているこの海岸。
とにかく、景観が素晴らしい!!
DSCN8592.jpg
どのアングルを見ても、又どの景色を切り取っても絵になる場所なのです。
DSCN8595.jpg
右側から来る波と、左側からくるそれが中央の大きな岩のところで交差。
”出会いの波場”かな

DSCN8599.jpg
大きな岩。
寄せくる波。
DSCN8606.jpg

DSCN8608_201610222216076d2.jpg

さあ、この素晴らしい海岸のアート作品は何でしょう?
DSCN8591.jpg
一つの大きな貝殻。
人の背丈ほどあるようです
前から見ると。。。
DSCN8589.jpg
貝殻から人の指が!!
一見、ぎょっとするこのアート。
死と再生のイメージを託した作品だとアーティストは語っているそうです。
DSCN8590_2016102222012480a.jpg
やどかりのようにも見えます。
でもやっぱりアップで見ると不気味ですね

海は命の源。それを背景にこのようなアートが。何やら深い意味がありそうです。
DSCN8617_2016102222243179a.jpg
生命の源である海から一つの命が生まれ、殻に宿ります。その命はやがて終焉を迎えて再び海へ還っていく。。。
そして、再び生まれた新しい命が再び殻へ。。。
繰り返す、生命のサイクル・・・もしかするとこの作品が言いたかったのはこれかもしれないな、と勝手に自己解釈をしてみる私でした
DSCN8614_201610222224333b5.jpg
海から見ると、こんな風に目に映っているのね
人工により置かれたこの奇妙な物体を、海は果たしてどう思っているのでしょうね

キャプチャ
<高戸海岸>
茨城県高萩市高戸848-8


作品番号と見学時間
前浜 9:00~17:00 <B-05、06>
小浜 9:00~17:00<B-07>

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/10/22 22:37 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)

空が落ちてきた海岸・高戸海岸(前浜)~茨城県北芸術祭:高萩市①

本日14:00頃、またまた日本国内で大きな地震が発生しました
今回の被災地は鳥取県、数時間経過した今でもたびたび来る揺れに今頃現地に住んでいらっしゃる人達はさぞ、精神的に落ち着かない時を過ごされていることでしょう。。。せめてこれ以上、被害が大きくなることなく重軽傷者等も出ませんように・・・と祈るばかりです

鳥取を中心とした中国地方で発生した今回の大地震は時間帯が近かったことから、5年前の3月11日の記憶と被ります。
経験したことのない大きな揺れを何度も繰り返し味わい、”もしかしたら空が落ちてくるんじゃないか・・・?”と思ったくらいでした。
DSCN8570.jpg

そう。こんな風に・・・
DSCN8572.jpg

ってのは、例えが悪いですけどね
高萩市の高戸海岸の県北アート作品の一つです。北茨城から国道6号を南下し、次に訪問したのは高萩市なのです
作品名は文字通り、「落ちてきた空」
DSCN8575.jpg
DSCN8573.jpg
作品解説を見たところによると1986年4月12日に発生したハリケーンにより飛ばされた空が落ちてきた、という想定をしてこの作品が生まれたそうです
元あった場所からハリケーンで飛ばされ、時間と空間をも飛び越えてこの海岸に辿り着いた
いわば”漂流者”というわけですね
DSCN8574.jpg
一羽のカラス(?)、「空のカケラ」の上に立ち何思う。。。

ここ・高戸海岸は前浜・小浜と分かれていてこちらは前浜。
映画のロケにも使用される、高萩きっての名勝なのです
白い砂浜と、青い海。。。たとえこの期間(県北芸術祭)でなくても一見の価値ありなスポットです。
DSCN8580.jpg

DSCN8581_20161021215709f95.jpg

DSCN8582_20161021215710f4f.jpg

で、この海岸にはアートがもう一つあるのですが。。。
DSCN8586_20161021215713484.jpg
カラーのテトラ、ビニール製です。
でも、ここからそこまで直接行けないじゃん^◆^;
DSCN8577.jpg
すぐ目の前にあるように見えますが、間は海で仕切られその上テトラが邪魔して通行できそうにないのです。
仕方がないから遠くから眺めるだけ。
ちなみにビニール製のテトラは、触れて遊ぶことができるんだって

一通りみたところで、もう一つの高戸海岸=小浜の方も足を運んでみようと駐車場に停めてある愛車のところへ戻ろうと歩いていると、砂浜で”天然のアート”を見つけました
DSCN8583.jpg
名前、なんだっけ(・・;)
少なくとも、不吉さを感じさせる花ではないのは確かですね。
DSCN8584_20161021221422db9.jpg

DSCN8585.jpg
人工のアートと、天然のアートが溶けあった素敵な空間

DSCN8578.jpg

誰が並べたのかな?
DSCN8571.jpg

このスポットも、アート作品単独でみるのではなくステージとなっている海岸の景観とセットで楽しむのが良いと思います。
高戸海岸という自然のアートにちょっぴり遊び心というアクセント、いわばトリックアート感覚で見ると面白いかな?
さあ、小浜海岸の方も楽しみだ

茨城県北芸術祭公式HP→http://kenpoku-art.jp/


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2016/10/21 22:40 ]  高萩市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-