FC2ブログ

2018年の漢字

2018年終了まで、あと数日間となりました。何かにつけ「平成最後の○○○」と言われてきた今年1年を表す漢字1文字が本日、発表されましたね

2018年(平成30年)の漢字はなんと、
「災」!!
DSCN2988_20181212230859d05.jpg

確かに、災害が多い年でした
西日本豪雨や北海道大地震、そして地獄のような猛暑だった今年の夏。。。
台風も例年よりも多くしかも、非常に強い勢力のものが何度も日本列島を襲いましたね

まさしく2018年は災害の当たり年!!
被災された方々、あらためてお見舞い申し上げます。そして、この災害で尊い命を奪われた方におきましては心よりお悔やみ申し上げるとともに御冥福をお祈り申し上げます
_20161008_135856_20181212230856f45.jpg

災害ばかりでなく、災難=事故も多く発生しました。工場の爆発事故や今でも強烈に印象に残る土浦全国花火競技大会で発生した、花火の事故による前代未聞の大会中止
軽傷とはいえ10名の負傷者を出してしまいました。
DSCN4388_20181212230900bc4.jpg
まさかの大会中止が。。。
※画像は別な花火会場のものです。

地球温暖化問題が深刻になりつつあります。ここ数年災害が多いことと無関係ではなさそうです。
このままいけばその影響で災害(天災)は来年以降も起りうるとみてよいでしょうね。
突然発生する自然災害は人の力では防ぎようがありませんが、心がけ次第で最小限に食い止められる可能性はあるかもしれません。世界中でこの問題に本気で取り組む必要があるのではないでしょうか?
地球上の限られた資源を当たり前のように使うのではなく、”使わせていただいている”という気持ちで資源の無駄遣いを減らす。。。私を含めて1人1人がこのような心がけを持つことで、少しも災害を防ぐことができるかもしれないな、と思うのは私だけでしょうか。

犠牲者のことを考えると決して、「災害が教訓になった」とは言いたくありませんが災害は私達にそういったことを教えているのかもしれません。

願わくば。。。
災害の年はこの2018年で最後にしていただきたいものです。勿論、災難についても。
DSC_0916.jpg
残り20日をきりましたがせめて最後くらいは平和に年越しが出来ますように

本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト
 [ 2018/12/12 23:38 ]  今日のニュースより | TB(0) | CM(-)

無念!!茨城県北ジオパーク認定取り消し

今日、一番のショッキングニュース
とても残念で仕方がありません。
IMG_20171223_082230.jpg
2017年12月23日付 読売新聞朝刊より

茨城県北エリアで認定を受けていた「茨城県北ジオパーク」が、「拠点施設が不十分」「関係者の連携不足」等の理由により取り消しとなりました。さらに新聞によりますと、「ネットワークとして共有できる基本計画と実施計画がない」という指摘も受けたそうです。

このニュースに関するネットの書き込み欄を見ると”そもそも、ジオパークって何?”と疑問を持たれる人が多かったようです。取り消しを受けた県北地域に在住する方の中にも、ジオパーク認定ということすら知らなかった方も多いかもしれません。
わが県の”宣伝不足”や”PR下手”、そして地域の人たちの関心度の低さが災いした結果かどうかは何とも言えませんが。
正直、ジオパークに関しては”水面下”といったイメージでいつの間にそのような認定を受けたの?という気はしないでもありませんでした。茨城県全域に行き渡っていた事実とは言い難かった気もしますし。

だからといって、このような理由で1度認定を受けたものが取り消しというのは個人的に”あんまりじゃん?”と思う私

魅力度最下位連続記録にさらに認定取り消し・・・どこまで国に虐められるのか茨城県?!

「チェンジ茨城!」を大きな公約に新知事となった大井川氏、果たしてどう出る?

参考までに。。。
ジオパークとは?について(日本ジオパークHP内)→http://www.geopark.jp/about/


今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

稀勢の里に続け~新大関・高安誕生!!

既に皆さんも御存じのとおり、土浦出身の力士・高安関が本日晴れて大関となりました
TVのニュース番組で伝達式の模様をご覧になられた方も、たくさんいらっしゃることでしょう
DSC_0773_201705312301056e2.jpg
「大関の名に恥じないよう、正々堂々と精進いたします!」
と、はっきりと口上をする姿にその場に居合わせた彼の両親が涙する光景が印象的でしたね
彼の出身地である土浦市でも大フィーバー!!土浦駅や庁舎ビルには懸垂幕や横断幕が掲げられました。

来場所の名古屋場所(7月)が、大関としての初土俵。
今後の意気込みについても堂々とインタビューで語っていた姿に、応援していた誰もが安心したことでしょう。
彼がこれから目指すのはまず、本場所での優勝かな
DSC_0772_20170531230103310.jpg
花火、レンコンに続く”土浦の日本一”、つまり横綱目指して精進して欲しいと願うのは彼を応援する人ならば誰もが同じ思いかと思いますが、私個人的には「怪我をせず、丈夫で長持ち」(←決して、”大関のままでいろ”という意味ではありません)して欲しいかな、と。
それと、取り組む相手により肝心なところで引いてしまう悪い癖が出てしまう為(先場所日馬富士戦後の取り組みのように)、それを改善して欲しいかな、と

何はともあれ、おめでとう高安関!!
DSCN8711.jpg
↑2015年8月、土浦キララまつり会場にて

DSC_0774.jpg
同部屋で兄弟子の横綱、稀勢の里関と一緒に茨城県を盛り上げてください

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

第72代横綱・稀勢の里誕生!

茨城県民が、特に牛久市・龍ヶ崎市の市民の誰もが待ち望んでいたこの時がついにやってきました!
既に皆さんもご存じのとおり、茨城県牛久市出身の大関・稀勢の里関がついにやってくれました
無題
初場所を14勝1敗の好成績で優勝を果たし、昨年は年間最多勝を達成。
悲願の初優勝を果たした彼には、さらに素晴らしいプレゼントが待っていました。「横綱昇進」という名のプレゼントが

本日25日は、横綱昇進の伝達式が行われ晴れて”横綱”です。
DSC_0457_20170125224404761.jpg
第72代横綱、誕生の瞬間・・・。
日本人横綱としては19年ぶり、茨城県出身力士としては81年ぶりの3人目。
長かった。。。本当に、長かった。。。
おめでとう稀勢の里関☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
DSC_0458_201701252244060f2.jpg
気になる口上は「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」でした。
気持ちの表れを素直に表現した、彼らしい口上。どんな立派な四字熟語よりも勝ると思います。
ようやく、日本人力士の誕生。。。しかもそれは茨城県出身の力士!最高だ(」*´∇`)」

モンゴル人横綱が続く中、そろそろ日本人力士に綱を締めてもらいたいと思っていたここ数年。それを果たすのは是非とも、稀勢の里関であって欲しい・・・その願いどおりになりこれ以上嬉しいことはありません。

でも、彼の勝負はこれからだと思います。
相撲界の頂点に立った以上、これからは優勝するのが当たり前。これまで以上に気を引き締め、1番1番を大切にして勝ち星を増やしていかなければなりません。
「やっぱり、横綱にするのは早過ぎたのでは?」、「なかなか優勝出来ない、弱小横綱」なんて言われるようでは困ります。
「人間的にも成長して、尊敬されるような横綱になりたい」と記者会見で語っていた稀勢の里関。
彼の言葉を信じ、県民としてこれからも応援していきたいと思います。


今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村

おめでとう稀勢の里関\(^o^)/

やりました!
ついに、悲願達成ですo(≧ω≦)o
DSC_0429.jpg
大関・稀勢の里が千秋楽前日の今日、念願の初優勝を達成いたしました
彼を応援する誰もが皆、この日が来ることを待ち望んでいたことでしょう。。。
彼を育てた故・鳴門親方(元横綱隆の里)もきっと、天国から彼の優勝を喜んでいるに違いありません
私もこのニュースをブログで記事に書ける日をどんなに待っていたことか^^。

まだ千秋楽の横綱・白鵬関との対戦が残っていますが、気を緩めず最後まで勝ち星を落とさないで欲しいと思います
最終日も勝って、晴れの優勝杯を抱きしめてもらいたいです。
DSC_0427.jpg
現役の大関で唯一、優勝経験のなかった稀勢の里関。
優勝まであと一歩、というところまで辿り着いても優勝杯にあと一歩てが届かず・・・というのがこれまでの軌跡でした。
ライバルの大関が次々と優勝するのを見て、彼自身も焦りを何度も感じていたことでしょう。
思えば彼ほどたくさんの相撲ファンや著名人に注目を集め、期待をかけられた力士が他にいたでしょうか。。。

不戦勝1回、2横綱の途中休場、と今場所は稀勢の里関にとってラッキーな(と言ったら聞こえは悪いですが)出来事も手伝い、優勝するにあたっての条件は揃っていたとも言えますがそれでも、そのチャンスを無駄にせずによく頑張りました
危ない内容の取り組みもなくはありませんでしたが、良い結果を残すことができた彼に拍手を送ります(*´∀`人 ♪

ここまできたら、次狙うのはもう横綱しかありません。今回の優勝で決して浮かれることなく前に進み、横綱昇進を実現してもらいたいです。”久しぶりの日本人横綱”は、是非とも彼になってもらいたい。。。

頑張れ、稀勢の里!!

ところで年明け早々の鹿島アントラーズ天覧試合制覇といい、稀勢の里の初優勝といい、茨城県も祝賀モードになってきましたねo(^▽^)o県民としては喜ばしい傾向です。

今日も御閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー