ごじゃっぺ音楽祭へ行ってきました!

久々、勝田駅。
DSCN0504_2018062423250262a.jpg
来る8月にはすっかり恒例行事となったロックインジャパンフェスティバルが行われることになっています。
それに先立ち、街中で”プチ・ロックインジャパンフェスティバル”?!
というわけではないのでしょうが、表町商店街で熱い音楽イベント=”ごじゃっぺ音楽祭”が開催されました

こちら、前売り券の引き換え&当日券販売が行われています。
私も並んでいます。
DSCN0509_201806242325062a8.jpg
そう。早速行ってまいりました
入場者は入場料金(当日:3500円、うち500円は1ドリンク代)を払い、それと引き換えにリストバンドが手渡されます。これを見せないとほとんどの参加店のライブが観にいけません。
DSCN0510_201806242325082cb.jpg
お食事券額面1000円(中身は1,100円分)も購入。
これを持って参加店を訪れ、リストバンドを見せて入場、これで晴れてライブを観賞することができるのです。
夜は賑わうであろう表町商店街に裏通りのお店が、この日だけライブハウスに変身!
DSCN0512.jpg

DSCN0516_2018062423353936b.jpg
飲食代は別になってしまいますが、そのためにお得チケットがある
私が購入した1000円の食事券もそれでした。
DSC_0656_201806242338415bc.jpg
※ノンアルコールです(笑)

入場チケット3500円でその上、飲食代は別だなんて少々割高だな、と思ってしまいたくなりますが
「3500円を有効に使って1日中、ライブを楽しんでね♪
ついでにおつまみなど、いかがですか?」
といった感じなのでしょうか。
DSC_0657_20180624233842694.jpg
夜だけしかお目に掛けないお店もこの日ばかりは昼間から営業!
”ここって、素敵そうだけどどんなお店なのかなあ。。。”
と、昼間通りかかるたびに興味を持ってたお店に入れる絶好のチャンスなのです

同時開催でこちらも拝見。
DSCN0506_201806242325034af.jpg

DSCN0507_20180624232505e64.jpg

肝心の音楽の方は後日あらためて書かせていただきます。但し、あくまで私が観た限りでしか書けませんので何卒ご了承願います

せっかくだから1枚だけ、UPしちゃお
DSC_0658_20180624233844887.jpg

ではまた

本日も御訪問&御閲覧、誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2018/06/24 23:46 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

ごじゃっぺ音楽祭が6月24日(日)に開催されます!

音楽でも聞いて、疲れを癒してこようかな
今度の日曜日、勝田駅で何か楽しいことをやるみたいですよ
ごじゃっぺ音楽祭フライヤ1
JR勝田駅周辺で行われる、音楽イベントとしては最大級のイベント:ごじゃっぺ音楽祭が、来る6月24日つまり今度の日曜日午前10:00より行われます。
HPによりますと今年で4回目の開催となるそうですが、私は未体験。ですからどんな風にやるのかは知りません。
よって、”こんなイベントです”というご案内は致しかねますが勝田駅前~表町商店街の飲食店がステージとなるようですね
MAPを見ると、私が大好きな武陵桃源さんの名前もあります。
他のお店も行きたいお店ばかり
map_20180622213708171.jpg
DSCN1135_20180622213706146.jpg
音楽と共にお食事も楽しめちゃうなんて、素敵なイベントですね
また、クラフトマーケットも同時開催されます

丁度、同じ日同じひたちなか市内(しかもこちらは文化会館)で別なコンサートが16:00より開催予定で、こちらにも足を運びたいので”ごじゃっぺ~”の方は15:00で切りあげることになると思いますが、今度の日曜日はひたちなか市(というより勝田駅周辺)で1日を過ごすことになりそうです(*´∀`人 ♪
DSCN9677.jpg

DSCN9678_20180622221040348.jpg
イベントの内容につきましては後日、おそらく来週後半頃UP予定となるかと思いますのでお楽しみに♪
取り急ぎ、今回は告知まで(^0^)ゞ

音楽の街・ひたちなか市にふさわしい、素晴らしいイベントになるに違いありません。
足を運ぶ価値は大ありでしょう( ^ω^ )
DSCN5257_20180622213707b0a.jpg

※予定変更等で、”結局足を運べませんでした!”という可能性もありますので何卒ご了承願います

ごじゃっぺ音楽祭詳細情報はコチラで
◆公式HP→http://gojappe.net/

◆FACEBOOK→フェイスブックページ


本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2018/06/22 22:17 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

堀出神社

比観亭跡から阿字ヶ浦駅を目指して再びウォーク
ちなみに右斜め方向の勾配の急な坂道を下って行けば阿字ヶ浦海岸に辿り着きます。今回はそこを通らず平坦な道を歩きます。
途中、川子塚前方後円墳古墳という史跡があります。誰のお墓かは不明ですが市の指定史跡。
DSCN9971_20180602173251209.jpg
大体5世紀後半頃だとのことです。那珂地区の台地に残存する古墳の中では最大級だそうですので考古学関係がお好きな方は見ていかれるとよいでしょう
DSCN9970.jpg

DSCN9972_20180602173649b1d.jpg
ひたちなか市となってはや20数年、今なお旧市名”那珂湊市”が生きてますね
埋蔵品がどこで保管されてるのかが気になりました。後でゆとりがあるときにでももっと詳しく調べてみます。
さて、先を急ぎましょう

そこから5分ほど歩いたでしょうか、阿字ヶ浦駅のすぐ目の前にある堀出神社に辿り着きました。
DSCN9700_20180602174308428.jpg
阿字ヶ浦駅で下車し、海岸へ歩いて行く際に必ず目に留まる神社でしたから馴染はありましたが落ち着いて境内を参拝するのは初めてでしたので、この機会にご挨拶していきます。
旧前浜村の村社として祀られている神社、祭神様は誉田別尊(ほむたわけのみこと)。
後で知りましたが難産除けに御利益がある神社だそうです。
う~ん、あと20年早く知ってれば(笑)
DSCN9703_20180602174309fc3.jpg
ちなみにHPを拝見させていただいたところ、学問・厄除け祈願もあるそうな。
「八幡さま」とも呼ばれているようです。
海岸の高台にある森の中の静かな神社といった感じ。
では、ご挨拶を
DSCN9704_201806021743113a6.jpg

「水戸光圀公ゆかりの神社」という横断幕が気になりました。
DSCN9705_201806021743136fb.jpg
徳川光圀公が塚を掘り起こした際に御神体である御神鏡が出土され、光圀公はその御神鏡を御神体としてこの神社に奉納されたそうです。ご神体が「ってた」ということで堀出神社と命名された、と。
DSCN9706_20180602181604827.jpg

こんなお話も残っています(以下はHP内の由緒沿革をほぼ書写した格好で掲載させていただきますが。。。)

磯崎大明神(酒列磯前神社)をはさんで前浜、平磯両村の境界論争が続いたので寛文3年(1663年)8月13日、岡見弥次右衛門尉吉為、前浜村庄屋弥右エ門、組頭太郎右エ門等検分途中、路中吹きはげの所に備前焼で忌垣二重に囲い内くぼみになっているところを見つけ、案内にそこを掘らせたところ、石廊あり中から刀、折れた脇差、槍、鉾3枚、矢の根、具足等が発見された。その品々は早速水戸城中へおくられ、詮議の結果「磯前明神の本体であろう」と結論。
前浜村鎮守を望む地元の意向を組んで、岡見吉為が小社を立てた。その後、同11年正月に寺社奉行の北河原甚五右衛門、山県源七、横田庄三郎等のはからいで水戸藩の許可を得て同年8月13日に社殿造営竣工、遷宮式が厳修されたという。
(以下省略)
DSCN9708.jpg
歴史としては全国に点在する数多くの神社・寺院からすると浅い方かもしれません。ですが300年以上の歴史を持つ神社境内は、言葉に表せない見えないパワーを感じます。
前浜村からひたちなか市となるまで、この地域の歴史を静かに見守ってきた重要な歴史の証人であることには違いないでしょう。
DSCN9707_201806021816068b0.jpg

なんで、あんなところに遊具が?
DSCN9974_2018060218160912b.jpg
境内には魚市場で見かけるイカ干し用のツリーもあったり、つい詮索したくなるものもちらほら。
こちらは、「日本一の干しいもの先駆者」として知られる小池吉兵衛氏の胸像です。
DSCN9701_20180602181603dd2.jpg

DSCN9702_20180602182036b72.jpg
日本一の干しいもの里・ひたちなか市の現在があるのは彼のおかげ?
彼のこと、もっと知らなくては

神社を後にすると阿字ヶ浦駅はこっちだよ、と言わんばかりの手作り感溢れる案内板がありました
DSCN9976_20180602182038cd6.jpg
静かな神社ですが、境内の年中行事が今でも行われ毎年9月の第一土曜日には例大祭も行われているようです。
その時にでもまた、遊びに来てみましょう



本日も御閲覧、誠にありがとうございました!
 [ 2018/06/02 18:31 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

磯前神社と比観亭

嬉しいニュースが飛び込んできました
今年の春で開業10周年を迎えた、ひたちなか海浜鉄道。5月31日に発表された2017年度決算によりますと初の単年度黒字を達成したとのことですおめでとう!!
DSCN9937.jpg
さあ、お祝いじゃ!酒、持ってこ~い(笑)

DSCN9922_2018051423243061d.jpg
赤字ローカル線が苦難を乗り越えて黒字となり、それどころか今では延伸も計画されているところまで登り詰めるまでの道は決して、平坦な道ではなかったはず。ひたちなか海浜鉄道とその沿線の利用者、応援団の皆さんの積極的な働きかけ、そして市の協力的姿勢・・・そして、この路線を愛する乗り鉄・撮り鉄ファンの人達。。。みんなの頑張りがこの結果を導いたのだと思います
私も大好きなこの鉄道、これからも末長く走り続けてもらいたいと思います

さて、今回の記事はそんな海浜鉄道の開業記念イベントが行われた先月13日にカレンダーを戻したお話。
那珂湊駅を出発した私、次のイベント会場:終点の阿字ヶ浦駅に向かう前に酒列磯前神社にお参りをしておきたいと思い、1つ手前の磯崎駅で途中下車。
いつ通っても、参道はマイナスイオンたっぷりで心落ち着く空間です
DSCN9947_20180601220616458.jpg
両側にそびえる古木の枝がまるで生き物のよう。。。
DSCN9948.jpg

DSCN9949_201806012142535e3.jpg

暫く訪れないうちに、手水舎がすっかり綺麗になっちゃって
DSCN9950.jpg

思うところあって祈願にやってきました。
DSCN9953_20180601214257229.jpg
道中の無事、家内安全そして大願成就・・・って、欲張るな!

左甚五郎作(?諸説あり)と伝えられている、リスと葡萄のレリーフです。
DSCN9952.jpg

磯前神社の沿革等につきましては過去にも当ブログで書いておりますので省略させていただきます。
参拝を終え、このまま徒歩で阿字ヶ浦駅へ向かうことにしました。
いつ誰が作られたか、磯前神社の大鳥居前の交差点でイラスト入りの道標が建てられていました。
DSCN9956_20180601220618d50.jpg
阿字ヶ浦駅まで歩いても450m、大体5,6分程度ですね。
ゆっくり散策しながら歩いてみましょう。
その前に。
DSCN9967_20180601220619182.jpg
磯前神社の鳥居が立つ向かい側にある「比観亭跡」をちょっと見ていくことにしました。
初めて訪れる場所ではありません。最初に訪れた時(確かその時も湊線利用でした)は”海が見えるビュースポットなはずなのに草藪ばかりせっかくこうして市の史跡に指定されてるのに、なんて勿体無い!”と思ったのを覚えています。
あれから10年経ったけれど、今は果たして・・・?
DSCN9964_20180601222100790.jpg
あれ?10年前と変わらね~( ̄▽ ̄;)

やっぱり、海は見えません。すぐそばに「比観亭跡」と刻まれた碑と説明が立ってるだけ。
DSCN9963_201806012220598d3.jpg
DSCN9965_20180601222102e2a.jpg
当時は東屋のような屋根つきの建物が存在していたようです。それが今は
生い茂った藪の中、訪れる人もなくひっそりと残されている、といった格好です。少なくとも案内板のように「青松白砂の海辺を隔ててはるか阿武隈の山地を見ることができる」という風景を想像するには程遠い感じ。時代の流れもありさすがに阿武隈山地を望むことは無理でもせめて海が展望できるように整備できないのだろうか。。。それは出来ない相談ですかねえ

下に降りることが出来る階段がありましたので、ちょっと降りてみることにしました。
斜面に咲くピンクの花に導かれ、降りていくと東屋が1棟と大きな碑。
DSCN9957_2018060122205605a.jpg
なんだ、こっちの方が海が見えるじゃん!
東屋から磯崎漁港が見られます。
大きな碑には「大内山先生之碑」と書かれていました。
DSCN9960_20180601223431ef7.jpg
「大内山先生」というのは、ひたちなか市(平磯)出身のかつての大相撲力士、大内山関(1926~1985)のことです。昭和20~30年代に活躍した人気力士で大関まで出世した人です。栃錦や初代若乃花とも数々の名勝負を残したそうです。
こちらの古い碑には、大内山の功績が刻まれています。
DSCN9961_20180601223429ae1.jpg

郷土出身にかつて、このような人がいてこんな功績を残したということを知るのは決して無駄ではないと思います。
海を眺めつつ、そんなことをふと思う私でした。
DSCN9958.jpg

※ブログ村は退会しました。
これまでクリックしてくださった方、ありがとうございました!
 [ 2018/06/01 22:53 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(0)

おめでとう10周年\(^o^)/ ひたちなか海浜鉄道開業10周年記念祭<③>

海浜鉄道10周年記念祭の話、いつまで引きずってるの?
と、クレームが届きそうです。
安心してください!今回で終わりにします(´∀`*;)ゞ

勝田駅に戻る前、那珂湊駅で途中下車して伊勢増さんでお買い物。
それだけでもちょっと寂しいな、という気がしてこの日同時開催の「みなと★再発見★フェス」をちょっと覗いて行くことにしました
いきなり目の前に飛び込んできたラッピングカー
DSCN0001.jpg

DSCN0003_20180517211606b3f.jpg
やっぱり、つい注目しちゃいますね(/∀\*)

湊本町通りもまた、お祭り騒ぎでした(実際お祭りですが、笑)
DSCN0010.jpg
美味しそうな匂いを放ち、通り沿いにずら~り並ぶ模擬店の数々。。。
”あの街のあのご当地グルメ”も参戦でした。
DSCN0017_20180517212431625.jpg
友情出演ね
でも結局私が食べたのは、そのお隣で営業していたお店の鶏めし弁当でした

大道芸も行われ。。。
DSCN0005_20180517211608fd1.jpg

三輪車レースも
DSCN0006.jpg
みんな頑張れ~っ!!
和奏さんの伴奏つきでレースが一層、盛り上がります。
DSCN0007.jpg

まるでひたちなかまつりと那珂湊八朔まつり、それと毎月第三土曜日にこの本町通りで行われるドゥナイトマーケットが一緒になったかのようです。ひたちなかまつり程の規模ではありませんが、商店街は大盛況
DSCN0008_20180517212225e39.jpg

DSCN0014.jpg
フォークリフトで吊りあげようとしているのは。。。

なんと、ヨーヨー
DSCN0012.jpg
見てる人もつい、緊張しちゃう
吊れてくれ~!!

いっぽうで路上ライブも始まりました
DSCN0016.jpg

おや?みなとちゃんも遊びに来たんだ
DSCN0018_20180517215441f0f.jpg
一見、開業10周年記念祭とは別物のようにみえますが違いました。
実は10周年記念祭の中で行われていた企画=スタンプラリー対象ポイントの1つだったのです。
各駅の対象ポイントを巡り、最後はここでスタンプを押して那珂湊駅で抽選、というコースをたどる人が多かったとみえ帰りの那珂湊駅前は景品をもらう人が並び、駅の中ではグッズを購入する人もいて那珂湊駅は混雑でした。
超・幸運な1等賞獲得の方の景品は「ひたちなか市満喫セット」。
誰かGETした人、いるかな~?

クリーニング専科のうさぎちゃん、凄い人気者です
DSCN0019_20180517220226cb8.jpg
名前は”黒田ウーサー”というのが判明。クリーニング専科だけに本職は洗濯職人です。

DSCN0020.jpg
最初は”え?”と思ったけれどだんだん親しみを感じ、愛着すら湧いてきました。
その影響で帰りはあえてこちらの車両に乗車↓。
DSCN0026_20180517220231c3b.jpg

列車内に黒田ウーサー、通称黒ウサがたくさん、います。
機会ありましたら何匹いるか、数えてみるのもいいかもね
DSCN0025_20180517220229a61.jpg

DSCN0023_20180517221307c85.jpg
そういえばこの列車は私、初めてでした。
10年目にしてやっと、全車両制覇したことになるな

開業10周年の次は15周年、20周年・・・・そしてゆくゆくは100周年!!叶うといいね
茨城交通時代からのを合わせると大正・昭和・平成、そして次なる時代。
4つの年号を生きることになる湊線です。

開業100周年に到達したその頃は果たして、どんな時代になっていることでしょう。。。

あらためておめでとう開業10周年!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
これからも末長く、いつまでも


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/05/17 22:23 ]  ひたちなか市 | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー