FC2ブログ

シャッター絵:代田のダイダラボウのおはなし

石岡を訪れたのは実に3ヶ月ぶりでしたが暫くこないうちに”あれ?”とちょっぴりカルチャーショックを感じたものあり
1つは国道6号沿いにあるホテルルートインが出来たこと、もう1つは街中のシャッター絵。

信号待ちの際、目に留まりました
こういうものにはいつも、激しく反応(笑)
DSCN2312_20181127230000afb.jpg

DSCN2311.jpg
「代田のダイダラボウの足跡」というお話が描かれています
伝説の巨人・ダイダラボウのお話は日本全国の各地域に存在し、語り継がれていますが石岡でもありました。
富士山と筑波山、どちらが重いか天秤で図ろうと藤蔓で作った縄で両者を縛り、それを天秤棒に吊るそうとしたところ縄が切れ筑波山を落としてしまいました。結果、その衝撃で筑波山は男体山と女体山の2つの峰ができ、その時にダイダラボウが付けた足跡が片方だけ残っているというストーリーです。
DSCN2318_20181127230005197.jpg

DSCN2316_20181127230003868.jpg

DSCN2313.jpg
シャッターに郷土の民話、なかなか面白い発想ですね
お店が営業している時は見られないですけどね

代田のダイダラボウは、石岡市井関という地域、「代田」という地区があるようです。
私は見たことがありませんが毎年8月16日には藁や杉を使って「大人形」というものが作られ、地区の境に1年中置かれるそうです。
場所は大体、高浜駅から霞ヶ浦方向へ向かった方向ですね。


起源は不明ですが、江戸時代に天明の大飢饉が発生した際、疫病や災害等がムラに入ってこないようこの「大人形」をつくり、それを地区の境に置くことで厄除けを祈願したと言われています
つまり、災難に対する用心棒的な役割をしていたということですね

医療機関も技術も現代のように発達していなかった当時、ましてや小さな村では医者を呼ぶにもいくつも山を越え大変な思いをしていたと思われます。医学よりも神仏に対する信仰心が強かったその当時、必死の思いをその「大人形」=ダイダラボッチに託したのかもしれません。

数百年経った今でも、この儀式は現代の住民によって引き継がれています。

<おまけ>ブログ友達のRomanさんが石岡市内に残るダイダラボウのお話をご自身のブログで書かれています。
リンクをお借りしてまいりましたのでよろしかったらご覧ください。
ダイダラボッチのはなし(「まほらに吹く風に乗って」より)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2018/11/27 23:33 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

フラワーパークイルミネーション2018<後篇>

茨城県フラワーパークのイルミネーション、もう少し進んでいきます。
今年初登場!フラワードーム前のビッグアーチ
DSCN2355_20181126225610ec8.jpg

光の丘は青から赤へと音楽に合わせ、色が変化していきます
DSCN2365.jpg

DSCN2368_201811262256152cf.jpg
まるで、光の絨毯。。。

ビッグアーチより売店方向を望むとこんな感じです
DSCN2357_20181126225612ebb.jpg
さあ、後半はどこから廻りますかねえ。。。
これからイルミネーションを楽しみつつ入園口の方向へ進んでいきたいと思います。
でもあまりに広くて、その上目移りしてしまうくらい楽しいイルミネーションだから迷っちゃう
とりあえず、このアーチをくぐります。
DSCN2373_20181126230051611.jpg
緑色に彩られた薔薇のアーチ。
あれ?リアル薔薇健在!!
DSCN2371_20181126225616aba.jpg
光らない天然の薔薇は殆ど、咲き終わりでしたが残っているのも何輪かあるようでした。
その中で一番、元気なものをパチリ☆
こうして残ってくれていると、なんだか嬉しくなります。もう少し、ここで咲いててね
DSCN2374_20181126230053ed4.jpg

昨年までは誰も近づかなかった森の中も、今年は光のカーニバル会場に変身
DSCN2378_2018112623005427c.jpg

DSCN2380_20181126230056745.jpg
少し高台となる生い茂った部分です。ちょっと寂しさを感じる暗闇の中パッと現れるこちらのイルミネーションに、安心感を感じさせられます。
さあ、光のトンネルをくぐって下へ降りて行きましょう。
DSCN2382_20181126230057548.jpg

今年のイルミネーションは前回の記事でも書いてる通り、点灯数は全部で100万球。前年よりもかなり増えています。
撮影スポットも増えました。
DSCN2385_201811262312524f4.jpg

こちらは「妖精の泉」
DSCN2402_20181126231253c84.jpg
浮かんでいるのは。。。
薔薇の妖精
DSCN2406_201811262312540d8.jpg

なんといってもやっぱり、一番の人気スポットはここですね
相変わらず、長蛇の行列です。
DSCN2388_20181126231542d45.jpg
※暗くて見えませんが、アーチの後ろに人が並んでいます。
「光のフォーチュン」のコーナー。
占いが出来る人気スポット。鐘を鳴らすとその音に反応し、音楽が流れそれに合わせてイルミネーションも変化
パターンは全部で3種類です。
DSCN2409_20181126231817923.jpg

DSCN2393_20181126231548d20.jpg
シャンパンゴールド色のアーチが、誰かが鐘を鳴らすたびに。。。

紫に変わったり。。。
DSCN2389_2018112623154425d.jpg

赤に変わったり。。。
DSCN2392.jpg

一番ラッキーなのはレインボー色ヽ(≧∀≦)ノ
DSCN2391_201811262315455da.jpg
これが出た人にはきっと、良いことがあります2019年は良い年になること間違いなし?!(笑)
打つ人により違うので、何が出るかは鳴らしてからのお楽しみ
幸運を祈ります
DSCN2416.jpg

見て楽しむだけでなく、このように遊び心を取り入れているところもまた人気の一つでしょうか。
もっともっと、掲載したい画像がありますがこれから観に行こうと思われている方もいらっしゃる可能性がありネタばれもどうかと思いましたので、当ブログではここまでにさせていただきます。

来園された際にはぜひ、楽しいひとときをお過ごしください
DSCN2415_20181126233056192.jpg

DSCN2400_2018112623305401b.jpg
Have a good time!!

園内は光のカーニバルですが、フラワーパークは山に囲まれた地域ですから夜はかなり暗くなります
お車で来られる方が圧倒的に多いかと思いますが御来場、またはお帰りの際は接触事故等に遭わないよう運転には十分お気をつけ安全運転でお出かけください

12月の土日祝日は、JR石岡駅より無料シャトルバスが運行されます。御利用ください
JR石岡駅西口発(フラワーパーク行き) 16:30 17:50 19:20
フラワーパーク発(石岡駅行き) 18:50 20:40

各乗車時間 約25分
詳しくはこちらを→茨城県フラワーパーク

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/26 23:49 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

フラワーパークイルミネーション2018<前篇>

各地でイルミネーションが行われる季節がやってまいりました
日没が早くなり、暗くなるのもあっという間。「ついこの間まで、この時間はまだ明るかったのに。」と感じるこの時期、暗闇を明るく優しく照らしてくれるイルミネーションの灯は本当に見ていて楽しいですね♪

さて、毎年のことですが今年も茨城県フラワーパークイルミネーションが華やかに点灯スタートしました
DSCN2419.jpg

昨年よりも今年はさらにスケールアップ、点灯個所も増え観に来た人を飽きさせません。
私が入園した時、丁度音楽に合わせて園内のライトが変わる演出が行われていました。
DSCN2330_20181125230226b52.jpg

赤いアーチが。。。
DSCN2331_20181125230421e29.jpg

虹色に
DSCN2329_201811252304194f8.jpg

フラワードーム(温室)も、妖しく変化します。
DSCN2328_201811252304188a8.jpg
光と音の演出は数10分程度で終了。
さあ、では園内を歩いてみましょうね
DSCN2334.jpg
サンタさん、今年も来たよ!

光の道を上がって行くと、東屋の辺りでキラキラ光るものが。
DSCN2335_201811252302309db.jpg
ちょっと覗いていきますか
パンフレットによると、「妖精の家」だそうです。
中はこんな感じです↓
DSCN2336_20181125231041fbf.jpg
シルバー一色のシンプルな光の世界。
天の川?それとも氷の世界?
想像を掻き立てられるかな。

薔薇の季節には、無数の薔薇の花が咲き揃っているであろう花壇。さすがにリアルな薔薇はもう咲き終えてしまい、何もありませんがその代わりに咲いているのは”光の薔薇”
DSCN2342_20181125231047d62.jpg

散らない薔薇が今、満開!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSCN2338.jpg

DSCN2340_201811252310461c3.jpg

DSCN2339.jpg

DSCN2343_20181125231828d10.jpg

♪バ~ラが咲いたあ~バ~ラが咲いたあ、光の薔薇が~
なんて鼻歌歌いつつフラワードーム前まで上がってきました。
DSCN2344_20181125231830bb9.jpg

ドームを囲むように、ここでも”光の薔薇”。
DSCN2346_201811252318339ed.jpg

DSCN2347.jpg

DSCN2349_20181125232126f2f.jpg

フラワードーム前も、素敵な撮影スポットがいっぱい!!
DSCN2345_201811252318310f6.jpg
デートの記念に2ショットなど、いかがですか?

