FC2ブログ

令和元年常陸國総社宮例大祭神幸祭<第二部:御霊御鎮座そして例大祭>

今日は石岡まつり最終日。あいにく雨となりましたが総社宮の神様が御仮殿を御発ちになり、総社宮本殿にお帰りになる頃には雨も降り止み、お祭りも無事終了したとのことで良かった良かった
DSCN7408_2019091622182064c.jpg
富田のささら、移動中。
古い木造住宅を背景に1枚

年番町の引き継ぎも行われたはず。
國分町の後を受け、これから来年の石岡まつり最終日まで年番町としてのお務めを果たされることになる中町の皆さんにも頑張っていただきたいと思います
DSCN7458_20190916221819d04.jpg
2020年の年番町・中町
山車の上の人形は「日本武尊」、市指定有形民俗文化財です。
ちなみに今年の年番を務められた國分町の石岡囃子は県指定無形民俗文化財なんですって
DSCN7459_201909162224521c5.jpg

DSCN7454_2019091622245006a.jpg
お祭りの際、街中を練り歩く山車や獅子頭は大体、県や市指定の民俗文化財になってるものが多いです。
やはり、”関東三大祭”と呼ばれるだけあります。

さて初日の神幸祭にフラッシュバックしますが、常陸國総社宮の御霊を乗せた神輿が今、御仮殿の鳥居をくぐりました。
DSCN7425_2019091622182283e.jpg
先に到着した宮司さんや禰宜さん、神職他関係者の方々に見守られ御仮殿へ進んでいく神輿。
人がたくさん集まっている中、通路は狭いし重そうだし見るからに大変そう
DSCN7429.jpg
こっちこっち!
ほらもっと前、前!!
等とあちこちで叫ぶ声。

DSCN7430_20190916221825176.jpg

DSCN7431_20190916221826098.jpg

DSCN7433_20190916223706cf4.jpg

DSCN7435_20190916223707f87.jpg
あともう少し、頑張って~!!

氏子さん達の苦労により無事、御仮殿に収まることができました
この後、鎮座式が取り行われそれが終了後に一般参拝開始。
DSCN7452_20190916223709c3f.jpg

年番町以外の町の山車や幌獅子が次々に、御仮殿を訪れます。
若松町の幌獅子が突如、乱入
DSCN7460_20190916224137bf4.jpg
元気がいいねえ

それにしても、いつ参拝できるんだろう・・・
行列、半端ねえっ
DSCN7461_2019091622413885e.jpg

30分は待ってたでしょうか。
やっと参拝することができました
DSCN7464_20190916224142e48.jpg
総社宮からの御移動、お疲れさまでした。
最終日の還幸祭まで、ごゆるりと過ごされてください!
手作りの庭園が、なかなか良い感じ
DSCN7462_201909162241404ce.jpg
おもてなし体制、バッチリですね

神様が御鎮座されたところで、各町の山車や幌獅子が御仮殿目指して次々に訪れます。
DSCN7466.jpg

DSCN7470.jpg

DSCN7471_201909162250583ef.jpg

DSCN7473_2019091622505963b.jpg

DSCN7475_20190916225101748.jpg

DSCN7478_2019091622510244e.jpg
御仮殿を前にして、年番町とのお囃子合戦。その活気と熱気は尽きることなく続いていました。
陽が沈み、夜の帳が落ちた後もずっと・・・。
DSCN7492_2019091622531539b.jpg

DSCN7493.jpg

DSCN7500_201909162253180af.jpg

この時刻になれば、御仮殿の参拝の方も少しは落ち着いたのかな?と出直してみたところ。。。
とんでもない
DSCN7503_2019091622531901d.jpg

参拝を待つ行列は、夜になっても途切れることなく続いていました。
人工庭園の夜の光景がなかなか良い雰囲気出していましたので
DSCN7504_2019091622532139b.jpg

石岡まつりは夜が本番!!
昼間以上に熱いです。バテてる場合じゃないぞ、とつい私も気合が入ります(笑)
お祭りの熱気を少しでも、石岡まつりをご覧になられていない方にも味わっていただきたいと思います。
画像のみ掲載とさせていただきますが、その熱気が皆さんにも届きますように
DSCN7507_20190916230148b3d.jpg

DSCN7510_20190916230149e62.jpg

DSCN7511.jpg

DSCN7516_20190916230152e0e.jpg

DSCN7518_20190916230154716.jpg

DSCN7532_2019091623085088d.jpg

DSCN7531_201909162308482d8.jpg

DSCN7527_20190916230846e57.jpg

DSCN7542_20190916231120f9a.jpg

DSCN7545_20190916231121ecb.jpg

DSCN7547_20190916231123f8e.jpg

DSCN7554_20190916231124777.jpg
駅前もまた、熱気でいっぱい!!
誰もがこの3日間を待っていた!という気持ちがありありと伝わります。
そして、その元気をもらおうと毎年見物にくる観光客。。。
石岡まつり=常陸国総社宮例大祭こそ、石岡市の最高の文化財かもしれません

やっぱりお祭りって、いいなあ。。。ヾ(o´∀`o)ノ
令和になっても石岡まつり、大好きです!

DSCN7556_20190916231126542.jpg
タロー、今年もまたお祭りだね。
リアル・タロー(?~1981年)も、このお祭りを見てたのかな

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
スポンサーサイト



 [ 2019/09/16 23:22 ]  石岡市 | TB(-) | CM(-)

令和元年常陸國総社宮例大祭神幸祭<第一部:供奉行列巡行>

令和元年という記念すべき年に開催される常陸國総社宮例大祭、要は石岡まつりですがあえて仰々しく正式名称で
9月14日を初日に16日まで、例年通り3日間石岡駅前のメイン通りで開催されています。
DSCN7543_201909152101265fc.jpg
今年の年番町・國分町

昨年は最終日・還幸祭のレポートをさせていただきました。
今年は初日・神幸祭の模様をレポートを書かせて頂きたいと思います。画像が大変、多くなりますのでさらっと見ていただけたら幸いです。
尚、画像掲載は見た順番通りとは限りませんので何卒ご了承ください
DSCN7317_20190915210128753.jpg
到着して早々に中町(画像左)と若松町(画像右)のお囃子合戦に直面(」*´∇`)」

DSCN7318_20190915210129b19.jpg

DSCN7319_20190915210130828.jpg

初日・中日(こちらは足を運んでないけれど)と心配していた天候の方も傘をさすことなく無事終了。
最終日16日も、最後まで天候が崩れずにあってほしいです
いやいや、きっと”お祭り大好き人間”が集まった石岡市民パワーできっと雨雲も台風も吹き飛ばしてくれることでしょう
DSCN7393.jpg

さて、石岡まつりの会場に到着したらまずすることがあります。
地酒堪能。。。(=゜∀゜=)ウヒヒヒ・。。。。
じゃなくて!
御仮殿の場所の確認と総社宮の参拝です。

足早に常陸國総社宮にやってくると、境内では既に露払い神事が行われていたところでした。
人だかりが物凄く、神輿が出発するまではとても中に入れない入ったとしても、とてもささらや獅子舞を見ることは不可能。。。
というわけで今回は、供奉行列が鳥居の外から出てくるところを待ち伏せすることにします。
今か、今かと待ちかまえていると合図の花火
少しして、行列を先導する神職に誘導され”富田のささら”を先頭に供奉行列が順次、鳥居をくぐっていきます。
DSCN7330_201909152101330b7.jpg

DSCN7331.jpg

DSCN7333.jpg

DSCN7336_20190915212211e98.jpg

DSCN7338.jpg

DSCN7342.jpg

さあ、ついに神輿登場!
DSCN7344_201909152122140d3.jpg

常陸國総社宮の神様の御霊(分霊)がお座りになられているであろう神輿を担ぐ氏子の方々。。。
御仮殿まで無事にお届けしなければならないという任務を与えられているのですね。
DSCN7345.jpg

DSCN7347_20190915214525093.jpg

DSCN7349_20190915214526e75.jpg
これから街中を巡回して御仮殿へ向かいます。
頑張って~!!

供奉行列が出発すると、総社宮裏にある小学校の校庭で待機していた幌獅子隊も順次出発!
DSCN7357_20190915214527d4d.jpg

DSCN7360_20190915214528892.jpg

神様の御霊を乗せた神輿やそれを先導する供奉行列を道中で迎える為、一斉にお囃子が行われます。
DSCN7370_20190915215234a41.jpg

DSCN7374_20190915215723228.jpg

DSCN7375.jpg

DSCN7380_201909152157267e8.jpg

DSCN7381_20190915215727e41.jpg

DSCN7382_2019091521572982a.jpg

いい雰囲気になってきました((∩^Д^∩))
さあ、お祭りのスタートだヽ(≧∀≦)ノ!
DSCN7364_2019091521522848a.jpg

DSCN7366_2019091521523112c.jpg

DSCN7369_20190915215232366.jpg

DSCN7376_2019091521523576c.jpg

DSCN7379_20190915220145e61.jpg

石岡まつりの名物(?)、きれいどころによる”おっしゃい5連発”でした
こうして見ると、町ごとに衣装が違うから見比べてみると楽しいですね( ^ω^ )

こうしているうちに供奉行列は街中を歩き、御仮殿へ。
DSCN7391_20190915220440785.jpg

神輿もやってまいりました!((⊂(^ω^)⊃))
DSCN7395.jpg

よいしょぉっ!!
DSCN7396.jpg
重い神輿をあの高さまで持ち上げた

DSCN7398_20190915220443325.jpg

DSCN7399.jpg

DSCN7400_20190915220446c57.jpg
人ごみを掻き分け、目指すは御仮殿。
さあ、あともう少しだガンバロー!!

神輿が行くのを見届け、私も御仮殿へ移動することにしました。
これから神輿が御仮殿に鎮座された後、鎮座の儀式や御仮殿前でのお囃子が年番町をはじめ各町ごとに行われるのですがそのお話は次の記事にて
DSCN7405.jpg
なぜかいきなり2ショット?!
茨城県議会議員、戸井田和之氏と( ^ω^ )

本日もご訪問・ご閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/09/15 22:18 ]  石岡市 | TB(-) | CM(-)

令和初、石岡まつりが始まります!

9月14日・15日・16日と、今年も石岡の一番熱い3日間がやってきました。
令和初となる常陸國総社宮例大祭(石岡まつり)です

詳しい内容はお祭りを見なければ勿論書けませんので今回は告知という事で^^;
DSCN5791_20170922210847bb5.jpg

DSCN1947_201809202121260f7.jpg
2019年の年番町・国分町。

DSCN1945_20180920212124541.jpg

DSC_0524_20190913234224cc6.jpg
お祭り準備中(NHK「いば6」より)

尚、今年も幌獅子や山車の位置情報を入手できるシステム=位置情報配信システムが導入されるそうです。
http://www.ishioka-kankou.com/page/page000138.html
DSC_0521_20190913235415b18.jpg
石岡駅の観光案内所またはまちかど情報センターに設置されているかと思いますので、スマホやタブレットをお持ちの方は活用されてみてくださいね♪

そして、昨年同様ホテルSOSHA駐車場にて「石岡うまいもん広場」がお祭り期間中に開催されます
DSCN1919_20190913234817c18.jpg
9月14日(土)12:00~9月16日(月祝)21:30まで

DSCN1920.jpg

DSCN1921_201909132348206ec.jpg

DSCN1922_20190913234822771.jpg
ボリュームたっぷり

地酒におつまみに・・と、今年もバラエティ豊かに美味しい食べ物が並びますので山車や幌獅子を見ながらお腹も満たしましょう(^-^)/
※飲酒運転だけはしないで

既に私の中では”人生の恒例行事”となっている石岡まつり。昨年は最終日の還幸祭の訪問でしたので今年は初日(14日)の神幸祭に出没します(^^v)知らず知らず溜っている日頃のストレスを発散してまいります

では、会場でお会いしましょう

お祭りチラシや交通規制案内等は、石岡観光協会さんのHPで!
http://www.ishioka-kankou.com/page/page000138.html


追加記載(9月14日 9:35)します。
今朝の朝刊と一緒にこんなチラシが入ってきました
水戸なのに(^^;)
IMG_20190914_0001.jpg
石岡ステーションパーク(駅に連結、からくり時計がある広場です)でもやってます。
石岡まつりと同時開催のイベント、その名も「獅子舞音楽祭」♪最終日の9月16日(月祝)12:00~14:00(第一部)、16:00~17:00(第二部)開催!
お祭り、という晴れやかな行事を地酒で乾杯してみませんか?

本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/09/13 23:57 ]  石岡市 | TB(-) | CM(-)

「虹の塔」に登ってみました!

はじめに。。。台風15号により甚大な被害に遭われた、特に千葉県・鹿行地域にお住まいの方々におかれましては心より御見舞申し上げます。今なお、電気や水等のライフライン復旧の見通しがつかない地域があるということをTVのニュースで知り胸を痛めてます。せめてライフラインだけでも一刻でも早く、復旧しますように。。。

ブログ記事の方は帆引き船乗船から少しだけ時間が戻りますが。
乗船受付まで、時間はたっぷりありましたので(11:30頃受付しました)「観光物産館こいこい」にてゆっくりとランチをしたり買い物をしたり過ごしていましたが、それでもなお時間があまりましたので道路を横断した向かい側の「虹の塔」を登ってみることにしました
DSCN7145_201909122118372e4.jpg
土浦方面よりかすみがうら市経由で行方に入る際には必ず通るであろう霞ヶ浦大橋。
その霞ヶ浦大橋を渡る時には、これもまた必ず目にするであろう「虹の塔」。
テーマパーク「霞ヶ浦ふれあいランド」のシンボルタワーです
そういえばここ、登ったことなかったな、というわけで。
DSCN7152_2019091221183863f.jpg
至近距離から見上げると、なかなかの迫力だな

タワーが立つそばには、子供達が水遊びできる人工池があり遊んでいる子達がいました
DSCN7154_20190912211841066.jpg
この日は暑さ厳しい真夏日
つい出る独り言は”あ~、子どもになりてぇ
余談ですがかき氷販売も来ていました。混まずに遊べるプール、意外と穴場かも?!
いや、夏休みは結構遊びに来てたのかな?

それはよしとして、とにかく入って行きましょう♪
DSCN7153_201909122118399c9.jpg

タワーのみ、大人1人300円。チケットを入口で購入してエレベーターで最上階へ。
展望室にやってきました
DSCN7156_2019091221421005a.jpg

上から眺める行方の景色
DSCN7155_20190912211843966.jpg
緑がいっぱい
いっぽう、こちらはかすみがうら市方面。
DSCN7157.jpg

ちょっと接近して観光物産館こいこいもクローズアップ
DSCN7161_20190912214216530.jpg
つい数十分前まであそこにいたんだよね
私の愛車はどこでしょう?

「虹の塔」から見えるパノラマ風景を360°満喫。
遠くに見えるあれはもしかして。。。
DSCN7159_201909122142131f1.jpg

DSCN7160_201909122142141bb.jpg

タワーの高さは60m、とさほど高い方ではないかもしれません。でも、霞ヶ浦と田園風景、そして筑波山。
「絵になる行方」を堪能できるところが「虹の塔」の魅力かな?
DSCN7163_2019091221485822f.jpg

DSCN7164.jpg
ここから見る夕日はどんなかなあ。。。

DSCN7166_20190912214903bad.jpg

DSCN7167_20190912214904047.jpg
青空と白い雲が良く似合う。。。。
この展望は、晴天が一番素晴らしいけれど雨天や荒天の時はまた違った風景が楽しめるかな?
にわか雨の後の虹もまた、素敵だと思う。。。
そんな時にまたここに来てみたいなあ
そんなタイミングはなかなか、狙えないけどね(笑)

下りエレベーター入口の近くで見つけた絵馬。
何故、ここに?
DSCN7165_2019091221490157c.jpg
「虹の塔」が空に架かる虹にその願いを乗せて、神様に届けてくれるのかな?
皆さんのお願い事が、叶いますように

余談ですが霞ヶ浦ふれあいランド敷設の「水の科学館」は、来年春つまり令和2年3月をもちまして閉館となってしまうそうです(市のHPより→https://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page007311.html
でも「虹の塔」はその後も継続営業とのこと。

秋には食のイベント:なめがたふれあいまつり(11/9(土)・10(日)開催)もあります。
行方市を訪れた際にはぜひ、お立ち寄りください
DSCN7149_201909122214534ba.jpg

DSCN7151_20190912221455bc4.jpg
ランチタイムに食べた”豚ぱっくん”、おまけ画像でした




本日もご訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/09/12 22:37 ]  行方市 | TB(-) | CM(-)

霞ヶ浦帆引き船~from行方玉造

非常に勢力の強い台風15号が北上中。わが茨城県も9日朝暴風となる恐れがあるそうです
現在、勢力を保ったまま進行中だそうで鉄道等も運休、運転見合わせの情報が入っています。
通勤や通学の方はくれぐれもお気をつけください

あ~、明日朝の出勤のこと考えると気が重いな
いやそれよりも明日朝起きて車が飛ばされていたり家の屋根が飛んでたらどーしよー。。。


前置きが入りましたが本日の記事を(*ノ∪`*)
土浦市・かすみがうら市・行方市の3市で現在、観光帆引き船の操業と見学船の運航が行われています
DSCN7250_20190908210106df5.jpg
明治13年(1880年)、霞ヶ浦のシラウオやワカサギの漁をする為、折本良平という人により考案された帆引き網漁用の船。
風力を利用したその操業方法は、凧(言うまでもなくお正月に上げるやつ)の力学に似ていると言われているそうです。
昭和42年(1967年)まで実際に漁で使用され、今では観光用の運行となりましたが平成30年(2018年)に国指定選択無形民俗文化財に認定されました
来る9月15日は、土浦・かすみがうら市・行方市の「3市合同操業」が行われるみたいですよ
観光帆引き船3市一斉操業(観光いばらきHP内)

その1週間前に先取りする格好で、去る9月7日の土曜日に乗ってきました
先日の土曜日は天気も良く、舟遊び(?)をするにはもってこいの天候。
”ならば観光帆引き船だ!”ということで
行方市の観光帆引き船は初めてでしたので選びました。

いざ出発!
DSCN7170_20190908210100c87.jpg

霞ヶ浦大橋、行ってきまぁす(^-^)/~
DSCN7177_201909082101028df.jpg
波しぶきをあげ、見学船がスピードをあげて走行
湖面から吹く風がとても気持ちいい~

あっという間に操業場にやってきました。
帆引き船準備中。
DSCN7179_20190908210103950.jpg

DSCN7181_20190908210104c2e.jpg

帆柱が上がりました
DSCN7184_201909082129144ca.jpg
帆柱は孟宗竹だそうです。その太さ45cmくらいだとか。
帆や船を支える重要な役目。
作業は着々と進んでいる様子。
DSCN7194_20190908212916dd6.jpg

DSCN7203_201909082129177a7.jpg

DSCN7210_201909082129196f9.jpg

DSCN7214_20190908212920e80.jpg
お見事

陸を離れる際は風もほとんどなく、”帆引き船、大丈夫かなあ。。。”と心配していましたが帆引き船のそばまで来ると風も良い感じに吹いてくれ、要らない心配だったようです。良かった

見学船を操縦された方が、帆引き船が出来るだけカッコ良くカメラに収まるような位置をぐるぐる巡回してくださったおかげでたくさん、写真が撮れました((∩^Д^∩))
帆引き船の様々なスタイルをご覧いただけたら幸いです
DSCN7227_2019090821380236d.jpg

DSCN7228_20190908213804035.jpg

DSCN7230_20190908213805e24.jpg

DSCN7243_20190908213806460.jpg

DSCN7262_20190908213808c99.jpg

DSCN7265_20190908214424314.jpg

DSCN7268_201909082144250ad.jpg
やっぱり帆引き船の背景には筑波山が良く似合う( ^ω^ )

DSCN7284_20190908214427b3e.jpg
陸の上からでは絶対に楽しめない、湖面からならではのいろいろなショット☆
帆引き船と一緒に、風になれた気がしました(* ´ ▽ ` *)
充実の約40分間。

さあ、もうお別れです(つД`)ノ
これにて、道の駅たまつくりへ帰ります。
DSCN7285_20190908214428cd0.jpg
帆引き船が遠のいていく。。。
またいつか

波しぶきをあげ、帰路へ。
DSCN7287_20190908214430fad.jpg

明治・大正・昭和・平成そして令和、と5つの時代をずっと生き続けてきた帆引き船。
霞ヶ浦沿岸に残る伝統技術は、業務用から観光用へとスタイルを変えてもなお地域に息づいているのだということを実感したひとときでした
DSCN7279_20190908215453863.jpg
地域の人、茨城県の人が忘れない限り帆引き船はいつまでも。。。

本日も御訪問・御閲覧誠にありがとうございました!
 [ 2019/09/08 21:57 ]  行方市 | TB(-) | CM(-)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
魅力度最下位、それが魅力!

私事ですが2019.9.21より暫く更新をお休みさせていただきます。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー