軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~最終回の巻~

長く引きづりました「スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ」のお話ですが、今回でようやく最終回です。
連日ご覧くださった方、お付き合いいただき誠にありがとうございました
DSCN3572.jpg
中城通り付近でキララちゃんと出くわしました

銭亀橋を出発した後、ここで一旦亀城公園に戻ります。”刻の太鼓”を聴くためです。
この日2度目ですが今度は櫓門で直接、聴くことになります。
DSCN3580_20170615225435afc.jpg
刻の太鼓保存会の皆さんによる力強い太鼓を生で聴くことが出来て良かった♪
何しろ、これがメインのようなものでしたから(画像無しで失礼いたします
それにしても、刻の太鼓保存会にしろ文化財愛護の会にしろ歴史と伝統文化を大切にし後世へ継承しようという団体が存在している・・・しかも今回のようにイベントで楽しくPRし、たくさんの人に興味を持ち理解してもらおうという企画。。。
素晴らしい

残りはあと3つ近距離に集中していますので長距離歩く必要はありません( ^ω^ )
IMG_20170611_0005.jpg
これから巡る箇所は私もよく知る場所ですので、もうスマホナビには頼りません
といっても、ほとんどコースに待機していたボランティアスタッフさんがちゃんと道案内をしてくださったからスマホの電池残量もデータ消費量も気にする必要がなくなり、とても助かりました(* ´ ▽ ` *)
DSCN3576_2017061522503692b.jpg
土浦城の裏門にあたる搦手門(からめてもん) 万が一の時に逃げる為の門として設置されていたそうです。
門自体は残っていません。
場所は「鈴文」さんという仏具屋さん脇。
DSCN3575_201706152308016c5.jpg
お近づきの印に、自宅の御仏壇用の御線香を1箱奮発。
蓮の香りの優しい御線香を。
DSCN3600.jpg
お部屋用のお香も販売しています。癒される香りがいっぱい(* ´ ▽ ` *)
また寄らせていただきます

鈴文さんからトントン拍子で中城不動院にやってきて、スタンプGET!
この日は御開帳でした。
DSCN3573_20170615225035ba6.jpg
中城不動院についても過去記事で書かせていただいておりますので合わせて見ていただけたら幸いです。
http://mitoaoi.blog50.fc2.com/blog-entry-2617.html
紙芝居とか昔遊びとか、ここではプチイベントが行われていました。
キララちゃんも遊びに来ていて、なんだか縁日のように楽しそう!
でも時間が

・・・なんて言いつつ喫茶蔵でしっかりお茶など
何しろ昼食をとっていなかったのです(´∀`*;)ゞ
パンケーキ+アイスコーヒーで、お茶も兼ねた遅いランチをすることにしました。
DSCN3583.jpg
つちまるも一緒♪
スフレパンケーキが軽くてふわふわしていて美味しかった☆
これなら遅くても夕食に障らない!
DSCN3584.jpg
疲れている時は甘いものが一番

すっかりリフレッシュして、最後のポイントを廻ります。
モール505の入り口、キララまつりの本部が置かれるところ。
土浦城へ物資が運ばれる際は必ずここを通っていました。
DSCN3591_201706152250379c2.jpg
今でこそ、ショッピング街の歩道ならびに車道となっていますが昭和50年代初期頃までは川だったのです。
昔の土浦が水路に囲まれた城下町だということは既に書いていますが、それゆえ一番の難は水害でした
大雨が降る度川の水が氾濫し、住民を苦しめていた為いくつかは埋め立てられて道路となりこの川口川も埋め立てられて道路になって、その姿を消しました。

様々な歴史と由来を知れば歩くのもまた楽し♪
これまで通過していた箇所も、今度は違った視点で歩くことができそうです
IMG_20170614_0002.jpg
知れば知るほど興味深いスポットが、次々に出てきました!
中には日を改めて再度訪問し、今度はよく見学してみよう!という場所も。
コース内でありつつもスタンプラリー対象外だったスポットも興味を持ったところがいくつかありました。

う~ん、また土浦に来る楽しみが増えちゃったな

というわけで、ついにゴール
12か所制覇のパーフェクト認定証をいただきました
IMG_20170611_0002.jpg

とても勉強にもなったし土浦という街に対する興味と愛着を強めた今回のイベント。
大変面白かったです
機会あれば次回もまた挑戦したいですな(*´∀`人 ♪

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
スポンサーサイト
 [ 2017/06/15 23:43 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~参の巻~

そろそろ疲れてきた(オイッ)スマホdeスタンプラリーのレポートですが、頑張って書きます
ここまで廻りました(/∀\*)
IMG_20170611_0003.jpg
亀城公園周辺はスポットが集中しているのでとても廻りやすいです。まだ搦手門(からめてもん)と中城不動尊がありますがこちらは後回しにしまして
郁文館を出発し、次に向かったのは等覚寺でした
DSCN3557.jpg
戦になった時に兵士が待機する場所だったそうです。
国指定文化財の有名な鐘があるということで名前は知っていました。
DSCN3562.jpg

”常陸三古鐘”のうちの一つに挙げられている鐘です。
DSCN3561.jpg
”極楽寺鐘”という別名を持つ銅鐘。極楽寺というのは、このお寺の前身だそうです。
元々は旧新治の藤沢というところにあり、その後別な場所に移されましたが慶長10年(1605年)に当時の土浦城主・松平信吉の命により現在の場所に移されて再建、寺号もその時に等覚寺(とうがくじ)と改めたと言われています。
銅鐘は八田知家(小田家城主)の寄進だそうです。

このお寺にはもう一つ、市指定の文化財である鐘楼があるそうなのですがどこにあったんだろ←(つまり、観てない) 
お寺の本殿前にある紅葉や松が立派でした。紅葉シーズンに訪れたらさぞ美しいでしょう。。。
DSCN3563_20170614204546a46.jpg

DSCN3558.jpg
時間はあまりありませんので、ゆっくりしていられません。
見学もそこそこに先のスポットへ急ぎます。近辺には沼尻墨僊の御墓がある花蔵院に瑠璃光殿を持つ東光寺など、立ち止まって散策したい歴史的スポットがありましたが今回はスルーです。いづれきっと

等覚寺から次のスポット、南門跡はすぐ目と鼻の先です
DSCN3567.jpg
場所は土浦高架道路下の大通りに面した所。毎年10月の花火大会の際は行列になって歩くたくさんの人が通る道です。
今でこそ道路ですが、土浦城在りし頃は水路でした
IMG_20170614_0001.jpg
この南門前に”簀子橋(すのこばし)”という橋が架かり、向こう岸にある”枡形”に続いていたそうです。
枡形は、土浦城の防御の為に置かれた施設。枡形があった場所は丁度、現在ファミリーマートになっています。
DSCN3568.jpg
勿論、今はその面影もありません
ほとんど残されていない土浦城の”遺構”を発見し、それを人様に教えることが出来るって凄い!
純粋な気持ちで尊敬します、土浦市文化財愛護の会の先生方

その土地に秘められた歴史を次々に紐解きながら歩けば、街歩きもまた楽しいものです。
”ここ、これまで通っていたはず。今まで気にせず通過していたわ
というところがいくつもありました。

南門跡を出発し、道路を渡って直進し次なるスポットへ。
出発点からおそらく、一番距離の離れた「銭亀橋」にやってきました。
DSCN3569_20170614215925354.jpg

ここも絶対、花火の時に通っているはずの場所です。
将軍家より、特別許可が出た橋だそうです。
DSCN3571.jpg
ちなみに現在の銭亀橋は、水路工事の際造られたもの。
工事以前の橋があった場所には碑が建てられていました。
DSCN3570_2017061421592673e.jpg
土浦城は、城下の水路を利用して防御設備が造られたようですね。
どちらかといえば、攻めよりも守りに徹したお城だったことが伺えます
城下を囲んでいた水路を武器に守りを固め、その中で武士や庶民が平和に日常を送っていたかもしれません。
賑わいと活気に満ちた、”小江戸・土浦”の光景が脳裏に浮かぶような気がしました。
IMG_20170611_0004_20170614232145b44.jpg

さあ、スタンプ残りあとわずか!
まだまだ歩きます

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/14 23:28 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~弐の巻~

スマホdeスタンプラリー記事、続きです。
残りまだ11か所、果たして次はどこをどう廻ろうか。。。というのが最大の悩みでした。
IMG_20170611_0001-2.jpg
とりあえず、北部から攻めることにします。
鷲神社の次は⑪の「北門跡」を目指すことにしました。土浦城北門があったとされる場所です。
DSCN3534_20170613210131464.jpg

北門は現在、残っていません。
DSCN3535_20170613210133c4c.jpg
周囲は住宅が立ち並び当時の面影すら残っていません(っω・`。)
ちなみにこちらが土浦城在りし日当時の様子↓
DSCN3536.jpg
文化財愛護の会のボランティアスタッフさんに見せて頂きました( ^ω^ )
写真撮影も特別許可をいただきました

北門から現在の新川沿い~立田町一体、亀城公園の北部一帯は土浦城の土塁があったそうです。
でも現在は僅かにその形跡を残すのみ。
DSCN3537.jpg
町の公民館のようなものがあり、その駐車場にそれは残っていました。
これが土塁の欠片
DSCN3538.jpg

「馬だし」をぐぐってみたところ、
【① 直線の馬場で、馬を乗り出す所。
② 城郭の虎口(こぐち=中世以降の城郭における出入り口のこと)の前に設けた防御施設。開口部を城側に向けたコの字形または C 字形の塁壁で囲んだ小曲輪(くるわ)。】

こう説明されていました。土浦城の馬だしは丁度、コの字形にした規模の大きなものであったそうですからおそらく②の方ですね。
残念ながら現在、その名残はありません

土浦城は石垣を持たない城だったそうです。城の廻りを土塁で囲いその周辺は川に囲まれていました。それらはほとんどが埋め立てられ、道路になっています。新川と桜川だけが、城在りし日を知る貴重な存在。いづれも現代では桜の名所です
”さあ、次は藩校・郁文館だ!”と思い、時計を見ると丁度12時!亀城公園櫓で「刻の太鼓」が鳴る時刻です。
公園そばまでくると、太鼓の音が聞こえてきました。予定を変更し、つい速足で亀城公園へ
DSCN3544_2017061221102333b.jpg
太鼓の音を聴きながらもスタンプGETを忘れない( ^ω^ )
DSCN3552.jpg

亀城公園近辺にもスタンプラリースポットがいくつかありました。
お城の中心だった場所だけあって、一番集めやすい場所ですp(*^-^*)q
公園を出て裏に廻り、小学校裏手にあるスポット=大手門跡で。
DSCN3552.jpg

こちらも門は残っていません。碑だけが立つのみです。
DSCN3554_20170613224717a48.jpg

さらに、大手門跡から郁文館へ向かいスタンプをGETしました。
郁文館に関しましては以前、記事に書いておりますのでそちらを見ていただくとしまして^^;
説明は省略いたします
郁文館、大手門に関する記事

これで6つ手に入れました全クリアまで丁度半分です。
さあ、まだまだ歩くぞ
暫く、お堅い記事が続きます。今しばらく我慢してくださいね
DSCN3551.jpg
土浦小学校にてここでもかぁ~っ!(笑)

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/13 23:21 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

軍記(?)スマホdeスタンプラリー土浦城を攻略せよ~壱の巻~

フェイスブックや市のHPで情報を知ってから、とても面白そうなイベントだと興味を持ち”絶対、参戦だ!”と心に決めていた企画。
「スマホdeスタンプラリー 土浦城を攻略せよ」にトライしました
FB_IMG_1494510409341.jpg
文字通り、土浦城とそれに関連した史跡(土塁跡とか大手門跡など)を巡りスタンプを集めて商品をGETするというもの。
対象となるポイントには全て、このようなバーコード付きの案内板がついています。
DSCN3533_2017061221102239c.jpg
歴史が苦手な人やお子さんでも理解できるように、つちまるが易しく解説してくれています
「ポイントコード」と書かれた囲みの中にバーコードがあり、これをスマホのバーコードリーダーで読み取ってスタンプGET!
そして次のポイントヘ。。。と、この繰り返し。

DSCN3544_2017061221102333b.jpg
最低ノルマは5か所、12か所廻れば賞品の他にパーフェクト認定証がもらえるのです
土浦の歴史を勉強することもできるし、運動不足の解消も図れるし

これが今回のコース図です↓
IMG_20170611_0001.jpg
見ると、土浦城址の規模は駅から約2km範囲内だったようですね
全部歩くのは結構ハードかもね
5か所廻ればギブアップ権があるけれど、せっかくだからパーフェクト狙いたい
目指せ、12か所クリア

というわけで、いざ出発
スタート地点となるウララ広場を後にしてまず初めに向かったのは。。。
ココ↓
DSCN3526_20170612204152540.jpg
DSCN3527_20170612204154d5a.jpg
鷲神社にやってきました

土浦の古い集落、東崎(とうざき)の氏神様です。祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)という農業の神様。
DSCN3529.jpg
旧暦の正月に行われていた「じゃかもこじゃん」というお祭りが有名で、お祭りの当日にふるまわれる名物のみそおでんを参詣者が食べると風邪をひかないと言われているそうです。このお祭りはつい近年まで行われていたそうですが関係者の高齢化と後継者問題等により、おととし2015年(平成27年)に行われるはずだったお祭りが取りやめとなり、以後行われていません

このお祭り、過去にも1度途絶えたことがあるそうです。戦後の食糧難からでしたが昭和53年に復活したということです。
今回もいつか復活するのかな。。。
DSCN3532.jpg
スタンプラリー開始の初めての神社だから、旅の安全を祈願して行きます。
事故もなく無事に12か所制覇できますように。。。

時間が限られている為、あまり踏み込んだ散策は出来ませんでしたが知らざる”土浦のお祭り”を知ることが出来ました。
DSCN3528_20170612204154320.jpg
ちなみに土浦市内には同名の神社が別な場所にあります。毎年8月15日夜に行われる”からかさ万灯”と呼ばれる行事が有名な神社です。こちらもいつか見てみたい。。。って、脱線しましたf(^-^;)

戦はまだ始まったばかり。。。道は長いです。
というわけで、歩行再開
今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/12 23:13 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(0)

新大関誕生の地=土浦で遊びました!

本日、水戸市出身で明治時代の大横綱・常陸山の石像前で横綱・稀勢の里関の土俵入りがお披露目されました。
あいにく用事があり足を運ぶことは出来ませんでしたがTVでその様子をしっかりと拝見させていただきました
本日、太刀持ちを勤めたのは土浦出身の高安関。先日、大関に昇格した彼にとっては最後の太刀持ちですね

土浦駅前周辺では、庁舎ビルを中心に彼の大関出世を祝う懸垂幕や横断幕、幟等が立てられています。
DSCN3515_2017061122525517d.jpg
平成生まれ初、そして土浦出身の力士がここまで出世したのも初とあり街を挙げて盛大に祝福している様子がありありと実感できました
それにしても、下から見上げると凄い迫力

DSCN3516_201706112252561c0.jpg

つちまるも一緒に♪
DSCN3518_20170611225258566.jpg

街中でもこんな感じです
DSCN3525.jpg

DSCN3582.jpg
↑こんなサービスを行っているお店が多かったです

DSCN3589_201706112257256c7.jpg
是非とも強い大関となり。横綱となった同部屋の兄弟子、稀勢の里関とともに茨城を盛り上げて欲しいですね
2人が優勝争いで千秋楽の土俵に立つ日が来ると面白いな、と思っています。

皆さんも御存じのように水戸を訪れる2日前(6月9日)は、高安関が大関昇進の報告のため市役所を表敬訪問し庁舎脇のイベントスペース「ウララ広場」で市長をはじめ土浦市民の大勢の方の歓迎を受けていました

高安関を迎えた翌日のウララ広場では、「第6回ボランティアまつり」が開催されていました。
DSCN3521_2017061122525289b.jpg
市内で活躍している数組のボランティア団体さんによる模擬店や、楽器演奏やダンス等のステージイベントが行われ楽しく賑わっていました。
2日続けてお祭り騒ぎなウララ広場となったのですね
DSCN3523_20170611231900c1e.jpg

DSCN3522_20170611225254b4f.jpg

中城通りにある「まちかど蔵」(大徳)では18日(日)まで報道写真展が開催されています
DSCN3588.jpg

次の場所は来月、名古屋。新大関となり、力は勿論人間的にも大きく成長しているであろう高安関の土俵が楽しみです。
くれぐれも怪我で泣くことにならなければという不安もあり、”1日も早く横綱に!”という期待もあり。
いづれも本心です。

さて、この日はもう一つのイベントが行われていました。
FB_IMG_1494510409341.jpg
土浦市文化財愛護の会発足40周年記念のイベント、「スマホdeスタンプラリー 土浦城を攻略せよ!」。
私も参戦しました
というわけで、このお話を次回にて

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2017/06/11 23:30 ]  土浦市 | TB(0) | コメント(2)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-