昨年に引き続き、人気スポット「白鳥の湖」と「雪だるま」も登場です
DSCN2351.jpg

DSCN2353_20181125232420227.jpg

DSCN2359_201811252324233ad.jpg

DSCN2358_201811252324228d0.jpg

ドーム横の広場ではキッチンカーも登場し、温かい飲み物や食べ物も販売。
お腹を満たしつつ、温まりつつイルミネーションをお楽しみください
DSCN2361_20181125232924505.jpg

DSCN2362.jpg

DSCN2360.jpg

DSCN2363.jpg
キッチンカーのある辺りも、イルミネーションがぐっと増えています。
この夜は大道芸が行われていました。
フラワードームでは12月中の毎週土日はミニコンサートも行われています。イルミネーションと一緒に音楽鑑賞等いかがですか?

というわけで、前篇はこのくらいにして続きは後篇で。

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/25 23:37 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

石岡駅看板横丁を利用してみました!

石岡まつり以来、約2か月ぶりの石岡訪問でした(´∀`*;)ゞ
午後1:30から市民会館で行われる勉強会(歴史講座)を控え、ランチは「OPENしたら使ってみよう!」と思っていた看板横丁のいづれかのお店で。
駅隣のバスターミナルのところにこの秋OPENしたお店です。
さてと。どこ入ろうか・・・
って、あれ?シャッター閉まってるお店があるなお昼時なのに。
DSC_1054.jpg
”入ろう!”と思っていたパスタ屋さんがシャッター閉まっていてがっかり
定休日?でもないし、臨時休業の張り紙もなし。どうしちゃったんだろ?まさか開店休業なんてそんな
・・・と、つい出る悪い妄想。
でもお店が開いていない以上、残念ですが利用することはできません。

そこで、このお店に変更です
DSC_1053_20181124224358249.jpg
ONE’S TACOS
ちょっとエスニックな雰囲気のお店。
数種類のタコスと、スナックメニュー!お酒(カクテル)もあります。でも今日はアルコール抜き(笑)
DSC_1052.jpg

店内はカウンター席と2,3人掛けの小さなテーブルのみでした。
タコスはテイクアウトするとして、お店の中で食べるメニューは”本日のおすすめ料理”だというソーキそば。
DSC_1049.jpg
沖縄ソバと悩みましたけどね
ターミナルに到着するバスが見られます
DSC_1051.jpg

私の前にはソーキそば、到着!
DSC_1050.jpg
これが噂(?)のソーキそばね。
初めて食します。本場のを食べたことがないので美味しいかどうかは私には判断しかねますが、麺モッチリ+豚スペアリブも良い味が染み込んでいて食べ応えバッチリ☆
さっぱり塩味のスープが美味しかったけれど、正直言うとこれで750円はちょっと割高な気が。。。
これも安いのか高いのかは解りませんが。
持ち帰り用のタコスも作ってもらい、お腹を満たしてお店を後にしました。

さて、全部飲食店なのかと思いきや中央は待合室でした。
DSCN2304_20181124224401058.jpg

一休みできるベンチと、バスの時刻表が貼られています。
DSCN2305_2018112422440242d.jpg
室内は禁煙です。

他のお店も順次、利用してみたいと思います。
一番駅側にあるKINSEIさんは、市内で既に営業しているパン店シャンティさんの2号店だそうです。
石岡市でも評判のパン屋さんは、ここでも人気!
せっかくOPENした看板横丁のお店、たくさんの人に利用され、1人でも多くの人に”ここにあってよかった!”と思われるようなお店になって欲しいと思います。

余談ですが、テイクアウトしたタコス↓
DSC_1066_201811242249345ab.jpg
時間が経過してしまいましたので、崩れています
美味しそうに見えなくてごめんなさい
HOTドリンクと一緒に食べました。
食べた場所は、茨城県フラワーパーク。
そう。今年も観に行きました(#^.^#)
DSC_1057_201811242306565d8.jpg

DSC_1058_20181124230657e87.jpg

DSC_1059_20181124230659f55.jpg
このお話は後日、あらためて

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/11/24 23:08 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

石岡まつり~2018年還幸祭<3>

平成最後の石岡まつり、その最後となる儀式~還幸祭。
ついに終盤となりました。
DSCN1968.jpg

常陸国総社宮の神様が本殿にお帰りになられる儀式が行われます。
ささらの舞いと露払い獅子の舞いが終わり、いよいよ御霊移しの儀式が。
雅楽が静かに流れる中、参列した関係者や観光客の見送りを受け厳かにそれは行われました。
DSCN1972_20180921210842033.jpg

DSCN1974_20180921210844213.jpg
参拝者一同が静かに見守る中、神様の御霊は無事に本堂にお帰りになられました

総社宮の神様がお帰りになられた後は、年番引き継ぎの儀式が行われました。
これをもって幸町の年番としてのお仕事は終了です。関係者がそれぞれ、”お疲れ様”と感謝とねぎらいの言葉が交わされているのがとても印象的でした
DSCN1979_20180921210845243.jpg
幸町の皆さん、年番大変お疲れさまでした
後を引き継がれることになる國分町の皆さん、これから1年間頑張ってお務めを果たされてください!

総社宮の神様を乗せるという大役を果たした神輿も、寝床(?)につきます。
DSCN1986_20180921213054b47.jpg

重そう
DSCN1987_201809212130550dc.jpg
おやすみなさい!
また来年のお祭りでお会いしましょうね(^-^)/

こうして、石岡まつりこと常陸国総社宮例大祭のメイン行事は終了しました。
街中のあちこちにいるはずの山車や幌獅子はそろそろ撤収?
いいえ、そうではありません

見てくださいこの熱気
DSCN1990_2018092121305797c.jpg

DSCN1998_20180921213100dde.jpg

DSCN1996_2018092121305828f.jpg

まだまだ、帰らないよ!
と言わんばかりの活気です。最後の夜だから、ということで名残を惜しむ気持ちもあるのでしょう。
まるで有り余ったパワーを使い切ろうとしているかのように、惜しげもなく力の限りを出しつくしています。
DSCN2001_20180921214228049.jpg

DSCN2002_201809212142307d3.jpg

DSCN2005_20180921214231aec.jpg

DSCN2014_2018092121423380f.jpg

山車だって負けちゃいられないヾ(o´∀`o)ノ
DSCN2030_20180921214757d83.jpg

DSCN2032_20180921214758086.jpg
香丸町、森木町が登場!

DSCN2034_20180921214800c63.jpg

平成最後の石岡まつりだ、悔いを残すな!!
DSCN2035_201809212148026c8.jpg
お祭り終了時間まではや、残りあとわずか。
限られた時間の中、それぞれ最後の力を余ることなく振り絞ります。
DSCN2039_201809212154218b1.jpg

さて、他の町の山車はどこへ行ったのかな?と思っていたら石岡駅前に
DSCN2041.jpg

今年の年番町・幸町のお囃子が盛んに行われていました。
DSCN2042.jpg

DSCN2044.jpg
あらためて1年間、年番お疲れさまでした

夜は天気予報通りの雨となり、山車も人達は人形を片づけ大きなビニールシートを出して被せ始めました。
それでもお囃子は辞めません。
DSCN2045_20180921215702d99.jpg
次の年番町・國分町。
雨が降っても頑張ってます。

お祭り最終日のラスト約2時間前に私は常磐線の中でしたが、最後の宴とばかりにお祭りを楽しむ人たちの姿は見物する側も力を与えられますやっぱり祭りっていいなヾ(o´∀`o)ノ

今年の石岡まつりは過去最高の約48万8千人が来場したそうです(モバイル茨城新聞より)。素晴らしい
いまや石岡まつりは石岡市民のものだけではなく、市外や県外からのファンが集まる”全国規模のお祭り”になりつつあると解釈して良いのでしょうか。
それが良いことなのか、いけないことなのかの判断は私には出来ません。むしろ伝統を重んじる人には”随分軽薄になった。そこらの観光目的のイベントと変わらなくなった”と感じる人も中にはいらっしゃるかもしれません。

でもそれが石岡市の活気と発展に繋がってくれれば、少なくとも悪いことではなさそうです。
なにはともあれ、今年も3日間無事にお祭りを終えることができました。
こうして何事もなく、大きな事件や事故もなくお祭り中断が懸念される程の悪天候に見舞われることもなく終えられたことは何よりの幸せ。来年もこうでありますように
DSCN1988_201809212223017db.jpg

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/09/21 22:25 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー