ふるさと歴史館と梅

日にちは少々、遡りまして。
常陸国総社宮へ向かう際、石岡陣屋門をちょっと過ぎた時にこの看板が目に留まりまして。
DSCN8024_20180223222831413.jpg
現在、ふるさと歴史館(石岡小学校敷地内)にて企画展「むかしむかしの物語~石岡の昔ばなしの世界」が開催されています。
(~4/30まで 月曜日休館 10:00~16:30)
面白そうでしたので、総社宮へ行く前に立ち寄ってみることにしました
DSCN8039_2018022322283958f.jpg

皆さんの住んでいらっしゃる地域にも、昔から言い伝えられている郷土の昔話があるかと思います。
”歴史の里・石岡”にも勿論、ございます。
その昔話を訪ねる資料展示が館内で行われていました。雛人形も展示されています。
染谷地区という場所が舞台となる「子は清水」や、舟塚山の「護身地蔵のはなし」、十三塚(旧八郷町エリア)の大鼠の話etc。。。
詳しく紹介されているサイトを見つけましたので、リンクさせていただきます。
http://www.rekishinosato.com/mukasibanasi.htm
歴史館に展示されている物語はほんの一部ですが、こちらのサイトに掲載されていますのでよろしかったらご覧になられてみてくださいね

これらの物語の背景となるエピソードもちゃんとあり、それにまつわる史跡も存在しています。昔話の史跡巡りをしてみるのも面白いかもしれませんね

さて、歴史館へ向かう手前で紅白の梅が花開いているのを発見しました
DSCN8025.jpg

DSCN8026_201802232228352b5.jpg

DSCN8027_20180223222837d60.jpg

DSCN8033.jpg

DSCN8036.jpg

あれから1週間。
どこまで開花が進んだかなあ。。。
スポンサーサイト
 [ 2018/02/23 22:51 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

空港のお雛様~茨城空港にて

まちかど情報センターの情景飾り(お雛様)が、茨城空港にも飾ってあるということで、帰りに寄り道することに。
久しぶりの茨城空港ですヾ(o´∀`o)ノ
DSCN8144.jpg

あ、ほんとだ
DSCN8127_201802202010410b0.jpg
まちかど情報センターに飾られた、歴史絵巻のミニチュア版のような雛飾りがお馴染の背景で展示されていました。
しっかりと、宣伝もしています(#^.^#)
DSCN8121_201802202010405f7.jpg

空港ロビーで旅行者や空港見学者をユーモラスにお出迎え・お見送りをする重要な役割を任命され、石岡から出張してきたのですね
DSCN8115_20180220201038c4d.jpg
貴方方は選ばれた雛人形。
石岡の代表でもあり、茨城県の代表!!
空を渡ってこの茨城に来られた人達への”無言のおもてなし”、頼みましたよ
DSCN8116_20180220201040465.jpg

DSCN8117_201802202144212cb.jpg
風邪やインフルエンザ、花粉にご注意ください!

開花した梅の花香る中、人形たちの宴は真っ盛り!
楽しい酒盛は今宵も続きます。
DSCN8125_20180220214425ba0.jpg

DSCN8122.jpg

せっかくですので2F売店にも上がってみました。
亀印製菓のコーナーでは、ねばーる君が待機していました。
”看板娘”ならぬ”看板納豆”?!(笑)
DSCN8128_2018022021442778e.jpg
”呼び子やってるねばよ~!”と言ってるのかどうかは・・・^◆^;

この日の夕方、丁度韓国のイースター空港からの便が到着していました。
DSCN8131_20180220215355d8c.jpg
韓国からこの茨城へ旅行に来られたお客さん達がぞろぞろと降りてきます。
ようこそ、茨城へ\(^o^)/
DSCN8134.jpg

DSCN8135.jpg

ハッスル黄門くん、久々登場!!
DSCN8139_20180220215400d1f.jpg
ハッスル黄門くんの役目は、茨城県代表として韓国からやってきたお客さんを歓迎することです。
お迎え体制はばっちり!!
DSCN8140.jpg

さっそく1人、また1人とやってきました。観光大使の人達から歓迎の挨拶と一緒にお土産(中身は小美玉ヨーグルトと亀印のお菓子、宿泊クーポン券らしきものや観光パンフレット等です。)が手渡され、小美玉市産のいちごがふるまわれていました。
DSCN8142.jpg
「안녕하세요 (アニョハセヨ)」~!!
茨城に来てくれて、ありがとう(*´∀`人 ♪

彼らの行き先は水戸かな?それともつくばかな?
旅行者のうち1人は高速バスで東京のホテルへ宿泊されるのだとか。

茨城空港が日韓または日中友好の懸け橋となってくれるといいね。
政治がらみを抜きにして、せめて国民同士仲良くしたいものです。
DSCN8136_20180220221416171.jpg

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/22 20:19 ]  小美玉市 | TB(0) | コメント(0)

歴史絵巻~紀貫之と竹取物語

雛巡りスタンプラリー、最後に訪れたのはやはりココ。
まちかど情報センターです。
ここでしか観ることのできない、雛人形で語る古典文学の世界。。。
DSCN8082.jpg
今年も竜神山の龍が、一つの物語を持ってきてくれました。
果たしてその物語とは。。。
DSCN8073_2018021921485141f.jpg

今から千年以上、前のお話。
「土佐日記」で知られる、紀貫之が今年のテーマ。
DSCN8074.jpg
土佐の国で国司としてのお務めを果たし、その任務を終えた彼は師走のある日舟に乗って土佐を後にしました。
長年連れ添った、妻と共に。。。

DSCN8080_20180219214854391.jpg
旅の最中に夫婦の胸にこみ上げるのは、土佐での赴任中最愛の娘を亡くした哀しみ。。。その哀しみは深く、旅先で出会う美しい景色も楽しい思い出も、そして冷たい泉の水さえも感じることが出来ないほどでした。
そんな気持ちのまま、2人は昔懐かしい京の家へ。。。
DSCN8084_201802192148574fb.jpg

久しぶりに帰京した夫婦を待っていたのは、荒れ果てた家と口枯れた松の木でした。ですが、その松の一部分から新しい松の木が生えていました。その様子に彼らは再び亡き娘のことを思い出し、再び哀しみの世界へ。。。

「土佐日記」はここで終わるのですが、実は続きがありました。
私たちがよく知っている、あの物語と繋がっていきます。不思議なくらい、自然な形で。
DSCN8088_201802192202400a2.jpg

そして・・・・
DSCN8079_2018021922023837f.jpg
かぐや姫の正体は・・・?彼女は何故、この世界に降り立ったのか?
その答えは「まちかど情報センター」で明らかに?!

DSCN8098_20180219220241597.jpg

DSCN8099_201802192202424ae.jpg

DSCN8101_20180219220244532.jpg

宴の光景など、まるで生きてるみたいです
DSCN8105_20180219222415ae7.jpg

化粧直し中
DSCN8108_201802192224182d4.jpg

ここに足を運んでいただく楽しみを持っていただきたい為、当記事ではこのくらいまでにさせていただきます。
DSCN8107_201802192224163f5.jpg
誰?

そういえば、今年は「時事雛」がいないなあ・・・・。あれも楽しみにしているんだけど。
と、思っていたらいきなり視界に!!
DSCN8112_201802192224193d9.jpg
あの後ろ姿は・・・・?

学生時代に誰もが1度は習ったはずの古典文学。それらの作品をモチーフにいつも斬新なアイデアで絢爛な平安時代の世界を雛人形により3D的に綴っていく歴史絵巻は、いしおか雛巡りのメインと言ってもよいくらい素晴らしい作品です
美しさの中に、軽い御笑いも取り入れ年代や性別を問わず誰にでも楽しんでいただける設定は毎年訪れる価値十分。
県内のあちこちで今、「雛祭り」モードですが石岡にも訪れてみてくださいね

これだけの装飾をされた情報センタースタッフさん方にも拍手を送ります
毎年、お疲れ様です。そして、ありがとう

おまけの画像:大正時代のお雛様
まちかど情報センターに展示されています。合わせてご覧になられてくださいね!
DSCN8109_20180219223245c4f.jpg

DSCN8111_20180219223247bbb.jpg

【追記】
「いしおか雛巡り」ではイベントも同時開催!
今週末も雛祭りイベントが開催されます
お時間のある方はご参加してみてくださいね♪
DSCN8094_201802212138218f9.jpg

DSCN8096_2018022121382273c.jpg






今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/21 18:45 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

まち蔵藍の雛飾り

続いて向かったのは、「丁字屋」ことまち蔵藍。以前も記事に書いたことのある施設ですがあえて今回も
建物は国の登録文化財に指定されています。
江戸末期~明治初期あたりの建築と言われ、昭和4年に起きた”石岡の大火”時、唯一焼失を免れた商家建築だとか。
非常に貴重な建物です
DSCN8071_201802182206573c2.jpg
昔は染物屋でしたが現在は駄菓子や石岡まつりの祭りグッズ、御土産品等の販売と喫茶店としての営業が行われています。
そして、観光情報発信のアンテナショップとしての役割も
スタンプラリー対象施設でもあり、今回も立ち寄らせていただきました
DSCN8053.jpg

お店の中には大正~平成の雛人形が展示されています。
DSCN8054.jpg

DSCN8055_201802182206540af.jpg
見学させていただいている最中、時を知らせる柱時計の”ボーン”という音。
懐かしい!!

中も見させていただきました
DSCN8058_20180218220655da7.jpg
段飾りや女性会の人達が作った吊るし雛が展示されています。
お店の方がサービスしてくれた甘酒を飲みながら、落ち着いて拝見させていただきました。
DSCN8059_201802182215477b0.jpg

DSCN8066.jpg

あら、箪笥をそのまま利用して雛段にしてる
DSCN8068_20180218221551886.jpg
こういった工夫(?)は、2階でも見られました。
写真撮影はしませんでしたが、下駄箱の上にも雛人形が飾られていたのです。
あ、こんなところにまで
DSCN8069_201802182215535fd.jpg
当記事中6枚目の写真、段飾りと段飾りの間にあったものです。

2階の部屋にやってきました。
(※階段は狭くてかなり急ですので、上がられる際はくれぐれもご注意ください!)
DSCN8063.jpg

DSCN8062_2018021822222777a.jpg

確か昔、女中さんが寝泊まりしていたという部屋だったと聞いたことがあります。
(※お入りになる際は頭上にご注意ください!以前、TV番組撮影で俳優の佐々木蔵之助さん(2017年上期のNHK朝ドラ「ひよっこ」で主人公のみね子が働いていた洋食レストランのシェフの役を演じられてた方)が思い切り頭をぶつけていました
DSCN8064.jpg
梁の部分、まるで大木が部屋を突き抜けたみたいで何度見ても凄いなあ

2階もまた、畳の間でどことなく懐かしさ感じる家具を見ているといつしか時間を忘れ、長居してしまいたくなります。
でもそうはいきませんので、あの階段を下り2階を後にしました。

まち蔵藍さんは普段の日でも内部見学が出来ます。(店員さんにお声を一声かけてくださいね
お茶も飲めるし夏はかき氷の販売も行っています。
立ち寄ってみる価値は十分アリですね

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/20 19:57 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)

総社宮の梅と雛人形

いしおか雛巡りをするにあたり、今年も「雛巡りスタンプラリー」というものが行われています。
3か所分(まちかど情報センター・みんなのひろば・まち蔵藍)の対象施設を巡り、スタンプを集めて所定の箱(対象施設内に設置)に投函すると、抽選で石岡市の特産品がもらえるというものです。
DSC_0215_20180218205835031.jpg
今年こそ絶対!!と思い、私もチャレンジしました。恥ずかしながらこれまで1度も当たったことがないのです^^;

さて、スタンプラリーをする前にまずは常陸国総社宮に御挨拶。
節分祭以来2週間ぶり。今年に入って3度目の参拝です。
あの時賑わっていた境内も、この日は静かでした。今回は神殿に飾られた雛人形を観に来たのです。
DSCN8043_20180218205854ce9.jpg

昭和50年代のものが多いかな?いづれも市内や近隣の町の方からの寄贈品だそうです。
DSCN8044.jpg

DSCN8045.jpg

DSCN8046_20180218205859033.jpg
神殿いっぱいに飾られた雛人形はひときわ絢爛さを感じます。
圧倒されそう
DSCN8048_20180218205900cf7.jpg
迫力と同時に神々しささえ感じてしまう。。。
皆さんでしたら果たしてどう、感じるでしょうか。。。
DSCN8049_201802182107128cf.jpg

DSCN8050_20180218210713b4e.jpg

DSCN8051_20180218210715727.jpg
ここに集まった人形もかつては一般家庭で保管され、桃の節句の際にはその家にいる少女たちの手で飾られ愛されてきたであろう人形です。
それぞれの思いや、その家での思い出が人形1体1体に秘めているに違いありません
各々別な家庭にいた人形がここに集まり、巨大な段飾りとなって総社宮の神殿に展示されました。
そして3月3日の最終日が終わるまで、ここで静かに参拝に来る人たちを見つめているのですね
DSCN8052.jpg

総社宮の手水舎下にあるトイレを借り、出てくるとそのそばで梅が咲いているのに気付きました。
DSCN8040_20180218210710a11.jpg
可愛い紅梅が既に半分ほど開花しています(* ´ ▽ ` *)
水戸より先にこっちで”プチ観梅”?!
ちょっと得した気分になりました
DSCN8041_201802182126027b1.jpg

DSCN8042_20180218212604fc2.jpg
春は確実に近づいてきています。
厳しい寒さもあともう少しかな。

今日もご閲覧ありがとうございました!
 
にほんブログ村
 [ 2018/02/19 19:52 ]  石岡市 | TB(0) | コメント(0)
管理人あいさつ

竹千代

Author:竹千代
いらっしゃいませ!
当ブログでは茨城県の地域情報を中心に書いております。
管理人自身の独断と偏見、好みと行動可能範囲に偏っている上時々、誤字脱字・誤認情報が生じる場合がございます。また、ブログ掲載中の情報は記事をUPした当時のものですので情報内容が古かったり、お店や施設によっては閉店している箇所もございます。何卒、ご了承ください!

※<注意>当ブログは苦情受付所ではありません。ブログ中に掲載のお店・施設等のクレーム・苦情・誹謗中傷等の書き込みは固くお断り申し上げます。見つけ次第、投稿回数に関わらずブラックリスト登録させていただきますのでご了承願います。
また、記事の内容に関係のない内容のコメント書き込みはご遠慮願います!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
おかげさまで(^^)
見たいもの、なあに?
QRコード
QRコード
バックナンバー