FC2ブログ

石岡まつり~2018年還幸祭<3>

平成最後の石岡まつり、その最後となる儀式~還幸祭。
ついに終盤となりました。
DSCN1968.jpg

常陸国総社宮の神様が本殿にお帰りになられる儀式が行われます。
ささらの舞いと露払い獅子の舞いが終わり、いよいよ御霊移しの儀式が。
雅楽が静かに流れる中、参列した関係者や観光客の見送りを受け厳かにそれは行われました。
DSCN1972_20180921210842033.jpg

DSCN1974_20180921210844213.jpg
参拝者一同が静かに見守る中、神様の御霊は無事に本堂にお帰りになられました

総社宮の神様がお帰りになられた後は、年番引き継ぎの儀式が行われました。
これをもって幸町の年番としてのお仕事は終了です。関係者がそれぞれ、”お疲れ様”と感謝とねぎらいの言葉が交わされているのがとても印象的でした
DSCN1979_20180921210845243.jpg
幸町の皆さん、年番大変お疲れさまでした
後を引き継がれることになる國分町の皆さん、これから1年間頑張ってお務めを果たされてください!

総社宮の神様を乗せるという大役を果たした神輿も、寝床(?)につきます。
DSCN1986_20180921213054b47.jpg

重そう
DSCN1987_201809212130550dc.jpg
おやすみなさい!
また来年のお祭りでお会いしましょうね(^-^)/

こうして、石岡まつりこと常陸国総社宮例大祭のメイン行事は終了しました。
街中のあちこちにいるはずの山車や幌獅子はそろそろ撤収?
いいえ、そうではありません

見てくださいこの熱気
DSCN1990_2018092121305797c.jpg

DSCN1998_20180921213100dde.jpg

DSCN1996_2018092121305828f.jpg

まだまだ、帰らないよ!
と言わんばかりの活気です。最後の夜だから、ということで名残を惜しむ気持ちもあるのでしょう。
まるで有り余ったパワーを使い切ろうとしているかのように、惜しげもなく力の限りを出しつくしています。
DSCN2001_20180921214228049.jpg

DSCN2002_201809212142307d3.jpg

DSCN2005_20180921214231aec.jpg

DSCN2014_2018092121423380f.jpg

山車だって負けちゃいられないヾ(o´∀`o)ノ
DSCN2030_20180921214757d83.jpg

DSCN2032_20180921214758086.jpg
香丸町、森木町が登場!

DSCN2034_20180921214800c63.jpg

平成最後の石岡まつりだ、悔いを残すな!!
DSCN2035_201809212148026c8.jpg
お祭り終了時間まではや、残りあとわずか。
限られた時間の中、それぞれ最後の力を余ることなく振り絞ります。
DSCN2039_201809212154218b1.jpg

さて、他の町の山車はどこへ行ったのかな?と思っていたら石岡駅前に
DSCN2041.jpg

今年の年番町・幸町のお囃子が盛んに行われていました。
DSCN2042.jpg

DSCN2044.jpg
あらためて1年間、年番お疲れさまでした

夜は天気予報通りの雨となり、山車も人達は人形を片づけ大きなビニールシートを出して被せ始めました。
それでもお囃子は辞めません。
DSCN2045_20180921215702d99.jpg
次の年番町・國分町。
雨が降っても頑張ってます。

お祭り最終日のラスト約2時間前に私は常磐線の中でしたが、最後の宴とばかりにお祭りを楽しむ人たちの姿は見物する側も力を与えられますやっぱり祭りっていいなヾ(o´∀`o)ノ

今年の石岡まつりは過去最高の約48万8千人が来場したそうです(モバイル茨城新聞より)。素晴らしい
いまや石岡まつりは石岡市民のものだけではなく、市外や県外からのファンが集まる”全国規模のお祭り”になりつつあると解釈して良いのでしょうか。
それが良いことなのか、いけないことなのかの判断は私には出来ません。むしろ伝統を重んじる人には”随分軽薄になった。そこらの観光目的のイベントと変わらなくなった”と感じる人も中にはいらっしゃるかもしれません。

でもそれが石岡市の活気と発展に繋がってくれれば、少なくとも悪いことではなさそうです。
なにはともあれ、今年も3日間無事にお祭りを終えることができました。
こうして何事もなく、大きな事件や事故もなくお祭り中断が懸念される程の悪天候に見舞われることもなく終えられたことは何よりの幸せ。来年もこうでありますように
DSCN1988_201809212223017db.jpg

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2018/09/21 22:25 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

石岡まつり~2018年還幸祭<2>

今日と明日で石岡まつり記事をひととおりUPし終えねば、と思うと気持ちが急いてしまいます
よって、”今年の(石岡まつり)記事は随分と手抜きだなあ。。。”と思われるかもしれませんがどうかご容赦ください
レポートというよりもアルバムという感じで見ていただけたら幸いです(´∀`*;)ゞ
DSCN1927_201809202103184e7.jpg
香丸町
石岡駅前のメイン通り:御幸通りに戻ってくると街中では町ごとの常陸国総社宮へお帰りになられる神様(神輿)をお囃子でお迎えしています。
DSCN1929_20180920210319cc3.jpg
森木町

おっしゃいおっしゃい、おっしゃいな~!!
DSCN1930_20180920210321fc0.jpg

DSCN1932_20180920210321533.jpg
大小路町

DSCN1933_20180920210323cfe.jpg
金丸町

あっちで”おっしゃい”こっちで”おっしゃい”と、町ごとに競い合うように掛け声が飛び交います。
笛や太鼓、そして山車の上のおかめやひょっとこ等が舞い猛暑も吹き飛ばすこの活気
これが石岡まつりだよヽ(≧∀≦)ノ
DSCN1934_20180920211643b65.jpg
守横町

DSCN1937_20180920211646f5e.jpg

DSCN1942_2018092021164837f.jpg
泉町

DSCN1943_201809202116493dd.jpg
若松町

DSCN1944_20180920212123d67.jpg
中町

DSCN1947_201809202121260f7.jpg
国分町(来年の年番町)

DSCN1945_20180920212124541.jpg

年番町:幸町の山車も交差点中央(カギヤ楽器店前)で総社宮の神輿をお迎えします。
DSCN1960.jpg

総社宮の神様を乗せた神輿はやがて、人ごみの中御幸通りを通過しお囃子による各町内の見送りを受け総社宮へと向かって行きました。
私はまちかど情報センター内で”お神酒さん”をいただきつつ、その様子を傍観(笑)
DSCN1953_201809202130025ce.jpg

これを戴きました(* ´ ▽ ` *)
DSCN1956_201809202132210ea.jpg
限定品:ふな口の酒(石岡酒造)
お祭りの為に特別に仕込まれたお酒。
スッキリとした爽やかな喉越しと、フルーティーな甘さが印象的でした(*≧∪≦)
DSCN1955_20180920213219dd7.jpg
また飲みたいっ!!でも限定品だからここでしか飲めないね、残念

おつまみは勿論、コレ( ^ω^ ) 実際はお酒よりもこちらの方が先でしたが(笑)
DSCN1949_20180920213218184.jpg
新作:いしおかサンド
市内の洋菓子店シャンティさんと石岡商業高校の生徒さんとのコラボ商品だそうです。
シフォンケーキ生地で生クリームとフルーツ(ブルーベリーとシャインマスカット)がサンドされました((∩^Д^∩))
軽くてふわふわ、そして甘い!!
おそらくこれも季節限定品。そう思うと余計、また食べたくなる。

美味しいお酒とスイーツをいただいたところで再び、出発。
丁度、獅子が至近距離
DSCN1962_2018092021342461e.jpg
記憶に間違いがなければ若松町のお獅子です。
幌獅子も町ごとに顔が違うんですよね石岡まつりに何度も訪れていると、だんだんそういった点にも目が留まります。
違いを見比べてみるのも、石岡まつりの楽しみ方の一つ?

いよいよ、常陸国総社宮へ。御霊移しの儀式と年番引き継ぎがこれから行われます。
その模様を見届けて参ります。

ところで・・・
現在、15ある氏子年番町ですが昔はもう1つ年番町を務める町がありました。木之地町(旧地名)という町です。
その町につきまして以前、当ブログでも記事に書いてる町です。
(その時の記事はこちら→旧木之地町~愛宕神社と梅
↑記事でも触れている”木之地のみろく”に使用していたと思われる人形が、愛宕神社のそばの民家に展示されていたのを偶然見つけ、ついカメラに収めました
DSCN1965_20180920220345f84.jpg

DSCN1966_20180920220345e48.jpg
画像が控えめになってしまいましたが、どうかお許しを

木之地町はかなり昔に年番町を辞めていますが年番町だった頃、出し物として行われていたという”みろく”は石岡まつりの名物だったそうです。でも現代に復活させるのはおそらく無理でしょうね
023木之地町のこと(いしおか100物語より)

総社宮へ向かう際、入口が混雑していた為廻り道したらこのようなものに出会えました(*´∀`人 ♪
得しちゃった
「急がば回れ」、こういうことだったのね(笑)

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/09/20 22:12 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

石岡まつり~2018年還幸祭<1>

2018年9月17日石岡まつり還幸祭。
石岡まつりとしても、”平成時代の石岡まつり”としても最終日となりました。
そんな記念すべき年に年番としての役目を務められたのが「幸町」。
常陸国総社宮の神様はそこにいらっしゃるはず。総社宮にお帰りにならないうちに急いで参拝しなければ
DSCN1849_2018091922144237c.jpg

DSCN1850_2018091922144414e.jpg
幸町の御仮殿が設置されていた場所はJR石岡駅から随分離れた場所で、日頃の運動不足が一気に解消?!
それでも参拝にはぎりぎりセーフで間に合いました
※ちなみに最終日の12:00で一般参拝は終了となります。それ以降は関係者のみとなるようです。
DSCN1851_20180919221445018.jpg
神様の帰り支度がぼちぼち始まったようです。御仮殿の境内に関係者が集まり始めました。
猿田彦に続き富田町のささら、そして露払い獅子等も次々に訪れます。
DSCN1853_2018091922144711f.jpg

DSCN1861_2018091922144872e.jpg

DSCN1865.jpg

DSCN1866_20180919222617fa6.jpg

出発前の祈願祭。
これが終わると総社宮の神様を乗せた神輿が御仮殿から担ぎ出されます。
DSCN1867_20180919222619ec8.jpg

DSCN1872_20180919222620609.jpg

DSCN1875_20180919222622fbf.jpg
ついに、鳥居の外に出ました。
これから総社宮にお帰りになります。”今年の石岡まつりも、もうすぐ終わっちゃうんだなあ。。。”と思うと少し寂しい気持ちに。

今更ながら神輿の屋根に付けられた飾りを見ると鳳凰が稲穂を咥えてます
DSCN1882_20180919223317edd.jpg
石岡まつり(正式名称は常陸国総社宮秋の例大祭)は五穀豊穣祈願のお祭り、それと関係があるのでしょうか。
今年の夏は全国的に不安定な天候や台風、大雨洪水や土砂災害そして地震等の災害等が相次ぎました。その影響で畑の農作物や果実も出来が悪く、とても売りに出せる状態ではなくなったと涙を流す農家の人達も。
このお祭りでしっかりと豊作、そしてこれ以上災害が日本列島を覆う事のないよう祈願しなければ

・・・お祭りなのについ、お堅い話。失礼いたしました^◆^;
DSCN1883_201809192233182a4.jpg
花火の合図とともに、神輿の出発です。
1本締めの後、間もなく花火が上がり同時に神輿を担ぐ人達が動き始めました。
DSCN1887_201809192233200df.jpg
神輿は一旦、市街地の方向とは逆方向へ。
どこかで行列と合流するのでしょうか。
神輿を見送った後、供奉行列も出発です。
DSCN1891_201809192233211fe.jpg

DSCN1894_20180919223323251.jpg

一同は市内を巡回してから常陸国総社宮へ向かいます。
途中から神輿も合流し、それを追いかけつつ私も街中へ。
DSCN1902_201809192250022cd.jpg

DSCN1904_20180919225004f0a.jpg

DSCN1906_201809192250057f8.jpg

DSCN1908.jpg

街中では山車も何台か登場し、活気が出てきました。
同時に訪れる人も増え、ぼちぼち歩行困難に
DSCN1914.jpg

DSCN1917_2018091922554409b.jpg

DSCN1964_20180919230202614.jpg
お祭りはまだ、これから最終日も大いに盛り上がりますよ。

というわけで、今回はこのへんで
 [ 2018/09/19 23:12 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

石岡まつり~かんばん横丁(一部)OPEN!

平成最後の石岡まつり。そして今日はその最終日。
行ってまいりました(^^v)
つい2時間前に帰宅したところです。
DSCN2044.jpg
2018年度の年番町・幸町
夜から雨が降ってきましたが、今年も例年に劣らぬ活気と熱気溢れパワフルなお祭りを見せてもらいました。
これから数回に分けて記事を書かせていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、先日告知した通り石岡まつり記事のUP終了次第(9/21までに書き終える予定)、ブログ更新の方は暫くお休みさせていただきます
まだ画像の整理が間に合わない上、平日特に火、水曜日は時間が取れませんのでもしかするとUPが間に合わずお蔵入りになってしまうかもしれませんが、出来るだけ急いで書かせていただきますね

前置きが長くなり、大変申し訳ありませんでした^^;
駅改札口を出ると、獅子頭のディスプレイや記念撮影用のボードを使って写真を撮る家族が続々出現
DSCN1836_20180917212106f4c.jpg
平成、最後だからねえ(-∀-)今年は格別な年かな?

DSCN1835.jpg

からくり時計のあるステーションパークも賑わっていました
DSCN1839_20180917212109c51.jpg
どうやら特設ステージでライブ中のようです。
だから、フード屋台がこちらでも並び美味しそうな匂いを漂わせていました。
DSCN1838_20180917212108d29.jpg
地酒が枡入りで販売されていたり、美味しそうなグルメも販売していましたがそれには目もくれず向かった先はここの丁度真下の位置にあるところ。
バスプールとして利用されていたところで、先日当ブログの記事で触れていますが覚えていらっしゃるでしょうか
DSCN1841_20180917212111077.jpg

IMG_20180908_0001.jpg
そう、あのかんばん横丁。やってきましたヽ(´∀`)ノ
お祭り初日の15日よりOPEN。まだ全店舗ではありませんが営業が始まっていました。
DSCN1842_201809172126534a9.jpg

今のところ、”ぼちぼちでんな~”って感じかな?
お祭りじゃない日はどうだろ?
1か所は市内の洋菓子屋シャンティさんが仮店舗に使用し、他イタリアンカフェとBar、そして焼き鳥やさんが営業していました。
DSCN1844.jpg

立ち呑み処、いいねえ
DSCN1845_20180917212656240.jpg
焼き鳥とビールで既に上機嫌になってるお父さんが2,3人いらっしゃいましたね。
私的には日本酒なんかもいいなあ

さあ、どこ入ろうかなあ~?と数店舗ある中、迷った末にイタリアンに決定!
DSC_0859_20180917212652621.jpg
もっちもち麺の生パスタ
宣伝のとおり、すごくモチモチでなめらかで美味しかったです。
このお店、正式OPENはまだ先の10月OPENだって
DSC_0858_20180917212650cfa.jpg
楽しみだなあ。。。(^∇^)
落ち着いた頃、行ってみよう!近々何か石岡駅を使う用事ないかなあ(笑)

わざわざ石岡駅で下車してもいい、と誰もが思う素敵なお店に”かんばん横丁”のお店がなって欲しいなと感じる私でした。
果たして・・・?

かんばん横丁でランチを済ませたところで、最初に向かうのは年番町の御仮殿。
総社宮の御霊がお帰りになる前に参拝をしておかなくては、と足早に移動します。
DSCN1847.jpg

DSCN1848_20180917215710b36.jpg
泉町山車移動中

では、今回はここまで。
続きます。

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/09/17 22:04 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)

石岡まつり1週間前に

もうすぐ秋恒例の常陸國総社宮例大祭、要するに石岡まつり
今年の酷暑よりもおそらく暑い(?熱い)、石岡市の3日間が今年もやってきました。
DSCN7324_20180908231340932.jpg

DSCN7280.jpg

1週間前に迫った今日、事前情報を仕入れたいと思い土浦からの帰りに石岡駅の観光案内所に寄り道していくことにしました。
何しろ15(土)・16(日)・17(月祝)の3日間のうち、どの日に出没しようかまだ決めてなかったのです^^;
昨年は中日の奉祝祭に訪れていますから、順番からすると最終日の還幸祭となり自分の中でもこの日に訪れる可能性が高いんじゃないか、と(何故他人事みたいに言う?、笑)
DSCN1719_20180908231334675.jpg
駅もお祭りモードですよ♪
今年も山車・幌獅子の位置情報をリアルタイムで配信するサービスが行われるそうです
石岡市の公式HP(下記URL)にアクセスしていただくか、お祭り当日観光案内所やまちかど情報センターでパンフレットを入手し、そこに表記されているバーコードをスマホやタブレットで読み込みしてもらう格好になります
詳細はコチラでhttps://www.city.ishioka.lg.jp/page/page001339.html
何しろあの人ごみ、観たい山車や幌獅子があっても通行するのでさえ困難なあの中で目的物を探し歩くのは体力的にも相当、負担になるかと思います。そんな中でのこのようなシステムはありがたいですね
これを利用して、”しまった!あの町の山車を見失った!”、”あの町のが観たいんだけど、どこにいるのかなあ。。。”という問題を少しでも解決できると良いですね
DSCN5791_20170922210847bb5.jpg
そういえば今年の石岡まつりでは最終日の大神輿御出立の前に、ステーションパークで何かやるみたいですね。
最近はお祭り以外の余興がお祭りと同時開催で行われるようになっているようです。
伝統のこのお祭りも時代の変化と共に少しずつ変化しているのかなあ。。あ、それが良くないとかっていう意味ではありませんからね

さて、変化と言えば観光案内所脇のトイレを借りようとしてふと目に留まったものが
ステーションパークの丁度下にあたるスペース、バスターミナルとして利用されていたところです。
DSCN1720_201809082313358a7.jpg

「かんばん横丁」と書かれたその奥で、何やら店舗工事のような光景。
ということは、つまり・・・
DSCN1721.jpg
お店が出来るんだヾ(o´∀`o)ノ

噂は本当だったか。。。
飲食店店舗が出来る予定だという情報をどこかで聞いた気がします。多分コレ。
DSCN1722_20180908232036080.jpg
看板建築が立ち並ぶ中町通りの建築を思わせる外装デザイン
これは出来るのが楽しみだな。
って・・・なんと、OPENが今月の15日!!早っ
IMG_20180908_0001.jpg
既に観光案内所でチラシが置いてありました。
こりゃ確実だね石岡まつりに合わせてのOPEN、間に合ってよかったね☆

おお、早くも案内板が
DSCN1723_201809082320377d2.jpg

石岡駅を訪れるのが楽しみになる・・・そんな人が今後増えてくれると良いですね
 [ 2018/09/08 23:46 ]  石岡市 | TB(0) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
※9月22日(土)より更新をお休みさせていただきます。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー